自信のない子供

レス10
(トピ主0
お気に入り11

妊娠・出産・育児

麦わら帽子

レス

レス数10

レスする
  • 待つこと、かな。

    うちの息子もそうでした。
    失敗するのが嫌、下手にやるのがいやなんですよね。
    私も初めはうまくできないものだよ、失敗しても練習すれば上手くなるよ、と声をかけ続けましたが、いくら周りの人に言われてもダメなんです。
    これはもう性格で、「できる」という自信をどんな小さなことでもいいので積み重ねていくしかないと思います。
    うちの場合ですが、あまり親が自信をつけせようとあれこれすればするほど、引いてしまうので、得意な事、好きなことをどんどんやらせて、ひたすら褒めました。
    うちは、間違い探しが好きだったので、一緒にやって、先に見つけたらすごい!早いね!名人じゃない?などにも、べた褒めしました。

    小学生になると、苦手なこともやらなくてはいけなくなりますから、嫌でも自分でやるようになります。
    そうすれば、だんだん出来ることも増えますから、そこはあまり心配しなくても大丈夫かと。

    あと、ご主人がレゴですごいものを作るというのは、よい側面もあると思います。
    頭の中で、こんなものができるんだ、とイメージを植え付けると、やがて手先の発達が追いついた時に、発送の源になると思います。

    今はそのままのお子さんを認めて、時期がくるのを待ってあげてください。

    ユーザーID:6062254809

  • 家庭に笑いが少ないとか?

    家庭に笑いが少ないってことはないですか?

    もしあてはまったら、とにかく「毎日家族でゲラゲラ笑って楽しく過ごす」ことを目標に過ごすといいかもしれないです。

    ご主人が器用なのは関係ないと思うので、自由にレゴでもなんでも作らせてあげてください。

    ユーザーID:4429309220

  • 親がいないところでは頑張れる

    そんなものですよ、小学校低学年までそんな感じだと思います。
    親を信頼してるんですよ。
    あと数年で反抗期がきて、いう事きかなくなります。

    ユーザーID:5909140801

  • ママ、失敗をおそれないで!

    それってお母さん譲りですよね?

    年長さんが失敗をおそれて小さくまとまってしまっている、こんな子育てであってるのかしらドキドキ。て。

    そもそも子どもの失敗ってなんでしょう?

    物を落としちゃったら拾えばいい。落として割っちゃったら拾って片づければいい。
    飲み物こぼしたら拭けばいい。
    洋服のボタンを掛け間違ったら外してはめ直せばいい。
    書いてた字が違ってもだいたい読めるからいい。

    これでいいのかな?と思うときに大人に聞くのはとても大事なことです。
    本当に痛ましいことですが、子どもたちが川とかで遊んでいて友達が浮いて来なくなったから怖くなって帰っちゃった。うちの子が帰ってこないと親が探しはじめて初めて、実は・・・と言い出したというニュースが最近ありました。
    何が大事で何が本当に取り返しがつかないのかなんて子どもにはわかりません。
    だから、失敗を恐れてもいいし、大人を頼ってもいいんです。

    ん?こぼしそうなの?いいよ、入れてあげる。
    あ、こぼしそうなの?いいよ、こぼれたら拭くから、とりあえずいれてみて?
    どっちで答えてもいいと思いますよ。

    あと、砂場などで大事なお城の最後の仕上げをママやって、みたいな大人ならではの技量を信頼しての依頼の場合は
    ぜひ、期待に応えてあげましょう。
    案外、失敗して「もうー、ママ―なんで失敗するのー」て泣かれるかもね。
    そこでごめんごめん、て謝ることで「ママも失敗するんだ・・・」と失望とともに気づいてもらえばいいと思います。

    ユーザーID:4952083585

  • 大人がやりたがる、じゃないの?

    これでいいの?と先に進めないので、
    大人が手を出している、ってことですか?

    いいよー、あってるよー、で
    促してもやらないのですか?

    親が「失敗してもいいんだよ」って、
    なんだろ、まだやってもいないのに、
    失敗を口にするって、ネガティブじゃないですか?

    海外なんかじゃ、見てるこっちがこっ恥ずかしくなるほど
    褒めちぎってやらせたりしてるじゃないですか。

    初物に慎重になるだけで、
    誰かのゴーサインが欲しいだけじゃないでしょうか。。
    まだ全然親が後押しする年代ですし。

    父親のレゴですけど、
    まさか、「お前にはこんなものは作れまい」って
    自慢しながら作ってしかも、子供の作品を
    馬鹿にしているとかじゃないですよね?

    ユーザーID:8668638632

  • 過保護すぎでは

    >思い当たるのは父親が器用で子ども用のレゴや積み木でどんどん凝ったものを作ってしまうことです

    そうですか?
    手先が器用な人の子は、引っ張られて子も手先が器用になったり、楽器弾く親の子は、影響を受けて楽器を自分でやりたがる、って子も多いですよ。
    ご主人も、子供のおもちゃとはいえ好きで作ってるんだし、それをいちいち先回りして、自分より優れたものを見せないようにしていく訳ですか?
    そんなの不可避ですよ。
    これからいくらでも、自分より優れたものを目にすることは保育園でも小学校でもあるでしょう。
    習い事なんて、もっとハッキリわかります。
    自信がなさげでも自分で出来たなら、それでいいよ、すごい、って褒めてあげることでは?
    お父さんが好きで作ってたすごいレゴが、突然、撤去されてたら…?
    うーん、じゃあ自分が作ったものも撤去されちゃうのでは?って思うよ。
    過剰に支配的なのは、トピ主さんだと思う。
    過保護すぎるのはやめたほうがいいです。

    ユーザーID:9904445624

  • ありのまま

    お気持ちはわかる気がしますが

    トピ主さんの理想のタイプの子どもじゃない、ただそれだけなんだと思います。

    子どもが生まれつき持っている気質って、父親が横でクオリティの高い作品を作ったくらいで変わるようなものではないんですよね。

    慎重な性格は、今の段階ではお子さんの中で結構メインな個性なわけですよ。それを、困っている、どうしたらいいか、というのは、お子さんに対する全否定になっちゃいますよね…

    お子さんを変えようとする目的ではなく、お子さんをまるごと受け止めることが一番だと思います。

    他の方もおっしゃるように、お子さんのその性格、気質は、とても良い面を持っていますよね。

    変えるべきなのは、トピ主さんの捉え方だと思います。なかなか我が子に対しては難しいんですけどね。

    ユーザーID:7101766582

  • 嘘はダメ

    すごく良く分かります。
    うちの子も年長ですが、本当に慎重な性格です。

    >失敗してもいいんだよ、失敗はカッコイイんだよとは言っていますが、

    ただ・・・これはダメじゃないかと。

    正直、嘘ですよね?
    これを言われた子どもが、
    「そっか!失敗ってかっこいいんだ!」
    ・・・って思うかーぃ!って話ですよ。

    常々、子どもに嘘を言ってはいけないと思っています。
    いや、分かるんですよ、大人なら。言いたいことは。

    そういうことではなく、
    子どもに対しては、きちんと伝わるように話さなければいけないと考えています。
    子どもの思いを汲むことも大切に。

    失敗がかっこいい・・・とか言っちゃうということは、
    「失敗がかっこ悪いと気にしているその子」を、丸ごと否定することになりますからね。
    そこは親として理解しておかなければいけないところだと思います。

    言うならば、
    「失敗したって大丈夫。」
    ということかと・・・。

    「世の中、取り返しのつかないことはほとんどない。」
    と伝えつつ、とにかくチャレンジをさせ続けることかと。

    人生経験が少ない子どもに自信をつけさせる方法は、とにかくチャレンジし続けることかと思っています。

    我が家では、「結果は神様の決めること、でも「するかどうか」を決めるのは自分」
    を合い言葉のように言い続け、チャレンジを褒めまくってます!
    おやつのプレゼントとかおもちゃのご褒美もあげまくりです。

    そして、結果が良ければ更にお祝いしますが、悪かった(失敗した)場合は完全にスルーです。
    イケイケドンドンです。

    言葉で取り繕うようなことは、やめた方がいいと思いますよ。
    何より、子どもに伝わらないでしょう。

    ユーザーID:6824545909

  • 何事にも慎重派なんでしょうね

    お子さんの慎重な性格は決して悪くないです
    信号を確認して渡るから事故に遭いにくいし
    不注意による大きなケガもしません
    うちの子も慎重君でしたので、無事に成長しましたよ

    お母様は自主性の欠如や心配性ぶりを心配されているようですが、まだ年長さんでこの世に出て来てたったの6年しか生活していませんし、経験している世界はご家庭と園のみで狭いのです

    そんな中で自主性が心配性がと心配するのは早すぎますよ〜
    ブロックなどの室内遊びより一度、親子で水や泥まみれになって遊んでみてはいかがでしょうか?
    季節は夏です、お母様が率先して水遊び場や砂場、プレイパークなどに行って汚れる遊びをお子さんと楽しんで下さい
    野外遊びは子供の本能の目覚めや好奇心に凄く効きますよ

    うちの子は慎重君でありつつも1歳の保育園入園時から小4まで泥まみれで遊んで12才で親元を離れて進学し、自立し始めて15才のしっかりしたお兄ちゃんになりました

    ユーザーID:7367885967

  • いちいち褒めてますか?

    本人が元々神経質なのかもしれませんが。

    一般的には失敗を恐れて確認しまくるのは、自分でやったことに褒められた経験が少ない子供や、「こんなコトしたらダメでしょ」って誰かに言われることが多い子供だと思っています。

    >父親が器用で子ども用のレゴや積み木でどんどん凝ったものを作ってしまう
    それなら、最初は簡単な物を。その次は少しだけ凝った物を作ってもらうなどして、子供が同じ物を作れたら「凄いね」「同じ物が作れたね」から始め、難しくなってくると「こんな難しい物が作れたね。凄いね」とだんだんランクを上げていくのも良いと思います。

    また、これでいいの?。あってる?って聞かれたら、よほど間違ってない限り、「あってるよ」「よくできてるよ」と答えればよいと思います。

    私は兄にからかわれたりすると、自信をなくしていました。友達などにからかわれてたり、馬鹿にされていないかも、要チェックでしょう。

    ユーザーID:1706785562

レス求!トピ一覧