学歴コンプレックス??

レス20
(トピ主0
お気に入り17

家族・友人・人間関係

トピ主

大学二年生になる女性です。高校三年生の時、一般受験を経て今の大学に現役で進学しました。しかし、そこは第一志望ではありません。ありがちな話だとは思いますが、今でもかつて第一志望だった大学の名前を聞くだけで辛くなってしまいます。例えば、電車で〇〇大学の人が〜みたいな話をしてるのを聞いたり、テレビで現役の〇〇大生!みたいな感じで紹介されてるのを見たりするだけで泣き出してしまうこともよくあります。中高と滅多に遊ぶことなく、友達もほとんどいなくて、部活も途中でやめ、第一志望のために勉強に専念した青春でしたが、報われませんでした。経済的な事情で浪人もしませんでした。現在の大学生活も、熱中できることが何もなく、全くつまらなくていつも孤独です。やりたかった学問も勉強できません。自分の実力不足だとわかっていながら、人一倍後悔を引きずりやすい性格で、どうしようもないのに落ち込んでしまう性格を直したいのです。どうすれば直るのでしょうか。

ユーザーID:5959976045

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
  • 本音

    私はアラフォーですが学歴コンプレックスはいまだにあります。一流大学の人でさえも入れない優良企業に入り、年収も上位数パーセントに入ります。国家資格を取得し語学も身につけました。

    努力したのは学歴コンプを払拭するためでした。しかしここまでやってもいまだに学歴コンプは消えません。有名大学を出ている方に嫉妬してしまいます。
    トピ主さんに同じ思いをして欲しくないので提案ですが、まだお若いので希望する大学へ編入などはできませんか。

    お望みの答えになってすみませんが本音を言わせてもらいました。

    ユーザーID:7096689426

  • 今更?

    どうしても後悔を引きずるのなら、大学院で第一志望の大学に行ってみるとか?
    でも、大学は通過地点に過ぎないので、就職先の方が重大だと思いますよ。
    トピ主さんのようにクヨクヨしていたら、就職先もまた第一志望じゃないと
    泣くことになりそうです。

    何学部かわかりませんが、安定感で世間の憧れの公務員になるとか頑張ってみれば?
    私の友達は進学校出身なのに一浪して私立の短大に進学したので、周りは呆れてましたが、
    短大で頑張って公務員になった途端、周りの評価は彼女はすごいってことになりましたよ(笑)

    ユーザーID:5433103361

  • 大学院

    私の場合は、親が全く娘の教育に関心がなく第一希望すら受験させてもらえず、自宅から通学可という理由で泣く泣く地元の地方大学へ行きました。当然、卒業後はどこからもまともに扱ってもらえず。。。

    仕方ないので自分で働いたお金で、大学院留学して現在はかなりな最終学歴持ってます。悪く言う人は、学歴ロンダリングだなんて言うのでしょうね。まあ、悔しかったら同じかそれ以上をやってみてから言ってください、と言い返せますが。

    現在の大学でできるだけ勉強して大学院で挽回しましょう。

    ユーザーID:8607665500

  • 入学した大学をバカにしているからでは?

    第一志望に入れなかった人はごまんといます。

    浪人は認めないとのご両親の約束があったにしろ、そもそもあなたが今の大学に行くと決めたのでしょう。ご両親は高い学費を払ってくれているのに、不満たらたらみっともない。

    都度、置かれた環境の中で花を咲かせるべく精一杯今の学生生活を謳歌しましょうよ。
    社会人になると医者などの専門職以外は、一般企業に就職して働くと学歴なんて殆ど関係なくなります。。多少他の人より学歴が劣ろうが、そうでなかろうがすべては自分次第。

    社会に出てごらんなさい、今くよくよいじいじしてる事が、私はあの頃なんで
    あんな事で悩んでいたのか 若かったなあと思うときがきますよ。

    後、十年もすれば今の悩みなどかわいいもんと言うくらい大きな困難も経験するでしょう。

    大切な学ぶ時間を無駄にしないで、置かれた環境で精一杯花を咲かせるよう気持ちをかえましょうね。

    諦めない、腐らない、投げ出さない、で頑張ってね。

    ユーザーID:0526254281

  • できない自分(=現実)を認めること

    トピ主の親世代です。

    2年生になっても、まだ引きずっているのはいかがかと思いますが、気持ちはわからんでもありません。

    でも、その程度のことで泣いていたら、社会に出たらやっていけません。
    入試は比較的公平ですが、社会では理不尽なことも山盛りありますよ?



    >中高と滅多に遊ぶことなく、友達もほとんどいなくて、部活も途中でやめ、第一志望のために勉強に専念した青春でしたが、報われませんでした

    その程度のこといくらでもあるし、大変申し訳ないのですが、ほんの一部の大学以外、そこまで勉強に専念して合格しないのであれば、それは、

    「自分の能力と努力の仕方ではその程度」

    という厳しい現実だということ。



    プライド高いのですね。トピ主。
    でも、「目標を達成するための“合理的な”努力」はあまりしない人。



    トピ主、第一志望への憧れが強すぎて、模試の結果を都合よく解釈していませんでしたか?50%程度の判定なのに、「合格しそうだ!」とか。


    だとしたら、

    「目標達成のための、努力の仕方が間違っていた」

    ということだし、途中で方法を変更をすることも考えなかった。



    今後、社会へ出るにあたってトピ主が意識しなければいけないことは、

    「今の自分の立ち位置はどこか(=目標達成できるところにいるのか)理解する」

    「今の方法で努力し続けて大丈夫なのかを常に検証する」

    「努力は必ず報われるわけではないことを意識する」

    ことでしょう。



    間違った努力を長く続けることほど、愚かなことはない。
    トピ主は、きっと、間違った方法で中・高と過ごしてしまったに違いない。
    だから、「徒労感」が強い。


    過ぎたことは取り返せません。
    常に前を向いて歩き続けましょう。それが人生です。

    ユーザーID:4793372600

  • 人生の目的を探し定める

    高校時代の目標は第一志望大学への進学だったが、残念ながら希望がかなわなかったと言うところですね。

    貴方にお聞きしたいのは「残りの長い人生の目標は何ですか?」です。
    大学進学は人生の目標?への長い人生の一コマにすぎません。
    目標とする大学に進学してもできなくても、人生は続きます。

    まず、どのような人生をおくりたいのか考えて、その人生を手に入れるための目標を決めたら如何でしょうか。
    高校時代には脇目を振らず、勉強に集中できたことは貴方の財産だと思います。
    長い人生は始まったばかりです、これからですよ。 応援しています。

    ユーザーID:2355150117

  • 「自分でその大学に進学すると決めた」自覚が少ないのでは?

    第1志望の大学に入れない人はたくさんいます。そんな人でも第2志望・第3志望の大学で真面目に勉強し楽しんでいる人が多いです。

    トピ主さんの問題は、第1志望に落ちて、今の大学に進学することを決めたとき、「この大学に行くと自分が決めた」という意識が少なかったのだろうと思います。

    どんな事情があるにせよ、アルバイトしながら浪人する方法や、一旦どこかに(派遣ででもパートででも)就職して貯金してから大学受験することもできない話でもありません。

    そんな考えをご両親が認めないのなら(お勧めはしないけど)家出をする方法もあります。

    そういった(お勧めできない案も含め)いろんな方策がある中で、他の選択肢を全て排除して「今の大学に進学する」ことを選んだのはトピ主さん自身です。いくら親の意見に左右されたのだとしても、最終的に了承したのはトピ主さんです。

    「選択肢が一つしかない」場合でも、自分がその選択肢に進むかどうかは(人の意見も一応は聞き)自分の責任で十分に考えて自分で判断すべきです。

    普通は「自分が考え抜いて選択した道」なら、そう簡単に後悔することも少ないし、時々は後悔しても、後悔する程度はかなり減ります。

    私も大学こそ第1志望でしたが、(当時は)通常ならほとんどの学生が教授推薦で大企業に就職できるはずなのに、突然の不況で、名前も知らなかった小企業に(選択肢1つのみで)入ることになりました。

    私は後悔したくなかったので「自分が入社すると決めたから、この小企業に就職したのだ」と思いました。

    そんな気持ちも手伝ったのか、給与は少なくても仕事は面白かった。会社でも活躍できました。

    人生は大学で決まるのではありません。今後も入りたい企業や、やりたい仕事に就けないかもしれない。

    でも、常に「自分が道を選択する」と決めて進めば後悔することは減ります。

    ユーザーID:0998944939

  • 正に、『浜の真砂は尽きるとも

    世に「学校歴コンプレックスの種」は尽きまじ』ですね。

    全ての学生が東京阪のような日本を代表する大学に籍を置けば、この種の劣等感を克服できるかと言えば、そうでもなさそうです。

    息子が東大理、数理科学研究科から博士号を取得、ファンドマネジャーとして働いています。彼は京大数理解析研究所の某教授から博士号を取得したかったようです。

    大学の役目は、学生に専門知識と学位を与える場所です。所属している大学が気に入らなければ、転学すべきでしょう。転学すれば、貴女の悩みは消えます。実行あるのみです。

    ユーザーID:2543470287

  • 前に進めますよう

    東大出の上司(雇われ社長)がいました。どうしたら状況を変えられるという相談はかなりしたのですが、全く聞かず、三期続けて赤を出し、債務超過。オーナーから解任され、会社も閉めることになったにも関わらず、従業員に謝りもしませんでした。

    もう還暦近い人でしたが、40年以上前の大学受験の時の全国模試での自分の順位まで覚えているくらい学歴や成績には自信ある人でした。ある時期までは一流の会社でそれなりでしたが、あるところで頭打ちになったようです。

    学歴ある人がみんなそうとは思いません。もちろん立派に成功されている方もたくさんいらっしゃいますが、学歴が社会ではあてにならないのも確かです。

    私は国立大ではありますが、ずっと下のランクの大学出です。起業して、結局はその会社の業務を引き継ぎましたが、もう十年以上、赤を出さずに継続させています。

    学歴コンプレックスにさっさと見切りをつけて、前に進めるようお祈りします。

    ユーザーID:1309464310

  • 追加:今、トピ主さんができること

    昨日のレスの追記です。

    >現在の大学生活も、熱中できることが何もなく、全くつまらなくていつも孤独です。
    >やりたかった学問も勉強できません。

    大学生なのに勉強できない危機的状況なら、しばらく大学に通うのを中断するのが良いです。

    今のままで留年したり、就職できない恐れが少しでもあるのなら、大学に通うのを休み、旅行でも遊びでも、読書したり、音楽を聴いたり、自分の好きなことをして心を落ち着けることが必要です。

    その後に、今後どうするべきかいろいろ考えれば良いのです。

    もし「そんなことはできない」と思うなら、その理由は何ですか?。
    大学を休んだら留年する?。今までの学費がもったいない?。親がどう思うか?。

    そのくらい、何年間も就職できない場合に比べるとたいした理由ではない。

    「休みたくない」のが自分の意志なら、自分の意志で大学で真面目に勉強すべき。

    しばらく休んで、「やっぱり今の大学で勉強したい」と思うのなら、もういちどやる気を出して大学へ通えば良い。

    どう考えても「今の大学は嫌」だと思うなら、別の大学(できるなら第1志望の大学へ)編入するとか。

    編入が無理なら、今の大学を中退してアルバイトや就職して資金を稼ぎ、第1志望の大学や他の大学を再受験するとか。

    いっそのこと就職するとか。

    どんな方策があるか、大学の先生にアドバイスをもらい、自分でも調べ考え、その中から一番良いと思う方法を自分で選べば良いのです。

    そこまで具体的に調べ考えていくと、私も含め多くの人は「今の大学で勉強したい」という意志を固めるでしょう。

    それはどうしても嫌で「第1志望の大学へ入りたい」と思い、あえて困難な道を選ぶのであれば、私はトピ主さんを賞賛します。

    そこまで自分で決めて、困難な道を歩むなら、たとえ再び第1志望に落ちても、トピ主さんは自分の道を自分で切り開くことができます。

    ユーザーID:0998944939

  • ウソでもいいから、自分を納得させよう

    悶々とする気持ちはわかります。

    しかし、今から第一志望に再チャレンジする、という選択をせず、このまま卒業するつもりなら、自分を偽ってでもいいので、今いる環境を肯定し、納得してください。

    でないと、一生引きずりますよ。

    私の知人にもいます。出身大学の話題になると、「XX大学を受けたんですが、あーでこーで、何とかで、受からず、○○大学に入ったんです」と、必ず前置きを言う人。悲しいと思いませんか?

    また、私の友人の会社の人は、学歴コンプレックスが行き過ぎて、取引先にウソの出身大学を言って、大問題になりました。巻き込まれた友人本人から聞いた話です。

    極め付きの実体験。私自身の会社の後輩(別の部署)が、取引先の人と出身大学の話題になり、本人は「謙遜」したつもりで、「いやー、私、勉強できないバカ高校生だったんで、△△大学なんですよ。へへへ」と回答。ところがその取引先の人の息子がその大学の学生。激怒した取引先から、出入り禁止を食らいました。

    自分を肯定すること。今ある環境を肯定すること。そうしないと、一生、ウジウジした人生を歩みますよ。

    ユーザーID:8291593886

  • なんで?

    世の中には仕方ないことがあると思ってる私にはわかりません。

    しかも、もっとイケメンだったら良かったとか、もっと美人だったら良かったとかではなく。
    勉強しての受験で第一志望が不合格だったんですよね?
    だったら、判定を受け入れるだけだと思ったんですが。

    ちなみに、私の父は親の事業の傾きの煽りを食らい、難関大学の難関学部に合格できたのに諦めました。
    めちゃめちゃかわいそうだったと思いました。

    トピ主さんが不本意だと思ってる在学中の大学に背を向けたままだと、トピ主さんは不本意な大学ですら、きちんとした成績を修められないんじゃないの?
    私なら、身の丈に合う場所でめちゃめちゃ頑張る。
    だって、そこが頑張る場所だもの。

    トピ主さん、長い目で人生を見たらいいよ。
    今はわからないかもしれないけど、与えられた場所を好きになると自分も楽になるから。

    ユーザーID:6398078892

  • ちょっと受けた傷が深すぎのかな

    不合格だったことの心的外傷がやや、深いのではないでしょうか。
    今も涙してしまう。新しいことに取り組む力がわかないというのであれば。

    こうなると、自力だけでは浮上できないと思います。

    大学には今、カウンセリングを受ける態勢が出来てると思いますよ。
    相談に行ってみましょう。

    落ち込み続けていること自体、気持ちを切り替えられない自分は人よりマイナスだ、なんてますます追い詰めていませんか?
    これをパワーにして何かしようにも、自分にはそんな能力もない、と絶望してるのでは。

    もう少し、ダメな自分を許してあげてほしいです。
    すごく頑張ったのに落ちちゃう自分を愛おしい、と思ってあげてほしい。
    いま苦しいところでもがいている自分を健気でいい子だ、って思ってあげて。

    浮上するきっかけは人によって違うと思います。
    ある歌手の歌で浮上するかもしれないし、
    誰か話のできる友達ができるかもしれないし、
    思いがけない夢が見つかるかもしれないし。

    それまでは、もがき苦しんでいること自体、自分の心の畑を耕してると思って、カウンセラーに助けを求めたり、親に辛さを打ちあけたり、本を読んだりして自分に優しくしてあげてください。

    今、あなたは確実に、人に優しくなっていっています。
    努力する人、努力の報われなかった人に寄り添う心が育っていっています。

    気が進まなくても、今の専攻に関する本をどうぞ、読んでみてね。
    それはあなたの遠回りでも、遠回りだからこその血肉にきっとなるからね。

    ユーザーID:7126706480

  • コンプレックスにどっぷり浸かり、とことん向き合いましょう

    私はコンプレックスがあることは悪いこととは思いません。
    ただ、コンプレックスは性格を拗らせやすい、正確に言うとコンプレックスに背を向けると拗れると思ってます。
    まだ大学二年生、少しはのんびりできる時期です。
    この時期にとことんコンプレックスに浸かってみてはいかがでしょうか?
    不満に思うこと、後悔してること、辛いこと、悲しいこと…
    負の感情にとことん向き合ってみてください。
    多分、そうしているうちに気が済んで、どうでも良くなります。
    その過程を経てやっと次へ進めるのだと思います。

    そうしないと無意識の中にコンプレックスをしまい込み、抱え込み、
    不可解な言動をしてしまう困った大人になります。

    今はまだ呑気な学生、
    浸り、向き合うなら今のうちです。

    ユーザーID:0655481582

  • お気持ち判ります

    私も学歴コンプレックスを持っています。私の場合は高校が第一志望校ではなく、偏差値の低い高校へいってしまったことです。
    学歴主義の母方の親戚や世間体を気にする親からは散々馬鹿にされて、卒業するまでの三年間はほとんどノイローゼ―状態で学校通っていました。
    それでも卒業後は大学に進学しましたが、例え大学卒業していても地元企業は出身高校名でその人物を評価するので、働いている間はかなり酷い扱いを受けたので、地元で働くのはあきらめて卒業した大学のある県に再就職活動中です。

    トピ主さんも第一志望大学に入れなかったのは残念ですが、その大学で恋人をみつけるなど他に集中できるものをみつけるしかないと思います。

    ユーザーID:8425985011

  • 向上心を持ち続けて

    日本の超有名企業から、40で入った会社では世界中の有名大学、MBA、博士号で本当に頭のキレキレな同僚や上司がいました。
    今では、コンプレックスは無くなるわけありませんが、対等に仕事してます。
    頑張ったおかげで、年収も嫁が単位間違えるくらい稼げるようになりました。
    諦めてはダメです!優秀な人達も勉強し続けてます、楽しようなんて思わず努力し続ければきっと良い事ありますよ

    ユーザーID:3060614206

  • くよくよしてても時間は進む

    くよくよしていて落ち込んでいたら時間は止まる?

    そんなことはなくチクタクチクタクと時間は過ぎていきます。


    振り返っても何も変えられないのです。


    第一志望に落ちて今の大学に入学したのだから仕方のないことに、
    くよくよしないことです。

    変えられるのは現在の自分ですし今の自分が全てです。
    歩みを止めることなく明日につなげていってください。

    ガンバレ!

    ユーザーID:3839289883

  • 人間万事塞翁が馬

    物事は見方によって変わります。物事は考えようです。

    例えば円柱。上から見る円、横から見ると四角形。
    世間で明るいと言われ方をしている人。そのとおり明るい人。
    しかし人によっては、騒がしい人というかもしれません。

    よく言われるコップの水が半分。
    これを「あと半分しかない」と捉えるか
    「まだ半分もある」と捉えるのか、人それぞれです。

    トピ主さんに対しておこってる事実もそうです。
    いろんな捉え方ができるはずです。そこは、ご自身で考えてみてください。

    第一希望の大学がダメだった?。
    私は第一希望の高校ではなかったです。当然、くやしい思いはしました。
    しかし結果的には楽しい友人もでき、いい高校生活でした。
    第一希望の高校なら、もっと楽しい友人ができていたかもしれません。
    でも、そんなこと考えても仕方ありません。どうにもならないのです。
    現実に向き合うしかないのです。そこで、いつまでもひきづっていたら
    私も友人ができていなかったかもしれません。

    〇〇大学、A社、いくら優良大学・企業に在籍していても、それはただの
    看板です。看板が外れたら、みんな普通の人です。
    現実に向き合って自分自身を磨きましょう。

    長い人生、努力したからといって自分の思い通りにはなりませんよ。
    いろんな波があって成長するのです。そういう意味でトピ主さんは
    いい体験をしています。努力した結果、縁のある方向に導かれてるのです。

    「人間万事塞翁が馬」これを参考にされてはどうですか?。

    ユーザーID:0176385634

  • 性格はなかなか直せないですよね。

    何十年も前ですが、私も大学受験では何校も受験し、
    片っ端から落ちて、引っかかった大学に入学しました。
    でも、大学ではそれなりに楽しんでいたと思います。

    コンプレックスや未練が全くないということはなく、
    今でも聞かれない限りは、自分から出身大学を言うことは
    ほぼありません。

    それでも何故それなりの納得ができたのかというと
    希望の”学科”だったからです。
    第1志望の大学だろうと、滑り止め大学だろうと
    学ぶ内容はほぼ同じだったからです。

    トピ主さんは「熱中するものがない」とのことですが、
    勉強、研究のために大学に入学したのではないですか?
    自分にとって興味ある分野の専門学問を研究するために
    大学受験をしたのではないでしょうか。

    どんなレベルの大学でも、曲がりなりにも大学の先生
    である人たちは、その分野の専門家ですよね。
    一緒に自分の力を伸ばしていく仲間がいないなら
    自分の力を伸ばす導きをしてくれる先生を
    見つけてはいかが?

    コンプレックスをなくすことは難しいけど、
    一生懸命取り組む目標ができれば
    自然と解消されていくと思います。

    是非、入学した大学で好成績を挙げるよう
    頑張って勉強してください。

    ユーザーID:8737942972

  • あっという間に中年のおばちゃんになるよ

    お気持ちとても分かります。
    私自身がそうで、他大学の大学院に進みました。
    親に顔向けできるよう、専門資格も取りました。

    で、高学歴の夫と結婚しました。

    それでも学歴コンプレックスは解消されず、今となっては資格も役に立たず(家庭の都合で専業主婦歴15年以上、もう復帰は無理)、今は子どもの教育で苦しんでいます。

    今振り返って思うのは、入った大学でうじゃじゃけておらずに一生懸命勉強すればよかった。
    その大学を第一志望にしてきた友人たちが、輝いてその後の社会人生活や、研究生活を送っている姿をまぶしく感じます。
    今思えば、嫌いな学科じゃなかった。
    入学当初はおそらくわたしの学力の方が高かったでしょうが、うじうじしているうちに、卒業時には底辺にいたんじゃないかな?
    大学院進学を目指して勉強しなおしましたが、他大学他学科だったので、最後まで在籍する大学には背を向けていたような4年間でした。

    気が付けばあっという間に中年のおばさんです。
    大学在学中に、気持ちを切り替えて、ちゃんと大学の勉強に打ち込めばよかった。
    もったいなかった。

    まあこればかりは、気持ちを切り替えろと言われて出来るものではないでしょうけれど。
    うかうかしていると、私みたいになりますよ。

    今通っている大学の卒業生で、輝いている人はいませんか?
    もうね、他大学のことは見ない聞かない。
    鶏口となるも牛後となるなかれという言葉もあります。
    大学の首席卒業者を目指してはいかがでしょうか。

    蛇足ですが、「院卒」は、聞こえが良く、学歴ロンダリングと言われるのもなるほどなと実感はしました。
    大学院での勉強、研究には、やりがいを感じましたよ。でもやはり、そこで周りとの学力、地頭、実力の差は思い知りました。
    参考までに。

    ユーザーID:7199570912

レス求!トピ一覧