現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

罪悪感が大きく、人生楽しめてないです

うなぎ
2019年8月13日 13:46

容姿が悪いので、小中高大とずっといじめられてきました。
社会人になってもやはり嫌がらせは止むことなく、2年以上同じ会社で続いた事がありません。家族も毒で私の容姿をからかい、兄弟は私の存在が「恥ずかしい」と一人っ子であると周囲に吹聴していました。今は絶縁しています。30過ぎて運良く結婚が出来、嫌な思い出のある場所からは遠い所に引越せました。
子供にも恵まれ慣れない田舎暮らしですが昔の心の傷(アダルトチルドレンもあると思います)が邪魔して本来楽しいと思う事も不安や罪悪感のほうが先にきてしまうためかあまり人生を楽しめてません。
今この場所で当時の私や家族などを知る人は1人もいませんが、子連れで歩いているとたまに手助けしようとしてくださる方もいらっしゃるのに(この人、私の顔見てよく手伝おう声かけようと思うな)など思ってまずギョッとしてしまいます。
それでも、やはり世の中そういう人だけじゃないのだからと自分に言い聞かせ「ありがとうございます」とお言葉に甘えたりします。
高級マッサージやスパ、レストランにここで出来た友達と年1、2度夫から許可を得て行きますが(こんな所私なんかが使っていいのだろうか)と申し訳なく思ってしまいます
私は普通の人と違い今までの人生余計なストレスを受け続けてきましたので今こうしてこの歳になってようやく普通の生活が送れるようになっただけの話だとポジティブに考えるようにしますがそもそもこんな自分が存在していてもいいのかなどそこまでの思考に陥ってしまう事も度々あるぐらいです。
心の病か分かりませんがストレスが大きくパニック症や頻脈を起こしてしまい倒れそうになった事も数回あります。今はパニック症の薬を処方して貰えているので症状は落ち着きましたが。今は幸せなはずなのになんか満たされない、さみしい思いで支配されており、人生が辛く感じます。
少しでも心を軽くしてほしいです。

ユーザーID:2985401552  


お気に入り登録数:11
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:13本


タイトル 投稿者 更新時間
気後れ
なら
2019年8月13日 16:26

単に、気後れしてるんじゃないですか?
「高級マッサージやスパ、レストラン」
これが普通の生活で、みんなやってると思ったら大間違いですね、やったことがない人なんていくらでもいます。
自分の稼ぎに合ってない事すると、誰だって「分不相応なのでは?」と思います。
いじめられた、いじめられてない、とか関係ありません。
普通の人は、一生懸命働いて、慎ましい生活して、やっと何年後かにちょっとした贅沢を楽しめる器になっていくんです。
自分だけ?とか思ったり、無理に背伸びしてセレブみたいな事に合わせて、楽しくないならやめといたらいいんです。
スポーツでも趣味でも仕事でも、自分が楽しめることしたらいいだけと思うけど。

ユーザーID:6050765662
難しく考え過ぎなのだと思います
通りすがり
2019年8月13日 17:38

>そもそもこんな自分が存在していてもいいのかな

こんな事を考えるのは人間だけですよ。
人間だけが自意識を持っているので、自分を自分で評価して否定してしまうのでしょう。
そして、その自己評価の基準は過去の周りの人々の評価によることが多いと思います。
現在のご主人、お子さん、お友達からの評価は良好でしょうに、
人間の脳って過去に囚われてしまうのだと思います。

動物なら、存在するための生命力のない個体は自然淘汰されてしまうだけですよ。
トピ主さんは、ただ存在するだけでなく、
高級マッサージやスパ、レストランにさえも行ける強い生命力のある人なんです(笑)
もっと自信を持ちましょうよ。

カウンセリングを受けるのもいいと思いますよ。
電話カウンセリングもありますから、調べてみたらいかがですか?

ユーザーID:8965183337
今までの負けを取り返す!携帯からの書き込み
なつこ
2019年8月13日 18:50

くらいの勢いで良いと思います!
辛い過去乗り越えて掴んだ幸せですよ!

ユーザーID:6394451550
罪悪感・無価値感
ゆるこ
2019年8月13日 19:21

本当はそんなこと感じる必要のない概念なんですよね。

アニータ・ムアジャーニさんというインド人女性の書いた書籍をお薦めします。同じアジア人ということでトピ主さんや我々とマインドが似てるんですよね。彼女も周囲の影響で罪悪感まみれでしたが生還しました。共感できるし希望が見いだせると思いますよ。本のタイトルは「喜びから人生を生きる!」「もしここが天国だったら?」です。

人は過去がどんなに辛くても何歳からでも人生を生き直せるんです。

心が痛すぎて本の内容が入らない場合はカウンセリングとかアダルトチルドレンの自助グループとか(地方でもあるかと)行ってみるもの良いですね。

ユーザーID:4938434681
私も少し似ています携帯からの書き込み
モチ子
2019年8月13日 21:41

今が幸せと感じれば感じるほど、自分が受けてきたことに疑問と憤りを感じます。

私は、幼少期に虐待を受け。妹弟が生まれてからは、差別的扱いをされてきました。

私も既婚者ですが、結婚した時はそのこと自体がもの凄く嬉しかったのにプラスで。
「あぁ、やっとあの家を出られるんだ」と思いました。
(一人暮らしをしたいと言いましたが、許可されず。そんなに出ていきたいなら縁を切るから孤立無援で暮らせ、とまで言われました)

姉弟間に、三者三様に多少の色の違いはあれど。誰かが秀でていて誰かが出来が悪く、などはなく。私自身は、教師陣からはむしろ評判が良く。乳幼児期ですら、「夜泣きもせずに手のかからない子だった(母談)」と言われました。

なのに。です。

親を含め家の大人達の言動を総合すると(私が問い詰めた)…
私だけ虐待を受けたのは不運。差別している理由は、何となくムカつくから。

…だそうです。
そんなことに、何度も怯え、怒り、泣いたんだと。頭が真っ白になりました。

あの家で育った私には、家の中のことは常識だと言われ。ただ、堪え忍ぶことしか出来ませんでしたが。

今、こうして自分の家族を持ち。
夫の優しさに触れていると、夫からしたら何でもない何気ないことなのに。
優しくて温かくて、泣いてしまうことがあります。

それと同時に、優しい両親や祖母の元で育ち。お互いを尊重し合う兄弟がいる夫の隣が私で良いのかと、不安に押し潰されそうになる時があります。
親を親と思えない自分がモンスターのように感じます。

色んな人の話を読み聞き、親のことを許せるようにならないかと思いましたが。
むしろ、心の方が拒絶してより一層苦しくなりました。

不意に出てくる、私に刷り込まれたあの家の常識が邪魔で憎くて堪りません。

夫に見合う優しい人になりたいです。

(続きます)

ユーザーID:6011479522
いいぞ、その調子!
おれんじ
2019年8月14日 1:05

いじめられて、頭を低くして、ずっと長い間いじめられるままになっていたのですね。

でも、あなたは、そこから抜け出しました。結婚して、子供にも恵まれ、嫌な人たちと離れることができました。

今、環境が大きく変わったので、心がざわついています。

昔のことを思い出してください。

昔はそもそも、レストランで友達とおしゃべりをしようなどとすら、思わなかったはずです。できなかったから。高級スパに行ってみようとすら、思わなかったはずです。行くきっかけすらなかったから。

でも今は、あなたは行こうと思っていますし、行けています。すごい進歩じゃないですか!!

人生にとって新しいことは、常に不安がつきまとうのです。人間は、慣れていることを好むのです。たとえ慣れている場所が、ひどいものであっても。人間も動物だからかもしれませんね。

ずっと小さい場所に閉じ込められて飼われていた犬や猫が、大きい野原に連れて行って「さあ、思う存分遊んで!」といっても、怖がって出てきません。

でも、しばらくすると、おずおずと出てきます。だんだん大きい野原に慣れてくると、しまいには「これがあの、怖がっていたコ?」と思うほど、いきいきと遊ぶようになるのです。

時間が解決しますよ。

あなたの人生は、どんどん上向きになっています。ちょっと時間がかかるかもしれませんが、大丈夫ですよ。ゆっくりね。

ユーザーID:4812178969
単に合ってない
えびはら
2019年8月14日 2:30

高級スパやマッサージ、高級レストラン。
自分が好きで行くならいいけど、果たして、それが必ずリラクゼーションになるかというと、そうでもないんじゃない?
私は、気をつかわない友達と、たま〜にスーパー銭湯とか、居酒屋で立ち飲みしますね。
それが一番リラックスします。
高級なとこに、気取った知り合いと行く事ほど、ストレスたまる事はないですね。
もしそういうとこに行きたいなら、一人で行くんじゃないかな。
なんで友達と高級エステ?
なんか、そういう趣味は年配向きなんじゃないかな。

ユーザーID:8767378784
(続きです)携帯からの書き込み
モチ子
2019年8月14日 2:41

すみません。あまりに同じ様な悩みに捕らわれた方のトピであったので、自分事をぶちまけてしまいました。

でも、思うんです。
頭で理解出来ることと、心は全く別物で。

いくら頭で順を追って、自分の生い立ちや親という存在に思いを馳せても。
結局は、殴られた記憶の方が色濃く刻まれているんですよね。脳にも体にも心にも。

心に刻まれたことが一番厄介で。
体の傷はもうなくても、脳で必死に理解しようとしても。明確なる『拒絶』という形で、心が悲鳴を上げてきます。

私はここ近年、夢という形で実家の家族のことを見ます。
夢の中の私は、ただただ怒っていて。実家の家族に嫌悪していて。

あぁ、私の深層心理はそうなんだ。
そこまで怒っているんだ…そう自覚します。

優しい夫の隣に、こんな私。
辛くて堪りません。

自分の腕で包み込める範囲にある幸せに、手放しで喜べない。

それでも、私にも主さんにも『幸せになる権利』はあるはずです。

自分が受けた辛いことの年数以上に幸せを味わわないと、辛い記憶は消えていかないのかも知れませんし。そうなっても、辛い記憶は消えていかないかも知れません。それは私自身も証明出来ていないので何とも言えません。

でも、やはりそんな非道な相手にいつまでも精神を引きずられるなんて嫌じゃないですか?

今出来ることがあるとすれば、せっかく授かれた幸せに感謝して。全力で守る。

悪夢を見つつも…いや、だからこそ思います。
あんな風には二度となりたくない。
親のように『大切なもの』を間違わない。

そうすることが重要なんだと思います。
そう、自分に言い聞かせてます。

そして、多分。小町のようなこういう場でガス抜きをするのも重要なんだと思います。
たまにこうして叫びましょう。

ユーザーID:6011479522
もちろんいいんですよ。
おばさん
2019年8月14日 5:29

生まれてきた子がブスだったら、貴方はその子が嫌いですか?親はその子が嫌いでその子にミルクやご飯をあげながら不幸になればよいのにって思って育てるのですか?
百歩譲ってあなたのご両親とご兄弟はそうやっていたのでしょうね。特殊な人たちと割り切りましょう。
貴方はもう一度あなた自身を育てるのですよ。
一歳のあなたをえらいねえ。って褒めてあげて、二歳のあなたによくいろんなものを見たね。と褒めてあげて。三歳のあなたにひとりでがんばったね。と褒めてあげて。
ここからは、少しは記憶があるでしょう?四歳のあなた、かわいそうだったけどよく耐えたね。五歳のあなた、淋しかったね。
と、今何歳?今日までのあなたを全部ほめてあげてください。
そして、あなた自身がおかあさんになったように、「私はあなたが誇らしいです!さすが、私の自慢の娘です!」って、頭をなでなでしてあげてください。
これを毎日、毎日、繰り返してください。だって、ずっとそだてられていなかったのですから。

ユーザーID:2825227884
カウンセリング
よっちゃん
2019年8月14日 9:08

私も心のモヤモヤが苦しいので、カウンセリングを受けています。
私のセラピストさんを教えてあげたいくらいです。
いいカウンセラーさんのカウンセリングやセラピーを受けた方がいいと思います。

ユーザーID:6305553715
確かにそれは罪悪感ではなく、単なる気後れです。
国語力
2019年8月14日 10:50

国語力の高い方に脱帽です!
そうです、それは罪悪感とはいいません。単に気後れしているだけです。
高級レストランも何度も通ううちに慣れるのと同様、人から優しくされることにも慣れていくと思います。
ご主人やお子様からもたくさん愛と癒しを得られると思いますし。
慣れていくのでご心配なさらぬように。

ユーザーID:8786324300
好みの問題
レナ
2019年8月14日 14:20

罪悪感って、誰に対してですか?
ご主人に対してなら、ご主人と二人で今度一緒に来ればいいんじゃないでしょうか。
まあ、例えばいくら稼いでいても、高級なとこが一番好きかというと、これは好みの問題もありますけどね。
アウトドアが一番好きって人もいるし、赤提灯がリラックスするってことも。

みんながみんな、高級なとこが好きなんじゃないので、トピ主さんが、落ちつかないのも、別によくあることではないですかね。
まあ、なんか落ち着くとこを色々と探したらいいのではないでしょうか。

ユーザーID:1586196839
静かに自己肯定感を育ててあげましょう
ぷう太郎
2019年8月15日 15:19

だいたいは、トピ主さんと同じような経緯で、出身地を離れ、実家とは疎遠になり、結婚して子供を育ててきました。

結婚後の環境は詳しくは言えませんが、ある意味過酷で、思い通り人生を歩めていませんでした。

それでも、昔の自分のことを思えば、結婚出来て、子供を育てられることはこの上なくすごいことだと思ったし、幸せなことだと分かっていました。それでも、満たされない・・・。

帰る実家はないし、解決する手立てが見つからないし、この場から逃げられないな・・と思った時、どうせなら、何事も前向きに取り組んでみようと思いました。

育児。家事。仕事。
日常の中で、小さな超えられそうな目標を持って過ごそうと思いました。
例えば、子供の勉強。塾に通わせる環境にないし、毎日少しずつでもいいから勉強させよう。子供が理解できないときは、私が別の方面から子供が理解できる言葉を探して説明しよう。
家事に関しては、毎日ちょっとずつ掃除。料理も前向きに取り組むと、興味がでてきました。
仕事に関しても、どうすれば効率よく仕事をこなせるか考えると、クリアすべき問題点が見えてきて。

もともとは、自分に自信がなく前向きに取り組むことが苦手だった私が人生積極的に歩み始めた瞬間だったのかもしれません。

クリアしていくうちに「すごいじゃん。私!」と自分を褒めたくなりました。

繰り返しで、性格も変わっていったのかもしれません。
そこそこ必要最低限の関りの人としゃべることはあったのですが、必要以上に気を遣ったり、会話をしようにも緊張したりしていた私が、自然に人と会話出来ていることに驚く瞬間がやってきました。
もういい年したおばさんになって。

あんなに、人の目が気になっていた私は、今全く気になりません。人と自分を比べて卑下することもありません。

育児はほぼ終わり、仕事、家事で、日常忙しいですが、充実感であふれています。

ユーザーID:3143571733
 


現在位置は
です