夫が家計簿1日スタート希望だが給料日は15日

レス53
お気に入り66

焼肉

話題

専業主婦です。家計管理してますが、今まで家計簿つけてなかったので、つけようと思います。夫も賛成・協力するとのことです。
ところが、夫はこう言います。
「せっかくつけるのなら、年間集計などできるよう、1日(ついたち)スタートにしてほしい」
そういう夫の給料日は15日です。

じつは私は給料日スタートを想定していたので、少しとまどっています。
私のまわりで家計簿をつけている人、かつ1日スタートの人は1人しかいないので、それとなくきいてみると
「給料が入っても翌月1日までは手をつけず温存する」んだそうです。
でも、彼女夫の給料日は25日なんです。温存期間は5〜6日間。
私の場合、その方法だと15〜16日間。

何かうまい方法はあるでしょうか。

ユーザーID:5783189847

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数53

レスする
  • どういう関係が?

    何日スタートでも、最初の日の現預金や借金等を確定させないと、家計簿って始められないと思うのですが。
    当然、初めてしまえば、毎日の出納をきちんとつけてたら、給料日がいつだろうと、それをいつ使おうと、帳尻は合うので、問題もないと思います。

    1日スタートであることと、給料に1日まで手をつけないことの関連性が、よくわかりませんでした。

    ユーザーID:1139140157

  • 1日スタートにしてます

    ご主人の言う通り、長い目で見ると年単位での集計が大事だと思いますよ。
    家計は年単位で考えた方がいいですよ。

    特に税金関係は年単位で考えます。
    源泉徴収票や、住民税の内訳とかと照らし合わせたり
    医療費控除などで確定申告をしたりなんてことも考えると年単位かつ月単位でする方がいいと思います。

    給料日の締めは気にしていないです。

    >「給料が入っても翌月1日までは手をつけず温存する」んだそうです。

    そんなことしてません。
    月締めで管理するのであれば収入がいつ入っても関係ないのではありませんか?
    月単位でいくら収入があっていくら支出があってと考えるわけですから。

    ちなみに私はPCソフトを使ってますので、口座管理もしています。
    今時クレジット払いも多いので、給料日にこだわる必要はないと思いますよ。

    ユーザーID:3981640454

  • 70代、私も家計簿つけて居ますが

    年金受給日が15日ですが、電子家計簿などは一日スタートだと思います。

    手書きで家計簿つけるより余程楽ですのでパソコンで家計簿管理が良いですね。

    私も最初は戸惑いましたが、経費は一日から記帳してその間は前月の給料が残っていると思いますので、それで経費も落とせます。
    収入は15日に記帳すれば、家計簿スタート出来ます。

    基本家計簿は月単位です。
    水道光熱費も、食費も、きっちり一日スタートの方が将来月いくらかかったかが解ります。

    収入の月日を基本にすることも無いと思いますよ
    家計簿は簡単で見やすいのが基本、ご主人の提案の方が良いと思います。

    家計簿も買ってきたもの全部をつけると長続きしません。
    詳細はレシートを取っておいて、おおざっぱに食費、水道光熱費、交際費、他項目別で管理すると長続きします。

    食費として3000円使った場合、3000円だけを家計簿につけると良いです。
    3000円の内訳はレシートでですね。
    一か月の集計を夫婦で確認した時点でレシートは処分しても良いと思います。
    他の物は記帳できても、食費は種類も多いので私はそうしています。

    ユーザーID:6361741237

  • よくわからないけど、お金が足りないならトピ主が働こうよ笑

    ちょっと書いてる内容がよくわからないですが、月初スタートにするとその日までお金がなくて資金が尽きてしまうということなのでしょうか?

    それなら家計簿つけると同時にまずはトピ主が働きましょう。

    給料日が15日なのと、家計簿のスタートが来月1日目なのは家計単位程度ならほとんど無視できるものだし、無視できる状態になっていないのならそれはまずいサインですよ笑。

    ユーザーID:9848065129

  • 好きなタイミングではじめればよし

    旦那様の言っているのは集計のタイミングのことでしょ。
    好きな時に初めて日々集計し、結末にひと月分の出費の食費・雑費・被服費などを集計すればよろしいかと。集計月の半ばにいちど収入があるって感じで。
    あなた的にはお小遣い帳のように、スタート=収入のあった日で、だんだんと残高が減っていって、給料日の前日にいくら残っているかに心配りすればよくて、途中に集計のタイミングがあるのはチェックポイントとしていい機会ではないかと。

    なお、うちは夫婦で月二回の給与があるので、10日と25日に収入があり、集計は月末です。

    ユーザーID:5737373953

  • 1日スタートです

    予算を立てて管理します。
    1日スタート月末締め
    給料日は25日
    温存も何もする必要ないですよね。

    現金収支管理
    予算収支管理
    クレジットも、使った月に費目仕分けで支払い月に現預金管理
    家計簿ソフトに入力したら自動的に振り分けられます。

    あくまで締め日の問題だけで、給料入金日は関係ないです。

    結婚して日が浅いのかな〜?
    家計簿をつけていないことにびっくりしました。
    独身の娘もスマホアプリでつけていますよ〜

    ユーザーID:0190280637

  • 意味不明です

    そもそも家計簿って、収支を正確に記録するだけのものですよね?その上でチェックして無駄を省き、貯金を増やしたりするのだと思います。
    なぜ、給料日スタートする必要があるのでしょう?まさか、給料日に入金して、そこから固定費や生活費を引いていく記入の仕方をするつもりですか?子供の小遣い帳じゃないんですよ?
    市販の家計簿なり、スマホアプリなりを買って勉強してください。

    ユーザーID:2954352858

  • 温存期間???

    給料日スタートでもどちらでもいいけど、基本的にはみなさんがおっしゃっているように1日のスタートにして、その月の収支をつけた方がいいと思います。

    初月を1日から始めるなら、スタートは「今持っている残高」から始めたらいいわけで、給料日が何日であろうと関係ないですね。

    ユーザーID:1834944773

  • 0円スタートではない。

    今も生活できているのですから、普通預金にお金ありますよね。

    9/1に100万円あります。
    9月前半に10万円使いました。9/14の残高は90万円です。
    9/15に給料が30万円入りました。9/15の残高は120万円です。
    9月後半に15万円使いました。9/30の残高は105万円です。

    収入は30万円、支出は25万円で5万円の黒字。
    残高も105-100=5万円の黒字。
    めでたしめでたし。

    ってことですよね?どこが問題ですか?

    使うときに何月分にもらった給料かなんて考えません。全部同じです。
    もちろん、預金口座に入っている分以外にも、現金が手元に必要なのでそれは別に数えておいて、家計簿の上で合計します。

    ユーザーID:0857579814

  • うーん

    「翌月1日までは手をつけず温存する」というのは、
    トピ主さんの家計では無理がありますから、単に、
    1日時点での残金を「前月繰越金」として計上すればいいのではないでしょうかね。

    ユーザーID:0115502785

  • 今月のお給料からスタートするわけではないし

    毎月15日にお給料日になって、そこで入ったお給料で買い物や支払いを始めるのではなく、それまでにお財布に入っていたお金や口座に入っていたお金を使うと思います。
    ひょっとしてそうでなくても、手渡しでも口座振り込みでも休日を挟むとお給料日がかわると思います。
    (例えば私の会社では、お給料日が休日の場合、その前の平日に振り込まれます)。
    よって開始日を15日にしても「15日(頃)に(先月働いた分の)お給料が振り込まれる」であって、締め日を15日にした方がよい理由もありません。

    ※ゴールデンウィークや年末年始など、月末月初を振り込み日がまたぐこともあるので、たまには電気代や電話代の振り込み日がある時は月に2回、ある時は0回、等はあるかもしれません。

    家計簿自体も現金で支払ったものを集計したお買い物リストのこともあるし、すべての口座・現金のお金の流れをまとめたものもあると思い、一概に一意の何かをさしていることもないとは思いますが、厳密なスタート地点というのはないのですから、一般的にはやはり毎月1日スタートがよいと思います。

    ユーザーID:0865566496

  • 何が問題なの?

    1ヶ月の入出金を記録するのが家計簿の機能なので、入金日がいつだろうと構わないのではありませんか?

    前月末の残高を確定して、そこからスタートすれば済む話です。


    >「給料が入っても翌月1日までは手をつけず温存する」

    温存するってどんな意味があるのだろう。
    給料日に入ってきた給料も手持ちのお金も同じ現金なので、区別して使う意味がわからない。


    トピ主が何を懸念しているのかよくわかりません。

    ユーザーID:9367524040

  • 今日からとにかく、つける

    今日から早速つけましょう。スタートなど気にせずに記入します。決済は現金であれ、クレカであれ、電子マネーであれ、使用した分を書き込みます。3か月もすれば流れがつかめます。
    銀行引き落としの光熱費なども、引き落としの日に関係なく、使用量と金額を書き込みます。わたしの場合、光熱費やガソリン、ケイタイ、医療費などは別の一覧表で一目瞭然となるようにしていますが。

    PCで記入されるのでしたら、エクセルか簡単なソフトを使ってやれば管理が楽です。そうすると、1週間・1か月・半年などの見通しがすぐにできます。そのとき、開始日はいかようにも設定できます。1日でもいいし、15日でもお好み次第。要は始める日付など、あとからいくらでも管理できますから、今日から支出を記録しましょう。つまり、開始日にとらわれる必要は全くないのです。

    わたしは家計の流れは家計簿ソフト、また別にエクセルでクレカなどの支払い管理はやっています。プリペイドカードの残高管理もこれでやるので、手持ちのプリペイドに残高がいくらあるのか、管理できます。

    とにかく、こまかな費目にとらわれず、支出を記入することから始めれば、いつしか、自分に合った、管理しやすい家計簿が作れるでしょう。

    ユーザーID:1913709270

  • 始めてしまえば同じでは?

    給料日から始めて、次の給料日前日で〆って、分かりやすい気がしますが、前のレスにもあるように、光熱費などは月単位なので、かえって面倒ですよ(請求額ではなく、半月分に分けて記入することになりますよね)。
    家計簿って、要するに入金・出金の管理と残高の把握ですから、1日に現在ある残高金を記入し、出金項目と額を書いて行く。15日に入金額を記入し、月末に〆。当然残高がありますので、翌月に繰り越し。この繰り返しです。
    予算(給料)を使い切らなければいけないなら、入金日スタートが合理的ですが、そうではないのですし。
    月末残高が把握できると、「あら、給料日まで余裕ね」とか「あと半月、節約しなきゃ!」と具体的に分かっていいと思いますよ。

    ユーザーID:1805799437

  • レスします。

    給料日がいつであろうと、その月の給料をその月の収入としてカウントしてしまえばシンプルなのでは?
    例えば8月振込の給料は8月分の収入とし、
    支出は8/1〜8/31の支出を集計するものとすれば、
    8月の収支を計算できますよね。
    トピ主さんは、給料日から給料日の間の収入と支出を対応させたいのでしょうが、
    毎月1日スタートだとそれは無理ですね。
    ただ、毎月15日スタートでも、12か月たてば1年は1年なので、
    家計簿をもとに確定申告をするのでもない限り、
    暦月単位にこだわる理由は特にない気もしますけど。
    上場会社でも、毎年2月20日が決算日という会社も存在しますし。

    ユーザーID:3034843253

  • 方法も何も

    1日スタートで、15日に入金でいいんじゃないの。

    1日まで給料を使わないで置いとくとか、さらに使わないなんて無理、とかよくわからない理屈ですね。
    そんなぎりぎりの生活してるんですか。
    だったら専業主婦でのんびり家計簿つけるより、働くべきですよ。

    ユーザーID:6565596100

  • 月の支出額より残高を把握したいのですね

    晦日締めにしないと月初めの引き落としと月末の引き落としで
    先月分の支出総額を計算するのに余計な手間が掛かりませんか?

    主さん方式だとあと何円残っている位しか判らないばかりか
    月ごとの支出変化が一目で判断できなさそうです。

    ユーザーID:3861096904

  • 1日スタートでよいのでは

    とりあえず、今日から始めるのなら今日の現金残高からスタートして8月31日まで集計すれば良いだけです。給与振込の入金額を15日に記入すれば良いだけ。

    給料の温存とか考えるからややこしい。必ず「今月の手取り」以下の金額で出費しないとダメなのですか?。

    もしもそうなら、自動車や電化製品を現金払いで買うときはどうするのかな?。

    手取りから決まった金額を差し引いて一定額を貯金し、残りを生活費などに充てるのが基本。どうしても赤字が出るときは貯金などから手当てするしかないし。

    給料日スタートでも良いけど、同じ会社にいても会社都合で給料日が変更になるときもあるし。転職したら次の会社の給料日は転職時までわからないし。

    休日をはさんだら給料日は前倒しになるし、各種引き落としは後ろ倒しになるし。

    いろいろ考えると面倒なので、毎月1日〜31日の月次で管理する方が毎月・毎年の支出額比較や、月末残高の推移を見るのもやりやすいと思いますけど。

    ユーザーID:7459233353

  • 毎月1日スタートです

     我が家も毎月1日スタートです。30日、もしくは31日が締め日です。
     例えば、8月15日にいただくお給料は8月分の収入と考えます。
     8月15日にいただいたお給料は9月1日まで使ってはいけない、という決まりはありません。 30日、もしくは31日に締めて一応集計します。
    銀行引き落としの出費は引き落とされた月の支出と考えます。
    電子マネーでの買い物は、もう一つのお財布からお金を払ったとして記録しましょう。
    電子マネーの買い物もクレジットカードでの買い物も現金での買い物と同じと考えます。  不明金に悩むこともありますが、不明金は?と記録します。
    とりあえず1か月記録してみてください。1か月記録してみたら次は3か月記録してみましょう。暮らしが見える化されて、面白くなってきますよ。

    ユーザーID:7705294873

  • そんな貴方に

    焼肉様、こんにちは。

    私は、これまで何度家計簿に失敗してきたことか。
    自宅に溜まる出納帳。溜まるレシート。明日やろうの繰り返し。
    きっとお金の管理なんて私には無理なんだと諦めていました。

    ですが今はアプリという素晴らしいものがあります。

    電子マネーと口座を連携し勝手にどこでどの分類のものを買って
    毎月、毎年どの支出が増えているのか等をグラフ化してくれる優れものもあります。
    また、収入や世帯構成から理想の支出額を出し、節約提案までしてくれるのですからどんどん貯蓄が増えます。

    現金なんてほとんど持ち歩かなくて良くなりますから
    お財布も軽くスマート。

    ご主人の求める比較も一円単位の高精度で実現するので文句はないでしょう。

    是非おためしあれ。

    ユーザーID:7214934735

  • とりあえず、やってみては

    最初は三日坊主も予想の上、今年いっぱいお試し期間になさってはいかがでしょうか?
    そうすれば4カ月ありますから、まず今月16日から始めてみて、来月か再来月は1日から始めるなど、違う方法を試したり、反省点を次の月に盛り込んだりできそうですよ。

    私が家計簿をつけ始めたときは、最初の月は特に節約も考えずに記帳だけしてみて、その結果で予算を設定するつもりでした。
    しかし、思いもしない金額になってしまい、こんなはずはないとあと2カ月つけてみて、やっぱり使い過ぎとの結論に。
    それで、理想的ではないものの現実的な予算を設定し、翌年の1月からつけてみましたが、予算は守れても家計簿は半年で挫折。
    最初の年はこんなものと諦め、色々改良点を夫と話し合い、10月ごろから練習をして、また翌年の1月から本格的につけ始めました。
    それ以降は、時々改訂しつつも、なんとか続いています。

    夫が何回か転職しており、お給料日も色々変わりました。
    だから、次の転職がもしあっても大丈夫なように、お給料日基準にはせず、毎月1日スタートです。
    前月のお給料を使わずに待つのではなくて、家計簿の計算上のことなので、現金が手元にないとわかりにくければ、最初だけ貯金から用立てる形にしても良いかもしれません。

    収入は年末のボーナスと12月分のお給料から、支出は1月のみ12月28日ごろ(年末休みの始まり)から始めます。
    年末年始の支出をひとまとめに管理したかったのと、ノートに手書きしていた頃、年の初めの1月分から赤字になって嫌になって、続かなくなるのを回避するためにそうなりました。

    そんな風に、トピ主様とご主人様も、おふたりががわかりやすく続きやすければ、どんどんアレンジしていっても構わないんですよ。

    ユーザーID:7194734921

  • 給与支給日と家計簿の締め日と何の関係が?

    申し訳ないですが、全く意味が分かりません。

    給与支給日の家計簿の締め日に何の関係があるのでしょうか?

    ユーザーID:9562471876

  • レスします

    1人暮らしを始めた25歳から40代の今までずっと家計簿をつけています。

    何度か転職して給料日は10日だったり20日だったり25日だったりと変化していますが、家計簿は常に1日スタートです。

    1日からスタートするだけですよ?
    何がそんなに難しいんですか?
    1日スタートの利点は月末までの行ける時に銀行へ行けばいいという余裕があることです。
    特に多くの企業が給料日の25日は混みますし、混む日を外して月末までに行けばいいので気楽です。

    トピ主の場合は初回のみ、給料日から月末までの数日間の生活費が不足すると思います。
    そこは貯金で補います。

    9月15日の給料は使わずにキープ。
    9月15日から月末までは不足分は貯金で補う。
    9月15日の給料は10月1日から使う。
    10月から1日スタートの家計簿開始。

    ユーザーID:7399591853

  • 給料日基準だと不都合が出ますよ。

     1日スタートの家計集計は、むしろ一般的だと思いますよ。

     給料日は曜日の都合などで変化します。
     月単位の収支管理が難しくなります。

     給料日に合わせて〆日を変えると、集計対象日数の変化が「大の月/小の月」より大きくなります。
     また計算される支出項目が月により変わることがあります。
     例えば一般に決算日と休日が重なった場合、給料は休みの前、引落しは休みの後になります。
     月によって特定の項目が、"0"になったり、2ヵ月分になることもありますよ。

     毎月15日(通常の給料日)に固定してスタートすると、曜日などにより給料が別の月の集計になります。
     給料が"0"になったり、2ヵ月分になります。

     1日まで温存・・という表現も理解できません。
     1日に限らずどの日にちを見ても「今後の生活費」が温存されていなければ家計は破綻です。
     健全な家計なら何日がスタートでも生活に困りません。

     給料日をスタートにしたいという心理と合わせて考えると、とても心配です。
     もしかして毎回、もらった給料や家計を使いきる前提ですか??
     
     小学1年生の「お小遣いの使い方」や「お小遣い帳」を連想してしまいます。
     子供のお小遣いなら、もらったお小遣いをスタートにして何に使った・・の管理でも構いません。
     しかし、家計の管理は「収支の両方」が対象です。
     いつ収入があったかも大事な管理対象です。
     そして月単位、年単位で収支を管理して何十年も先につなげます。

     家計をあずかる立場として、あなたの考え方の底にある危険性に気づいていないと思います。
     しかし、あなたの様にお金の管理意識が甘い人には、毎月1日スタートの家計簿を強くお薦めします。

     ご主人やこのオジさんに騙されたと思って、月初めスタートで頑張ってみませんか?

    ユーザーID:9856982610

  • 給料日スタート派の心理

    家計簿関係のブログ/サイトなど、気がつけば目を通している者です。
    私の知る限り、給料日(スタート)派が7〜8割、1日(スタート)派が2〜3割と思われます。
    でも、このトピでは1日派もかなりいらっしゃるようですね。
    私もかつて給料日派だった(今はちがう)ので、トピ主の気持ちがよく分かります。
    給料日派は、こう考えます。

    《1件の収入を1つの集計期間に対応させたい。
     2つ以上の期間にまたがって使いたくない》

    たとえば
    (1)8.25に入った収入は、8.25〜9.24に使いたい。
    (2)9.24に残っていても、次の期間(9.25〜)にくりこしはせず、預貯金・引当金など別枠にしたい
    (3)つまり、期首(集計期間の起点)は、残高ゼロ(に給料が入るところ)からつねにスタートしたい。

    別の視点からいうと、
    (4)8.25の収入が期末(集計期間の終わり)である9.24に1000円以上残っていて、次の期間にくりこした場合、
    9.25以後に1000円使うと、その支出が
    ・8.25収入からのものか、
    ・9.25収入からのものか
    分からなくなる。

    給料日派は(4)をとくにいやがるような気がします。対応関係が崩れてしまうから。
    そういう感覚の人が強制的に!?1日スタートにさせられると、
    「8.25収入は9.1〜9.30に使う。8.31までは使わない」
    と、なります。
    それが彼女/彼にとっては非常に分かりやすい方法なんです。

    ユーザーID:7681237969

  • 当然月末締め

    締め日で考えましょうよ。14日締めっておかしくないですか?

    給料日前日締めはキャッシュフローしか考えていないからだと思います。
    家計の収支は、月単位で損益計算をしましょう。

    ユーザーID:6310251894

  • カロリーさんがとてもうまく説明してくれました

    1日スタートについて、私の不安のようなものを、カロリーさんがとてもうまく説明してくれました。
    長くなりますが、抜粋・引用させていただきますと──

    >1件の収入を1つの集計期間に対応させたい。2つ以上の期間にまたがって使いたくない

    >期首(集計期間の起点)は、残高ゼロ(に給料が入るところ)からつねにスタートしたい。

    (給料日25日で給料日スタートの事例)
    >(4)8.25の収入が〈中略〉9.24に1000円以上残っていて〈中略〉くりこして
    >9.25以後に1000円使うと、その支出が
    >・8.25収入からのものか、
    >・9.25収入からのものか 分からなくなる。

    >給料日派は(4)をとくにいやがるような気がします。対応関係が崩れてしまうから。

    はい、その通りです。いやがるというより、分かりにくくなるんです。

    ユーザーID:5783189847

  • エクセルで

    エクセルと市販の家計簿と両方をつけています。
    めんどうと言われますが、家計簿は記録のため。
    いつ何を食べたかとかもわかりますし、場所を選ばずメモ書きできます。
    エクセルは計算間違いを防ぐためです。
    週単位、月単位、年単位の集計や見比べ、串刺し計算も簡単です。

    市販の家計簿と同様にエクセルのシートを作り1年で1ブックです。
    私は1日始まりにしていますが15日締めにしたいのなら
    シートをコピーして15日で締められるようにコピペしてしまえば
    どちらにでも対応できますよ。
    自分が管理しやすい締日で良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:6171288090

  • 何事もシンプルに

    むつかしいことごちゃごちゃ考えなくても
    1日に家計簿出してきて、
    収入の欄に「前月繰越し××円」と残高書いて
    始めればいいでしょ。
    最初の月だけイレギュラーだけど
    翌月から通常運転になるよ。

    会社経理じゃないんだからシンプルに!
    でないと続かないよ

    ユーザーID:5081129888

  • 慣れます。

    青色専従者です。
    夫の仕事の経理をしています。
    会計ソフトを使っています。

    私も以前、夫の給料が20日締め28日払いでしたので、
    なんとなく月初スタートでしたが、事業を始めて不定期に入るようになりました。
    会計ソフトは1日からで、家賃が28日払いのため、
    なんとなく、大きなお金を給料が入った瞬間に使い、
    あと残りの生活費でぼちぼちやっていましたが、
    この考えですと次の給料日までに使い切ってしまいます。
    なので家計簿が戦略的ではなくてただのメモ帳になり、
    家計簿つけたから家計の使い方が変わるための家計簿にはなりません。
    生活費をお小遣いではなく経理と考えると1月締めが普通です。
    是非慣れてくださいね。
    私は2年目、最近慣れたような慣れないような、、、。頑張りましょう!

    ユーザーID:8769632557

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧