生活感覚が合わない 

レス77
お気に入り384
トピ主のみ1

kyou

男女

今年結婚した夫婦の妻です。子供はいません。

夫は裕福に育ち家族仲も円満、私はその逆と思って頂ければ。

我が家ではとにかく肉魚野菜は閉店間際のセールで買うのが普通でした。肉は少しでも安い輸入もの、肉魚は日付が限界に近付いたものを買いだめ冷凍庫に放り込む。野菜は少し傷んだもののワゴンセール等々。

それらを夫が義両親に報告し、義母から苦情が私のもとへ。私はどうしても解せず傷んだ野菜のワゴンセールだけはやめましたが、他は続けています。

衣服・ファッションでもそうです。夫のスーツは輸入生地で仕立て。私にも勧めて来ましたが勿体ないと断りました。私は量販店で十分です。普段着すらも夫は拘り、一方私はファストファッションで有難い。

車も軽しか乗った事がない暮らしだったので、夫の輸入車は却って落ち着きません。
靴だけは気が合い、足は大事だからと高価な靴を買ってくれる夫に合わせてます。

営みの方も積極的にお勤めしなければという考えの私に対し引き気味の夫。合いません。

結局靴以外はことごとく合わないのです。靴の件は私が立ち仕事なので納得しています。

この結婚続くでしょうか、不安になっています。なお夫は外資金融です。

ユーザーID:0879267007

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数77

レスする
  • ケチは自分だけにして

    傷んだ野菜なんて、食べたくないです
    値段重視なら自分の分だけ
    腐った野菜を買って、旦那さんには
    新鮮な野菜を食べさせるべきでしょう

    裕福云々の前に、腐ったもの
    腐りかけのものを
    安いからと受け入れる人と入れない人がいます

    とぴ主は腐りかけでも腐っていても大丈夫みたいですので
    自分だけ好きなだけ腐ったものを食べてください

    家族に押し付けるのはよくないです

    ユーザーID:4734670777

  • 食品は新鮮なものを

    美味しさも栄養も違ってくるからね。

    あとは質素で良いんじゃないかな。御主人のものは本人に任せて。そして貯金はしっかりしておく。一生お金持ちでいられれば良いけど万が一って時のためにね。

    ユーザーID:9900081183

  • 少しは合わせる努力を

    お二人の違いは分かりました。

    どれも「譲れない」と、頑なになるほどの事ではありませんね。

    幸いにして、経済的には、彼に合わせる余裕もありそう。

    そうであれば、頑固にあなたの流儀を貫き通す理由は希薄ですね。

    全てでなくても、半分ぐらい、彼に合わせたらどうでしょうか?

    夫婦関係は、互いに認め合い譲り合って、
    60年70年続けるものですから。

    ユーザーID:5097824930

  • さぁ…

    あなた方の結婚が続くかどうかなんて誰にも分かりません。

    ただちょっと不思議なのは、そういう価値観の相違が結婚前に分からなかったのか。
    一緒にスーパーの買い物に行ったりしなかったの?

    義母にあなたの買い物方法について叱られた後に、ご主人に
    「お義母さんに話したんでしょ。私の買い物、嫌だった?」とか聞いてないの?
    聞いたならご主人はなんと?
    聞いてないなら何故聞かない。

    あなたとご主人が続くかどうかなんて誰にも分からない。
    ただ続けたいなら続けられるよう努力しないと。
    その努力を怠ると続かないかもしれないですね。

    ユーザーID:1161285909

  • 何故

    まず、どういった経緯で結婚したんですか。
    彼はあなたのどこに惹かれたのか。あなたは彼のどこを見て、一生この人と生きていけると感じたのか。

    育ってきた環境が違う、価値観が違うなんて交際時期にわかっていたことではないの?
    家族同士の顔合わせもしたでしょう?
    そういうの全く考えずに結婚しちゃったんですか。

    「続くでしょうか」ってそれ第三者に聞くことじゃないですよ。
    続くかどうかじゃなくて、続けるんです。結婚はお試しでするものじゃないんだからそのくらいの覚悟はもってしないといけなかったね。

    合わない、落ち着かない、じゃなくてあなたが選んだ旦那さんなんだから自分をそこに順応させるように努力する。
    もちろんあなただけが頑張らなきゃいけないのは違うので、ご主人もあなたのそういう部分を慮って、あなたなりのお金の使い方も尊重する(いちいち文句を言わない)。

    それができない2人なのであれば、続かないかもね。
    ご主人のような育ちの人はあなたのような生活は貧乏くさくて(失礼)ストレスがたまるでしょう。
    だけど外資金融とありますし、将来仕事もどうなるか収入もどうなるかわからない。その時に、貧乏くささは堅実な生活とも置き換えられるので、あなたのような暮らし方が功を奏することになるかもしれない。
    ご主人が稼いできた分、貯金もできていくでしょうからね。

    ただ気になるのは夜の生活。
    これはねえ、合わないときついと思いますよ。
    あなたは「積極的にお勤めしなければ」と表現していますが、要するに頻繁に持ちたいということよね。しかし彼は淡白。
    これは厳しい。金銭感覚よりこちらのほうがネックかなと思います。

    よくよく考えてみて下さい。
    お子さんはまだ作らないほうがいいね。気をつけて。

    ユーザーID:4256575156

  • 上には慣れます。

    裕福な生活にはすぐに慣れていけます。
    反対に、裕福に育った人がお金の使えない生活にはなかなか馴染めなくてつらいです。
    あなたの育った生活環境を否定されるように思うのでしゃうか?合理的に考えて、軽自動車や輸入牛や新鮮でない野菜がいいとは思えません。軽自動車は命を守りにくい、輸入牛と野菜は美味しくないから。
    独身の時は、その生活しか選べなかったから選んでいたのでしょう。今は、もっと自由に選べます。選べることが経済力で自由が手に入ったのです。
    使えるならいいものを買って経済を回して下さい。

    ユーザーID:8817328014

  • そりゃあ他人ですから違いがあって当然。

    ご結婚おめでとうございます。

    他人同士が一緒になったのですから、育ってきた環境が違うのは当然です。なので、歩み寄りは必要なんです。

    でもトピ主さんの場合、失礼承知で書きますが生活レベルを上げればいい話ですよね。一度上げたものを下げるのは難しいと言いますが、現状より上げることは大丈夫ではないですか?

    トピ主さんが育った環境を否定しているわけではありません。郷に入っては郷に従え、相手にある程度は合わせることができる、しなやかさや柔軟さで自分を変えることって、とても素敵なことだと思いますよ。

    夫婦生活の方もまぁ、子どもを急ぐとかでなければ夫に合わせてみては。

    せっかく縁あって結婚したのですから、すぐ合わないではなく色々試してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:5396978242

  • うーん。

    こりゃーちょっと厳しいですねえ。
    合うのが「靴」だけって…
    で、ご主人は未だに
    >肉は少しでも安い輸入もの、肉魚は日付が限界に近付いたものを買いだめ冷凍庫に放り込む。
    これらを食べさされているんですね。
    お気の毒に…。
    育った環境の違いってこんなに差が出るんですねえ。
    ちょっと一緒に生活するのは無理があるんじゃないでしょうか?いずれ破綻しそうな気がします。
    子供がいない内にご夫婦でよく話し合ってみられては如何ですか?
    そして、あの、余計なお世話ですが限界に近い生物(なまもの)は本当に危険ですよ。
    私なら逆の立場でこれらを食べさされるなら離婚ですね。ご免なさい。

    ユーザーID:7547813905

  • 理解しがたい行動です。

    営みの方は、お勤めしなければというお思いなのですよね?その言い方から、自分では嫌だったとしても、気が進まない場合でも、無理にでもご主人のためにせねばと思ってると受け取ってよいのですよね?

    それなのに、そのほかのことは、旦那さんために尽くさないんですか?
    痛む直前の肉や魚を買うのは、やめてと言われても 主様は、やり方を変えませんよね。服も、ご主人と歩くときは、ご主人のレベルに合わさないとおかしいですよ。まるで、ご主人が威張っていて、奥様である主様に服を買わせてないみたいに見えます。つまり、他人から、ご主人が悪い夫と思われることもありますよ。


    相手を変えることはできないけれど、自分が変わろうと思えば変われます。主様自身が、ご主人のために変わろうと思わないなら、その結婚は続かないでしょう。

    ユーザーID:8977834343

  • セルフネグレクト

    腐ったものを購入するというのは、セルフネグレクトの一種ではないでしょうか?
    トピ主さんはご自分を大切にされていますか?

    スーパーで安い商品を購入したり、安い服を購入するということは節約という点ではアリです。しかしそれが必要でなくなったにもかかわらず、過剰に安い物しか自分に与えないというのは、自分で自分をディスカウントしているからではないでしょうか。


    義母から苦情がきて安心したり、ホッとしたりしませんでしたか? 自分をディスカウントしている人は、他者からなじられると安心します。

    ユーザーID:7428765215

  • その逆よりずっといいと思うな!

    だって、世の中、いつ何があるかわからないじゃないですか。
    何かあったとき、安く賢く生きてゆける道を知っている奥さん(トピ主さんのことです)。
    いやーこれほど心強い伴侶がいるだろうか?!

    贅沢に慣れた人は、それができない生活になったとき、必要以上にみじめに感じるし弱い。
    でも元気で生活力のある奥さん(トピ主さんのことです)が一緒にいてくれたら、勇気100倍だと思いますよ。

    ご夫婦の出会いや結婚のきっかけがどういうものかわかりませんが、
    恋愛結婚ならば、育った環境が違う夫婦も、いつのまにやら歩み寄って(互いに似て)、ちょうどいい中間点が見つかっちゃったりするんじゃないかなー。

    うちは夫が外国人で、育った環境は全く違うし、私のほうがちょっぴり贅沢め(親が年取ってたから)だったかと思うけど、
    私の母は「女の子は結婚する相手で生活がかなり変わるから」と、貧乏にも贅沢にも対応できるようなしつけ教育をしてくれたので、今や夫のほうがずっと贅沢で、私はトピ主さんと同じような、期限切れかかったものを冷凍庫に放り込む妻になっております。

    というわけで、よっぽど人間性に問題あると言うのでない限り、なるようになりますからご心配なく!

    ユーザーID:8654263890

  • こだわりの強さが似てるから、大丈夫じゃない?

    一見正反対に見える主さんと夫ですが、
    実は、自分のこだわりに忠実だという一点において、非常に似ていますよね

    お互い、そこのところが分かり合えているから、きっとお似合いだと思いますよ



    相手に自分を受け入れて欲しければ
    まず、自分から相手を受け入れないとね!

    ユーザーID:4412292723

  • 身の丈の合った生活

    旦那さんはゆとりある人生を送りたいために、一生懸命勉強して良い大学を出て外資金融に就職し高給を取っているわけです。
    輸入の安い肉や賞味期限間近の魚、傷み始めてるワゴンの野菜を食べるために働いているわけじゃない。
    わざわざそんな節約しなくても普通に買い物できるぐらいの十分な生活費を与えてもらっているんじゃないでしょうか。

    高給取りなんだから、毎日、最高級の食材で最高級の料理を食べろとは言いませんが、ある程度の貯金ができる経済状況ならば、スーパーで普通に買い物したらいかがでしょうか。

    持ち物に関しては、個人の好みでイイと思いますが、二人で出掛ける時はバランスを考えたファッションにして欲しいですね。

    ユーザーID:3265917178

  • 生活レベルは下げられない

    トピ主さんが「もったいないなぁ」と思っても、そんなストレスと比較にならないくらい、自分の生活レベルを下げる事はご主人にとってものすごいストレスになります。
    貴女が向上した生活に慣れていくことです。

    価値観の違いとは若干違うと思います。

    ユーザーID:5533560548

  • そもそも

    結婚前にお互いの育った家庭環境は把握出来ていたはずですし、お付き合い中に価値観はある程度解った上で結婚されたのではないのですか?
    結婚してまだ間もない段階で、自分自身の結婚が続くが解らない状況というのに何か理由があるのでしょうか?
    なぜこのような疑問がわくのか、そもそもそこに疑問を抱きます。

    ユーザーID:7135058901

  • 優先順位を考えてみては?

    本文を読むと、トピ主さんの価値観は実親の価値観が優先されているのかな?という気がしました。

    経験を重ねることで、ご自身の価値観は様々に変わっていくものだと思います。

    一度優先順位をよく考えてみては?

    トピ主さんが優先したいのは
    1.親の価値観を継承すること
    2.お金を使わないこと
    3.夫の健康
    4.質の良い人生を歩むこと
    などどんなことが挙げられますか?

    1が優先ならこの結婚は不幸でしょう。
    お互いが親の価値観に縛られたままでは、夫婦の新しい共通の価値観を創り上げることはできませんから。新しい家庭を造る、というのは新しい価値観を造る、ということだと思います。

    2が優先なら、お金以外のことはどうでも良いということになり、お金で買えないものを失うでしょう。

    3が優先なら、夫に傷んだ食材は提供できませんし、医食同源を目指して、値段よりも安全や栄養バランスを優先した食材選びになるでしょう。

    4が優先なら、自分の人生を豊かに過ごすためにどうすれば良いかを考えてみては。ただ値段が高いだけの物が、本当に質が良いものかどうかは分かりません。また安いからという理由だけで必要のないものを買うのも無駄買いですよね。自分の目で見て『良い』と思えるものを必要な分だけ選択するようにしてみては。
    そう考えていくと、安いから良い、のも、高いから良い、のも、違いますよね。値段ではなく、触り心地や見た目や自分のセンスで見ることが大事。

    もちろんもっと他に優先したいことはあるかもしれません。
    色々な角度から考えながら、本質をよく見て欲しいです。

    親の価値観を捨てて自分たちオリジナルの価値観を造ること。
    それをしないとどんな結婚もうまくいきません。
    お互いの親の良いところを上手に取り入れて自分たちだけの新しい家庭を作ってください。

    ユーザーID:0326042240

  • 合うように距離を縮めていく努力

    結婚するまでの間、お付き合いをしていた
    中で、こうした感覚の違いはなかったので
    しょうか。

    感覚の違いはあったにせよ
    結婚しようとお二人が思われたことは
    事実だと思います。

    結婚して生活をしていく中で
    これまで見えなかったところも
    見えてきて戸惑いを覚えること
    わかります。

    ここから、お互いになるべく合わせられるよう
    努力していくというのが、結婚生活だと
    思います。

    値引き後の食材を買って
    家計が助かればというトピ主さんと
    値引き商品を買わなくても・・
    という旦那さん。

    私がトピ主さんでしたら
    経済力に不安がないようでしたら
    値引き商品は、彼の前では
    買いません。

    洋服はそれぞれで良いと思います。

    生まれ育った環境が異なる二人が
    結婚し、生活を共にし
    家庭を築いていくのですから
    いろいろとあると思います。

    ユーザーID:7832155811

  • 2点気になることが。

    1)輸入品は肉は、調理次第でいいのですが、野菜やそのほかは消毒などを考えると、やはり国内産がよかったりします。トピ主の体はどうでもいいですが、夫の体のためにはよい食品を使ってあげましょう。
    2)安いものを買って・・ですが、必要だから購入するのではなく、「安いから買う。買ってからどうするか決める」のは上級編ですよ。下手をすればゴミ屋敷。
    お気をつけください。

    ユーザーID:1993020387

  • 面白いご夫婦ですね。

    案外逆の方が上手くいくかもしれません。
    お互いに否定するのではなく、「へー、そんな考え方もあるんだなぁ」って思えれば問題ないでしょう。
    余裕がなくなると危うい気もしますが、なんとなく、大丈夫な気がします。

    一番嫌なのは、夫が妻の不満を親に言いつけて、親が口を出すことですね。
    こういう男性の感覚ってわかりません。
    本人は言い返してこない母親経由で問題を解決して合理的とか思ってるんでしょうね。
    現実は自分が選んだ女性の株を下げて、嫁姑戦争を起こさせて孫やら介護やらで爆発するのに。
    先のことを考えず、目先だけ考えるタイプですよね。
    却って自分の愚かさを露呈しているってわからないのかなぁ?といつも思います。
    息子の口車に乗る母親がいる限り繰り返されるんでしょうけど。

    トピ主はちゃんと拒否しているから良いと思います。
    夫婦の生活環境が変わって、トピ主も高いものに価値を見出すかもしれません。
    トピ主夫が安いものの価値を見出すかもしれません。
    夫婦は一蓮托生ですから、良い落としどころを探していけば良いのでは?

    姑対策としては、「夫さんが食べたいものがあるなら料理は別にしましょう」「私は子供がほしいのに夫さんが消極的で実親も残念がっています。お義母さんからも夫さんに話してください」って、言ってみたら?
    恥を知るなら、少しは大人しくなると思います。

    ユーザーID:9892942567

  • 個人の価値観の違いですね

    食材とくに肉や魚などの生鮮品については、各家庭ごとに価値観の違いが大きいようです。 トピ文によると夫さんは外資系金融に勤務との事ですから
    金銭的には余裕があるように見受けられます。

    私の知る範囲では「牛肉は100g千円以下のは食べられない」人もいますし、
    「どんな食材もおいしく頂けるので、あえて高価な食材を買う必要が無い」という
    人(かなりの富裕層です)もいます。

    ただ聞いた話では、高給を得ていた人がリストラなどで収入が激減した時に
    これまでの生活レベルを落とせなくて泥沼にと言うケースは多いようですから。

    高級食材や高級品を使っていても、生活費に余裕があるなら夫さんの希望でも
    何ら支障が無いと思います。

    ユーザーID:2499083472

  • 私もトピ主派ですが

    ご主人が外資系の金融機関に勤めそれなりの収入があるのならトピ主さんの生活スタイルご主人に合わせたほうがいいと思います。日頃の生活レベルはパーティーその他ちょっとした会話等に出ると思います。特に態度に。
    また収入に合わせた生活をしなければ日本の経済も成長しないそうですよ。これは余計なことですが。高級な肉、鮮度の高い魚、質のいい着物を手にすることのできる収入ならそうした方がいいと思います。特に着るものは他人から見ていい品質かどうかは直ぐわかります。着物はご主人に合わせないとまずいと思いますよ。
    何が何でも節約という考えは美徳ではありませんよ。贅沢は敵ではありませんよ。贅沢は素敵なことです。意識改革しましょう。トピ主さん。ただし私自身は普通の収入ですので閉店間際の買い物大好きです。閉店間際の買い物でその日のストレスを発散しています。

    ユーザーID:7885700018

  • 安ければいいわけではない

    kyou様、こんにちは。

    生まれ育った環境の違いにより感覚の相違があるとのこと。

    浪費癖のある奥様と倹約家のご主人という例はよく目にしますが逆のパターンですね。

    ご主人はしっかり稼ぎ、それに見合った生活をお望みとのことであれば
    それに合わせて良いのではないでしょうか。

    消して無駄遣いをすれば良いというわけではありません。

    例えば傷みかけの野菜ややすい肉が不味いわけではありません。
    料理する方の腕次第で高級肉も不味い料理に変わり安い肉も美味しく仕上がりますが
    ご主人は”安い食材“というブランドが嫌なのです。

    ある意味見栄とプライドが高い方なのでしょう。
    それに伴った収入もあるようですから
    理解ができないからといってあえて嫌がる倹約をしなくてもよいのでは?

    まだ結婚したてで感覚が全て合うことなんてないでしょう。
    じっくりと時間をかけて収入と支出と貯蓄のバランスを見ながら
    身の丈にあった生活に互いに寄せていけば良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:1403717474

  • なんで100か0かなの

    あなたと夫との間には広大なグレーゾーンがあると思うんですが。
    というか、友人でも職場の同僚でもどんな人間関係も
    グレーゾーンのどこかで互いに折れあわなければ続きませんよね。

    あなたが妥協できる点が靴だけというのは偏狭過ぎませんか。
    経済的に問題ない家庭がちょっといい食材(たぶん一般的には普通レベルの食材)を
    使ったって富士山が噴火するわけじゃなし。

    あなたは生活レベルを全体的にボトムアップし、夫は全体的に生活レベルを下げる。
    それをできないのか、やりたくないのか。
    できないなら夫婦間の対話が足りないのですからもっと真摯に向き合うべきだし
    やりたくないならあなたの中に頑迷さがあるということです。
    文面からは後者の匂いがしましたが、ご自分ではどう考えますか。

    裕福な暮らしになれている人は鼻につく部分がある一方、
    貧乏しか知らない人より見聞が広いです。
    モノ消費とコト(出来事)消費という言葉があるように、お金はモノを買う以外に体験も買えます。
    旅行、教材、様々なスポーツ、お金の要る趣味、高級服地の快適さや高級食材の美味しさなど。
    あなた自身も良い靴を知ったら、特に立ち仕事で安物靴には戻れないという体験をしましたよね。

    夫は単純に贅沢をしろと言っているのではなくあなた自身に体験してもらいたい、世界を広げてもらいたいのではないですか。

    確かに金持ち見聞録なんていくら積んでもしょせんは通俗の域を出ないかもしれない。
    でもそれを言えるのは出家した坊さんくらいのもので、
    俗世間で生きる私達は何につけちょいと楽しんではちょいと反省し・・・を繰り返すもの。
    それでいいんです。

    ユーザーID:3522582425

  • ゆったり暮らせるのだから

    自分の育ってきた環境をそのままご主人さまとの新生活に持ち込んで、周囲を困惑させているのですね。新しい生活はこれまでと違って経済的にゆとりがあるとのこと。有り難いと思ってすなおに受け入れたらいいのに・・と思います。

    外車や高級なスーツなどは彼の仕事上必要なものです。会社の持つイメージも売る。そういう仕事なのです。トピさんはもったいないと言うけれど世の中はそんなもの。

    ご主人の言う事は全く聞かないのに、夜の営みだけ積極的になられてもなあ・・と引かれてしまってるのかも知れません。この先上手くいくか行かないかは貴女の気持ちの切り替え方ひとつの様に思います。

    ユーザーID:3555565443

  • どこで知り合ったの?

    そもそもどこで知り合ったのですか?当然、夫は有名大学卒ですよね。ちなみにトピ主さんはどういう経歴なのでしょう?
    そういう夫だったら、付き合う時点でわかりますよね。デートとか、どうしてたんですか?
    不安って、離婚されそうで怖いんですか?だったら、ご自身を変えるしか無いでしょう。

    ユーザーID:5954960825

  • あなたに歩み寄りの気持ちが無い

    あなたに歩み寄りの気持ちが無いのが問題ですね。

    一番思ったのは『食』に関して。
    旦那様が『外資金融』ならばかなりの高収入では?
    それなのに『少しでも安い輸入肉』を食べさせられるのは
    どんな罰ゲームなんですか?

    私は低所得なので『肉魚野菜は閉店間際のセールで買う』もしますが
    和牛肉と輸入肉の味の差はよく分かります。

    『私はどうしても解せず』って味の差、分かりませんか?
    味の差は分かってもそんなに大差がないとお考えなら
    大差があると考える人の気持ちに立ってあげられませんか?

    もし生活費の面で折半をしているから勿体ないとのお考えなら
    その割合を変えるようにお願いしてみてはいかがでしょうか?

    『外資金融』だけど生活費は出し渋るのであれば別ですが
    『高価な靴を買ってくれる夫』なら気前がいいのでは?

    着る物も殆どが百貨店の友人と、殆どがファストファッションの友人が居ますが、
    やっぱり全然違うなとは思いますね。醸し出す上品さが違います。

    『夫のスーツは輸入生地で仕立て』なら、それなりのものを着ないと
    横で歩くあなたはかなり貧弱に見えます。
    『私はこれで十分!』なのかもしれませんが、自己中心的かな…。
    横で歩く彼がなんか見っともないなと思っても平気なんですか?

    これも着る物は全て自分の稼ぎから!なら仕方がありませんが
    彼が買ってくれるなら彼に合わせる事も大切なのかなと思います。

    ファストファッションにも良質のものもありますので
    見る目を養ってファストファッションでは買えない物を
    少し贅沢をして買い、組み合わせるのも良いのではないかしらね。

    ぴったり生活感覚があうカップルなんていませんよ。
    皆お互いに歩み寄るのです。

    ユーザーID:9351936497

  • トピ主さん次第

    彼に合わせるしかない。

    トピ主さんと結婚したおかげで傷んだ野菜を食べさせられる彼が耐えられないと思うから。

    慣れるしかない。

    慣れるまでは、少なくとも彼に関する部分は彼の生活レベルで考えていくしかない。

    ユーザーID:2779737241

  • 結婚するまでに分からなかったの?

    どれくらいお付き合いして結婚したのかわかりませんが、
    結婚する前にわからなかったんですか?
    仕事が外資系金融ってだけでお金を持っている事もわかるでしょうし、
    こうなる事は予想できたと思います。
    もっというと、そんな人がなぜあなたを選んだんでしょうね?

    個人的に解せないのは、

    >>それらを夫が義両親に報告し、義母から苦情が私のもとへ。

    最悪です。
    どうして、お義母さん経由であなたのところへくるのでしょうか?
    彼はあなたに言ったけど言う事を聞かないから、お義母さんに愚痴ったのかな?
    どのみち解せません。


    あなたが彼に合わせるか、彼があなたに合わせるか。
    一番簡単なのはあなたが彼に合わせる事です。
    共働きだとしても彼の方が確実に収入は多いでしょうから、彼に合わせていく方がいいでしょうね。
    それが無理ならながこの生活は続かないでしょうね。
    すり合わせていかなければ無理ですから。

    ユーザーID:5324617250

  • 同じような関係です。大丈夫と思います

    はははは。

    すみません、うちとそっくりで失礼ながら笑いました。

    私(男です)は、どちらかと言うと夫側ですね。

    スーツ:私はイタリア生地のオーダー、彼女は量販店
    車:私はフェラーリ、彼女は国産
    など…

    逆にポジティブに考えてみてください。
    それだけ合わなくても、それ以上にもっともっと主さんの好きな所があるので結婚してるはずなので、
    ちゃんと続きますよ! 逆にそういうしっかりしてる所が好きなのかも?

    うちもかれこれ7年くらいです。なお、私も同じく外資です

    結婚する前に気づかなかったのか!?という疑問もあり、
    良ければ馴れ初めを教えてください。

    ユーザーID:3851517080

  • 逆に‥

    そこまで合わない二人がどうやって結婚に至ったのかが不思議ですね。
    交際時は問題なかったのでしょうか?

    今は夫婦二人の事なのでまだ良いですが、お子さんが生まれてもそれを貫くのは危険ですよ。
    やはり、食事を安心して頂けない生活ってかなりのストレスで、主さんが出す食材を疑い続ける事がしんどいです。
    これはいつ買ったんだろう?と、卵でも気軽に使えないようなね。

    貧しい生活だったのなら、今は漸く普通のモノが買える喜びに気持ちを変換させた方が良いのでは?
    別に散財しろ!という意味ではなく。

    ユーザーID:7223259321

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧