生活・身近な話題

トラウマのきっかけ

レス2
お気に入り2

FJ

話題

アラフィフの女性です。
私は物心ついた頃から、とても痩せている方、スリムというより骨を感じられるような方が怖くて堪りませんでした。
小学校で骨格標本を初めて見た時気を失って倒れてしまい、その後も見ると震えてうずくまることが何度もありました。
そのきっかけは、癌で亡くなった祖母との握手でした。
他のことは何も覚えていませんが、「おばあちゃんと握手〜」と周りが歌い、寝たきりの祖母と握手させられていたのですが、多分末期であった痩せこけた祖母の手や顔が怖くて堪りませんでした。

先日、実家で父の自叙伝を読みました。
40年ぐらい前、父が長年の日記を本にして友人親戚に配り、読んだのはその残りで、片付け中に父に渡されました。
そこに私と祖母のことが書かれていました。
癌で末期だった祖母がなるべく孫と触れ合えるように、2歳の私がどこまで覚えてられるかわからないけれどせめて手の感触だけでも覚えてられるようにと、嫌がる私を物で釣って実家に連れて行き毎度握手をさせていた、という内容でした。。
当時母は妹を妊娠中で、父と私の2人で毎週のように祖母の元へ行っていたのだとか・・・

私のトラウマというか恐怖の元は父や叔父叔母の思いやりだった!
と知りとても複雑な気持ちです。
知ったからってそれを誰かに父に話したりするつもりはないのですが、今でも恐怖心がある為、「(記憶はないけど)私嫌がってたのに・・・」と思わずにはいられなくて。
父も叔父叔母も祖父も悪くないのはわかっています、それがあったからこそ祖母を覚えているのだろうし、若しかしたら祖母も当時唯一の孫に触れ合えてよかったかもしれないし。
でもなぁ、私はあのおばあちゃん姿が今でも忘れられないんだよなぁ・・・
どうしたら気持ちを消化できるのかなぁと、堂々巡りな日々です。

ユーザーID:4766321820

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数2

投稿する
  • トラウマの方がマシでは?

    仮にご両親があなたの嫌がる気持ちを尊重して、祖母に触れさせずにいたなら、今頃お祖母ちゃんに寂しい思いをさせたかもと後悔していませんかね。祖母を怖いと思うなんて、末期の人を避けるなんてと大人なら思いません?
    少なくとも、祖母やご両親はあなたのおかげで幸せだったのではないでしょうか。

    多分、子供心に死への恐怖と骨が一緒になってしまったのでしょうね。
    私もトラウマ持ちで、原因が分かっていても克服しようとしても、体が反応してし
    てしまうので、辛い気持ちはお察ししますが、その当時の対応としては最善だったのではと思います。

    ユーザーID:4263301323

  • 気持ちが少しでも楽になりますように

    そのような経験がなくても「やせ細った人」を見ると人は不安になります。

    生きることへの本能だと思いますよ。

    主さんは頭で考えるタイプじゃないですか?
    やせ細った人を見たら、気持ちがギュッとなって怖いのは普通です。
    そのままで問題ないです。
    そう思っちゃいけないとか幼児期の記憶が原因とか理由つけなくていいです。

    ギュッとなって忘れる。結論はないと認めましょう。

    ユーザーID:7596356883

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧