女性の皆さまが28歳の頃

レス99
(トピ主2
お気に入り98

趣味・教育・教養

女の人生分岐点

レス

レス数99

レスする
  • 皆さま本当にありがとうございます

    このトピを立てた動機は、先日の私からのレスにも書きましたが、28歳になった今、これから先どう生きていけば良いか、むしろこれまではどうだったのかを考える為に、皆さまの28歳から教わりたいと思った事でした。

    ですが…皆さまから教わったのは、28歳を振り返って、良くも悪くも今がある、刻一刻と人生は続いていって、すぐに過去に変わるけど、幸せとか、充実感を感じる今は、今の自分が作っていく…という事でした。

    女の28歳、結婚をした、失恋をした、仕事が楽しかった、ブラック企業でに死にそうだった、勉強に励んだ、趣味を見つけた、ギャンブルに溺れた、親しい仲間がいた、孤独だった…とても一言ではまとめられない、皆さまの28歳の振り返りと共に、ほとんどの皆さまが、今の状況もお伝えくださっているのです。

    人生は続く、ずーっと続く、何をしたってすぐに過去に変わり過去が今になる。
    だったら、今まさに私らしい行動を連続させよう、と思いました!

    あと予想外だったのですが、
    「28歳当時のことを思い出せた、ありがとう」と仰ってくださる方もいらっしゃって、嬉しいです…。
    私も微笑ましく28歳を思い出せるようになりたいです。

    こちらのトピは締めないので、皆さま、お好きなときにレスをお願いいたします!

    ユーザーID:3384302213

  • 面白いトピですね。

    こんばんは。

    主さんのおかげでお酒を飲みながら色々思い出す機会を頂きました。
    ありがとう。

    24歳で就職し先輩の足元にも及ばない知識のなさに目覚め27歳で仕事上必要な知識を得る為に夜間、別の学部へ入り直し仕事&勉強の日々でした。

    現在54歳。当時は27歳でまだ勉強と人生、出遅れ感に焦っておりましたがその後の40代半ばまで思いっきり仕事で出来ていい決断だったと思います。

    40代で結婚しましたので子供は持てませんでした。

    28歳の時は10歳年上の先輩を見ながらあと10年で自分も同じ位まで成長できるかとそればっかり考えておりましたが後悔するのは子供を持たなかった事です。

    40代半ばで結婚をしたので夫婦二人っきりの生活です。
    もう少し早く結婚すれば良かったかな!

    時間を大切に自分らしく生きて下さい。

    ユーザーID:3006339624

  • 私は38歳ですので10年前

    10年てあっという間ですね!私の28歳といえば。

    ・夫と知り合って半年ほどたって付き合いだした年
    ・でも彼は電車で2時間半の土地に転勤になり、2週間に一回は
    お互いの家を行き来する遠距離恋愛生活だった
    ・いつか結婚するかもしれないが、まだまだ具体的にはなっていなかった
    ・彼とはよくバッティングセンターに行った。野球観戦も行った
    ・マクド、本屋さんなど、中高生みたいなデートコースばかりだった
    ・仕事は同僚がいい加減な人ですごく強いストレスを感じていた
    ・あまりにいい加減すぎて結局同僚は事実上の解雇になった
    ・友人関係ではサークルみたいな集まりに入ってよくみんなで食事していた
    ・28歳に限らないが、お酒が大好きで、休みの日はいつも酔っ払っていた
    ・大好きなワインバーが開店したころ。月数回は通っていた。
    ・オシャレな立ち飲み店にもよく通っていた

    そんなところですね。あとはあまり覚えていないけど。

    28歳の時はこうですが、その翌年働きすぎて体を壊します。
    それが原因だと自分では思っていますが、不妊症になり結婚後は高度治療しました。
    働きすぎ、ストレスの溜め込みすぎは良くないなと思います。お酒の飲み過ぎも。
    仕事は契約社員で、妊娠後不当解雇にあったので、正社員に転職しておけばよかった
    と思ったりもします。

    また、夫と早く結婚していたらどうなったかなともよく考えます。
    転勤についていってさっさと結婚していたら不妊治療は
    しなくても子供を授かったかなとか。あとは浪費(主にお酒)も控えて
    もっとしっかり貯金しておけばよかったとも思いますね。

    ユーザーID:2221738359

  • どっぷりと育児。

    30年ほど前…
    3人目の出産を控え、
    義両親と同居でのんびり出来ず、危うく流産しそうに…
    それでも、お盆で義弟妹家族は来、宴会でバタバタ汗だく…
    (何とか来月5日に無事出産。)

    義両親に甘やかされた夫は我関せず、バイク・音楽・油絵など趣味に没頭。
    私はどっぷり育児に専念の毎日。
    なので、当時(80年代後半)流行ったらしい曲を聞くたびに、ムカついてしまいます!
    唯一の楽しみ『赤川次郎』『山村美紗』を読んだり
    『トレンディドラマ』、途切れ途切れで最終回を見逃したり…。
    NHK朝ドラ『仙道敦子さん』が、懐かしい。

    悔いてます。
    夫…食べ方、行儀が悪過ぎ!‥…三つ子の魂百までも。(義母も)
    若い時に資格を!…後回しにし過ぎて諦め・逃げに。
    義両親に対し、意見はズバッと!…散々酷い扱いをされたのに自分のした事は全く忘れ、自分の義妹からのイビリ話に付き合わされるこの頃に、悶々!!
    物欲に注意!(本当に必要?)…引越しの度に増えたりする。そのくせ捨てる決心がつかず溜まるばかり。

    ユーザーID:8763856813

  • 絶賛迷走してました

    同棲してる彼がいましたが私に好きな人ができて同棲解消、さあ新しい方と付き合い始めたら彼に婚約者がいることが判明。
    それが28歳の幕開けでした。
    彼は2か月後に婚約者と結婚。私は本気だったんですが見事に遊ばれました。

    げっそり痩せましたが、私を救ってくれたのは仕事(技術職)です。
    めちゃめちゃ働きました。合間の、仕事仲間との飲みも楽しかった。
    あれは生涯で一番楽しい時間だったと思います。みんな疲れた顔して飲んでたけど。
    仕事でプライドを取り戻せましたね。
    それで元気になって、多少異性遊びもしました。
    おかげで、アラフォー既婚の今はもう火遊びしようなんて思わないです。
    結婚は、昔から知ってる友人としました。

    あとは、20代の半ばから運動を習慣化してたんですが、これは今でも続けています。

    ユーザーID:9721897637

  • 潮目の変わる年齢

    28歳は変わり目の年齢かもな、と思います。

    私の28歳は転機でした。
    社内数少ない女性総合職として働き詰めの日々。
    同期と24歳で結婚したものの、浮気されて離婚。
    24時間働けますか、のCMが流行していたころです。
    長時間労働で終電を逃すこともしばしば(ブラック企業ではなく一部上場の大手だったところが恐ろしい)。
    精神的にも体力的に限界で、このまま突き進んでもいいのだろうか、と悩みました。
    そのときに、母から言われたんです。

    「何かを始めてモノにしようと思うなら20代のうちに」。

    30代は子育てで追われる。40代は親の介護や子供の受験がある。
    20代はまだ体力もあるし、変化にも対応できる。
    何かをものにしようと思うと、それなりに時間と体力がいるのよ、と。

    母もその時期に子育てしながら資格をとりなおし、ずっと仕事をしてきた人なので説得力がありました。
    結局、会社を辞めて留学し、学位をとり、転職しました。
    留学先で出会った人と結婚して今に至ります。
    あのとき踏み切って良かった、と思います。

    28歳って、仕事では実務的なことはだいたい出来るようになって、周囲を見渡せるようになる年齢なんですよね。
    結婚とか出産とかいう話も周囲からじょじょに具体的になってくる。
    さて、どうしよう、って自分を見つめなおす年齢なんではないかと思います。

    ただ、どうやって人生を生きるか、っていうこればっかりは個々人で違いますから、正解はないんですよね。自分で見つけるしか。
    広い視野で世界を見て、聞いて、考えて、自分がどういう人生を歩みたいか考えてみては。

    答えは自分の中にあるんだと思いますよ。

    ユーザーID:2394873895

  • 20代を謳歌してました。

    30前にして、結婚をほぼ諦めて仕事に趣味に燃えてました。たまに恋にも。
    国家資格を持ってたので食いっぱぐれる事はないと思ってました。
    勉強会には積極的に参加して知識を増やして仕事に責任も増えて苦労もあったけど楽しかったです。
    30近くになると独身の友達も結婚して行き、独身友達と男女関係なく遊んでました。
    独身特有の寂しさもありましたが自由を謳歌してたな、懐かしいです。

    その後に、28歳7ヶ月の時に、今後の人生を共にする主人と巡り会い結婚して現在に至ります。
    今に思えば、28歳の時に主人と出会ったんですね。
    20代後半は楽しかったです。失恋もありと青春だったです。

    ユーザーID:7365184395

  • 新婚でした

    3つ下のダンナと3年つきあって結婚したのが28の時でした。それまで実家暮らしで、学校や会社から帰ったらなーんにもしないで生きてきた私、いきなり専業主婦になってさてどうしよう?でした(笑)。掃除や洗濯はまあなんとかなるけど、問題は料理。初心者向けの料理本を見てメニューを決め、14時に材料を買い物に行き、帰ったらすぐ作り始め、ダンナが帰宅する20時にすべて完成、という日々でした。品数が多いわけではなく、メインと副菜(主にサラダ)と汁物だけですが、とにかく何をするにも時間がかかり、大変でした。

    今や結婚22年、最速で30分(ご飯は早炊き)ですべて完成させられるように。今高校1年生の一人息子が子供の時は離乳食も完全手作り、学校のお弁当も冷凍食品ナシでできてます。

    継続は力なり、あの頃頑張ってよかったなぁと思いますよ!

    ユーザーID:2162406014

  • 充実してた

    28歳か〜。たった3年前ですが、こんな感じでした。
    ・すごーーく好きだった彼氏と色々あって別れてしまい、突然現れた他の男性から熱烈にアプローチされ付き合い始めた
    ・その人と結婚すると思っていた。結婚願望もあった。
    ・仕事はめちゃくちゃ忙しかった。
    ・ある国家資格取得のために勉強をしていたが、仕事が忙しくなかなか受からない日々
    ・忙しいながらも仕事は順調で楽しんでいたのに、突然の不本意な異動命令

    そして現在、31歳はこんな感じ。
    ・28歳の時の彼氏とはたびたび喧嘩ばかりで1年で別れてしまった
    ・別れの1年後にまた別の男性とお付き合いをはじめ、とても気が合い穏やかな日々。喧嘩もなし。
    ・異動先でほぼ定時帰りだったため、猛勉強し資格取得
    ・資格取得により転職先がよりどりみどりになり、転職し給料1.5倍アップ
    ・なぜか昔より結婚願望が薄くなってしまった(仕事が順調だから?)

    28の頃も楽しかったけど、今は仕事面も恋愛面もそこからステップアップできた感があり、満足しています。
    しかしこうやって振り返ってみるとたった3年の間にめちゃくちゃ色んなことがあったな〜と思います!
    もう28歳には戻りたくはないかな笑

    ユーザーID:8646282514

  • 恥しかなかった

    色々、勘違いしてましたね。まぁ若さ故だから仕方ないです。

    その年齢の倍になった今は笑い話だなと思います。

    若い時は覚えたてのことが最新だと勘違いして年上をちょっと蔑んだり(今は顔から火がでるほど恥ずかしい行動だったと思います)

    結婚も既にしてましたが、そこも恥ばかりですね。
    年上の人たちの生きた時代への思慮が足りませんでした。

    そんな反省を踏まえて若い人たちのおかしな行動も「それはそれ」と微笑ましく思えます。

    28歳は普通であれば元気がありあまって色んな事に挑戦できる時期かと思いますが、あの頃は精神が凝り固まってました。

    今の方が自由な考え方できてると思います。

    ユーザーID:2638877719

  • 生まれたて

    とても面白いトピですね。私の28歳は自分で自分の人生を歩み始めた頃です。好きな仕事の駆け出しで周りを気にせず仕事に没頭して、結婚の自覚はないまま好きな人と生活を始めて、自分の力で自分で生きていることが嬉しい頃でした。
    第2の人生の幼児期みたいなもので、100%素の自分でしたね。
    あれから20年。母だったり、妻だったり、上司だったり、色々演じながら生きています。あと10年くらいしたら、少しずつ役回りを捨てて28歳の頃の素の自分に戻っていきたいな…。あの頃を思い出させてくれてありがとう。

    ユーザーID:0172135507

  • トピ主さんのレスを読んで2度目です

    トピ主さんのレスを読んで2度目です。
    感想を書き込みます。

    ・とくに好きではない仕事の職場と自宅の往復→分かる!私もそうだった。そして今も・・・(笑)のらりくらり働いてお給料もらってます

    ・とは言え夢中になれる趣味も無し→これも分かる!夢中になれるものはなかったけど時間があったからそれなりに色々と楽しんだなぁ

    ・彼氏も無し
    ・なんなら職場に元カレがいる
    ・この元カレの連絡先は全ブロック、次行くぞ→そうだ!まだ若い。元カレ以上の男性は絶対いるはず。焦らず次へ!

    ・結婚したい
    ・どうやって?
    ・婚活パーティー行ったけど微妙→28歳で結婚にこだわっていた私。だからとても分かります。25歳の時に彼氏と別れてから片思いして玉砕。
    結婚したくて焦って婚活パーティに行くもガツガツしたムードはあわず・・・
    自然な出会いがいいよねってことで趣味のサークルに入りました。そこで夫と巡り合い交際2年で結婚しました。

    ・アプリはちょっと性に合わないかな…→今は色々婚活の場も広がってるんですね。他にトピ主様にぴったりマッチするものがあるはず!

    ・ていうか仕事楽しくない
    ・職場の人達は好きなんだけどねー→分かります!私がのらりくらり続けられてるのも職場の人がとてもよい方ばかりだから。そういう職場(人脈)は宝ですよ。


    ・気の合う友達もいるしさー
    ・仲間といる時間最高説→気の合う仲間たちにもそれぞれの人生があり、これから人生の分岐点で結婚や出産等すると気楽に会えなくなってきます。私も育児に忙しくて自分の時間はほぼ無し。なので、遊べる時に遊んでおくのがベストです!その時間はとっても貴重ですよ。

    ・私なにしたいんだっけ…→将来のことを考えると不安になりますね。でも、将来は今の連続。今したいことをたんたんとこなして進んでいけば大丈夫。結果は必ずついてくる。トピ主さんに幸あれ!応援しています。

    ユーザーID:6500517551

  • 楽しい日々でした

    外国語大学卒業後入社した会社で25歳から海外勤務となりました。

    同じ会社の現地法人で通訳をしていた夫と知り合い、赴任してすぐに付き合うようになり、28歳で結婚手続きを始め(夫が外国人のため時間がかかりました)、29歳で結婚しました。

    28歳の時は仕事が忙しく、資格取得の勉強もしていて、海外で知り合ったお友達との飲み会も忙しく、毎週末は夫の家でお義母さんと過ごしていたので、まあとにかく忙しかったです。

    私が30歳で日本に帰国してもう20年になりました。今も隣に夫がいます。

    ユーザーID:5684485529

  • 最高潮。

    26歳終わりに結婚。転職。
    27歳は仕事に邁進。夫婦ふたりだけの生活を楽しみました。
    28歳は妊娠、妊娠に伴い新居の購入、出産、子育て、仕事も辞めず、現在育休中で私生活とキャリアとの両立ができています。我が人生ながら、思い通りに行きすぎて怖いくらいに幸せです。
    先月29歳の誕生日でした。

    この幸せが当たり前と思わず、周りに感謝しながら生きていきたいと思います。

    ユーザーID:4650845214

  • もっと将来のことを真剣に考えればよかったです

    28歳って結構微妙な年頃ですよね。

    私は24歳で海外の大学院を卒業して就職したので、26、7歳くらいまではこの国でビザちゃんととってずっと働けるのかということばかり考えてました。

    28歳のときは友人の結婚ラッシュで結婚式に何回行ったか・・・。その度に付き合っていた彼氏に私たちいつ結婚するの?と迫って嫌がられてました。

    でも色んなところに旅行に行ったり、おいしいもの食べたり、クラブで踊りまくったり、遊びは充実してました。

    30歳でその彼と結婚して、アラフォーで3人立て続けに出産して、今は毎日とっても忙しくて楽しいです。

    28歳のとき、あるパーティーで知り合った精神科医がいたんです。その人はもう当時40代後半か50代だったと思うんですが、「私も精神科医になりたかったなあ」とぽろっと言ったら、「今からでも遅くないよ。なればいいじゃん」って言われたんです。当時の私はそんなアドバイスも本気にしてなくて、そのときの仕事も結構充実してて、そこで終わりだったんです。

    が、最近47歳で医師免許とって働きだした人の話をニュースサイトで読んで、あの時まじめに考えればよかったなあと思いました。28歳なんて、本当に若い。これからどうとでもなります。

    そんな若いときに、情熱を感じない仕事と家の往復なんてもったいなすぎます。と、今40過ぎて、20年続けてきた仕事で壁にぶつかってる私はそう思います。若いときは流されて生きてても若さでなんとかなる。でも年を取ると、本当に自分がやってることの意味とか、考える機会が多くなります。でもそのときには家族がいて責任があって、背負っているものが多すぎる、失うものがありすぎる、みたいな。

    何か、自分の人生で、これだけは成し遂げたいって思えるものが見つかればいいですね。

    ユーザーID:4708802453

  • トピ主さんのレス読みました。

    気の合う仲間がいることは幸せですね。とはいえ、これでいいのかな・・という悩みは尽きませんよね。とくにまだ28歳という若さで、選択肢があって、まだまだ人生これから。なおさら迷うことが多いでしょう。

    私の場合、28歳といえば20年前、会社を辞めて海外留学を始めた歳です。大学を卒業したあとそのまま就職し、現地で出会った人と結婚してこの国に住み続けています。

    日本での仕事は忙しくて大変ながら充実していたものの、20代半ばを過ぎて「ガラスの天井」を実感しました。ふと周囲を見回すと、社員数の男女比はほぼ半々なのに女性マネージャは独身40代の1人だけ(しかも2人だけの小さな部署)。女性社員は結婚するとパートタイムになり、妊娠を機に退職が慣例。女性社員は会議に出られないし、上役に相談しても女性=アシスト役は変わらないと言われ、前例がないからと出張の話もつぶれ、しかも深夜残業が何年も続いて鬱になりかけました。

    安定した仕事を手放すのは勇気が要りましたが、このままでは心も体ももたないし、どうせ辞めるならと学生の頃からの夢だった留学に踏み切りました。ちょうどボーイフレンドと別れて間もない頃だったから、しがらみもなくてちょうどよかった(笑

    一人で始めた海外生活は大変だったけど、とりあえず行動してみれば意外と何とかなるという自信がつきました。今できることを精いっぱいやって、迷っても考え抜いてそのときベストだと思える、自分なりに納得できる道を選べば、そう後悔するもんじゃないことも学びましたね、これは収穫。

    長くなりましたが・・・

    20代、若いです。まだまだ体力もあるし、軌道修正だってできる。がんばってね、応援してます。

    ユーザーID:2702723824

  • 人生最大の激務

    ブラック企業を退職し、いいところに転職できたと思っていた4年目。
    しかし、それまでのんびりしていた3年間とうってかわって、その1年間は超激務でした。
    1年間友達と会うヒマもない、最後の3か月間は半日たりとも休めない、最後の2週間は終電を逃して毎日タクシー帰り。
    帰って、風呂に入るのがやっと。化粧して出勤する気力もない(これは個人の性格です)。
    このままでは過労死する……、証拠を残そう……と思って、残業記録をきっちりつけました。
    でも、終わるんですね。仕事は! 

    その後、そのときの、たくさんのミスが発見されました。
    でも、怒られませんでした……。そんな過労死レベルの働き方でしたから、上司も仕方がないと思ったんでしょう。

    私は悔しかったですね。畜生と思いました。
    技術を上げたい一心で、そのあと一生懸命仕事をしました。
    自分が管理職になったら、こんな働き方はさせないとも思いました。

    このとき以上の激務はないです。

    ただ、思い返すと、28歳のときのあの試練が、その後の仕事を楽にしてくれたかもしれない。
    それから、その激務の中で提案した商品が、せまい業界のあるジャンルで、日本一の売上になりました。
    ご褒美もあるんですね。

    もうすぐ20年が経つので、昔話ですけど、あのときぐらい今も頑張りたいと思う自分がいます。
    激務は嫌だし、休みは絶対にほしいけど、一生懸命さ、必死さが28歳のときの自分に負けているんです。

    老眼だし、更年期だし、仕方ないのですが、もうひと頑張りしたいですね。

    ユーザーID:1010204083

  • ありがとうございます!

    想像以上に多くの先輩方からレスをいただき、驚いております…やっぱり女性って優しいですね…。
    皆さまの28歳、大変勉強させていただいております。

    皆さまのレスを拝見していたら、トピ主の28歳もお伝えしたくなりました。

    ・とくに好きではない仕事の職場と自宅の往復
    ・とは言え夢中になれる趣味も無し
    ・彼氏も無し
    ・なんなら職場に元カレがいる
    ・この元カレの連絡先は全ブロック、次行くぞ
    ・結婚したい
    ・どうやって?
    ・婚活パーティー行ったけど微妙
    ・アプリはちょっと性に合わないかな…
    ・ていうか仕事楽しくない
    ・職場の人達は好きなんだけどねー
    ・気の合う友達もいるしさー
    ・仲間といる時間最高説
    ・私なにしたいんだっけ…

    こんな私の自己啓発の為に、トピ立てさせていただいた次第です。
    まだまだレスお待ちしております!

    ユーザーID:3384302213

  • まさしく人生の転換期

    大学卒業時に就けなかったあこがれの職業に28歳で転職することができました。

    が、いざ仕事を始めてみると自分に何が足りないのか、将来どうなりたいのかがはっきりと見えてきて、海外に留学しようと決心しました。
    経験のない語学を勉強し始め2年後に留学、アルバイトをしながら卒業、現地で希望の職を得て20年経ちました。

    当時付き合っていた彼は、「それはいい、思いきってやってみなよ!」と私の背中を豪快に押してくれました。彼なりの考えもあっただろうに、今でもとても感謝しています。
    その後しばらくして今の夫と結婚しましたが、その当時の彼とは今でもお互いの近況などを数年ごとに連絡しあう良い友人関係です。

    28歳、自分の将来について考えに考えた。今の自分はあの年からスタートしたのだと思っています。

    ユーザーID:6882023535

  • 28歳、結婚しました。

    28歳の時、もともと結婚するつもりはなかったけど、
    どういうわけか結婚しました。
    仕事に必要な資格に無事合格して、ちょっと気持ちが緩んでいた時でした。

    テニス、ダンス、料理、お花 などなど習いたいことをすべて習っていて
    資格も取れて、仕事も充実していた時でした。

    友人のほとんどは結婚していたし
    仕事を続けていた人もほとんどいなかったし
    いわゆる、世間の多くの28歳の女性達とは少し違っていましたが、
    今、振り返れば、人生の中でキラキラしていた時期でしたね。

    だけどその後の人生もキラキラとは少し違うけど
    充実していて、楽しいことがいっぱいありました。

    ユーザーID:7731014538

  • 介護人生

    親が高齢出産したので、同級生たちの親とはかなり親の年齢が上。
    父が倒れて介護してました。
    母とは交代で病院に行ったりしてました。
    リフォームをしたり、介護への対応で大変だった。
    同級生は、子供さんが二人目、30前に結婚する子とかの時期だったかな。

    同級生は遊んだり、結婚生活など充実して良い時期なので、羨ましかったけど、一生懸命に生きてたな。
    知人のおじさんやおばさん達に、よく介護してあげたね。頑張って偉い。逃げ出したい事も逃げずに家役もよくやっていると言われてました。
    もうすぐ50代になりますが、しんどかった事を素直に言えるのは楽です。
    マイナスの事で申し訳ないですが、言える事がなかったので、トピ主さんありがとう。

    ユーザーID:1922382925

  • まさに28で海外に出ました

    婚約寸前の彼氏と別れ、そのままだと、だめになりそうな心にむち打って退職し、渡米、大学院で専門を磨きました。卒業後帰国、大学での職を得て30代後半で結婚。子どもも一人恵まれました。渡米を決意する前に思ったこと。30、40過ぎの私が振り返ったとき28は若かったと思えるにちがいないということ。これからは男に振り回される人生を送りたくないと。当時まだインターネットもない時代、日本を飛び出すときの不安は大きかったですが、結果、生き抜く力、人生観、いろんな点で大きく成長できたと思います。米国で得た友人達は、あのとき日本にとどまっていたら、人生で一度も接点のなかった人たちだと思うと感慨深いです。今の私があるのは、あのときの苦悩と苦労があるからだと心から言えます。そして、様々な点で私と関わり、助けてくれた米国の友人達のお陰でもあります。思い出させてくださり、ありがとうございます。

    ユーザーID:4489775879

  • たくさん

    遊んでいました。それこそ別れて一週間でほかの方とお付き合いしたりとか、色々な人とご飯に行ったりだとか我ながら結構派手に過ごしていたと思います。
    たくさん遊んだおかげで心残りもなく、男の人を見る目を養えたのか、ギャンブルなど一切しない一番堅実そうな方と結婚に至りました。

    あの頃を懐かしくは思いますが、自分で選んだ道なので後悔はしていません。

    ユーザーID:9815172771

  • 転換期

    27歳の時、婚約していた彼に別れを告げ、ストレスでフラフラになりながらも、一生結婚せず仕事に邁進する覚悟で頑張っていました。
    28歳の時、転勤先で出会った男性と気が合い、熱烈なアプローチを受けて交際開始。
    29歳の時、交際1年未満で結婚し現在に至ります。幸せです。

    元彼とあのまま結婚していたら不幸になったと思います。
    28歳は運命の分かれ道でした。トピ主さん、思い出させてくれてありがとうございます。

    ユーザーID:0771221987

  • 28歳遊び倒していました。

    28歳のころか〜 ひと昔もふた昔も前です…。

    専門職で働き独身でしたので、今を楽しむことに没頭していました。

    仕事で徹夜しても次の日の飲み会は参加。
    出張も現地で楽しむためには、行きも帰りも夜行で直出勤。
    寝る間も惜しんで騒いでいました。

    身の周りのことはすべて家任せで子どもの延長上で給料はすべて
    消費していました。若さゆえの行動?でした。

    思い返しても 悪いことなんて何もなかった。
    全てが私であって、30過ぎて結婚して今になります。

    ユーザーID:5267136279

  • 転職の準備をしていました

    私が若い頃はパソコンなんてまだまだ普及しておらず、
    電卓真っ盛りの頃でした。
    ひたすら電卓を叩く日々に嫌気が差して30前に転職しようと思い、
    パソコン教室に通いました。結果、正解でした。
    ちゃんとした教室に通ったことで、正しいブラインドタッチと
    スペック等の知識が付き、こんなおばさんでも今の仕事を続けてられます。

    やはり30前というのは、その後の人生を考える時期なのかなと思います。
    20代である程度の知識、常識を付けておかないと、
    その後の生活が変わっていくのかなと思います。

    ユーザーID:6973110447

  • 二人目出産した年齢

    面白いトピですね。

    私の28才は二人目を出産した年齢です。
    一人目が気難しくて育てにくくて育児ノイローゼ気味でしたが二人目が欲しかった主人が計画的に妊娠。
    生まれたのはニコニコよく笑いよく眠る可愛い可愛い赤ちゃん。
    育児の楽しさを知って幸せな毎日でした。


    ユーザーID:0884328621

  • 転換期でしたね。

    41歳女性です。
    28になった時、「うわー、28なんて、もう年だ〜」と、
    思いました。でもそれを職場の人に言ったら、その方は10歳くらい
    年上の男性でしたが、「今思うと自分は28位の時が一番いい歳だ思う。
    子供じゃないけど大人としては若くて体力も気力もある。
    一番いい時期だよ」と言われて勇気を貰いましたね。

    個人的には、結婚して2年経ち、前年に流産を経験して気落ちしつつ、
    仕事を励みに、習い事や家探しに精を出していましたね。
    そして28歳のうちに新居を建て、また妊娠しました。臨月まで
    働いて、勤続7年目の会社を退職。29歳で第一子を出産しました。
    今思うと、28才って自分にとって転換期でしたね。
    思い出させてくれて有難う。

    ユーザーID:8758254403

  • 自立は大事

    28歳、彼氏と地方で同棲していました。
    思えばなんにも考えてなかったなあ。
    だったらいいな…程度で海外遊学帰りで派遣をしていた。当時彼氏はやさしくていろんな友だちと集まって、それはそれで楽しかった。

    今思えば、絶対こういう仕事をしたい!という意志を元に生きればよかったんだろうけど。子どもも早くつくればよかったなあと思う。

    今アラフォーですが。その同棲してた人と29歳で結婚。夫の結婚について行ってたので、私はキャリアをつめなかった。でもその結婚のついでに大学院に行って、今もやりがいのあるパートをしています。高齢で子ども一人。もう一人ほしいのだけど、間に合わないかも。

    私はがむしゃらに仕事をしていた時期もあったけど、ストレスで体が壊れそうになったので無理をしなくてよかったような気もします。

    ・手に職→正社員
    ・30前後の出産

    はおすすめします。子どもはびっくりするくらい可愛い。本当私のおなかにやってくてくれて有難うっていつも思っています。

    ユーザーID:0497073871

  • 夫に出会った年齢

    それまで趣味に生きていましたが、はたと「子供を持つ人生もアリかもな」と思い立って婚活を開始し今の夫に出会った年齢です。29歳の誕生日に入籍しました。

    ユーザーID:0492878480

  • 転職準備を始めていました

    28歳=私にとっては5年以上前です。

    当時は激務の会社に勤めていて、
    「転職市場では30歳を過ぎると急に厳しくなると聞くから、
     今のうちに何かスキルを身につけておかなければ!」
    と焦りはじめたところでした。

    そのあと、28歳のうちに一つ実用的な習い事を始めて
    29歳で仕事をしながら専門学校に通い、30歳のときに転職しました。
    今では結婚していますが、夫と知り合ったのは29歳のときです。

    仕事、習い事、専門学校と忙しくはありましたが、
    いま落ち着いて仕事ができているのは、20代最後の
    まだ体力に少しは余裕があったあのときに
    頑張っておいたおかげだなあと思うことは多いです。

    ユーザーID:8319795635

  • 仕事・家事・育児

    頑張っていました。

    わりと早くに結婚し、比較的早く子宝に恵まれ、子が1歳になる前に保育園に預け職場復帰したのが27歳。

    なので28歳の時には子供も保育園に慣れて、比較的安定して仕事に没頭できルようになった頃でしたね。

    もう30年近く前の事なので、育休もまだ充実していませんでしたし大変でしたが、「これからの時代、女性のキャリア形成も大事」と考えての行動でした。
    でも・・・・・そのせいで子供の父親と随分揉めましてね。
    離婚の二文字が脳裏に浮かぶようになったのも28歳の頃だったー。

    早くに結婚し出産をして良かったのは「体力気力MAX」だったことかしらね。

    バブルは弾けていましたが、現代に比べたらまだ景気が良かったので職場からは「なんでそんなに必死なの?」と言われた覚えがあるな。
    そう言ってきた人間に対して私は「こいつらの脳みそ、まだバブってんな」と思ったっけ。

    私はキャリアを築いていくことの必要性をなんとなく感じていましたので必死に復帰しましたよ。

    おかげさまで転職も2回していますが全て大成功。
    いまも「うちに来ないか?」とお声が掛かります(アラカンなのにね)

    もし、あの時
    職場復帰せず、元夫の言いなりになって専業主婦をしていたら・・・・
    私にとっては幸せじゃなかっただろうな。

    アラカンの今、充実しています。

    ユーザーID:7966736837

  • 2人目を妊娠していました

    仕事を復帰して間もないころだったので、会社の人には申し訳なかったです。
    ただ、今それから9年たって四十路を前に本当に声を大にしていいたい。


    本当に早く結婚を決めてよかったよ!!!私!!!

    以上!

    ユーザーID:6489202031

  • 28歳の時は

    長男が小学一年生でしたね。かわいい子でした。

    当時はお母さんが皆30歳前で皆若かったですよ。

    ユーザーID:9474621611

  • キラキラしてました。

    28才の頃、憧れのお仕事目指して夢をまっしぐらに追いかける毎日でした。
    バラ色の人生、何もかもが楽しくてきっとキラキラしてたと思います。
    今思い返しても、何という楽しくも幸せな日々だった事でしょう。
    いい思い出です。
    一生の宝物のような時代でした。
    その後私は夢をかなえ、憧れの仕事を手に入れ、ある程度実績も残せました。
    それも一生の宝物です。
    才能に限界を感じ、自ら引退しましたが悔いはありません。
    全力でぶつかり、精一杯やり遂げた達成感をもって引退しました。
    一度結婚しましたが失敗して離婚、子供はいません。
    実家に戻って非正規でしたがずっと働いてきて、現在50代半ば。
    あの頃のようにキラキラはしてないんでしょうけれど、人間関係に恵まれた職場で働けて、趣味に打ち込み、家事を楽しみ、年老いた両親との穏やかで平和な毎日を満喫しています。
    夢を追いかけてはいないけれど、穏やかな日々を送れている今が一番幸せな気がします。
    28才。
    すごく輝いてた時代だったなあ・・・。

    ユーザーID:7271975876

  • 28歳で独立起業しました

    ちょうど28歳のとき直属上司が独立起業することになり、誘われて一緒に起業しました。
    年収が数百万円増え、社内の風通しも良くなり、やりがいのある仕事もできるようになりました。
    でも猛烈に忙しくなったし、責任も重くなりました。
    会社を儲けさせて、社員を養わなければなりませんからね。

    遠距離恋愛中の恋人がいましたが、元々結婚願望もなくて結婚を焦る気は全然なかったです。
    そうそう思い出した!
    私が28歳のとき妹が先に結婚しましたっけ。
    それでも自分も結婚したいとは感じませんでした。
    結局その恋人と5年後位に結婚しましたが。

    今になって思い出しても、良かったとも悪かったとも思えません。
    もしタイムマシンで当時に戻ったとしても、きっと同じ選択をするんだろうと思います。
    人はそうは変われない・・・(笑)

    ユーザーID:4682777303

  • 未亡人

    まさにタイトルの通り。
    子供二人をかかえて未亡人になったところ、です。

    どうしようも、考える余裕なんて無かった頃です。

    ユーザーID:9942185671

  • 時代は行ったり来たり。

    40代半ばの女性です。

    わたしは27歳の時に結婚。
    当時は決して早くない結婚年齢でしたが、理系なのでという言い訳をすればちょうど適齢期でした。
    建設会社勤務で、男社会ですし当時はデスクで禁煙が当たり前の環境でしたから、結婚を機に転職し、
    新しい業種の会社で約2年働いた頃に、更新を機に家を購入、妊娠し、ちょうど30で出産しました。
    これも当時はちょっと遅めでしたが、今の人には「早い」となるのかもね。。。

    なので、28という年齢は新しい生活を始めた私にとってちょうど良い人生のターニングポイントでした!
    最近の人は、30代で結婚〜出産の流れが主流のようですね。人それぞれ違う、ということが大前提ではありますが、まだ現役でバリバリ働いている私からしたら、多くの人にとってその流れは遅い(手遅れの人も多いだろう)と、職場の約半数の未婚の30代後半(というか40前後)の女性社員を見て考えてしまいます。。。
    非難されそうですが、今の主流よりも少し早目に人生設計した方がいい、が、相手を思っての本心です。。。

    ユーザーID:4849614113

  • やりたいこと、貯金

    やりたいことをやっておく。旅行、遊び、勉強なんでも。貯金をしとく。
    年齢というより、結婚、出産で自由は減っていきます

    ユーザーID:7858614958

  • 仕事とギャンブル

    40代独身です。
    私の28歳は、まずは仕事漬けでした。サービス残業の深夜午前様もしばしば。
    その合間に始めたのが、当時の付き合いでいったギャンブルです。

    休みの日が徐々にギャンブルに多い尽くされ、貯金も使いきる日々でした。
    皆さんが結婚、出産をされていた時期に、何をしていたんだとおもいますが、
    当時の荒い金遣いの建て直しを今もしなければならない状態です。

    結婚や出産に興味がなかったわけではなかったのですが、
    考えられる環境ではないことになりました。

    少しだけお金にゆとりができたことで、行ってはいけない道に入った年、
    それが28歳でした。

    ユーザーID:0820567343

  • どん底からの

    アラフォーです。
    28歳。仕事も恋愛も絶好調!...と思っていた矢先、結婚を考えていた彼が浮気。
    相手の女性が妊娠し、私たちは別れることに。

    毎日、見える景色が灰色でした。
    街で小さい子どもや妊婦さんを見かけるだけで、略奪した女性を連想して涙が止まらない状態。
    社内恋愛だったので、周りから慰められるとまた惨めで仕方ない気持ちになり...。

    なんでもっと早くに結婚して身を固めておかなかったのか、と今でも悔やまれます。
    「ほかにふさわしい人がいる!」と自分に言い聞かせましたが、現実はなかなか上手くいかず。
    10年経った今もシングルです。

    でもその後、転職、転居、趣味を持つなど、活動範囲が広がりました。
    知人友人も増えたし、海外に出ることもできました。
    28歳の自分より、今のほうが戦闘力も生命力も断然、高いです。

    あの破局がなかったら今の自分はないよなー、と思っています。
    なるようにしかならないし、なりたい自分への可能性も無限です。

    トピ主さんはいま28歳とのこと、とても羨ましいです。
    きっとこれから楽しいことがたくさんあると思います!

    ユーザーID:2509020395

  • ノストラダムスの大予言が当たるならもう直ぐだなと

    思ったのがその頃。

    結婚していましたがどうもうまくいかなくて、その代わり努力すれば結果がついてくる仕事ばかりしてました。
    同年代の男性と同等かそれ以上に激務。家事炊事も完璧に近くやろうと無理してた。でもあの頃がむしゃらに頑張ったから自信がつきました。

    ユーザーID:8820180579

  • 結婚しました。

    私の場合は、25で結婚してるはずでした。
    でも、25歳直前で彼氏もいない。
    それから焦る日々。

    28歳で結婚しましたが、主人はのんびりしたものでした。
    結婚前に3年同棲がー、とか言ってて。
    のんびり加減にイラついたので焦った私は別れようとしたけど、主人が別れない。
    主人の実家の反対もなく、結局、結婚になったのですが。

    30歳で出産、2年後2人目出産。
    育児ノイローゼが理解されず。
    ありえない条件の同居話を断り嫌われ、別にいいやと開き直り。
    私は実家から遠く離れ、知らない土地の知らない風習に悩まされる子育て期。
    10数年経った今は後悔の日々。

    良かったのか悪かったのか、正解はないと思ってます。
    結局結婚しなくても、後悔してただろうし。
    他の相手が現れたかもわからない。
    独身でいたかもしれないし。

    結局なるようにしかならないんじゃないかなと思います。

    私の場合は、思い通りにならない人生ですね。
    望んで叶わないので、完全に諦めた頃に手に入る。

    二十代のうちに出産を望んでたのに無理だったし。
    ずっといろいろ、モヤっとした想いを持ち続けていくんだと思います。

    私の性格では、結局何をやっても後悔したりするので、
    私の割に頑張ったんじゃないかなと思ったりもしますね。

    いろいろ頑張って、無理なら諦めてもいいんじゃないかと思って試行錯誤しましたね。

    若い頃に、いろいろ足掻いてもいいんじゃないかなと思いますよ。
    失敗は成功のもと、って言うじゃないですか。

    私は不器用なのでいろいろあったけど、踏み出す勇気がなかったら何もなかったわけで。
    自分の人生、こんなものかもしれません。

    ユーザーID:9921782053

  • 仕事と大学院と遠距離恋愛

    仕事は非常勤講師(兼事務の時も)。
    ようはアルバイトです。
    とは言うものの、2箇所掛け持ちで
    週6日、6時間は働いていました。

    大学院は、主に夜と土曜日のクラスをとっていました。
    論文はそりゃもう大変でしたが…。

    で、遠距離恋愛。相手が海外の大学院に留学。
    苦しいことも多々ありました。

    2年後、私は院を卒業し、相手も卒業し帰国。
    で、結婚しました。

    思えば怒涛の2年間でしたね。
    ほんと、若かったなと思います。
    周りの半分は27、8で結婚しましたが
    気にしている暇がなかったというか。
    そもそも28歳だからやったわけではなく
    気がついたらやりたいことが重なった上に
    恋愛事情も変化した、というだけでしたね。

    でもこの2年間のおかげで今があると思います。
    現在40代半ば。それなりに満足しています。

    ユーザーID:5614060066

  • 東日本大震災があった年です

    東日本大震災があったとき28歳でした。
    親しい人をたくさん失い、私自身も被災し、精神的ダメージの大きな年でした。

    まさにトピ文にある「自分の人生をどうしたいか」も深く考えた年齢でしたね。
    そのときに出した答えに向かって、今頑張っています。

    ユーザーID:8488559432

  • 子供3人で末子1歳 そこへ

    自営の夫が追突されて入院。

    新入学児〜1歳児がいた上に夫は納期の決まっている仕事を抱えていました。
    夫の仕事場を守るのと家庭とワンオペで苦闘しましたけど気力体力で乗り切りつつありましたね。

    その最中に捨て猫まで連れ帰っちゃったり。

    このトピ見るまで思い出しもしなかったけど、
    今思うと我ながらよくやれたもんだと若かった自分を懐かしんでます。

    ユーザーID:3458531863

  • バブル!

    28歳はバブル真っ盛りでした。
    この年に結婚で引っ越しとともに転職したのですが、好景気のおかげで仕事探しには苦労なく、希望の会社に入れました。
    今の時代だったら難しかったと思います。
    テレビで見るようなバカ騒ぎの派手な生活はしませんでしたが、ありがたいバブルの恩恵でしたね。
    今も地道にその会社に勤め続けています。

    ユーザーID:4126359641

  • 現在アラフィフのおばさんです。

    私は短大卒でしたので、20歳から金融業界で働いていました
    28歳というと8年目、事務でしたが、いくつかあるチームのチーフとして、一番頑張っていた頃かと思います。
    仕事は忙しかったですが、習い事もしていましたし、同僚や友達とのご飯や飲み会でアフターも結構忙しかったです。夏休みはほぼ毎年、海外に行きました。
    結婚は32歳でしました。
    独身の間に、色んな経験や旅をすること、おススメですよ!!

    ユーザーID:3399025967

  • とにかく仕事漬けでしたね

    まだ、働き方改革も36協定も無かった頃、、、寝ても覚めても仕事してました。

    毎日タクシー帰りで休日も出勤、、、自宅でも仕事の勉強をして、確か新婚だったけど
    夫とは日曜日くらいしか一緒に居られなかったなぁ。。。お互い忙し過ぎて。

    30過ぎてから出産、育休、時短とまだそういうのが珍しい時代に、夫と夫婦二人だけで
    二人の子育てと仕事をやることになったけど、20代で死ぬほど仕事しておいて良かったなと思いますね。
    その頃培った馬力がないと、その後の子育てしつつリーダーやマネージャーをこなすのは無理だったから。

    人生って色んな分岐点があって、今この時も、未来への分岐点なんですよね。
    自分に言い訳しない恥じない生き方をしようと、ずっと思ってきてますし、今後もそのつもりです。

    ただ、、、若さに甘えて健康を疎かにして働いたツケは35くらいから身体に来てしまっているので、
    身体は大切にした方がいいです。絶対。

    ユーザーID:1562028819

  • ドラマ「やまとなでしこ」では・・・

    28歳は女性が一番、高値で売れる時って言ってたと思う、確か。
    その昔は、25過ぎたら、クリスマスケーキの売れ残りと言われていたのに
    時代とともに変わるんだな〜などと思いつつドラマを見ていた。

    私の28は結婚2年目
    遠距離で結婚して正社員を辞めて派遣で働いていた。
    職場で知り合った女性たちとワイワイ旅行にも行ったりして
    その中の1人とは、20年近くたつ今も友達です。

    ユーザーID:7401818262

  • 28歳焦っていました

    こんにちは。

    今はアラフォーです。

    28歳焦っていました。30歳までに結婚、出産なんて思っていたのに、彼氏もできない日々。
    29歳になる誕生日が、「どうしよう、もう30歳になっちゃう(まだ1年あるのですが)」と、
    なんだか人生に焦っていました。

    30歳の誕生日は、相変わらず彼氏はいず、結婚・出産なんてほど遠い状況でしたが、
    28→29歳の時のような焦りがなく、30歳どんと来いよ!のような突き抜けたような感情で迎えられました。
    仕事や趣味、交友関係が広がって、人生充実してきたのかな。

    30歳半ばで結婚し、子供にも恵まれました。
    焦っていた28歳ですが、それからいろいろな経験も積んできたのだと思います。

    トピをみて、久しぶりになんだか焦っていた28歳を思い出しました。
    人生は長いです。20代にいろんな経験をしてください。

    ユーザーID:8635938348

  • 暗かったり明るかったり

    トピ、レスをみると、出産系のレスが多いので驚いてます。
    私自身も(1968年生まれ)周りの同世代の人も、出産はまだという人が大多数でしたから。
    ただ、前年の阪神・淡路大震災を受けて(大変な時は家族で支えあおうという価値観がクローズアップされた)結婚ラッシュはありました。

    さて、私はというと、本屋さんで働きたいなぁって願いが叶った年齢でした。
    しかし、就職した数ヶ月後、ストーカーにあい、余儀なく引っ越しする羽目に。
    そのほか、「人の心のウラオモテ」を知ってしまった、いわば子どもから大人にならざるをえないお年頃でしたね。

    一方、同僚や友人には恵まれ、楽しいことも結構ありました。
    総括すると、人間関係がクローズアップされた1年だったと思います。

    ユーザーID:0845402351

  • 二人目妊娠中

    2歳の娘を保育園に預け
    大きなお腹で仕事をしていました。
    時間に追われ、家事の効率化ばかり考えてました。
    寝る前に朝これして、あれして、とシミュレーションしながら寝て
    仕事帰りに保育園に向かうとき運転しながら
    またシミュレーション
    小さい子がいら思い通りにできるわけもなく
    それでも分刻みに動いていた気がします。
    もっとのんびり過ごしても良かったのにね。
    その時お腹にいた娘も来年結婚です。

    ユーザーID:7590510478

  • 28才の8月でした

    結婚の約束をした元カレと音信不通になりました。
    仕事と副業が忙しくなるので2ヶ月連絡してはいけないと言われて。
    2ヶ月後に会えましたが涙をこぼした私の至らなさがムカつくと捨てられました。親にも心配かけました。親に結婚の挨拶の日取りを聞いていたので、尚更。

    その後誠実な主人と出会い結婚、主人似の娘達にも恵まれました。

    しかし数年後、元カレと街でバッタリ会いました。幼稚園児の娘達と私を信じられないと言う風に見つめていました。

    いまだに元カレは時折私と娘達を遠くから見つめて、声をかける事もなく逃げるように立ち去ります。

    共通の友人から聞いたのですが元カレは副業が上手く行かず本業も行き詰まり転職を5回して、バツイチ子持ちの方と結婚したものの色々とお金がかかる現実に後悔し、時折垣間見る私や娘達の可愛らしさを羨んでいるとの事でした。

    20年経つのですが8月になるとあの頃の苦しい気持ちを思い出します。
    9月になると消え失せますがね。

    ユーザーID:9659139395

  • 結婚

    28歳、7年越しで遠距離恋愛していた夫と、
    彼の院卒後の就職を機に結婚した年でした。
    私は結婚を機に夫の国へ住むことになったので、
    自分の人生では一番の分岐点だったかな。

    それからは異国での現実の日々、とても苦労した時間でした。
    新しい言語、習慣、人間関係、妊娠、出産、育児、諸々…
    ずっと支えで見守ってくれた日本の実家も変化したり。
    ここで簡単には言葉では表現できない程、
    あの28歳から良くも悪くも様々な経験したような気がします。
    楽しいよりも、辛い、そんな日々だったかな。

    でもそんな私を深い愛情で常に支えてくれた夫は、
    誰よりもかけがえのない存在になっていました。
    30年近く一緒にいるけれど、今もとても良好な関係。
    辛い経験があったからこそ築けた信頼だと思うし、
    彼に出会えてこうして今も人生を共にできる事、
    本当に心から感謝しています。

    ユーザーID:6787728326

  • 縁もゆかりもない場所で子育て

    28歳は、長男を出産し、子育てに一生懸命になっていました。

    元々結婚願望なんてなかったのですが、
    運命の人に出会い、自分でも驚くほど早く話がまとまり、
    結婚したのが26歳。
    そして、主人の転勤に伴い、縁もゆかりもない場所へ。
    その地で、出産子育てしてました。

    あの時、その時、、色んな分かれ道がありますが、
    選択は間違っていなかったんだと、今2人の子供のお母さんしながら思います。

    ユーザーID:4181581074

  • 自分の人生を一旦諦めた年齢

    2人目を出産した年齢ですね。

    自分の人生なんて本気でどうでもいいって思ってました。
    もう子供が全て。
    働いてはいましたが、それは子供の教育用費用が潤沢に欲しかったから。
    旦那には出世の芽があったので、それはそれで全面協力。
    それでいいのか・・・と最初は悩んだけど、自分の人生は一旦諦めて、時がきたら旦那に寄生させてもらおうと本気で思ってた。
    それまでは私の人生は旦那と子供に貸しておこうとも。
    まあ、子供に貸しを返して貰うとは微塵も思ってなかったけど、私の人生をここまで犠牲にしているんだから、ダラダラとした生き方をしたら許さないんだからね!という迫力はあったと思う。

    現在、旦那からは貸しを返して貰っています。
    子育てが早々に一服したので、好きなように遊ばせてもらっています。
    まあ、仕事もクビにならない程度には頑張っていますが、昇進の話は面倒なんで断っています。
    遊ぶ時間が減るのがイヤだから(笑)

    ま、人間、頑張る時期と遊べる時期が人それぞれってだけで、トータルでは似たようなもの。
    私が子育てでヒーヒー言ってた時期に友人たちは合コンだ海外旅行だと若さを謳歌していた。
    ぶっちゃけ羨ましかった。
    現在、彼女たちは子育てでヒーヒー言っていて、私はハワイでゴルフをしてきのーと能天気に宣う。
    羨ましいだしょ〜とは口が裂けても言えないけれど、ぶっちゃけ羨ましく思って欲しい。
    それで人生チャラだもの(笑)

    ユーザーID:8998208574

  • おもしろいトピですね。

    おもしろいトピですね。

    私は28歳になったばかりの頃、
    第2子を出産しました。しかし、
    その子は、生後3カ月の時に
    5,000人にひとりの難病に罹りました。
    3歳になるころまで必死に子育てしました。
    そして、育児ノイローゼを経験しました。

    その後、子育てもひと段落し、
    働く始め現在にいたります。

    自分の人生を振り返ってみて思う事は、
    自分一人の生活を余裕で維持できるほど
    稼げる女にならなかったことを後悔しています。
    夫がいなくてもやっていける
    経済力をつけたかったと思っています。

    しかし、子供もあり、家もあり
    端から見るとほどほど幸せにみえる状況かもしれませんが?

    ユーザーID:1924007603

  • 思い切って離婚しました

    24で6歳年上の人と結婚しましたが、
    最初はキラキラ見えていた彼が年が経つにつれ段々頼りなく見えてくる様になってきました。

    多分精神年齢が追いついた(年上であるという魔法が溶けてそのままの姿が見える様になった)のと、
    毎日仕事の愚痴とか聞いてると会社や上司の問題ではなく本人が悪いという気がしてきて
    「こういう人が自分の子の父親になって欲しくない!」と思い始め、
    未来の子供の為に思いっきって別れる事にしました。

    幸い当時自分の仕事は順調でしたので、経済的に一人でやって行けるのも大きかったです。
    もう傷物になるので誰も結婚してくれないと思っていたので、一生独身でいる覚悟でした。

    私が頼りなく感じても元旦那はエリートと言われる職業でしたので周りには物凄く驚かれました。
    だが結果から言いますと2年後に今の夫と出会い、結婚して、子供にも恵まれました。
    今の夫は年下ですが(みんなに好かれる)めっちゃいい人で仕事もかなりやり手、しかも面白い!と
    私には勿体無いぐらいの人です。喧嘩もしますが1回目の経験があるので、今は本当に幸せだと感じてます(笑)。

    28ですとある程度の経済力と学生時代にはない決断力、そして体力もまだそこそこあります。
    かと言って失敗してもまだギリギリ(?)やり直しがきく年齢ですので、
    恋愛もそうですが、仕事、そして友達関係などに関する大きな決断をする時は
    自分の気持ちを大切にして行動するのが大事な年だと思います。

    ユーザーID:6495676893

  • しんどかったなぁ

    好きだったはずの男性と1度目の結婚の最中だったなー。相手の暴力がきっかけで別居、29で調停離婚した。

    あ、今は再婚して子どもも2人、とても幸せに暮らしてるけど。

    28は私にとっては暗黒期だったけど、いろんなことは人生勉強になった年だった。

    ユーザーID:6678726021

  • 28歳は若い!

    女性は人生の適齢期と、女性の適齢期を2つ生きますね。
    30代は結婚出産、40代は子育て、50代は介護、、、

    人間のキャリアとしては、28歳くらいはまだ女子高生のメンタルで、
    あなたが感じている28歳の、私もいい大人だし、、、
    というのは多分40後半に実感として感じることです。
    40後半には更年期という本当の身体の変化が来てしまうので、
    女性としての生殖という意味でタイムリミットではあります。
    選択肢もずいぶん狭まってきますし、
    生殖を伴う結婚はここまでですし、40代になると本当に友人と会いづらくなります。
    だから友達とも楽しんでほしい。


    28歳も38歳もまだまだ若い女の子。
    一番いい時だから楽しんでほしい。

    ちなみに40後半はちょうど脂が乗ってるわね、なんて言われますし、
    50.60でも年上の方から見たら、若くていいわあ〜、なんでしょう。
    徹夜とか無茶しなければ体力もとてもある時期。
    衣食住を整えて、30代もバリバリ楽しめるように、
    健康貯金も実際の貯金もしながら楽しんでほしいです。

    ユーザーID:4661706793

  • 山の中の村に住んでました

    24歳で結婚した相手は、2年ごとに転勤がある人でした。
    実家からも遠く離れ、赴任地で友達ができてもすぐにお別れ。
    転勤は街中だけではなく、時にはとんでもない田舎へも。

    28歳の時は庭先にサルが出没するような山間部の集落にいました。
    住人同士はみな親戚のようで同じ苗字ばかりだし、そんな中に都会育ちの若妻は馴染むことがとても難しかったです。
    ご近所さんは優しかったし悪いことばかりだったわけじゃないけど、ホームシックのような感じで精神的になかなか厳しい頃でしたね。
    でも、この時の生活は私を強くして、その後の人生にも影響したような気がします。
    そういう意味で、人生のポイントになる歳だったと言えるかもしれません。

    ユーザーID:3956166963

  • 3人目の出産

    現在37歳
    28歳は3人目を出産した歳です。

    周りの友人達は結婚も出産もしていない子が多かったので
    夜、友達と遊びに行ったり、自由に海外旅行に行ったりしているのを見て
    たまに羨ましいなと思いながら育児に一生懸命でした。
    でも早くに結婚、出産した事を後悔はしてません。
    子供が早くに巣立つ予定なので、そこから挽回して旅行に沢山行こうと思います!!

    ユーザーID:0879704273

  • 毎日楽しかった

    28歳、お金はなかったですが
    結婚4年目、3歳男児の子育てで充実してましたね。
    0歳から保育園に預け働いてましたが
    二人目もまだ考えて無い頃で、毎日忙しかったはずですが
    笑いが絶えない日々でした。
    写真に残る自分の姿は若く、生き生きとして
    輝いてるようです(主観です…汗)

    頭の回転もまだ早かったので仕事も難なくこなせてました。
    アラフィフの今はもう毎日ふうふう言いながら精一杯です。

    そのときにはその時の悩みがあると思いますが
    若い時にしかできないことがあるはず。
    充実した毎日をお送りくださいね。

    ユーザーID:6027529933

  • 満たされていました

    妻として母として仕事人として、バランスがとれており、体力もあったので毎日が楽しくて仕方なかったですね…

    人生のバイオリズムでいうとなかなか上昇気流に乗った時期でした。

    あのときかなり昇られたので、今がある気がします。

    若いうちって信じられないくらい気力も体力も充実してましたから…

    子どもふたりが可愛くて可愛くて、それで頑張れた気もします。
    このこたちを一人前にしなくては!と燃えてましたね。

    もう50オーバーですが、あの頃の自分のパワーを思い返すと、今の自分と同じ人間とは思えません!

    ユーザーID:3510256502

  • のほほん

    今後の人生を深く考えるなぞ何もせず、ただ淡々と普通に働いて過ごしていました。
    長く付き合った彼も居ましたが、その時点では結婚することすら考えていませんでした。

    ただ30歳になった時の事を考えると、30歳ってどんなものなのだろう? 自分が30歳なんて笑っちゃうな〜(自分の精神年齢が成長しないので)とは思っていました。
    故に、ひたすらのほほんと何も考えていなかったと言って良いと思います。

    ユーザーID:9427134962

  • とにかく暗かった

    28歳女性と言うと、綺麗で魅力溢れる時のように思います。今思えば働いているだけで心を閉ざし、結婚に目を背け暗い感じでいました。人生を考えていたものの道は開けなかったです。

    派遣で大手食品メーカーで働いていて表面的には楽しく充実していました。夜は語学のスクールや手話を習ったりしていました。
    心は親の様々な問題を自分が抱えて(これが悪かった)暗い気持ちでずっといました。

    自分を明るく導いていく力が当時はなかったな。第一愛情に飢えていました。

    結婚した出産したという方が心底うらやましいです。

    ユーザーID:1695125842

  • 仕事と恋愛

    今は40代前半の既婚子持ちです。

    28歳の頃は、実家を出て会社の近くに一人暮らし、仕事では管理職になりやりがいを感じていて、彼氏とも同棲していました。
    まぁ、その人とは、1年後くらいに別れてしまったのですが、前カレと復縁、30歳で結婚、31歳で出産でした。
    会社も安定していて、仕事も楽しかった時期です。
    都内の会社で20代で結婚する方が珍しく、同僚が「私、結婚28歳で早かったんだよねーー」なんて言ってるような環境です。

    今よりも体力もあったし、精神的な耐性力も強かったですね。

    今は、小学生の子供とフルタイムの仕事で、疲れが取れずボロボロですが…。

    ユーザーID:9566016558

  • 大きなお腹を抱えて普通に仕事をしていました。

    夫が国家試験に5回目の挑戦で合格して、開業しました。
    夫の開業に合わせて、義父も法務局を退職して二人事務所に。

    夫に収入がないのでそれまでは妊活禁止だったのですが解禁。
    妊娠しました。
    体も頭も気も使う仕事だったので、夫の開業もあって「きつかった。」という記憶しかありません。

    ユーザーID:3028637783

  • 初めての出産

    二十六歳の終わりごろに結婚して、キャリアに終わりを告げて専業主婦になり、二十八歳というのは出産した年でした。
    地方都市のほうは、みなさん早めにお子さんを産みに来るのが当時だったのか、産科医に母子手帳を読まれて、診察室で大きな声で、二十八歳初産と言われてしまいました。現在なら、そう年齢ではないけれど、遅めの結婚、遅めの初産だったと思います。
    出産子育てが始まった年齢でした。だから娘とは、二十八歳違いの母娘になります。
    いろいろ人生の転機になる年齢だったと思います。
    ベビーカーを軽やかに押す新ママだったと思います。

    ユーザーID:7126711649

  • 一番星

    あぁ〜、なつかしい!

    一番、絶好調の時代でした。

    27歳で2人目産み、子育て真っ盛り。建売、購入してた。夫とは、お見合い。

    だいたいお見合いって、長男で似た家庭状況を知ってる、おばさんが居て
    紹介されるので、こちらも並の顔と普通の性格。夫もそう。とくにの愛情もなく。

    すぐまとまり結納。すぐ結婚、子どもも、すぐせっつかれるので、すぐ2人。

    夫の勤務先が、実家と半日かかる距離なので、夫両親とは別居。これが最高。
    たまに、旅行がわりに3泊4日され、食事時間や生活が狂わされ、勝手にキッチン荒らされるけれど、我慢しないと。

    もっと上の先輩は、CM『私は25、私は25』・・・お肌の曲がり角 あり。
    1人目は、28歳までに産まないと骨盤が狭くなる。って言われたそう。

    華の20代は、アッという間に飛んでいったよう。
    30代は、子育て。

    トピ主さん、多いに女盛りをエンジョイしてくださいねッ。

    ユーザーID:7271178672

  • 結婚しました

    トピ主様こんにちは!
    私は28歳で結婚しました。
    母が20歳で結婚して、20代は3人の子育てに追われたので、「夜桜は若い時期を満喫しなさい。早い結婚は苦労するからね。」と事あるごとに聞いて育ちました。
    子供心に「早すぎる結婚は後悔する」「若いうちは遊ばないと」そう思い、
    「結婚は28歳でする!」と決めました。

    大学卒業後友人たちが続々と結婚・妊娠・出産する話を聞きましたが、
    内心「まだ早い。28歳じゃないと。」よく分からないこだわりでいっぱいでした。
    ご縁があって当初の予定通り28歳で結婚できましたが、34歳になった今振り返ると「どうしてそこまで28歳にこだわっていたんだろう?」ということでした。

    結婚後は夫婦の時間を満喫!結婚式やらハネムーンやら、新婚期をたっぷり満喫しました。
    仕事は大学卒業後からずっと正社員で働いていますが、プライベート重視でしたので、28歳の頃も普通にたんたんと働いておりました。

    30歳を過ぎた頃そろそろ子供をと思い、初産で双子男児を出産し、今は子育て傍ら時短勤務をしておりますが、いかんせん体力が・・・
    子供を育てたいなら結婚も出産も早い方がという周りの意見に今頃納得しています。

    トピ主様の状況が分かりませんが、5年後、10年後後悔しない生き方が一番だと思います。
    28歳はまだ若い。でも若すぎるということもない。
    28歳は人生の通過点であり、自分の人生はその後も続いていきます。
    30歳にどうしたいか、35歳にどうなっていたいかそれを見据えて仕事に恋愛に趣味に多岐に亘って邁進されますよう。

    ユーザーID:6500517551

  • 家事・育児

    私はもう還暦に片足突っ込みかけた年齢ですが、
    25歳で結婚、ハネムーンベビーを授かり26歳で出産、
    28歳はちょうど二人目が生まれた年でしたね。
    専業主婦だったので、24時間子供たちがくっついているので、
    自分に全くかまっていられなくて、美容院にも全くいけませんでした。
    なりふり構わず、ボサボサな髪をポニーテールにして、
    おしゃれにも無頓着な頃かな?
    30歳までに3人の子供に恵まれたので、
    現在は3人とも大学出て社会人です。
    28歳の頃は大変だったけれど、今はのんびり、
    今年、来年と豪華クルーズの旅を楽しみます。

    ユーザーID:9147145615

  • 最悪でした

    28歳、ブラックを退職後引きこもって危険な状態でした。
    その時はブラックと思わず自分のダメさを責めてばかりいました。
    心だけでなく体の病気にもなり、病院行脚をしてもなかなか治らず。
    親や同級生、学生時代の教官からも働いていないことを責められ孤立、自殺未遂。
    29歳、養ってくれていた彼氏と結婚(してもらう)
    30代後半、いまは学校や職歴と全く関係ない業種のパートをしています。
    やりがいを感じているし、微力ながら戦力になっているという実感があります。
    体はすっかり健康になりました。心の方は、まだ後遺症があり万全ではありません。
    世間で言われるご立派な仕事というものをバリバリフルタイムで働いていないと
    責められそうという強迫観念があり、親や昔の知り合いとは会っていません。

    ユーザーID:6145283754

  • 2人目の子を産んで、必死だったころです。

    夫の親と同居嫁していました。
    2人目を産んだ頃です。
    夫親同居のために、夫親の分の家事も全部一手にかかって来て
    (義母はTVのおもり。動かない人)
    24時間必死で生きていました。
    当時TVを見る事も出来なかったので、その頃の流行時事、ヒット曲知らないです。
    義母が偏食で、食事作りに苦しめられ、下の子が離乳食になると
    同居のストレスでノイローゼになりました。
    要は、自分の限界を超えてやりすぎたんですね。

    そういう苦しい時代でした。

    ユーザーID:8771756587

  • 人生謳歌してた

    バンドの追っかけしていました。
    小さい時から音楽が全てでしたので、取り巻く環境がそういう人達ばかり。

    知り合いのバンドから国内、海外のバンドのライブやイベント、全国回ってました。(きちんと正社員で働いていました)
    各地で知り合った仲間も沢山いて、とにかく毎日が楽しくて楽しくて仕方なかったです。

    バンド仲間の彼氏はいましたが、結婚なんて考えもしませんでしたね。

    好きな事しまくって、41歳で結婚、42歳で出産。
    子供は10歳になりました。

    今又音楽浸けの生活に戻って楽しんでいます。

    ユーザーID:9157178633

  • 三人目出産

    したのが28才の夏でした
    寝る暇もないほど忙しくて
    その当時、どんな歌やドラマが流行っていたのか
    どんな事件があったのかも
    わかりませんでしたね
    早く大きくならないかな、一人の時間が欲しいな
    早く働きに出たいな、ゆっくり寝たいな、と
    毎日思ってました
    育児に追われた20代でしたが若いうちに
    終わらせてよかったと思ってます

    ユーザーID:9939931541

  • 素敵ですね

    人生に対して、とても前向きなんですね。
    面倒なことは大嫌いで、ダラダラと適当に流されて生きてきた私には、
    とても輝いて見えます。

    私は43歳です。

    28歳の頃だけを切り取ると。
    人生で初めて心から好きと思えた、
    しかも、現時点においても、人生で一番好きだったなと思う相手と別れ、
    その翌日、仕事で望まない部署に異動になり、本当にどん底な一年でした。

    私の人生から勉強できることはないように思いますが、
    反面教師にはできるかな?と思い、書いてみます。

    将来、何になりたいという夢もなく、
    「大して勉強しなくても、素のままで受かるところ。
    でもまあ、就職に有利な資格が取れるところ?」くらいのノリで大学受験。
    心理学、薬学、保健学、農学、環境学に合格。

    実際に進学したのは、大学の立地が一番気に入ったところ。
    かつ、親の負担を考えて、私学ではなく国立。
    学問内容で選んだわけではない。

    大学卒業と同時に、とある国家資格を取得。
    (その専攻だったし、皆取るからくらいの理由)
    そして、資格があるんだから生かさなきゃ、で就職。
    (ちなみに当初は希望通りの配属先ではあった)

    そんな流れなので、
    仕事は、単に、生きていくために必要な金を稼ぐための手段。
    最低限のアップデートはするけど、勉強して上を目指そう!みたいなのはなし。

    恋愛も「好きだ」と言われるから付き合ってはみるけど、
    こっちは「好き!」って思えない(嫌いではないけど)ということが続いて、
    相手が不安を訴えてきて、
    でも、私が相手の熱量にこたえられなくて、で別れるってことが多かった。

    結婚についてのみ、30までに結婚して、34〜35までに、2人産む!
    という明確な目標があったけど、
    これについては32で結婚して、34と38で産んだ。

    大学は薬学に進めばよかったと「ちょっと」思うけど、
    本気で後悔していることはないです。

    ユーザーID:7827700334

  • 不妊治療

    26で結婚したのに子供がなかなかできず、本格的に治療を始めた年齢です。
    無事に二人の子供に恵まれ、この年齢で治療を始めてよかったと思ってます

    ユーザーID:4181464547

  • 楽しかった

    仕事も色々任されて指名でもいただくようになり、大忙し。
    空いた時間にライブに行ったりレイトショーに行ったり、カラオケに行ったりしていました。
    彼も(今の旦那)多忙で夜中の仕事終わりに待ち合わせてご飯を食べたり・・。
    お金もそこそこあって自由でした。

    当時こうしていたら良かったはお金をもう少しちゃんと貯めること。

    その後、仕事もどんどん楽しく&多忙になり体を壊しました。

    あれから子どもも生まれて自由時間のない今になって思うのは、
    若くて体力があり、気力も充実している貴重な時期に
    仕事を思う存分やっておいて良かった。
    ライブにもたくさん行っておいて良かった。
    旅行にも行っておいて良かった。

    歳をとると体力も落ちるし思いついたことをすぐに実行する力がなくなって来ます。
    個人差ももちろんあると思うけど私はそうです。
    昔なら15分で実行に移していたはずのことが1日経っても取りかかれないとか・・・。

    28歳、色々考える時期だと思いますがたくさん悩んで全力でなんでもやってみると良いですよ。

    ユーザーID:7375861896

  • 20年前です

    娘を保育園にお願いしながら頑張って働いていましたよ。
    高卒なのでいつか大学に入って学び、大卒資格が欲しいと考えてました。
    その思いは、40で入学して5年間で卒業したときに叶いました。

    たぶん未婚の方に尋ねた質問でしょうけど、48歳で母親歴25年の私も回答させていただきました。
    個人的には、何かやりたいことがあるなら35過ぎても間に合うと思います。
    うちの娘はポヤンとしてますが、ちょうど昨日「中国語を勉強したい」と教本を買ってきました。
    私がこの歳になっても再入学した大学で学んでますし、そういうのを見てやる気が出てるとしたら、親としてなんとなく嬉しいですね。

    ユーザーID:4393996137

  • 第一子出産&仕事

    27で結婚して、28の時に第一子出産しました。
    出産後すぐに仕事に復帰したので、子育てしながら仕事もしました。
    全部初めてのことだらけで、全てがすごく大変だったことを覚えています。

    トピ主さんが現在どういう状況下は解りませんが、
    正直、もう少し早く子供を産んでおくべきだったと思いました。
    仕事で一区切りがついてからと考えていてはどんどん遅くなります。
    今や30過ぎて結婚も珍しくはなくなりましたが、確実に子育て体力に影響してきます。

    ユーザーID:3039398823

  • 出産しました

    24で婚約
    25で結婚
    3年はこどもを作らないと決めて二人で暮らし
    28で出産しました。

    人生思う通りになってきた勝ち組でした・・・

    その後は山あり谷あり
    こどもは来春高校を卒業します。

    ユーザーID:7025075923

  • いいとき、だった

    28歳、いい響きです。
    女性として 成熟と未成熟の狭間、と言うか。
    私は 54歳ですが
    私の28歳は 人生で 最初のキャリアが スタートした年齢でした。
    結婚していく友人達を見送ってきた年齢でもあったけれど
    仕事と恋愛と趣味へと 忙しい時期でした。

    そして 33歳まで それが続き
    結果 外国へ 移民することになりました。

    もし 今の自分が 28歳の自分に助言するならば
    「貴方は 十分 賢くて 美しい事に 気づいて。」と 言いたい。
    あの時 もっと自分に自信があったなら、と言うか
    自分自身を 客観的に見ることが出来たなら
    もしかすると 私は 今 日本に住んでいるかもしれないな、と。

    思ったりしますが
    そこは 運命の おもしろいところですね。

    ユーザーID:8050562610

  • フリーランスになって2年目の頃です。

    大手企業を退職し、独立して2年目。
    子どもは4才と2才になっていました。

    フリーランス(設計士)として家で仕事をしていたので、もう一人子どもが望めそうだと思っていた頃です。

    夫は「子どもは二人でいい」と言っていましたが、
    「一人目の時のように産休・育休などを取らなくてもいいし、妊娠中も仕事できるし、出産後も仕事しながら育てられるから大丈夫」
    と説得をしていたころです。

    昼間は公園に子どもたちを連れていき、思う存分に遊ばせて疲れさせ、お昼寝の時間に仕事をし、午後も公園に連れて行き、疲れるまで遊ばせてお風呂と夕ご飯の後はバタンと寝るようにさせて、深夜まで仕事をしたりしていました。

    子どもたちは小さくて、家で仕事しながら育てるのは大変だったけど、1秒をも無駄にできない充実感がありました。

    思い起こすと「28才の頃も楽しかった」しかありません。
    もちろん子どもたちが大きくなった今も楽しいです。

    充実は大事ですね。

    ユーザーID:5202201705

  • 鬱でした

    当時ハードなノルマがある仕事をしていたのですが、鬱になりました。
    疲れが取れず、お客さんと話せなくなり、段々同僚との会話も出来なくなりました。
    食事が全くとれず、
    睡眠もとれず、2か月で7キロ痩せました。
    消えたい気持ちと、死にたくない気持ちが混在し、自分を責めました。
    クリニックで先生に「あなたが悪いんじゃないよ、これは病気だから」と言われて、ほっとして泣いてしまいました。

    幼いころからの生育環境と、ストレスで中学生くらいから躁鬱だったことに気づかされ、1年ほど療養して社会復帰。
    その後結婚、出産して今47歳です。

    結婚当時、まだ完全な精神状態ではなかったので(今思うと)結婚相手選びを間違えました。
    でも、あの時結婚してなければ今でも独身だったかもしれないしこれも人生だと受け入れています。

    現代の女性は、30前後と50前後で揺れると思います。
    30前後で結婚、出産に揺れ。
    50前後で子育てが終わり、残りの人生を考え始めるからです。

    トピ主さんが後悔のない選択をして、幸せになれますようお祈りします。

    ユーザーID:9265224352

  • 無我夢中

    トピを拝見して、思い出していました。

    28歳・・・。

    二十代前半で結婚し、やっと一人目を授かったのが28歳。
    次の子は、意外とあっさり拍子抜けするくらいすぐ出来て、29歳の時。

    ただ、結婚してからは波乱万丈で、子供を授かったころからうつ病を発症。
    「きっと」・・・というか、「絶対」結婚生活に絡んだストレスが原因。

    やっとの思いで子供を授かったこと。別れても子供の親権は握れない状況だったこと。逃げ場所がなかったこと。
    いろんな理由で、「離婚」は選びませんでした。

    そんな自分が招いたことですが、29歳の時、奈落の底に突き落とされるくらいの出来事がありました。二人目の子供を産んだ後のことでした。

    そこから、ゆっくり這い上がってきました。
    30代は、自分を省みたり、人生についてじっくり考えたりの時期でした。

    そして、いま40代。30代に考えたことをじっくり取り組みながら生きているって感じです。時間の流れもゆっくりになりました。

    多分、周囲から見れば、そんなに恵まれた結婚ではなかっただろうけど、二十代に勢いに任せて結婚しておいてよかったと思っています。

    何もかも若かったから乗り越えてこられた・・・と思っています。

    同じ状況が、30代で繰り広げられていたら、逃げていたかもしれないし、人生に彩も添えられなかったでしょう。

    ただ、結婚前はOLをしていて、寿退社したのですが、そこで結婚せずに仕事を続けていたらキャリアウーマンになっていたのかしら。とおぼろげに思います。
    周囲に何人かそういう方がいらっしゃるので。

    いまは別の仕事をしていますが、キャリアウーマンには程遠い職にせよ、自分に向いていて充実しています。一生モノの仕事を見つけられたのは幸せだと思います。

    ユーザーID:0055294123

  • ただ今46歳

    26で3歳年下の主人と結婚。28歳で第一子を産みました。第二子は32歳でした。

    元々体力は無い方ですが、更に最近ガクッと体力が落ち、やる気も出ず…です。

    せめてもの救いは独身時代。何回か海外旅行したことですかね。遡ると子供の頃に体力を使い果たしたようです。

    私の場合、第二子を産んですぐに母、その三年後に父を亡くしました。なのでもう親の介護という心配はありません。あとは自分達のことと、子供を立派に育てあげることです。欲を言えば、もう一人産んだら良かったかな。でも体力を考えると仕方ない。

    幸い、経済的余裕があるので、あとは自力で色々できるうちは頑張り、子供が成人した以降は大きな病気になったら、もう治療はするつもりないです。早めに店じまいするつもり。

    ユーザーID:2367708952

  • 転職しようとしていた

    中途入社の男性社員(同い年)が主任に出世しまして。

    言うのは悪いですが、連絡しない使えない働かないの三拍子揃った人で、私は正直女性初の管理職になると言われてました。
    同期入社の男性は前年主任になってたんで。

    「将来性を買って」(社長談)中途入社の男性社員が主任に抜擢されたんです。

    腹が立ったなんてもんじゃない。
    こっちはできないその人の尻拭いをやり、使えない人をサポートして、動くように仕向けてってやってきたんですよ。
    「主任さんかー、頑張ってね!」
    笑顔で言いつつ転職決意しました。

    その後転職に動いていたら、その動きを察知した先輩となんか付き合い始めて結婚(29歳)。
    結婚したら同じ部署にいられないのは女性側、通勤時間2時間かかる場所に異動されそうになったため退職しました。
    夫もその3年後に資格取って退職しました。

    「毎日頑張ってる様子を見てたら励ましたくなっちゃって」とは夫談。

    今はその会社、他の会社に吸収合併されたそうです。

    ユーザーID:2643789923

  • 海外にいた

    学生時代は真面目で文武両道タイプでした。
    25歳で急に思い立って海外に出ました。
    箱入り娘だったのに、、、。
    やりたいことをやらせてもらえて親に感謝しています。子供にも背中を押せる親でありたい。

    ユーザーID:6236840777

  • 必死に勉強していました。

    海外の国立の短大へ留学してました。学生しながらインターンとして働きながら、また友人とも充実した毎日を送りながら、卒業目指して勉強していました。
    おかげで自分の望む方に道が開け、素敵な現夫に出会って、現在40代幸せな毎日を送っています。

    ユーザーID:5001558194

  • アフリカ

    27歳で、編集の職を辞めて協力隊に参加し、28は、アフリカに滞在中でした。最初の外国で、しんどかった。今は、60です。

    ユーザーID:7746604095

  • そんなの…

    28歳だから考えるとか関係あるのかな。
    人生は死ぬまで続くもの。
    その時まで何が正解で何が失敗だったかなんて分からないと思います。

    私は28歳の時まで一切交際経験がなく、仕事に一生懸命でした。
    その仕事も契約社員でしたが、仕事内容も私に合っていて楽しかったです。
    友達もたくさんいましたが、月に1度その友人の誰かと会うくらいで、
    それ以外の週末は根て、テレビを観て、ダラダラして。

    49歳の今とても幸せなので、28歳の時はあれで良かったんだと思います。
    下手に誰かと付き合って、その相手がひどい男だったら
    それで人生がボロボロになっていたかもしれないし。

    申し訳ないけど、28歳の時に幸せだったり、
    28歳の時の決断で幸せになる人もいるけど、その先不幸になる人もいます。
    今ここで「当時こうしたからよかった、悪かった」というアドバイスをくれても
    その人にとって本当に良かった、悪かったかはまだ分からないのでは。

    一番大切なのは、自分の言動に覚悟と責任を持つことです。
    それがあれば年齢は関係ありません。

    ユーザーID:2147730938

  • 自分語りしちゃっていいトピですか?

    28歳、いくつかのお見合いをしていました。
    まあまあ見栄えのいい会社のOLだったのでそれなりな方の紹介も多く
    流されるまましてました。結婚願望も大してなかったのに。

    結局ご縁はなく、その翌年私は地方から上京しました。
    かっこいい言い方をすればヘッドハンティングのようなもので。
    いい時代でした。給与も上がり、洗練されたオフィス。
    今までとは別世界の都心で念願のハイセンスな暮らし。
    地方出身者的には相当浮かれる状況でした。

    そして「仕事、勉強、趣味」はじゅうぶんやった。
    いい恋愛もいくつかは経験できた。
    東京暮らしに新鮮味がなくなってきてからですね、
    35を過ぎてからようやく結婚願望が。

    私のいる業界は男性がチャラチャラしていたり
    多忙ゆえ家庭をあまり顧みない方が多かった(不倫も)ので、
    出会いは外に求めました。
    今ある言葉で言えば婚活です。37で理系男子と結婚して今に至ります。

    >当時こうしてたから良かった、悪かった。

    悪かったことはあまり思いつきません。
    当時お見合いしていたのもよかったと思います。
    自分の結婚観がはっきりしたので。
    あと、若くて体力的な頑張りと吸収力がある時期に
    がむしゃらに激務をこなしていたのもよかったです。
    当時はもっと勉強する時間がほしかったけれど、
    それは30過ぎてからもできましたし。

    トピ主さんも悔いのない20代を!

    ユーザーID:3716862572

  • 多忙で充実かな?

    28歳はその頃持っていた若いエネルギーを多方面に目一杯使っていた頃です。色々大変だったけれど、充実していた良い時代です。

    24歳から留学していたヨーロッパ某国の大学で博士論文を準備しながら、研究助手をしていたので研究会、学会など色々な国で経験しました。まだ博士論文の終わりが見えず焦りながら、ものすごく勉強する毎日でした。同時に同じ大学で日本語教師として非常勤講師をしていたので、毎日目が回る忙しさ。でも毎日毎日学ぶことがあり、刺激的でした。

    研究室の人たちとも上手く行っていて、留学して数年経っていたので友人もたくさんできて、さらに新しい知り合いが常に出来ていた動きのある時期でした。27歳でずっと一緒にいたかった彼氏と別れて未練タラタラで夜は独りで泣いて、昼間はバリバリ勉強すると言う日々でした。今思うとくだらない失恋話を聞いてくれて慰めてくれる友達がたくさんいて幸せだったなと思います。

    45歳になった今、28歳の時やっていたことの延長上にある研究職についています。仕事は忙しいですが、28歳ぐらいのときに比べると、決定的に違うのはまず体力、健康(今は持病が複数あります)。定職に就けて、さらに転職して日本に帰ってきて、随分落ち着いたと思います。でも、あの頃が懐かしいこともあります。

    ユーザーID:8233451550

  • 主婦満喫

    専業主婦として二歳だった長女を育てつつ第二子を妊娠してる頃です。
    10時に公園に行くのを目安に、朝の家事と子どもの食事身支度をすることに集中してました。この、10時に公園行けると親子ともに今日はオッケー!みたいに目標にしてました。
    12時に公園を出て、そのあとはわりあい緩やかにお昼ごはん、お昼寝、買い物、夕食作りをする日々。
    楽しかったなー。

    ユーザーID:6878774996

  • 年齢を気にしなければ良かったと思う

    その頃が一番年齢を意識してたかな。やっぱり結婚とか出産とか色々考えたり卑屈になってたりしてた。おばさん扱いされるとムッとしたり。30代後半になると開き直って年齢を気にせず行動するようになった。そしたら、道が開けてきたし、もう若くないと思ってた頃も充分若かったな、あの頃に世間体とかもう遅いとか色々考えてないで行動しとけば良かったと思いました。

    どなたか60代ぐらいの元気な有名人の方が、いつだって今が一番若い時、何かをするなら今しかないとおっしゃっていましたが、本当にその通りだと思います。
    思い立ったら吉日。そして何かを始めるなら早い方が上達も早いし、失敗してもやり直しもすぐできます。

    質問に答えますと、その頃は長く続けた仕事をすっぱり辞めて、海外へ行きました。ちょうど彼氏と別れて、もう結婚も当分無理!って自暴自棄になってて。でも旅行先で主人に出会い国際結婚しました。海外へはずっと行きたかったんですが、仕事が、彼氏が、年齢がって色々考えてそれまで行かなかったんです。今は子育ても落ち着いて海外で若い子に混じって資格取得に励んでいますが、もっと早く海外へ出ていれば良かったなあと思っています。

    ユーザーID:7059544504

  • まさに人生の転換期

    25で結婚はしたのですが、仕事に打ち込みたかったので子供はお預け。でも28歳近くになると無性に子供がほしくなり、たまたま2ヶ月生理が来なかったので病院に行くと、生理不順で更に不妊体質と判明。すぐ不妊治療を開始しましたが、運良く28歳で妊娠。産休取って29歳で出産。
    まさに人生の転換期、新たなステージへ上る一年でした。28って大学出て社会に出て5年目。ある意味節目なんでしょうね。

    ユーザーID:3758112323

  • 積極的に動いてました。

    色んなことにチャレンジして、すきな事をしてました。

    自分から積極的に行動したことで色んな経験をすることが出来ました。

    それがあって、今。の人生です。

    ユーザーID:5049968017

レス求!トピ一覧