• ホーム
  • 働く
  • 共働き(どうやって正社員を続けてるのでしょうか?)

共働き(どうやって正社員を続けてるのでしょうか?)

レス29
(トピ主4
お気に入り32

キャリア・職場

たんたん

結婚して2年以上経ち、
新卒から働いていた都内の会社を辞めました。
片道1時間40分もかかるのがネックで、
子どもが欲しいため、
妊娠中はもちろん産んでも
お互いの両親が遠くて子どもが熱出しても
代わりに見てくれる人はいないし、
住んでるところは田舎のため
24時間の保育所もないので、
いろいろ考えた末、辞めることに。

家から比較的近くで
正社員で事務職応募したところ
↑のことをいろいろと指摘され
この先子どもが出来たら、
会社もわたしも困ることに
なるだろうと断られました。

せめて親が近くに住んでればと思いますが
私の母親は祖母に私を小さい頃預けて
正社員で働いていましたが関係が悪化し、
突然祖母が出ていってしまったために、
私の預け先に困り職場にも迷惑をかけ、
辞めざるを得なくなりました。
父は仕事が忙しくほぼ家にいなかったため
母は今でいうワンオペでした。
うちの旦那も昔気質の会社で
育児休暇なんてとる人もいません。

私の母は専門職でしたが
祖母が出ていってから
私たちが小さいうちはやはり
フルでは難しかったようでパートでした。
共働きで子どもがいる人たちは
どうやって正社員を
続けてるのでしょうか?

私は退職したことで周りから
せっかく待遇のいい会社にいたのに
辞めるなんてもったいない!と言われ…

私は前職を辞めるにしても
人手が足りない会社だったので
半年も前から辞めることは伝えて
後任を探してもらって
引き継ぎ2ヶ月きっちりやりましたが
一応総合職としての仕事だったのもあり
それでも足りないなと感じるレベルでした。
もし既に子どもがいる時だったらと思うと
ぞっとします…

正社員てそれだけ責任のある仕事ですし
それを子どもがいながらにして
皆さんどうやってやりくりしてるのか、
参考までにご意見いただければと思います。

ユーザーID:3267403815

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
  • もう後の祭りですが…

    小学生を育てながら正社員やってます。

    自分が経験して思うのは、やはり独身時代の成果が重要だと思ってます。
    独身時代にどれだけの事をやれたのか?で、出産後も仕事の幅が広がるし、私の成果を知っている人もたくさんいます。
    ある程度は事情も理解してもらえるし、会社も大きかったため復帰1〜2年は本当に楽な部署に異動させてもらい、徐々にステップアップして仕事の幅を広げました。

    会社も福利厚生が整っていたので、何より「会社に近い所に住む」事を重視し、延長保育ギリギリまで仕事をしたり。
    保育園激戦区でしたが、延長保育のある保育園のみにターゲットを絞ったため、認可保育園に入れたのは3歳の時でした。

    夫は飲食業なので、子供のために早退したり休む事は出来ないので、全て私がカバーしましたが、最初の1〜2年さえすぎてしまえば、そうそう子供が理由で早退する事も減り、お休みする回数も周りの独身の社員の方と変わらない程度になりました。
    (もともと有給が取りやすく、裁量労働制の会社である事も大きいです)

    今は5年生になり、私の帰宅が遅くても子供が一人で待っていられる年齢になりました。
    子供理由で休むのは、今年はPTAの役員をやっているので、その時くらいです。

    妊娠前に大事なのは、福利厚生が整っていて、復帰支援に力を入れている会社で成果を出してから出産する事だと思います。

    ユーザーID:1998268502

  • 親の協力?

    親の協力の前に
    夫の意識のほうが大事じゃないですか?

    夫が
    家事も育児も女の仕事
    という男なら、仕事を辞めるしかないでしょう

    とぴ主の意識が
    夫に育児をさせてはいけない
    家庭ことは妻がするもの
    というのがあるから
    簡単に仕事を辞められたのではないですか?

    夫の育児への意識がきちんとあれば
    親の協力なんていらないんです

    子供は親が育てるものです

    ユーザーID:5985536743

  • 親近居、自分も旦那も休める、資金力がある、が条件

    >皆さんどうやってやりくりしてるのか
    親が頼れる
    自分と旦那が休める
    病児シッターが雇える
    などの条件が必須だと思います。圧倒的に多いのは、親頼みだと思います。その次に多いのが、職場に不満を持たれながらも自分が休める、という人です。大手にお勤めの恵まれたご夫婦なら、旦那様も休めるし、病児シッターサービス提供エリア内の都市部に配属になることも多く、しかも高額のシッター代も支払えます。

    これらの条件のどれかがないと今でも事実上共働きは無理で、だからこそ、専業主婦家庭がまだまだ多いのだと思います。この家庭の多くは、子供の手が離れた頃から10時-14時あたりのパートに出られていますよね。それが限界でしょう。

    >辞めるなんてもったいない!と言われ…
    単に、待遇の良さだけを取り上げて「勿体無い」といっているだけで、トピ主様の事情を総合的に判断したわけではありません。

    例えば、親だのみの人ですら「親が近居でなくてもなんとかなる」と考える人は一定数います。病気の時など、たまにしか親を頼らない方だと、「いなければいないでなんとかなる」と、なんとかならないことも自分に都合よく考えてしまうからです。また、共働きの当事者でない方の場合、そもそも病児保育事情がわからない人は多く、頻繁に休む姿を見て権利の濫用という発想をする人もいるようです。

    このように、周囲の認識は当事者に比べると圧倒的に低いので、その意見の信頼性はかなり低いと考えるのが妥当でしょう。

    今でも、病児保育は共働き最大のリスクのひとつで、冒頭のどれかがないと正社員は難しいと思います。

    ユーザーID:3413072210

  • レスありがとうございます。

    初めての投稿のためレスいただいたかたへのお返事がこれで大丈夫か不安ですが、レスさせていただきます。

    まずはレスありがとうございます。
    やはり、元々居た会社を辞めないことって
    大事ですよね。
    私も距離さえもっと近ければと
    思っていましたが、
    そもそも旦那の会社も遠くて、
    自宅からも車で1時間弱はかかるため、
    私は都内、旦那は田舎へ
    お互い朝逆方向に向かって
    出勤する状態で…
    今住んでるところがお互い通える
    ギリギリの範囲で…
    旦那のほうが大手だし給料もよく
    比較的ホワイト企業なので、
    今の会社でずっと働きたい
    ということでしたので
    私が諦めるしかないなと判断し、
    辞めることにしました。

    どう考えても1時間40分の道のりを
    乗り越えられる自信がなく…
    やっぱり結婚相手の仕事にも
    よるのですかね。

    新たに正社員を探したくても、
    今からだと本文にもある通り
    辞めちゃうことを懸念されて
    なかなか採用に至りません。

    後の祭り、まさにこのことですよね…

    ユーザーID:3267403815

  • 子どもの頃からの積み上げなんですけどね

    一生懸命、勉強をして、いい大学に入って、女性だからと差別されることのない良い企業に入って、でも忙しすぎる業界だということが入ってみてよくわかったので、もっと育児と両立しやすい業界に転職して、結婚相手は転勤無しで勤務先が真逆ではなく、家事や育児に協力的な人を選び、職場から30分以内の場所を選んで住み、産休育休を取って復帰して、正社員でワーキングマザーしてますよ。
    双方の両親は遠方で頼れませんが、夫と保育園と協力して両立しています。

    さらっと書いてますが、両立できるような環境を手に入れるために小さいころから考えたり、努力したりしてきたんです。いきなり手に入るわけじゃありません。

    ユーザーID:4428256106

  • 都内なら両立しやすい

    次が決まってないのに辞めちゃったんですか?
    都内なら病児保育も結構あるし、保育園・学童も遅くまで預かってくれますしね。実家義実家遠方でも頑張っている人も多いですよ。

    ユーザーID:1610361054

  • ありがとうございます。

    ↑は最初の方のレスしか掲載がないときの
    レスをしてしまいました。

    改めて他の3人の方もレスありがとうございます。

    親を頼らなくてもやっていけてる人が私の周りにおらず、
    結局は親だのみになるのかなと思っています。

    うちの旦那はできる限り家事もとても協力してくれるし
    子どもが出来たら子育てやりたいと言ってはくれます…でも、
    お仕事がインフラ関係で
    男社会で早出残業休出が当たり前で毎月残業は60時間あり、
    出張もあるため、難しいです。
    旦那も早く帰りたいといつも言ってくれるのですが、
    工事の立ち会いや打ち合わせなど相手の都合に合わせたり
    発表なども多いため資料作りなども時間がかかって人手不足がゆえに
    なかなか帰って来れないんです。

    旦那の先輩たちは旦那以上に仕事してるし、
    家に持ち帰ってまでやってるそうです。
    子どもが産まれたばかりでも
    家を建てたばかりでも転勤はあるし海外への長期出張もあります。

    そんな仕事仕事の日々なのでストレスも強く、
    辛そうな時が多いので、支えてあげたい気持ちもあります。

    旦那の会社の体制は、女性社員には優しくできてるようです。
    企業内保育をやってるし…
    (もちろん女性社員優先)
    でも女性に優しいぶん、男性社員はめいいっぱい身をこにして働いてます。
    旦那の部署は5人中2人もうつ病で異動しましたし。

    新興企業勤めの人の方が子育ての待遇はいいのかもしれません。

    今の世の中、企業の体質含め、
    やっぱりまだまだ共働きには優しくないですよね…

    ユーザーID:3267403815

  • 公務員は共働きしやすいです

    私の姪は、旦那さんと同じ会社で出会ったんですが、男性は全国転勤のある一流企業だったので、旦那さんが辞めて、公務員試験を受け直して、ある市役所に勤めました。旦那さんの方が年下だったんですね、

    私の娘は地方ですが、市役所勤務で、今二人目の育休中です。職場の先輩には4人の子持ちがいます。一番上のお子さんは旧帝大の学生です。

    娘のお姑さんも公務員(教員)です。50代まで共働きしたら、資産が違いますよ。羨ましいです。

    ユーザーID:6438151340

  • メリットだけを見ずにデメリットも考える

    2019年8月20日 14:11のトピレスを読んで気になったので追加レスします。

    >でも女性に優しいぶん、男性社員はめいいっぱい身をこにして働いてます。
    基本的に優遇には対価がつきものです。
    おそらく、旦那様の職場では、女性が出世コースに乗れる可能性は極めて低いでしょう。それと引き換えに、比較的楽な環境が与えられる、と考えるのが自然です。育児しながら務めるには良いですが、そのコースはすでに男性のそれとは別になっていると思われます。だからこそ、男性が利用できないのだと思います。極端な話、女性と同じコースで良いと旦那様が思えば、そのコースは利用できると思います。ですが、それを旦那様もトピ主様も良しとはしないでしょう。

    >新興企業勤めの人の方が子育ての待遇はいいのかもしれません。
    子育ての待遇だけを見れば良いのでしょうが、その裏には相応の対価があります。

    メリットだけを見ずにデメリットも考える癖をつけられた方が良いでしょう。
    良い待遇には待遇に応じた対価が求められます。企業待遇とは、奉仕活動ではないからです。高い能力によってペイするか、それがなければ出世放棄などの機会放棄によってペイするか、方法は多岐にわたるでしょう。
    そのような視点をお持ちになれば、冒頭の引用コメントのような発想で本来抱かなくても良い不満を抱くこともなく、心穏やかに過ごせるでしょう。

    ユーザーID:3413072210

  • ダンナの条件

    意識としては匿名さんやはハコさんの言うとおり。
    共働きには、基本的に夫の意識と実際の貢献度が必須。
    共働きを続けたかったら、そういうダンナを選ぶところから始まります。
    どんな男社会の会社であっても、男性が割り切ってワーキングマザーのように働けば、共働きは成り立ちます。そういう心意気というか諦めを持ったダンナでないと無理なんです。

    >そもそも旦那の会社も遠くて、自宅からも車で1時間弱はかかるため、
    >私は都内、旦那は田舎へお互い朝逆方向に向かって出勤する状態で…
    >私が諦めるしかないなと判断し、辞めることにしました。

    うちもほぼ同じような状況で、若干私の勤務地に近いところに住んでますが(夫:電車で1時間半、車で1時間強。私:電車で1時間半)、残業さえしなければお互い保育園のお迎えはギリギリ間に合いますから。

    私が諦めたものはダンナの出世と収入。でも、私の収入を合わせれば、昭和のオヤジたちより世帯収入はいいし、老後もお互いの年金・貯金があるのでちょっとは安心です。夫の仕事満足度は低いかもしれないですが…。

    非情ではあっても、ダンナの健康や職場環境を気遣って辞めてしまった時点で、トピ主さんは甘いです。それでも働きたいなら、大黒柱の収入を補うパートを選ぶのが最良です。でも、トピ主さんのダンナさんはその方が幸せかもしれないので、そこをトピ主さんが納得できるか否かの問題でしょう。

    ユーザーID:7487252626

  • 周りがやってるようにやってます

    夫が、通勤1時間、年に数回の海外出張、月の半分は国内出張
    妻が、通勤1時間半、週の半分は営業エリア内での出張
    双方の両親、近県在住
    です。

    どうやっているか。
    ・自分が不在の時も、仕事がスムーズに行くよう、常々調整に気を配る(いわゆる情報共有)
    ・夫婦共に、在宅勤務環境あり
    ・病児保育、シッター、家事代行等、お金で解決できる手段は一通り利用
    ・あらかじめ見込まれている両親不在時は、県外の親に泊まり込みで協力依頼
    これらを組み合わせてます。

    例えば、日中保育園から急なお迎え依頼が来たら、
    保育園に近い順で、お迎えに行ける人が行く。
    通常は、夫、妻、夫親、妻親の順ですが、夫婦の出張の状況により変わります。
    お迎えまでには最短で1時間、最大で3時間を要しますが、
    保育園には事情を説明してあるので、ちょっと具合が…という段階で早めに連絡もらえたりします。
    今のところ、連絡から3時間後にお迎えに行って、トラブルになったことはないです。

    保育園休ませる時も同じで、その時見れる人が対応する。
    どうしてもダメな時は、病児シッターさんか、病院併設の病児保育へ。
    発熱で、子供がほぼ寝たきりのような時は、在宅勤務に切り替えて、
    子供の様子見ながら仕事させてもらったりも、してます。

    あと、夫婦共にフレックスなので、お互いの出張時は時間を融通しあって、
    保育園の送迎をこなしてます。延長保育もフル活用。

    夫婦共に、社内には同じような人多いので、
    フォローし合う空気や、体制が充実してるとは思います。
    子供が同じ保育園の同僚間で、残業する日のお迎え&夕飯お願いしあいっこをしてるのを、聞いたことがあります。(男性社員同士)
    私もそういうママ友欲しいですが、まだいません。

    なので、平たく言えば、みんなやってるから…ってかんじです。
    あ、親の介護しながらって人も、最近増えてます。

    ユーザーID:6874222336

  • 夫と協力してやっています

    実家、義実家とも遠方で夫の転職のためお互い全く知らない土地で働いています。
    なので知人も少ないです。そんな中で二人で正社員です。
    子供が保育園に行けないときは病児保育を使って、インフルなどのときは夫と1日おきに休みます。おまけに子に持病があり隔月で血液検査なのでこれも交代です。
    私が残業なしなので保育園送迎は私の担当で、夫が土日休みなのでたまに私が土曜出勤があっても出勤できています。子がだいぶ丈夫になり休まなくなってきたのでほっとしています。
    私は地方都市なので保育園をみていると祖父母の送迎が多いのでがっつり正社員は祖父母に頼っている人が多いんだなという印象です。
    私は頼る人がいないのでさんざん保育園からの呼び出しが多かったときこれは無理!と子供は一人だけになりました。私の年齢もあるのですが・・。
    正直、もう一人欲しかったら退職しかなかったと思います。
    子供が低年齢のときは大変ですが年中くらいになると丈夫になるので子供の体調がらみの休みがぐっと減りました。
    都内だったら夫婦2人でやっている人がたくさんいそうですねえ。

    ユーザーID:0439912303

  • 私の場合です

    転勤族の妻で、結婚してから今の会社に入りました。

    今の会社に入ってから2人産んでいます。

    実家は遠方で頼れず、義理実家は2時間くらいの場所です。
    が、転勤して実家、義理実家ともに遠くになりました。
    仕事はそのまま続けています。


    私の場合ですが
    まず子育てに理解のある会社と言う視点で就職活動をし、今の会社に入っています。
    働く母親の多い会社です。
    また在宅勤務も可能です(よって転勤族でも務まる)。

    育休明けの1年が休みが多かったです。
    子が発熱すると、1日目は自分が休みます。
    2日目以降は夫が休めそうなら休んでもらい、夫婦が無理なら義母に頼み、義母もダメなら病後児保育に預けました。

    やれる範囲ですべてやる感じです。
    こういう姿勢だと会社も理解が得やすいです。


    他の方も書かれていますが、夫がどんな職種であれ、協力する姿勢を持ってもらいます。
    実際、夫は転勤族ということもあり共働き率が低い会社で、子の病気で休むことに抵抗がある人でした。
    が、休んでもらっていました。
    夫の会社の人も、彼はそういう人、と捉えてもらえるようになりました。
    (夫の出世に響いたとしても、共働きでいる方が世帯としてはプラスです)

    旦那さんとの協力は不可欠だと思います。
    また、子育てに理解がある会社は探せば必ずあります。
    ※ただしお給料は安いです。
    でも自分が何を一番にするか、を考えたら諦めつきました。

    ユーザーID:5451507390

  • 働き続けることを優先に、お金で解決

    私の子ども達は既に大学生で、今とは時代は違いますが、私や周囲の人の様子を書きます。

    私がいた職場は、都心から少し離れていて、新入社員の大半が独身寮に入るような環境でした。そのため、親が近くにいない人がほとんどです。女性は少なかったですが、出産で辞めた人はほとんどいなかったと思います。

    私の場合は。保育園と職場と自宅が車で15分以内、20時まで預かってもらえたので恵まれていました。病気の時はベビーシッタ、出張や残業は夫と調整です。同じ職場の人は、保育園とベビーシッタの2重保育をしていた人も多かったです。国内出張が多かった一人は、出張の時は子どもと出張先に行き、そこの託児所に預けていました。夫婦で海外出張がぶつかった人は、一人が子どもと海外に行き、ホテルのベビーシッタに預けたというのも、聞いたことがあります。

    ただ、子どもが小さい時はお金で解決できることが多いのですが、大きくなると子どもの意思が強くなるので、難しいことが多いです。学校を休ませ出張先に連れていく訳にはいかないし、子どもが習い事などを始めれば、自由が利かなくなる日も増えます。そのへんは、子どもと話し合いながら工夫する必要があります。家政婦さんを雇った家庭も知っています。

    今ではできないこともあると思います。以前は、公的な病児保育はほとんどありませんでしたが、軽症なら病児の預かりOKのベビーシッタ会社は結構ありました(今は、少ないと思います)。

    ご主人の協力があればいいですが、なくてもどうにかなります。うちも、子どもが小さい時、数年間夫は単身赴任でした。

    一番大変なのは、我が家の場合は子どもの病気です。最初の年の冬の半分はベビーシッタに預けていましたし、一人が半年以上入院した時は、大変すぎて記憶が飛んでいます。うちの地元の病院は、乳児、幼児でも付き添う必要がなかったので助かりましたが。

    ユーザーID:2139875109

  • 大きく3つ

    3人子供がいて、末っ子(小学生)は障害があります。
    病院通いも多いので、休みは多いです。
    夫と分担して、なんとかやってますが、
    まあ、大変は大変です。

    共働きが継続できた理由は大きく三つ。
    1 子供がいても働きやすい職場であること。
      妊娠・出産で辞めない人が主流です。
    2 夫婦の両実家が近い。
      子供が小さい頃、病気をしたときには助けてもらいました。
      夫婦で対応するのが原則ですが、難しい時に頼れる人がいるのと
      いないのとでは全然違う。
    3 夫の協力
      うちの夫は同じ会社ですが、激務です。
      役職付きです。
      けれど、必要な時には休んでくれます。
      末っ子が生まれて、通院や療育などで休むことが多いのですが、 
      かなり休んで行ってくれます。助かってます。

    上記はどれも必須で、どれが欠けてもだめだというのが実感。
    もし、欠けた場合はお金で解決するしかないですが、
    それも現実難しい場合もあるなと感じます。


     

    ユーザーID:6172236154

  • 続ける覚悟

    両親も義両親も飛行機の距離です。
    子供は2人、中学生と小学生です。
    海外出張あり。
    夫は家族より仕事優先。どうしようもない時だけは融通をきかせてくれますが。

    私が正社員で働き続けてこられたのはひとえに在宅勤務制度のおかげです。
    高齢出産でしたが、2人とも丈夫で、保育園、学校を休むことは滅多にありません。
    調子が悪そうな時は夜は早く寝かせる、週末はゆっくりやすませる、などの対策は取りましたが。
    保育園、学校に行けないほど具合が悪い時は休ませ、私は在宅勤務しました。

    在宅勤務できない友人は、高熱がある子供に解熱剤を飲ませ週末まで登園、登校させてましたが。

    なので、正社員を続けられるのは、できない理由を探すのではなく仕事を続ける決意と、困難な時にでも時には子供に非情になってでもその決意を貫くことだと思います。
    人生においては、二兎を追えないこともあるのです。与えられた環境で正社員でいられるようベストを尽くし続けるしかないのでは?

    ユーザーID:8695414417

  • ありがとうございます!

    レスを読んでいて、とてつもなく、
    共働きの綱渡り暮らしな感じが
    よくわかりました。
    そんなに覚悟しないと
    今の日本は共働きができないって
    ことですよね…

    皆さん私の知りたかったこと
    たくさんレスで教えてくださって
    ありがとうございます!

    私の周りには正社員共働きの友達がいなくて、
    旦那のお姉さんは、
    お義母さんが一緒に住んでるので
    病気の時はおまかせしてるようで、
    (しかも義母さんは仕事してない)
    私の場合現実的に続けられるのか、
    わかりませんでした。
    というのもこないだ面接受けた会社、
    福利厚生や休みもしっかりあるいい会社で
    よく知ってる会社だったのですが、
    親が近くにいないことを懸念され、
    少人数でやってるから代わりが
    いないと説明を受け不安になった次第です。

    いろいろとありがとうございます。
    私も検討してみます!

    ユーザーID:3267403815

  • ちゃんと統計を見ましょう笑

    今の若い世代は共働きが主体で、専業主婦(夫)家庭はマイノリティですよ。

    国が公表してる世帯推移でもいいので統計をしっかり見ましょう笑。

    専業主婦は2億円損するという言葉も、割とちゃんとした統計から導き出されているしそれなりに正しい数字です。

    また専業主婦家庭は裕福というのは誤りで、専業主婦家庭は世帯年収が平均的には低いです。

    なので世帯で考えると裕福ではありません。

    統計に目を向け、これからの世の中を考えられるようになりましょうね。

    ユーザーID:6520284259

  • どうやって、と言われれば

    >どうやって正社員を続けてるのでしょうか?

    と言われたら、
    「頑張って続けてる」としか言いようがありません。
    みんな、工夫して頑張っているんです。
    それを

    >共働きの綱渡り暮らしな感じがよくわかりました。

    と言われてもねぇ。
    そんな危なっかしいと見られるようなことをしているつもりは無いんですが。

    うちは、世帯収入の70%が私の収入なんで、
    私が専業主婦になるという選択肢はありませんでした。
    共働きしか選択肢が無い人は、
    いろいろ考え、頑張ってやっているんです。
    共働きでなくてもやっていけるなら、
    それはそれで、無理に共働きをしなくても良いのでは。

    ユーザーID:1016272907

  • 統計では非正規が圧倒的に多数派

    勘違いレスがありますね。

    共働きは多いですが、子供がいる家庭の女性は非正規が圧倒的に多いです。
    正社員は少数派です。



    とても不思議に思ったのですが、
    結婚相手を選ぶ際に旦那さんの勤め先まで考えて選んだのですか?
    勤務地の方向まで?
    確かに相手の「意識」なら変えることは可能ですけど、そもそも相手の勤め先の場所や福利厚生まで結婚前から選ぶ発想に驚きました。
    私は恋愛結婚です。好きになって結婚したいと思って結婚しましたが、旦那が激務転勤ありでした。
    こんな場合は皆さん、その人とはお別れするってことですか?
    そんな訳ないですよね。
    結婚ってそんな条件だけで出来ませんよ。
    だから共働きって言っても、多くの母親が非正規にならざるを得ない。

    結局、正社員共働きが出来てるのは「運」がいいと思います。子供が健康だとか、環境が「変わらない」とか。
    入社した会社がそのままの条件で存在しているってもの、運です。

    もちろん努力もあるでしょう。
    それは否定しません。
    でも正社員を続けられるのは、周囲のお陰でもあります。

    ユーザーID:1399531710

  • レスします。

    もと夫は 家事に育児は 何ひとつしてくれませんでしたので…。親もあてにはしていなかったので 親にも預けたことはありませんね。熱を出す小さいうちは パートにして 三歳前後で正職になりました。当然 託児所があるところを探して パートから勤めて 24年目です。片道 1時間40分 保育園からの呼び出しがあったら大変ですね。今のうちに 資格をとり 近場で働く 家で出来るようにする。旦那様の仕事先 方面に目を向けてみる。自分の家から何キロまでなら通えるかも考えてみてください。前向きにね。

    ユーザーID:3605247393

  • 私が統計結果を使うなら>おおば さん

    >統計をしっかり見ましょう笑。
    共働き家庭と専業家庭の推移グラフはよく見ますが、正社員妻のいる家庭と、非正規やパート家庭、完全無職専業家庭とを年齢別に分離した統計って、そんなにパッと見つかりませんよね。。あまり無理は言わないほうがいいと思います。

    労働力調査をざっと見た範囲では、女性正社員は全雇用女性の中でも5割切っていましたから、まだ正社員雇用は壁があると思うよ、というアドバイスが良いところだと思います。

    ユーザーID:3502881414

  • 考えるのが遅い。

    会社を辞める前に考えておくべきことですね。

    その分選択肢が狭まってしまってます。
    いろいろ計画性がないと思うのですが、今となっては仕方ないですね。

    夫と2人でよく話をしましょう。

    ユーザーID:0969709757

  • レスありがとうございます

    その後も皆さんレスありがとうございます。

    正社員で働く既婚女性のほうが
    多い、とレスいただいた件ですが…
    私はついこないだ手に職をとおもい、
    ある国家資格に合格したのですがその勉強の
    際に知った厚生労働省の統計では
    女性の雇用形態で正社員は
    50%以下のはずなことと、
    現状も年齢毎の女性の就業率は
    M字型で子育て世代の女性の
    就業率はやはり、低いようです。

    今はいずれは
    在宅勤務などができる仕事があればと
    思っていますが、なかなか難しいですね…
    辞める前からもちろん、
    彼と結婚したいと思った時から
    ずっと悩んできたことです。

    だけど、激務で真面目に取り組みすぎて
    メンタルよわよわな彼を支えたいし、
    何かまず行動したいとおもい、
    思い切って仕事を辞めたんです。

    あと葉子さんのレス、
    とても共感しました^^
    私も恋愛結婚だったので、
    旦那さんを条件では選びませんでした。
    友達にも、たんたんは都会の人と
    結婚するんだと思ってた!といわれ、
    (私が都内で働いてたから)
    まさかの田舎で真面目に働く
    純朴な彼との結婚を
    かなり意外に思われました。
    結婚についてはまったく後悔してないので、
    今手にしている条件でなんとか
    考えなきゃと思っています。

    日本全体で共働きを推してるというか
    働き方改革とかも進めようとはしてるけど
    結局皆さんのレスを見ても
    自分の現状をみても、
    やっぱり私には難しそうだなというのが、
    よくわかりました。
    私は多分、不器用なので、
    なんとかやってらっしゃる方々みたいに、
    なんとかできる自信がないので…

    今の気持ちとしては、パートで
    やっていくしかないかなと思ってます…
    いろいろ教えてくださって
    ありがとうございます。

    ユーザーID:3267403815

  • 選択した人生を前向きに歩むことをお勧めします。

    >旦那さんを条件では選びませんでした。
    皆さん、正社員共働きには条件が整わないと無理、と言っていますが、旦那様をその条件で選べとは言っていませんよね。葉子さんも、子供が健康、環境が変わらない、夫の転勤がないこと、の条件を加えたにすぎません。だから、その条件に合う夫婦は限られ、結果、非正規が多い、というロジックです。

    愛があるから非正規を甘受する、愛がないから正規が実現できる、では無いのですが、そういうロジックにしたがっていると読める文章です。それは、ご自身の選択が後ろ向きだからかなと思います。

    トピ主様、「旦那さんを支えたくて辞めた」と能動的に思ってますか。「支えざるを得ないから仕方なく辞めた」と考えているように読めます。正社員でないことを肯定的に取れず、自己正当化に走っていると読めます。だから、辞めることを旦那様への愛情で正当化しないとご自身が揺らいでしまうのでは?

    もう少し、専業やパート主婦の選択を前向きに捉えて活用しましょう。パートでやっていくしかない、ではなく、パートという働き方を活用していきましょう。

    正社員共働きの人生にはメリットもデメリットも沢山あります。非正規や専業主婦の人生もまた然り、です。各々の立場におけるメリットとデメリットとを見据えれば、ご自身の立場の正当化作業など必要なくなるほどに、各々のメリットはメリットとして価値あるものだと思います。立場を選択できる環境の中で今の立場を自ら選択されているのですから、その選択した人生を前向きに歩むことをお勧めします。

    ユーザーID:3413072210

  • 働きやすくなっていると思うけどな

    実家・義実家ともに頼れないアラフォー二児の母です。
    子供が小さい間は時短の派遣社員でゆるく働いていました。旦那も頼れずほぼワンオペだったけど、乳児持ちとわかって採用してもらったので子供のことで休んでもあれこれ言われなかったですね。
    とはいえ、休んでばかりもいられなかったので自宅近くの病児保育にかなりお世話になりました。

    下の子が2歳の時に紹介予定派遣で転職し、そのまま時短正社員(総合職)になりました。
    ワーママが多い会社で、在宅勤務やフレックスなどとにかく制度が整っている!ずっと子供がいるから融通がきくと思って派遣を選択していた私には目から鱗でした。総合職とか、営業成績トップとか時短でもきちんと結果を出しているママさんが多かったから。
    子供が熱を出してもフレックスで通院し、帰宅後子供は寝かしておいて在宅勤務…とかです。(子供は熱があっても元気なことも多いので)
    ここ10年くらいで随分働きやすくなったと思います。

    独身の時のように徹夜や残業はできないので、意識は変えなくてはいけませんが、自分に合った職場や働き方を模索すれば結構なんとかなりますよ。
    最近はミールキットやら家事代行などもありますし。

    ユーザーID:1877502571

  • 私は

    育休制度ある会社の正社員になる。
    保育園に入れる地域に住む。

    まずこれは親の近くに住む以上に大切です。

    育児を親に頼るのは、災害級の危険があった緊急時だけ。
    最初から親を全面的にあてにすると、親の体調不良や関係悪化で頼れなくなった時困りますから。
    それに今はファミサポや民間などで、どうしてもという時に迎えを頼める団体があります。

    子供は二人とも1歳から保育園。
    時短勤務はせず、8時間労働です。
    幸い旦那私の職場共に子供の急な病気で休みや早退が認められるので、お言葉に甘えてます。
    今は上の子小学生、学童で18時まで預かり。
    4年生以降の学童もある地域なので、助かってます。

    ご参考まで。

    ユーザーID:6623199798

  • レス

    >統計では女性の雇用形態で正社員は50%以下のはずなことと、現状も年齢毎の女性の就業率はM字型で子育て世代の女性の就業率はやはり、低いようです。

    過半数を超えてなけりゃ自分も正社員で子育ては出来ない、という宣言ですか?
    正社員でどうやって子育てやってるのか聞いていながら、統計では…とか、周りにいないから…とか言い訳ばかり。
    パートでの子育ての仕方を考えたらいいのではないですか?
    そもそも、そのような後ろ向きな考えの人を正社員で雇う会社は、トピ主の考え通り、まずないし、最初からパートで探したらどうですか?

    ユーザーID:8810703283

  • パートにはパートの良さがありますよ

    上の子が1才の頃からパートなのでパート歴10年です。

    昔は子供産まれても正社員で働く友人達が羨ましくて、なんとか正社員に転職できないものか?と色々悩んでみたりもしましたが、残業できない。子供の病時にどうするか?という点で打開策がなく、結局パートのまま10年経ちました。
    今は子供達も病気しなくなったので、フルタイムで働くパートです。

    下の子が小2になったら正社員になりたいと、色々考えてはいます。
    こればかりは運もあるのでダメなら一生パートでも仕方ない。でももし運良く、チャンスが巡ってきた時、きっちり掴めるように、最善は尽くしておきたいので、実績とか資格とか今できることはやっておこうと思ってます。
    仕事に対する報酬は仕事。
    私は最低賃金のパートですが、たまに「それパートにさせちゃう?」という仕事がひょっこり舞い込むことがあります。それをきっちり仕上げると、次もそういう仕事を振ってもらえます。
    最低賃金なのに、会社に都合よく使われてるな。とは思いますが、将来、正社員で転職活動するなら、職務経歴書に書ける実績は多ければ多い方がいいので。

    主さんのレスを拝見して、正社員を辞めざるを得なかった悔しさが伝わってきました。
    私もそう思ってた時期があるので、よくわかります。でもね、パートも悪くないですよ。
    失うものがないから、とにかく身軽です。
    例えば…もし、上の子が不登校になったら、アレコレ手は尽くしますが、仕事を辞めた方がいいと確信すればスパッと辞めれます。正社員のように、引き継ぎがどうの、今辞めたら次正社員で就職が難しいだの、そういうしがらみがないので身軽です。

    「夫のために正社員を辞めた」あの決断が正しかったと20年後に笑って言えるように、今できることをコツコツと頑張っています。トピ主さんも頑張ってください。応援してます。

    ユーザーID:7625412929

レス求!トピ一覧