言葉に険がある

レス4
お気に入り9
トピ主のみ0

さかな

ひと

私は言い方がキツいです。自分でも悩みの種で、特に文章にすると端的で素っ気ないです。普通に相手との会話を楽しんでウキウキとラインをしているのに読み返すとなんか素っ気ないと思います。

そんな中、内容は毒舌なのにソフトに聞こえる人に会いました。敏感な人によってはその人の発言は内容が内容なので酷く聞こえるのも事実です。しかし、私はそんな不快に思うことなくこれだけの発言をしておきながら、なぜキツく聞こえないのだろう?と思いました。

同じ台詞でも私のようにキツく聞こえる人、そうでない人、心地よく聞こえる人、不快な人、ネガティブに聞こえる人、ポジティブに聞こえる人等々あると思います。
これはどこの部分に違いが出るのでしょうか?声質、トーン、大きさ、速さ、間、等々あると思います。

私は柔らかい口調にしていきたいので、小町の皆さん、とうしたら良い方向へ導けるか伝授して下さい。こうしたら良いよ。こう言うところへ通ったら良いよ…等、お力添えをお願いします。

ユーザーID:9662061860

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数4

レスする
  • レスします

    話すスピードはやはり重要なポイントだと思います
    早口だとどうしても切り口上になりキツく聞こえますよね
    ゆっくりゆったり話すと中身のキツさも和らぐと思います
    まずはゆっくり話すことを心がけられてはいかがでしょうか

    ユーザーID:3172553311

  • 言葉より心

    文章はともかく、同じ言葉を聞いても感じ方が違うのは、相手の気持ちが違うからでしょう。言葉は気持ちを伝えるものでしかないですし、その相手がどういう気持ちで言葉を発しているのか、言外にわかるものでは?

    相手に対して嫌悪感を持って発した言葉と、愛情を持って発した言葉と、同じ言葉でも受け取り方が異なるのはあたりまえですよね。

    人間のコミュニケーションは言葉より、言葉以外の面での方がより大きいそうです。
    言葉に捉われ過ぎずに気持ちを大らかに、ゆったり構えるようになれたらいいですね。

    ユーザーID:7947660767

  • 産まれてこの方言い方がキツイ

    色々、反省して

    ・正論は言い切らない。つっこまれる余地を残す。
    ・間をつくる。スキを与える。
    ・対面してるなら笑顔は保つ。
    ・毒舌なら個人を特定しない。ゆるくふわっと。

    他人をいじってはいけない。いじるのは自分。

    くらいかな?

    心持ちは他人をバカにしない。マウンティングは言葉を飾っても伝わってしまいます。

    ユーザーID:0102761343

  • やっぱり愛

    言葉に素直さがあるかどうか。
    悪意が含まれていないかどうか。

    負の方向へ引っ張る言葉は、上っ面を良くしても、もしきつかったら尚更、相手に向けたらはっきり感じ取るでしょう。

    樹木希林さんが良い例です。
    まっすぐだから毒舌かというと、むしろ心を軽くしてくれる言葉が多そうです。

    ユーザーID:2622468144

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧