勉強しないと転落人生でしょうか

レス86
(トピ主3
お気に入り134

妊娠・出産・育児

こんこん

小学5年生の男の子がいます。

夏休み実家に帰省して、私の母に
「あなたは子供に勉強をさせなさすぎだ。5年にもなってゲームばっかりして遊んでいたら将来落ちこぼれるのは目に見えてる。子供が将来ろくな大学も行けず、ろくな仕事につけず転落してもいいの?勉強をさせないのは親の怠惰よ。」
と厳しく責められました。
帰省中、母は中学受験用の算数の問題集を用意して、息子に毎日やらせていました。

たしかに息子は勉強嫌いで、ゲームばかり。
塾には週1で通っています。かろうじて塾や学校の宿題は塾の直前や朝に大慌てでしていますが、あとは全くやりません。

友達は多く、習い事は楽しく通っています。
勉強や読書は大嫌いですが歴史や地理が好きで、決められたゲーム時間が終わってしまうと、歴史マンガや図鑑や地図を良く眺めています。

そもそも私が勉強が大嫌いなこともあり、母のようにガミガミ言うことができません。

都内の子たちは、ものすごい勢いでがむしゃらに勉強し、多くの子が中学受験をするようですが、私の住む地域は受験組は少なく、みんなのんびりしています。
子供はのびのび育てたいと思う一方で、母に言われて少し不安になってきました。

そこでご意見を伺いたいのですが、
1.うちの子みたいに遊んでばかりいると、将来は転落人生が待ち受けているのでしょうか。
2.公立中学に入ってから高校受験目指して必死に勉強では遅いですか。
3.もし良い大学に進学できないと不幸になりますか。

私は自分が教育ママにガミガミ言われ育ってうんざりしていることもあり、子供には自分の人生は自分で選択し、責任を取れる人間になってほしいと思っています。
人生につまずいたときに「お前ら(親)のせいでこうなった」という人間になってほしくない。
とは言え、私も親として足りないのかもしれない、という不安があり投稿しました。

ユーザーID:8164254365

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数86

レスする
  • 難しい

    トピ主さんのお子さんが就職するくらいの時点でも、まだ日本の人口は減り始めくらいなので、人手不足度合いは今とそれほど変わらないと思います。ですからどうしても、人材としての価値の差によって、優勝劣敗は発生してくるでしょう。
    それで収入の少ない職に就いて、あまり余裕のない生活を送ることが、不幸ということになるなら、不幸になるでしょうと言うことができます。

    ただ、子どもも結局は人なので、親がいくらギャーギャー言っても、本人が勉強する気になって勉強しないことには身につきません。身についてない状況で時間ばかりかけても、本人は苦痛なだけで、学力はあまり伸びず、結果としてそんなに親の努力が実ったとは思えない程度の大学へ行って、親に優しくしてもらったことがないという思い出だけが残るなら、それはそれで考えもののような気もします。

    トピ主さんのおっしゃる通り、結局はお子さんも自分の選択を自分で引き受けるしかないわけで、勉強をしなかったらしなかったなりの、何かしらの幸せをご本人が見つけられることを祈るしかないような気がします。

    もちろん、少しでもいい学校に行き、いい職業につき、不自由のない生活を送らせたいと思う、お母様のお気持ちも、普通の孫への愛情でしょうから、そこを否定する必要はないでしょうが、トピ主さんに元々ない考えでお子さんを育てるというのも難しいでしょうし、トピ主さんはトピ主さんの責任で、お子さんを育てればいいように思いました。

    ユーザーID:6476818992

  • のびのびと遊ばせるはイコールでは無い

    勉強は好きな人生を選ぶために必要なものです。
    自分がやりたい事をする、やりたく無いことをしないために
    そして、のびのびと生活できる様に勉強をするんです。

    社会に出る前に社会生活の経験が豊富な人はいませんから
    企業の人事は学歴や面接で選ぶしかありません。

    もちろん、学歴がなくともその後の頑張りで出世する人も
    いるでしょうが、前提となるハードルは低ければ低いほど好きなことが出来ますよ。

    ユーザーID:1565568817

  • 学習習慣は大切かな

    まあ… 小学生なら、ガリ勉じゃなくても、
    必要なときに必要な勉強をできるだけの学習習慣は大切かなと思います。

    1、人によります。

    2、やるべき時にきちんとやれれば大丈夫ですが、そもそも学習習慣がついていなければ、いきなり「受験生だから受験勉強しなさい」と言ったところで無理だと思う。

    3、そんなことは無い。

    近い将来に受験勉強をさせる予定でしたら、
    今のうちから学習習慣を付けていないと辛いです。
    やろうにも出来ません。

    なぜなら、やったことがないために勉強の仕方が分からず、
    結局は勉強しない(できない)ので成績が悪くなる。
    親が教えなくても子どもは自ら勉強すると思っていたら、大抵は大間違い。

    やらない子はやりません。
    できる子は、学習習慣が幼い頃から付いている子です。
    こういう子は、親がそのように整えて成長してきています。

    で、結局、中2や中3になって、成績が悪い。勉強をしない。
    どうしたらいいですか? となる。
    はっきりいって、そうなってからは手遅れ。

    ぼちぼち今のうちから、多少なりとも学習習慣を身につけて
    その上でお子さんの得意な分野を、より得意になるように導くことをおすすめします。

    だからといって塾に通う必要性は絶対ではなく、
    自宅でも出来ること。上手に手をかけてあげることです。

    得意な社会科だけでは、高校入試は突破できないです。
    公立高校入試は、5教科あります。…それが現実だよ。

    ユーザーID:3279492242

  • 答えは自分で書いてますよね。

    中1、小6の子供を育てています。

    私も子供たちに自分の人生を選択し、責任ある人間になってほしいので地域で最も偏差値の高い高校に入れるよう教育しています。

    将来、自分がやりたいことが高い能力を必要とするものだった場合その道を選択したくてもできない状況になったとき必ず言われるでしょう。

    「お前ら(親)のせいでこうなった」と。

    だけど、そんなことを言う人間では最初から自身の道を切り開くなど無理でしょうがね。

    ユーザーID:4145594612

  • わかります

    言いたいことはわかりますよ。

    >子供には自分の人生は自分で選択し、責任を取れる人間になってほしいと思っています

    でもね、勉強していなかったら、選択肢って無いですよ。
    大学受験の前になって、「これがしたい、この大学に行きたい」って言っても、不可能なんです。
    選べるほど、選択肢は残ってません。
    中受する人は、その選択肢を早いうちに増やしてるんですよ。
    どんな親でも、「子供には自分で人生を選んで欲しい」と思って早めに可能性を広げてるんですね。
    多分、トピ主さんも、わかるでしょうけど、年齢が上がれば上がるほど、上の学校に入るのは競争率が高くなります。
    ですので、選択肢は減ります。
    残念ですが。

    ユーザーID:6951790109

  • 馬車馬になっても、何処は同じ秋の夕暮れ

    身近な人間に親から勉強を教えられ、受験勉強をして、大学の内容も父親から教えられて大学を現役で卒業した人を知っていますが、就職は落ちこぼれて、どこも決まらず、父親のコネで小さい企業に就職したのを知っています。
    大学ぐらい、親が大学の研究室に残れるような人なら勉強を全部教えられますが、その後の人生は、本人自身の力だと思います。
    むしろ、子供時代は、自由にのびのびいろいろなことを経験して遊び、そこから得るエッセンスを吸収して、人生に対する要領を得たほうが、就活はうまくいくと思います。
    馬を水辺に連れていくことはできるけれど、水を飲ませることはできないだと思います。また、トピ主様のお母さまのしていることは、息子さんを馬車馬のエリートに育てようとしていることだと思います。車輪の下というヘッセの小説がありますが、詰込み式教育の悲劇が描かれています。今一つ少年時代の自由を考えられてはいかがでしょうか。
    結局、馬車馬となっても、野生馬となっても、世の中大して差がなく、同じ秋の夕暮れをたたずむだけだと思います。
    生き方は、息子さんに決めさせては如何ですか。

    私の娘は三歳で、祖父の持ってきたあいうえおのテキストをバンとたたいて片付けて返していました。反抗すればやらなくていいんだと、気が付きました。

    祖母がやれというからでなく、五年生、受験をするかしないかは、本人に決めさせてはと思います。

    ユーザーID:5570888755

  • 大体わかりませんか?

    どの程度の高校大学を考えてのご質問か、わからないのですが、
    お子さんが、あと二年後に高校目指して必死に勉強するタイプなのか、
    どの程度の成績をとるものか、もう5年生なら大体おわかりなのでは?

    想像以上に伸びる子も、伸び悩みもあるかと思いますが、生まれつきの才能や性格は、変わらないはずで、母親なら自分と比べたら、大体どの程度かわかりますよね?

    私の見た中では、トップレベルの高校に行く子は、小学生の時からよく出来るし、学校の勉強は退屈でも進学塾では生き生き勉強します。
    うちも、5年から入れましたが、成績順の席で優秀者は張り出しがあり、宿題も多い競争の激しい塾でしたけど、授業が面白いし友達も勉強できる子ばかりで、楽しいと、のびのびやってました。中3は、日付が変わるまで塾で勉強していましたが、平気でした。

    小学生の時でも、熱があっても塾のテスト勉強していましたね。

    本人が楽しめたら、親はガミガミ言う必要はないし、勉強しててものびのびしていました。

    ユーザーID:2865163712

  • たぶん、

    お子さんが、友達と毎日公園で遊びまわっている
    のなら、お母さんは文句は言わないだろうと思われます
    が、
    家にこもってゲームばかりだから
    いろいろ言いたくなるのでしょう

    5年生で家でゲームばかりということは
    友人たちは塾に通っていて、
    外で遊ぶ友人がいないということはないですか?

    ユーザーID:2837090319

  • ご自身を参考にしたら?

    教育虐待するよりはずっとマシだと思います。

     勉強嫌いの主さんが今まずまずの人生を送っていると思われるのであれば、お子さんもそうなるんじゃないでしょうか?

     一番確実だと思うのは、親自身が目を輝かして学んでいることだと思います。その空気そのものを自然と取り込んでしまうのが、家庭の文化ということでは?

    ユーザーID:1066951528

  • トピ主さん、聞き方がヘタ。

    トピ主さんの質問の仕方だと、

    A 勉強出来ない人が成功できるわけないでしょ。
    勉強をそんなにおろそかにして、大丈夫??

    B 勉強出来なくても好きなことを伸ばせば大丈夫。
    うちの子は勉強いまいちでしたが、こんなことで大成してます!

    大方このツーパターンでレスが埋まるんじゃないかな。
    参考になりますか?

    AもBも、個人の価値観においてそれは正論です。
    しかし人生の良し悪しを決めるのは世間ではなく、当人なのですよ。
    A(もしくはB)のように育てられて良かった、と思う人もいれば、
    そのように育てられて自分は不幸だったと思う人もいます。

    別に一流大学に行かなくても不幸じゃない。
    (一流大学卒の人が人口の何パーセントだと思いますか?
    それに外れた全日本人は転落人生ですか?)
    かといって、やらなければならないことをまるでやらない人は
    幸せでしょうか?

    人間には向き不向きがある中で、
    それでも幸せを掴むなら、
    得意・好きを探し、伸ばすことと
    やらなければならないことから逃げない
    この二つは大切じゃないでしょうか。

    ユーザーID:6285870452

  • 私的な見解です。

    1.
    知的好奇心を掘り下げる遊びをするのは有意義だと思います。
    興味のある歴史的な地域に旅行に行く、またその経路を地図で一緒に調べる。
    そんなことをしたら如何でしょう?
    ガリガリ机に向かう事だけが勉強では無いですよね。

    2.
    今学習習慣がない子が、中学に入っていきなり必死に勉強出来るのかが不安です。
    学習習慣は小学校低学年の内に付けろと良く言われてますが、本当は4歳以前から始めるのが親も子もストレスが少なくて良いのです。
    素直な性格の子なら良いですが、思春期に入ってからでは親の言う事を聞かなくなり、手遅れになる可能性も有りますよ。

    3.
    来たるAI社会においては、本人に物を生み出す力が無ければ高収入は得られないと想像されています。
    我々世代とは違い、大学の名前だけで生き残れる時代ではなさそうです。
    子供達が大人になった時に、どんな仕事が必要とされているのか、親が見聞を広げて子供と話が出来る様になっていないと、子供の人生経験だけでは選択肢が狭まると思います。
    この点は今までの常識では計り難いです。


    ところで、
    〉子供には自分の人生は自分で選択し、責任を取れる人間になってほしいと思っています。
    との事ですが、その為に主さんはどの様な教育をしているのでしょうか?
    お子さんが選べる選択肢を広げる教育をせずにただ思っているだけだと、
    「お前ら(親)のせいでこうなった」という人間になる可能性が有るんじゃないかな?と感じます。
    人生の選択肢って結局、親や生まれた地域によって大分変わりますからね。

    書かなかっただけで、
    主さんが、お子さんの知的好奇心を刺激する教育をして来たので有れば、お子さんは伸びて行くと思います。

    ユーザーID:5095276853

  • 追加で余談ですが

    小学5年生だと、学習指導要領の改編期で、英語もプログラミングもアクティブラーニングも中途半端ではないでしょうか?
    現在幼児の世代以降はそれら有りきで成長していきますので、既に幼児期から英語を習う子が多く、プログラミングが人気の習い事になっています。
    高校大学受験は同世代との勝負ですが、社会に出た後に主さんのお子さん世代は、下の世代からの突き上げを喰らうのではないかと他人事ながら心配になります。
    取り敢えず早く英語は始めた方が良いと思いますよ。

    ユーザーID:5095276853

  • うちの子供みたい

    勉強しなければ、選択の幅が狭まるだけで転落人生にはなりません。

    例えば、うちの子は低学年の頃は将来科学者か画家、
    またはパティシエになりたいと言っていました。
    今は漫画家、小説家、医者が加わっています。

    勉強しなければ医者や科学者は無理なので、
    将来の選択は漫画家・画家かパティシエのみになります。

    更に高校受験や大学受験でも当然間に合いますので、
    小学生で遊んでいても、それらに合わせて頑張れば可能性はありますが

    例えば私立中学の子は、小学生から受験対策で勉強し、入学してからもしっかり勉強しています。
    突然科学者になりたいと思っても、高校はともかく、
    大学受験ではそういう子と競わなくてはいけないので、追いつくのは大変な困難になると思います。

    例え科学者ではなく、一般企業のサラリーマンであっても、
    学歴と就職はスライドしますので、同じような事になると思います。

    また私の母も常々「子供には自分の人生は自分で選択し・・」
    と同じことを言っていたので自分で考えた結果、やはり子供なので安易に楽な学部へ逃れてしまい、
    将来の判断を誤りました。

    偶然その後修正できたので、大人になった今でも幸せに過ごしていますが、
    選択を助けてくれればもう少し違ったかも、と思います。

    子供に正しく将来的な判断が出来るわけがありません。
    大人が助けてあげるべきだと思います。
    ですから子供には上記の話をしています。

    ユーザーID:7881223022

  • あなたの基本的考え方で間違っていないと思う

    探求心がない、好奇心がない、向上心がない、色んなことを不思議に思ったり自分の頭で考えたりできない、こういう人は大成しないでしょうが、それは「問題集をやる」とか「学校の授業科目を真面目にこなす」とかそういう話とは別次元だと思います。

    勉強が「好き」な人はいいと思います。でも受験をしたり進学意欲が強い子でも、その大半は勉強が「得意」なだけで、「好き」ではない場合が多いし、親が押し付ける問題集を疑問も持たずに淡々とこなせる子もいますが、だからと言って将来その子が生きる上で自分なりの目的を見つけて、自分なりの「課題」に意欲的に取り組める子になるかどうかは、別問題ですよね。表層的な「お勉強」だけ無意味にやらせたところで、人間力も、長くて辛いことも多い人生を生き抜く力も、身に付かない。文句のひとつも言わずに大人に従う、いわゆる「優等生タイプ」ほど、成長するにつれ他人からの評価や挫折に弱い傾向にあるし。
    大切なのは、本人が「面白い」と熱中できることをやること(ない場合はまずは見つけられること)ではないですか?

    人間、自分の内から湧き出る意欲や目的があれば、何歳からでも、どんな努力でもできますが、小さい頃から外付けの理由で親から努力を強いられて来た習慣の人は、自分の意志、自分の選択、自分の責任として、人生と向き合うことができない人が多い気がします。

    まぁ、とりあえず「勉強」させて受験させて高学歴にしてそこそこの企業勤めにさせる方が、無難で「安全」かもしれませんが、そういう一律化された価値観の押し付け、教育方針って、「親」としてどうなんでしょうね。子どもの意志を無視してとりあえず勉強させることで、逆に親が楽して安心したいだけでは?と思います。
    一人の人間として子どもと向き合って、その子の固性に合わせた人間教育の方法や機会を探る方が難しいけど、人を育てるって、そういう仕事だと思います。

    ユーザーID:4470853451

  • 思うことは、

    なんで、うちの母親は勉強させてくれなかったの?!と今でも思いますよ、60歳です。勉強ができると、将来なりたいものが出てきた時に、選択ができますが、出来ないと、諦めるしかない。留学とかも夢の夢。まあ精神的に強いこの場合は、問題なく、生活出来るでしょうが、そうでない場合は、ガミガミ言われるでしょう、文句。

    ユーザーID:2930049491

  • 転落はしませんよ

    転落というのはさ、そこそこのレベルに到達している人がダメになるってこと。

    中途半端なのは良くないと思う。
    トピを読む限りは小5で現状維持をさせている印象だよね。

    別に勉強だけの話じゃないんだけど、
    ●コツコツと何かを積み重ねられる継続性
    ●何かを成し遂げるときの集中力

    この2つの要素で判断してみると良い。

    ただし小学生だと自分で意識できないかもしれないから親の助けも必要なだけ。
    のびのび育てたいといってもね、優先順位を付けられるか別。

    しなきゃいけない勉強や宿題をギリギリまでしないのは間違い。
    さっさと終わらせて、その後にのびのびさせるのは親の役目でしょう。

    トピ主さんも仕事をしていたときはあるだろうから思い出してほしい。
    「のびのび」というのは本人に裁量権を与えるって話と極めて近い。

    では裁量権を与える側の立場で見たときに、
    どこまで裁量権を与えて良いのかは何を基準・根拠に判断をするのかな?
    その基準が正しいかは別として自分が得た経験則などに拠るよね。

    さて、ここでトピで3つも質問をしているよね?
    トピ主さんには「のびのび」をさせるだけの根拠を自分で何にも持ってない。
    これは「のびのび」なのではなくて責任放棄=好きにしろ、将来は知らん!
    って話じゃないでしょうか?

    どうして中途半端に週1で塾に通わせるの?
    どうして直前まで宿題も手を付けないのに塾に通い続けさせるの?
    その塾の効果は十分にあるの?塾を止めたらヤバいの?

    何にも考えずにさ、「少しは塾にも通わせているから何とかなる」って
    思っていませんか?

    自分の目で自分の子供をよく見ることで、このままで良いのかを考えませんか?
    誰かに聞けば答えがあると思いますか?
    それはそれで責任放棄だと思うのですが…

    ユーザーID:6855816248

  • みづちさんと一緒

    1と3の問いですが、よく考えてみて下さい。
    転落人生とか不幸。極端すぎやしませんか。
    ひとりの人間として、人生の選択や幅をひろげるには勉強は大切です。

    2に関してですが
    学習習慣はとても大事です。
    5年生なら、毎日1時間くらいの勉強習慣をつけた方がいいです。
    勉強嫌いの子が中学生になってからでは遅いと思います。

    〉勉強や読書は大嫌いですが歴史や地理が好きで、決められたゲーム時間が終わってしまうと
    歴史マンガや図鑑や地図を良く眺めています。

    これは知識は吸収出来ているとは思いますが、勉強という括りでは無いと思う。

    テレビで東大出身の人がおっしゃっていましたが
    ゲームの時間制限より、規定時間勉強したらゲームしていいというルールだったそうです。
    ちなみにこの方は三時間の勉強。

    まずは、一時間机に向かって勉強したら、1時間ゲームをしていいという習慣をつけたら如何でしょうか。

    ユーザーID:3905918879

  • どこをゴールに

    最終的にはどこをゴールにするかだと思います。
    トピ主の質問ですが別に5年生でそこまで詰めなくても大丈夫です。
    ただ本人が望む将来像があるのならいずれかのタイミングで努力は必要です。
    都市部で中受が盛んなのは良い環境を望む家庭が多いからです。
    公立の普通の中高を悪く言うつもりはありませんが良い環境を望んでそれに見合った家庭の子が良い私立や一貫校に進むわけです。
    それ以外の子が地域の公立に通うという図式です。
    もちろん公立にもきちんとした家庭の子もたくさんいます。
    でもそうでない家庭の子も私立に比べれば多いのも現実なんですよ。

    ユーザーID:1914168201

  • 勉強すると良い人生になる確率が高まる

    私は二人の子持ち(大学生と高校生)ですが、うちの子には

    勉強をすると良い人生になる確率が高まるよ、と言っています。

    いい大学に入ってそれで完了ではない、でもいい大学に入ると年収が増える可能性が高まるし、教養も積めるし、人間として成長することができる。
    また我慢する能力もUPするし、自分に対する満足度、いわば自己肯定感も上がるし、他者から認めてもらえる可能性も高まる。

    勉強ができなくてもいい人生を送っている人はいるが、特殊な才能、たとえばスポーツがプロに入れるくらい得意とか、誰もが認める芸術の力を持っているとか、顔がとても美しくて女優になれるとか、そういう能力がないと無理であり、申し訳ないがあなたたちの親(私と夫)は平凡な家系なので、そういった才能は恐らくないであろう。

    だから良い人生になる確率を上げるのは勉強をすることだ、という感じに話しています。

    かといってせっせと勉強するわけではないのですが、宿題はきちんとやっていますし、長男は第一志望の大学に通っており、次男は兄に追い付きたいと高校でそこそこ頑張っています。

    1に対する答えは上のようなものです。

    2に対する答えは、現在息子さんがどのていど5年生までの内容を理解しているかによりますね。
    もしほぼ理解できているなら中学からでも間に合います。
    ただ、勉強っていうのはするものだ、という価値観は中学生になったら身につくもんじゃないですから、今から段階的に勉強時間を伸ばしていった方がいいでしょうね。中学生になったからっていきなり「今日から2時間勉強してね」って言っても無理でしょう?(我が子の中学では学年プラス1時間は勉強しろと言われていました)

    3についても上で述べた通りです。

    ちなみに、勉強をして人生にマイナスになることはほぼないと思います。
    強制的に押さえつけて、非常識な量の勉強をさせないかぎりはね。

    ユーザーID:4683762913

  • そうですね・・・

    小学校で勉強わからないと、
    中学校ではもっとわからなくて、
    そもそも「何がわからないかもわからない」ってなって、
    もう手のつけようがないんですよね。


    私は、親が中卒(母)と高卒(父)なのですが、
    自営業の父で苦労していたので、とにかく幼少から
    「公務員になりなさい」って言われていました。

    私は昔からものすごく負けず嫌いで、
    勉強も周りに負けたくなくてやるタイプでした。

    それで今、もともとの地頭は悪いんですけど、
    勉強して、そこそこの大学行って、まぁなんの才能もない凡人でして、
    今公務員に類した職場にいます。


    さてこのような状況で、私は幼少期から
    なりなさいと言われていた公務員のようなものになり、
    「親にレールを敷かれたのだろうか。」と考えることがあります。
    まぁ、もうすこし世の中を広くみる見識を幼少期から得たかった、とは思いますが、
    親には総じて感謝をしています。


    一方で、私のような、
    それなりに勉強して、それなりの給料を得て社会人生活を送るという
    世の中ではなくなっていく流れも見えますよね。

    今世の中にある職業の何割だったか、存在しなくなると言われる未来があります。
    誰でも出来る仕事は機械で代替され、なくなっていくと思います。

    個々の個性を伸ばすような教育にかわっていき、
    単純に、良い大学に行けば良い人生が送れるとも言い難いかも、と思いますが、
    結局は良い大学は色々と学べることも多いし、
    良い大学からピックアップする企業は相変わらずあり続けると思います。

    ただ、個人としては、努力する経験のない子供は、
    今後の人生もきっと、それほど明るくはないと思います…。
    また、国語・算数・という個別の勉強も、結局はそれぞれ自分の中で
    融合し、考え方や見識の深さにつながっていくと感じます。

    結論として、勉強は、しておいて損はない。曖昧な回答でごめんなさい。

    ユーザーID:3678305350

  • 問題は勉強が出来ない事では無い

    オンオフの区切りをつけられないことと毎日継続して努力をする習慣が無いことです。

    勉強以前に「儀式的に規律を整える」事をしましょう。それは毎日部屋を掃除するでもベッドを整えるでも構いません。小さな事を継続し達成している実感が他のことに対するやる気に繋がります。特に小さい頃だからこそ努力をすれば何かを達成出来るという実感はその子の将来に大きな差をもたらします。

    ユーザーID:7375030116

  • 勉強させたほうがいい

    自分の経験をふまえていうと、
    子どもに勉強はさせたほうがいいです。

    ただ、ガミガミ言っても無駄だと思います。
    しない子はしません(私)

    「勉強をする」という行為が苦にならないようにしてほしい。
    できることなら。
    楽しいとか面白いと思わせてほしい。

    ひとつひとつ覚えていくことが、考えることが、謎がとけることが、
    いかに楽しくて面白くて、やがて自分のためになっていくか…。
    そんな風に教えてほしかったです、親に。

    元々の頭の良さとかもあると思うのですが、
    「勉強の仕方」がわからなくて、躓く子も多いと思うのです。

    好きなことだけを自由にやらせるのもいいかもしれませんが、
    それだけではお子さんの可能性を閉ざしているようにも思います。

    難しいとは思うのですが、
    勉強する楽しさのようなものを、考えてみてほしいです。
    トピ主さんが嫌いだったのなら、では自分はどうしたら勉強することが
    楽しいと思えたのか?と、考えてみてください。
    ゲームが好きなら、ゲーム感覚でやれるようにするといいかも。

    ユーザーID:4981817407

  • お答えします。

    我が家で得た知見です。

    1.うちの子みたいに遊んでばかりいると、将来は転落人生が待ち受けているのでしょうか。

    (答え) 遊びの意味が大切です。小中高時代、野球やサッカー等に熱中すれば、転落人生どころか輝かしいスポーツ人生が待っています。次男の友人はサッカー好きが高じて、J1で活躍しました。ゲーム好きも、e−スポーツで活躍できます。遊びは大きな収入に繋がります。

    2.公立中学に入ってから高校受験目指して必死に勉強では遅いですか。

    (答え) 遅くありません。三愚息は全員地元−自転車通学−の公立高校です。小中高−12年制非一貫教育−でサッカー、駅伝、バレーボールで活躍−地元の新聞に記載−しました。

    3.もし良い大学に進学できないと不幸になりますか。

    (答え) もちろん、不幸なんかになりません。大学に"良い悪い"なんてありません。受験産業が生徒や保護者を煽っているだけです。長男と次男は何処にでもある大学(院)出身です。長男は自動車メーカの開発本部の開発エンジニア、次男はブックデザインナ−自営−です。三男は東大(理)に進み、博士(数理科学)を取得、現在クオンツ職です。

    私が彼らに望んだことは、"Learn"と"Study"の違いが判る人間になって欲しかったことだけです。親の極意は、"木"の上に"立"って"見"ることです。

    ユーザーID:5344018802

  • 人生って

    そりゃいい大学行き、いい就職して
    収入良ければ、経済的な苦労をせず
    安泰な人生は送れる。
    確率としては、勉強できた方が、選択肢は増える。

    ただ、
    勉強に不向きの子もいる
    無理やりガミガミ言って強制的に勉強させても
    勉強嫌いになるだけかと。

    勉強させずに、高校大学受験にになって
    良いところ行きなさいといっても遅い
    あなたが、その子にあった能力の大学
    秋色でも 不満持たず応援できると言うなら
    今のままでいいと思う。

    うちの母、トピ主さんの母タイプで
    娯楽一切禁止で 勉強さえしてればいいってタイプで
    学歴は得られたけど、
    コミュ障害で(漫画TVゲーム禁止家庭で、クラスでも浮いてて
    孤立した劣等感まみれの惨めな学生時代だった)
    社会性なくて、学歴で就職できても
    その先の人間関係でつまづいて、転職重ねたのち
    兄弟は、ニート化。

    近所の同級生は、高校中退でヤンチャな人生だけど
    中小企業とはいえまじめに勤めてて
    結婚して子供もできて、今では立派な父ちゃん。
    実家にも時々家族連れて戻ってきて
    祖父母と孫、嫁さん仲よさそうにしてる

    うちの親はそれをみて
    長年、高校中退で見下してた同級生だったけど
    高学歴ニートの子を複数抱える母は
    今となっては、教育を間違えたと嘆いて
    私に早く孫を生んで、孫は失敗しないと
    息巻いてるけど、母が原因だろと思ってる。

    人生って学歴だけじゃないと思うよ。

    私は子供産みたくないし
    惨めな子供時代思い出したくないし
    母の干渉ターゲットにもなりたくないからね

    人は能力に見合った人生歩んで
    人から愛されて 笑いが絶えない
    穏やかな人生歩む方が幸せだと私は思う

    ユーザーID:5190478246

  • 実際の成績はどうですか?

    小学5年で遊んでばっかりでも転落とは限りません。学校の勉強を理解し、て成績も中以上であれば、そんなに焦る必要もないでしょう。

    私は50年前の話ですが、小学校は宿題だけでした。中学校でも必死な勉強はしなかったけど成績は良くて、高校には順調に進学しました。高校ではみんな同じ成績レベルなので埋没してしまい、絶対不可能だと思っていた地方国立大に運良く滑り込みました。

    でも、大卒時の突然の不況で、先輩達のいる有名企業に就職できた学友は10人程度で、私も含めた残りの40人は地元の中小企業に就職しました。

    そんな学友も私もみんな幸せな人生を過ごしています。

    学校の勉強は「基礎知識」で、本を読んだり、いろんな経験をすることで人生を切り開く力が身につきます。わからないことをトコトン調べる力はゲームでも付くかもしれません。

    成績がイマイチでも「人生を切り開く力」さえ身についていれば、転落人生にはなりません。

    2.は自分も息子2人も中学で必死に勉強しなかったけど、なんとかなりました。

    3.は、3流4流大学卒の人が必ず転落するわけでもない。

    勉強しない学生が多い大学もあり、そんな環境で勉強しない人と遊んだら、就職もままなりません。

    そんな環境でも、ちゃんと勉強し、就職して順調に生活している人も多いです。

    いわゆる一流企業に入るのが「幸福」だと思うなら、成績を伸ばし「良い大学」へ入るのが必須でしょう。

    一流企業でもリストラや倒産・身売りがある時代です。上司や先輩の言う通りに働けば無難に生きられる時代ではない。

    どんな職業でも、挫けても、自分で考え自分の人生を切り開く力がある人が必要とされ、幸福になれます。

    勉強等の基礎知識を組み合わせ工夫する能力は必須だし人生を豊かにします。いろんな体験をすることも必要です。自分の好きな物事に熱中し、深く勉強して発展させるのも良いことです。

    ユーザーID:7255416415

  • 結局、将来何になりたいか、に集約されるでしょうね

    トピ主息子さん、ゲームばかりやっている点を除けば、私の子供の頃とそっくりですね。勉強・読書が大嫌いなところ、歴史・地理が好きなところ、などなど。

    まず私の意見を一つに纏めておくと、勉強する習慣は身につけておいて損はありません。しかし、だからといって、嫌がる勉強を無理矢理やらせるのは逆効果、です。

    将来どうなるか、に関しては、以下2つの点が重要かと。
    (1)今、息子さんの学校の成績はどうなのか
    (2)息子さんは、将来何になりたいのか

    (1)については、現在、学校の成績がトップクラスにあるなら、さほど悲観的になる必要はありません。学校の勉強についていけているということですから。中学に入ってから本格的に勉強を始めても間に合います。

    しかし学校の成績が芳しくないなら、(2)次第では少し危機感を持った方が良いかもしれません。

    で、(2)についてです。これが明確になっていれば、その内容次第では、大学まで行く必要がないケースはいくらでもありますから、受験を志向した勉強に必死になる必要はないでしょう。ただ、その道に向けた勉強が必要になるとは思います。

    明確になっていない場合ですが、今の世の中、高度(すなわち大卒レベル以上)の知識を要求する仕事は多くなっていますので、将来の目標もないまま遊んでばかりで勉強せず、大学に進学できなかったとなると、結果として人生の選択肢を狭めることになります。トピ主母は、そうなることを良しとしないので、勉強をさせようとするのでしょう。

    良い大学に進学することが幸福への唯一の道、とは思いませんが、人生は思い通りにならないことの方が多いですし、好きな事だけをやって順風満帆な人生を送れる人はわずかだと思います。

    のびのび育てたいのは大いに結構ですけど、嫌いな事には努力できない人が「自分の人生は自分で選択し、責任を取れる人間に」なれるとは思えません。

    ユーザーID:8734974814

  • 勉強は手段、目的が大事

    勉強は目的ではなく、人生を豊かにするする手段です。

    極端な話、もしも医者や弁護士になりたいと思ったら、
    受験競争を勝ち抜き医学部や法科大学院に合格しなければ
    夢は実現しません。

    また勉強によって身の回りの社会現象、自然現象を理解できるようになれば
    自ら積極的に人生を送ることができます。
    例えば英語が堪能なら世界に出ていける、
    経済が分かれば投資で資産を増やすことができる、
    自然科学に通じれば発明工夫で社会の役に立つ。

    もちろん、その人それぞれに才能の違いがあるでしょうが、
    好奇心と勉強の習慣を持ち続けた方が良いと思います。
    それは親の姿勢次第です。

    ユーザーID:4484665296

  • 人により価値観考え方持つ能力嗜好により異なるので

    一概には言えない。

    何が幸せかといえば、出会うべきものに出会い、それを理解し得る知識や手段を持っていることだと思います。

    それは、学校あるいは社会に出てから学ぶ学問(に限らず、音楽であったり絵画であったり、書であったり、物作りであったり)かもしれませんし、人生で出会う人かもしれません。

    ユーザーID:1913396637

  • 勉強は積み重ね

     転落人生の定義がよくわからないので、何を持って転落というのかと思いますが。

     ただ、1つだけ言えるとするなら、勉強は積み重ねであるということです。今の成績は?今の成績が悪いなら、それは中学の成績に確実に直結します。1年や2年で巻き返しなど間違ってもできません。苦手な分野やわからないことをそのままにすれば、勉強面に関しては相当な苦労をするかと思いますし、進路選択の幅がとても狭くなり、やりたい仕事ができないという未来も起こり得ます。

     逆に遊んでいても、毎日1時間程度の勉強習慣ができていて、成績もよいなら中学、高校でもそれなりにやっていけ、自分でそれなりの進路をとるでしょう。

     小学校とはいえ、高学年ですので、自分の家の経済状況と中学、高校、大学と出せるお金がどの程度かを知らせておき、今後どうやって飯を食っていくかを本人に考えさせるのが懸命です。本人にどうしていきたいかを考えさせると、嫌でも勉強するようになりますよ。
     

    ユーザーID:9290228868

  • のびのびゲーム?

    「のびのび育てる」というと聞こえがいいですが、実態は、ゲームばかりなんですよね。そりゃ、毎日、きちんと決められた時間に机に向かって頑張れる子と、ゲーム三昧で時間ギリギリになってあわてて宿題をやっつける子供を比べたら、どちらに明るい未来が待っているかは、考えるまでもない気がしますが。

    勉強時間が少なくても、スポーツなどで頑張る力や集中力がついているなら、あとから伸びることもあるでしょう。でも、怠け癖がついているお子さんの場合は、中学以降の伸びは期待できないと思います。やるべきことを後回しにし、非生産的な遊び(ゲーム)に多くの時間を割いている現状は、「のびのびと子育て」ではなく、「放任」に近いように思えます。

    実際問題、小学校のときにゲームばかりしていた子が、中学にはいって突然必死に勉強するなんて例、聞いたことがありません。そんな夢みたいなことを期待されても、お子さんがお気の毒です。

    人生というものは、いい大学に行けば幸福で、そうでないと不幸、というような単純なものではもちろんありませんが、お母様のいう「勉強させないのは親の怠惰」という言葉は、当たっているように私には思えます。

    ユーザーID:4659192381

レス求!トピ一覧