現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子供の頃に一番怖かったお話

紫陽花の傘
2019年8月21日 8:37

子供の頃に一番怖かったお話は何ですか?
私が一番怖かったのは、布団から手足をはみ出して寝てると、お化けが手足を掴む という話です。
毎晩布団の真ん中で石のように固く丸まって緊張しながら寝てました。朝起きると、手足がしびれてるくらい。 怖かった!

ユーザーID:6867518501  


お気に入り登録数:153
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:75本

タイトル 投稿者 更新時間
西瓜の種を食べると
たね
2019年8月21日 11:41

お話というわけではなく、自分で勝手に思い込んでいた事なんですけど、

「西瓜の種を食べると、お腹の中で芽が出て成長していく」
という観念。トピ主さんのお話と通ずるものがある気がします。

夏に西瓜を食べた後、種を食べてしまったんじゃないか、大きくなってお腹の中で西瓜がなったらどうしようと、恐怖におののいていました。

ユーザーID:9098130543
海坊主と…
2019年8月21日 12:01

海坊主と夜中のぼっとん便所です。

どちらも暗闇の底から、手が伸びてきて足首を掴むんです。
まぁ今の若い人は、ぼっとん便所なんて知らないでしょうけどね。

ユーザーID:5339630043
吸血鬼
青空
2019年8月21日 12:05

子供の頃は怖がりの怖い話好きでした。
片っ端から読んで怖い怖いと思ってました。
ほとんどは忘れてしまいましたが、
今でも覚えているのが吸血鬼のエピソード。

吸血鬼は戸締りをしていても鍵穴から家に入れる
みたいなことが書いてありまして
我が家にも入ってきたらどうしようってドキドキしていました。

冷静に考えると、我が家には外と中が繋がっている鍵穴ないんですよね。
西洋の古いお話だと鍵穴から覗くなんてことをやっていましたから
吸血鬼伝説みたいな時代は鍵穴から吸血鬼も入れたんでしょうが。

ユーザーID:1681420368
合わせ鏡
アラフィフママ
2019年8月21日 12:42

私の部屋に鏡があり、位置的に合わせ鏡になっていました。

真夜中の12時に合わせ鏡の前に立つと、自分の死に顔が映ると聞いて
怖くて怖くて高校生まで12時までに眠るようにしていました。

懐かしいこと思い出しました(笑)

ユーザーID:2971224135
雉も鳴かずば
キキララ
2019年8月21日 13:12

テレビの「マンガ日本昔話」で見た
「雉も鳴かずば」。

怖かったんだよおおおお。
今でも怖い。

ユーザーID:2846414781
お金を粗末にすると
souann
2019年8月21日 13:48

幼少のころ、やさしい祖母が、
「お金を粗末にすると、目がつぶれる。」と吹き込みました。
ポケットの小銭が1枚、ポッチャントイレに落ちたとき怖かった。
神棚に手を合わせ「目がつぶれませんように。」と何回も祈りました。

孫には非化学的な教えは慎み、お金の大切さを教えています。

ユーザーID:9010885523
耳無し法師
絹子
2019年8月21日 14:42

昭和の時代は、夏は怪談話、色々やってましたよね。
色々あるけど、絵とか、変に怖かったです。

ユーザーID:9262146769
膝に。
ゆきうさぎ
2019年8月21日 14:48

海岸の岩場で転ぶと、
岩場のフジツボが膝の皿で増殖する、という話。

ヒー、怖くて岩場に行けないよぉ〜!!

ユーザーID:7809066043
父とテレビで見た映画
まろん
2019年8月21日 20:36

小学生の頃、見た
ゴールデン洋画劇場・金曜ロードショーだったかなぁ。
当時はホラー映画をよくやっていたんですよ
「13日の金曜日」「エルム街の悪夢」「ペットセメタリー」「キョンシー」
あとアドベンチャー映画ですけど「グーニーズ」も怖かったですねぇ。

ユーザーID:6295123264
パンに乗った少女(ネタバレ)携帯からの書き込み
インゲル
2019年8月21日 22:17

キキララさんの「雉も鳴かずば」にも同意です。

NHKの教育テレビの“おとぎの部屋”という童話劇「パンにのった少女」が怖かったです。

たしか、お金持ちの養女だかになった少女がわがままになって、ある日、川を渡るのにパンを踏み石代わりに足をのせたら、神さまの逆鱗に触れ川底へまっしぐら。

その場面で、コーラスが高らかに流れたんですが怖かったです。

神に背いたインゲルゥゥ
神に背いたインゲルゥゥ

それが、子供向けと思えない本格的コーラスで、今でも覚えてます。

ユーザーID:2855177299
マタンゴ
八尾の狐
2019年8月21日 22:47

これは1963年のホラー映画でその時小学校の低学年だった私の見るものじゃなかったんですが、両親がそう言う事に少し無頓着なほうで映画館で見てしまいました。

その後一月ぐらいは外に出るのも怖くて学校への行き帰りは必ず近所の子供達に頼み込んで一緒に歩いてもらったほどです。

大人になってからもその記憶は衰えず、インターネットという便利な物が出来たのでそれで調べてみました。どうもあれはウィリアム・ホジソンという作家の「夜の声」という怪奇小説を基にして日本の映画会社が映画化したものだったようです。

まだ小さかった私があれほど怖がった映画だけども今もう一度見たらきっとチャチな物に見えるだろうなあと思いつつDVDをレンタルしてみたら、驚いた事に中々良くできた映画でした。もちろんあの頃のようにむやみに怖がる事はないですが、映画そのものは面白かったです。

もしDVDが手に入るようでしたらお勧めします。それに原作の「夜の声」はもっと良いのでこれもお勧めです。

ユーザーID:0073703309
お化けネタばかりですが
ぎゃあぁ
2019年8月22日 0:43

お盆に海に行ったら幽霊に足を引っ張られて海に引きずり込まれる。

誰かに肩をたたかれて左側から振り返ったら幽霊が憑いてる。

小学校のトイレの後ろから2番目には絶対に入ってはいけない。

二宮金次郎像が夜中に校庭を走る。(25年が経ちますがその噂はいまだに健在)

一つに絞れないですね。。。

ユーザーID:1765263221
転ぶと…携帯からの書き込み
鬼太郎
2019年8月22日 0:57

墓場で転ぶと連れていかれる…でした。 実際に故郷の墓場は古く寺の古文書からして500年以上、土葬の上に 大きな柳があり 「ゲゲゲの鬼太郎」のリアル盤でした、転んだ日は一晩寝ないでトイレ(外の〇ッチャン式)も我慢していました。

ユーザーID:2425671176
ノストラダムスの大予言携帯からの書き込み
かな
2019年8月22日 6:44

マンガちびまる子ちゃんでノストラダムスの預言のことを知ったのが、小学校低学年の時。1999年は中3の予定。毎日、ノストラダムスのことが頭の片隅にあり、怖くて怖くてたまりませんでした。地球が崩壊を始めたら静かなところで睡眠薬を飲んで静かに死のうと心に決めているほどでした。
結果、中3の夏は部活の引退試合と受験でいっぱいいっぱいで、気づいたら秋になっていました。

後、当時よくやっていた宜保愛子さんや織田無道さんのテレビも怖かったー

ユーザーID:0011913486
既に子供じゃなかったけど・・・
おとぎ話は怖いよね
2019年8月22日 7:54

NHKの『パンをふんだ娘』は怖かったですね。

影絵だったことと
インゲルがパンを踏んだ瞬間
背景が突然、炎に包まれ
♪パンをふんだ娘〜
のコーラスが、責め立てるように響き
当時すでに大人だった私でも、トラウマ級に怖かったです。

ユーザーID:7864612642
ヘビ女
なみ
2019年8月22日 9:17

たぶん、楳図かずおさんのマンガだったと思いますが
「ヘビ少女」だったと思いますが、夜、寝ている女の子の口に天井から降ってきたヘビが入ってヘビ女になるってのがありました。
当時は天井は木張りがおおく、木目が人の顔に見えたり節が開いていて
上を向いて寝るのが怖くて、トピ主さんと同じように 布団をひっかぶって寝ていました。
でも、朝、目が覚めたときに上を向いていたり、口を開いていたりすると
もしかしたら、寝ている間に自分の体の中にもヘビが入ってしまったのでは?
と恐怖に怯えていました。
本当に毎晩毎晩、怖かったです。

その後、赤んぼ少女、たまみちゃんにも出会い、楳図さんのマンガがトラウマになりました。

ユーザーID:8105564471
ヒグマの映画
夏休み
2019年8月22日 9:24

幼い頃、金曜ロードショーとかかなあ。親と一緒に狂暴な熊に人間が襲われる映画を観てからしばらくの間、夜眠れなくなったことを覚えています。
幼くてなんていう映画か覚えていなかったんですが、調べてみたところおそらく1976年公開のハリウッド映画「グリズリー」だったと思う。

キャンプをしていた女性が熊に襲われ、山小屋に逃げ込んでそこに熊が追いかけてくるというシーンは衝撃的で、当時自宅からかなり遠くにあった動物園から熊が逃げてきて襲われたらどうしようと母親に泣きついていたものです。
大丈夫と言われても納得しなかったんですが、父親の「動物園の熊さんはずっと檻の中にいるからこんな遠くまで走れないし、飼育員からご飯をもらっているからお腹もいっぱいで人を襲ったりしない」というような事を説明されて子供心にすごく納得したっけ。笑

大人になった今、動物園や映像で熊さんを見るのはなんともないですしむしろ可愛いとさえ感じますが(動物大好きです)、山へのキャンプなどは一切経験なし。今後もしないと思います。

ユーザーID:7299825446
猫は生きている
昔少女
2019年8月22日 10:01

学校の戦争教育的な授業で毎年見させられていた映画のひとつ
東京大空襲で赤ちゃんを含めた一家全滅するんですが
住みついていたノラ猫たちだけが最後焼け野原で生き残ります

人形劇だったので、妖しいリアルさで恐ろしかったです

ユーザーID:4457632610
カチカチ山
コロン
2019年8月22日 10:11

火傷に唐辛子入りの味噌でしたか、アレを塗るくだり…

いくら何でもそこまで!と子どもながらに思いましたね。

大人になって、それに近い気持ちになったりして、擦れたなあ…私と思いましたね。

綺麗事では済まない相手もいるもので。

ユーザーID:9849203401
「インゲル」さん、惜しい!
トリン
2019年8月22日 10:47

「パンにのった少女」ではなくて
「パンをふんだ娘」です。

「神に背いたインゲルゥゥ」
に続いて
「地獄にーーー落ちたーーー」と歌う部分が
超ーーー怖いです!!

ユーザーID:5075098257
 
現在位置は
です