猫を手放すタイミングに悩みます

レス28
(トピ主1
お気に入り41

生活・身近な話題

キジトラ

レス

レス数28

レスする
  • 私も独り暮らしのオッサンですが

    まだ59歳のときに、お外でご飯を貰っていた地域猫の一匹をご縁があって迎えました、その時は私も健康で先のことなんてあまり考えずに何とかなるだろうで引き取りました、もうすっかり馴染んで他所に行くなんてことはにゃんこ自身まったく思っていないでしょう。
    しかし、最近になって私の体調が急変し凄く不安な日々を過ごしています。
    私はいくつかの準備をしています。
    1.私が先に死んだら猫が15歳まで生きる計算で毎年15万円ずつ飼い主に支払われる信託財産を用意(譲渡時はお金の存在を伏せるよう関係者に頼んである)
    2.自宅で猫だけになる期間の維持でペットシッターさんに万一のとき来てもらえるように契約してある
    3.保護団体に譲渡の手配をしてもらえるよう、ペットシッターさんと連携が取れるように顔合わせしてある
    4.引き取り手が見つからない場合、その時の猫の年齢にもよるけれど、保護部屋に協力している預かりさんに信託財産から飼育費用を支払って預かってもらえるようにリーダーに頼んである
    5.私が孤独死することもありうるので、民生委員さんと顔合わせしてあり万一の時は第一発見者でも何とか必要な連絡だけは付けられるようにしている

    とまあ、たいそうなことですが、にゃんこが誰も居ない家の中で死んだ飼い主と餓死するのだけは避けたい一心で色々やってます。
    ご参考まで。

    ユーザーID:5802310664

  • お互い頑張りましょう!

    アラカン独身女性です。
    現在、3匹の猫(母+子×2)を飼っています。
    トピ主さんと異なるのは、私に持病があること、そして精神疾患(手帳持ち)があること。
    今日は動けないかも.......という時も、猫のご飯をあげ、トイレの掃除をし、飲み水を替えねばなりません。
    その後、ベッドに倒れ込みますが(苦笑)

    彼らを引き取ったのが50代の初めです。
    彼らがいるから生きていけます。
    彼らのためにも死ねません。
    絶対に彼らを看取ってから自分の死を迎えます。
    トピ主さん、お互い頑張りましょうよ。

    ユーザーID:4768128095

  • きっと、その猫ちゃんを看取ることになると思います

    私は今59歳。
    2年前に最後の愛猫を19歳と半年で亡くしてから、新しい仔を迎え入れることは断念しました。
    もし20歳まで生きたなら、最後まで責任もって面倒見れるか分からない、というのが理由です。
    でも実は、もう大人になった猫ちゃんに縁があれば拒まないでおこうとも思っていました。

    トピ主さんのお気持ちは、とてもよくわかります。
    でも、その猫ちゃんとの縁があったこと、信じていいと思います。
    トピ主さん、猫ちゃんのために、できる限り健康で長生きする決意を固めてください。
    そして、猫ちゃんを看取ってあげてください。
    きっとそうなるだろうと思います。

    まあ、10年経ったら、万一の時のために、保護活動をしている方たちへ相談なさってもいいと思いますが。

    応援しています。

    ユーザーID:0137961828

  • 信託と積立

    保護猫関係の団体で、信託式と積立式と資料を取り寄せて検討しました。
    信託式はしっかりしているけれど、獣医師団体とコラボしているので、病院で引き取られる、つまり飼い猫ような生活は望めない、とわかったので、積立をしています。
    毎月6000円だったか9000円だったか、5年間積み立てると一匹引き取ってもらえます。若い猫は基本飼い主募集へ、シニア猫はその施設でほかの猫と過ごします。

    私はトピ主さんと同年代。猫はどれも野良血統で6匹。
    現在3匹分を積み立てています。
    あとは遺言書を早いうちに作成しないと、と思っています。
    積み立ててあることも、もし私が死んだときに4匹以上元気でいたら、残りの猫も一括払いで引き取ってもらうために。

    ちなみに、お金を払えばいつでも引き取ってもらえるわけではなく、空がないとだめだそうです。
    個人中心の保護団体ですと、預り金がどう保護されるのか、その方に何かあった時に団体がどうなるのか(保護犬猫系は、ひとりの熱意のある方に頼り切っている場合が往々にしてあり、その方が携わらなくなると、とたんに解散や劣化するところが多いとか。)

    ユーザーID:5126367837

  • トピ主です

    温かい励まし、また厳しくも的確なご指摘、ありがとうございます。

    私、持病はありません。健康診断の結果も良好です。
    年金受給を繰り下げて、Wワークでバリバリ働いてます。
    なのになぜ、そんな先の心配を?と思われるのも無理ありませんが…。

    私が看取ったのは、両親だけではないのです。
    さすがに自宅で介護したのは両親だけですが、ほかに身寄りのない伯父伯母を3人、病院や施設に入れてのお世話をしました。
    1人を除いて、臨終にも立会いました。
    享年9歳のウサギと17歳の犬は、私の腕の中で亡くなりました。
    ここ10年ほどで、ずいぶんたくさんの死別を味わって、なんだか死がとても身近なものになってしまって。
    怖いという気持ちはありませんが、ただ、自分に何かあったらこの猫が…ということだけが気がかりで。

    猫の手術について相談に乗ってくれたのは、地元で保護活動をしている小さな団体です。
    そちらには、術後に些少ながら寄付をし、古い毛布やタオルなどの物品も送っています。
    ただ、本当にいっぱいいっぱいでやっておられるようなので、甘えにくくて。
    猫の縁で知り合った方は、「何かあったらうちが」と言ってくださって、悪い人ではないのですけど、10数匹の猫ちゃんを、不妊手術もしないで飼ってらっしゃるので、ちょっと…。
    「今すぐ譲渡する」ではなく、「自分の死後に猫が残った場合の押さえ」として、もっと頼りになる人脈を拡げていきたいと思います。

    考えてみれば、介護中は、「絶対に親より先に死ねない」が私のモチベーションでした。
    今は、「この猫を残して死ねない」という気持ちで、がんばろうと思います。

    あ、猫の年齢は手術時に獣医さんに訊きました。
    でも、「子供じゃないし、年寄りでもない」としか、わからないそうです。

    ユーザーID:2933621048

  • 大丈夫

    その責任感があれば絶対ニャンコちゃんより先に死なない!
    素敵です、あなた。

    ユーザーID:2148089825

  • 本気で考えているなら

    1日でも早く行動に移してください。

    里親募集サイトをご覧になれば分かりますが、今は子猫だらけです。
    そこに年齢不詳、成猫〜老猫となればかなりの狭き門です。

    猫のボランティアさんも何処も手が一杯の状態です。

    若ければ問題ない。という訳ではありません。
    若くとも不慮の事故や病気だってあり得ますので、年齢ではないのです。
    ペットの飼育を引き継いでくれる人を、年齢問わず本来は確保しておくべきなんです。

    特に独居の方は、ペット以前に自身にもしもの事があっても、発見してもらえない
    そういうことが実際にあるという事です。

    自分自身の事は、何かあればボタン一つで通報できるようにしておく
    ペットの事は、終生飼養してくれるところがありますので
    今からその費用と共に、どこが良いか探しておきましょう。

    悩んで心配していても時間だけが経ってしまいます。
    本当に貴女とねこの事を考えるなら、行動を起こしてください。



    厳しいことを言いましたが、出来るなら
    その猫さんを見送るまで、健康に気を付けて元気に一緒に暮らして欲しい
    それが本音なんですけどね。

    ユーザーID:4993981949

  • 何か持病がありますか

    途中で飼い主が変わると猫が不憫です。
    トピ主さんの年齢なら猫の方が先に逝くのでは。
    猫の最期を見届ける気概を持ちましょうよ。
    身寄りがないならなおさら自分を慕う猫のために頑張ろうと思いませんか。
    少なくとも私はそうです。私も独身で両親を亡くし猫2匹(捨て猫)を飼ってます。猫を養うために嫌な仕事も我慢しています。
    まだ手放す事より入院した時のために一時預かりしてくれる所の算段だけで良いのでは。

    ユーザーID:6340280768

  • そう言ったビジネスもあるので、色々調べましょう。

    今はまだ、数は少なくても、これから増えるでしょうね。

    色々、調べてシミュレーションしとくと良いです。

    それには、お金も必要ですね。

    ユーザーID:6212303057

  • 末永くお元気で

    ある程度の年齢から後継者も居ない中、寂しいという理由で、ペットショップ等で子犬や子猫、長生きの動物を購入する事は個人的には反対です。

    が、トピ主さんの場合は、野良ちゃんを保護して下さり、将来を案じ考えこうやって相談されていて、先に述べた様な印象は受けません。

    むしろ、保健所等で人の手に依って命を絶たれるかもしれなかった存在を護って頂きありがとうございます。

    他の方も書いておられますが、
    保護団体と事前にコンタクトをとってみてはいかがでしょうか。
    今すぐでは無いし、終生飼育するつもりではあるが、
    「万が一」の時はお願いしたいと。
    出来れば、週1回や月に1-2回でもボランティア等とそ何らかの形でその団体と関わり続けるのが良いかと。

    そして、家の目立つ所と、出かける時は鞄の中に
    【万が一の時は猫をここの団体に託します。
    ご連絡をお願います。連絡先:〇〇ー〇〇〇〇】
    という書面を用意しておくのはどうでしょう。

    その時に、その団体のそれなりの立場の方にも一筆サインなんかを頂いておくと良いかもしれませんね。

    何よりも、トピ主さんが元気に長生き出来る様、そして相棒をご自身でお見送り出来る様に願っています。

    ユーザーID:7861948265

  • 続きです

    以上のことを踏まえて、トピ主さんはできるだけ早く猫ちゃんを手放すのが良いかと思います。
    そのためには、猫の譲渡先を探すための努力が必要です。
    身寄りも友人もいないのなら、やはり保護団体しか頼めるところはありません。

    積極的に猫の保護団体に連絡してみてください。
    1つの団体がダメでも諦めないでください。
    色んな保護団体に連絡してみてください。
    断られ続けても諦めず、団体の手伝いをしたり、寄付をしたりして関係を密にするようにしてください。
    そしてご自身の現状を訴え続けましょう。
    今すぐは引き取ってもらえないでしょうけど、トピ主さんの努力と協力次第ではちゃんと引き取ってもらえると思います。

    保護団体のメンバーになるほど活動を熱心にすれば、誰か他のメンバーが猫ちゃんのことを気にかけてくれるはずです。
    猫が団体に引き取られたあとも、その子がちゃんとした飼い主に引き取られるまでは保護団体の手伝いを続けた方が良いと思います。
    くれぐれも無責任な「飼育放棄」だけはしないでくださいね。

    ユーザーID:6827775549

  • 危惧していることがあります

    もちろん長生きができれば、それがベストです。
    トピ主さんはまだ60代なので、他の方々も言っている通り、その猫ちゃんを看取る可能性のほうが大きいです。

    でも、私には危惧していることがあります。
    トピ主さんに身寄りがないことです。
    例えばトピ主さんが何らかの理由で家に帰られなくなった場合、その猫ちゃんはどうなるんでしょうか?
    このご時世では猫ちゃんは室内飼いですよね?
    トピ主さんが不在で、飢えずに生きていかれるのでしょうか?
    または家で意識を失ってしまったり、突然死してしまった場合はどうですか?
    発見されるまで、どれだけ時間がかかるんでしょうね。
    その間、猫ちゃんは家の中で生きていけますか?

    私も一人暮らしで、猫を2匹飼っています。
    まだ30代ですが、最悪の場合のことは常に考えています。
    もし私が死んだり、何らかの理由で体の自由が効かなくなってしまった場合には家族に猫を託すことになっています。
    私が外で事故死するのはまだマシです。
    警察から連絡があれば、家族がすぐに私の家まで駆けつけて猫の世話をしてくれるから。
    問題は家の中で、何らかの理由で突然死してしまうことですね。
    無断欠勤になるので職場から家族に連絡があるかもしれないけど、発見されるまでどれだけかかるんでしょうね。
    もし大型連休中に突然死したら、死体はしばらく発見されないでしょうね。
    こういうことを想像すると怖いです。
    猫たちが餓死しないか心配で。
    だからできるだけ家族とはマメに連絡を取り合うようにしています。

    ユーザーID:6827775549

  • トピ主さん、寂しいこと言わないで

    アラカンの独女です。
    現在8才・5才・5才の3匹のネコと暮らしています。
    後10年、70才になったらとっても寂しくなるな。
    ネコがいない生活は考えられない。
    でも、さすがに自分の面倒も見れなくなるし・・・
    と、いろいろと考えていたのですが、

    知り合いが育児放棄の子猫を2匹保護し、
    1匹お願い!と白羽の矢が飛んできました。

    一瞬、躊躇はしましたが、えぇ〜い何とかなると
    先週末、我が家に婿入りしてきました。

    健康年齢を一日でも長くできるように頑張るだけです。
    でも張り合いができていいのでは・・・と楽天家の私です。

    トピ主さん、まだそんなに深刻になる歳じゃないですよ。
    大丈夫ですって!

    最後にどうしようもなくなった時のために受け入れ先だけを
    探しておいて、その日になるまでネコちゃんとの生活を
    楽しんで下さい。

    私もそうしたいと思います。

    ユーザーID:4670202063

  • 主さん、長生きしなよ。

    私も猫を飼っているので気持ちは凄く分かります。
    ただ私の年齢がまだ40代なので、
    まぁ恐らく猫の方が先にあの世に逝くと思うので大丈夫と思ってますが。

    ところで主さん猫ちゃんですが、
    お歳は2歳くらいなんでしょうか?
    なんならワクチンの時とかに獣医さんに聞いてみたらどうでしょうか?
    うちも拾ってきた猫が600グラムしかなくて
    こりゃあ1ヶ月くらいかな?なんて言ってたら
    年齢は3か月と言われて、ああ、さすが獣医は専門職なんだなって思った事があります。
    (栄養不良で1ヶ月の体重だった)

    2歳だとしても猫ちゃん年齢Max20歳(うちは22歳まで生きてたけど)としても
    主さん80歳でしょ?
    まだいけるって!!
    いや、猫より先に死んじゃいけないんです。
    だから主さん、長生きしなって。

    あと私は子供もいないので、
    私が事故とか不慮のなんちゃらであの世に逝ってしまったら
    病院より先に家に行って猫を確保してほしいと頼んでいます(友人に)。

    猫ちゃんも主さんも長生きして
    楽しく人生、生きてってください。

    ユーザーID:3332536620

  • 何か持病が?

    トピ主さん何か持病があるのでしょうか?
    もしくは新たな病気が発覚したとか?

    それではなく年齢だけの事で手放そうと考えているのでしょうか?
    トピ主さんが80代だったら今は元気でもそろそろそういったことを
    考えるのも分かりますがまだ60代ですよね
    日本女性はかなり長生きですし持病がないのなら健康に気を付けながら
    まだまだ猫と一緒に生活できると思いますが…

    一つ引っかかったのは手放すというのは捨てる事ではないですよね?
    きちんと新たな飼い主を見つけるという事ですよね?

    以前TVで老猫老犬ホームみたいなのを見ました
    ちょっとお金がかかりますが老猫や老犬を引き取って面倒を
    見てくれる施設があるそうです
    とりあえずそういったホームに入れる為お金を残しておくという事から
    始めたらいかがですか

    ユーザーID:9783892941

  • 私の実家は、最初は犬から始まり

    私の親は、私の生まれる前から犬がいて、その後私が生まれるとネコを飼いだして、認知症になるまでの
    80代前半まで次々とネコを飼っていました。
    一番最後に飼っていたネコは、知人にもらわれていきました。
    犬から始まり、50年以上ペットを飼っていた家でした。
    トピ主さんが、私の親の年齢まで20年近くありますね。
    体に問題が特になければ、もうしばらくネコと一緒に暮してはいかがでしょうか?

    ユーザーID:9174917446

  • 手放す「算段」だけつけておく

    万が一があったとき、例えば長期の入院、急な事故、本当の万が一。
    その時に猫を引き受けてくれる人の算段だけつけておきましよう。

    今は猫との生活を楽しんで過ごしてください。
    私の母は古希を超えてから怪我をした猫を保護し、今現在飼っています。
    何かがあった時には私が引き受けることになっています。

    ユーザーID:4102241665

  • 獣医さん。

    猫の年齢については、獣医さんに相談してみてください。
    歯の状態などから、大体の年齢は分かります。

    トピ主さんもまだ60代ですから、猫ちゃんを見送る位までは元気でいられる可能性が高くないでしょうか。

    不安なら、今から保護活動をしている団体に、寄付やお手伝いなどして良好な関係を築き
    「いざという時には引き取ってほしい」
    という話をつけてはいかがでしょう。

    知人で、もう70代なのに子犬を次々に買って多頭飼いしている方と話をしていたら
    「私が先に死んだら、ペットも死ぬのは仕方ない」
    という考えのようで、なんだかなあ、と思ったものです。

    トピ主さんが50代で猫を飼い始めたことを責めるコメントもついているようですが
    トピ主さんは、今の猫ちゃんも、放っておいたら死んでしまうのを見るに見かねて飼い始めたんですよね。

    もしトピ主さんが先に旅立つことになっても、こんな風に先々のことまで悩んでくれる飼い主のもとに少しでも長くいるのが、猫にとっても幸せだと思うのです。

    ユーザーID:3826215977

  • 訂正します

    もうトピ主さまが飼っているんですね。
    失礼しました。

    では、改めて。
    末永く猫ちゃんと仲良くね。

    ユーザーID:2803041202

  • あと10年は大丈夫

    猫の寿命も延びて20歳を超える子もいますが

    少なくともあと10年はお互いにだいじょうぶなのでは?
    おそらく猫を見送る方になると思います

    ペットを飼うのを控えるのは、今時は早くて60後半だろうなと思います
    それ以前のペットであれば、責任をもってかえるのでは?


    もともと独り身であれば、後始末のことを考えるべき年齢です
    あと10年もあれば、もう少し何か見つかると思います

    とはいっても、人が死ぬ時期も決められるものではありません

    保護活動している団体に、手伝いや寄付をしていたら気にかけてくれませんか?
    今忙しいけど、必要なのは今じゃないし、万が一の備え程度だし
    色々して友人を作りましょう

    結局人を助けるのは人です

    別に猫のためではないけれど、一人で悩まずに済むように

    ユーザーID:3707608052

  • 色々ある事はある

    近年は、ペットに遺産を残す手続きだったり、ペット可の施設入居、飼い主が亡くなった後のお世話依頼、ペット自身の介護施設等、色々増えていますね。

    独り身、高齢化社会と、ペット飼いの増加の影響でしょうね。

    どれも、費用の掛かる事ではありますが、一度調べて、計画を立てておくと安心ですね。

    猫さんの年齢は、病院で、大体は分かると思いますよ。

    ユーザーID:6212303057

  • その猫を引き取りましょう

    他の方も書かれてますが、60代だということですので、
    トピ主さまが猫ちゃんを見送ることになるかと。

    私の実家で、コンビニのゴミ箱に捨てられていた子猫を保護しました。
    その時、父は61歳、母は56歳。
    とても人懐っこい猫だったこともあり、皆が可愛がって育て、昨年天寿をまっとうしました。
    父は75歳、母は70歳になってます。

    それから1年経ってます。おかげさまで2人とも息災ですよ。

    ぜひその猫ちゃんを家族に迎えてください。

    ユーザーID:2803041202

  • 気持ちは分かる

    あのー…
    その猫ちゃんを飼育しようとした時点でトピ主はおいくつだったんでしょうか

    もう、50後半だったらペットを飼育した際先行きどうなるか想像できませんでしたか?

    気持ちは分かりますよ
    で、結局いま猫ちゃんと幸せに暮らしているのなら
    トピ主が猫ちゃんを看取るぐらい元気に健康に過ごす考えをした方が良いと思う


    >あるいは猫に遺産を残せるような方に譲渡するということです
    猫に遺産ね…
    何かの小説とかコミックとか、コメディ映画にそういうのあったなぁ…

     

    ユーザーID:0077592674

  • 主さん、まだまだお若いですよ!

    主さんよりちょっと若いですが、私も保護ねこと暮らしています。

    ねこの世話に追われて毎日お陰でいやしとリズムができています。
    私も不在時の時や何かの時にちょっと考えた時期があります。

    私がしているのは、地域の保護団体の方に事情を話して何かの時にはお願いするようにしています。
    その時は些少2万ほどですがすこしお渡しするつもりです。
    保護団体結構な数ありますよね。色々相談してみてはどうでしょう?

    でも今の平均寿命は女性は90歳くらいだそうですよ!
    まだまだ頑張って元気にねこと暮らしていきましょうよ。

    ユーザーID:0040966573

  • トピ主様ご自身が

    健康面に不安があるのでしょうか。

    現在特別治療の必要なご病気が有って、近いうちに入院が必要とかならご心配も解らなくもないのですが、60代半ばでなんだかそのご心配って気が早すぎやしませんか?

    夫の母は70代半ばで猫を迎えましたよ。
    現在その猫も8歳。
    まあ、まだまだ生きるでしょう。
    義母も「この子(猫)がいるからまだまだ頑張らなきゃね」と1人と一匹で気ままに生活しています。

    私の実家には野犬だった犬を保護して飼っています。
    かれこれ10年経過。
    両親も80代半ばです。
    犬もいま何歳なのか判らないのであと何年、お散歩を頑張らなければいけないんでしょうかねぇ。
    父は酸素ボンベを犬と一緒に連れて毎日散歩に出ているようです。

    人生100年と言われるようになりましたが、私の親世代を見ていますと、まったくその通りだと思っています。

    猫がいるからこそ
    猫を養わなければならぬからこそ
    うかうかしていられませんよ。

    どうぞご自身の健康を維持して最後まで看取ってあげてくださいね。

    あ、実際のところ、保護してから何年くらいたつんですか?

    たぶんトピ主様よりは先に見送ることになると思うんですよ。

    >本来なら、私のような年配の独身者には、保護猫は譲ってもらえないと聞いています。
    >猫より先に寿命が尽きたり、ちゃんとお世話できなくなるおそれがあるからでしょうね。

    そんなことも無いですよ。
    私の知人が60を過ぎたころに高齢猫を次々と病気で亡くしました。
    私の友人が勤務する大きな動物病院を紹介して、そこで猫たちの治療から見取まで通っていましたけれど、ペットロスもひどかったこともあって「こちら(動物病院)で保護している子を迎えてくれませんか?」と振っていましたよ。

    60代なんてまだまだ若いですよ。
    問題は経済力かしら?

    ユーザーID:6558834295

  • 私が引き取ります。

    今の文章を読んで、この気持ちになりました。
    トピ主さんの思いを聞いて、絶対に引き取ることに立候補してくれる人はいます。

    今はSNS等で猫の引き取り手を探したり、
    引き取り手探し専門のサイトもあります。

    インターネットは億劫かもしれませんが、是非広い範囲に目を向けてみてください。

    ユーザーID:7721410949

  • まだ60代半ばでしょ?

    今心配すべきことは自分の健康です。
    ネコは年齢不詳と言っても
    獣医さんに診てもらえば
    おおよその推定はできるでしょう。

    そのような弱気なことではいけません。
    絶対にネコより長生きしてやると
    念じつつネコと楽しく過ごしてください!

    私の母は70代ですが
    現在3歳(推定)のネコと暮らしていますが
    そのような心配などしていなさそうです…。

    ユーザーID:0452801432

  • 健康に気をつけて、一緒にすごす。

    正直、その猫ちゃんの方が先に旅立つ気がします。
    貴方はまだ、60代ですよね???
    健康寿命でも、後10年はありますよ。

    たしかに、いつ何かあるかわからないのが人生ですが。
    自分の健康に気をつけつつ、日々を過ごしていくしかないのでは??
    ただ、いざという時のために、近隣の住民に猫を飼っていることの情報共有をしておいてみては??

    ユーザーID:1944558493

レス求!トピ一覧