家族と特定の状況で話せない。

レス4
お気に入り10

七瀬

男性発

今年で28歳になる男性です。普段は普通に話せるのですが、昔から人に責められる状況、特に父親と話し合いの際に対面すると、何故か黙ってしまいます。話したい内容が上手く口に出せず、何を言えばいいのか頭の中で混乱。父からは何故黙る、早く答えろと責められ更に答えづらくなるという悪循環を何度もしてきました。別に父親のことは嫌いではないし無視したいわけでもなければ自分としても答えたいのですが、驚くくらいに話せなくなるんです。
最近、これに近い症状の場面緘黙症を知りましたが、家族でも起こりうる物なのか、単にこじつけようとしてる自分の甘えなのかと確証に至ることが出来ません。
例えそうだったとしても否定されるんじゃないかと不安です。どうしたら良いのでしょうか。

ユーザーID:3522564643

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数4

レスする
  • 語彙力を増やす

    話せなくなるのは
    相手が威圧的で、本心を話しても
    否定されるだけと貴方が理解してるから。

    口達者な人は、貴方がどう回答しても
    口にした言葉を元に、新たな責める言葉を用意できるのです。
    イエスといっても否定され 反論され
    ノーと言っても否定される、反論される。
    だから、頭は思考をとめる。

    本心や本音を答えて、否定されれば
    傷つく。だから何も言いたくない。

    そういう経験を重ねすぎると
    自己評価が下がり、自分の意見が言えなくなる。

    人は自分が肯定されたい
    認められたい
    理解されたいって欲求があるのね
    相手が、受け止めて 寄り添って 共感してくれる相手なら
    貴方は話せると思う。時間はかかるけど(人を心から信頼できるのに時間がかかる)

    ただ、相手は変えられない。

    何も、本音で本心を喋ろうと思うから
    傷つく事を恐れて話せなくなる。
    嘘をつく それらしい 理由をつく
    本心は隠すなどして、本音は語らず

    相手が満足しそうな答えを与えれば 相手は納得する。
    社交辞令 マニュアル通りの言葉 ありふれた言葉でやり過ごせば
    傷つかないですむ。
    会話シミュレーションを頭に叩き込む

    そして
    28歳なら、家を出て自立する。
    父親と距離を置く。

    嫌い(苦手)な相手ほど
    社交辞令だけの表面だけの会話で
    本心は見せずに、争いごとをさけて
    円満にみせつつ 一線を引く。

    本心は安易に語らない。

    ユーザーID:5888584720

  • どの程度なのか

    日常の会話は成り立つのか。
    自分のことなどの真剣な内容ではなければ、それなりに深く話せるのか。

    さて、程度や状況次第で違っても来るだろうから。

    とりあえず役に立つか分かりませんが、手っ取り早い措置の1つはある。
    それは2人の位置関係と心理面の相関関係。

    真正面に相対するものが最も対立しやすいもので話はしにくくなる。

    90度の向きというのが一番相談はしやすいと言われてます。
    (相手の目線が刺さらないが、表情の半分は視野に入る)

    飲み屋のカウンターのように隣に座る。これが心理的負担が少ない。
    (お互い顔が見えないから、言いたいことが言いやすい。)

    とりあえずもっとも簡単なのはどこに座って話すかというものです。

    ユーザーID:3828547783

  • よくあることでは? 

    怒られたり、責められたりして威圧感を感じている
    最中では普通にあることではないでしょうか?
    「早く答えろ」とせかされれば、焦りますし余計に頭真っ白ですよね。
    うちの夫もそういう時はダンマリですよ。
    責めているわけではなく、単に理由を知りたい時であっても
    「なんで?」という言葉が、責められていると感じるみたい。

    頭が真っ白状態ではどうしようもないので、その場でムリに会話の
    キャッチボールをしなくてもよいと思います。
    人から責められる状況(トピ主さんが悪い?) → 素直に謝る
    話し合い → 「少し考えたいから時間が欲しい」と言う。
    相手の意見や希望だけ聞いておいて、落ち着いて考えをまとめてから伝える。

    たとえ、どんなに緊急で切羽詰まった状況でも、呼吸を整える余地くらいは
    あるものです。
    「きちんと考えて返答したい」そう言われて、断る人ははほぼいません。
    その場で何とかしようとせず、落ち着いてから対処すればよいのです。

    ユーザーID:3423272530

  • 分けて考えて見る

    一つの考え方であることを断って置きます。私達は、思考する時や交流する時、行動をする時に、二つの思考の道具を遣います。

    この道具を「感情的な思考」と「理性的な思考」に分けることが出来ます。感情的な思考は、主観的とも表現され個人に属するものです。理性的な思考は、客観的思考と表現され社会の理解を得ることが可能です。

    トピ主さんが発言し難いのは、「感情的思考」に陥っているからではありませんか。感情的な思考は、個々人に依って異なりますから、全員から合意や理解を得ることが出来ません。と言う事は、感情的思考では、皆さんとの交流は成り立たないと言うことです。

    トピ主さんが、遠慮なく、忖度もなく、配慮も必要でない交流を望むなら、「理性的思考」で思考し発言なさることです。理性的思考とは、論理的思考、科学的思考、数学的思考、常識的思考と言う事ができます。

    例えて言えば、「1+1=2」の様な思考です。この足し算の和を「3」と言う方はいないのではありませんか。トピ主さんは、過去の思考や言動を振り返って、自らが感情的思考に陥っていなかったか、確認為さることが大切てす。

    相手が感情的思考や言動に陥っている時は、それを穏やかに指摘して上げることも必要ではないかと思います。お互いに同じテーブルで、同じ理性的な思考道具を遣わなければ、意見の調整は出来ないのではありませんか。感情的思考は大切な物ではありますが、他者との交流では危険で厄介な物でもあります。

    ユーザーID:1335574123

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧