現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

愛情って。

ぱぴこ
2019年9月7日 19:05

35の主婦です。トピを開けてくださってありがとうございます。
私は数年前からうつ病と不安障害になりました。
主治医からは「強いストレスと、生まれ持った神経質な性格、色々なことが要因」と言われそうだなと思い、薬を飲んでいます。少々不安障害も薄れた気がします。
カウンセラーとも話をしていて気が付いてしまいました。実父からの虐待とまではいかないけれど、セクハラのようなこと。
自分も子供を育てるうちに「おかしいな。親だったら娘にこんなことは言わないだろうに・・」とうすうす気にはしていました。
そうか、生きづらさは実父の影響もあるんだなと納得していましたが、違いました。

話しを聞いてくれなかった母親です。母親は、とても女性的で素敵な人です。自慢の母でもありました。でも、そばにいるのにずっとさみしい思いがなぜか渦巻いていました。

実父は気難しい人でしたので、母にとっては「流す」ことが楽な道だったんだと思います。

過去は、過去。自分の娘にはそんな思いはさせないと元気がなさそうだったたらどうしたの?学校に持っていくものは、清潔でかわいらしいものを。お菓子も手作り、無添加の物を選んで、野菜はできるだけ有機野菜。

一つでも自信になるものがあればと習い事で一生やっていきたいといえるものも探すことができました。学校の成績はさほどでもありませんが、健康第一、無理しないで毎日楽しく過ごせれば幸せだと親子で話しています。
しかし、私の心が折れてしまい、精神科通いとなりました。

先日母と会う機会があってふとしたことから、「薬の副作用でやせてしまっているけど、心配しないでね」と言ったら、「え〜会うのこわいなぁ」と言われました。
続きます。

ユーザーID:4283087875  


お気に入り登録数:3
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:1本

タイトル 投稿者 更新時間
続きです。
ぱぴこ(トピ主)
2019年9月8日 19:07

そして、実父にされたりいわれたりしたこと、痴漢被害、など色々な話の中でしました。
それは知らなかったと涙ぐんでくれました。年老いた母親を今更傷つけるのはいやでだまっていましたが、自分も娘を育てるうちに「?」母親はどうしてかばってくれなかったのだろうか。と疑問にもち、「あんたは性格が暗い」(私だったたら暗いと思っても、「楽しそうにしてると人も寄ってくるもんだよ」と導くようにするに。とか。クイズ番組をみていても、私は末っ子なので「そんなことも知らないの?」としょっちゅう言われました。娘には今、知ればいいじゃないかと教えます。
顔が男っぽいうえに背が高くショートカットなので男の子によく間違われました。
一番上の姉はさらさらロングヘヤーでうらやましかったので比べられ自信をなくすこともしばしば。
そんなとき母が「髪の毛切ってあげる」と言ってきたので泣いて拒否しました。高学年の時です。イライラしたのでしょう。ビンタされました。
わたしだったら、泣くほど嫌なのはなぜなのか?と聞きます。

そこで本題ですが、実父のことを話した数日後「私が悪かった。きづいてはいたのに、きづかないふりをした。もう結婚したんだから、そちらでなかよく。病気を早く治してね」
というようなラインが届きました。
涙があふれました。母の言うことは間違いではありません。もう成人した家庭を持った大人なんですか
ら。
でも、涙がとまりません。ずっとさみしかったのはこれなんだと気づきました。
愛された自信がない自己肯定感0の私には回復するには時間と薬が必要です。
もし、子育て中のお母様、ご覧になっていたら、抱きしめて愛していると言ってあげてください。
そしてどんなに不器用な子でも、ゆっくりやればできるよ。あなたにはこんないいところがあるよと、言葉にだしてあげてください。

ユーザーID:4283087875
 
現在位置は
です