恋愛の仕方がわからない

レス4
(トピ主0
お気に入り2

恋愛・結婚・離婚

由希

24歳女ですが、今まで一度も誰かと付き合ったことがありません。
高校を卒業するまで女子校で育ち、共学だった大学でもいわゆる「女性らしい」キャラクターでいることに抵抗がありました。
結果男友達は多くでき二人で遊びに行くくらい仲の良い友人もいましたが、恋人としては私も彼も相手を見ていませんでした。
好きな人はできたものの自分では釣り合わないと思う人ばかりで、その人の横に自分が立つ姿は全く想像がつきません。
正直なところ、誰かと手を繋いだり恋人らしい振る舞いをする自分は想像しただけで気分が悪くなります。
自分の容姿が好きではないこともあって非常に醜い姿に思えてしまうのです。
ましてそんな姿を相手に見せるなんてと思ってしまいます。

好きな相手には自分ができることは全てして尽くしたいですが実際に付き合ってほしいとは思えません。
嫌われず付かず離れず、できればずっと近くにいられたらと感じるたちです。
理不尽な嫉妬をすることもありますが、自分が抱えるべき感情ではないことは承知していますし相手に伝えたこともありません。

本当に人を好きになったら、一方的な憧れではなく好き合って付き合いたい・結婚したいと思えるのでしょうか。
どうすれば打算ではなく恋愛ができますか。

皆様の経験をお聞かせください。

ユーザーID:2515188373

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数4

レスする
  • そういうあなたをわかってくれる人がいたらいいですね

    うちの妻も似たような感じかもしれません。

    もう結婚三十年以上ですが、滅多に二人で出歩かないし、若い頃から手も繋ぎません。こちらから握ったら「気持ち悪い」と言われてました(笑)

    でも、私が他の女性となかよく話をしていたら、嫉妬しているんです。かわいいなと思いました(笑)

    お互いに「自立した夫婦」でいたいそうで、洗濯なんか自分のものは自分でやることになっていますが、家なんかいつも掃除してます。でも、旅行も土日の行動も別々。そういう人なんだなと思って付き合っています。

    あなたをわかってくれる人がいたらいいですね。応援してます。

    ユーザーID:3290360763

  • そりゃそうだよ

    目的は好きな相手と一緒にいること、一緒に生活をすること、一生を共にすること。

    それに対して恋愛の仕方は単なる方法論。

    具体的な相手がいない、目的がない状況で方法論を悩んでも仕方がない。
    トピ主さんのは目的に向かうための方法論を経験してみたいということだよ。

    目的が変われば方法論は変わってくる。
    つまり好きな相手が見つかればおのずと恋愛は見えてくるということ。

    恋愛という方法を経験するために目的である相手を探すことは正直難しいと思う。
    探している過程で好きになる人が見つかればいいけど、結局相手が見つかった場面から恋愛がスタートするんだから、その前に恋愛なんて考えも及ばないよ。

    だから好きな相手がいない状況で恋愛の仕方が判らないトピ主さんは至って普通。
    ただ、自分の周りに比べて遅いから目的が無いことよりも恋愛の経験が無いことに不安と焦りがあるのかもしれない。
    多くは目的を見つけてから方法論を体験するから方法論で悩むことはないんだよね。

    トピ主さんが意識すべきは目的(好きになれる相手)を見つけること。
    そのためには簡単な方法として出会いの数を増やして可能性を高くすることだと思うよ。

    恋愛をしたいなら恋愛の方法を考えるのではなく好きな人が見つかって初めて恋愛ができるんだから。

    見つけられるなら片思いでもいい。
    片思いも恋愛。

    多分多くの人と出会っていけば「いい人」を沢山見つけられると思う。
    その中で、一緒にいる自分を好意的に捉えられるか、それとも悪い印象しか持たないのかは分かれ道。

    前者が恋愛対象ということ。
    対象(目的)を見つけてからが方法(恋愛)の始まり。

    頭で考えるよりも行動で。

    ユーザーID:3708870598

  • 恋愛の前に

    まず、貴女が自分自身を好きになってください。

    でないとうまくいくものもいきません。

    ユーザーID:5918560326

  • 人をよく見る

    人の表情や行動にも四季はあって、
    春=穏やか、あたたかい、優しい
    夏=ハツラツとしている、元気、子供
    秋=憂い、思慮深い、大人
    冬=厳しい、冷たい、引き締まる
    同じ雰囲気か真逆の人に惹かれやすいかもしれません。
    例えば春の暖かいイメージの人は同じように優しくて穏やかな陽だまりみたいな人か、冬の厳しい冷たさの中にある孤独や隠された優しさに惹かれる気がしますし、秋の知的なイメージの人は、同じくアカデミックな人と高尚な会話に喜びを見出したり、真逆の子供っぽい夏のイメージの人を可愛らしいと思うような気がします。あくまで個人の感想ですが。

    トピ主さんは夏のイメージ。
    男女の区別なく友達が作れるコミュ力と、反面自己評価が低くて子供っぽいイメージ。

    同じような夏のイメージの元気で子供っぽい、だけど2人でいるととことんはしゃいで楽しめる相手か、少し憂いを帯びた大人っぽいクールな秋のイメージの男性が似合いそう。

    周りの人をよく観察して、この人は春夏秋冬どのイメージかな、と想像してみてください。

    そして自分の周りにいる友達はどの季節の人が多いかを観察してみてください。

    恋愛のふれあいに嫌悪を感じるなら、自分と同じレベルの子供っぽさを持った相手となら同じ歩幅で恋愛を進められます。あるいはリードしてくれる大人の男性。

    恋愛は1人ではできないから。

    与えてもらったら同じだけ返すこと。
    あげすぎもダメです。
    『自分が持っているものを全て尽くしたい』
    これはとても危険。
    大好きなお花に水をあげすぎて枯らすのと同じです。物には『適量』というものがある。気をつけて。
    花を育てるように恋愛も、愛情を過不足なくあげるのが大事。恋は突然の時もありますが、育てて実るものもあります。大き過ぎる愛情ではなく小さな愛情をたくさん相手に注ぐのがコツです。

    ユーザーID:3491864210

レス求!トピ一覧