父親のことを何も知りません

レス39
お気に入り88
トピ主のみ12

りか

ひと

トピをたてていただきありがとうございます。

私は30代前半のりかといいます。2人の子供がいます。

私の母は未婚で私を産みました。認知されておらず、戸籍から父親の情報を得ることはできません。親戚もいないため父親のことを知る手がかりは母しかいないのですが、母は父親のことを名前すら教えてくれません。

母も高齢になり持病もあるためいつ何があってもおかしくありません。母が亡くなれば私の父のことは永久に闇です。

探偵を雇って探すことも考えましたが、相談の時点で手がかりがなさすぎると言われました。また、母がそこまでして暴かれたくないプライバシーを暴く必要はないとも思ってきました。

色々な想像をします。私の父はどこかの大金持ちでうちの母は愛人?母が奔放な人で父親が誰かわからない?
どんな父親でもいいのです。
「私はあなたの娘です。2人の子供がいて幸せです」と伝えてみたい。

ユーザーID:5398783545

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数39

レスする
  • 知らない方が良い事もある

    墓場まで持っていきたい理由があるかもしれませんね。
    合意の上ではなかった…というのもあります。
    お母さんが亡くなる寸前で告白するかもしれないし、永遠に謎かもしれません。
    お母さんに大切に育てられたとしたら、それで良しとした方が良いかもしれませんね。

    ユーザーID:2278965731

  • お察します。

    父親探しだと 母親から聞くか 古い通帳があれば そこからと居住地に変遷があれば 該当する時期の居住地が糸口になるかも!?

    ユーザーID:6228974602

  • 想像できることの幸せ

    >どんな父親でもいいのです。
    >「私はあなたの娘です。2人の子供がいて幸せです」と伝えてみたい。

    私は両親が離婚しておりますので、「もし〜だったら」と思う気持ちはよくわかります。
    でも、でもですね、私は両方の気持ちもわかるんですよ。
    されたほうの家族の子供としての気持ち、親が自分の家族を裏切ったという気持ちと、裏切らせた(既婚者ってことをわかって相手の方はつきあったわけで)側の相手の家族を憎む気持ち。
    同時に、私は相手の家族からも「お前達がいなければ私達は真っ当な家族からはじまるのに」と言われた立場でもあります(なんか理屈がおかしいんですが、前妻の家族は確かに後妻さんになるほうの家族からすると邪魔でしょう。その憎しみをまともにぶつけられました……)。

    >私の父はどこかの大金持ちでうちの母は愛人?母が奔放な人で父親が誰かわからない?
    どちらにしても、真実がわかった時にトピ主さんの想像通りお母様が道ならぬ恋の結果だったとしたら、トピ主さんはとても苦しむと思うんですよ。そんなつもりじゃないと思っても、存在自体が憎まれるということもあり得るのです。特に子供なら猶更。

    もし本当に伝えるだけでいいなら、新聞によくある投書(最近は匿名希望でも掲載してくれますよ)をしてみてはいかがでしょうか。心当たりのある人が読んでくれるというだけのほうがいいと思います。

    ただ、よく報道番組でもありますけど「感動の再会!」ってだけではありませんよ?あれは見えないところで扶養の問題とかいろいろあると聞いていますよ。

    ユーザーID:5429739594

  • トピ主です

    よっちゃんさん 知らないほうが色々想像できていいのかもしれませんね。うちの母、絶対言わない宣言をしているので墓場まで持っていくつもりでしょう。

    ふら子さん 古い通帳というのは母のものでいいでしょうか?母の昔の居住地は知っています。そこを尋ねれば、母と昔交流のあった人を見つけることはできるかもしれません。ただ、遠方で母の友人なども名前などは1人も知りません。

    ユーザーID:5398783545

  • 父親がいれば苦しみもあるのですね

    昔、りかは父親を知らないからある意味幸せと言われたことがあります。確かにそういうこともあるんだろうなと思います。ですが、自分の中で圧倒的に父性が足りていないと自覚することも多いです。この辺りは比較のしようがないかなと思います。

    投書というのは思い当たりませんでした。一方的な発信になりますが気がまぎれるかもしれません。ありがとうございます。

    ユーザーID:5398783545

  • 知ったら知らなかった頃に戻れない

    産まれてきた以上、自分が誰の子であるか、ルーツを知りたくなるのは
    当然の欲求だと思います。
    知る権利もあると思います。

    しかしお母さんがそこまで徹底して隠すのは、あなたが知らない方が幸せ
    だと考えている、実は言いたくても名前が分からない(性被害)とか・・・

    あなたは知った後で何故最後まで隠さなかったんだと、お母さんを恨む事に
    なってしまうかもしれません。

    どんな父親でもいい。
    本当に心からそう思いますか?
    あなたは父親に対して夢や理想を持っていると思います。
    どんな父親だろうか、とたくさん想像してきたのではないですか?
    余計な行動を起こす前に、お母さんに今一度問うてみてはどうでしょうか。
    名前やどんな人物かではなく、隠す理由を。
    それを頑なに拒否するようなら、知らない方がいいって事ではないでしょうか。

    ユーザーID:1361296070

  • うーん。

    トピ主さんが生まれた場所はわかりませんか。
    病院名とか、生まれた市とか。
    戸籍には書いていないですか。

    戸籍の附票をとると、今までの住所が全部わかると聞いたことがあります。

    場所がわかったら、とりあえずそこに行ってみてはどうでしょう。

    そこの役所に相談してみては。

    何もわからないかもしれませんが、何かのヒントが得られるかもしれません。

    トピを読んでただ思いついたことですので、もし的外れだったり、全然ダメだったら、ごめんなさい。

    ユーザーID:0663107299

  • トピ主さん

    何でも知ればよい訳ではありませんよ。世の中には知らないがゆえに幸せに暮らせる例がごまんとあります。逆に知ったがゆえに苦しんで生きる人もなかにはいます。
    トピ主さんは父親のことを何も知らずとも妻になり母親になり今現在まぁまぁの生活をされていらっしゃいますよね。知ったがゆえに今の生活が崩れてもいいのですか?お母さんが喋らないことは喋っていけないことがあるからです。知らぬが花ですよ。

    ユーザーID:0279886285

  • レイガさんへ

    返信ありがとうございます。20代の頃までは母親に何度となく尋ねました。隠す理由についてもです。その時の感じから、「隠したい理由があって隠すというよりも、女手一つでやっていくと決めたから父親のことは一切話さない」というような母親の強い意志を感じています。
    というのも、実は私には兄がいまして年子なので皆さんがご心配くださっている母が合意ではないというようなことはないかな?と考えています。もちろん可能性としてゼロではないのでしょうが‥また、母が私たちの父と決別を決めるまで長年働いていなかったということも、今までの母の何気ない発言から推測されます。また、私や兄の出生時の写真は残っており、これらからもそれなりに裕福な状態で出産したのでは?と考えられます。実際に母子手帳にある私の出産病院は有名病院です。

    そのため、私は誰かの愛人説が一番濃厚だと思っているのですが‥

    知らない方がいいという返信が多いですね。できれば、父親の存在を知っている方ではなく父親の存在を私のように知らないが知らない方がいいと思っている人の話を聞きたいですがいないかな?

    ユーザーID:5398783545

  • とまとさんへ

    返信ありがとうございます。
    戸籍の件ですが、母が昔住んでいたところなどは、母子手帳や写真がたくさん残っているのでわかります。自分の出生地や住んでたマンションを訪ねたこともありますよ。
    役所にも書いたんですが、そもそも認知されていないので父親とは戸籍で交わることは全くなく、誰が父親かは母にしかわからないんですよね。兄がいてこの兄とは父親が一緒な気がするんですが‥

    あと、知人がたまたま私の生まれた病院に勤めてるんでカルテとかないの?と聞いたところ、ない、あっても見れない。と一蹴されました。

    ちなみに兄も父親のことは全く知らないそうです。年子なんで私が生まれた時も一才くらいですしね。

    的外れなんてとんでもないです。お時間割いていただきありがとうございます!

    ユーザーID:5398783545

  • お母様は話さない事で

    あなた方を守っているのかもしれません。

    古い知り合いの話です。
    男性でしたが祖父母に育てられ母親は再婚で疎遠、父親の事を聞いても頑として教えなかったそうです。

    祖父母が相次いで亡くなり一年後遺品整理を1人でしていて見つけたそうです。父親の情報を。

    彼はショックから直ぐに流し台でそれらを焼き捨て、そして苦しみました。

    母親には会えなかったし、確認もしたくなかったと。
    のちに父親の情報を思いだそうとすると、全くおもいだせず、すっぽり抜け落ちていると。
    とにかく苦しい思いだけを覚えていると。

    こういう例もあります。

    私は白黒付けだがる性格で尚且つ物事のその後が気になってしまうので、その男性は教訓として教えてくれました。

    知らないでいる幸福はあるのだと思います。

    ユーザーID:1543557874

  • 片道切符さんへ

    返信ありがとうございます!
    知らぬが花というのは、あるのでしょうね。この年齢になって父親に幻想を抱いているわけではないですよ。これまでいきてきた人生に自信があるので自分がどのような出生であっても驚かないつもりです。

    ですが、うちの母の場合、言えない事情があるから言わないのではなくて「私は女手一つで育てるって決めたんだから!あんたたちに父親は最初からいないのよ!」というスタンスでしたので、実は大した秘密はないんじゃないかと思っています。

    ユーザーID:5398783545

  • 紅玉さんへ

    母が私たちのためを思って秘密にしているという可能性はあるのかもしれません。その場合は母の想いを酌むべきでしょうね‥

    うちの母は、近所でも女傑と呼ばれていた人で、同じ女の私から見ても母と同じような強さで生きていくことは無理だと思います。有無を言わさないところがあり、私のお父さんって‥と言おうものなら「あんたたちの親は私だけだ!父親のことなんて知る必要もない!」とシャットアウトされてきました。

    今までたくさんの母子家庭、父子家庭の人に会ってきましたがここまで頑なに親のことを全く話さない人に会ったことがありません。父親のことを全く知らないということは意外とよくあることなんでしょうか?皆さん、どうやって自分のアイデンティティがよくわからないこの状況を納得させているんでしょうか?

    ユーザーID:5398783545

  • お母さんにもう一度当たって見る

    トピ主さんの思い、想いは、とても理解できます。お母さんが父親の事を隠したいのは、分かる様な気もします。

    お母さんとトピ主さんの思い、想いの間で異なっていることがあります。それは、お母さんは、自分自身の思い、想いで、父親のことを話したくないと考えておられることです。そこには、トピ主さんの思いや想いに配慮することが欠けているのではないかと考えます。

    お母さん自身は、どんな思いや想いを持たれても良いと考えますが、トピ主さんの思いや想いに制限することをしても良いのでしょうか。少し勝手が過ぎるのではないでしょうか。

    トピ主さんは、お母さんの思いや想いを理解できるけれど、自分の思いや想いについて考えて欲しいとお願いされてはどうでしょうか。お母さんが逝かれてしまうと知りたいことは闇に包まれてしまうのです。

    お母さんが独り親で育てられたことに感謝の言葉を述べながら、今一度心からお願いされては如何でしょうか。父親について語るのは、母親の責任だと思います。トピ主さんやお兄さんは、既に立派な大人になっていらっしゃるのですから、お母さんの立派に育てると言う思いは、達成、完成されたのではありませんかね。

    ユーザーID:0613674729

  • アイデンティティですか。

    だったら、その想いを、直接、お母さんにぶつけるしかないでしょう。
    今まで、トピ主さんは「口を封じられてきた」と感じてらっしゃるのですから。

    心情はともかく経済的な面や、ご近所のゴシップなどの社会的な面では、未婚の母となったお母さんは、相当な苦労をなさったはずです。
    トピ主さんとお母さんとの「幸せな生活」はお母さんが「この子を守る」と決めて実行なさったからこその成果です。

    だから。

    どうしても、お父さんのことを知りたいのなら「何を聞いても驚かない。私のルーツを知ることのほうが大事」とぶつかってみるしかありません。

    案外、時間は残されていないかも知れません。

    どうしてもやるのなら、今です。

    >>父親のことを全く知らないということは意外とよくあることなんでしょうか?

    軽々しく他人に話すことではないので知らないです。
    こんな質問をするところから見ても、トピ主さんはお母さんに愛情を注がれてきたんだなと思います。

    無邪気ですよね。

    その笑顔を曇らせたくないとお母さんが考えているのかも知れません。

    だから「強くなったのよ」とわかってもらえば、言ってくれるかも知れませんね。

    ユーザーID:2446294509

  • 意地悪猫さんへ

    返信ありがとうございます。
    私の気持ちを代弁してくれたかのような回答でした。まさに、私には知る権利があるとずっと思ってるんですよね‥
    うちの母、一度決めたら絶対引かないんです。高齢になってますます磨きがかかってきました。ですが、心を込めて話せばもしかしたら今ならわかってくれるかもしれません。「お前たちは誰に育ててもらった!?育ててもらっていない父親のことは忘れろ!」とか言われそうですが‥

    ユーザーID:5398783545

  • そうでしたか…

    ごめんなさいね。
    私は数えるほどの、ひとり親と祖父母に育てられた方しか知りません。
    昔の知り合いは本当に秘密を守り通したレアなケースなのでしょう。

    トピ主さんのレスを読んでお母様は長年に渡って用心し、周到に事を成し遂げる力のある方だとお見受けしました。

    本当に思わぬ所から情報が漏れて子供本人どころか他人が知っているケースもありましたし、子供本人が離れて暮らす父親を「○○さん」と自分とは違う名字にさん付けで呼んで胸を衝かれた事を思い出しました。
    トピ主さんの書かれているように、お母様の気概、ポリシーの話で実はお父様の事は大人の事情はあれど私の知り合いのようなショックなものではないのかも知れません。

    でもトピ主さんは父性の答えを、アイデンティティーの拠り所を見いだしたいのですね。

    私からすれば立派なお母様がいらっしゃるのだからそこにまごう事なきアイデンティティーが有ると思うのです。

    そして父性はお子さんたちのお父様、ご主人に見ることはありませんか?(もし事情がありご主人がいらっしゃらなかったら、お許し下さい)

    少し、私の経験を。
    続きます。

    ユーザーID:1543557874

  • 同じ立場です

    私も同じ立場です。父のことは名前etc..何も知りません。でも、不思議なことに全然興味ないんです。高校生のころに、初めて父のいない訳を聞いて(それまでもあまり不思議に思わなかったんですよね・・)、母が結婚していないことを聞きました。その時に、「母には母の人生があるんだな〜」と思ってのを覚えています。
    自分で変えられないことを、考えても仕方ないし、自分がやりたいことを頑張っていくことが楽しくて、親のことって自分にとってはたいしたことではなかったんだと思います。
    夫と結婚するときに、そのことを話しても、「そうなんだ〜」という反応で、その後特に話題にもあがらず、数十年立っています。
    夫の両親もそんな感じ・・

    自分のルーツってそんなに気になるのでしょうか?逆に不思議・・・
    自分の周囲に今いる人の方が大切では?

    ユーザーID:6598920352

  • そうでしたか…続き

    私事ですが両親祖父母が有りましたが父性も母性も恵まれませんでした。数千万稼ぐ家に産まれましたが父は女の私に無関心、妹に至っては名前も付けて貰えず高校生の叔父が母と考え役場に届け出をしたというから実情はご想像下さい。
    母も望まぬ結婚と家業に従事で子育てどころではなく。
    不足した愛情と両親像を自分で学んで補うしかなく、貪るように理想の父母のモデルケースを探しました。

    幸い叔父叔母も年かさの従兄弟達が居たし、関連本を読み、猫から母と言うものは身を挺して仔を守る事を教えてもらったり。

    今アラフィフの働く母親です。
    単身赴任中の夫もまた父親に恵まれない人でしたが、親として何を話し、どう振る舞うのかを学び考える人でした。
    (お互いに失敗する事も多々でした。)

    母性も父性も学ぼうとすれば自分の中に産まれると私は思いますよ。

    トピ主さんの人生ですからお母様にお願いする事も、少しの手掛かりから自力で真実を掴みとるのも、自由です。

    一つ私が心配なのは探し出してお会いしたその後です。

    どんな人でもかまわない、強くなった大人の自分なら受け入れられる、そう思われる。
    では、相手のお父様の気持ちや状況は昔と変わっていたらどうでしょうか?
    かつてのお母様が愛した人格ではなく、立派に成長した、今まで存在も知っていたのかいなかったのか分からない娘の出現に。

    感動するのか。
    約束が違うとお母様を詰るのか。
    或いはこれ幸いと身体、経済の面倒を見てくれとなるのか。
    本妻やその子供達がいたら彼らは何を思い、どう行動するのか。

    何よりその事でご主人やお子さん達が巻き込まれはしないのか。

    私はお母様の気丈さの裏側に、事情を少しでも子供達に気取られたくない、巻き込みたくない、悲壮な決心を感じてしまいます。

    どうか貴女の中のお母様が注いだ愛が守られますように。

    ユーザーID:1543557874

  • 子どもには知る権利がある。

    親にも都合があるかもしれないけど、子供にだって自身の出生を知る権利があります。
    ただし、もし親が金銭に困ってる状況だと、連絡を切っ掛けに無心をされるようになったという話しもよく耳にします。
    その辺を考慮して、慎重に調べてみてください。誰か知っている人がいればいいですね。

    ユーザーID:8586524347

  • さらしなさんへ

    返信ありがとうございます!

    皆さんからの返信を読み返すうちにだんだんと、もうわからなくてもいいかな‥という気持ちに傾いています。

    無邪気というのは、悪気なく人を傷つけるということですよね‥あまり常識がないところがあると自覚しており、このままだと母を傷つけかねないので、大人しく今の幸せを大切にする方が賢明かな?と思い始めました。ありがとうございます。

    ユーザーID:5398783545

  • 紅玉さんへ

    二度も返信をいただきありがとうございます!

    皆さんの返信を読み返すうちに、たとえ自分の父のことであっても誰かの秘密を暴くより今の幸せを大切にしようと考え始めました。

    現在、シングルマザーとして2人の子を育てています。元夫は両親揃っておりますが、父親がアルコール依存で虐待のようなこともあったようです。とても優しい人でしたが、父親になる自信がないと離婚になりました。今は程よい距離感で交流しています。

    私の母は、働きづめでしたので私と兄は祖母(今は亡くなっています)と暮らしていました。貧乏でしたし、母とどこかに出かけた記憶もありません。サービス業でしたので日曜日や盆、正月も一緒に過ごせませんでした。ですが、授業参観や運動会などには必ず来てくれたり、兄がいじめられたと聞けば相手の家に怒鳴りこんだり、「ひとり親だからって絶対にバカにさせない!」というのが口癖の人でそこに確かに愛情はあったと思います。

    私も物語や映画で親や家族を学んだ部分があります。なので、失敗もよくあります。ですが、それも私の家族の形と思いしっかりと生きていきたいと思います。母から受け取ったものは確実に私の中にあるはずなのでそれを大切にしたいと思います。

    ユーザーID:5398783545

  • みちさんへ

    返信ありがとうございます!
    同じ立場の方からの返信、参考になります。
    そうですね。今いる家族を大切にすることが私の使命だと思い直しました。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:5398783545

  • そんなに知りたいですか?

     トピ主さん、そんなにお父様のこと知りたいですか?
    お母様が頑なに隠す故に、トピ主さんも意地になっているように思えます。

    私は自身が2歳、年子の妹が1歳の時に病気で父を亡くしました。
    私の場合は、父の名前や死亡原因などを知っていますので状況は違うのですが、父の記憶がないという点、父方の親戚とは全く交流なく大人になったという点ではトピ主さんと似た部分があるのかなと思います。
    また母はあまり父の話をしませんでした。もともと見合いで結婚したようなので、母も父のことをよく知る前に亡くなってしまったのかもしれません。

    ある程度大きくなってからは、父方の親戚(祖父母など)と没交流であることを疑問に思いましたが、深く追求せずにいましたら、ある時ポロッと母が漏らした言葉から察するに、父が亡くなる前後に父方の親戚と何か揉めたようで、母にとっては不愉快で思い出したくないことのようでした。

    私は今40代です。私が子供の頃は片親の家庭は少なかったので、ちょっと嫌な思いをしたこともありますが、概ね幸せに育ちました。だからなのか、さほど父のことに興味はないし、母に嫌な思い出を語らせてまで、父方の親族を知ろうとも思いません。どんな人たちか全く分からないので、犯罪とか思わぬ形で将来迷惑をかけられるような事になったら嫌だなあと時々ふと思うくらいです。

    トピ主さんはどうしてそんなに父親を知りたのですか?
    私の場合は父親の情報なら少しはありますが、父親のルーツはわかりません。ルーツというのは一代だけでなく、父>祖父母>曾祖父母のことですよね。だからといって自分のルーツに疑問を感じることもないので、トピ主さんがそんなに拘る理由が純粋に分からないのです。

    性被害やDVなどの深刻な理由でなくとも、お母様にとっては語りたくない思い出の場合もありますよ。それでも知りたい理由をもう一度よく考えてみてください。

    ユーザーID:6467081029

  • トピ主さんはとても良いお嬢さん

    りかさんはとってもとっても素直で人の心がわかる、良いお嬢さんです
    これだけは100%最初に言っておきますね

    人として自分のルーツが知りたくなる、それは正当だ、という意見にも共感します。が、

    私、知人にりかさんと同じ状況の人を知っていまして、その人は長年コンプレックスに悩んだんでしょうけど、自分の職業から経歴から、全部虚偽のことをまわりに言ってまわっている人でした。ただのサラリーマンなのに昔天才レーサーだったとか、今もIT企業の社長だとかそういう嘘をつきまくってですね。それらの嘘が暴かれても、まだぞくぞくと嘘が出てきまして、サラリーマンもAというちょっと地味な部署だったんですけど、Bという花形部署だと言ってたりですね。ほんとどこかの国のタマネギ氏ではありませんが、
    なんとか瞬間的に騙せた相手と結婚しても、浮気三昧だったらしく。
    これって、その本人が一番地獄だったのではないかと、今距離を取りその人と付き合わなくなってから思うんですよ。自己嫌悪と自己否定の嵐でしょう?

    こんな人を知っている身としては、りかさんのお母様がどれだけあなたを1人でいつくしんで、あなたの心や自尊心をまともに育ててこられたか、伝わってきます

    まずは、そこを大事にしてくださいね

    ユーザーID:3346755483

  • 結婚18年目さんへ

    返信ありがとうございます!

    私も子どもには知る権利がある!と、思っています。それと同時に誰かを傷つけてまで主張する権利じゃないかもしれない‥と思い始めています。

    私は出生地は関東ですが育ったのは東北です。私が一歳の時、母は生まれ育った土地を離れて祖母と東北に移住したようです。それまでの過去をすべて捨てるような移住だったのではないかと思います。今、私には中高大学の友人、今の土地に住んでからの知人や友人がたくさんいますが、関東時代の母の友人や知人は誰もいません。当時は不思議に思いませんでしたが、今となるとあえて昔の交友関係をすべて断ち切ったのでは?と感じます。

    そして、2011年の東日本大震災。この時に、「もし私の父が亡くなったとしても私には連絡はこない。父の生死すら私にはわからない。」と感じました。そのことから、再び私の父親って?と考えることが折に触れてあります。ですが、この機会に思い切って考えないという選択肢もあるなぁと思っています。

    ユーザーID:5398783545

  • メルヘンのまま終わらせればよかったと後悔

    お母様が秘密にしているのにはきっと訳がある。

    一つの例に過ぎませんが、私はその秘密を自力で暴きました。
    結果、
    大好きだった母。
    シングルマザーとして必死に働いて育ててくれ尊敬すべき母。
    中年から初老になっても美しくモテる母。
    そんな幻想がガラガラと崩れてしまいました。

    結論としては、誰の子か分からない状態だった。
    私が生まれるちょっと前に母が付き合ってた男性を特定。
    お話を伺うことができたのは、真面目そうな紳士。
    その方が言うには最低でも3股されていて、そんな人とは結婚できないと分かれを選択したとのこと。
    DNA鑑定をしたいなら協力はする真摯に向き合ってくれたけど、3股なら確率は3分の1。風の噂では4股5股だったから20%の確率だろうねと。

    もうショックでね。
    母が男をとっかひっかえどころか、とんだ男好きだったということ。
    モテるのはどうやら尻が軽いから?
    私のために仕事で遅くなると思っていたけど、内実は男と逢瀬を重ねていて、経済援助をされていたこと。

    女が一人で子供を育てることがいかに大変かは分かる。
    でも、貧乏でもいいので尊敬できる母でいて欲しかった。
    知らなきゃメルヘンの世界に永遠にいられたのに。

    結局父を特定するのをやめました。
    母がつきあっていた人の中には懲役に行った人までいるらしいので。
    その子供だったら立ち直れません。
    真摯に向き合ってくれた紳士がお父さんなんだとメルヘンの世界だけで思うようにしています。
    もちろん、何の権利も主張はしませんが、心の中だけで楽しむことにしました。

    ユーザーID:4981791570

  • トピ主さんには知る権利がある

    AIDという非配偶者間人工授精で生まれてきた方々のうち、なんらかのきっかけで育ての父と別に
    遺伝上の父がいると知って、実の父親の人となりを知りたい、と声をあげている方々がいます。

    この方々の声を集めた本があるのですが、やはり自分という人間のルーツを知りたい、
    と思う気持ちはその当事者以外には計り知れず、安易に他人が「知らないほうがいいこともある」とは言えないなと私は思いました。

    私はトピ主さんには知る権利があると思いますよ。
    出産って親のエゴだと思うんですよ。子供自身は望んでこの世に生まれてきているわけじゃないから。
    子供が自分のルーツを知る権利に、親は応える義務があると思っています。

    お母様が頑なに口を閉ざすのであれば、最悪の場合、遺伝上の父は犯罪者や借金まみれということもありえるし、
    親子であることを確認したらトピ主さんがそれに巻き込まれるかもしれません。
    大金持ちだとしたら、相続にも関係してきますよね。
    あらゆる可能性を想定して、それでも父の人となり、どんな人間なのかを知りたいのであれば、お母様に訴えるしかないのではないでしょうか。

    ユーザーID:1796310455

  • 母親の友人

    母親の友人の名前を調べる。

    「お母さんの友達にはどんな人がいたの?一緒に旅行したりしなかったの?」
    などと言って友達情報をかき集める。
    古い写真なども調べる。
    友達が何か知っているかもしれない。

    もし会えたら「母から色々聞きました」とカマをかけてみる。

    ユーザーID:2000923996

  • 知る権利?

    確かにある。

    しかし、裁判でさえ自分の不利になることは言わなくていい権利がある。

    知られない権利もありますよ。
    まあ勝手に調べる分にはいいんじゃないですかね?
    でも告白を強要する権利は、言いたくない権利に優先しない。

    非配偶者人工授精にいたっては、精子提供者の秘密を担保した上で崇高な篤志家から提供を受けている。
    お気持ちは察しても、保護すべき秘密を開示していい理屈は存在しない。
    トピ主さんのケースとは似ても似つかぬ別の話とご理解頂きたいものです。

    ユーザーID:9538145878

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧