女性の皆さまが28歳の頃

レス99
お気に入り98
トピ主のみ2

女の人生分岐点

学ぶ

このトピのレス

レス数99

レスする
  • 必死に勉強していました。

    海外の国立の短大へ留学してました。学生しながらインターンとして働きながら、また友人とも充実した毎日を送りながら、卒業目指して勉強していました。
    おかげで自分の望む方に道が開け、素敵な現夫に出会って、現在40代幸せな毎日を送っています。

    ユーザーID:5001558194

  • アフリカ

    27歳で、編集の職を辞めて協力隊に参加し、28は、アフリカに滞在中でした。最初の外国で、しんどかった。今は、60です。

    ユーザーID:7746604095

  • そんなの…

    28歳だから考えるとか関係あるのかな。
    人生は死ぬまで続くもの。
    その時まで何が正解で何が失敗だったかなんて分からないと思います。

    私は28歳の時まで一切交際経験がなく、仕事に一生懸命でした。
    その仕事も契約社員でしたが、仕事内容も私に合っていて楽しかったです。
    友達もたくさんいましたが、月に1度その友人の誰かと会うくらいで、
    それ以外の週末は根て、テレビを観て、ダラダラして。

    49歳の今とても幸せなので、28歳の時はあれで良かったんだと思います。
    下手に誰かと付き合って、その相手がひどい男だったら
    それで人生がボロボロになっていたかもしれないし。

    申し訳ないけど、28歳の時に幸せだったり、
    28歳の時の決断で幸せになる人もいるけど、その先不幸になる人もいます。
    今ここで「当時こうしたからよかった、悪かった」というアドバイスをくれても
    その人にとって本当に良かった、悪かったかはまだ分からないのでは。

    一番大切なのは、自分の言動に覚悟と責任を持つことです。
    それがあれば年齢は関係ありません。

    ユーザーID:2147730938

  • 自分語りしちゃっていいトピですか?

    28歳、いくつかのお見合いをしていました。
    まあまあ見栄えのいい会社のOLだったのでそれなりな方の紹介も多く
    流されるまましてました。結婚願望も大してなかったのに。

    結局ご縁はなく、その翌年私は地方から上京しました。
    かっこいい言い方をすればヘッドハンティングのようなもので。
    いい時代でした。給与も上がり、洗練されたオフィス。
    今までとは別世界の都心で念願のハイセンスな暮らし。
    地方出身者的には相当浮かれる状況でした。

    そして「仕事、勉強、趣味」はじゅうぶんやった。
    いい恋愛もいくつかは経験できた。
    東京暮らしに新鮮味がなくなってきてからですね、
    35を過ぎてからようやく結婚願望が。

    私のいる業界は男性がチャラチャラしていたり
    多忙ゆえ家庭をあまり顧みない方が多かった(不倫も)ので、
    出会いは外に求めました。
    今ある言葉で言えば婚活です。37で理系男子と結婚して今に至ります。

    >当時こうしてたから良かった、悪かった。

    悪かったことはあまり思いつきません。
    当時お見合いしていたのもよかったと思います。
    自分の結婚観がはっきりしたので。
    あと、若くて体力的な頑張りと吸収力がある時期に
    がむしゃらに激務をこなしていたのもよかったです。
    当時はもっと勉強する時間がほしかったけれど、
    それは30過ぎてからもできましたし。

    トピ主さんも悔いのない20代を!

    ユーザーID:3716862572

  • 多忙で充実かな?

    28歳はその頃持っていた若いエネルギーを多方面に目一杯使っていた頃です。色々大変だったけれど、充実していた良い時代です。

    24歳から留学していたヨーロッパ某国の大学で博士論文を準備しながら、研究助手をしていたので研究会、学会など色々な国で経験しました。まだ博士論文の終わりが見えず焦りながら、ものすごく勉強する毎日でした。同時に同じ大学で日本語教師として非常勤講師をしていたので、毎日目が回る忙しさ。でも毎日毎日学ぶことがあり、刺激的でした。

    研究室の人たちとも上手く行っていて、留学して数年経っていたので友人もたくさんできて、さらに新しい知り合いが常に出来ていた動きのある時期でした。27歳でずっと一緒にいたかった彼氏と別れて未練タラタラで夜は独りで泣いて、昼間はバリバリ勉強すると言う日々でした。今思うとくだらない失恋話を聞いてくれて慰めてくれる友達がたくさんいて幸せだったなと思います。

    45歳になった今、28歳の時やっていたことの延長上にある研究職についています。仕事は忙しいですが、28歳ぐらいのときに比べると、決定的に違うのはまず体力、健康(今は持病が複数あります)。定職に就けて、さらに転職して日本に帰ってきて、随分落ち着いたと思います。でも、あの頃が懐かしいこともあります。

    ユーザーID:8233451550

  • 主婦満喫

    専業主婦として二歳だった長女を育てつつ第二子を妊娠してる頃です。
    10時に公園に行くのを目安に、朝の家事と子どもの食事身支度をすることに集中してました。この、10時に公園行けると親子ともに今日はオッケー!みたいに目標にしてました。
    12時に公園を出て、そのあとはわりあい緩やかにお昼ごはん、お昼寝、買い物、夕食作りをする日々。
    楽しかったなー。

    ユーザーID:6878774996

  • 年齢を気にしなければ良かったと思う

    その頃が一番年齢を意識してたかな。やっぱり結婚とか出産とか色々考えたり卑屈になってたりしてた。おばさん扱いされるとムッとしたり。30代後半になると開き直って年齢を気にせず行動するようになった。そしたら、道が開けてきたし、もう若くないと思ってた頃も充分若かったな、あの頃に世間体とかもう遅いとか色々考えてないで行動しとけば良かったと思いました。

    どなたか60代ぐらいの元気な有名人の方が、いつだって今が一番若い時、何かをするなら今しかないとおっしゃっていましたが、本当にその通りだと思います。
    思い立ったら吉日。そして何かを始めるなら早い方が上達も早いし、失敗してもやり直しもすぐできます。

    質問に答えますと、その頃は長く続けた仕事をすっぱり辞めて、海外へ行きました。ちょうど彼氏と別れて、もう結婚も当分無理!って自暴自棄になってて。でも旅行先で主人に出会い国際結婚しました。海外へはずっと行きたかったんですが、仕事が、彼氏が、年齢がって色々考えてそれまで行かなかったんです。今は子育ても落ち着いて海外で若い子に混じって資格取得に励んでいますが、もっと早く海外へ出ていれば良かったなあと思っています。

    ユーザーID:7059544504

  • まさに人生の転換期

    25で結婚はしたのですが、仕事に打ち込みたかったので子供はお預け。でも28歳近くになると無性に子供がほしくなり、たまたま2ヶ月生理が来なかったので病院に行くと、生理不順で更に不妊体質と判明。すぐ不妊治療を開始しましたが、運良く28歳で妊娠。産休取って29歳で出産。
    まさに人生の転換期、新たなステージへ上る一年でした。28って大学出て社会に出て5年目。ある意味節目なんでしょうね。

    ユーザーID:3758112323

  • 積極的に動いてました。

    色んなことにチャレンジして、すきな事をしてました。

    自分から積極的に行動したことで色んな経験をすることが出来ました。

    それがあって、今。の人生です。

    ユーザーID:5049968017

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧