この小説のタイトルが知りたい(ネタバレあります)

レス11
お気に入り327
トピ主のみ1

丙午おばちゃん

話題

トピを立てていただいてありがとうございます。
高校一年の時の英語の教科書に載っていて未だに覚えている(多分)短編小説があります。作者とタイトルがわかれば、もう一度読みたいと思っているのです。

主人公は優秀な外科医。ある夜、遠方の病院から頭部に重傷を負った少年の手術をしに来てくれないか、と電話での要請が入りました。少年の家庭は貧しいため報酬がどうなるかはわからないとも伝えられましたが、主人公は快諾し、(確か)雪の夜道を空港に向けて車を走らせました。
途中、路上で手を振る男がいたため車を止めると、その男は持っていた拳銃で外科医を脅して車を奪い走り去ってしまいました。
その後、どうにかして外科医は空港にたどり着き、空路を経て少年のいる病院に到着しましたが、少年は既に亡くなっていました。
外科医を呼んだ医師が、やはり遠方から駆け付けたという少年の父親に外科医を紹介します。父親は、外科医の車を奪った男でした。

教科書収録に際して、原典とは若干細部を変えてあったかもしれませんが、大筋としては上記の通りの話でした。

小町の皆様のお知恵を拝借したく、お願い申し上げます。

ユーザーID:3771211732

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 20年後

    ふと思い出しました。「 After 20 years 」 という話に似ています。 それは、 友人2人が 20年後に会う約束をします。 一人は警察官になり、約束の場所に会いに行きます。
    そこへ強盗で指名手配されている男が通りかかり 警官は彼を逮捕します。 なんとその強盗が 20年前自分と会う 約束をした友人だったのです。
    こんな話でした。

    ユーザーID:2898347056

  • 読んでみたい!

    すみません、答えはわかりません。
    でもこの内容、最後のどんでん返し、興味深いです。
    タイトル、わかるといいですね。

    ユーザーID:1752287166

  • 気になります!

    話のオチ的に、ウイリアム・アイリッシュ(コーネル・ウールリッチ)の短編ぽいなぁと思いました。
    私も知りたいです。

    ユーザーID:4377763706

  • O ヘンリーっぽい?

    英語の教科書に出てきたところや、お話のオチが O Henry短編っぽいかなと思ったのですが、調べてもそれらしいものが見つかりませんでした。
    私もこのお話のタイトル、知りたいです!

    ユーザーID:7541847985

  • ジェフリー・アーチャー?

    ジェフリー・アーチャーの短編っぽいストーリーだなと思いました。

    ユーザーID:9138945370

  • まずは

    昭和56か57年の高1ですね。

    出版社(啓林館や東京書籍)や教科書の題名(New HORIZONなど)がわかると突き止めやすいです。

    そして、その頃教えていた人はみなさん定年を迎えてしまっています。

    特に、S56とS57は教育課程が違うので、教科書がガラリと変わっていたかも知れないですし、HPから出版社に聞いてみるのも手だと思います。

    ユーザーID:0517842141

  • わからないけど覚えてる

    その話、覚えています。(昭和56年に高校1年)教科書はNew Horizonだったんじゃないかな。"I've got a gun."というフレーズまで覚えています。(現在完了形?どういう意味?と思ったら、単にhaveを口語ではhave gotということで・・・そんなことも知らなかったんですね。)でも、残念ながら作者とタイトルはわかりません。ごめんなさい。
     
    わたしもOヘンリーぽいな、とは思うんですよね。Oヘンリーの作品は、「賢者の贈り物」と「警官と讃美歌」が教科書に載っていたのは覚えているのですが。

    ユーザーID:9988741371

  • Why was the doctor late?

    2回目です。検索したところ、"Why was the doctor late?"というタイトルで出てきたのですが、英語教材(ショートストーリーを読んで問題に答える)としてで、作者などは分かりませんでした。もしかしたらもともと英語教材用に書かれた話なのかもしれません。
    あるいは、原作があるとしたら、タイトルは違うのかもしれません。

    ユーザーID:9988741371

  • 1950年ののリーダーズダイジェスト

    くららんさんのレスを参考に検索してみました。

    READER'S Digest
    1950 July

    収録の
    "Why the Doctor Was Held Up"
    Billy Rose

    でした。69年前のリーダーズダイジェスト掲載とは、ずいぶん昔の文章だったのですね。

    Dr. Van Eyck Dr Haydon Glen Falls

    で検索してみてくださいね。

    ユーザーID:4063912697

  • 全文載ったページを見つけました。

    お探しの英文ですが、くららんさんが書かれていた

    Why was the doctor late? で検索してみました。

    英文のページがいくつか表示され、
    最初に出てきたページに進むと、トピ主さんの書かれた物と一致する英文が。
    トピ主さん、素晴らしい記憶力です。
    「患者の少年の家は貧しく、何も払えないであろう」
    「それは構わない」等の細部まで
    ほぼ覚えておられた通りの事が書いてありました。
    やはり英語学習用の文章の様です。
    ぜひ読んでみて下さい。

    ユーザーID:5305127743

  • 皆様ありがとうございます。

    今、しば様の挙げられたキーワードで検索しました。間違いないと思います。
    医師の車を奪った男と少年の父親が同一人物である事を示唆するのに、顔や髪の色といった要素でなくて「Old block coat」と服装が同じな事のみだった事が貧しさも同時に表現してあって、「うまい書き方だなあ」と当時感じた事を思い出しました。
    ビリー・ローズという方は作詞家でプロデューサーでもあった方のようで、今の日本でいうと秋元康さんみたいな存在に近いのかもしれないですね。リーダーズダイジェストにコラムの連載をなさっていたのかしら。


    まとめてのお礼になりますが、昔ESS様、童様、たらこ様、遥香様、るる様、とおりすがり様、くららん様、しば様、皆様からレスをいただけて非常に嬉しく思いました。本当にありがとうございます。
    これを持ちまして、トピを〆させていただきます。

    ユーザーID:3771211732

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧