現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

仕事と家庭、どっちが大事?

編集部
2019年8月14日 14:07

発言小町ユーザーのみなさん、こんにちは。「読売中高生新聞」編集室です。

大人の本音を10代に伝える読売中高生新聞の連載「オトナの本音アワー」。中高生が抱える素朴な疑問や悩みについて、この掲示板で小町ユーザーのみなさんから意見を頂き、紙面で10代向けに紹介していきます。親や教師からはなかなか聞けない、オトナの本音を教えてください。

今回のテーマは「仕事と家庭、どっちが大事?」
働き方改革が進み、企業の中にも「ワークライフバランス」を重視する動きが出てきています。仕事と家庭も両立できれば、それに越したことはありませんが、以前は今よりも難しい面もあったかと思います。どちらも大事だとは思いますが、オトナのみなさんは仕事と家庭、どちらに比重を置いてきましたか? 選んだ理由と、体験したエピソードを教えてください!

※投稿の際は、ご意見とともに、お住まいの地方、年代、性別を記載してください。
※ご意見の一部は、読売中高生新聞(http://www.yomiuri.co.jp/teen/)で転載させていただくことがあります。

ユーザーID:2330648766  


お気に入り登録数:12
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:18本


タイトル 投稿者 更新時間
空気も水もなければ、人は生きられない
kitten
2019年8月14日 14:35

仕事も、家庭も、空気と水と食料のようなもの

どっちが大事か?と思ったらダメ、
どっちも必要なんだ!と思うようにしてます。

ユーザーID:4400059678
どっちも大事。
レモン
2019年8月14日 16:33

私は自分の仕事より夫と一緒にいることを選んだので、夫の転勤で仕事はアッサリ辞めました。以来専業主婦です。

夫は「家族が大事だから、仕事を頑張るんだ」と、いつだったか言ってました。
大切な家族を養うために働くのだと。

仕事しないで暮らせるなら家庭第一でいいかもしれないけど、お金ないと生きていけないですからね。
家族が大切なら仕事も重要。
ただ、健康と仕事なら、確実に健康のほうが大事。死んだら元も子もないので。

ユーザーID:9283205690
埼玉県 50代 女性
さらしな
2019年8月14日 19:40

「仕事」

お金を稼がないと生きてけないでしょ。
家庭を維持するために仕事するんです。

ユーザーID:5729037937
仕事です
匿名
2019年8月14日 20:16

40代・女性・関西在住(転勤中)

バツイチの私の意見は何の説得力もありませんが
「家庭と仕事、どっちが大事」の個人的な答えは
『仕事』に決まっています。

配偶者とは別れても路頭に迷いません。
けれど失職すると衣食住に困ります。
失業保健も期限があるし、無職中でも払うべき税金があります。
求職中でもお金はドンドン出て行きます、
貯金なんて直ぐに減っていきます。

だから私は家庭(配偶者)より仕事を優先し続けました。
その結果が離婚です。
周りからは私は悪人扱いでした。
「たいした仕事じゃないし、そんなに才能も無いのに」
「他の人でも出来る仕事なのに」
そう批判されました。

批判は的を射ています。
それだからこそ私には『配偶者よりも仕事が大事』でした。
私の代わりなんて、掃いて捨てるぐらいいるからこそ
全部を犠牲にしても失いたくない大切な物でした。
仕事に縋りついて仕事を最優先させるのは
出来る人よりも平均〜平均以下の人間の方かもしれません。

ユーザーID:2682435283
両立なんか出来ませんが
藝夢
2019年8月14日 22:37

独身者と家庭人では捉え方が違うでしょうが、家庭人の場合は夫婦で協力出来ます。
仕事は開発関係だったのでテーマに対する進め方は自分できめられ、仕事場と自宅は車で15分程度だったので、子供が生まれたときには6時に一旦帰宅し、夕食・風呂を済ませて7時に再度仕事場で11時過ぎまで勤務。
休日はもっぱら家庭サービス
子供が1年を過ぎれば、家庭のことはほぼ、奥さん任せで仕事一筋!リゲインの世界でした。
あれが出来ない、これが出来ないではなく、仕事も家庭もその時の状況を見て、バランスを変えることが大事でしょう。
そういう大人になることです

東北→海外、七十代、男性

ユーザーID:4245319939
どっちかと言われたら仕事!
しまうま
2019年8月14日 22:44

もちろんどちらも大事ですが、どっちかに決めろと言われたら仕事です。

理由1.家庭がなくても生きていけるけど仕事がないと生きていけない

人間、まず与えられた命に感謝して「生き抜く」ことが肝要です。
「生き抜く」ためにはエネルギーが必要で、そのエネルギーを得るためには「仕事」をするしかありません。
たとえば会社で働いてお金をもらう、畑で野菜を作って糧とする。
仕事の種類によって、どうエネルギーを得るかは違いますが、いずれにせよ自らの「仕事」なくしてはエネルギーは得られません。

理由2.円満な家庭は、仕事なしでは成立しない

家庭を円満に運営するために不可欠な要素はふたつ。
「思いやり」と「お金」です。
どんなに「思いやり」があっても、「お金」がなくては円満な家庭は成立しません。
お金を得るためには仕事が必要ですね。

理由3.家庭は裏切る可能性があるが、仕事は裏切らない

家庭は複数の人間の集まりです。
人間の感情はコントロールできません。
したがって、自分がまったく悪くなくても、家庭に裏切られることはあります。
いっぽうで、仕事も複数の人間で行いますが、家庭よりも「論理」や「利益」など、
客観的指標ではかれるもので支配されているため、
裏切られる可能性は家庭よりも低くおさえられます。

したがって、家庭と仕事なら、仕事を重視する方が合理的であると考えます。

ユーザーID:4557723252
仕事です
30代
2019年8月15日 7:20

>以前は今よりも難しい面もあったかと思います。

アラフォーのお局が私達の時は大変だったとかぐちぐち言うのを聞いて、うんざりでした。
実力さえあれば就職できたはず。就職の枠がゼロだったわけもありません。
他のもっと上の人も、子供の教育費にまだ働かなければいけないとか言っていて、一体この人達は何のために働いているんだろう、そう愚痴っていのるを子供が知ったらどう思うだろうとひやひやします。謙遜?とてもそうは思えません。
同居の人も全然幸せそうに見えません。

家族を含めて他人のために働くっていうのは、よっぽど献身できる度量がないと駄目だって思いました。

まして家族は自分の理想どおりになりません。でも自分なら自分の理想になれます。
仕事は自分を裏切りません。

ですから私は仕事に100%全力を尽くします。

ユーザーID:6943624301
時代は変わった
50代
2019年8月15日 8:53

三重県在住 50代 女性です。
私の子供の頃、参観日も入学式・卒業式も母親がほとんどで父親が来ているとかなり注目を浴びました。

今は男性の同僚(30代、40代)が休みを申請します。
夫婦二人で出席することを求められる時代なのですね。

せめて休む前に仕事量を調整してくれたらいいのに、調整できない時期に休みを申請されるので困ります。

家庭を営むのに必要な最低の収入さえあれば、仕事より家庭優先の時代なんでしょうね。
独身一人暮らしで優先する家族が猫だけなので、私は仕事優先ですが。

ユーザーID:7684574211
仕事かな?
消えた恋文
2019年8月15日 17:24

可愛い家族は自分の命より大事ですが、この人と一緒になって良かった、

この人の子供で良かったと思って貰う事も、又大事です。

其の気持ちを維持し生活を向上させるには、仕事で安定した収入を得なければ

成りません。

即ち仕事が大事な理由です。

家庭の大事さは妻との共同作業で創り上げるもので、己一人の努力では

多分偏った家族が出来上がると思います。

今は二人しかいない我が家のNo.2が言うのですから、信じて欲しいなと…。

ユーザーID:2560808645
ケースバイケースです
アリシア
2019年8月15日 18:03

仕事=家族の生活を守る事に繋がります。
ただし、家族が病気になったり、大変な時は職場と折り合いを付けて、できる限り家族に付き添うために仕事を休んだりもします。
仕事には社員にそれぞれ役割があるため、休む事で周りの人に大変な迷惑をかけてしまいますが、会社は極端な話、自分が休んだり辞めたとしても、私の替えはいくらでも居ます。
しかし、子供にとってお母さんは私一人ですから。

ですので普段は仕事人間で、朝から夜遅くまで仕事漬けで、ただの仕事人間に見える人でも、心の中では家族を1番大切に思っているのではないでしょうか。私がそうです。

関西在住、40代、女性

ユーザーID:3272210227
家族です。
冷凍トマト
2019年8月15日 18:59

30代女性 東京都

迷わず家族です。夫は人生最愛の人です。夫のいない人生など考えられません。
子供は理由なく大事ですね。反抗期で素っ気ない態度をとられても、愛しい子供です。

残念ながら、繁忙期に家族との時間が減ってしまうことがあります。でも職場にいても家庭にいても、健やかなるとき病めるときも、大事なのは家族です。

皆様のご意見を拝見すると、仕事が家族より大事とは、お金が大事という意味で考えている方が多いようですね。
確かにお金がないと生活はできません。でも必要な物が大事だとは限りせん。
生きるためにはお金も酸素も必要です。でも私は家族を愛しており、家族が何より大事です。

ユーザーID:8850999606
一言でいえない
cloud
2019年8月15日 19:15

「家庭」のレベルがどこまでなのか。それがミニマリストなら敢えて、ガツガツ仕事をする事もないし、それぞれが活きる上で何を芯にするかで相当変わるでしょう。

 関東・60代・女性

ユーザーID:6749693195
最終的には家庭
ピー
2019年8月16日 0:30

北海道/40代/女性

日常的には家庭よりも仕事を優先しています。

本当は家族全員を「いってらっしゃい!」と見送ってから
出勤したいけど、出張の日はそうもいかないので早朝一番に家を出ます。
本当は最初に帰宅して、ご飯支度をして「おかえり!」と
出迎えたいけど、残業になってしまったら家族にラインで
「夜8時に駅前のケ○タに全員集合!」と身勝手な発信をします。

普段はそんな普通の会社員やってる妻で母な私ですが、
この20年で3度転職しているのは家族の生活スタイルに
合わせてのことです。

夫もこの20年で3度転職していますが、最初に会社員だった頃、
子供が生まれて一緒にいる時間を増やすため転職、
次に私が大病したために看病と家事のために自営業になり、
私が健康を取り戻したタイミングで多忙な会社員に戻りました。

もちろん私たち夫婦は出世とは無縁ですが、それなりのお給料を頂いて
子供たちに奨学金を負担させることなく進学させられています。

必要な時に必要なだけしか働かない人ばかりになったら、
世の中回らなくなってしまうのでしょうが、私たち夫婦は
大事な『時』には必ず仕事より家庭を優先してきました。

この生き方が私たち夫婦にとって正解かどうか
分かるのは一生を終える時なのかも知れませんけどね。

ユーザーID:0253747074
家族です
もうすぐアラカン
2019年8月16日 13:50

もちろん生きていくためにお金が必要です。
お金を稼ぐためには仕事も大切です。

が、仕事か家族かと言われたら 自分を含めた家族です。
私にとって仕事は生きていく上での手段でしかありません。

ただし、家族の為に仕事をしているわけじゃありません。
例え結婚していなくても一人であっても仕事はしているわけで
家族の為に自分の時間を犠牲にして働いているわけじゃありません。

ユーザーID:2271763896
難しいけど
かにみそ
2019年8月17日 1:29

もちろん仕事も大事だけど、
子どもが小さいうちは家庭優先にしてほしい。

特に子供が体調を崩しているときは、夫には早く帰ってきてほしい。

いつも仕事が忙しいからと終電で帰ってくる夫。

その日は上の子が急病で、夜間に病院に連れていきたかったけど、
下の子が寝てしまっていることもあり、私一人ですごく困った。

そんなときぐらい、家庭を優先してよ。

子どもの父親はあなたしかいないのだから。

ユーザーID:0955800180
立場、時期等によって答えが変わる可能性有の質問だと思います。
気持ちの変化、経験有
2019年8月17日 14:58

例えば
専業主婦・夫の方なら、ご家庭(を守る事)を大事にしていると思います。
一方、大黒柱の方、仕事を覚える・頑張らなければいけない時期の方なら、仕事が大事と感じている方は多いのでは?と思います。

私は自分の専門分野に関する知識やスキルを向上させるため、複数の国へ海外留学しました。そのまま海外で再就職し、国際異動も経験し、今は1つの国で定住しています。
移民として海外で生活・就労し、自分の子を育て、夫の闘病、国内外情勢の変化等を経験し、今は自分の専門分野を活かしつつ、自治体と提携し、他の方の子育てやご家庭に協力する仕事もしています。


ひとり親+お近くに頼れる方がいない家庭の保護者が緊急入院等→お子様を長・短期でお預かり等、レスパイトの様な事をしています。

昔は、仕事+勉強を自分なりに一生懸命頑張りました。
ただ子を持って自分の家族・庭も大事ですが、同様に他所の御家庭も大事だと強く感じる様になり、それが新しい仕事に対する原動力になっています。また移民の私を受けいれてくれた現在住国の方に、少しお礼奉公をしたいと言う気持ちもあります。
今は自宅を他のお子様にも使って頂き、リラックスできるように心がけていているので家庭・仕事、うちと他所の区切りが曖昧で線引きが難しい状態です。

どの家庭も大事が原動力ではありますが…実際に他所のお子様をお預かりし、衣食住を満たすには、お金も必要です。
子の福祉の1つなので、サービス利用者の金銭的負担は殆どありませんが、自治体からもそんなには頂けません。その為、私も夫も本業も続けています。その収入が無ければ、サービス提供は困難です。

海外、40代、女性

ユーザーID:8487001608
ワークライフバランスという言葉は…
anne
2019年8月17日 17:04

お上の都合良い意図を感じるので、あまり好きじゃないです。すみません。

私は『仕事』です。

当然、家庭は大事です。当時は息子もまだ小さかったので自分なりに大切に思っていました。同じ人間として一緒に育っていこうと思ってました。

しかし、私はそれ以前に一人の人間です。
自分が面白いと思う事に集中し、評価され対価を得る事が生きる自信に繋がり、成長する事に喜びを感じていました。

しかし、特に義理の母親と価値観や考え方が異なり、母親のくせに家庭的でないという烙印を押され、離婚に至りました。
ただ、これに対しては後悔は一切無く、息子と二人で独立記念日だと思ってスカッとしました。
その後は仕事にも一層励むことが出来ました。(必死だったとも表現できますが)
今は無事に息子も独立し、思うように生きさせてもらってます。

バランスって?仕事と家庭を両立させるって?一体何でしょう。

個人がしっかり自分を取り巻く環境や、生き方、家族とどうありたいのかを見つめ、考え、行動すべき話だと思ってます。
どんなに偉い人が何を言おうが、親や旦那が何を言おうが。
仕事に没頭する、家族との時間に重きを置く。どちらも正解と思います。

ユーザーID:1155722381
わりと携帯からの書き込み
まま
2019年8月17日 19:07

濃い人生を歩んできた今は40代
私が5歳の時には、父が早く亡くなってしまい

母兄私の3馬力で
なんとか頑張ってきたのですけど

正直
仕事と家事の両立は365日全てにおいて
意味のあることだと思ってやってきたので、
その点に関しましては、長けていると思いますね。

どっちが大事というか極端過ぎて
何と言いったらいいのかわからないけど

多少犠牲になることも大事で
免疫がついているから、なかなか
結婚生活するのに役にたってますね

なので「家庭です」

主人の定年後は2人して、株で生計たてつつ

静かに残りの人生を過ごそうと話してます。

関東在住

ユーザーID:9495243226
 


現在位置は
です