• ホーム
  • 子供
  • 娘への嫉妬心を消す方法を教えて下さい。

娘への嫉妬心を消す方法を教えて下さい。

レス76
(トピ主6
お気に入り304

妊娠・出産・育児

ダメ子

46歳 シングルマザー。フリーランスで創作系の仕事をしています。

特別名が売れている訳ではありませんが長年やっていた事もあり、とあるジャンルに置いては安定して指名され仕事を頂ける程度にはそこそこ稼げています。

娘は私なんかに憧れてくれて、ジャンルは少し違えど同じような仕事に就きました。
まだ未熟ですが素晴らしい才能の持ち主です。

ですが、娘が仕事として作品を作り始めてから嫉妬心とライバル心が出てきて苦しいです。
元々私は嫉妬深くてプライドが高くて若い才能を持つ人達へのひがみが凄いです。

しかし、その精神でかじりついてるお陰でなんとか業界にいるのも確かなので自分としては肯定していました。

しかし、娘にその感情を向けてる自分に戸惑ってます。
娘には才能があります。きっと遠くない内に大成すると思います。母としてそれを誇らしく思ってたのは確かなんです。

同じような仕事をしたいと言った娘に涙を流して喜んだのも事実なんです。

けれど今となっては「愛娘」ではなく「私を踏み潰そうとする憎き若い才能の者達の一人」として感じてます。

娘に引導を渡されるなら幸せじゃんと言い聞かせてるのに「負けてたまるか」精神が出ます。

本当に大好きな娘なんです。こんな感情がバレたくないんです。作品の感想を求められても素直に褒められないんです。
私の娘と気を使って仕事を持ちかけてくれる知り合いに対して「その仕事は私に寄越せ」と言いそうになるのも怖い。

ネットで調べると娘に嫉妬する母はダメだと書かれてます。バレて軽蔑されるのが何より怖い。

誰か嫉妬心を消す方法を教えて下さい。

最早才能が枯渇して無いに等しい物を必死でかき集めて誤魔化してる私とは違い、湯水のように才能が溢れる娘。
喜ばしく思えず。悔しくて妬ましい。

悟られないように頑張ってますがキツいんです。

ユーザーID:7511209377

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数76

レスする
  • さっすがワタシの娘!

    って思えばいいんじゃないかなぁ。

    娘さんが才能あふれているのは
    アナタの血だからじゃないの?

    私も娘居て、私がやっている仕事の一部を
    今教えていたりするんですけど、
    とにかく上手なんですよね。

    ちょっと教えただけで、最初から
    こういうの作れるんだ。すごいわって
    感心したことがありました。

    嫉妬はしなかったなぁ。。
    これで娘、食いっぱぐれないだろうって思えたんです。

    あなたの嫉妬心を消す方法は私には分かりませんけど、
    娘さんの能力は別のもので、あなたとは異なっているもの。
    嫉妬しても仕方がない。って思えたらいいんですかね。

    ユーザーID:6699071275

  • トピ主。続きです。

    娘に「凄い!貴女は天才!」と言える母親になりたいです。

    出来上がった作品や自分に無い才能を発見すると悔しくて妬ましくて褒める事が出来ません。脳内では粗探しをして「私の方が上だ」とかマウンティングを始めては頑張って打ち消してます。

    簡単に褒める事は出来ますが、何処がどう良いとかは言えません。悔しいんですもん。
    娘には「私に頼らず一人前になって欲しいから自分で気づけるようにね」なんて偉そうな事を言って誤魔化してます。

    いい歳をして何をやっているのかと自分が恥ずかしいです。

    娘の才能や出来上がりが嬉しくて誇らしく思ってるのも確かなんです。
    更に言えば娘を悪く言われたりすると凄く嫌な気持ちにもなります。
    それは今でも変わらない。なのに芽生える嫉妬心…嫌だ。

    悔しくて妬ましくて恐ろしくてたまらない。


    ずっと脳内では嫉妬心と自己嫌悪とでいっぱいです。

    それがバレるのが怖いです。バレたら終わりです。

    憧れを持ってくれてる娘に軽蔑されたくない。


    若い才能に叩き潰された人達を何人も見てきました。明日は我が身だと怯え、恨み、死に物狂いで作品を作りました。比較的若い頃は実力以外にも「貴方には才能がない。辞めたら」と逆に相手を潰した事もあります。
    正しくはないけど後悔はしてません。
    女が娘を育てる金を得る為には、才能の少ない私は相手を叩き潰してでもかじりつくしか無い。

    もう良い歳をして、娘も仕事を始めて、私が仕事にかじりつく理由なんてない。
    本当なら娘に仕事を引き継いで貰って、後は教室でも開いてのんびりする予定でした。

    もう才能も枯れ果てて残りカスしかなく、かじりつく歯すら半ば失ってるような中年女が娘に対抗心を燃やすなんておぞましいです。

    自分が気持ち悪くて嫌になります。

    ユーザーID:7511209377

  • 嫉妬上等!!

    お気持ちわかる気がします。
    嫉妬心って消すものではない利用するものだと思っています。
    トピ主さんがご自身で認めているようにその嫉妬によって成長してきたのも確か。
    無理に消そうとすると逆にそのことで頭がいっぱいになるのでは?
    嫉妬する相手からよいところを学んでしまうように・・といわれても相手が娘さんだと難しいですね。
    フリーランスだけで安定して仕事があり、シングルマザーで立派に娘さんを育ててきたあなたは私からみたらすごい人ですよ。
    嫉妬の原因はいくつかありますね。
    ・今の自分に自信がない
    ・娘さんの才能と若さがうらやましい
    ・周りの人から娘さんのほうが才能があるのではと思われてしまうのがこわい
    ・仕事にばかり時間を費やす人生だったので他に楽しめるものがない
    これら複合的な理由?
    だとしたらできることは?

    創造的な仕事なら娘さんにも誰にでもいつかはトピ主さんのような気持ちが出てくるものだと思いますよ。
    作家だっていつもいつもいい作品を作るわけではない。湯水のような才能がずっと続く人なんていませんもの。

    少し仕事から離れたトピ主さんだけの世界を持ってみたらいかがでしょう。
    嫉妬したっていいですよ、娘さんに「あなたの才能がうらやましい」と言ってもいい。
    私ごときがおこがましいけど仕事って意外にところからアイディアが浮かんできたりしませんか?

    私は50も半ばを過ぎたので嫉妬するより一分一秒でも人生を楽しむことに決めましたが40代はとんがってましたよ。
    やはり、競争のある仕事だったので悔しいこともありました。
    トピ主さんが自分の世界をもって人生を楽しめるようになったらまた違った創作ができるようになるのでは?
    楽しみながら大いに嫉妬しましょうよ。

    ユーザーID:7696490371

  • 娘さんに「貴方の方が才能が有る、親を越えて頑張れ」と言う

    トピ主は娘さんの方が才能が有り嫉妬している、それを知られたくないと言うことですね。

    隠そうとするとしんどいですね、自分から娘さんに「貴方の方が自分より才能がある、親を越えて頑張れ」と言ってみたら如何ですか。
    貴方の考えていることを自分から言うと貴方は楽になれると思いますし、何か悟りの様なものが手に入ると思うのですが。

    ユーザーID:1157992952

  • へぇ

    素敵な親子だなーと感心してしまいました

    きっとトピ主さんは向上心がとてもおありなんでしょうね
    凄い事なんですよね、それ自体が。
    だから娘さんの才能にも嫉妬できる。

    私なんて早々に挫折挫折の人生だったので何物とも競争ラインにも立てないですが
    娘が比較的良い大学に入学して周囲から驚かれましたが正直、それは本当に運が良かっただけで
    娘の年齢の頃、学力も思考力?や行動力も実際私のが上だった?(笑)のに私は三流短大で…
    時代のせいかな、とも思いますよ
    三流短大時代の友人達のお子さん達も何故か皆、良い大学ばかりで正直、今って??と疑問です
    育った時代が違うせい?娘の場合、そこまでの学力ではないのに入ってしまって正直大変だとしか思えず心配しかありません、
    トピ主さんの娘さんが羨ましいですよ

    口に出さなければ感情は自由なのでいいじゃないですか?
    ただ嫉妬に狂っておかしくなりそうならカウンセリングなど良いかもしれませんが
    そこまでですか?

    娘さんの才能を開花させたのは まぎれもなくトピ主さんや環境なのですから
    「この娘を育てたのは わたくしよ〜ホーホッホ!」と笑っていればいいのに。と庶民は思いますが どこまでも上を目指す方々は違うんでしょうね。

    ふと思いましたが、同ジャンルで尊敬してる方はいないのですか?
    あの人のようになりたい、など思える方を見ていれば良いと思いますが
    娘さんだけが嫉妬の対象なのでしょうか?
    他の方には嫉妬心はないですか?

    ユーザーID:1286584931

  • 感情は・・・

    私は今、カウンセリングを受けているのですが、
    感情は、消そう、無くそうと思って目をそらすと
    かえって大きくなりますよ。
    「そういう思いがあるんだなぁ」と認めてあげた方がいいです。
    嫉妬心をまるで自分の友達のように、
    「そこに居たんだね。何も変わらずそこに居ていいよ」と寄り添う感じとか、「もっと知りたいな」と好奇心を持つ感じとか。

    私の感想としては、目をそらさずに【ありのままの感情】を自分から感じに行く方が、結果として苦しさが無くなったり、減ったりしました。

    説明が難しいんですが、存在を認めてあげると気が済んでくれるみたいな?

    嫉妬心にも出てくる理由がちゃんとあるんですが、素人が理屈で色々考えるよりも、あえて感じに行って、感じきる方が早いと思います。

    娘さんの技術がどのレベルとか、本当は全然関係ないんです。
    自分に近しい人だから、出やすいだけの事です。

    説明が下手で申し訳ありません。

    ユーザーID:3856982450

  • 宣言するのはどうなのだろう?

    娘に嫉妬する母親は意外に居るそうですね。

    此処は娘さんへの嫉妬心を無理に消すのではなく「家では貴女は可愛い娘だけれど、仕事ではライバルと思う。お互い切磋琢磨しながらも競い合いましょう。その方が良い作品が出来ると思う。」と。

    実際娘さんの作品が素晴らしかったら嫉妬心あっても褒めて「私も負けないから。」と言う。

    同じ嫉妬心でも心に秘めてメラメラするより敢えて言葉に出した方が気持ち軽くなりそうに感じます。

    でもプライベートでは可愛い娘と感じているなら其処は母親として徹底的に可愛がる。駄目ですかね?
    敢えて宣言する方が娘さんも分かったと言いそうですが?

    ユーザーID:7243873610

  • 専門家に

    お辛そうですね。
    それ素人じゃ無理かもしれない。専門家にカウンセリングしてもらってはどうですか。
    今の気持ちを全てさらけ出して。
    あなたの心の奥底にある何かが問題になっているような気もするんで。
    表面的な「性格」だけじゃなくてね。

    必死に隠しているようですが、娘さんには気づかれているかもしれません。
    そういうのってわかるもんですよ、相手には。特に親子なら。
    (自分も娘の立場でそういう経験が過去あったので。。)

    早いうちに相性の合うカウンセラーを探して行動されるのがいいんじゃないかな。
    ラクになれますように。

    ユーザーID:8203370936

  • そのまままるっと作品に

    >最早才能が枯渇して無いに等しい物を必死でかき集めて誤魔化してる私とは違い、湯水のように才能が溢れる娘。
    >喜ばしく思えず。悔しくて妬ましい。

    非常にナマナマしく「続きが読みたい……」と思いました。
    いっそのこと、そのまままるっと作品にしてみてはいかがですか。
    私も一応モノを書いていたことがありますが(今は書いていません)
    『リアリティだよ!リアリティこそが作品に生命を吹き込むエネルギーであり、リアリティこそがエンターテイメントなのさ』(byジョジョの奇妙な冒険第4部・岸辺露伴の台詞)だと思います。

    嫉妬に狂うのはトピ主さんに限ったことではないでしょう。隣の奥さんの生活が妬ましいとかそんなの日常に溢れています。私だってそうです。
    だからこそ、じゃぁどうしたら消せるのかというのは誰もが悩んでいることでしょう。
    けどその気持ちを昇華した作品ってどれだけあるだろうと思います。
    (今ちょっと思いついたのは『下流の宴』(林真理子さん著)ですが、あれも肝心の主人公はアレだし……)

    あとこれもちょっと思いつきましたが(トピ主さんの分野とは全く違うと思います。ラノベですがさくさく読めます)
    「ロード・エルメロイ2世の事件簿」のシリーズがありまして(角川文庫で出ています。三田誠さん著)、物語の核を握る人物が(他人の才能への)嫉妬に悩む青年です。けどその青年には(本人が望まない)別の才能があるのですが、本人が望んでいる才能でもなくまた本人は気づかない。側にいる弟子がそれをわかっている(けれども……)という感じです。

    ユーザーID:7991789830

  • 隠さなくて良い

    憧れの母親にライバル視されているなんて、娘さんにとっては嬉しいことでは?

    親はいつか子供に追い越されて行くものです。そこはいつか割り切れるようになります。

    何をやっても鳴かず飛ばすでパッとしないよりも、溢れる才能でキラキラした娘さんを、うんと他人に自慢すればいいのです。

    その素晴らしい娘さんを育てたのは、他でもないあなたです。
    あなたがいたからそうなれたんですよ。
    娘さんへの評価は、あなたへの評価だと思えばいいのです。

    ユーザーID:5452787654

  • そうですね

    その嫉妬心、娘さんにバレれば親子関係が破綻しますね。
    娘さんはあなたが大好きで尊敬もしているでしょう。
    それでなければ同じ職種になろうなんて思いません。
    あなたに意見を聞いてくるのもあなたに認めてもらいたいという承認欲求でしょう。
    しかし、お母さんが嫉妬心、ライバル心と逆の負の感情で自分のことを見ていたと分かったら、ショックでしょうね。
    私なら音信不通になります。

    一緒にいる限り嫉妬心は無くならないと思います。
    あなたが仕事を辞めるしかもはや道はない。
    しかし、仕事を辞めても「私はもっとできたのに」とあなたなら思いそう。
    それかショックを受けるのは分かっていてライバル宣言をして連絡を断つ。
    結局自分が苦しむか、娘を苦しめるかのどちらかですね。

    ユーザーID:1970328379

  • 仕事においては親子でもライバル

    「負けてたまるか」の精神は大事ですよね。
    それはなくしちゃいけない。

    「ここまでは保護者として応援。ここから先はライバル関係になるから対抗する」
    という地点を定めましょう。

    デビューして何年という時期的な線引きでもいいですし、大きな賞を取ったらといった業績的な線引きでもいいです。
    その地点に達したら、堂々とライバル宣言するのです。

    突然だとお嬢さんがショックを受けるかもしれませんから、予告しといてあげるといいかもしれませんね。
    一人前になったら素直には褒めないよ、張り合うよ、と。

    ライバル宣言した後はオンオフの切り替えだけですね。
    仕事の上では対抗心をむき出しにする、家族としては愛情を注ぐ、その切り替えがうまくいくかどうか。
    まあそれはまだ先の話で、今はライバルとして認めあえるかどうかでしょうが。

    親子関係でも師弟関係でも、若い子が追いついてくる時は年上の側が苦悩するもんです。
    実力の差が大きい時は余裕で指導できるけど、差が縮まってきたら素直に感想なんか言いたくない。

    作品を見せに来なけりゃ嫉妬することも減るんですから、そろそろ感想は他の人に聞くように言いましょう。

    ユーザーID:6194890960

  • レスします

    ばれないように、悟られないようにと隠しているから苦しいのではないでしょうか。

    この投稿文、そのままお嬢様に見せたらいかがでしょう。私の母が私に対して同じような気持ちを持ったとしたら、それはどこかに見え隠れしていて、親子ならば早晩気が付くと思います。いや、すでに気が付いているかもしれません。

    嫉妬心やライバル心はトピ主様もわかっていらっしゃると思いますが、向上心の推進力です。他人ならともかく、ご自分の娘さんなら打ち明けることで楽になるし、お嬢様もお母様の変な空気の理由を理解して、自分に自信も持つし、逆に喜ばれるのではないでしょうか。「勇気」というのはこういう時に使うものだと思います。お嬢様に負けたら「私の教育が良かったらからよ。負け惜しみだけどね」と言っていればよいのです。正直に自分の気持ちをいい合える関係はステキです。

    お互いによきライバルとなれますように。

    ユーザーID:3801353991

  • トピ主さんが引退するしかないかも。

    不思議な母親もいるものですね。
    私なら嬉しくてたまらないと思いますが…。

    私もあることで、少しだけ他のかたより秀でていると思うことがあります。
    ですが、せいぜい10段階の7〜8程度です。
    娘の才能は10段階の9(もしかしたら10かもと母親の欲目で思います)。
    でも、私はそれが嬉しくて自慢でたまりません。

    娘にたいして羨ましいな〜とは思いますが、嫉妬とは全然違う嬉しさです。
    トピ主さんのように実の娘に嫉妬する感情が理解できないのでなんのアドバイスも
    できませんが、その感情はトピ主さんが引退するしか解決ができないのではないでしょうか。

    ここは一つ、2人で会社組織にして、トピ主さんが社長兼娘さんのマネージャーとして
    ご自分は創作をやめ、あれこれ指図する立場になり、その上下関係で、嫉妬心を抑えることはできませんか。

    ユーザーID:3174721626

  • 応援してます

    トピ主さんのプロ意識、すごい!!

    我が子の才能に嫉妬し、刺激を受けて腕を磨く。そして親子で競い合ってともに伸びていくって、男の世界にはよくあることだと思います。時には美化されたりもします。

    父と息子に許されてきたことが、母と娘に許されないはずはない。

    エール100万回押したいです。トピ主さん、がんばって、ファイト!!

    ユーザーID:2470694689

  • ネット情報なんかに騙されないで。

    「娘に嫉妬する母はダメだ」なんてこと絶対にありません。
    古今東西、男親は才能ある息子に嫉妬してきましたし、母親も娘に嫉妬するなんてごまんとある話です。
    娘さんは、愛されて育てられてきたことを、心から感謝しているんですよね。
    その上、お母さんの能力にもお仕事にも、敬意を払って、だからこそ同じ分野に進むことを決めたのでしょう?。
    大丈夫です。
    人間なんだから誰だって嫉妬するし、あなたの場合はそれがクリエイティブなお仕事の原動力になっているのではありませんか。
    枯渇しかかっている創造力のガソリンとして、神様が与えてくれたものだと思いましょう。
    そうやって、悶々とするのも、血流が滞るのを防いで、血液サラサラにしてくれているのです。
    誰だって嫉妬くらいします。
    みんな、体裁を繕って、心の内を表にしていないだけです。
    あなたのように、こうして書き込めるのは、ピュアな心を持ち続けているからなのです。
    素晴らしい親子さんです。
    人はそうして、自分の内側を見つめながら、いくつになっても成長していくのです。
    優しくなれるのです。
    どうぞ、心お平らかに。

    ユーザーID:4031415298

  • 素直に話したらいい。

    あなたには私が持ってない才能がある。
    それが羨ましい。

    とね。

    娘さんは娘さんで、あなたの才能を羨ましがっているでしょうけどね。

    仕事にして生き残ってること自体、すでに才能なんだと思います。
    仕事にしてるなら、
    持ってる人間関係も才能のうちだしね。

    まっそんなこともご自身で分かっていることでしょうがね。

    公言して、ライバルという位置付けでいいじゃない?

    娘が認められたら、その母親もまた注目されるでしょう?
    いいことじゃん!

    ユーザーID:2696040259

  • ライバル宣言!

    努力家で負けず嫌い、だから頑張って成功した…素晴らしいことだと思いますよ。シングルマザーとして、娘を立派に育て上げた…素敵です。
    娘といえども、一人の人間。お互い、同じ業界に生きて行くのですから、親子ではあるのですが「ライバル」だと宣言してみてはいかがでしょうか?
    ライバルは敵ではありません。切磋琢磨して、お互いをたかめあえるのです。
    そして、娘さんが少しずつ収入が得られるようになったのであれば、近所でいいので一人暮らしをさせて、少し離れてみてはいかがでしょうか?
    一つ屋根の下にいると、すべてが目に入ってしまいます。
    「同じ業界で働くんだから、お母さんはあなたをライバルとして認定します。時には褒めて認めますが、時には負けたくないと思うでしょう。生き残り合戦の厳しい世界なのだから。」と。黒い感情まで出すことはありません。思いを伝えるだけで、随分とスッキリできると思いますよ。

    ユーザーID:1483171491

  • 良い刺激とする

    同じ土俵にたったら親でも子でもなく
    良いライバルとして良い刺激を貰ってよりいい仕事にすればいいのでは?

    自分の子供ってことで意識しすぎてませんか?
    自分の子供なら自分よりもいつも下でいるのが当たり前って感情があるからではないですか?
    他人じゃない分厄介ですよね。

    なら親として子供の成長を誇りに思えばいいのでは?
    今後は当然やってくる老いては子に従えという事も念頭に置くとか
    心づもりしておいて自身で折り合いを付けなければいい仕事ができません。

    そんな気持ちだけが大きくなれば憎しみも湧いて来てお互いに仕事の邪魔になるだけです。

    ユーザーID:5408465295

  • ありのままで

    母と娘って複雑ですよね。あなたはそのままでいいのでは?娘さんに嫉妬しているけれど、ちゃんと娘さんの才能認めているんですから。

    お互いに刺激しあっていい作品が産まれるといいですね。

    私の母も私の幸せと仕事の成功願っていましたが、どこかで私に対して競争心が有りました。
    でも、病気になった時とても心配してくれました。

    母ってそんな存在です。

    ユーザーID:3549252286

  • 師匠と弟子という感覚をもてたらいいね

    弟子の成長は師匠の技量をしめすものだよ

    ユーザーID:6995577285

  • 言っちゃう

    私の経験からいって、嫉妬している時は口に出すのが一番です。
    心が軽くなりますよ。
    「あなたが羨ましい!妬ましいよ!」って、もう言っちゃうのです。

    だから悟られちゃいましょう。言っちゃいましょう
    「おかあさん、悔しい!! あなた才能ありすぎる! 負けたくない!」って。

    才能と実力の世界なのだったら、実の親子とて競争して何が悪いんですか。
    才能に嫉妬するのは当然ですよ(嫉妬しない人もいますが)
    手塚治虫だって、若い才能に嫉妬して悔しくてたまらなくても
    表面では平静をよそおってたんですよ。

    トピ主さんにとって喜ばしいのは、
    そのすごい才能の持ち主が、すぐそばにいることです。
    最大のライバルがいるんですよ。
    トピ主さんはそのおかげでこれからだって自分の才能を磨いていけるんです。
    今以上のものを作り出せるように努力できるんです。

    お子さんだって「おかあさんをこえたい」と思ってやってきたでしょう。
    おかあさんだって「娘をこえたい」と思って、
    お互いに一緒に上っていけるんですよ。

    これを幸運といわずして、なんというでしょうか。

    ユーザーID:2311521889

  • 育成者を目指す

    >娘に仕事を引き継いで貰って、後は教室でも開いてのんびりする予定

    早急に、こちらの路線に切り替えましょう。

    私は若い方に茶道を教えていますが、育成者も一朝一夕で出来るものではありません。

    コーチングにも一からの経験がいり、何年も掛かります。

    ハッキリ言って、ノンビリできるものではなく、表現者としての自分を一から見直し、それを伝える術を頭の中で構築し、相手に的確に伝える技です。

    ノンビリどころか、これは新たな挑戦になりますよ。

    そして大いに刺激を受けますから。

    ユーザーID:1877456438

  • 言っちゃっていいのでは

    コキ下す方の嫉妬じゃなくて、褒める方の嫉妬の言葉だけですけど。

    お嬢さんだって母のようにから、母を超えたいって気持ちは
    当然お持ちだと思うので、そこは切磋琢磨に変えられると思いますよ。
    あら捜しのマウンティングを発言するんじゃなくて、
    嫉妬ポイントをそのまま伝えればいいじゃないですか。
    コキ下しやマウンティングは母から娘じゃなくてもアウトですから。

    ああ悔しい!私はこれが思いつかなかった。
    私にはない才能がある。
    わが娘ながら悔しくて妬ましいと思うほどに誇らしい。
    物を作る人にとって嫉妬の感情を向けられるのは
    ある意味、賞賛ですよね。

    ユーザーID:6033516224

  • 伝わる

    娘さんには何かしら伝わってるのではないかなと思いますが。
    トピ主の気持ちを100%は感じとってはないでしょうが。
    他の方も言われてますが、少しずつ小出しに言葉にした方がいいのではないでしょうか。
    ダイレクトに嫉妬心をぶつけるのではなく、真似出来ない物があるね〜とか、負けちゃうわ〜とか、、、少しやんわりと、言葉にすることによって、トピ主の気持ちを自分自身が少しずつでも素直に受け止めれるようになるかなと思います。
    自分の気持ちを言葉にすると自分の脳もそれを自分の耳を通して聴いて、更に自分の気持ちの認識が深まるって聞いた事無いですか?
    暗記する時にぶつぶつ言ったりしますよね。
    娘さんに分かってもらうのがもちろん目的じゃなく自分の気持ちのハケ口をほんのちょっとだけ作るんです。

    ユーザーID:7415814368

  • 良きライバルとして、距離を置いても良いと思う。

    トピ主さんが感じる娘さんへの嫉妬は、一般的な母から娘への嫉妬とは違うと思います。若い女性である娘や家族に愛される娘への嫉妬ではなく、若き同業者へのライバル心のようなものです。それは、クリエイターなら誰でも多かれ少なかれ持っているもので、悪い感情ではないと思います。
    トピ主さんは、娘さんを我が子として可愛いけれど、同業者として才能を認めつつライバル心を燃やしている。それなら、親子の部分と同業者の部分を分けるために、娘さんと距離をとったら如何でしょう。
    娘さんも今やプロとして生きているなら、いつまでも母親に出来栄えを聞いている場合じゃないでしょう。もしも一緒に暮らしているなら、娘さんに独立してもらったら如何ですか。既に別居しているなら、同業者のマナーというか適切な距離感として、それぞれの作品には干渉しないようにしようと提案するとか。
    今までどおり、母娘としての関係は変わらないけれど、同業者としては一線を引きたいと、娘さんに言って良いと思います。娘さんだって、若いながらプロです。話せばわかると思います。

    ユーザーID:5250201713

  • 同じクライアントは持たない

    私もフリーで制作系の仕事をしています。
    若い子も含め、知り合いのデザイナーは沢山います。
    が、知り合いと同じクライアントで仕事はしたくありません。
    友達として仲が良い子なら尚更、嫌です。
    比べられたくないし、対抗してしまう自分も嫌だし、でも正直負けたくありません…。
    そんな気持ちで仕事するのしんどいもん。
    みんなそうだと思いますよ。だから、それぞれのテリトリーで仕事します。

    親子で同じ土俵はしんどいですよ。
    やりづらいから別でしたいと言うのはおかしくないと思いますよ。
    嫉妬してるからだなんてバレないと思います。

    ユーザーID:8938012961

  • トピ主です。レスをありがとうごさいます。

    レスをありがとうごさいました。

    よくネットや本で母親が娘に嫉妬してトラブルになり、絶縁する話があるのでバレたくないです。

    嫉妬心は向上心とも思ってますが…私の感情は「自分が上に行きたい」と同時に「相手が下になれ」という本音もあるんです。
    他人相手ならともかく、娘にそれはおぞましいと思います。
    他人への嫉妬と娘への嫉妬は質が違うんです。

    私の娘という事で比較的に早い段階で仕事が回ります。とてもいい事なのに「その仕事は私の物だ!こんな小娘に寄越すなよ!」と脳内では悔しさが出ます。

    「娘さんの方が才能がありますね」と冗談でも言われると心が壊れそうになります。

    一番キツかった話があります。
    娘がとある作品を作りました。
    それは最高であり、私がこれを作れたとしたら満足して終わります。
    しかし娘は…それを失敗作、最悪だと言って破棄したんです。本当、なんの未練もなく。
    それを何回でもやってたんです。どれも素晴らしい作品なのに。

    あぁ、この子はこんな作品も捨てる事が出来るんだなぁ…次々とアイディアが浮かんでるんだなと悟りました。
    私が心底大嫌いなタイプの天才です。
    私だってこんな風になりたかった。なれなかった。
    何でそれが娘にあるの。なんで私じゃないの。


    私は自分に自信はありません。
    それでも自信家なフリをすれば仕事を貰えるんです。天才のフリをして、実力者のフリをして、皆を騙してきました。

    まだバレてない内に引退して指導者に回るのも手だと思います。

    でも、死ぬ直前まで辞めたくないという強烈な気持ちが湧いてしまうんです。

    最近では仕事にも支障が出てきます。
    今まではこれでOKと思っていた物が「娘はこれを捨てるんだろうな…」と思うと脳が焼かれます。

    天才は娘でも大嫌いだ。

    ユーザーID:7511209377

  • トピ主です。

    トピ主です。レスをありがとうございます。

    娘と距離を置くのは…難しいと思います。

    娘は仕事は多少ありますが、まだ周りに認められてはいなく、フリーランスなので収入は無いに等しいです。
    何より作業する為の広い部屋を確保とそれなりにかかります(我が家は持ち家です)
    最低でも3、4年はまだ家にいると思います。

    だから嫌でも目に入るんですよね…。

    娘は私を慕って憧れてくれています。
    今でも私のようになりたいとか、この技術が出来るようになりたいだとか言ってくれてます。

    でも、全部が嫌味に聞こえるんです。
    だって…貴女は捨てるじゃない。
    私が若い頃の限界上限のような作品を作っても…貴女は捨てるじゃないか。
    当時の私が貴女みたいな作品を作れたら、後は喋りで勝負して無理矢理押し通すよ。

    でも、それは言わずに今日も余裕ありげは自信家のふりをして「でしょ?ありがとう」と笑ってます。
    「見て盗みなよ」と言います。盗まれたら苦しい癖にね。

    友人たちに「娘さんは凄いね、才能ある」と言われるのも「親バカ。そんなに才能ないぞアンタの娘さん」と言われるのもどちらもキツいです。
    もう何を言われても地獄。

    最近だと前までそつなくこなしてた仕事に「あ、こんな出来だと娘は捨てるな」と思ってはやり直し納期に間に合わない…なんてこともあります。

    いっそ嫉妬を口に出すのもありだとは思いますが…「母、娘に嫉妬」で検索したら大抵の娘は傷つき母親は嫌われてます。

    少し口に出すだけでもアウトなんじゃないかと怖いです。

    言うにしてもニコやかに出来るかな…。

    嫉妬心も敵対心もなく、娘の成長を喜び、自分が抜かれても祝福出来る母親になりたい。
    少し前まではそんな母親だったのに。

    ユーザーID:7511209377

  • 優秀な女性ほど嫉妬心が強い

    という1文を読んだことがあります。非常に辛い環境だと思いますが、自分は嫉妬しているという事実を深刻に受け止めすぎです。嫉妬深いのはあなたが優秀な人材だからです。

    ユーザーID:1349198888

レス求!トピ一覧