育休明け時短 ステージが違うと言われた

レス142
お気に入り331

ピノコ

働く

1年の育休から復帰して1年になる30代正社員、時短勤務中です。
大企業のため育児制度が整っており、スムーズにここまでくることが出来ましたが、やはりジレンマは抱えながら仕事をしています。

急な休み等があるので仕方ないのですが、やはりハードに働いていた妊娠前に比べて与えられる仕事が物足りなく、なんとなく「育休明けの人」という烙印を押されている気がする毎日です。

以前は職場の同僚たちとよく飲みに行ったりしていましたが、復帰後ママさん同僚との絆は深まったものの、バリバリ働く独身女性や子供のいない女性たちが男性に混じってワイワイ飲みに行くのを蚊帳の外で見ているのもなんだか淋しいです。
もう以前のように「戦友」として見てもらえていない気がします。

仲の良い同僚に話したら、同じ女性でも彼女たちとはもはや立っているステージが違うのだから、比べるものではないと言われました。
自分で選択したこと、それはわかっています。
でも、職場で元のステージに戻るまであとどのくらいかかるのか…
仕事人間だっただけに辛くもあります。

ユーザーID:4848740072

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数142

レスする
  • 同じはずない

    1年育休して、時短勤務の人と同じ働き方出来ませんよ。当然評価も違います。私の会社では育休後の人は1年間評価対象外になります。
    急な休みにも誰かが代わりに仕事をすることになれば、その人が評価されてしまうのは仕方ないことです。

    二人目を作ることを考えれれば、評価は勿論昇格は他人よりも遅くなります。それを承知で子供を作ったのではないですか?
    同じ仕事をしても評価されないのは当然です。今は子供を中心に考えた方が良いです。将来評価や昇格を考えているのであれば、子育てに一段落してから、頑張れば良いです。

    会社に寄って評価方法や昇格は違うと思いますが、今は子育てに専念する時期です。後から挽回すれば良いことです。
    ちなみに、今の時期残業や休日出勤をしても評価されません。上司から優しくされても勘違いしないように。

    ユーザーID:1190326892

  • 育児を夫に 

    時短をフルに戻す
    子の熱等、子供を理由にし有休取得するのは夫。

    ユーザーID:4039232364

  • 仕方ない

    自分で選択したこと、それはわかっています・・・諦めるしかないでしょ?

    ユーザーID:5019311029

  • はっきり言いますね

    だって時短でしょう?
    あなたが帰ったあと、だれが仕事をカバーしていますか?
    恐らく、子どもの体調で急な休みや早退してませんか?
    そのカバーは誰がしていますか?
    カバーしなくちゃいけない人は戦友ではないです!
    ですが、権利なのでね、しかたないです。
    これが同僚の本音です!

    ユーザーID:5696650507

  • ご主人の理解と協力のもとに

    >職場で元のステージに戻るまであとどのくらいかかるのか…
    お子様が大きくなって、時短勤務ではなくなったらでしょうか。
    残業も休出もできるようになって、大きな仕事を任せても大丈夫だと思われたら、でしょうか。

    >女性たちが男性に混じってワイワイ飲みに行く
    これが、ピノコさんの思い描く「戦友」の姿なのですね?
    お子様が大きくなって、ご主人の協力のもと、飲みに行けるようになるといいですね。

    ユーザーID:6478590479

  • 休ませてもらって

    育児お疲れ様です。
    寂しいお気持ちはわかります。
    ただ、考えてみてください。
    あなたは1年仕事をしないで健保からお金をもらって生活できた。
    子供のために早く帰らせてもらえる。
    理不尽に首になることはない。
    なのに通常勤務の人たちと同じ立場じゃなくて寂しいですか?
    育休は権利ですけど、仕事に対する義務も果たしてください。
    あなたは自分の意志で結婚して子供を産んで権利を享受しているんですよね?
    マタハラとかうけているわけでもないし、どこか不幸なところをみつけてかわいそうがりたいんでしょうか?働くとお決めになったのであれば
    また「同じステージ」に立てるようにがんばってください。

    ユーザーID:6772732815

  • ステージ?

    ステージという感覚は、ちょっと分かりませんね。

    でも、子供が生まれたら、独身や子供がいない時と
    全く同じわけにはいかないことぐらい、当たり前かと
    思いますが…。

    元のステージに戻りたい。仕事人間でいたい。

    だったら、結婚と出産をしなければよかったのに。
    後悔先に立たずですよね。離婚して、旦那さんに
    子供を引き取ってもらうしか、解決法が思いつきません。

    ユーザーID:8446580794

  • 飲みに行く

    なんか、不思議な職場ですね。
    一緒に飲みに行ってなきゃ、戦友として見てもらってない気がする?
    うちの職場では、昼間ハードに頭を使うので、毎日飲みに行って酔っ払ってたら、勤まらないくらいです。
    ましてや、家に赤ちゃんも居るのに、飲んで酔っ払いたい、なんて微塵も思わない。
    随分とお気楽な職場なようで羨ましいような、面倒くさいような。

    ユーザーID:9976081011

  • それが現実

    >「育休明けの人」という烙印を押されている気がする毎日です。

    その通りですが。

    制度はしっかり使いながら、復帰した時の周りの態度が自分の意にそわなければ文句ですか。

    ユーザーID:5872008812

  • ステージとは…

    仲の良い同僚がいった「立っているステージが違う」という言葉、どのように受け止まましたか?
    トピ主さんは以前いた場所から「低いステージ」に格下げと思っていますか?それとも、「高いステージ」に前進したと思っていますか?「ステージ」のとらえ方でトピ主さんの気持ちにも大きな違いが出ると思いますよ。

    職場という場面ではちょっとペースダウンしたかもしれない、けれどプライベートも含め人生という場面では子供ができて違うレベルのステージに立っていると思ってみたらどうですか?

    本当に以前のステージに戻る必要はあるのかな?今立っているステージにおいての前進を考えたほうがストレスもないと思いますよ。ようは目の前に与えられたものを粛々とこなしていく、そういうことだと思います。仕事もプライベートも。

    長い人生においてステージが変わることはたくさんあります。学生時代と就職してから、独身時代と結婚してから、出産前と出産後…。ステージが変わるたびに前のステージに戻りたい、元のステージに戻りたいなんて思っていたら前には進めませんよ。

    もっとポジティブに!!

    ユーザーID:6482238572

  • …いつでも戻れるよ?あなた次第で。

    ステージが違うのは育休明けだからではなく時短勤務を選択したから、ですよ?
    今までどおり働きたい女性は、シッターや家事代行、祖父母に頼るなどあらゆる手段を使ってフルタイム勤務に戻します。
    戻りたいならそうすればいいだけ。

    大企業ならきっと制度的にも恵まれているでしょう。
    時短勤務を何年も取得した上で「同じステージ」には恐らく戻れません。時短を選択した時点で戦線離脱しているのですよ。

    厳しいことを申し上げるようですが…
    私も時短勤務を選択している二児の母です。子供が生まれる前から時短勤務をしており、かれこれ10年時短勤務。
    何度か転職しているので「時短正社員」として今の職場に入りました。さらに制度上はあと8年時短勤務ができます。

    トピ主に伝わるかわからないけど…
    家庭優先で時短勤務を選択したらやはり犠牲になるものはある。それでも成果は出せるし時短勤務に誇りを持てと言いたい。
    その上で、時短勤務は誰かに強要されるものではないしフルタイムに戻すことも自由なのですよ。

    ユーザーID:8815948413

  • なんでも人のせいにしない

    「「育休明けの人」という烙印を押されている」んじゃなくて、それを望んだんでしょ。時短を選択するというのはそういうことです。
    わかっているといいつつ、自分で選んだといいつつ、結局は人のせいにしてる。
    本気で仕事に戻りたいなら、そのつもりでどうすべきか考えたのでは??

    それに、バリバリ働くイメージが、帰りの飲み会参加なんですね。結局仕事の後の楽しみがなくなったことが寂しいだけかなと思いました。

    ユーザーID:6254008008

  • もう戻ることはないと思います…

    トピ主さんが時短で育児している間にバリバリやっている人は経験や信頼を積んでいるので、子育てがひと段落してもステージが追いつくことはないと思います。
    私も育児時短なので、職場で戦友ではなくなってしまった感じ、すごくよくわかります。
    でも、何かを選べば何かは捨てなければならないのは仕方のないことなので割り切るしかないですよね。

    私は、「今出来ることはしっかりやる」「周りをよく見る、参考になることは盗む」を心がけています。子育てがひと段落ついたら、前線の兵士や司令官にはなれないけど新米兵の身近なお手本や有能な後方支援兵になりたいと思います。

    今、真摯に頑張っていれば今までとは違う形で充実できる日が来ると思うのです。お互い、がんばりましょう!

    ユーザーID:6087851550

  • 時短をやめる

    お子さんの保育園外の保育を確保(夫、実家、義実家、シッター、親類)して

    「子供が〜」で時短や、急な早退や欠勤などをなくし、
    残業もバリバリ、飲み会も積極的に声かけして参加する。

    これを二週間ほど続けたら、元の仕事人間のステージに戻れると思います。

    ユーザーID:5548690550

  • それは割り切るしかない

    まぁ言われなくてもご自身も十分わかっておられますよね。

    お子さんがいて、時短をとれて働き続けることが出来るって恵まれている。
    そのうえ、バリバリ仕事をしている人たちが羨ましい。

    お気持ちはわかりますが、

    >でも、職場で元のステージに戻るまであとどのくらいかかるのか…

    仕事はいずれ取り戻せます。
    もちろん育児休暇をとっていない人たちからは遅れることになるでしょう。
    でも、子供を産んだ事を後悔しているわけじゃありませんよね。

    まぁ何を言ってもわかっている、けど、辛いという事ですよね。
    そりゃもう、ご自身で割り切るしかないんですよ。

    今よりずっと制度が無かった頃、子供を産むことを躊躇している後輩がいました。
    専門職である仕事との両立を悩んでいたんですよね。

    で、人より10年遅れると思うよ。でも、悩んでいたら子供は持てないかもしれない。
    10年ぐらい遅れてもいいじゃない。その後もずっと長いよ。

    って、その後子供を二人産んで、仕事はセーブしながらPTAなんかもちゃんとやって、今は手が離れつつあってしっかり仕事もしてますよ。

    例えいちじき仕事をセーブしたとしても、仕事をやめない事が大事です。
    お子さんをもし複数もつなら10年は人より遅れると思っていいと思います。
    でも、後で取り返せるかどうかはこれからのあなた次第です。

    今の物足りないと思う仕事をきちんとこなすこと、腐らず日々ちゃんと過ごすことだと思いますよ。最前線の仕事だけが仕事じゃありません。その目の前の仕事をおろそかにしていると足元をすくわれますよ。

    ユーザーID:1180202121

  • なにがなんでも全てを手に入れたい

    育休明けのお母さんが、よくこんなことで悩んでおられますけど・・・。
    まず、現状に感謝できませんか?
    産休、育休、時短、これらを当たり前に取得できるのは制度が整った企業だけです。
    他の社員からのフォローも必要になります。
    これだけの恩恵に預かれるのだもの、感謝しかない毎日だと思うのですが。

    すべてを手に入れようなんて、それこそ難しい。
    仕事以外でもそう。
    叶わないこと、できないことなんて山ほどあります。
    トピ主さんは、仕事よりも出産、子育てを選んだ。
    それも素晴らしいことだと思います。なんといっても子はかわいいでしょう?

    仕事は少しずつ成果を見てもらうしかありません。
    必ず見てくれている人はいますから。ここで腐らないこと。
    仕事量に不満があるなら、時短はやめる、残業もこなすくらいでないと任せてもらえないと思います。
    とにかく今は感謝の気持ちを。

    ユーザーID:8379349835

  • 解決法がわかりません

    ごめんなさい、解決法はわかりません。
    私は子供はいません。
    職場の同僚にトピ主さんと同じようなことを言われたことがあります。
    私は逆にお聞きしたいです。
    どのようになれば満足しますか?

    急な休みが多い人には余裕のある仕事しか振れません。
    早く帰らないといけない人を飲みにも誘えません。
    周りはどのようにしたら良いのでしょうか?

    ユーザーID:9998607602

  • そうですねえ

    職場で元のステージに戻りたいなら、母親を諦めることです。

    子供が熱を出しても休まない、ママ行かないでと泣いてすがってきても仕事を優先する、保育園の送迎は身内に任せる、ご飯は孤食、など、徹底的に自分の人生を優先しなければ「元のステージ」を手に入れることは難しいと思いますよ。

    ユーザーID:6479611564

  • ステージが違うのは事実

    いろいろ迷いますね。

    ステージが違うのは事実です。でもトピ主さんのステージが蚊帳の外の低いステージということではありません。

    トピ主さんは女性が働き続けながら出産し子育てするというステージにいます。独身の人とは違うステージです。また、妻や親にいろいろやってもらったり、しがらみがなく自分のためにだけ時間がつかえる楽な人とは違うステージにいます。

    また子育てをした女性は、言葉にならない人の気持ちをさっする能力が格段に向上します。人の気持ちを理解して行動するという点においては子育てをしていない人より一段高い位置にいます。(ただし、その能力が会社に正当に評価されるとは限りませんが。)

    トピ主さんは自分のステージを自分の強みとして会社に貢献していくのです。

    ユーザーID:0922414291

  • ジレンマを向ける先は同僚じゃないでしょ

     先輩ママ社員から何を学んでいるのか知りませんが、そんな内面を同僚に知られたら「やってられない」と思われますよ。

     その思いは夫にぶつけて夫婦で乗り越えてください。時短は取らずに外部も手を入れる方法だってあるでしょう。

    ユーザーID:9416896837

  • 時短で失うものと得るもの

    >なんとなく「育休明けの人」という烙印を押されている気がする
    とおっしゃいますが、時短中であり突発的なお休みも取っている、すなわち育児が生活の中心となっている現状では、「育休明けの人」という烙印は「なんとなく」「気がする」のではなく確実に押されちゃってますよ。

    主さんも仕事人間であったのなら十分ご理解されていると思いますが、仕事上で”一緒に戦う”戦友とは、例えば深夜まで理不尽なクレーム処理をしたり、何度も突っ返された役員向け説明資料を通したり、そういう厳しい戦いを一緒に戦う仲間ですよね。時短中の現在はそういう、出口が見えなくて泣き叫びたくなるような苦しみからは解放されているわけです。かつての「戦友」の方々からみれば主さんは、いわば卒業して楽天地へ行ってしまった過去の人でしょう。そりゃ「ステージが違う」と思われるのは当たり前じゃないでしょうか。

    それが嫌だと思われるなら、さっさと時短も返上し仕事人間に戻り、かつての戦友たちとの友情を復活するしかありません。それが「時短で失うもの」。
    一方、「時短で得るもの」とは言わずと知れた、可愛い盛りのお子さんと一緒に居られる時間です。「仕事の代わりはいても母の代わりは居ない」という言葉があるじゃないですか、あれです。
    得るものがあれば失うものもある。当然でしょう。

    ちなみに20年以上前の私は、その「代わりはいない」と言われた母としての務めを(世間的には)放棄しました。ベビーシッターさんをお願いし、端から見れば「あたかも子どもがいないかのような働き方」をしてきました。

    ご参考になれば幸いです。

    ユーザーID:2230242665

  • 時短で失うものと得るもの(続き)

    もう1点、
    >職場で元のステージに戻るまであとどのくらいかかるのか…
    に、私なりの考えをお答えします。「その期間は自分が決める」。
    ゼロ時間(今ただちに)かもしれないし、20年かもしれない。

    こういうと主さんは「えっ、まさか20年なんて、もう子ども成人してるじゃん。いくらなんでも」と思われるでしょうが、それが第一線をいったん離れることの怖さです。
    出産までバリバリ働いてきた知人が出産を機にいわゆるマミートラック的な働き方に変わりました。彼女の出産前の働き方を知っている私たちは、いつ彼女がマミートラックからレーシングコースに戻ってくるかなと思っていましたが、なんとお子さんが中学生となった今でもマミートラックです。

    本人いわく、お子さんが習っているスポーツで上達し、今や全国大会にも出ているため、しょっちゅう大会の準備や付き添いで親の出番があるのだそうです。

    でも、それが今や彼女がレーシングコースに戻れないが故の言い訳であることは容易にわかります。長年マミートラックに居た彼女は、いざレーシングコースに戻ろうにももはや戻り方を忘れてしまったのです。新人に戻ったつもりでイチからなんて無理なことはわかりますよね。

    いったんマミートラックに落ちてしまったら、そこから抜け出すにはよほどの覚悟が必要です。
    この情報もご参考になりましたでしょうか。

    ユーザーID:2230242665

  • 時短が明けたら

    時短勤務あけたら、ではないですか?
    せっかく、と言うのもなんですが、明けたらフルで容赦なく働くんだから、今のうちに時短勤務をたのしめばいいのに。
    気になるなら、ランチをご一緒するのはいかがでしょうか?

    ユーザーID:2708055561

  • ???????

    ちょっと何言ってるかわからないです。
    世の中の幸せと充実を全て同時に手に入れられるわけないじゃないですか。

    ユーザーID:7763842151

  • バリバリ働くこと=皆でワイワイすること ではない

    子持ちワーママです。

    子供が出来ても、バリバリ働いて結果を出すことは出来ます。
    しかし、男性たちと入り混じって、時間を気にせずワイワイ飲みに出かけたり、ワイワイ皆で残業したりすることは、難しくなります。

    バリバリ働くこと=男性や同僚たちとワイワイすること、ではありません。
    若いうちはチヤホヤされるので、会社の皆とワイワイするのは楽しいものです。それを「仕事って楽しい」「会社って楽しい」と勘違いしてしまう。
    でも、そこを勘違いしたままだと、子供が出来て35歳超えたあたりからキツクなります。ちやほやされないし、飲みにも行けないし、目の前にあるのは純粋に仕事だけになっちゃうので・・

    >でも、職場で元のステージに戻るまであとどのくらいかかるのか…

    私としては、女性にとって、子供がいる人生と、いない人生は、まったく違うと感じています。
    生活スタイル、働き方、生き方、すべてが変わります。
    なので、完全に元の自分に戻れる日は、来ないと思っています。
    でも飲み会などにさほど興味もないので、これで良いと思っています。

    でも、トピ主さんが「失いたくない」と強く思うものがあるのなら(飲みとか)、ご主人と協力の上、解決するよう努力してみては。
    ワーママだからと言って飲みや残業をあきらめねばならない訳ではないし、強く望んだ人が、今までの常識とか、これが普通でしょという圧力を跳ね返して、生きたい人生を手に入れていくものだと思っていますので。

    ユーザーID:2645292542

  • 同じステージには立てませんよ。

    あなたは「子育て」という仕事以上に大切な新たなお仕事を抱えているのですから。

    独身女性や子供のいない女性とは背負うものの重さが段違いなんです。

    ステージが進んだのにわざわざ前のステージに戻ろうとしなくて良いと思います。

    ユーザーID:4905870490

  • 同じく

    育休復帰したばかりです。
    ばりばり働いている同僚がうらやましく感じることもありますが、産休育休を頂き戻る場所があるだけでもありがたいと思って与えられた仕事をこなしてます。

    やっぱり時短で残業もできずでは仕事にも限度がありますよね。
    仕方ないことだと思います。

    元のステージに戻るには、子供が中学校くらい?高校?で残業もできるし、土日も電話が取れるくらいにならないと無理かなと思います。
    寂しいですけどね。

    ユーザーID:9091902330

  • 本当に仕事できる人なら、、ブランクあっても評価される

    私も、トピ主さんと同じ経験をして
    同じ気持ちになった事があるので
    お気持ちよく分かります。

    本当に実力あるなら
    たとえブランクあろうが
    子どもに手が掛からなくなって
    仕事に集中できる環境になったら
    同じポジションにつけるはずです。

    それが無理なら
    それ程度の実力だったので
    子どもがいなくても
    それなりだったと思います。

    ユーザーID:5464597525

  • 無い物ねだり、足るを知る。

    大企業の正社員として働き、結婚して、こども産んで、育休取って、時短勤務で復帰。
    次はマスコミに取り上げられるような、ママ社員としてキラキラ働くのがお望みですか?

    極端に言えば、正直、仕事なんて経営者、開発者(新たな価値を創造する立場)以外、誰がやっても同じだと思う。

    それぐらいの事だと思って仕事しないと、大事なものを見失うと思います。

    今あるものを見ないで、無い物ねだりするトピ主さん、同僚だったら相当嫌味な人だなぁ...、と感じました。

    ユーザーID:9706976363

  • 仕事人間ならば・・・

    時短勤務を極力やめることはできませんか?
    子供を理由に時短にするのを女性だけの負担にするのは不公平ですよ。
    ご主人様に半分、もしくはこれから先の時短勤務をお願いして
    これから先は
    フルタイム勤務+残業+休日出勤+産休・育休取得者へのサポート業務をすれば良いのでは?

    ご自身がこれまで他の社員の皆さんにお願いしていたことをすべて引き受ければ
    再び活躍できる仕事人間に戻れるかと思います。
    そのためには子供が病気になっても早退するのはご主人様にやってもらい、
    トピ主さんは家のために、家族のためにフルタイムで働くことです。

    でも、同僚が楽しそうに飲みに行くことだけを羨む程度であるならば
    今の立場に甘んじていた方が良いのではないでしょうか?
    同僚とランチを楽しむなどで解消できる問題なのではありませんか?
    文章を読む限りでは、飲み会に誘われない寂しさだけがあるように見えます。

    1人前の働きを見せるには、
    誰からも手加減をしてもらうことのない、
    むしろ誰かを手助けできるような存在にならなければ誰からも認めてもらえないのではありませんか?

    今の状況が辛いならば、
    今の職場を退職してパート勤務など、もっと同じ立場の方の多い職場へ転職されたほうが良いと思います。

    ユーザーID:3501366799

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧