• ホーム
  • 子供
  • 幼稚園児。ピアノ教室の選び方で悩んでいます。体験談下さい。

幼稚園児。ピアノ教室の選び方で悩んでいます。体験談下さい。

レス22
(トピ主0
お気に入り36

妊娠・出産・育児

年中の娘がいます。なるべく家の近くでネットで探し、個人のピアノ教室を三カ所ほど体験し、二カ所で悩んでいます。
皆さんが、通ってるピアノ教室を選んだ決め手は何でしたか?

A
・子供がある程度大きくなれば、自転車で通える(家から近い)
・大手音楽教室の講師もされていて、リトミック的な要素を取り入れている
・最初からガチガチに指導練習譜面覚えなどするよりも、とにかく楽しく続けることがモットー
・先生自体は、ベテランで賞や資格や各学校への指導歴など凄い方のようです
・こちらの先生の方が話しやすかった

気になったのは、体験レッスンの中では、譜面の読み方を教えたりは一切なく、内容が、先生のピアノに合わせてドを弾く、という比較的ゆるい感じでした。

B
・体験の中で譜面の読み方(ドレミまで)を教えてくれて、机に向かって、譜面の読み方を覚える時間があった
オリジナル教材を使って譜面を覚えるらしい

・小さいうちから指の使い方、体の使い方など基本的なことを忠実に教えていくスタンス
・先生は優しいけれど、Aと違い、和やかにゆるくという感じではない
・車で15分ほどの距離で、遠くはないけれど、小学生高学年になっても自転車で通うには遠い気がする(送り迎え必須)

指導内容的にはBのほうが知識を学べたりピアノ自体の上達は早いのかなと魅力を感じる一方で、内容的には少し物足りないけれど楽しく続られそうなのはAかなと思い、迷っています。
Aの先生自体、腕がある方なので、信頼はしていますが…

私としては、うちの子供は何やるにも自信がなさそうなので、何か一つ好きなこと、得意なことを見つけて、自信を持ってほしい、という思いです。(水泳など他もお試しはしたけれど本人がピアノ希望)

皆さんの決め手、教えてください。皆さんのお子さんが習っている30分の指導内容を参考にさせて下さい。

ユーザーID:3227878723

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
  • うちの場合

    うちは小学2年生男児、幼稚園の年長から通い始めました。
    ピアノが得意になって欲しいとか、発表会で格好良く引いて欲しいとか、そんなことは考えてませんでした。
    小さい頃から音楽が大好きで、ピアノなら気に入るのではと情操教育の一環としてやってます。
    通える場所が1つしかなくて選びようが無かったのですが、先生は優しくて子供と相性が良いみたいです。

    決め手は子供が「やってみたい」と言ったこと、先生と話しやすいこと、通いやすいことです。
    子供が楽しいと思えることが大切です。
    レッスンの内容は、最初は歌を歌う、先生のピアノに合わせてタンバリン等の楽器を鳴らすことでした。
    次にリズムに合わせて鍵盤を叩く。
    音符の読み方も少しずつ習ってました。
    小さいうちはテクニックよりも音楽に親しむことが一番だと思います。
    家での練習は毎日してますよ。
    ただ、1回だけしか弾いてくれません。
    うちの子、変なこだわりがあってピアノを弾くのは1日1回と決めてるんです。
    それでも弾くたびに上手くなってるからそれでもいいのかも。

    トピ主さんが挙げている候補で、私が選ぶならAですね。
    凄く上手くなくてもいい、好きと言えるものがあればいい、というわけで私は緩いほうに1票です。

    ユーザーID:8736654227

  • そうですね

    ピアノを集中的にさせたいのであれば、やはり個人でしょうか。個人のペースに合わせたレッスン内容なのでグループレッスンの様に周りに気を遣う事なくその子に合ったペースで出来、保護者の負担があまり無いです。また、リトミックやエレクトーン等も学べるグループレッスン等は何年かはピアノや学典と言うよりもお友達と一緒に楽しく音楽を幅広く学べるメリットはありますが保護者の負担が少しあると思います。

    ユーザーID:0264298480

  • ソルフェージュ(楽典)あります

    我が家は共働きで、学校から帰宅後は祖母と過ごしているので、とにかく近いと言う理由でピアノ教室を選びました。
    徒歩で3分です。

    基本的に30分×月4回。
    娘3人お世話になり、昨年から初心者の私も習い始めました。

    今はもう三女も小5なので、全く付き添っておらず、何をしているのか分かりませんが、保育園時代は一緒に行っていました。

    大抵、始めの5分でソルフェージュ。
    市販のドリルで音符を覚えたり、楽譜を読む練習です。宿題も出てました。

    次の5分〜10分で聴音練習や歌など。
    和音を聞き取ったり、音当てをしたり、季節の歌を歌うことも。

    ちなみに中学生の次女は今、「うたうソルフェージュ」と言うテキストをやっています。
    初見で正しいリズムや音、メロディをつけて歌う練習です。

    最後の15分強でピアノ練習です。
    自宅で練習した曲を先生の前で弾き、上手に弾けるようにレッスンしてもらいます。
    その後、次回の曲の譜読みを一緒にします。

    但し、習い始めの数回はドの音の場所を覚えたり、繰り返し色々なドを弾いて遊んだりでした。

    その後、先生直伝の曲をドレミを歌いながら弾いて、数ヵ月してから市販の導入用のテキストに入りました。

    その間もソルフェージュはありました。
    5線譜にト音記号や音符を書く練習など。

    子どもはドレミで歌って、鍵盤の場所を教えれば、すぐに簡単な曲は弾けるでしょう。
    幼稚園のピアニカ練習みたな方法で。

    でも長い目で見て、自分で譜読みして自分で弾けるようにならないと意味がないですよね。

    AでもBでも、通い続けたら体験通りにはならないと思います。
    ソルフェージュなしで、一人で弾けるようにはならないので。

    ちなみに私は完全初心者ですが、子供の頃に学校の音楽の授業で習っているので、譜読みは出来ます。
    今さら絶対音感をつける必要もないので、ソルフェージュはありません。

    ユーザーID:0704963019

  • 通ってます!

    うちの子も3歳から音楽教室通ってます。おそらくAのほうですね。(笑)
    わたし個人的にはやっぱり、最初からBのような感じでピアノ漬けみたいな感じでやらせたかったけど、体験のときにも音楽に慣れてからの方が取り組みやすいと言われて、息子も楽しんでやっていたのでAに決めました。大手ですしね。
    ちなみに最初はエレクトーンです。ピアノに比べて音色が多く、鍵盤も軽いから小さい子でも弾きやすいですよね。
    いま3年目で両手で弾けるようになりましたがが、それでも練習を嫌がることもあるし、上手く出来ないと半べそかいたりなので、もっと小さい子だとそういう指導も大変かなと思いますね。
    音階で歌ったりすることも多く、だんだん親もついていけなくなりますが楽しいですよ。発表会もありますしね。まずは体験入学をおすすめします。いい教室に出会えるといいですね。

    ユーザーID:7407763938

  • 私ならBの教室

    トピ主さん自体はもうAに傾いてる気がしますが。

    娘2人をピアノ教室に行かせてました。
    下の子は合わなかったのか1年でスポーツに転向してしまいましたが
    上の子は幼稚園年長から10年続けました。
    人の紹介で始めたのですが先生と初めて対面した時に即決しました。
    合う合わないの直感でしょうかね。
    指導の中味は最初から手の形や楽譜の読み方など基礎をきっちり教えるパターンです。
    時々ピアノに合わせての歌もありました。
    家からの距離は中ぐらいでしたが中学生ぐらいまで私は付き添ってましたよ。
    なぜなら、
    私自身がピアノの音色が大好きなので練習でもいいから聴きたかったからです。
    でもお陰で、コンクール間近の家での練習の仕方なども一緒に覚えれましたし
    先生ともちょうど良い距離のお付き合いができました。

    いずれにしてもお金のかかることですし、
    トピ主さんが「技術と継続」をどちらも取得できそうな方を選ぶしかないでしょうね。

    ユーザーID:6374925278

  • 発表会はどうですか?

    そこに通っているお子さんのお母様に聞ける方はいませんか?

    娘が5歳から今9歳で通っているピアノ教室はAタイプで発表会もありません
    しかし昨年から楽器店の発表会に希望者だけ参加となり、多くの子が参加しました。
    発表会があると、何か月か前から、その曲だけを練習するようになります
    上手くなりますが、親子共結構、大変です。お金もかかります。

    ピアノも初めから用意して頂かなくてもいいけれど、小3くらいで、お子さんが欲しがったらお願いします
    とのことで、自宅ではキーボードの練習で通っている子が何人もいます。
    それでも小3で学校の音楽会のピアノ伴奏をしました
    2年生の時は、同じピアノ教室のお友達が、音楽会のピアノ伴奏でした。
    他の大手のピアノ教室に通っている子も居るのですが、立候補してきません。

    送り迎えは、小学生は、放課後の夕方以降に通うことになるので
    近くても送迎が必要になると思います。
    小5のお子さんでも送迎が無いと、先生は心配していらっしゃいます。

    うちのピアノ教室は先生の自由な方針で、子供に合わせた曲、進み方です
    だから、幼稚園の頃から譜読み優先の子、うちは全く譜読みせず先生の手を見て覚えるタイプ、両方を少しずつやる子、色々います。
    うちは譜読みを小4の今、やっとやりましたが、夏休みで入っちゃいました。
    今後クラシックをやるのに譜読みがいるという事で、ギリギリ。
    でも幼稚園の頃から、先生の指と音で覚えるのは出来上がっているので、曲はサラッと弾けてます。

    うちの子は、もともと落ち着きがなく、ピアノなんて向いてないんじゃないかと思ってたけど
    本人が半年以上、習いたいと頑張るので、親が折れて入れました。
    Bタイプの教室なら、来ないで下さいと言われていたと思うので
    うちの場合、Aタイプしか無理なんです。

    ユーザーID:8101997060

  • Aの先生がいいです。

    4歳から22歳までピアノを習っていました。
    私の経験ベースでお話しさせていただきます。

    私はどちらかというと引っ込み思案で大人しい性格の子でした。
    通っていたところは車で20分くらいのところで、Aタイプの先生です。和やかでマイペースに進められました。小さい頃は先生のお家にレッスンに行ってお菓子を食べながらお話するのが楽しみでした。
    それでも小学低学年のときは、エリーゼのために・トルコ行進曲を弾き、中学生のときは合唱祭の伴奏を担当したり、高校生のときには上級が一通り弾けるようになりました。

    上達、譜面読み、知識は後から学べますが、ピアノのレッスンが厳しい、面白くないと、その前に離脱してしまいそうです。
    ピアノを弾くのが楽しい、あの曲を弾いてみたい、という気持ちがあれば、自主レッスンも譜面読みも頑張れます。

    トピ主さんが気になっている、少し物足りないAの先生の体験レッスン、”先生の音に合わせてドを弾く”。これは耳をならすための最初の練習です。
    この後、複雑な和音(ドミソ、レファラ、シミソ#♭など)もすべて聴き分け再現する。これを続けると絶対音感が身につきます。絶対音感はピアノを弾く上で必須なスキルです。

    このAの先生は資格や著名な指導歴もあり、実績があるのですよね?また話しやすいというところは継続性の面で重要かと思いました。

    お子さんに何か自信を付けさせてあげたいのであれば、”楽しい”と”自信”をつけるところからスタートが良さそうで、Aがそれに近いと感じました。
    また、どちらかを選んで、仮にイマイチだった場合はピアノ教室を変更してもよいと思います。

    ユーザーID:0292927740

  • 子供に選ばす

    お母さまから見てどちらの先生も悪くない。という感じなんですね。
    でしたらお子さんに選ばせましょう。
    目的がお子さんに自信を付けさせたいとのこと。
    自信を持つためには…その一つに親が子供を信頼し本人に任せる、子供の意思を尊重することが大事だと思います。

    ユーザーID:8067472690

  • Aかな?

    もうだいぶ大きくなった子ども(高校生、まだ続けていますが、そろそろ受験準備でしばらく休む予定です)がピアノを始めたのは、幼稚園の年中の時でした。
    大手の音楽教室の分校?のようなものが幼稚園内にあり、バス待ちの間にレッスンしてくださるということでお願いしました。今は近所のその系列の先生の自宅レッスンに通っています。
    最初はグループレッスンなので、ふざける子にひっぱられていたり、幼稚園内なので、通ってない生徒さんが混ざっていたり、ピアノ以外の楽器で遊んでいたりとピアノ教室という観点で考えるとどうかはわかりませんが、音楽を好きになる工夫はたくさんしていただきました。音楽そのものが好きになったので、好奇心のまま、吹奏楽、和楽器、今はロックと、いろいろ手を出していますが、楽譜が読めて、耳コピできるように耳を育ててもらったので応用がきいて便利なようです。合唱の伴奏をさせてもらったり、アレンジしたりもできますし、将来音楽の道に進むわけでなければ、ほとんどの皆さんが小学高学年までにやめてしまいますし、楽しくを優先させてもいいかな?と思います。確かに進度的には低学年ぐらいの時は個人教室の方と比較して遅いなと思いましたが、続けていれば追いつきますし、指使いも特に問題ないです。ご心配でしたら、指は正しいものを覚えるまでよく見ていただけるようにお願いすればよいかと思います。プロやコンクールを目指すのでなければ自分で通えるというのも重要だと思います。お子さんにとって合う教室が見つかるといいですね。

    ユーザーID:3521747335

  • 断然A

    音学(音楽知識、楽典)は10歳ころからで十分。
    まずは音楽を。


    車に例えてみましょう。

    年中の子に18歳になったらすぐに免許を取れるようにと
    子供教習所に通わせますか? 
    ペダルに足が届かないから補助ペダルを付けて。

    それとも、信号のある横断歩道を渡ったり、自転車に乗る時の注意などを通して
    道路の規則を理解していく道路安全教室を選びますか?


    ピアノは西洋人の成人が奏でることを想定して発明された楽器です。
    また、弦楽器のように、子供用のミニサイズがあるわけではありません。

    大人用の楽器で身長も体重もミニチュアサイズである幼児に
    「指の使い方」「体の使い方」を仕込んだところで、
    無理から来る歪が出るだけです。

    指の使い方はせめて、筆記具・箸・カトラリーを自由に使えるだけの
    ちから加減の調整機能が身体に備わるまでは待つべきです。
    幼稚園での図画工作や、筆記具を使うリトミックは、そのための準備体操です。

    身体の使い方は床に足がつき、椅子からスッと立ったり座ったりができる身長にならないと身に付けられません。
    脚がブラブラする身長では体重はお尻にかかったままで、腕にかかる体重(重力)を調整することができないからです。


    譜読みは文字読みと同じです。
    お子さんに文字と発音、どちらを先に教えましたか? どちらを先に覚えましたか?


    様々な母音・子音を認識し(ドレミ)
    その組み合わせが意味を持つ言葉となり(フレーズ)
    その組み合わせが文章となる(楽曲)

    聞いた言葉を聞き取り(聴音)
    それを発音してみる(耳コピ)

    文字の読み書きを学び(音符の読み書き)
    文章を読む(譜読み)

    文章を朗読する(演奏)
    声色(音色)、間、速度を考えながら

    朗読だけでなく、自分で文章を作り出し書いてみる(作曲)

    ユーザーID:6919943757

  • 最初は気軽に通える所

    本人希望とはいえ、園児なら優しい先生で通いやすいのがよいのでは。

    私も娘が希望してピアノ習い初めて夢が膨らみましたが、よほどピアノに楽しさを見いだせないと学校や宿題に追われてあっという間に一週間です。

    続けたいという本人と夫の反対を押しきって二年でやめました。本人に聞いたらピアノも先生も好きだけど練習は嫌、辞めたら先生に悪いということでした。

    ちなみにそんなに乗り気ではなかったスイミングは楽しく通っています。

    ユーザーID:7555708518

  • 子供の性格による

    お子さんが言われたことを言われた通りこなそうとする
    真面目な性格なら、Bの先生

    どちらかと言うと飽き性だったり自由が好きなら、
    Aの先生にしないとすぐに飽きてしまうと思います。

    でも他にもピアノや楽器のお稽古は、自宅でどれだけ
    練習するかにかかっているので、電子ピアノでもいいのか、
    最低アップライトなのか、家で練習させればいいのか、
    教材は何を使っているのか、コンクールは推奨するのか、
    発表会などはどれくらいの頻度でどういう風にやるのか、
    他にも色々と確認した方がいいと思いますよ。

    因みにうちはピアノはアップライト以上、教材はワーク
    (譜面の読み書き)、3つの教本から3曲くらい宿題が
    出て、それをある程度仕上げるまでが家で毎日
    つきっきりで1時間くらい

    レッスンは宿題の3曲を弾いて先生がダメ出ししながら
    ワーク丸つけ、うち1曲はソルフェージュなので伴奏つきで
    歌を歌い、最後に練習の方法を指導してもらって40分
    終了です。(オーバーしても追加料金は無い、熱心な
    先生でした)大体数回で合格をもらい、進んでいました。

    そうやってある程度家で練習しないと、レッスンで練習に
    なってしまうので、それだけ時間も労力も(お金も)
    かかる上、進度が遅くなります。そういう事も踏まえて
    決めた方がいいと思います。

    ユーザーID:8733973015

  • 皆さまアドバイスありがとうございます

    経験者の皆様、参考になるお話をきかせていただき有難うございます。

    気持ち的には、やはり楽しく続けられそうなところが良いとは思うのでAに傾いてはいるのですが、実は私も幼少期にピアノを長く習っていたのですが、とにかく譜読みが苦手で苦手で。スラスラ読めないから指が止まる、音符が頭に入ってこない、音符の上にカタカナをふる、楽譜を見てもスラスラ弾けずに楽しくない…こんな感じでした。もちろん努力不足もありますが、上手に弾けないから決して楽しくはなかった…

    だから、初心者の娘には、様々な教材やオリジナル教材で譜読みをしっかり教えることが大事という方針のところのほうが良いのかもしれないというのが迷っている点です。
    ただそのような方針のしっかりお勉強もかねている教室が娘に合うかどうかは…
    譜読みにこだわりすぎでしょうか。

    A先生は、譜読みについてや両手で弾く目安などをお聞きしたところ、あまりガチガチに教えず、そういうことに重きを置いておらず、まずは音を楽しむ、ピアノを楽しむことが大事だということでした。


    また、A教室で気になったのが、教材に応じて月謝が上がるのは一般的ですか?
    小学生から7千円、バイエル、ブルグミュラーは8千円、それ以上は9千円と記載がありました。何歳でどの教材かはまだ分かりませんがもし下の子も習うとなると高いなという印象なのですが…

    娘が楽しく通えるところが一番なのですが、心のどこかで、親の私が目に見える結果を焦っているのだと思います。
    私が何も取り柄がなく何をやっても人よりできなくて劣等感ばかりだったので自分に自信がないまま大人になりました…褒められるような誇れることなかった。だからって子供には得意なことを見つけてほしい自分に自信を持ってほしいと、押し付けるのは間違っていますよね。
    結局、褒められたいのは私なのかな…ごめんなさい話が逸れてしまいました。

    ユーザーID:2067545817

  • 両タイプ通いました。

    もう閉めていたらすみません。
    うちの長女は元々大手に通っていて、やはりAタイプの教え方でした。
    先生は穏やかで緩やかで、ある程度弾けるようにはなりました。
    おっとりタイプの長女には合っているようでした。
    しかし、2年半も通ったのに、何と一つも音符が読めるようにはならなかったのです。
    私もピアノは習っていましたので、家でも教えましたし、
    先生に譜読みができないことを相談しましたが、
    「教室では読めてますよ〜」と取り合って貰えませんでした。
    多分、誘導するような形で読ませていたのだと思います。

    次女が習い始めるのをきっかけに、個人の教室に移りました。
    そこで最初に出された譜読みチェックも0点でびっくりされました。
    大手を批判するつもりはありません。
    ただ、「大手から来る子は大体みんなこうなの」と言われました。
    「このままだと、暗譜できない難しい曲は弾けないし、弾けないと嫌になってしまうから、
    譜読みは大事なの」との事でした。
    教室を移ったらすぐに読めるようになりましたし、妹は最初から
    そのBタイプ先生でしたので、メキメキ弾けるようになりましたね。
    何かご参考になれば。

    ユーザーID:0160691801

  • プロになりたいか、お嬢さまくらいか

    知り合いが子どもさんが、教室に行きたいといった時、

    プロとして将来、ピアニストとなり生活するのなら、本気で考えるから
    目的をはっきり言って と、聴き、ピアニスト目的、音楽大学も視野に考えていると。

    だったら応援する。途中の弱音なし、高い授業料は親が払うのだから
    真剣に練習してで、グランドピアノまで購入されました。

    なので、お嬢さまの教養だったら、A。普通、小6か中3で終わり。
    アップライトピアノは、居間のお飾り。

    まぁ、ピアノ・音楽教師まで考えているのなら、B。

    私の周りは、調教もなしのお飾りピアノの居間 ばかりです。

    ユーザーID:4197104878

  • 大手ですが…

    子どもが大手グループで習ってましたが、クラスのみんな譜読みは普通にできましたよ。毎週レッスンの中で、音符を読む練習をしたり、音符を書く宿題が出されたりもしました。

    ただ、ピアノを習わせるにあたって親が考えるべきは、もっと別のところにあると思います。つまりは、親が毎日の練習をどこまでサポートできるか、もっと言うと、経済的にどこまで支えられるか。ピアノの上達は毎日の自宅練習が鍵になります。

    仮にB先生を選んでも、何らかの形で親が練習をサポートすることになるのは必然です。それをする親の覚悟があるか。お子さんに自信をもって欲しいためにピアノを習わせるのでしたら、なおさら、親が練習をサポートして「できる」「できた」体験を積ませたほうがいいと思いますが…。

    あと、他の方も書いていらっしゃいますが、発表会は年に何回か、コンクールは出なければならないか、用意する楽器…。そちらの方が大事だと思うし、お話の条件では、A先生でもB先生でもどちらでも良いと思います。私も、年中さんでしたらお子さんに選ばせても良いのではと思います。

    教材に応じて値段が上がるのもたびたび聞きます。問題にするほどとは思いません。

    ユーザーID:4627113523

  • 読譜力は大切です。

    2度目のレスです。
    前回、断然A先生、とお答えしましたが、それは読譜を軽視してのことではありません。
    もし、この先生が大手のグループレッスン、もっと平たく言えば「音楽お遊戯」しか教えられない先生ならB先生の方がマシです。

    ですが、
    ・最初からガチガチに指導練習譜面覚えなどするよりも、とにかく楽しく続けることがモットー
    ・先生自体は、ベテランで賞や資格や各学校への指導歴など凄い方のようです
    とのことから、生徒達の年齢や音楽経験年数に合わせて、必要なことをワンステップずつ指導されるのであろう、と感じたからです。

    先のレスで
    文章を読む(譜読み)
    文章を朗読する(演奏)
    と書きましたが、実際のところ音符を読む、というのは文字を読むよりも複雑です。
    ドレミを読むだけでなく、「リズムも」同時に読まなければならないからです。
    そしてリズムの記譜法を理解するには数に対する感覚や概念が必要です。

    五線紙上のドレミの位置の表し方はセオリー的には単純です。
    でも、読みながら弾いていくためにはセオリーに則って考える暇はありません。
    ト音記号譜、ヘ音記号譜、それぞれ視覚的に慣れていく必要があります。

    因みに私は、視覚的に慣れていないハ音記号譜(ビオラ譜など)はスラスラとは読めません。
    「脳内変換」が必要なのでどうしてもワンテンポ遅れてしまいます。

    音符の上にカタカナを振っていたトピ主さんは
    カタカナだけを見ていたのでいつまでたっても楽譜に視覚的に慣れることが無かったのでしょう。
    でも、それならどうしてカタカナなら ひらがな を振らずに読めたのですか?
    それは、カタカナはカタカナとしてインプットできているからではないですか?

    物事には適正年齢があります。
    2年生くらいになればスッとインプットできることを今、ねじ込む必要はないのです。
    今は様々な楽器の音色にも触れ、音の世界を広げて下さい。

    ユーザーID:6919943757

  • どんな先生が希望なのか。にも依ります。

    私は、やはりお金が発生する習い事なのだから、
    プロとして自覚がある方が良かったので、
    責任を持って、ここまではきっちりと教えます。
    という先生にしました。

    頼りがいのある、安心感ですかね。
    物事をはっきりと言ってくれる。というのも、ポイントでした。

    最初に行った個人教室は、
    右も左も分からない親に、子供に合わせながら、無理強いはしません。
    他の楽器を使いながら、楽しく音楽に親しむところから始めていきます。
    ではなく、(そんなの幼稚園でやってるよ。と、私は思いました。)

    大手教室は、
    ピアノを弾くことを教えます。こういう教材を使います。
    こういうします。指使い、譜読みもします。

    大手教室だったせいか、そこは安心出来ました。
    あとは先生の人柄ですね。

    習う時期が悪く、うちの息子がやんちゃ過ぎたので、
    ピアノと向き合う姿勢が出来たら、、、
    お金の無駄になるからと、最初は先生に個人を断られ、

    それならと、異例で期の途中、
    その大手のグループ体験をさせてもらいましたが、
    子がぬるくて、周りに合わせた環境が馴染めずに、
    途中で脱走しました。

    でも、子供はピアノがどうしても習いたい!
    私はピアノを弾かなくても構いません。
    無駄なお金を払っても構いません。
    個人で、ピアノを教えてください。と、お願いしました。

    先生は、そこまで言うなら仕方ない。という感じでしたが、
    うちは正解でしたね。

    もう10年近くになります。
    泣かされもしましたが、いつも厳しく優しくピアノを教えてくれています。

    ピアノの程度は、中級程度の楽譜なら弾けます。と言われています。
    決して、上手くはありません。
    中学生半ば、ピアノは好きだと言いますし、先生も変わっていません。

    まったりと続けていけるので、合う先生に出会えて良かったなと。

    補足。子がひとりで通えるのも、長く続けるポイントだと思いますよ。

    ユーザーID:2542095927

  • 玄関と講師の応対を思い出してください。

    こんにちは。既にお決まりになりましたか?
    まだでしたら、今一度玄関と講師の応対を思い出してください。

    ・玄関は他者を最初に受け入れる場所です。

    ・トピ主様の謝辞に対し、「はいはい」等と生返事されませんでしたか?

    我が子が幼少期に一時通った個人宅のピアノ教室ですが、玄関が大変汚かったです。狭い三和土に家人の靴が散乱し、棚の上や床に至るまで小物や額入りの巨大写真、賞状が飾られていました。子がバランスを崩し三和土に足をついた途端、「汚ーい」って…なら少しは場所を確保してくれないかと思いました。
    トイレを借りたいとお願いすれば、「ちゃんと家で入ってきてください」と言われ。事前に必ず家でトイレを済ませていましたが、謝罪し借りたトイレは先に使用していた講師のお子様が汚されていて、使用後こっそり掃除しました。一応「施設使用料」が月謝とは別に徴収されてたんですけどね。
    入会後2回程「他の生徒の希望」で時間枠の変更をされました。もちろん嫌な顔せず受け入れました。
    他の保護者様の悪口を言ったり、真夜中に挨拶一つないメールを送ってきたり、常識を疑う方でした。
    昔集合住宅でピアノ教室を始めたら、大家に乗り込まれて怖い思いをしたとか…、いやいや、挨拶なしに集合住宅で音楽教室やるほうがどうかと思いました。
    元々高額な月謝もすぐに値上がりされ、初級レベルの楽譜が1冊終わる度に値上げされ続けてたら就学時には幾らになっていたか。
    結局余りの常識のなさに、1年程で退会しました。
    その後は良い講師に恵まれましたが、所謂「ピアノの先生」は社会経験が浅いまま「先生」と呼ばれるから、モンスターが多いそうです(ピアノ講師からの情報)。

    綺麗でなくていいんです。ただ他者の為の動線を想像できない、礼節を配慮した応対ができない講師は、後々疑問を抱く可能性があると思いますので、ご参考にしていただければ幸いです。

    ユーザーID:0404325846

  • 譜読みは大切です

    2児の母です。現在、兄弟をビアノのレッスンに通わせています。我が家では最初は長男だけを、近所のどちらかというとAタイプの教室に通わせていましたが、親である私が次第にレッスン内容に疑問を持つようになり、Bタイプの教室に変更しました(車で15分)。また私自身も幼少期からピアノを習っていたので、その経験も踏まえて教室選びで重視した挙げると,,,,

    ・譜読みをきちっと教えてくれる
    現在、子供が通っている教室ではフラッシュカードを使って瞬時に音符を読むトレーニングをします。レベル別に内容が難しくなり、中級以降はフレーズや和音など、先生お手製のカードで練習します。また譜読みを得意にするために短めの曲をあえて沢山弾いたりしています。私自身、主さんと同じく譜読みが苦手で中級以降躓いてしまったので、長くピアノを楽しむためには読譜力が必要不可欠だと思います。

    ・毎日の練習を促してくれる
    今の教室では毎月ごとにカレンダーをもらい、毎日練習した時間を書いて次のレッスンで先生に見せるシステムです。サボらず練習した週はシールが多く貰え、シールが貯まると文房具を貰えます。ピアノなどの楽器は他の習い事と違い、日々の練習がないと得意、と言えるレベルにはなれません。また親の介入も必要です。

    ・発表の場がある
    発表会やコンクール、クリスマス会など、1つの曲にじっくりと向かい合い、人前で演奏する事で大きく成長します。

    ピアノは初めの教室選びが大切だと思います。長男は以前の教室で正しい指の形などの指導が無かった為、矯正に半年以上かかりました。リズム感も悪く、読譜も一人ではできなかったので、新しい教室では教本を一冊以上前に戻りやり直しました。基本をきちんと、きめ細やかに教えてくれる教室が良いと思います。教室を変えて二年半ですが、タッチも良くなり兄弟で楽しく通っています。因みに初、中、上級で月謝は上昇します。

    ユーザーID:7092342644

  • 続きです

    レッスンの内容は
    長男(小3、45分)→音符、指番号フラッシュカード、ソルフェージュ、曲(2~3曲)、ハノン
    次男(年長、30分)→フラッシュカード、ソルフェージュ、指のトレーニング、曲、等 (初めの1年間は歌やリズム遊びでピアノは弾きませんでした)

    ユーザーID:7092342644

  • うちならA

    小学生になると結構忙しくなりますし、自力で通ってもらうことが必須条件でしたので。
    結局年中から始めて今は高学年、辞めずにここまでやってきました。
    今年は運動会の応援団にもなって、時間もカツカツの中よくやってるなぁと思います。
    グループでやっているので、うちは運動系の習い事もかなりハードにやっていて良く練習できるなと思いますが、みんなに遅れないように必死でやってます。
    ただ、我が家は音楽を本格的にやらせたいわけでもなく、本人も「楽しそう」というだけだったので、こんな感じがあってました。

    ユーザーID:6581297972

レス求!トピ一覧