生活・身近な話題

遠方に嫁ぐのは親不孝?

レス70
お気に入り79

もちこ

話題

母に遠方に嫁ぐ事は親を捨てるのと同意、と言われ悩んでいます。

私は中国地方出身で、現在東京に住んでおります。東京にて交際をしている彼氏がおり、まだ本格的に進んでいるわけではありませんが結婚の話もちらほら出ています。

しかし、昔から母に「将来は地元で結婚してほしい」「遠方(特に東京など都会)で結婚するなんて親不孝。親を捨てるのと同じ」「周りは皆近くで結婚していて羨ましい」などかなり言葉で圧力をかけられてきました。母の事は勿論大好きですし感謝もしておりますが、どうしてもこの考えには同意できません。こちらは捨てるだなんて一ミリも思っていないです。

最近帰省の際に母に東京に彼氏がいる事を伝えたところ、かなり呆然とされ、非常に不機嫌になり、少しの間口を聞いてくれなくなりました。

彼氏は東京で会社を経営しているので私の地元へ一緒に帰るというのは現実的ではなく、彼氏と結婚する場合は東京在住になると思います。

彼氏以外は考えられないので結婚はしたいのですが、母の事を思うと迷ってしまう自分がいるのも事実です。

一人で溜め込んでしまい、こちらで相談させて頂きました。もし何かこうしたらうまくいくよ、などのアドバイスや実際に遠方に嫁がれた方などのご意見など伺えましたら幸いです。


ちなみに、私も長女で彼も長男(彼は東京出身)、父は寂しいけど自分の好きにしたら良いよと言ってくれています。よろしくお願い致します。

ユーザーID:6722706574

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数70

投稿する
  • 謝らなくて良い。

    トピ主さん、私も多くの方と同じで
    子供が幸せになる事が最大の親孝行だと思ってます。
    幸せに元気で頑張っている事を連絡してあげたらそれで良いのです。
    それでお母さんがずっと怒っていたりへそを曲げていたりするなら
    残念ですが毒親です。

    お母さんの事はお父さんに任せて。
    迷わず結婚されて下さい。

    ユーザーID:1413313467

  • お互い元気なうちは何とでもなる

    子供が進学か就職で地元を離れた時点で覚悟すべきだったと思いますけどね。

    威勢よく親を責めるレスも多いけど、「子供に近くにいてほしい」と思う親の気持ちなんか簡単に変わるものじゃありません。
    トピ主さんが悪いかどうかは二の次、とにかくゴメンナサイと言って我が道を進むことです。

    でもね、お互い元気なうちは何とでもなるんです。
    親が老いたらどうしますか。
    地元に頼れる兄弟がいますか。

    兄弟がいるなら丸投げすることになりかねません。
    そうなったら今度こそ本気で謝ることになります。

    東京〜地元の遠距離を何度も往復する?
    体力的にも金銭的にも大変です。

    東京に親を引き取る?
    それだって大変なことです。
    地元を引き払い、引っ越しをし、慣れない土地でストレスためる親の世話をする。

    子が結婚して遠方に住むことは否定しません。
    でもそれには大変なリスクを伴うことはどうしようもありません。

    ユーザーID:6289867490

  • 情けない

    他人様の親御さんですが、その母親、とっても情けないです。
    娘を何だと思っているのか?地元で結婚して、どうして貰おうと思っているのでしょうか?いずれ介護が必要になったら、娘に下の世話までやらせようってことでしょうかね?
    情けない。
    正直、鬱陶しいです。そこまで人に依存しないと生きられない人間って?と。

    私にも一人娘がおりますが、そんなこと考えたこともないですね。
    小さい時から、娘には大人になってしたいこと、やりたいことがあればそれが出来る場所に行きなさい、と言い続けています。
    私の介護なんてとんでもない。少しでも具合が悪くなったらホームなり施設なりに行くので、ゆめゆめ私のことを思って躊躇することなどないようにと言い聞かせています。

    私自身も、国際結婚して今は海外在住です。
    日本国内、しかも東京から中国地方・・・・新幹線、あるじゃない?それって日帰りの距離じゃない・・・と笑えます。
    お母さんは、よほど狭い世界で生きて来られたのでしょう。
    あなたは自分の人生を犠牲にしなくても良いのです。順番から言えば、どうせ親は先に逝くのですから、その後残されたあなたが人生を後悔しても遅いのです。

    ユーザーID:2360156591

  • リスクなんかありませんよ

    子供に面倒を見て貰うつもりの親がどれ程いるのか。

    自分の老後を子供に面倒を掛けたくないと思ってる方も多いでしょう。

    あなたの母親は専業主婦だったのでしょうか?

    自分の人生を生きてなかった方なのかと思いました。

    父親は仕事が生き甲斐だったでしょうし、
    母親はあなたが生き甲斐だったのかも知れませんね。

    子供だけが頼りで生きてはいけませんね、自分の人生を求めないとね。

    あなたはあなたの人生を生きていいんですよ、
    後ろめたさを感じる事はありません。

    ユーザーID:4236703717

  • 子連れの帰省が辛い。

    東京と中国地方ほど離れてはいませんが、
    実家よりちょっと遠くに住んでいる者です。
    面倒くさがりです。

    自分1人の時は考えなかったんだけど、
    子供ができてからの実家への帰省が面倒です。
    なんで結婚したのかと後悔ばかりしています。

    実家の方が田舎の感じだけど、生活に便利でした。
    実家の地方に住めたら良かったと思う日々です。


    私も、東京周辺に住めたら便利かなと憧れはありますね。
    実家が田舎だと、結局自分の子も上京することになるかも?
    今度はトピ主さんがお母さんの立場になる可能性がありますもんね。

    結婚せずずっと東京に住む。
    結婚するけど東京に住む。
    の二択かな。


    そういえば、トピ主さんの年齢がいくつかにもよると思います。

    まだ若いなら、結婚を急ぐこともないと思うし。
    本当なら、将来帰るつもりなら早めに地元へ帰っちゃうのもいいかも。
    子育てするには親の助けがあった方がいいかなと思います。

    文面からは、仕事してるのか、学生なのかもわからないので。
    学生さんなら、結婚を焦らない方がいいんじゃないかなと感じました。

    時間をかけて考えた方がいいのでは。

    ユーザーID:4170740200

  • 迷いを振り切るのは簡単では無い

    50代さまの意見に似ています。
    結婚する娘の幸せを望むべきですが、離れると寂しいのも本当だと思います。

    「お母さんの希望を叶えてあげられなくてごめんね。彼と幸せになりたいの。」
    と、正直に話し続ける事が先決です。

    それと、結婚してからの具体的な生活の提案もするといいのかも。
    年に一度帰省するとか、たまには東京に来てもらって案内するとか。
    離れるだけのイメージよりも、離れてるからこその楽しみ方も提案してみる。

    捨てるのではなく、新しい段階の付き合い方を開始する、ポジティブな提案をしてみては?

    それと同時に、ちょっと演出っぽいけど、幼い頃のアルバムを一緒に見て、
    思い出に浸る時間を持つのもいいかも。
    小さな赤ちゃんから始まり、一人前に育った変化を見れば、
    ずっと変わらずにいる事を求めるのが難しいと、少し解ってくれるかも。

    今でも離れて暮らしていけてるのですから、根気よく話しを続けて下さい。
    それから、お父さんをしっかり味方に付けておくと、心強いと思います。

    ユーザーID:3460598702

  • 母思いのトピ主さんに。

    >あなたの母親は専業主婦だったのでしょうか?

    >自分の人生を生きてなかった方なのかと思いました。

    トピ主さんはとてもお母様思いの方。

    だから悩んでる。

    母親が自分の人生を生きてなかった、なんて言われたら娘としては悲しい。

    人生の機微、感じるのも人それぞれなのですね。

    ユーザーID:9281099901

  • 親離れ、子離れ

    親の為の人生ですか?いつまでも親の言いなりになりますか?
    よく考えて、ご自分の人生を歩んでください。

    ユーザーID:2662215927

  • 本当に子の幸せを思うなら

    お母様、ただ淋しいんですよね。
    でも子供の人生は親のものではありません。
    想い通りにならないのが当たり前。

    私も結婚の為、実家から遠くに住むことになりました。
    欧州なので簡単には会える距離ではありません。
    父は初めはかなり反対しましたよ。
    口をきいてくれないこともあったっけ。笑
    でもそれは娘が苦労するのが心配だったからで、
    彼を否定する事も国を否定する事もありませんでした。
    仕事柄、海外と関わりがあった人でしたので、
    現実を知っているだけに不安だったようです。
    それでも最後は私の意思が変わらない事を受け入れ、
    孫にもよく会いにきてくれていました。

    父は闘病の末、昨年、亡くなったのですが、
    伯母によく私の話しをしていたそうです、
    『結衣には海外で沢山の貴重な経験をさせてもらった。
     旦那さんもとてもよくしてくれて本当に感謝している。
     ただ素直に送り出してやれなかったことを、 今でも後悔している。』と。

    その話を聞いた時、どこか罪悪感がスーッと消えていきました。
    親って有難いものだとしみじみ思います。
    きっとトピ主さんのお母様もそんな日がくるかもしれません。

    私も親をしていますが、子供にはただ幸せでいて欲しいだけ。
    だからトピ主さんも彼を本当に愛しているのなら、
    自分が決めた道を進んでほしいと思います。
    それでもし後悔したとしても自分の責任でしょ?
    親の為に後悔することが、一番、親自身も辛いと思いますよ。

    幸せになって下さいね。

    ユーザーID:6540998865

  • 私なら

    子供が自分の意思で、止めるのを振り切って出て言ったら、その時点で、もう気持ちの距離感は離れますね。

    離れてても、困ったらいつでも、帰っておいで、なんて思いません。
    普段好き勝手してるくせに、都合のいい時だけ、帰ってくるな、親の心はおもちゃじゃないと思います。

    例えば、自分が子供の頃に親が、離れても親子は親子、いつでも、会おうねと言って、自分の手を振り切って出て言ったらどうですか?

    もちろん、年齢など違いますが、心情的には似ていると思います。

    最近は、自立自立って、まるで、家を出る事が凄く素晴らしい、一人暮らし賛歌のように、しつこいですね。

    でも、ある一定年齢になったら、子供は親の面倒をみる義務があると思いますよ。

    親がいなければ子供は育たなかったのだから。

    ユーザーID:3091901869

  • 九州出身です

    似たようなことを親戚中に言われました。しかも伯母には結婚妨害までされました。
    紹介したい人がいると言うと九州で婚活しろだそうです。
    無視して結婚しましたが、たまに顔見せに言って親には連絡を定期的にしています。
    たまに顔見せに行けば親不孝でも何でもないと思いますよ。勘当したわけではあるまいし

    田舎に帰ったところで新しく伴侶を見つけられるかどうかすら分かりませんよね。だとしたら親は何も責任取ってはくれませんよ
    幸せになることが親孝行なのです。

    ユーザーID:5910544630

  • リスクとは

    まだ元気な親世代は威勢がいいですね。
    「子供に面倒かけるつもりはない」ですか。
    もしかすると介護のことを仰ってるのですか。
    結婚した子供と親の接点は介護しかないのでしょうか。

    トピ主さんが結婚して子供が生まれたりする。
    親が亡くなるまで一生帰省しないつもりですか。
    実家が遠方なら家族総出の帰省は体力的にも金銭的にも大変です。
    これはリスクとは言えないんですか。
    死ぬまで親に会わないつもりなら構いませんが。

    親が老いて弱ってきたりする。
    身の回りの世話は外注することもできます。
    やれ入院だ、介護認定だ、世話を外注するにもその手続きだ、子供でなければできないことは山ほどあります。
    遠方なら日程的にも金銭的にも大変。
    それもリスクじゃないですか。

    いつか親は亡くなる。
    葬儀の前後に子供がやらなきゃならないことはやはり山ほどあります。
    それをどうするつもりですか。
    「子供に世話になるつもりはない」と言っていれば何もしなくて済むわけですか。

    遠方の子供に一切世話にならない方法なんて兄弟に丸投げくらいしか思いつきません。
    あとはどちらかが移動すればずいぶん楽にはなりますが。

    ユーザーID:0296620320

  • 自分の人生を生きるだけ

    トピ主さんの幸せは、お母さんの不幸。
    そうなるのは、二人が違う心をもつ他人だから…
    他人は同じ人生を歩めません。

    まぁ、お母さんは、人生の杖としてのトピ主さんを手放したくないでしょうから、
    うまくいく方法はないと思います。
    両者の利害が一致しない場合、摩擦なしに事が終わることはないです。
    覚悟が必要。

    ユーザーID:9683276213

  • 好きにする

    親元にいることだけが親孝行ではありません。

    ただし、自分で決めた行動には責任を持つことです。

    ユーザーID:0875168677

  • 人生には選択しなくてはならない時がある

    人生には、何回か難しい選択に迫られるときがあります。

    あなたの一番の応援団はあなた自身。
    自分が「こうしたい」ということを選ぶべきでは。

    何か選んで後悔したとしても、それは自分の責任です。
    責めるとしても自分。

    でももしも、誰かの意見で自分のしたいことを選ばなかった場合
    その誰かを責める気持ちになると思う。
    今回だったら「お母さんのせいで私の幸せはなくなった」って。

    結婚というのは人生の中でも大きな選択を迫られるポイント。
    母親の反対が彼の人となりではなく「自分(母親)が寂しいから(=ワガママ)」なのであれば、たとえ親を捨てることと同義と言われようが、彼との結婚を選択すれば良いのでは。

    母親が「遠くで結婚するのは捨てることと同じ。皆近くで住んでいる」というのは、子供が駄々をこねて泣き叫んでいるのと同じこと。

    近くに住むということだけが親孝行ではないはず。

    あなたは、あなたができる親孝行をすれば良いと思います。

    人生は一度きり。思うように生きてこそ。
    子供が親から巣立つことは親不孝ではありません。

    ユーザーID:9509295251

  • リスクは誰にでもありますが、常にリスクだけを意識出来ません

    50代さまの仰る事も一理あります。
    元気で心配事がないから言い切れる、その通りです。
    だから私は、悪くなくても「ごめん」と言うのには同意です。
    母親の気持ちを穏やかにしてもらえるなら、それに越した事はありません。

    ただ、リスクがあるのは、トピ主さんにもです。
    今の彼と別れ、実家近くで探したとしても、結婚したいと望むまでの男性が見つかるでしょうか?

    リスクを想定するのは大事ですが、物事には順番があります。
    まず目の前に来ている事から対処していかないと。

    >実家が遠方なら家族総出の帰省は体力的にも金銭的にも大変です
    でも、結婚は、距離で選ぶものでは無いです。相手や条件や時期が大事。
    帰省したいという気持ちがあれば、体力や金銭は本人が確保する問題です。

    >いつか親は亡くなる
    そうです。でも、それだけをずっと想定して生きていくことは、子にも親本人にも無理です。
    現在では、終活ノートを書いたりして、親が準備する人もいます。

    いつ・どのように訪れるか分からないリスクを優先的に考えるのではなく、
    目の前の選択肢に、きちんと丁寧に向き合うのが先だと思います。

    昔に比べれば、通信手段も移動手段も発達しています。
    今の高齢者は長生きにもなりました。

    子世代は、まず自分の人生を確立させるのが先だと思います。
    だから私は、トピ主さんの迷いに向き合うのが先だと思ってます。
    そして、一方を選べは、もう一方を捨てる事になるとは考えていません。
    その両方を維持できる方法を模索して欲しいと考えます。

    ユーザーID:3460598702

  • 選択肢

    実家近くで結婚するのか、遠くで結婚するのか。選択肢があるのは、文句言いながらでも、親も子も若くて健康だからです。親が不健康だったら、トピ主さんも考えてしまってもっと迷うし、場合によっては、結婚を諦めることになるかも。
    遠くに行けるのは、今を逃したら難しくなりませんか?
    そしたら親を恨みませんか?

    ユーザーID:6460917896

  • 長女とありますが

    長女とありますが、ご兄弟は?

    地元にリターンするというのは、貴女だけに課されているのか、それとも兄弟がいるとしたら全員に言われている事なのでしょうか?

    逆に貴女だけなのであれば、親が近くにくれば良い話ですし。
    順番から言えば、基本的に親が先立ちます。
    先立つものが後世を生きる子供に負荷を残して何を得たいのかとは思います。
    それとも、子供に先に死んでもらっても良いので、身を粉にして親に費やせということなのか。

    ちなみに、近くに住んだことでどのような親孝行になるのか教えてもらえますか?
    仮に独身で行き遅れて低収入で悩んでいても、親孝行だと大歓迎して不足分は負担してくれるのでしょうか?

    ユーザーID:7770911398

  • 親不孝と言うより

    私は九州ですが東京勤務の彼と結婚して東京に住んでいます。

    最初はそのうち転勤になるだろうくらいの軽い気持ちでしたがもう25年になります。

    その間、それはそれはいろんなことがありました。

    そのたびに痛感するのはもっと近かったら…。なんでこんな遠くに来たんだと何度も後悔しました。

    母も高齢。病院で、スーパーで、高齢の母親に寄り添う女性の姿を見るたびに何もできない自分が悲しいです。

    母にあと何回会えるだろう。

    ユーザーID:9426794992

  • そのとおりです

    >リスクを想定するのは大事ですが、物事には順番があります。

    だから私はトピ主さんの結婚を肯定しています。
    リスクがあるからあきらめろなんて書いていません。

    トピ主さんはまだ若い。
    親と遠距離で住むということが将来もっと深刻な問題に発展することを全く想定していない。
    将来のことを心づもりした上で結婚してくださいと言ってるのです。

    ユーザーID:0296620320

  • 私自身は

    子供の負担になりたくない!!と思うし、でも、親の近くに住んでいて本当に良かったとも思うから、どちらの意見もわかります。

    ただ、負担にならないだけの財産があるかどうかと言えば、否です。

    ここで、老人ホームに入るし!!と言える方はそれだけの財力があるのでしょう。

    うちの親も満額の年金を頂いて居ますから、そこそこお金はありますが、やはり「娘が近くに居てくれて本当に良かった」としみじみ言います。
    それは物理的なこともあるだろうけど、精神的にも、と言う方が大きいのかも知れません。
    実際、父の入院、兄の入院の時は私は走り回りました。
    90近い母親を、そんな風にさせたら、さすがにくたびれてしまうでしょう。


    遠くに嫁ぐから、親不孝、とは思いませんが、やはり、親が何かあったとき、すぐに行ける、というのは双方、幸せなことだと思います。
    でも、我が子が、もし遠方に住むことになっても、そこは納得しなければ、と言う思いもあります。

    ユーザーID:4120810709

  • 将来の心づもりをする前に自立が必要なのです

    実際に、とるる様のような例もあるでしょう。
    でも、実感するのは、やはり年月が経ってからです。

    結婚して夫婦が解り、子を育ててやっと母の気持ちが身近に解ってきます。

    今、自分の迷いを抱えているトピ主さんに、「将来もっと深刻な問題に発展」
    を意識したとしても、それに対して力を発揮する余裕があるとは思えません。

    それに、将来がどうなるかは、完全なる未知数です。
    深刻な問題になるかもしれないし、ならないかもしれない。

    自分の親、自分の世代、自分の子世代、それぞれを見て実感するのは、
    自分が確立されていなければ、他の人に力を出す事は困難だと言う事です。

    50代さまは、自分が結婚した時、今現在を全部想定できましたか?
    私は出来ませんでした。親どころか、自分の現在すら想定できませんでした。
    でも、今の時を一つ一つ大切にして、確実に前に進む努力はしました。

    私が言いたいのは、リスクは想定しきれなくて当たり前だと言う事。
    自分が経験を積んで初めてそれを想定できる力も持てると言う事。

    だから、優先順位を間違えず、将来のリスクの前に、今の迷いに向き合って下さいと言う事です。

    親世代も同じです。将来に不安はあって当たり前。
    でも、そればっかり見てると本末転倒、先に進む力も、進んだら得られる力にも、目がいかなくなります。

    人は誰でも、どの立場でも、一度に色々な事を全部抱える事は出来ないのです。

    ユーザーID:3460598702

  • 何度もすみません

    高齢の親御さんをお持ちの方のレスは心に沁みます。
    私にも80代後半の一人暮らしの親がいます。
    幸い近距離です。

    若いころはそれほど深く考えなかったけど、親が入院した時、体調を崩して買い物にも行けなかった時、けがをした時、電話一本でとんでいける距離で本当に良かったというのが本音です。

    自分にも老いが忍び寄ってきた昨今、子供に迷惑かけたくないと思う一方で、自力とお金では限界があることもわかってきました。
    公的サポートは精神的なケアまではできないことも。
    老いゆく身にはそれが大切であることも。

    まだ若いトピ主さんが理解できないのは無理もないと思います。
    私もそうでしたから。
    子供にすがる親にはなりたくないけど、80、90になった自分を想像することもできない親にもなりたくない。

    トピ主さんは我が道を進んでください。
    いつか親の悲しみを理解できる時が来るでしょうが。

    ユーザーID:0296620320

  • 江戸か?明治か?大正か?

    書籍に依ると実家の父方祖先は中国地方の出で、
    お殿様の転居にくっついて兵庫県に移動したとかで
    江戸当たりの記録からは、兵庫県です。

    実曽祖父母は従兄弟同志、祖父母も親戚同志で地元同志の結婚。
    明治・大正生まれの結婚、昭和も1桁(祖父母)だったり。
    もうね、戦前の話しですよね。

    実祖父母は父幼少時になくなり養祖父母になると
    養祖父(父の実母弟)、養祖母(祖父の留学先・欧州出身)。

    母方も祖母、奈良の農家出身で元々 福井出身の京都在の祖父宅に嫁(祖父妹と祖母は奈良の学校で同級生)。


    両親は勿論、祖父母の時代から飛行機は飛んでいるし(祖母の兄弟は戦後 直ぐに
    アメリカに船で)実家の母は船なんか利用したこともなく、欧州に、米国に(父の転勤)。

    曾祖母8人(子供時代生存中・現生存中)の所在地は兵庫・奈良・福井・フランス・ドイツ・ポーランド。
    父の転勤でアメリカ在住中は、神戸・京都・奈良に長期休暇の度に帰省。

    昭和も平成も過去。令和の現在、東京と中国地方で、そんな話って。
    大伯母の娘、フランス人と結婚してフランスや中東暮らししているけれど、
    きっとトピ主母なら腰抜かすよね。

    彼が会社経営なら 品川近辺在住だと羽田まで30分かからないし(広尾・白金台・表参道から大体20分)気軽に新幹線も利用できますよ)。

    東京在住。実家は関西ですが高校時代、東海地方で、航空機利用でドアTOドアなら
    関西帰省の方が早い(実家も伊丹から車で2〜30分)。

    東京と中国地方は近いと思うけれど。

    お母さんをじゃんじゃん東京に呼べば慣れるし、理解していただけるんじゃない?

    ユーザーID:0554221639

  • ひまわりさん面白い

    そうなのよね。

    たかが同じ国内で悲愴的に思います。

    子供の側も親の側も悲愴的。

    私も子供も海外でも構わないと思ったし、子供の方も親を気遣って将来を決める
    兆しも全くなくあっけらかんとしたものです。

    性格なのか、考え方なのか?

    トピ主さんの場合はお母さんの周りの話が刺激的になって
    お母さんを追い詰めている様に感じました。

    自分も周りと同じ様な自慢話がしたいんだろうな。

    ユーザーID:4236703717

  • 私もそうでした。

    私は、父と反発していて、地元を飛び出しました。

    東京での結婚が決まった時には、顔を合わせれば喧嘩していた父が、陰で東京に行ってしまうのはさみしい‥と言っていたと後から母に聞きました。

    子どもが生まれて、顔を見せに帰省しましたが、長くいるとやっぱり父とは喧嘩。
    適度な距離が私には、いいみたいです。

    親元を離れて、暮らすのに、後悔はありませんが、実家の手助けも得られませんよ。子育て中、夫は激務、子供を一人で育てました。
    実家でご飯を作ってもらったり、預かってもらっているママ友がうらやましい時もありました。

    お母さんも、娘がそばにいて、子育てを手伝ったりするのを夢見てあなたに
    地元にいるように言ってるんでしょうね。

    親の呪縛から離れるのも、人生では大事ですよ。

    ユーザーID:6968185094

  • 何度もすみません

    トピ主さんの母親は、今現在老いて一人暮らしとは違います。
    悲しんでいるのでもありません。自分の我儘で娘に圧力をかけてます。

    私は一人暮らしの親の立場です。しっかり老いは感じています。
    年老いた親の現状も知ってます。
    親も私も悲しくはありません。老いるのは当たり前だと受け入れてます。
    不自由さ・寂しさばかりを見ていないのが、大きな違いなのでしょう。

    >若いころはそれほど深く考えなかったけど
    >私もそうでしたから
    自分に出来なかった事を簡単に人に求めないで下さい。
    深く考えなかったのではなく、その時に考えられる精一杯の範囲が違うのです。

    若いから理解できないのではありません。抱えているものが全く違うから無理なんです。

    現実的に、年老いた方はすべて子が近居ではありません。

    子がいない方も多いし、今後はもっと増えます。
    トピ主さんの母親のように、老後の心配ではなく自分の我儘を全開にしてる親もいます。
    トピ主さんの父親のような方もいっしゃいます。
    親も色々なのに、結論が一つしかないような脅しのような発言は、真の解決にはなりません。

    何故、30年先の親の心配を今から抱えなくてはいけないのでしょう?
    20年後とは言いませんが、10〜15年後くらいから考え始めて十分だと思います。

    トピ主さんが求めているのは、今の現状を打開できるアドバイスです。
    30年先を見た将来の心づもりは、その次の段階で考えていく事です。

    ユーザーID:3460598702

  • 実家との行き来が負担になる覚悟は必要

    地元に住んでいたって、ほとんど交流のない親子もいますから、
    実家から離れて生活する=一概に親不孝とは言えないと思います。

    しかし、親子の縁は切れませんし、何かあったら地元へ行ったり
    (法事など)、逆に東京へ来てもらう必要があることを考えると、
    距離が遠いというのはそれなりに負担があるというものです。

    例えば縁起でもないですが、今日何とかしないと会社が倒産するというときに
    トピ主さんの親が亡くなって葬式だけど夫は来れません、
    というのは多分許されないでしょう。

    近くなら何とか空き時間でやりくりすることができても、
    身体は1つしかないですから、距離が遠いとなんともならない場合もあるでしょう。
    自営の場合はそれが致命傷になる可能性だってあるのです。

    あと例えば介護が発生したらどうするか? 具体的に考えられますか。
    お金さえ出せば全て解決ではありません。

    介護は親族しかできない手続きというものがありますので、
    何度も地元との間を行き来する必要がどうしても出てくるし、
    その間別居婚に近くなるでしょうし、子どもが学校へ行く年齢であれば
    地元に連れて帰るというのは現実的ではないでしょう。

    結局は、いざとなったらそれだけの負担が増えることを
    覚悟できるかどうかです。

    最後に、距離は物理的距離ではなく時間的距離で考えてください。
    例えば、東京と地元でそれぞれ空港近くに住んでいれば、
    お金はかかるものの時間的には半日程度で済みますが、
    そうでない場合、片道だけで朝出て着くのは深夜とかもあり得ます。

    ユーザーID:1695183256

  • 国内なら親孝行かも

    従妹が、米国に嫁に行きました。

    おじさんは、「まさか娘がアメリカ人になるとは思わなかった・・・。」とため息をついていました。

    ユーザーID:6079979968

  • 近いとかえって帰らないことも。

    友人夫婦で特になんの意味もなく、たんに自分たちがそうしたいという理由だけでヨーロッパに住んでいる人がいるので、必然性があって東京に住むのに反対する意味がわかりません。
    でも、こういうのは実際に経験した人でないとわからない気持ちかもしれませんね。

    国際結婚でアメリカ人と結婚し、介護のために何度も米国と九州を往復して破産しそうな人もいました。そういうのに比べたら国内なんてどこでも飛行機で1時間程度でしょう? そもそも、遠くへ行ってほしくないなら、進学も就職も絶対に地元で、と強固に言うべきだったのでは?

    ちなみに、私は母と同じ都道府県内にいまも住んでおり、1時間程度ですぐ帰れますが、そのことが災いしてか、いつでもすぐ帰れると思うとよほどのことがない限りは帰らないし、泊まりもしません。
    自分の部屋ももうないし、子どもいないから、帰っても間がもたないというのもありますが。
    周囲をみていても、遠方に住んでいる方のほうがまとまった休みなどはずっと実家にいるようにすることが多いようですし、食事やイベントに一族で出かけたり、思い出作りに熱心ですよ。
    中途半端な近さだと、かえって寄り付かなくなることもあり得るという例でした。

    ユーザーID:1461734933

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧