不登校の子の夏休みが終わる

レス40
(トピ主1
お気に入り106

生活・身近な話題

いちご

1学期の中頃から小学生の子供が不登校になりました。

最初の1か月は登校させようと四苦八苦。
友人や経験者からいろいろアドバイスを頂き
様子をみることに。。

子供は、だんだん生活のリズムが崩れ、
感情のコントロールができなくなり、
全くよくなる兆候はなく・・。

これではよくないので、
担任、スクールカウンセラーといろいろな方に相談し
少しでも学校へいくことに。。

そんなこんなで1学期はあっという間に終わり、夏休みに。

夏休みは少し調子はよくなってきたけど、
宿題はほとんど手付かず・・・。

なんとかさせなくては、と不登校の会や講演会に参加。。

1つは宗教、1つは不登校の権利を尊重せよと
もう政治活動のよう・・・

それならばと病院へ。

病院の先生はよい方で、具体的な問題を指摘してくれました。

しかし、それは子供の個性。より具体的な方針は検査の後。検査は1か月先・・。

もうすぐ夏休みが終わります。
また地獄のような日々が始まります。

正直しんどいです。

友人などにアドバイスもらうのも、
お恥ずかしいですが
何もかも私が責めらえているようで
何も聞きたくないです。

正直子供と向き合うのに疲れました。
これではいけないと思いつつ。。。
無理して向き合い
ストレスのたまる日々です・・。

逃げ場がないようなこの気持ち
どのように向き合っていけばいいのでしょうか。

ユーザーID:3390459849

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数40

レスする
  • 休みが必要です

    ご心配ですね・・・
    焦りますね・・・
    何とかしたいですね・・・

    子供の不登校は私も経験しました
    長男が不登校になり何とか登校させなくては!とかなり頑張りました。
    悩みも聴いたし学校やカウンセリングにも相談しました
    トピ主さんと同じように宗教や、霊媒師にも。

    そんな私を見て長男は学校へ行く“フリ”をしていた時、
    私は、登校できるようになった!と喜び、安心していたある日。
    踏切の反対側に長男の姿を発見!
    当然、授業中の時間帯です。
    フラフラと遮断機を潜る長男。
    電車はもう目の前。
    幸い親切な勇敢な男性に引きずられて救出され事なきを得ました

    電車が通過して長男の元に駆け込むまでの時間がどれだけ長く感じた事か。
    無事な姿の長男を人目もはばからず抱きしめた時に

    「私はなんの為にこの子を産んだのだろうか?」

    幸いにも五体満足で生むことが出来て分娩の辛さや
    初めて“ママ”って呼ばれた時、歩いた時、高熱で苦しんだ時、
    それまでの事が走馬灯のように駆け巡り

    「生きていてくれたらそれで良い!」と思えるようになり
    命を懸けてまで行かなければならない学校か?
    と、考えるようになりました。
    その日から学校へ行け とは言いませんでした。
    逆に学校側に長期欠席を申し出ました。

    正しかったのかどうか解りません

    本人も苦しかったでしょう。
    辛かったでしょう。
    長い長いトンネルを自力で抜け出た時
    遅れを取り戻すために勉強し高校・大学と進学し
    今は結婚もし子煩悩なパパになってます
    孫と遊んでいる時の長男の笑顔。
    とても素敵です

    私はこの長男の笑顔を守りたかった

    ユーザーID:9090935997

  • 不登校の原因は?

    いじめられる。
    勉強がきらい。勉強がわからない。
    先生にいつも怒られる。

    そのほかの原因もあるでしょう。
    原因を取り除いて、学校に行くようにしましょう。

    大人になったとき、仕事仲間と自然なコミュニケーションをとるには、学校生活は大切です。

    私の母親は、「学校へは行け!」と言ってました。勉強のことは言いませんでした。
    少々嫌なことがあっても続ける気持ちを養うことは大切です。

    ユーザーID:9376414601

  • 親がオロオロしちゃってるよね。

    不登校でも上手くいくのは行かせなかった人達かも。

    宿題や勉強はしたほうが良いと思うけど、学校という枠に合わない子も居ます。

    行かなきゃいけないと割り切れる子は行きますもん。

    ゴロゴロしているくらいなら新聞配達でもさせたいくらいですね…。だめか。

    親がとりあえず岩の様にででーんと構えたほうが良いかも。
    宿題だけはやれとか、朝はちゃんと起きて夜はちゃんと寝る、いじめられてたわけじゃなきゃ【家は天国】にしないとか。

    空手でも通わすとか。英語のマンツーマンに通わせるとか。

    学校に行ったほうがマシと思わせるか、
    学校以外にも道はあると思わせるか。
    どっちかにはしたほうが良いと思う。

    ずっと夏休みというわけにはいかない。

    ユーザーID:4470934876

  • ムカシ

    私は、45年前の登校拒否で、その当時、小学校の6年で留年してます。その後、国立病院についている分校に行き「形は、入院です」卒業「中学」し、東京の高校に進学。大学も卒業。今時は、自由登校の学校もできているようだし、探せば、その学校にこだわる必要ないのでは?何か、嫌な原因があるのでしょう?

    ユーザーID:2240298751

  • 現在社会人の子が

    小5の二学期から足が遠のき・・・。
    中学はほぼ全休です。

     足が遠のく以前に諸々ありまして。
    自治体の教育相談を申し込みました。
    (足が遠のく理由の一つが学校側
    だったので、学校の枠を離れて
    相談したかったので。)
     最終的に学校側と衝突して、住まいを変えずに
    転校もさせました。中学でも足が遠のき。
     本人がフリースクールに行きたいとの
    申し出は小学生の時からありまして。
     家から通いやすそうなフリースペースを
    見つけて見学に行きました。本人ここに
    通いたいと言うので。中2後半からそこに
    通っておりました。そこで、複数の学生
    ボランティアさんに関わっていただき、
    だいぶ元気になりました。

     その時に、私が自治体の相談員さんに
    アドバイスされたこと。親は親。子は子
    です。子供のためにと親が我慢することは
    ありません…でした。(私自身が、とある
    習い事をしていて。やめようかと悩んで
    いました。そのアドバイスを受け、そのまま
    継続していました。)

     後・・・。一人っ子だったので、あまり
    家の手伝いさせていなかったのですが。
    させるようになりました。

     我が家の場合はです。
    ご参考までに。

    ユーザーID:1369277656

  • 本物の不登校

    私自身も私の子供たちも不登校は経験していないので専門的なことは何も知りません。
    ただトピ主さんの子供さんの場合、甘えとかわがままではなく、本物の不登校のような気がします。
    変な言い方ですが、腹をくくった方がいいのかなと。
    無理やり行かせる方法ではなく、子供さんにとっての最善の策を考えてあげて欲しいです。

    ユーザーID:8262012815

  • 同じような経験しました

    うちの子も学校へ行かなくなった時期がありました。
    カウンセリングや親の会など行きました。

    主さんもあちこち行かれたようですが宗教、政治的っていうのはかなり極端なところでしたね。
    たぶん他にも親の気持ち、本人の気持ちに寄り添った方針のところがあると思うのでもう少し探してみてはどうでしょう?
    (公的な機関が主催してるとかなら安心かも)

    それと、この状況に親も煮詰まりますが、他のことに気を向ける時間も大切だと思います。
    子どもさん自身もずっと自分のこと気にされてるっていうのはしんどいはず。

    たまにはご自分の趣味とかで気を紛らわすようにして、お母さんがゆったりした気持ちになれるよう、あえて心がけた方がいいと思います。

    お子さんと最近世間話しましたか。
    今のお子さんにとって、家はシェルターみたいなもの。
    シェルターがピリピリしていては子どもさんの精神衛生的によくないですよ。

    シェルターで充電できたら自然に外へ気持ちが向かうと思います。

    一緒にテレビでも見て雑談できるくらいになれば、お母さん自身も気持ちがラクになるはず。

    一気に解決することは無理なので、ぼちぼちできることからでいいのでは?

    ユーザーID:4496672603

  • だめもとで

    不登校の子には毎日分厚いステーキを食べさせましょう。
    不登校、栄養療法で検索してみてください。

    成長期の子がなる不登校は、栄養が不足しているのが原因かもしれません。

    ユーザーID:4189985070

  • ありがとうございます

    トピ主です。
    コメントして頂いた方、ポチして頂いた方、
    本当にありがとうございます。

    ご自身のお辛い体験や色々なアドバイス
    とても参考になりました。

    食事療法は聞いたことがなかったので、
    勉強していきたいなと思います。

    コメントにありました不登校の原因ですが、
    少なくとも私にはわかりませんでした。
    勉強も特に問題なく、
    人間関係もトラブルがあると言うことは
    ありませんでした。
    本人も何がと明確にあるわけではないようでした。
    ただ本人の個性や成長の段階による
    違和感などが積もり重なって
    不登校に至ったのではないか
    と、今は推測しています。

    私の弱音に付き合ってくださって
    ありがとうございます。
    周りの人に心配かけたくなくて
    毎日歯を食いしばって、笑顔で生活していました。
    ここで弱音を吐かせてもらえて
    一息つく事ができました。
    本当にありがとうございます。

    今後も学校や医療機関と相談して
    子供を見守っていきたいと思います。

    ユーザーID:1547307099

  • 学校の意味

    小5の息子がいます。

    学校って、人間関係を学びに行っているのですよ。同じ歳で地域の子が同じ時間に同じ事を学ぶ。

    学校ってある程度、鈍感にならないと行けないです。

    まずは、耳、学校って本当にうるさい所だと思います。話し声、椅子や机のギイギイ、放送、チャイムあらゆる音がうるさい子には難しいでしょうね。

    これは耳の聞こえではなく繊細かどうかだと思います。

    次に、時間を合わせて動く。時間割が決められて、全て合わせて動きます。常に時間に合わせて、皆に合わせて、授業の内容を入れていきます。合わせる子が苦手な子はしんどいと思います。

    その、無意識のしんどさが、だんだん積み重さなり、身体もしんどくなるのだと思います。

    勉強が出来て、友達にも問題がなければそういう物理的観点だと思います。

    私は最近、更年期になって、耳が繊細になり、学校の授業参観の45分でさえ、しんどいです。他の子が発する小さな音でさえ気になります。イライラしてきます。

    今、学校生活でなくて本当に良かったと思いました。

    そういう事も聞いてみて下さい。

    静かな環境で勉強出来る場所を場所を探してみるのもいいかもしれません。

    ユーザーID:5581963393

  • 身体は?

    身体の問題は大丈夫そうですか?

    起立性障害、低血圧、自律神経、頭痛、腹痛などは無いのですか?

    理由がハッキリしない場合、身体の問題の事も多いそうですね。

    ユーザーID:2620741240

  • 本当の事は本人しか・・

    お母さん、辛かったですね。

    私は、子どもがいじめに会い、転居転校しています。
    極端な例でしょうが。

    最初は勿論極端な事も考え及ばず、聞いているうちに問い詰めるようになってしまったり、結果的にせめてしまったり。
    親としてどうしたらいいか解らず、医師・教師・カウンセラー・校長・親の会・・誰も答えをくれませんでした。

    悩んで困って突然思ったのです。
    生きててくれたらそれでいいと。
    私がこうやって寝不足の暗い顔でイライラしていたら、一番辛いのはその原因を作っていると自分を責めている我が子だ。
    我が子を苦しめるのは本末転倒。
    何をやっているんだ!私は。

    そうだ。学校なんて何だ。一年二年休んだっていいじゃないか。

    その時期を過ぎ、今だから思う事は、集団生活も大事だが、数年集団じゃなくても「なんて事はない!」です。

    渦中にいるときは右往左往したけれど、学校・教師に、違和感を持ちつつすがっても良い結果とは限らないという事。

    我が家の場合は、親切のふりして「毎日生徒宅にかよう仕事熱心な教師」をアピールするネタにされていたり(ご批判はご容赦ください。そう考え教師に頼るのをやめた経緯を目撃してしまいました。)
    結局、教師も学校も自己保身が一番なのだと踏ん切りもつきましたが。

    体調に異変がなく、外出に抵抗がないのなら、体験や見学という名目で、良さそうな場所に気分転換に行ってはいかがですか?

    ただの旅行では、罪悪感を持たないよう名目は必ず。

    場所や気分が変わったら、なにか言いたくなるかもしれないし、少なくても親の本気と絶対の愛は伝わるかと。(我が家はそうでした)

    アドバイスなんて、偉そうなことは出来ませんが、
    「好きにしていいよ!母は味方だよ」
    「ただ、やるべきことはやろう!」

    将来の為に知識は必要だから、勉強はして。

    善意の外野より、我が子と母の心の安定の為に頑張って!

    ユーザーID:2282307424

  • 応援します

    いろいろな情報、やり方があって、
    何が良いのか、何が合うのか、ほんとうに悩まれていると思います。

    私が、納得できた本を紹介しますね。

    「不登校は1日3分の働きかけで99%解決する」リーブル出版 森田直樹著

    わかりやすく、薄めの本ですが、説得力があります。

    今は苦しいと思いますが、きっと、今で良かったと思えると思います。

    ユーザーID:5363197193

  • 不登校の子って普段なにしていらっしゃるの?

    朝起きて、夜寝るまで。
    よく不登校がと聞きますが、逆にお伺いしたい。

    お子様は、朝から晩まで何をして過ごしていらっしゃるのか。

    それが全てだとも思うのです。
    就寝と起床のリズムが夜型になっているのであれば、そこの改善からでしょう。
    遅寝して早起きできるわけもなく、昼間まで寝てれば夜の就寝が遅くなるのも当たり前なわけで。
    生活リズムがきちんとしているなら、昼間の生活や行動ですよね。
    学校で授業がある時間は家庭教師なりトピ主さんが教えるなり、勉強の時間が必要ですよね。ゲームやスマホ、タブレットやインターネットなど身近にあれば勉強するよりも楽しいですから取り上げる必要があるのではと思います。

    もちろん、これは全く知識のない素人の親が思う感情であり専門的な方から見ればやってはならない事があるのだとは思いますが。
    学校に行く前に、普通の健康的な生活ができてこそ学校にいけるのではなかろうかと思うんですよ。

    友達に会いたい、一緒に遊びたい、勉強したい、クラブに出たい。
    いろいろな「やりたい」と思う感情が強ければちょっとくらいユウツでも学校に子供は行くでしょ?
    大人だったら「仕事に行きたくない」と思っても生活する為、お金を稼ぐために必要だから仕事に行くじゃないですか。

    子供の仕事は学校に行く事。
    仕事をせず、家でなにを日々しているのでしょうか?
    ぜひ後学の為に不登校の子が日中何をして過ごしていらっしゃるかお教えください。

    ユーザーID:4521896268

  • 結局は、

    日々、正しいリズムを整えさせる。が、大事なんだと思います。

    学校に行く必要はないし、
    自分のやりたいことだけすればいいです。

    朝は決まった時間に必ず起こす。
    朝ごはんを食べる。一口でもいい。一杯の水でもいい。

    必ず食卓で、
    お昼も、食べる。
    夜も、食べる。

    そこだけは、子供が嫌がろうが暴れようが、時間が掛かろうが、
    親が意地を張って頑張った方がいいと思います。

    それだけしていたら、後は親は何も言わない。自分の好きにしなさいよ。だけ。
    そこだけ親が意地を張っていれば、子供は従うしかないですよね。

    ここは絶対に、折れてはいけません。
    日々の日常を全て子供任せにしては、駄目だと思います。

    起きてくれたら、褒める。
    食べてくれたら、褒める。

    他の時間は、子供の好きにしたらいいが、
    真っ当な時間に起きて、ご飯を食べる。

    今は、それだけでいいと思います。

    太陽が昇れば、起きる。食べる。夜が来たら寝る。
    これを繰り返していたら、
    自分で考えるようになります。

    暇そうなら、親が面白かった本とか、漫画とか、映画とかを薦める。
    気が向いたら、読んでね観てね。くらいで。

    結局、親が出来る事って、こんなもんだと思いますよ。

    ユーザーID:9196421611

  • お辛いですね

    子供が小さい頃に良く遊んでいた男の子が小学生の時から不登校です。
    その子のお母さんも何ヶ所の病院に行き、何人もの専門家を訪ねたそうですがとうとう中学まで殆ど登校していません。でも今はもう吹っ切れたそうです。
    ある方から「頑張って無理矢理に毎日登校させるより、家事を教えて手伝って貰ってお母さんが働きにでれば?その方がお互いにありがとうって思えるよ。それから先の事はまた考えれば良いよ。将来、もしかしたら主夫として幸せな生活を送るかもしれないよ。」と言われて急に肩の荷が下りた気がしたそうです。
    今は少しずつ家の事を手伝って貰っていると言っていました。
    ご参考まで。

    ユーザーID:4457512051

  • 思わずまた出てきてしまいしたが

    「普通」の生活や子育てが出来てる方には、
    これといった理由があるわけでもないのに
    不登校になっている状態は、
    理解しがたいと思います。

    学校の大切さを言い聞かせたり、
    生活リズムを無理矢理にでも正したり、
    スマホやゲームを取り上げる前に
    まずやることがあるんです。

    それは、子どもが失ってしまった自信をつけること。

    学校の大切さなんて分かってるよ。
    朝起きたいけど体が動かない。
    スマホやゲームだって、心から楽しくてやってるわけじゃない。
    ましてや、遊びたくて学校に行ってないわけじゃない。
    これらのことを一番責めてるのは、お子さん本人です。

    みんながやってることが出来なくて、
    生活リズムを整えることすら出来ない。
    こんな何もかも出来なくて親に迷惑かけてる自分が
    嫌で嫌で仕方ないんですよ。
    例え表面上はそんなこと考えてるようには全く見えなくてもです。

    だから毎日3つ、何でもいいからお子さんのことを褒めて、
    何を褒めたか記録していく。
    森田直樹氏の方法ですが、まずやることは、
    お子さんの自尊心を回復させることだと思います。

    ユーザーID:5363197193

  • 息子も同じでした

    高1の時、9月、10月と。(今は社会人です)

     入学早々いじめがありました。9月1日、身辺整理して学校に行こうとしていました。今考えると形見分けを私と弟にして、休みだった夫のことをしばらく目に焼き付ける感じで見ていました。

     胸騒ぎがして、夫に言い、机の上に出しっぱなしの携帯を見たら、アドレスが全て消されていました。部屋もきれいに整頓されていました。

     ジリジリして待っていると、「学校へ行けない」と言う息子からの公衆電話がありました。夫が出て、すぐ帰って来いと言いました。

     私が出ていたら、始業式だけでも出るか先生に言いに行けと言っていたはずで、今の生きている息子はあり得なかったと思う。

     実際、樹海に行こうとしていたとあとで息子に聞いた。

     無理だけはさせないで。きっと後悔します。

    ユーザーID:2291213666

  • 再レスです。もう一つ注意事項が

    ありました。「行ってきます」の声がいつもより大きく、やけにすがすがしく何かが吹っ切れた様に感じました。学校に出してはいけなかった。

    ユーザーID:2291213666

  • ステップごとに進みましょう

    まずは、おやつや、子供さんの好物を、一緒に楽しみながら作りましょう。

    頼ったり、褒めたり、任せたりして、自信を取り戻せる様に。。
    子供さんが楽しめる様なら、家事全般を一緒にやって貰ったり。「ありがとう、助かる。2人だと楽しいね。良い感じ、上手!」なんて言いながら。。

    他にも、例えば子供さんが、ゲームが好きなら、一緒にやれば良い。
    引きこもって、活動不足で、悩んで脳だけ使ってては良くないし、ゲームでも運動出来る物や、勉強出来る物があるので、一緒にやると良い。
    貴女が友達になったって良いのですからね。。
    そうやって自分の味方と分かれば、心を開いて色々話せる様になると思います。 まずは、否定せずに全てを受け止めて。
    子供が小さい内ならチャンスです。
    大きくなる程、親と一緒に居たがりませんから。

    良い意味で、子供騙しが使える年代ですから、子供の好きな事を一緒に楽しみましょう。いっぱい甘えさせましょう。

    それが自然になったら、次のステップで、勉強や学校をどうするのか、選択肢を並べ、子供に決めて貰えば良いと思います。

    先ずは、楽しむ、褒める、教える(教わる)、任せるで、自信を付けさせて、愛情表現をタップリと。
    愛に満たされ、自信を付ければ、将来に向けての前向きな言葉も出て来る様になると思いますよ。

    今ある親子の時間を大切にして下さい。
    プラスに出来る筈です。。

    ユーザーID:2620741240

  • まずは病院

    いろいろ心配ですね・・・。

    不登校といっても、いじめとか人間関係の問題から実は体調不良までいろいろあります。
    病院での検査がこれからとのこと。身体的な病気の検査は既にお済ですか? 精神的な病気かと思ったら、体の病気が原因で体が重くなって動けなくなっているケースもあります。小さいお子さんの場合、体調不良を的確に親や先生に表現できていない可能性もあります。体が重くなって動きにくいことや、やる気が全くでないことは身体的な病気でも発生します。しかし過去に病気の経験があまりない場合は「私は病気で体が重いです。動けません。小児科へ連れていってください」と適切に表現できず、「学校に行きたくない」「辛い」など抽象的に表現されることがあります。

    今受診されている病院の担当医ともご相談の上、精神的な不調での不登校と決めつけず、体調面で病気がないかもチェックなさってみることも必要かもしれません。

    ユーザーID:3160874325

  • トピ主です。ありがとうございます。

    皆さん、本当にありがとうございます。

    いろいろご質問頂いていたので、回答いたします。

    ◆身体的な不調は見ている限りありません。
    ただ、同世代の子が多くいるとストレスがかかるらしく感情的になりますが、
    駅にたくさんの人がいてもストレスがあるようには見えません。
    同世代の子におびえているようにみえます。

    ◆「不登校は1日3分の働きかけで99%解決する」リーブル出版 森田直樹著
    は、読みました。とても参考になるので、夫にも読ませて、褒めるということを意図的するようにしています。
    アドバイスありがとうございます。

    ◆不登校の子が日中何をして過ごしているか?
    うちが一般的かどうかはわからないのですが・・・。特に何もしていません。
    以前は工作やスポーツや、多くのことに興味を持って次はこれやる、あれをやる・・
    お手伝いもしてくれる子だったのですが、不登校中は、TVや動画サイトなどをぼーっと見ているだけです。
    もちろん外に出ることもありません。絵を描こうとしても集中力が持たず途中で中断。
    無気力に見えます。

    ◆夏休みの終わり
    あの後子供のことでトラブルがあり、逆に私の方の気持ちが吹っ切れました。

    夏休みが終わり、学校には行かれてはいませんが
    悲観することなく、学校に行かなくても楽しくなるような生活を送ろうと決心しました。

    子どもと同じ景色が見えるよう、毎日過ごしていきたいと思います。

    皆様本当にありがとうございました。

    ユーザーID:3390459849

  • 切れて行かせました。

    子どもが高2の時、少しサボり出した時がありました。
    私は切れて怒って、行かせました。
    とにかく朝起こす、
    とにかく制服を着せて車でも学校に行かせる。
    高校卒業までは家で生活させてやる、
    卒業したら出ていくように滾々と言いました。
    実家で生活するのは18歳まで、
    18から自活するか、進学して引っ越せと。

    睨んだり、泣いたり暴れたりすることもありましたが、
    今は大学生になり、感謝されています。
    あの時、ママが諦めたら終わってたと言います。

    ただし、
    私は、この子なら乗り越えられる、強さがある、
    ここまでしても平気な絆がある、親子関係があると確信していました。
    それに、子どもを産んでからもずっとフルタイムで共働きし、
    責任を担って自分にも厳しく社会で生きていく姿を見せていたので
    子どもも、親も頑張っていると感じてくれていることは分かっていました。

    あなたが行かないなら、私も仕事行かず生活できなくなるよ。と言ったこともあります。親は偉いんだ、生きていくには親の言うことを聞けとも言いました。
    今は少し離れたところで奨学金なしで大学に一人暮らしして通わせています。
    受験も乗り越えました。
    近いのでしょっちゅう帰ってきます。
    電話やラインもしょっちゅうします。
    恋愛も話してくれます。

    ある意味、長い反抗期だったのかも知れないですが
    親子で乗り切りました。
    どんな時も本音で向き合ってきました。
    これが私の優しさ、私の育て方、私の愛し方です。

    非難されること覚悟ですが、
    結局は、誰の真似でもなく、これまでの育児の延長でしかないのではと思います。
    自分がしたいように育児するしかない。
    他人のやり方はもちろん参考にはなりますが、
    自分の思った方法でなければ、もし失敗だと思ったとき
    後悔して、誰かのせいにしてしまうと思います。

    ユーザーID:7386558233

  • 辛いですね

    私は子供が早期から発達障害があり、それと向き合ってきましたので苦労はわかります。
    不登校になって初めて子供の問題が表面化することもあるようですね。

    私は抱えきれず地域の相談窓口で、カウンセリングを受けたりして乗り切ってきてます。
    未だにすごく疲れます。

    幸い、不登校は心配しましたが今は大丈夫なようです。
    まだまだ油断はできませんが、フルタイムで働き出したので、行ってくれないと困ってしまう涙

    ユーザーID:1624993964

  • 子供の気持ちに寄り添いながら、揺さぶりも必要

    無理をさせて行かせるのは良くなく
    >子どもと同じ景色が見えるよう、毎日過ごしていきたいと思います。
    はいいと思うのですが

    >学校に行かなくても楽しくなるような生活を送ろうと決心しました。
    ぬるま湯のような生活を続けると、外の社会に出られなくなると思いますよ。
    外の社会に対するハードルが高くなります。
    家以外の居場所があった方が、引きこもりの予防になると思いますよ。

    小学生、医療機関での検査が控えているって事は発達障害の疑いかな?と思うのですが…。
    発達障害児の親として、ちょっと思う所を書きますね。
    学校へ通う目的って何だと思いますか?
    私は学習、集団行動を学ぶ、他人とのコミュニケーションの成長などがあげられると思います。
    反対に言えば、これらを学べれば必ずしも学校へ行く必要はない、と思います。
    学習は本人のやる気さえあれば学校へ行かなくてもいくらでも学ぶことが出来ます。
    ですが、集団行動、他者とのコミュニケーションは家庭では無理でしょう。
    なのでそれを補う所をお子さんに勧めてみては?
    フリースクールでもそういう子の支援しているNPOでも趣味のサークルでもいい。
    無理はダメだけど揺さぶりばあった方がいい。
    もし発達障害だとしたら環境の変化に弱いので、家にいる事に慣れてしまうと
    外(社会)に出る事に対してハードルがすごく高くなってしまいます。

    >また地獄のような日々が始まります
    吹っ切れたのなら分かると思うのですが
    地獄と受け取るのは、視野が狭かったからだと思いませんか?
    そこまで自分を追い詰めなくてもいいのに、追い詰めてしんどくなったんだろうな。
    ちょっとお子さんの特性もお母様にもあるのかな。
    と、思います。
    お母さんもお子さんも無理をせず
    息抜きをしつつ
    居場所を探してみて下さい。

    ユーザーID:7575145444

  • 最新トピ読みました

    理由を話してくれないお子さんだと、そういった観察力が、大切ですね。。

    同世代の子達に苛つくのは、何か、苛めや意地悪を体験したのかも知れませんね…。
    トピを読んだ感じだと鬱ではないか?とも思います。

    鬱抜けの食事の本も出てる様ですね。

    赤身の牛肉を多めに摂るとか、糖質を少し減らして、タンパク質を多めに摂ると言うのをTVで観た事があります。

    少しずつでも上向きに、ご本人、ご家族の辛さが減って行ってくれます様に。。

    ユーザーID:2620741240

  • わたしも同じです

    いちごさん、お子さんも辛いですね。

    わたしも小学生の娘が昨年7月、学校に行けなくなりました。いじめもなく友達関係も良好で勉強もできる子供でした。
    家では明るく家族を笑わせてくれる娘が、学校となると動かなくなり不登校になり途方に暮れました。
    娘のことでわたしも不安定になり不安障害というかウツというか…本当に辛い毎日でした。朝になると辛くて憂鬱で。
    わたしも食べれなくなり仕事に行けなくなり、娘と一緒に過ごしました。

    ダリアさんのお勧めされた森田直樹先生の著書を読み、実行することにしました。森田先生のコンプリメントトレーニングを続ければ、ほぼ100%近く再登校していくようです。
    うちだけはダメなんじゃないかと絶望と不安に押しつぶされる日もありましたが、続けていくことにしました。うまくいかず、泣いて怒ってきれて(娘も自分も)、死んでしまいたいとまで思いました。
    KIDSカウンセリング寺子屋の所長のひとりごともチェックしてみてください。毎日、再登校の報告が載っています。

    うちは夏休みをはさんで、10月頃から別室登校して担任の先生と会って授業してもらったりして、終わりの会に参加し、少しづつ少しづつ教室に戻りました。その後も順調ではなく、4月5月はまた休みがちになったり色々ありました。担任が換わってまた不安定になり、宿泊学習に行けなかったり。
    現在は体育は参加せず、給食食べられず、ですが、通常の授業は嫌がらず登校するようになっています。
    みんなと違ってもいい、この子なりに成長している。娘の笑顔を守るのが一番。長い人生のなかの一過程に過ぎない、そう思えるようになってきました。それでも、夏休み明けは不安で不安で。

    いちごさんだけではありません。お子さんを信じてあげてください。お子さんのいい部分を伸ばしてあげられるのは、親しかいません。応援しています。一緒にがんばりましょう。

    ユーザーID:8321260043

  • 反対に何故そんなに学校に固執するの?

    こちらのトピックスやレスを読ませて頂いて、凄く不思議なんです。
    何で(その)学校に固執するんですか?
    地獄のような日々、だとか
    死を考えた、とか
    よっぽど今まで平和に生きて来たんだろうな…って感じるのは私だけなんでしょうか?
    そういうセリフは酷いDVを受けているような家庭かな、って思ってました。
    大人だって就職した先が合わないって転職する人が幾らでもいるのに
    幼い子供が合わない事があっても当然じゃないですか?

    今は多様化の時代。
    私の子供と言ってもいいぐらいの世代の親御さんが
    学校行かないぐらいで
    地獄とか死にたいとか
    私の親世代かよっ!って突っ込みたくなります。
    不登校児は14万人を超えている時代に、悲観し過ぎじゃないですか?

    「不登校は不幸じゃない!」って取り組みがあるのですが
    それも不思議だなぁと見ています。
    私にしたら
    「そうですが、それが何か?」って思います。
    当たり前のこと、不幸だなんて考えた事も無かった者には反対に
    「不幸って言いたいんですか?」って不愉快に感じます。

    なので、そこまで親に思い詰められている子供ってしんどいだろうと思います。
    しんどくて学校行けないのに
    家でもしんどい。
    息が詰まる。
    益々行く元気無くなるよね。

    その学校がダメなら転校してもいいじゃない。
    フリースクールだっていいじゃない。
    要は自立する為のスキルを身につければいいんだから
    方法はいくらでもある。
    本人の生き辛さに寄り添って
    本人が出来る事で生きる術を一緒に探せばいい。
    親が視野を広くしてないと子供は明るい見通しを立てれない。

    まずは親が希望を持つ。
    一つの方法に固執しない。
    色んな情報を集めて視野を広げる。
    将来の自立に向けて、今できる事をできる範囲で行う。
    無理はさせないが、ぬるま湯も自立に繋がらない。
    親自身、自分のメンタルケアをちゃんとする。
    息抜きもしてね。

    ユーザーID:7575145444

  • 生きているだけで幸せ…じゃないの?

    言い足りなかったので、追加で…。

    可愛い我が子、生きているだけで幸せじゃないですか?
    生きてさえいれば、色々してあげる事が出来るんですよ。

    私の友人は幼い子を病気で亡くしています。
    彼女の気持ちを考えると
    地獄だとか
    死を考えるとか
    ふざけるな!って怒りが湧きます。

    子供の立場からしても
    自分は母親にそんな苦しみを与える存在なのか?
    生きている価値があるのか?
    辛いと思う。

    私は鬱で死を願う我が子に
    生きていてくれるだけでいい、と願った。

    あなた達は、恵まれている。
    恵まれている分、おかしくなっている。

    親なら
    子供が大切なら
    そんな事で地獄や死を感じてはいけない。
    学校に行かせられない事より
    そんな事を考える事を恥じて欲しい。

    あなた方の可愛い子供は、まだ生きている。
    まだ、あなた方には子供にしてやれる事が沢山ある。
    親も子も、生きていれば出来る事が沢山ある。
    その事に気づいて欲しい。
    今ある幸せに気づいて欲しい。

    本当の幸せを考えてみて。

    ユーザーID:7575145444

  • 何もしない日

    不登校の一言ですまない、その子なりの理由があってひとくくりにはできないから難しいし悩みますよね…
    私も子供が5年生のとある学期を休みました。3ヶ月と休みを経て、次の学期から復帰し、時々崩れながらも通ってます。
    子供は一度も学校に行きたくないとは言いませんでした。行きたい、でもなぜか行けない。どうして?自分はどうなっちゃうの?と、泣く子供と一緒に泣いたり励ましたり嘆いたり責めたり…けして良い親ではなかったです。

    かかりつけの児童精神科からは、何もしないで好きな事して休んで。といわれ半信半疑でしたが、学校もその学期の間は完全に休む、勉強も宿題もしない、ゲームも休憩をはさみ大目にみる。郊外に遊びにいく。誰も不登校については責めない。

    でも食事、就寝、起床などはきっちり決め徹底しました。祖父母など周りの協力も必須です(責めない、話題にしない等)
    本人との約束で、完全に休むのは今学期だけ。次の学期からはたとえ学校にいかなくとも、学習は再開すると。
    その間、私は副校長らと連絡取り続けました。復帰に向けてどうクラスで迎えられるかを何度も話し合いました。

    まずは…先が見えなくて不安な気持ちはとてもわかりますが、一旦休養してみませんか?怠けとそうでないのを見極めるのは難しいですが、完全に休んでみませんか?親子で平日遊びにいくのだっていいんです。未就学児だった下の子もその日は休ませて、知り合いのいない遠い公園にも行きました。

    うちは休ませた事で結果早めに復帰できたように感じます。復帰する時に緊張しますが、温かく受け入れてくれたクラスの子たちに救われました。そのための下準備のために、親と学校とのやりとりは必須なので、そこは頑張ってください。応援してます。でもけしてご無理はなさらぬようにね。

    不安な気持ちで不安定になるのは皆一緒です。ただ、子を愛してると伝えてあげてください。

    ユーザーID:1304604479

レス求!トピ一覧