歳をとると「わかって欲しい」人が増える?

レス28
お気に入り70
トピ主のみ1

みお

ひと

こんにちは。40代後半の女性です。
昔からの友人や近年できた友人など多いのですが、
歳をとるにつけ、人間関係を日々模索中です。
悩んでいるのは、私は聞き役に回るばかりで問題ないのかな、という事です。

その理由として、
最近よく感じるのが、
歳をとると「自分のことをわかって欲しい」人が多くなっているのかな?という事です。
(あくまで私が感じた事です)

会話をしていて、それがよく伝わってきますので、いつのまにか私は聞き役になります。
相手の話に共感したり、感想を言うと、相手が嬉しそうにしてまたお話をされます。

私も話したくないわけではないし、口下手でもないのですが、
相手が嬉しいのならそれを優先するべきなのかな、と思ってしまいます。
不満がないなら、私はこのまま、聞き役に徹する事でいいのでしょうか?

昔、若い頃は、お互い会話のキャッチボールをする事が楽しかったと覚えています。
何か、大人になると一人一人が多くを語る…みたいな感じ?

みなさま、メインは聞き役に回る方いらっしゃいますか?
それともそれはダメで、どんどん自分の話を挟むべき?
また、歳をとると「自分のことをわかって欲しい」人は多くなりますか?気のせいですか。

ユーザーID:1163566023

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数28

レスする
  • 話したいのはみんな同じ

    と思っています。話して聞いて貰ってる事でストレスを発散でき、解決法も自分で気づくようになる事が多いです。

    だから相手と出来るだけ半々になるように話して聞いてるし、またそれが出来ないで話すばっかりだったり、聞くばっかりの人とは原則会って話す事はしません。

    半々と思っていても正確には6:4かもしれないし、多少は良いと思います。今日ちょっと私が話しすぎたと思えば、次回は相手が多く話せるように気を付ける、とかです。

    ごく若い人は知りませんが、私の付き合いがある40代くらいからの人はだいたいそう思ってると思います。

    ユーザーID:9742510847

  • 苦痛じゃないなら聞いてあげれば?

    年取ればいろいろなしがらみから辛いと感じることも増え、誰かに話しを聞いてもらって共感して欲しい、自分を肯定して欲しいと思うことが増えるのでしょうね。

    しかし普通はそんな他人の愚痴や鬱陶しい話、興味も無いし聞きたいとは思わない。
    もっと楽しい話がしたい、そんな愚痴など聞きたくない、私は愚痴のはけ口、ゴミ箱じゃないと嫌がる人が多い。

    でも貴女は違うのね、相手の話に共感したり感想を言って相手を慰め喜ばせてあげることが出来るのね。

    貴重な存在だと思います。

    そういう相手は一方的に貴女に聞き役になって欲しいと思っている、だから「相手が嬉しく貴女に不満が無いなら聞くことを優先してあげる」でよいと思います。

    単に話を聞いて欲しい、共感して欲しい、肯定して欲しいと思っている人は貴女に貴女自身の話を挟んで欲しいとは思ってないから、一方的に自分の話を聞いて欲しいと思っているから。

    そのうち貴女に取って聞くことがストレスになったり、自分が利用されているだけだと感じることのないように祈ってます。

    貴女は自然に人の話を聞いて共感してあげられる心優しい人。周りの人にとって心の安らぐ有りがたい存在だと思います。

    でもくれぐれも無理しないで。

    ユーザーID:0751404765

  • 人によるかな


    それは人によると思います

    私の場合ですが
    20代のころは、他愛も無い話が面白かったです
    アイドルとか、コイバナとか、ファッションとか

    30代は、仕事とか生活、子育ての話題

    40代は、人生の愚痴、家庭の愚痴

    そして50代に入ったら
    「分かってくれなくてもいい、私は私」となりました

    他の方はどうか分かりませんが、この先60代になるとまた違ってくるんでしょう

    聞き役になることで相手が喜ぶならとありますが
    それって疲れませんか?
    聞き役が好きならそれで構わないですけど

     

    ユーザーID:0604129434

  • その通りだと思います。

    私もトピ主さんと同じ年代です。

    自分も周りも年を重ねていくに連れ、そう感じています。

    年をとると他人に興味が無くなる感じでしょうかね。

    特にプライベートで人とかかわる機会の少ない人がそういう傾向が多い気がします。

    自分の事は一生懸命話すけど、こちらの話には反応薄いです(笑)

    だから、無理やり自分の話を挟むことはあんまりないですね。

    自分が消化不良しちゃうので。

    「会話はキャッチボールすることが楽しい」同感です。

    私は昔から聞き役メインですが「自分物語」「愚痴」「批判」を聞かされるのはストレスなので、そういう人には聞いてるフリをして早く話を終わらせるように努めます。
    (信頼してる人だったらちゃんと聞きます)

    自分の話ばかりする人って、行動自体も自分優先じゃないですか?

    なので、そういう人とはつきあいも程々です。

    傾聴は大事だと思いますが、それで自分がストレスをためてしまってはダメだと思うので。

    最近は若い人も自分の話メインの人増えている気がします。そんな時はお母さんの気持ちになって聞いてあげてます(苦笑)

    ユーザーID:9449879875

  • それがトピ主さまのゆとり

    余裕があるんですよ。

    わかって、わかってという人の話をふんふんと聞いてやれるゆとり。

    いろいろご苦労なさったのではないですか?トピ主さま。

    人として深くなられたのですよ。

    ただ、程々にしておかないと変な事にも巻き込まれかねませんので、お付き合いを続けるのはキャッチボール可能な相手の方がよいかと。

    トピ主さまの年くらいでだいたいハッキリ分かれてしまうのですよ。

    心にゆとりのある人。
    私、私、の人。

    あとは付き進むだけで、距離は離れていく一方です。

    経済的なゆとりを指しているのではないですよ。
    あってもなくても、心のゆとりがない人といると、心がカサカサになりますね。

    ユーザーID:9638991017

  • 私の事かも

    同年代です。
    子供も手が離れてきて、あまり母を必要としなくなりました。
    夫とはもう冷めていて、妻を必要とされていない気がします。
    日々家事を淡々とこなすだけ。

    一体だれが私の事気にかけてくれてるのかと寂しくて消えてしまいそうになります。
    トピ主さんは優しいのですね。

    多分、この年代は同じような気持ちの人が多いのだと思いますよ。
    私もつい友人に愚痴をこぼして申し訳なく思っています。

    更年期の不安もあるのでしょうが、子供の成長、親の介護、いろいろ重なる時期ですから。
    「大丈夫だよ、よく頑張ってるね」って誰かに抱きしめてほしいです。

    ユーザーID:3420685777

  • 変りませんね

    自分の理解者は親と妻と子供がいればいいですね。
    友人とは楽しい時間を共有こそしますが何か誤解されていたり
    もっと理解して欲しい、自分を知ってほしいとは思いません。

    ユーザーID:1811042094

  • 無駄に年はとるもんだから・・

    年を取るごとに、話し相手がいなくなるんですよ。

    これも人生修行だと思ってくれ・・・

    ユーザーID:7406496349

  • 聞き上手になる必要なし

    私のまわりの70代の女性には取り止めなくしゃべり続ける方たちが多いです。
    趣味の教室でも(外国語)日本語でだれも止められない勢いでまくしたてたり。
    わかってほしいより、聞いてほしいのだと感じます。いや、しゃべりたいだけでしょう。
    教室の進行に差し障る時は無視して別の話題にもっていかざるを得ないのですが。
    日常の雑談だったらこちらも他のことをしてても(例えばスマホ)気にせずしゃべり続けて満足なように思います。
    老人たちの会話を聞いたら全く会話のキャッチボールになってなくても楽しそうです。
    しゃべらせてあげるだけで十分です。

    ユーザーID:3542009029

  • あなたのせい。

    あなたにとっては、あなたのせい。

    相手にとっては、あなたのおかげ。

    王様の耳はロバの耳、
    の穴役を買って出てるのだから、当たり前と言えます。

    話させてあげたいと思って、時間もあるならいいのでは?

    普通は、愚痴の聞き役なんて疲れること少しはいいけど、
    たくさんはごめん、という人が多いからね。
    それに話す方もマナーがあるしね。
    自分だけすっきりして帰るってこと繰り返していいとは思わない。

    あなたのお友達は、お友達に恵まれた?というか当たりを引いたのね。
    疎遠にされるレベルでも大事にしてもらえるすべてに余裕がある友達がいて。

    普通は、一緒にいても疲れる友達ってクビになるものよ。

    わかって欲しい人が増えるんじゃない。
    ただあなたなら聞いてくれるって人が集まってきてるだけよ。

    歳をとって友達を作ろうとするとき、普通は経験と忙しさから慎重になるからね。
    あなたは何でもウェルカムなのかも。

    でも、あなたの感じ方でマイナスかプラスかに決まるんだけど、
    マイナスではないみたいだから、いいんじゃない?

    多分あなたもそうやって自分が役に立っているという承認欲求を満たされてるのかもね。

    ユーザーID:0150137650

  • わかって欲しい感じではないです。

    私の友人たちは、若い頃に比べてよく喋るようになりました。
    分かって欲しいのとは違いますね。
    楽しく喋りたいみたいですよ。
    色々、話したいことが或るんだな、悩みとかは的確なアドバイスはできないけど、話して楽になるのならいくらでも聞きます。
    世間話なんかでも、私は疎い方だし、話題を作ってくれる方が楽なんです。
    それと年のせいか、この話が終わったら、こんな事を聞いてみようと思いついても、話が終わる頃には忘れてたりです(苦笑)

    聞き役とか決めつけなくても良いのでは?
    話したいことがあれば、次は私の話を聞いてぇ〜と笑顔で。

    ユーザーID:2201490886

  • 私は反対ですね

    若い頃は無邪気に悩みを人に話していたけれど、
    悩みをよく聞いてくれていた人が、
    他の人の深刻な悩みを私に嬉しそうにペラペラ話すのを聞いてから恐ろしくなり、
    今では他人には表面的な事しか話せなくなりました。

    その人にとっては、他人の悩みはワイドショーの話題くらいの娯楽だったのだと思います。
    まぁ、そのくらいの心境でないと、他人の話なんて聞きたくないのが人間なのだと思います。

    トピ主さんにしても、話は聞いているものの、楽しくないからこのトピで他人に意見を募っているのでは?

    ユーザーID:2280566725

  • 頻繁に会わないから

    恋バナ、ファッション、新しくできたカフェ、、、
    昔は共有できるキャッチボールできる話題が多かったように思います。
    それに頻繁に会うからすぐ次の話に行けたり。

    今は悩みも、モヤリ感。

    モヤリ感まで行くには、自己紹介や、
    会ってない期間に起こった出来事を話した上で、
    何で今、モヤッてるのか、という話をしなくちゃいけません。
    共感してほしい、それだけの事に巨大なルートが必要。

    若い時は、彼氏から返信遅いんだ、と言えば、
    みんなで共有できた世代。
    経済格差も少なかった時代。
    そのリップかわいい!と誰かが言えば、子育てでメイク用品買えない、とか、
    子供に触るからメイクしないとかで話終了。
    旅行の話もそう。
    親は全員元気で生きてて子供はいなくて、兄弟も結婚してなくて、
    ネガティブな話題自体があまりなく。
    私の周りでポジティブな子は生きがいのある仕事を持っている独身の子か、
    親を見送っていて自分を謳歌してる子か、
    長男の嫁じゃなく、自分の親と住んでる子くらいかな。
    40代女性ってどこにも突き抜けられないけど聞いてほしい閉塞感、
    て持ってないですか?まだ一人でいいと思えるには時間かかる。

    ユーザーID:4681920190

  • レスします

    自分のことは分かっているから相手のことを聞くのはいいけど、こちらの意見を受け付けないような独り語りは疲れます。結論が見えないとか、卑下しっぱなしの話しは嫌いです。こちらは励ましロボットじゃないんだぞ。

    ユーザーID:9954529361

  • 増えますよ〜・笑

    大体40代になると『燃え尽き症候群』がやって来て、その次に「自分の人生これでいいのか?」と無性に花火を打ち上げたくなる『自分探し』が始まります。
    自分って何だろう?とか哲学的なところまでは行きませんが、とにかく自分という存在をアピールして誰かに認めてもらいたい自己承認欲求が高まります。

    そうなると誰かに自分の事を語らずにいられないのです。この場合の誰か、は女性なら大抵友達、男性の場合は飲み屋のママなどになります。
    接客業などで経験していますが、ぶっちゃけ面倒くさいです。

    あなたは仕事ではないのですから、そこまで深刻に考えなくて良いと思いますよ。
    聞いててつまらないのなら、さらっと流して次の話題に行きましょう。

    ユーザーID:3605689394

  • 奉仕活動

    話好きな人は、とにかく人と話したくて仕方なくなり、聞き役の人はうんざりして孤独を好むようになる、そんな気がします。

    一度聞き役に回るとこっちが話したくても「あなたの話はいいから私の話を聞いてよ」という感じです。

    わかって欲しいというよりただ話してストレス解消したいんでしょうね。
    だからどうしても愚痴や悪口が多くなります。
    聞き役だとお喋りでストレス解消は難しいです。奉仕活動かな。

    ユーザーID:5670894865

  • わかります!

    私も同じで愚痴を言いたい人は何故か私のところに来ます。
    聞いていて気分が悪くなるほど愚痴ばかりの人はそれなりの気持ちの距離を取りますが、楽しいお話もできる人はそのままの距離感を保っています。たまに仕事関係の方は電話やメールまで発展することもあるので、少し驚きます。
    相手がスッキリするならそれでいいかな、とは思っています。
    みおさんが疲れないのであればそのままで良いのでは?
    ただ何故なのかは気になりますよね。

    ユーザーID:1917473261

  • なんで人の個性を平均化する必要があるのでしょうか!

    世の中には色々な人がいて、自分ことをやたら自らベラベラ話す人もいますし、聞かれても自分ことは一切話さない人もいます。或いは他人のことなどに一切興味がない人もいますし、他人のことを根ほり葉ほり聞き出したい人もいます。

    トピ主さんは「私は聞き役に回るばかりで問題ないのかな?」ではなくて、自分が一番居心地が良いスタンスで、一番居心地が良い人とつき合えばよいだけの話ではありませんか!つまり自然体で臨むということです。

    本当の自分ではない役を無理に演じようとすれば、すぐにストレスを感じ、つき合いは長続きしません。

    人には色々個性がありますので、話し役、聞き役、それらの役目をすべて平均化しようと思わないことです。

    ユーザーID:2497937927

  • そういう人が多いのは

    そういう人が多いのは、あなたがそういう人と出会うことが多かっただけではないですか?
    私と周りだとあんまりそういう感じはないです。

    ユーザーID:3835344994

  • 貴方の所為

    単に貴方がそうしているのでは?
    聞き役に徹しているから、しゃべる人ばかり残り、
    お互いに話したい人は貴方から遠ざかるのです。
    発しないで聞いてばかりの人は面白く無いですからね。

    分かって欲しい人が多いのではなくて、
    貴方が話したい人を引き寄せて、更に沢山しゃべらせているだけです。
    貴方のそのほうが楽だからそうしいるのでしょうから、
    お互い様なのでは?

    ユーザーID:6563812631

  • 心の体力

    私も60歳くらいまでは聞き役でした。

    ある時、心の体力が落ちて来た(老化?)のを感じました。
    自分が無理していたのを認識して、これ以上は聞けないなと思い、距離を置きました。
    相手には、体調があまり良くないと説明しています。

    ユーザーID:9313558722

  • 分かって欲しいのではないと思う

    私が接した年配の人たちは、わかって欲しいということより
    ただ、しゃべりたいという事かと思います。

    しゃべる、という行為自体が大事なのです。
    だから、相手が自分を理解してくれるかとうかは二の次。

    しゃべること自体が目的だから
    相手の反応はあまり関係ない。
    だから、相手の相槌を聞かなくても
    一方的にしゃべり続けられる人が結構いますね。

    もちろん、そういう年配者ばかりではありませんよ。
    違うタイプのかたも沢山いらっしゃいます。

    前者の一方的にしゃべる人にも色んな例があって
    もともと(相手にしゃべる隙を与えないでも平気な)我儘な人だった場合もあるけど、
    そうではなく、老化現象のケースもあります。

    よく、横断歩道がない生活道路を
    ゆうゆうと(左右から車が来るかどうか確認する事もなく)
    ただ、わが道をいくという感じで横断するお年寄りがいます。

    運転中にそのような人に出くわすとヒヤッとさせられ危ない。
    あの場合も、自分本位でやってる人もいれば、
    老化で判断力が乏しくなって、
    周囲の危険に意識が行きにくくなってる事があります。

    しゃべりという行為も、そのような一種の老化現象からくる
    一方的なしゃべりのケースもあるということです。

    ユーザーID:7655175588

  • トピ主さんが聞き上手なのね

    トピ主さんはきっと聞き上手で、おだやかな相槌で相手の話がきけるタイプの人なのでしょうね。それは素晴らしい個性だと思いますよ。一方的に自分の言いたいことばかり早口でしゃべる人は煙たがられますから。あなたはそのままでいいと思います。きっと相手の方は、トピ主さんが穏やかに話を聞いて相槌をうって聞いてくれるから、自分の話を聞いてもらったことで嬉しくなって、また話したいとなるのでしょう。トピ主様があまりにも疲れるときは多少の距離をおきつつ、あまり気にならないならお話をきいて差し上げればいいと思いますよ。
    世の中には一方的に自分の主張ばかりを繰り返す人も、なかにはいますから、トピ主さんみたいな人は好感持てますね。

    ユーザーID:7691529067

  • これからではないでしょうか?

    私も40代ですが、集まると、みんな「最近どう?」って相手の話も聞きたがります。でも60代の母親世代になると、少し独りよがりで自分の話をしたがる人が多いように思います。祖母世代は、人の話を聞けない人が、もっと多いです。これからではないでしょうか?

    自分の話ばかりして、相手のことに興味が薄い人は自己中と思うし、私は、そういう方とは友達になりたくないです。80代なら自己中になるのも、ある程度仕方ないです。40代からそれは、私はいやだと思います。まだまだ会話のキャッチボールがしたいです。でもトピ様が聞き役で問題ないと思うのなら、それで良いのではないでしょうか。

    自分語り大会で順番に話を聞くのならいいのですが、自分の話を聞いてもらいたい欲が強くて人の話を聞けない人は、自己中なので、後で痛い目に遭うことも想定したほうがいいですよ。特に内容が愚痴だと、トピ様を愚痴のゴミ捨て場にしているだけで、お互いに良いことがないかもしれません。バランスも大事と思います。

    ユーザーID:1272254286

  • そうかな?

    同じく40代後半 既婚 子供二人

    主に同世代のお母様がたと たびたび深い話などをするのですが
    歳をとったから自分を理解してほしい人が増えたようには
    あまり感じないのですが…。若いときも同じだったような?

    ただ じっくり聞いて理解してくれたら嬉しいですよね。
    40代にもなると人生ひとそれぞれ多岐にわかれて
    理解しあえないことも増えてくるので、理解してくれる人は貴重に感じます。

    私はキャッチボールも楽しいけど 悩みなどはじっくり聞いてほしい
    そのときは わざわざ自分の話を挟まなくていいと思ってしまいます。
    だけど 話をするといつもこちらが一方的に話すだと 迷惑かな?
    とか 自分のことは話してくれないのねと不満に思ってしまいます。

    悩みや話したいことがないなら無理にとは言いませんが
    聞いてもらってばかりで悪いなと思うときは
    いろいろな話がきけて面白いとか、何か言ってもらえれば
    迷惑をかけているのではないかという不安がなくなり助かります。

    ユーザーID:4484229767

  • ほどほどが一番


    何事もほどほどがいいですよ。
    男女関係も、友達関係も、家族関係も一方的なバランスを欠いた関係性はいつか絶対に破綻します。
    そして対等でなくなった関係には、相手から遠慮なく時間泥棒され、疲れるだけの未来が待っています。

    年を取ると抱える悩みも人それぞれ、その重みも増しある程度は自己中にならざるを得ないかもしれませんね。
    でもトピ主さん、どこか「人に頼られ求められている」と自分の存在意義と寂しさを満たしている側面はありませんか。

    他人に自分の全てを理解してもらえることはありません。年を重ねればある程度自分で流す、気分転換するなど
    自己処理する方法を身に着けます。それが年を取ることの良さでもあります。
    そのバランス感覚が似た者同士が相手を思いやりながら、ほどほどの大人の付き合いができるのではないでしょうか。

    自分の話だけを一方的にしようとする人は自己中心的でもあり、時間をかけて周りから人がいなくなります。
    たとえ結婚していても夫婦仲がいまいち、親子仲がしっくりいかない、兄弟とも仲が悪い、聞いてくれる友達もいない、など。
    周りから話し相手がいなくなり、消化不良なのではないでしょうか。あなたと出会う前に、すでに人を散らしてませんか?

    自分語りばかりの一方的な人付き合いをする人は、年を取ると孤独です。よって、あなたの優しさをむさぼるように求めてきます。
    そんな方の話を受け取る一方だと、そのうち常識の範囲を超えて聞き役を求めてくるかもしれません。
    その時にあなたが、気づいても後の祭りです。

    主さんは優しく受け止める方のようですが、その優しさの使い方は果たしてあっているでしょうか。
    相手がバランスを崩さなくてもいいように、程よく自分の話しや主張もして対等な関係に押しもどす。
    それも優しさでは?せっかくの素敵な出会いが、広がりますように。

    ユーザーID:3248122570

  • そうでもない

    歳とると、トピ主さんみたいに、自分から話題のない人も多いよ。
    受身な人も増えますね。
    自分をいいように正当化する人も増えますしね。

    ユーザーID:2927981412

  • ありがとうございます

    皆様の意見を聞いて、色々と考えるきっかけとなりました

    ◯話したいのはみんな同じ 気遣いのある人と仲良くする
    ◯苦痛じゃないなら聞いてあげるのもいい
    ◯年をとると他人に興味が無くなる感じ
    ◯人の個性を平均化してはだめ

    どれも確かに、と思うお話ですが、特に
    「人の個性を平均化して語る」のは良くないことでした。視野が狭くなってしまいますね。

    一番胸に響いたのは、どなたかに、
    「あなたは相手の話に共感したり感想を言って相手を慰め喜ばせてあげることが出来るのね」
    というお言葉をもらった時、ふいにとても嬉しくなってしまいました。
    つまり、肯定してもらって、私は嬉しく感じました。

    やはり、誰でも「それでいいんだよ」と言ってもらえると嬉しいんだなと
    再確認できたことが良かったです。

    他の方の話を聞くときは、その方の良いところを見つけてたくさん褒めるようにしたいと思います。


    私も実は、自分の人生で本当は語りたい事はたくさんあります。目標や夢のこと。今後どうしていきたいかなど。
    でもそれはほどほどにして、聞いてくれそうだったら少し聞いてもらって、
    周りとバランスをとりながら楽しく話をしたいと思います。

    ユーザーID:1163566023

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧