外国人夫にゴーヤを出したら全力拒否

レス199
お気に入り313
トピ主のみ0

絹ごし

話題

オーストラリア地方都市在住で夫はフランス人です。同棲期間も含め10年以上一緒に過ごしています。

この辺りのスーパーでも最近たまにゴーヤーを見かけるようになったので、うきうきと購入。
日本で見慣れたものより丸くぼってり、色も薄くふにゃふにゃした感じです。

本日仕事から帰った夫が、どうも風邪気味の様子。
ここは栄養満点のゴーヤの出番と思い立ち、ぱぱっとと料理しました。
5年ほど前に一度食べさせた時は苦くて食べられない!と言っていたので、今回は大量の塩でしつこいほどに揉みしだき20分ほど置いた後、更にさっと湯がいて苦味を抑えました。

一口食べた夫
「風邪で弱っている時にこんな毒みたいなものを出すなんて、嫌がらせなの?この毒を除けて食べても味が染み込んでいて無理っ!」とお怒り。
なんと食べるのを拒否し、冷食を自分で解凍しはじめました。

我ながら美味しくできたと思っていたのにがっかりです。作った食事を食べてくれないのは5年前のゴーヤ時を含めて2度目となり、非常にショックでした。


私は食べられないほど苦手な食べ物はありません。
夫も生玉ねぎやきゅうりは嫌いですが、その他は和食洋食なんでも美味しく食べられる人です。料理好きで週の半分はディナーを作ってもくれます。ちょっとグルメでワインにもうるさく、基本的に舌は合うと思っていました。

こんな人でもゴーヤは食べられないものでしょうか?
なんとか美味しく食してもらう方法はないものでしょうか。

ちなみには私は美味しさのあまりぺろっと平らげ、おかわりまでしました。お弁当用にとちょっと多めに作った残りは、明日ゴーヤをのけて息子(小さいので就寝中)にあげることにします。

ユーザーID:7179791787

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数199

レスする
  • 苦いからでしょ

    ゴーヤは苦いから外国人では(日本人でも嫌いな人はいると思います)仕方ないかなと思いますよ。納豆が食べられない人だって少なくないですし。

    私もドリアンと臭豆腐は 絶対に 無理です!

    その国では、普通に食べられているものでも外国人には無理!!という物、あると思いますよ。

    私の主人は、ゴーヤは特に美味しいとも思わないそうですが、ドリアンなどは好きなようです。納豆も食べられます。

    ユーザーID:4055836222

  • 自分視点でなく

    苦手なものが多い夫だし、日本人でもない訳ですよね。

    前回もゴーヤを食べてくれなかった事実もあった訳ですよね。


    まずですね、”好き嫌いは良くない”と、”体調不良”の時は別の話しだと思います。


    例え知らずにゴーヤを買ったとしても風邪気味でなかったとして食べてくれない可能性は高かったはずです。

    ご自分に苦手なモノが無いにしても、食べてくれる相手が食べれるモノを作るのも大切な思いやりだと思いますよ。


    ゴーヤなんて日本人でも苦手な人が多い食べ物。臭いも味もキツイですよね?キツイとか主さんは分かりますか?
    分かるならハードルの高い食べ物は今後避けた方が良いと思います。


    食べない人は本当に食べません。
    何か年を取って食べ物の好みが変わるとか本人の内なる変化が無い限りは100%主さんが望む食べ方をしてくれないと思って、相手に期待するのは止めましょう。

    ユーザーID:4384011056

  • ちなみに

    私が夫の立場なら怒りよりも悲しくなります。

    それは私が嫌だと思った事を覚えてくれてなかったのか?という感情です。


    付き合いが長いにしろ現状にあぐらをかいてしまうと今回のようなパターンはまた起きますよ。


    付き合いたての頃を思い出してみてください。
    相手が喜ぶ顔をが見たくて、相手の好みを知りたかった頃を。


    初心を忘れるとチョイボケで失敗すると今回学べて良かったと思いましょう。

    ユーザーID:4384011056

  • 無理強いはやめましょ

    好き嫌いはだれにでもあるもの。食文化はそれぞれ。

    ただ、他の国で普通に食べられている食べ物を「毒みたいなもの食わすな!」と

    軽々で幼稚なことをけなして平気な人に

    無理にゴーヤを食べさせることはご遠慮してもらっていいでしょうか?

    ゴーヤやそれを作られた農業の方々に対し

    非常に失礼ですから。

    ユーザーID:2295197819

  • キュウリ嫌いならダメでしょ

    こんばんは。
    人種とか以前に、キュウリが嫌いな人には、その鬼親分みたいなゴーヤはダメなんじゃないでしょうか?
    という私も豪州在住。たまに食べたくなってゴーヤ買いますよ。苦味があるといわれるワタを丁寧に取って、ゴーヤチャンプルもどきを作ると、
    英国人の夫もよく食べますよ!

    ユーザーID:9339283479

  • 日本人夫でも

    ゴーヤは全力拒否ですよ笑。
    私は大好きなんだけどなあ。

    体調が悪い時にあえて苦手なものを出すって、嫌がらせ以外の何物でもないですよ。
    嫌がらせをしたら相手が怒って当たり前でしょう?

    何でも食べられる人にありがちな配慮の無さ、想像力の無さですよね。
    大体、何でも食べる必要なんてないんですから。

    ユーザーID:6014431625

  • それは苦いかも

    塩で揉んで湯がいただけでは苦いかも。

    そこに摩り下ろしたゴマとめんつゆとみりんを少し合わせるだけで苦味は消えると思います
    お試しを

    ユーザーID:8257463525

  • ひどい

    ゴーヤは納豆などと同列に苦手な人は徹底的に苦手なことで有名じゃないですか。身体が弱っている人にチャレンジさせるのは確かにひどすぎる。栄養満点を狙うなら卵とか普通のものがいくらでもあるのに。

    私もゴーヤは食べられません。どうしても食べさせたいなら、トピ主さんが「おいしい」と感じるような味ではダメだと思います。どこを探しても苦味がわからなくくらいに苦味を抜いてください。そんなことができるのかどうかわかりませんが。ゴーヤだと気づけないくらいにゴーヤらしさをなくすのが大事だと思います。

    ユーザーID:0846823536

  • ゴーヤ苦手なので、チャンプルにして食べます

    よく作るのは、ゴーヤと豆腐とスパムのチャンプル。
    スパムじゃないとダメです。魚肉ソーセージとかウィンナーでは旨味がでません。
    味付けは塩コショウと中華スープ顆粒とマヨネーズです。

    スパムが手に入らないときは、卵とひき肉で作ります。

    ユーザーID:1337206862

  • 人が嫌いだと言ってるのに

    無理強いする人が本当に嫌いです。

    以前、グループで中華を食べに行った時、私が獣肉の皮が苦手だと知りながら北京ダックを口元まで勧めてきた人がいました。
    腹が立って、大勢でなければ退席しているところでした。

    何年一緒に暮らそうが、嫌いだとわかってるのでしょう?
    どうしてそこまで無理強いするのですか?
    ゴーヤーを食べなければ健康に差し障る訳でもないのに。

    こういう人が本当に苦手です。

    ユーザーID:7261909286

  • うちのフランス人夫はむしろ好きみたい

    数年前日本へ帰国した時、ゴーヤチャンプル食べておいしいって言ってました。今でも「ブツブツの生えた苦いキュウリみたいなの、おいしかったよね」と言っています。おいしいですよねゴーヤ。どうしても食べさせたい、のであればフルーツと一緒にミキサーにかけて飲ますくらいしか…。あとは、ゴーヤは熟すと赤くなってメロンみたいな味になる、って聞いたことがありますから、熟したのを食べさせてあげては。

    ところで私も嫌いなものがあります。夫もどうしてもダメなものがあります。お互い「食感、におい、味」などダメなポイントはどうしても、その食材がそれぞれ「おいしい」と言われるものですので、どう調理をしても無理なようです。もしも気がつかずに食べられる調理法があったとしたら、それは別にその食材を好きな人も一緒に食べるだろうから意味がない、のではないでしょうか。

    こう言ってしまっては元も子もありませんが、一生食べなくても健康には何の被害もないものであれば、食べさせなくてもいいんじゃないかな…と。

    ユーザーID:0756097146

  • あまり…

    優しさを感じません。逆の立場で考えて、トピ主さんが体調悪い時に、旦那様が体に良いからと言って、あえて嫌いな物だされたら どう感じますか?嫌いな物は、どう手を加えても嫌いな物なんです…と思います

    ユーザーID:0958158144

  • タイミングが悪すぎる

    具合が、悪くて弱ってる時に苦手克服したくない
    消化のよい、好きな味を食べたい
    ゴーヤは、ない

    ユーザーID:9834843912

  • 体調不良のときは、栄養価より消化がいいもの

    仮にゴーヤーが嫌いでなくても、風邪をひいた人にゴーヤー料理はあまり向かないのでは?
    体調不良のときに、「何か滋養のあるものを」「栄養があるものを」と考えるのは、普段はあまり栄養価が高いものを食べられない時代や環境での知恵です。
    現代の先進国で、普段から普通に栄養バランスが取れたものを食べているなら、風邪だからといって特別に栄養を摂る必要はありません。それよりもむしろ、胃腸に負担をかけず消化の良いものを少なめに食べるのが良いのです。風邪で身体が弱っていて、さらに風邪のウィルスと戦う為に身体の機能を使っいるときですから、消化することにはあまり負担をかけない方がいい。むしろ、適度な塩分や糖分を含んだ水分さえ取れていれば、1日2日食べなくても平気なくらいです。
    食べるとしたら、消化がよく、胃にも味覚にも優しいものが良いですね。消化もあまりよくなく味覚もクセがあるゴーヤーは、本人がとくに食べたがった場合をのぞいては、身体が弱った人向きとは言えないかも。だから病人食の定番が、お粥とかよく煮込んだスープなんですよ。
    毒とまで言われたら傷つきますが、ご主人の身体は本当にゴーヤーは食べない方がいい状態だったのだとおもいます。

    ユーザーID:6316475520

  • 苦味と酸味

    私の夫(外国人)もたいていのものは食べられます。ゴーヤも好きです(笑)が、かつお節をかなり使って苦味を抑えてます。

    また酸味に弱いです。市販のオレンジジュースを飲んでも、ちょっとすっぱみたいな顔してます。

    苦味や酸味には慣れが必要なのではないでしょうか?

    しかし私の滞在国にはゴーヤがないので羨ましいです。

    ユーザーID:0099877897

  • なんか色々とビックリです

    1つ目は、まず主さん、嫌いなものを無理してまで食べさせようとすること。それも風邪ひいている時に。。別にゴーヤ食べられなくても全く問題ないのに。なんでそこまで食べさせようとするの?

    ちなみに私も嫌いです。基本はなんでも食べられるけど(各国料理)、数個嫌いなものがあります。でも、ワインも大好き拘ります。そして食事もこだわります。美味しいもの(拘りのレストランでの外食など)も大好きです。でも、ゴーヤは口に会いません。

    2つ目はご主人。私も国際結婚です。私が風邪を引いている夫に「栄養を」と考えた料理に対して、例え口に合わなくて食べなくても、あなたのご主人みたいに口汚く罵るなんて絶対にしません。夫は「ありがとう。でも、やっぱり食べられない」こんな感じで言います。
    私があなたのご主人のように罵られたら、間違いなく大げんか勃発です。
    主人が弱っている時にたまに栄養を考えて、彼が口に合わないものを出す時ありますが、その時は「良薬は口に苦し。という言うものなのよ。口に合わないかもしれないけど、体の為に少し頑張って食べて」と言っています。
    そして、風邪の時は基本、彼の好きなコンフォートフードを作ってあげましょうよ。

    ゴーヤは自分(と息子さん)の為だけに料理しましょう。無理強いは辞めた方がいいです。

    あと、小さい子にはゴーヤは食べさせたらダメなの?息子さんにはゴーヤを避けて上げる理由が分かりません。

    ユーザーID:5955581694

  • 生玉ねぎやきゅうりと同じなんですよ。

    なぜ、生玉ねぎときゅうりが嫌いなことは認められるのに、ゴーヤ嫌いは認められないのですか。

    ご主人にとっては生玉ねぎもきゅうりもゴーやも同じ、嫌いなだけなんです。

    毒とは言い過ぎのようにも思えますが(笑)、いくら和洋中何でも美味しく食べるといっても、生活習慣や育って来た環境から外国の方と日本人の味覚が全く同じとは思えませんし、受け付けられない物もあるのではありませんか。

    トピ主さんは好き嫌いがないそうですが、日本人でも外国で当たり前のように食べられている物が食べられない、ということはありますよね。

    また、ゴーヤだって全ての日本人が好きという訳でもありませんし、やはりあの独特な苦味が苦手という人もいると思いますよ。

    それに、いくら栄養があるからといっても、風邪気味の時に基本的にほぼ何でも食べる夫に、5年前に唯一食べなかった食材を使った料理を作ること自体、どうかとも思いますしね。

    アレルギーや主義等から食べられない、食べない等ならともかく、肉や魚、パンやお米、日常よく使う野菜など必要な栄養やエネルギーを摂取するために必要な食材が嫌いということではないのですから、多少の好き嫌いはあって当然だと思いますし、無理強いすることでもないと思います。

    その程度の好き嫌いで、舌が合う・合わないという話でもないと思いますよ。

    >残りはゴーヤをのけて息子にあげることに…

    夫が食べないことには怒るのに、息子さんにはゴーヤをのけて与えるのは、なぜですか。

    ユーザーID:5300462236

  • 嫌って言ってるのに。

    >食べられないほど苦手な食べ物はありません

    はぁ・・・。
    どうして何でも食べられる人って、ひとが嫌がって拒否してるのに強要
    するんだろう?

    2度とご主人にゴーヤを出さないであげて下さい。
    嫌がらせです。
    全力で拒否ってんのに、まだ食べさせようとするなんて無神経過ぎる。

    もしかしてひょっこり自分で食べておいしいと言い出したら、その時に
    腕をふるってゴーヤ料理を出してあげて下さい。

    読んでて自分の時とフラッシュバックして胸が苦しくなりました。

    夫は何でも食べられる人です(料理する分にはありがたい人)
    私が食べられないものでも、夫の好物を出せば私にも食べるように強要。
    断固拒否したら怒り出すししばらく不機嫌で手が付けられない。
    何回涙目になりながら丸呑みしたことか。
    栄養がある、美味しいのに、とかどうでもいい!嫌いなんだから!

    好きな人が美味しく食べてくれる方が、食材だってもし心があるなら嬉しい
    はず!
    本当にやめてあげて下さい。
    ご主人の気持ちを想像したら、気の毒で涙が出そうです。
    具合が悪くて弱ってる時にわざわざ大嫌いなものを食べさせるなんて、本当は
    ご主人が嫌いで報復してるのかさえ思ってしまいます。
    (因みに私はゴーヤ大好きです)

    ユーザーID:5533075447

  • もう少し寛容になれませんかね?

    例えば野菜類全般を拒否して、添加物たっぷりのジャンクフードや糖分過剰のジュースばかりという極端な偏食ならともかく、それくらいの好き嫌いなら個人的自由の範囲内として寛容になれませんかね?

    例えばあなたの意に添わない服、アクセサリー、化粧品の類いを、彼から「自分の好きなブランドだから」と、あるいはあなたの趣味に反する音楽や絵画を「(彼にとっての)すばらしい芸術だから」と一方的に強制されたら、あなたは笑顔で歓迎できますか?
    一言も苦情を申し立てませんか?

    盲目的かつ無批判に相手の嗜好に迎合するのは、対等な愛情表現なのでしょうか?
    互いの自主性を尊重できず我が意思を相手に強制するのは、強弱の伴う支配関係と呼びませんか?

    ユーザーID:1945823357

  • そんな無理やり食べさせなくても

    他にも生タマネギやキュウリが食べられないのでしょう?であれば、ゴーヤもその食べられない物カテゴリーに入れて脳内処理してしまえば?

    本人がそこまで嫌がるものをそんな必死に食べさせようと思わなくても。。。

    いくら体に良くて「とっても美味しい」からって嫌がる外国人に納豆を押し付けることはあまりしませんよね。

    どうしてもゴーヤを食べさせることにこだわるなら、みじん切りにでもしてシチューやスープやカレー、ハンバーグのようなひき肉料理に入れてしまえば食べてる本人も気づかず飲み込むんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:8381495094

  • 食べられない物は食べられない。

    こんな人でもゴーヤは食べられないものでしょうか?って…

    本人が食べられないって言ってるんだから、食べられないんですよ。


    別にゴーヤを食べなくても生きていけるんだから、嫌がってる物をわざわざ食べさせようとしなくても良いのでは。
    ご主人も可哀想だし、ゴーヤにも失礼。美味しいと思える人が美味しく食べてあげれば宜しいかと。

    ユーザーID:2623420998

  • 好みの問題だから

    私は日本人ですが、ゴーヤは駄目です。
    それって外国人とか全く関係のない好みの問題でしょ?
    いくら調理方法を変えて工夫しても無理なものは無理だと思う。

    自分の好みを押し付けるのもどうかと思うけど…
    私の夫も欧州人ですが、好みは尊重して食事作ってますよ。

    ユーザーID:5388648170

  • 食嗜好は無理強いしない

    ゴーヤは私も苦手なので、美味しい食べ方はしらないのですが、
    夫も娘も好きなので作ります。私が食べないだけ。
    フォアグラ、アンチョビー、いくらが私はダメです。
    知らずに口に入れたとしても条件反射で一気に吐き気が襲いダメ。
    なので会食会では周囲に迷惑かけるので初めから手をつけません。

    娘もたいてのものは食べられますが、肉の脂がダメ、
    霜降り高級肉は受け付けない。私と夫だけで美味しく頂き、
    娘には赤身の肉。
    ホルモンは家族全員ダメなので食卓に上る事はありません。

    家族それぞれ嫌いなものが違いますが、台所係の私は家族全員
    食べられないものは除き普通に食事を作ります。
    後は食卓に上った時点で自分が食べられものを選択して食べる、
    こんなところかな。

    レストランでも、最低限フォアグラ、アンチョビー、いくらを
    使うかどうか確認作業がいるのが難点ですが、レストランだと
    嗜好を伝えておくときちんと対応してくれるので助かります。



    あなたが食べたいなら、食卓には出すが、無理強いさせない事ですね。
    食嗜好で無理強いするのは良くないと思います。

    ユーザーID:8456712577

  • なにもさあ

    なにもさあ、体調が悪い時に、以前食べられなかったものを出さなくてもよかったのでは。
    いくら改良したと言ってもタイミングが悪いと思います。
    嫌な思い出になったので、さすがに三度目はないでしょうね。

    ユーザーID:8100073657

  • 嫌がらせ

    日本人の私も家族もゴーヤが苦手、と言うより嫌いです。
    どんなに下処置しても、どんな調理法でも苦いものは苦い。

    何故、嫌いなの物を強制しようとするのですか?
    自分が食べられるない程苦手な物が無くても他人には食べられない程苦手な物がある
    と言う違いは理解出来ませんか???

    ユーザーID:2568617210

  • 御主人、可哀想…。

    ゴーヤって、そうまでして食べなきゃいけないものですか?(苦笑)

    沖縄に一度行って、本格的な沖縄料理屋さんでゴーヤ料理を食べてみては?
    素人が作るのとは全然違いましたよ。
    苦くないけど、歯応えは残ってて、薄味なんだけど、出汁が良くきいていました(数年前なので記憶が曖昧ですが)。
    プロが作ったものであれば、食べるかも?

    風邪や、風邪気味の時は、喉ごしが良く、少量でカロリーが取れて、消化が良いものが推奨されていますよ。
    無理に食べなくて良いと。
    こちらの小児科医は、バニラアイスやプリンを勧めます。
    内科医は、風邪+お腹の調子が悪いなら、リンゴのすりおろしが良いと言いました。

    ゴーヤ料理は、風邪気味の時に向く料理とは思いませんが。
    主さんが風邪気味の時に、ゴーヤ料理を出されても平気なのですか?
    風邪気味なら、卵粥や雑炊やアイスやプリンの方が嬉しくないですか?

    見た目が真緑なので、御主人が飲んでくれるか分かりませんが、ゴーヤ入りのグリーンスムージーはとても美味しいのでお勧めです。

    【材料】
    リンゴジュース100ml
    ゴーヤ薄切り・一掴み
    ほうれん草or小松菜 ザク切り・一掴み
    好みの果物(イチゴやバナナ・マンゴーやパイナップル等。冷凍フルーツOK)
    レモン1/4個(レモン汁OK)

    を入れて、ミキサーに掛けます。

    レモンを入れると、後味がさっぱりするので、より一層美味しくなります。

    ユーザーID:0276736187

  • 一回で懲りてくださいよ……

    一回出して拒否されたんでしょ?
    だったらなんでもう一回出すんですか。

    ゴーヤ食べないからって死ぬわけじゃないでしょう。

    ユーザーID:1651655671

  • たしかにいやがらせかと思う

    彼がグルメであるとか、フランス人であるとかは関係ないのです

    彼は体調が悪くて余裕がなかったのです

    体調が悪いときに、食べてもらいたい
    栄養をつけてもらいたいのなら普段食べなれている
    ものをだすものでは?
    それがおもいやりでしょう

    グルメなら新しい味を挑戦するのも好きでしょうが

    でもそれは元気があって、余裕があるからできるのですよ

    ご主人は、味のみを拒否したのではないのです
    時をわきまえないあなたの行動のために
    拒否感情が大きくなったのです

    ご主人にまたゴーヤを食べてもらいたいとしても
    当分出さないほうがよいとおもいます

    彼にとってはゴーヤは、とぴ主さんが出した
    嫌がらせの食べ物と記憶されて、嫌悪感があるわけです


    食べてもらいたいのならほとぼりが冷めたころに出してみることですね

    ユーザーID:5803044810

  • 多分…だけど

    うちの夫も外国人。好き嫌いの多いアメリカ人で、和食はあまり得意ではありません。付き合い始めたころから新婚にかけては色々な味を知ってもらいたくて、色々な料理を作りましたが結局は舌が慣れ親しんだ味がいいんだと気づき、チャレンジすることを諦めました(笑)

    ご主人はフランス人とのこと、私の夫なんかよりも色々な味を知ってるだろうし、グルメだとは思うんですが、ゴーヤは難しいかも…。

    多分…ですけど、外国の人の味覚の中に「苦味」を楽しむってないと思うんですよね。日本人は「苦味」「渋み」なんかも楽しむことができるんですが、多分外国の人には難しいのかも…。特に西洋諸国の人にはハードルが高いのかも…。

    日本人の味覚は外国の人よりも多く感じ分けられることができると聞きます。その中に最近ブームの「旨味」も含まれているし、「苦味」「渋み」なんかも含まれているのかな…と。

    育った環境の違う人間同士が結婚しているので、お互いを理解するのには時間もかかるかと思うんですが、20年の結婚生活で私が学んだのは「諦めも肝心」ということです(笑)

    ユーザーID:2684626731

  • 相手の立場に立って考える

    国際結婚である以上は、ある程度の味覚の差があるのは仕方がないことです。同国人同士の結婚でも、食べ物の好き嫌いの差が出てくるのは普通のこと。

    一方がある食べ物を受け付けないとなると、それ以上の無理強いはしない方が良いです。トピ主さんだって、好きでない食べ物を無理強いされるのは嫌でしょう。

    国際結婚だと普通は同居当初に出てくる問題ですが、それを同居10年にして気付いたとすると、トピ主さんはこれまでが非常に恵まれていたのでしょう。

    特に風邪などひいて体が弱ってきた時は、トピ主さんだってお粥のような慣れ親しんだシンプルなものが食べたいと思うのではないでしょういか?例えばそういう時に、「栄養満点だから」と例えば匂いのきついチーズや内臓のシチューを食べるように言われたら、やはり拒否してしまうのではないでしょうか?

    もしご主人が体が弱っているならば、彼にとって心地よい食事・コンフォートフードを料理してあげるのが本当の思いやりです。

    「ゴーヤが体に良い」というのも、日本特有のフードファディズムです。トピ主さんがゴーヤが好きなら、自分のために料理して自分で食べればよいでしょう。それをご主人に強いる必要はまったくないと思います。

    自分が美味しいと思うものを配偶者とシェアできないというのは悲しい面もありますが、同時に人生には他にもいろいろとシェアできるものがあるはずなので、そちらに専念することをお勧めします。

    ユーザーID:8154663383

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧