仕事と家庭、どっちが大事?

レス30
お気に入り21
トピ主のみ0

編集部

編集部

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

大人の本音を10代に伝える読売中高生新聞の連載「オトナの本音アワー」。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見を頂き、紙面で10代向けに紹介していきます。親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは「仕事と家庭、どっちが大事?」
働き方改革が進み、企業の中にも「ワークライフバランス」を重視する動きが出てきています。仕事と家庭も両立できれば、それに越したことはありませんが、以前は今よりも難しい面もあったかと思います。どちらも大事だとは思いますが、オトナのみなさんは仕事と家庭、どちらに比重を置いてきましたか? 選んだ理由と、体験したエピソードを教えてください!

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞(http://www.yomiuri.co.jp/teen/)で転載させていただくことがあります。

ユーザーID:2330648766

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数30

レスする
  • 空気も水もなければ、人は生きられない

    仕事も、家庭も、空気と水と食料のようなもの

    どっちが大事か?と思ったらダメ、
    どっちも必要なんだ!と思うようにしてます。

    ユーザーID:4400059678

  • どっちも大事。

    私は自分の仕事より夫と一緒にいることを選んだので、夫の転勤で仕事はアッサリ辞めました。以来専業主婦です。

    夫は「家族が大事だから、仕事を頑張るんだ」と、いつだったか言ってました。
    大切な家族を養うために働くのだと。

    仕事しないで暮らせるなら家庭第一でいいかもしれないけど、お金ないと生きていけないですからね。
    家族が大切なら仕事も重要。
    ただ、健康と仕事なら、確実に健康のほうが大事。死んだら元も子もないので。

    ユーザーID:9283205690

  • 埼玉県 50代 女性

    「仕事」

    お金を稼がないと生きてけないでしょ。
    家庭を維持するために仕事するんです。

    ユーザーID:5729037937

  • 仕事です

    40代・女性・関西在住(転勤中)

    バツイチの私の意見は何の説得力もありませんが
    「家庭と仕事、どっちが大事」の個人的な答えは
    『仕事』に決まっています。

    配偶者とは別れても路頭に迷いません。
    けれど失職すると衣食住に困ります。
    失業保健も期限があるし、無職中でも払うべき税金があります。
    求職中でもお金はドンドン出て行きます、
    貯金なんて直ぐに減っていきます。

    だから私は家庭(配偶者)より仕事を優先し続けました。
    その結果が離婚です。
    周りからは私は悪人扱いでした。
    「たいした仕事じゃないし、そんなに才能も無いのに」
    「他の人でも出来る仕事なのに」
    そう批判されました。

    批判は的を射ています。
    それだからこそ私には『配偶者よりも仕事が大事』でした。
    私の代わりなんて、掃いて捨てるぐらいいるからこそ
    全部を犠牲にしても失いたくない大切な物でした。
    仕事に縋りついて仕事を最優先させるのは
    出来る人よりも平均〜平均以下の人間の方かもしれません。

    ユーザーID:2682435283

  • 両立なんか出来ませんが

    独身者と家庭人では捉え方が違うでしょうが、家庭人の場合は夫婦で協力出来ます。
    仕事は開発関係だったのでテーマに対する進め方は自分できめられ、仕事場と自宅は車で15分程度だったので、子供が生まれたときには6時に一旦帰宅し、夕食・風呂を済ませて7時に再度仕事場で11時過ぎまで勤務。
    休日はもっぱら家庭サービス
    子供が1年を過ぎれば、家庭のことはほぼ、奥さん任せで仕事一筋!リゲインの世界でした。
    あれが出来ない、これが出来ないではなく、仕事も家庭もその時の状況を見て、バランスを変えることが大事でしょう。
    そういう大人になることです

    東北→海外、七十代、男性

    ユーザーID:4245319939

  • どっちかと言われたら仕事!

    もちろんどちらも大事ですが、どっちかに決めろと言われたら仕事です。

    理由1.家庭がなくても生きていけるけど仕事がないと生きていけない

    人間、まず与えられた命に感謝して「生き抜く」ことが肝要です。
    「生き抜く」ためにはエネルギーが必要で、そのエネルギーを得るためには「仕事」をするしかありません。
    たとえば会社で働いてお金をもらう、畑で野菜を作って糧とする。
    仕事の種類によって、どうエネルギーを得るかは違いますが、いずれにせよ自らの「仕事」なくしてはエネルギーは得られません。

    理由2.円満な家庭は、仕事なしでは成立しない

    家庭を円満に運営するために不可欠な要素はふたつ。
    「思いやり」と「お金」です。
    どんなに「思いやり」があっても、「お金」がなくては円満な家庭は成立しません。
    お金を得るためには仕事が必要ですね。

    理由3.家庭は裏切る可能性があるが、仕事は裏切らない

    家庭は複数の人間の集まりです。
    人間の感情はコントロールできません。
    したがって、自分がまったく悪くなくても、家庭に裏切られることはあります。
    いっぽうで、仕事も複数の人間で行いますが、家庭よりも「論理」や「利益」など、
    客観的指標ではかれるもので支配されているため、
    裏切られる可能性は家庭よりも低くおさえられます。

    したがって、家庭と仕事なら、仕事を重視する方が合理的であると考えます。

    ユーザーID:4557723252

  • 仕事です

    >以前は今よりも難しい面もあったかと思います。

    アラフォーのお局が私達の時は大変だったとかぐちぐち言うのを聞いて、うんざりでした。
    実力さえあれば就職できたはず。就職の枠がゼロだったわけもありません。
    他のもっと上の人も、子供の教育費にまだ働かなければいけないとか言っていて、一体この人達は何のために働いているんだろう、そう愚痴っていのるを子供が知ったらどう思うだろうとひやひやします。謙遜?とてもそうは思えません。
    同居の人も全然幸せそうに見えません。

    家族を含めて他人のために働くっていうのは、よっぽど献身できる度量がないと駄目だって思いました。

    まして家族は自分の理想どおりになりません。でも自分なら自分の理想になれます。
    仕事は自分を裏切りません。

    ですから私は仕事に100%全力を尽くします。

    ユーザーID:6943624301

  • 時代は変わった

    三重県在住 50代 女性です。
    私の子供の頃、参観日も入学式・卒業式も母親がほとんどで父親が来ているとかなり注目を浴びました。

    今は男性の同僚(30代、40代)が休みを申請します。
    夫婦二人で出席することを求められる時代なのですね。

    せめて休む前に仕事量を調整してくれたらいいのに、調整できない時期に休みを申請されるので困ります。

    家庭を営むのに必要な最低の収入さえあれば、仕事より家庭優先の時代なんでしょうね。
    独身一人暮らしで優先する家族が猫だけなので、私は仕事優先ですが。

    ユーザーID:7684574211

  • 仕事かな?

    可愛い家族は自分の命より大事ですが、この人と一緒になって良かった、

    この人の子供で良かったと思って貰う事も、又大事です。

    其の気持ちを維持し生活を向上させるには、仕事で安定した収入を得なければ

    成りません。

    即ち仕事が大事な理由です。

    家庭の大事さは妻との共同作業で創り上げるもので、己一人の努力では

    多分偏った家族が出来上がると思います。

    今は二人しかいない我が家のNo.2が言うのですから、信じて欲しいなと…。

    ユーザーID:2560808645

  • ケースバイケースです

    仕事=家族の生活を守る事に繋がります。
    ただし、家族が病気になったり、大変な時は職場と折り合いを付けて、できる限り家族に付き添うために仕事を休んだりもします。
    仕事には社員にそれぞれ役割があるため、休む事で周りの人に大変な迷惑をかけてしまいますが、会社は極端な話、自分が休んだり辞めたとしても、私の替えはいくらでも居ます。
    しかし、子供にとってお母さんは私一人ですから。

    ですので普段は仕事人間で、朝から夜遅くまで仕事漬けで、ただの仕事人間に見える人でも、心の中では家族を1番大切に思っているのではないでしょうか。私がそうです。

    関西在住、40代、女性

    ユーザーID:3272210227

  • 家族です。

    30代女性 東京都

    迷わず家族です。夫は人生最愛の人です。夫のいない人生など考えられません。
    子供は理由なく大事ですね。反抗期で素っ気ない態度をとられても、愛しい子供です。

    残念ながら、繁忙期に家族との時間が減ってしまうことがあります。でも職場にいても家庭にいても、健やかなるとき病めるときも、大事なのは家族です。

    皆様のご意見を拝見すると、仕事が家族より大事とは、お金が大事という意味で考えている方が多いようですね。
    確かにお金がないと生活はできません。でも必要な物が大事だとは限りせん。
    生きるためにはお金も酸素も必要です。でも私は家族を愛しており、家族が何より大事です。

    ユーザーID:8850999606

  • 一言でいえない

    「家庭」のレベルがどこまでなのか。それがミニマリストなら敢えて、ガツガツ仕事をする事もないし、それぞれが活きる上で何を芯にするかで相当変わるでしょう。

     関東・60代・女性

    ユーザーID:6749693195

  • 最終的には家庭

    北海道/40代/女性

    日常的には家庭よりも仕事を優先しています。

    本当は家族全員を「いってらっしゃい!」と見送ってから
    出勤したいけど、出張の日はそうもいかないので早朝一番に家を出ます。
    本当は最初に帰宅して、ご飯支度をして「おかえり!」と
    出迎えたいけど、残業になってしまったら家族にラインで
    「夜8時に駅前のケ○タに全員集合!」と身勝手な発信をします。

    普段はそんな普通の会社員やってる妻で母な私ですが、
    この20年で3度転職しているのは家族の生活スタイルに
    合わせてのことです。

    夫もこの20年で3度転職していますが、最初に会社員だった頃、
    子供が生まれて一緒にいる時間を増やすため転職、
    次に私が大病したために看病と家事のために自営業になり、
    私が健康を取り戻したタイミングで多忙な会社員に戻りました。

    もちろん私たち夫婦は出世とは無縁ですが、それなりのお給料を頂いて
    子供たちに奨学金を負担させることなく進学させられています。

    必要な時に必要なだけしか働かない人ばかりになったら、
    世の中回らなくなってしまうのでしょうが、私たち夫婦は
    大事な『時』には必ず仕事より家庭を優先してきました。

    この生き方が私たち夫婦にとって正解かどうか
    分かるのは一生を終える時なのかも知れませんけどね。

    ユーザーID:0253747074

  • 家族です

    もちろん生きていくためにお金が必要です。
    お金を稼ぐためには仕事も大切です。

    が、仕事か家族かと言われたら 自分を含めた家族です。
    私にとって仕事は生きていく上での手段でしかありません。

    ただし、家族の為に仕事をしているわけじゃありません。
    例え結婚していなくても一人であっても仕事はしているわけで
    家族の為に自分の時間を犠牲にして働いているわけじゃありません。

    ユーザーID:2271763896

  • 難しいけど

    もちろん仕事も大事だけど、
    子どもが小さいうちは家庭優先にしてほしい。

    特に子供が体調を崩しているときは、夫には早く帰ってきてほしい。

    いつも仕事が忙しいからと終電で帰ってくる夫。

    その日は上の子が急病で、夜間に病院に連れていきたかったけど、
    下の子が寝てしまっていることもあり、私一人ですごく困った。

    そんなときぐらい、家庭を優先してよ。

    子どもの父親はあなたしかいないのだから。

    ユーザーID:0955800180

  • 立場、時期等によって答えが変わる可能性有の質問だと思います。

    例えば
    専業主婦・夫の方なら、ご家庭(を守る事)を大事にしていると思います。
    一方、大黒柱の方、仕事を覚える・頑張らなければいけない時期の方なら、仕事が大事と感じている方は多いのでは?と思います。

    私は自分の専門分野に関する知識やスキルを向上させるため、複数の国へ海外留学しました。そのまま海外で再就職し、国際異動も経験し、今は1つの国で定住しています。
    移民として海外で生活・就労し、自分の子を育て、夫の闘病、国内外情勢の変化等を経験し、今は自分の専門分野を活かしつつ、自治体と提携し、他の方の子育てやご家庭に協力する仕事もしています。


    ひとり親+お近くに頼れる方がいない家庭の保護者が緊急入院等→お子様を長・短期でお預かり等、レスパイトの様な事をしています。

    昔は、仕事+勉強を自分なりに一生懸命頑張りました。
    ただ子を持って自分の家族・庭も大事ですが、同様に他所の御家庭も大事だと強く感じる様になり、それが新しい仕事に対する原動力になっています。また移民の私を受けいれてくれた現在住国の方に、少しお礼奉公をしたいと言う気持ちもあります。
    今は自宅を他のお子様にも使って頂き、リラックスできるように心がけていているので家庭・仕事、うちと他所の区切りが曖昧で線引きが難しい状態です。

    どの家庭も大事が原動力ではありますが…実際に他所のお子様をお預かりし、衣食住を満たすには、お金も必要です。
    子の福祉の1つなので、サービス利用者の金銭的負担は殆どありませんが、自治体からもそんなには頂けません。その為、私も夫も本業も続けています。その収入が無ければ、サービス提供は困難です。

    海外、40代、女性

    ユーザーID:8487001608

  • ワークライフバランスという言葉は…

    お上の都合良い意図を感じるので、あまり好きじゃないです。すみません。

    私は『仕事』です。

    当然、家庭は大事です。当時は息子もまだ小さかったので自分なりに大切に思っていました。同じ人間として一緒に育っていこうと思ってました。

    しかし、私はそれ以前に一人の人間です。
    自分が面白いと思う事に集中し、評価され対価を得る事が生きる自信に繋がり、成長する事に喜びを感じていました。

    しかし、特に義理の母親と価値観や考え方が異なり、母親のくせに家庭的でないという烙印を押され、離婚に至りました。
    ただ、これに対しては後悔は一切無く、息子と二人で独立記念日だと思ってスカッとしました。
    その後は仕事にも一層励むことが出来ました。(必死だったとも表現できますが)
    今は無事に息子も独立し、思うように生きさせてもらってます。

    バランスって?仕事と家庭を両立させるって?一体何でしょう。

    個人がしっかり自分を取り巻く環境や、生き方、家族とどうありたいのかを見つめ、考え、行動すべき話だと思ってます。
    どんなに偉い人が何を言おうが、親や旦那が何を言おうが。
    仕事に没頭する、家族との時間に重きを置く。どちらも正解と思います。

    ユーザーID:1155722381

  • わりと

    濃い人生を歩んできた今は40代
    私が5歳の時には、父が早く亡くなってしまい

    母兄私の3馬力で
    なんとか頑張ってきたのですけど

    正直
    仕事と家事の両立は365日全てにおいて
    意味のあることだと思ってやってきたので、
    その点に関しましては、長けていると思いますね。

    どっちが大事というか極端過ぎて
    何と言いったらいいのかわからないけど

    多少犠牲になることも大事で
    免疫がついているから、なかなか
    結婚生活するのに役にたってますね

    なので「家庭です」

    主人の定年後は2人して、株で生計たてつつ

    静かに残りの人生を過ごそうと話してます。

    関東在住

    ユーザーID:9495243226

  • 大事にする順番と時期

    若い人向けへのメッセージなら、まずは仕事を優先しなさいと言いたい。

    ココで言う家族とは、自分の親兄弟ではなくて、自分で新たに築く家庭のことですよですよね?
    働きはじめて、いきなり家族がいるパタンは少ないと思う。
    最初は独身。
    独身のうちに仕事、本当に頑張った方がいい。
    何故って仕事で頑張れないと家族を作るのも困難になるから。
    昨今は割の良い仕事について、そこそこ稼げていないと結婚もままならない。
    それに、家族ができたからって急に仕事を頑張ろうとしても、仕事は訓練や経験をしっかり積んでおかないと、急に頑張れないし、急に稼げるようにはならないのです。

    順番として結婚前からまずは仕事を優先する。
    結婚直後は子供がいない大人二人の家族。
    仕事を優先し、家族は心のつながりでキープすればいい。

    次に時期の問題。

    子供ができたとしましょう。
    本当に赤ちゃんのお世話は大変です。
    そんな時、重心を仕事から家族に移す。
    幼児期は親との関係がとても大切ですから、家族を優先させる。

    幼児期から少年期に入ったら、また仕事に重心をかける。
    少年期から青年期に入ると、教育費が湯水のようにかかります。
    家族を大事にしたかったら、お金がとてもかかります。
    家族を大事にすること=十分な収入を得る事=仕事を大事にすること

    仕事を大事にしてこなかった人が、家族を大事にするために、急に仕事を頑張ろうとしてもそうはいきません。
    その頃にはもうある程度の決着がついており、今更頑張っても収入は増えないのが大人の世界なんです。
    そりゃあね。
    世の中には一発逆転なんて事もあります。
    でも、とても珍しいから一発逆転なんですよ。

    コツコツと稼ぐ力を蓄えておく。
    それが巡り巡って家族を大事にする力になると思います。

    日本、50代、女性

    ユーザーID:8781077948

  • 家庭のために仕事に全力で取り組む

    自分のためだけなら仕事はある程度以上頑張れないですが、家族のためと思って仕事してきたら評価も上がり自分が成長して自信もつき、家族も喜んでくれます。

    ユーザーID:2708529418

  • 仕事ですな

    家庭は作る、作らないの選択肢がある。
    作れば大切にする必要があるけど、家族を作らない選択肢も存在します。

    一方で仕事は、家族の有無に関係なく、たとえいい加減であろう手抜きであろうと、生活する上で絶対に必要。

    家族があることが前提でもやっぱり仕事。
    少なくとも妻は、私が家のことを気にするよりも、全力で仕事に打ち込み、成果物をお小遣いと言う名の僅かな金銭を除き、全て家庭に納入することを望んでいた。
    それが妻の幸せなのだと。
    それが子供の為になると。
    ま、我々の世代は男女で分業してたから、夫は仕事が大事、妻は家庭が大事って立場によって違っていました。

    そして引退する時、長年家族の為に頑張ってくれたお父さんに感謝する会といのが開催された。
    泣けたね。
    もう号泣さ。
    娘から「だって泣かすつもりで企画したんだもの」て言われてさ。
    妻から「今まで頑張ってきた甲斐があったわね」と言われてさ。
    息子からは「40年以上?冥王星より遠くない?」ってオマエもうちょっと気の利いたことが言えないのかよ、、、ま、振り返ればあっという間だがな。

    そして来週ののサザエさんじゃないけど
    ・洗濯のコツと注意事項
    ・掃除機はまーるくかけるもんじゃない
    ・昼食はあなたの担当です
    の三本立てで修行中です。
    来年までにちゃんとできるようにならないと、来年からゴルフ禁止と言われて必死に頑張ってる。
    1年くらいはのんびりさせて貰えると思ったけど、今始められないことが後でできるわけがない!って子供に教えたのは誰?っとあっさり論破されてしまった。

    私の結論(結婚した場合)
    仕事に始まり家庭に終わる。

    ユーザーID:7502958306

  • もちろん 家族

    私は過去に何度も何度も転職した。

    家族を養うため、業績が悪化した会社なんて
    いとも簡単に乗り換える。

    仕事は家族を養うための手段にすぎない。

    私は、ある分野の技術職だ。
    その技術を武器に転職が可能だった。

    近代は分業があたりまえだ。
    そのためあたかも仕事が重要だと考える人も多いかもしれませんが、

    それは錯覚。

    極一部の人は他人ではできない重要な職についているが、

    多くの人の仕事はいくらでもスペアがあります。

    仕事は家族を養うための手段にすぎない。

    ユーザーID:6361955928

  • 仕事が選び放題の人はいいけど

    でも大半の人は技術職ではなく文系。
    仕事が選び放題なんてことはまずないと思っておいて欲しい。
    その技術職の人だって、そのスキルを完全に身に付けるまでは必至で働いたはずだ。
    そうやってどこでも働けるスキルを身に付けた上で家族を大事にできるんだ。

    家族を大事にするする手段を持たなければ家族を大事にしようがないのが現実ですよ。

    まあ、ニワトリとタマゴの議論になるでしょうが。

    ユーザーID:7580913289

  • 絶対家庭

    結婚して12年の一児の母。
    私は断然家庭です。
    私は何の才能も特技も持っていない為仕事はお金を稼ぐ手段としか考えられ無い上、一人では寂しくて存在価値がわからなくなるタイプです。
    なので、家庭が絶対です。

    ユーザーID:8603321130

  • まあね

    自分以外の誰かがバッチリ稼いでくれる状況であれば、家庭だって断言できるよね。

    そんな人がいない私は、仕事あっての家庭と言わざるをえない。
    家庭!って断言させてくれる夫が欲しいな。

    ユーザーID:6096484911

  • 家庭が大事

    だから仕事をしなきゃ養えない。
    仕事が無かったらそもそも家族を持てない。

    ニワトリが先か卵が先か?

    永遠に答えは出ないでしょう。

    ユーザーID:3124035778

  • どちらも大切、選んだのは‥

    30代女性 関西

    仕事も家庭もどちらも大切だと思います。家庭を守るためには仕事が必要ですし、仕事を続けるには家族の支えも必要です。
    ですが、今の世の中、バランスを取るのは難しいですよね。私は、子供が一年生になった時、家庭を優先した選択をしました。仕事を退職しました。仕事はまた見つかるけど今、この子のそばにいるのは自分しかいないと思ったからです。

    ユーザーID:6768360213

  • 家庭

    「家庭」です。
    仕事はお金を稼ぐ手段。
    なんのために稼いでいるのかと考えると自分が楽しく暮らすため。
    家庭を犠牲にしてまで仕事を優先させません。

    日常の中では何度も子どもに我慢させていますよ。
    仕事だから保育園で平日の夕方はお友達と遊べなかったり小学校になってからは夏休みは学童で他の子みたいにいろんな体験に行けなかったり。
    そう言うときは仕事を優先させてきました。
    でも子どもや主人が本当に必要とするときはもちろん仕事を休むし、必要であれば辞めることも躊躇なく出来ると思っています。

    仕事にのめり込みたいと思うときも多々あります。
    でもそうまでして稼いだお金で何がしたい?と考えると子どもや主人と楽しみたいと答えが出ます。

    今は子どもが巣立つ時期が近づいて来ました。
    仕事を続けていて良かったな、と感じます。
    どちらか聞かれると「家庭」ですが普段の行動は仕事優先に見えると思います。

    専門職 40代 関西

    ユーザーID:5092762330

  • 家族

    仕事は、家族を養うためにやるんです。家族がいなかったら好きなことして暮らします。
    放浪の旅とか、山奥の一軒家一人暮らしとか……。

    ユーザーID:7418713731

  • 両並びは出来まい

     少なくとも雇う側から見ればね。幾ら男性の育休を構えた処で、企業風土として許さない処は沢山ありますから。

     マミートラックなんて造語は日本独特の悪しき文化。

     欧州ではその税金の高さから、共働きしないと家計が廻りません。その見返りで保育などの充実は厚みがあるようですが。

    ユーザーID:6749693195

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧