夫が家計簿1日スタート希望だが給料日は15日

レス53
お気に入り66
トピ主のみ1

焼肉

話題

専業主婦です。家計管理してますが、今まで家計簿つけてなかったので、つけようと思います。夫も賛成・協力するとのことです。
ところが、夫はこう言います。
「せっかくつけるのなら、年間集計などできるよう、1日(ついたち)スタートにしてほしい」
そういう夫の給料日は15日です。

じつは私は給料日スタートを想定していたので、少しとまどっています。
私のまわりで家計簿をつけている人、かつ1日スタートの人は1人しかいないので、それとなくきいてみると
「給料が入っても翌月1日までは手をつけず温存する」んだそうです。
でも、彼女夫の給料日は25日なんです。温存期間は5〜6日間。
私の場合、その方法だと15〜16日間。

何かうまい方法はあるでしょうか。

ユーザーID:5783189847

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数53

レスする
  • ナンセンスですね。

    1か月分のお給料で1カ月賄う訳ですか・・・。

    その1か月が、支出が多くてマイナスだったらどうします?


    気持ち悪いですよね。マイナス。


    でも、繰越の考えを加味すれば、こういう心配は無くなります。


    1か月ごとに収支を出して、果して役に立つのだろうか?


    無駄な努力と思わざる負えません。
    連続して付ける事が大切。だと思いますけど・・・。

    ユーザーID:1083027607

  • レスします

    わかりにくくなることが問題なら、むしろ1日開始の月末〆のほうがわかりやすいでしょう?

    9月15日の給料は10月1日から月末
    10月15日の給料は11月1日から月末

    9月分給料は10月しか使わない、10月分は11月にしか使わない、とてもシンプルですよ?

    光熱費や携帯代のように使うタイミングと支払いのタイミングがズレるものは私は支払い日を基準にしています。
    いつ使ったのかは考えず、支払った日付けで家計簿に記入します。

    クレジットカードで支払った時は支払った日に家計簿に記入します。
    引落し日がいつかは気にしません。
    記録上のルールは家計簿の1ページ目にメモ書きして忘れないようにしていますし、夫が見ても分かるようにしています。

    温存期間が5日間でも15日間でも何も問題はないですよ?
    毎月同じように給料が入って、毎月同じように1日から月末まで使うのですから、給料日が何日でも同じです。

    1日スタートの月末〆で、月末に残っている現金は繰り越さずに貯金します。
    これもスタートが何日だろうが締め日にやることは同じですよ?

    トピ主の場合は今まで家計簿をつけていなかったのですから、やり方が変わるとやり辛くなるということもないでしょう。

    トピの場合の問題は初回のみ、給料日翌日から月末までの生活費をどこから捻出するかということだけです。
    貯金から出せば解決です。

    初回だけが問題なんです。

    次回からは給料日がいつだろうが1日から使い始めて月末で〆ればいいだけです。

    ユーザーID:7399591853

  • 15日温存で

    これだけ皆さんが説明して理解できない、15日温存したら良いじゃない。

    9/15の給料は温存して、10/1にもらったことにしましょう。

    今月と来月は節約して9月末まで今あるお金だけで過ごしましょう。

    何か問題ありますか?

    ユーザーID:0857579814

  • どっちでも良いが・・・

    もしかして、月給を1ヶ月でぴったり使い切るような家計でしょうか?
    給料日後は高い肉を買って、給料日前にはもやしで食いつなぐみたいな生活ですか?

    突発的な支出もあるだろうから、生活防衛費として、3ヶ月ぐらいの月給は普通預金に入れておきましょう。とりあえず半月分があれば、15日間温存とかはどうにでもなる話になります。

    締め日で悩むよりも、まずは記録を始めましょう。
    あなたがつける家計簿の予算立て・集計は15日スタートで、夫に見せる家計簿は1日スタートでも良いのでは?

    ユーザーID:5912858596

  • 家計簿をつける目的を明確にしましょう

    レス読みました。

    給料日スタートで残高0から始めないと、収入と支出の関係がわかりにくくなるから。というのが理由であれば、(私は1日スタートを勧めましたが)給料日スタートも良いと思います。

    もらった給与に対して、次の給料日まで、支出した支払日で家計簿に記入。もらった収入から順次支出分を差し引いていき、最後に赤字にならないようにするのがメインの管理だと思います。

    そうであれば

    ・土日祝の関係で給料日がズレても(ひょっと会社の給料日自体が変更になっても)必ず給料日スタートとする。

    ・引き落としなどの日付が土日祝の関係で後ろにズレて、一ヶ月に2回支払が発生してもそうなる原則だから支払日付でそのまま記入する。(これは1日スタートでも月末引き落としなら同じ事が発生します)

    ※家計簿上は(支払日原則とズレても)「当月分」で記入したいのでしょうか?。

    ・給料日前日に余った現金は別封筒に入れておき、後日銀行で貯金する。決して繰り越しては使わない。

    と「収入に対していくら使ったのかを使いすぎないように厳密に管理したい」とご主人と話し合えば、ご主人も納得するかもしれません。

    でも、10万円などの家電を現金払いで買うときはどうやって家計簿をつけるのか(別枠管理?)。

    私は1日スタートで、エクセル管理して毎月の支出を見ていますが、引き落とし日とは関係なく「発生月(請求書の日付)」で記入し、毎月の支出合計の比較が出来るようにしています。

    それと「15〜16日間、給料を温存」は、給与2〜3ヶ月分の夫婦貯金があれば、始める時だけの問題で、翌月以降は保管の手間以外の問題はないので、十分に可能だと思います。

    まぁ、家計簿をつけて何をメインに管理するのかがポイントですね。毎月の支出推移を比較したいのか、収入に対してなるべく厳密に支出を管理し、次の給料日までに赤字にならないようにするのか。

    ユーザーID:7459233353

  • 給料日スタートにしたい気持ちはわかりますよ

    レスを読むまでもなく、なぜ給料日スタートにしたいのかはわかります。
    が、それでも1日スタートにしておいたほうがいいといってるんです。

    給料ごとに考える癖がついてしまうと長期的な家計管理をしなくなりがちです。

    レスにあるように8月の給料から8月の支出をまかなうのではなく
    1日から末日までの収支で管理するという癖をつけて、最終的に1年のトータルで考えておいたほうがいいという事です。

    多分簿記とか経理とかまったく経験が無いんですよね。
    それで家計簿も初めてつける。

    もちろん家計簿をつける人の好みでいいとは思いますが、ご主人の主張もわかるということです。

    トピ主さんがどうしても給料日ごとでないといやだと思うなら、まぁそうご主人とよく話し合うことです。

    ユーザーID:3981640454

  • 分かりますよ

    >(4)8.25の収入が〈中略〉9.24に1000円以上残っていて〈中略〉くりこして
    >9.25以後に1000円使うと、その支出が
    >・8.25収入からのものか、
    >・9.25収入からのものか 分からなくなる。

    分かりますよ。
    使うときは繰り越し分から使うと決めておけば、先月の収入と今月の支出を比較して支出が少なければ余った金額分は先月の収入から支払い。
    そんなに難しい話でしょうか?

    むしろトピ主さんのやりかただとイレギュラーな収入や支出があったときに管理が複雑になりそう。
    家計簿は毎日のことなのであまり複雑にすると続かないですよ。

    ユーザーID:9129149993

  • 給料がいくら、からスタートしなければいい

    1ヶ月間をいくらで過ごしたいんですか?例えば25万だとして、1ヶ月の支出合計が25万以内に収まっているかどうか分かればいいですよね。

    ユーザーID:5348539773

  • 支出と収入(貯蓄)を分けて管理を

    我が家は
    ・家計簿(支出)
    ・貯蓄残高(収入)
    の2つのエクセルに分けて管理しています。

    家計簿ファイルには、出費のみを項目毎に毎日(1〜31日)記録しています。
    ネット通販や通帳引き落としは、引き落とし日に記録。
    月末に集計し、年間シートに記録します。
    これで、月別・項目別の、年間支出が分かります。

    貯蓄残高ファイルには、給与日(毎月25日)〆で、収入や、通帳の残高を入力します。
    妻の給与や賞与、臨時収入は、その月の収入として記録。
    前月および年初からの増減も記録します。
    年末に、年間収入および年間貯蓄、総貯蓄残高を集計します。

    我が家は、節約目的ではなく、複数の通帳や夫婦それぞれの財産を共有・管理するためにつけているので、あまり参考にならないかもしれません。
    でも、年単位でザックリ支出や残高が分かればいいのであれば、お勧めです。

    ユーザーID:8699247716

  • 複式簿記でつけたらいかがですか?

    定期預金や借入金まで全て把握できます。

    月一回の収入を収入日から次の収入日前日までに対応させたい思考はわかります。
    しかし、残額を繰越しないと不具合でますよ。

    収入日前日に緊急の支払いが生じた時はどう記入するのでしょう?
    記入しなければ見えない支出となって貯蓄がただ減っただけになります。

    思考のクセが簿記に向いてると思いますので、単式な家計簿じゃなくて、複式をお薦めします。

    とにかく始めてみなくては現実どういうことが起きるかわからないので、まずは3か月間15日開始でやってみる。その後リセットして1日開始を試してみる。両方やってごらんなさい。
    私はどちらでもいいと思っています。が、実は給料日開始派です。
    ゼロスタートです。実際、マイナスだらけでぐったりしました。

    ユーザーID:1031408092

  • 単純な疑問

    夫婦の給料日が違ったらどうするのでしょう?

    絶対働かないとか働いても生活費にはいれないというなら問題になりませんが。
    専業主婦なのが未来永劫そうなのか?

    なにかで臨時収入あったらどうするのでしょう?

    色んな想定してみたらどっちでもよいことに気づけるかと思います。

    ユーザーID:1031408092

  • 繰り越さなければどうでしょう?

    専業主婦で家計を任されてるなら、夫の要望も少しは取り入れた方がいいんじゃないですか?

    15日スタートだろうが1日スタートだろうが繰り越したらわかりにくいのは一緒ですよね?
    だったら、14日の残金は貯蓄に回してゼロにしちゃえばいいんじゃないですか?


    我が家は私の給料日でリセットしています。

    アプリで家計簿をつけていた時は、給料日に家計の残金は貯金の名目で支出に記載してゼロにしてから収入を記載して家計費をつけてました。
    8月15日 美味しいもの貯金 支出1,000円 残金0円
    8月15日 収入80,000円 残金80,000円 みたいに。
    そうすれば月単位の支出と収入も、収入に対する支出もすぐわかるので管理しやすいんですよね。

    家計にかかるお金って、多い月もあれば少ない月もあるじゃないですか。
    支出の多い月と収入が比例するとは限らないので、項目ごとに振り分けて余ったお金は多い月の補填に当たるようにしています。
    勿論補填した月は、収入の項目に補填も計上します。

    特に公共料金はペットがいるので夏にぐーっと上がるので、夏の給料だけで賄うのは厳しいんですよね。

    食費や生活費の毎月の残金は数円〜数千円ですが、チリも積もればで、年間にするとそこそこ貯まりますので、こちらも補填に当てたり年末に余ったお金でご褒美に美味しいものを食べに行ったりしています。

    頭を切り替えて少しだけやり方を変えてみると、お互いにわかりやすい家計簿になると思いますよ。

    ユーザーID:6797880882

  • 何のための家計簿か

    >・9.25収入からのものか 分からなくなる。
    給料日始まりでも繰り越したら同じではないですか。
    というか、それ、わからないといけませんか。
    大切なのは一月(一年)分の収入がいくらで一月(一年)分の支出がいくらか
    (と、その内訳)ではないでしょうか。
    9月分の給料に対し10/1〜月末(あるいは9/1〜月末)の出費という考え方でもよいのではないでしょうか。
    トピ主さんはこれからつけはじめるわけですから、1日まで温存しなくてもどうにでもなります。
    帳簿上9月16日の出費は9月15日の給料からでなければならない理由がわかりません。

    どうしても実際の日付にこだわるなら、
    給料日は曜日の関係で14日や13日になったりしませんか。
    たとえば給料日が8/15と9/13になったらどちらも8/15〜9/14でつけますか。
    その月だけ9/13〜にしては家計簿の意味がないですから、工夫が必要ですよね。
    工夫次第で何日始まりでも問題ないと思います。

    同様に年間集計したいからといっても1日スタートにこだわる必要はなく、
    例えば毎年〇月15日〜翌年〇月14日を1年度と考えればよいと思います

    ユーザーID:4713723661

  • 何を見出したいのか

    どうしてご主人と意見が分かれて困ってしまうのか。

    それは、単に家計簿を付ければ家計が見えるって想像で考えているから。
    その家計簿で何を見出したいのかを夫婦で真剣に話し合ってほしい。

    例えばですが、ご主人の給与口座から生活費を必要なだけ引き出す形もあれば、
    毎月一定額を生活費として生活費口座に移すという家庭もある。

    当然、その生活費と家庭で呼ぶものが、家賃とかローン、光熱費の引き落とし
    を含む家庭もあれば、それ以外の日々の消費のみの家庭だってある。

    更に言えば、クレカ決済、電子マネー、スマホ決済など
    現金決済以外のものも沢山あるわけです。

    現金決済と違って、これらは使用月と請求月、それぞれの締め日も異なる。
    現金決済と上記のような口座引き落としの使用金額の比率も家庭でまちまち。

    使った金額を把握することを毎月把握するのが必要なのか、
    支払った金額を把握することが必要なのかでも違ってきます。

    収入にしても、自営とか歩合などで毎月の収入の変動が大きい家庭と
    ほぼ固定給で残業代などで違いが出る程度の場合でも違うでしょう。

    そもそのが毎月の家計に『予算』のような支出金額の一定上限を設けるなら
    給料の振り込み日なんていつでも関係ないし、
    家計簿の開始日・締め日を給料日に合わせる必要もないんです。

    家計簿をつけようとするなら、そういった家計に関して
    夫婦で色々と深く考えてみたらどうですか?
    そうして話し合うと、いつを開始日にするのが都合が良いかは見えてくるはず。

    ユーザーID:6312497401

  • 現金収支が分かれば良いの?

    >「給料が入っても翌月1日までは手をつけず温存する」

    どんな家計簿をつけたいのかしら?
    現金の収支だけの小遣い帳の様なものなのか
    年収に対して予算収支、費目ごとに管理したいのか・・・

    何のために家計簿をつけるのかで、どんな方法が良いのかも違ってくるでしょう。

    家計簿ソフトやアプリを使って、とりあえずつけ始めてみましょう。
    私の使っているソフトでは、締め日に関しては途中で変更もできます。
    最初の設定を途中で変更しても、あっという間に計算しなおしてくれます。
    自分では、15日締め設定でつけておいて、報告する時は月末締めにして報告も可能ですよ。

    まずは、始めてみましょう

    ユーザーID:0190280637

  • 手段と目的と履き違えてる

    家計簿というのは、家計の収支を事実として記録するだけのものです。
    貴方は、それを「給料の範囲内に支出を抑える手段」と誤解してる。
    まあ、貴方個人がそういう目的で家計簿をつけるのは自由ですけれども、
    専業主婦である所の貴方には、本来夫のお金を自由にする権利は無い。
    あくまで、認められた範囲での運用が許可されている状態。
    ですから、当然本来の権利者たる夫に対して収支を詳らかにする義務があるわけで、そのための家計簿と考えれば、夫が見やすい形でつけるのは当たり前のことです。そこに貴方の否やはありえない。

    そして、世の中の常識で考えれば、期間というものをわかり易く把握するための手段として暦があるのに、わざわざ暦を無視してわかり難い期間をベースに記録する必然性がない。
    貴方は、もらった給料を次の給料日までの間に「使いすぎない」ように、
    給料日ベースで記録することにこだわってますけど、本来そんなことはどうでもいいことです。

    なぜなら各月の給与と各月の支出は直接連動してませんから。
    赤字の月があったってそれ自体は問題にはならないし、逆に単月で黒字だからといって問題がないわけでもない。

    上手い方法もなにも、貴方が思い込みと誤解でへんなこだわりをもっているだけで、世間一般では普通に月ベースで記録していて、記録単位の初日が給料日でなくともなんの支障もありません。
    貴方が、考え方を改めるだけで解決する話です。
    夫用の家計簿とは別に貴方用の家計簿をつけても構わないのだし、
    あくまで手段としての用途にこだわるなら、家計簿にこだわらずとも、
    給料日毎に次の給料日までに使えるお金を予め下ろしてしまってその範囲でやりくりすれば済むことでしょう。

    こんなの、悩むまでも無くどうとでもなる話です。
    そもそも、単なる自己満足でないなら、見せる相手に見やすい形で記録するのは当たり前ですよ。

    ユーザーID:5702265883

  • うちはお気楽家計簿です


    20年近く家計簿をつけていますが、私の場合お金の流れを把握するのが目的なので給料日スタートでも何も問題がないですよ。

    15日より早く給料が支給されても15日スタート、一年を1/1〜12/31と考えずに12/15〜翌年12/14と考えても一年は一年ですから。

    エクセル管理したり家計簿ソフトを使ったり、色々やりましたがどれもピンと来ず最終的に落ち着いたのが1か月分見開き2ページの手書き家計簿です(笑)

    自分の中でルールを決めています。
    私の場合ですが、一定額を先取り貯蓄。
    クレジット払いは購入日計上。
    ボーナスは月の収入に計上しない。
    基本夫の収入でやり繰りしたいので、私の収入は家計簿に入れない(貯蓄)
    税金、保険などの特別支出は合計して12か月で割り各月に計上。
    旅行、家電製品などの臨時支出はボーナスから。
    どなたかがいう「お小遣い帖」に近いかもしれません。「今月は収入が少なかったからもっと節約しよう」とか。

    月の先取り貯蓄+月の残額+ボーナスの残額+私の収入で今年は○○たまったなぁと確認しています。
    支出の年間決算もしています。
    ちなみに夫は家計簿に無頓着で「給与所得者の自分に報告義務がある」などと言うタイプではないので緩い感じで許されるのかもしれません(笑)

    ご主人の意向もあると思いますが、家計簿をつけるのは主さんなので、相談なさって色々と試してみると良いと思います。

    ユーザーID:8530196811

  • とりあえず始めてみたら?

    正直、どうして

    >9.25以後に1000円使うと、その支出が
    >・8.25収入からのものか、
    >・9.25収入からのものか 分からなくなる。

    ことがそこまで問題なのかわからないんですよね。
    わからなくなる不都合って、なんでしょうか?

    ところで今までは家計簿はつけてなかったんですよね。
    今まではその計算は頭の中だけで行っていたんですか?それとも、給料日までには全額使いきるようになっていた?

    家計簿つける前からつけ方でガタガタ言うより、こういう事はまずどんな方法でも始めてみるのが一番だと思います。
    ぶっちゃけ1日始まりでも15日始まりでもいいんですけど、実際始めてみれば、今トピ主さんが気にしていることは大した問題ではないということがわかるのではないかと。
    どっちでもいいけど、私ならご主人を立てる意味で1日始まりがいいかなと思います。自分が1日始まり派というのもありますけどね。とりあえずやってみる。
    どういう家計簿を使われるのか知りませんけど、家計簿って人によって千差万別。つまり、みんな自分がつけやすい方法を試行錯誤して見つけているということ。見つけるまでにはいろいろ試してみているのです。トピ主さんの1日始まり15日始まりも、とりあえずやってみて、ダメならご主人と話し合ってもう一つの方法にすればいい。家計簿なんてそんなものです。頭の中であれこれ考えるより、やってみるのが一番です。

    ついでですが、ご主人がずっとその会社で15日に給料をもらい続けるとは限りません。
    転職する可能性だってある。次の会社は15日が給料とは限りませんよね。
    そういう事を考えたら、やっぱり1日始まりってグローバルに使える区切りなので、いいと思いますけどね。

    ユーザーID:6998073347

  • 給料が入ることと生活費が入ることを別にする。

    私も混乱してしまうので、15日が給料日で、15日スタートにしてました……。

    でも、夫さんが1日スタートが良いとおっしゃるなら、そこは合わせましょう。
    夫さんにとっては、それが便利なんです。

    今、家計簿を付けてないのですから、手持ちの現金は銀行かどこかですよね?

    では、今度、9月1日に、持っている現金から「生活費」を下ろしてきます。

    食費、日用品、など現金を使う支出分を、予算ごとに袋分けして、置いておき、そこから使っていきます。

    給料が入っても、新たに足しません。
    あくまでも予算を守ろうとしましょう。

    で。

    月末に〆て、残金があったら、貯金箱入れるなり、元に戻すなりなんなりして、10月の予算分のお金を用意します。

    家計簿をつける目的は「自分の裁量で使えるお金をどのように使っているか把握する」ことなんです。

    予算を立てて、その中に納める。
    それが大事です。

    入ってくるお金がいつ入ろうと、1カ月で使えるお金は限られているのですから、入る時期と、生活費を取り分ける時期を別にすれば大丈夫です。

    なんか、ややこしいと思うと思いますががんばです。

    ユーザーID:1397976426

  • 思い立ったが吉日

    家計簿つけよう!と思ったのなら、その日から始める。
    もう始めてるかもしれませんが。
    取り敢えずやってみて、三日坊主にならないよう、やってみる。
    家計簿って、日記みたいなものですよ。
    後から見返したら、そのときの消費の動向とか、いつどこで誰と何を食べたかとか、
    項目ごとに割合を出したり、面白いですよ。(私はエクセルでやってます)
    家計簿つけるようになったら、お金の動きがよくわかるようにり、
    無駄に節約とか、無駄に消費することがなくなり、結果貯金が増えましたから。
    やり方次第だとは思いますがね。
    ただ付けるだけで考察しなければ、ただの雑記帳。お金は増えません。

    継続して付けてるうちに、自分にはどういう付け方がいいのか、色々模索期間ができると思う。

    収入は、なにも夫の給料だけじゃないでしょ?
    宝くじに当たっても、臨時収入。子ども手当をもらったら、それも収入。
    それら、日付はバラバラでしょう?
    だから、いつから始めてもいいんです。

    ご主人が「1日から」というなら、その方が後々集計や年度別や月別の比較がしやすいかも。
    まずは、家計簿の付け方の本などを1冊でも読んでみては。
    収入の項目、出費の項目をどう作成していくか、そういうことを詳しく書いてる本など、参考になる本は色々ありますよ。

    ユーザーID:4973825989

  • 大変ですか?

    この時代にアナログな家計簿をつける予定なのでしょうか。
    悩む意図がよくわかりませんが、アプリやエクセルで作ればいかようにもできませんか?

    トピ主さんは残高さえ給料日スタートであればいいんですよね。
    そのベースで日々つけていき、かかった生活費を集計するときは月ベースで集計すればいい。

    まずは今日から始めてみて、その都度ご主人にも確認してもらい
    あなた方夫婦にとってわかりやすい形と目指せばいいんじゃない?

    ユーザーID:3021515449

  • 初回だけ半月分を貯蓄から持ってきてスタートする

    半月分を貯蓄から持ってきて生活しておき余った分は貯蓄に戻して、1日から前月の給与とともにキレイにスタートすればいいのではないでしょうか。

    その後は給料を1日までさわらずにおいておくというのが、トピに書かれている"前の月の給与を保存しておく"ということですよね。
    保存となるからややこしいのであって給料の振り込み口座と生活に使う口座を分けておいておけば給料口座からうつす手間は発生しますがわかりやすいかもしれません。
    お金が不足しても絶対に手をつけない・残高が混ざっても間違いなく管理できるのなら一つの口座でもいいと思います。

    一回初めてしまえば後はずっと連続するため一回目をスタートする前だけなんとかすればいいのでは。

    私は夫の給料日(振込日ではなく設定された支給日/私のは補助的な考え)スタート派で、集計をしたいとなれば1月(1月支給日から翌支給日まで)2月も2月支給日から一ヶ月と月またぎでも「月単位」と考えて気にしないのでということもあります。

    正直なところ1日にすると面倒臭いのでので、どこかに申告する訳でもなし、夫に説明できて自分で内容を把握できればいいと思ってます。

    ユーザーID:7943935776

  • やりたいようにやればいいだけ。

    主さん、1日はじまりではやりにくそうなので給料日はじまりでいいのでは?
    家計簿なんて公的書類でもないし、ご主人に「できない。続きそうにない。」って言っとけば?
    給料日はじまりって小遣い帳っぽくなるけど単純なので続きやすい。
    私は20年以上給料日始まりですよ。
    給料振込口座はネットで毎日監視してますが。いろいろ落ちるので。
    別に家も買えたし、子供も大学出したし、何も不都合ありません。
    データに残したいならあとでまとめれば?
    とにかく続けることだとおもいますけどね。
    続けないと自分の家計の傾向がわからない。

    ユーザーID:1423596776

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧