夫がガンになりました・・・支える覚悟ができない

レス41
お気に入り114
トピ主のみ0

夏みかん

ひと

夫42歳、私41歳、娘2人(10歳、5歳)の4人家族です。
先日、夫が胃がんの宣告を受けました。
幸い早期発見のため、転移の可能性は低いだろうとのことです。
(但し、腫瘍部分とそのまわりのリンパを一部含めた胃の2/3を摘出する予定)
家族はみな「治る治る!」と口をそろえて言いますが、私は不安でたまりません。
実は、ガンとは別に夫にはもともと持病があり長年治療を続けています。
担当の医師によると、持病については現時点では特に大きな問題もなく、他は全く健康体とのことなのですが、もし術後や数年後に合併症や薬の副作用などで介護状態になったら?働けなくなったら?ガンが再発してしまったら?
と考えたら食事ものどを通らず、夜もまともに寝られません。

今までの生活も夫婦共働きでなんとかやってきましたが、夫にお金がかかるため、毎月カツカツです。
自動車を手放してほしいと言っても反対され、携帯を格安スマホにしてほしいとお願いしても「無理」と断られ、固定費を削る事も許されません。
今後は食費も余計にかかることが想定されます。(術後の体調にあわせた食事管理や補助食品が必要)
子どもの習い事をやめさせようかと言うと「それは続けさせてやりたい」と。
共働きなのに今まで満足のいく貯蓄もできなかった私の責任もありますが、今後の生活を考えると不安とストレスでいっぱいいっぱいで夫や子どもにも八つ当たりしたり、毎日のようにお金のことで喧嘩するようになってしまいました。
そんな状態で、この先病気の夫を支えていくことに自信がなくなり、覚悟を決めることができません。「離婚」の文字も頭をよぎります。
薄情と言われるかもしれません。本人が一番辛いと思います。
それなのに「一緒に頑張ろう」と声をかけることもできず、結婚したことを後悔している自分がいます。

ユーザーID:1339553512

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数41

レスする
  • 踏ん張り時。ドン!!と構えて肝を据えるしかない

    ダメだダメだ、不安だと思い続けないこと。
    そりゃ、不安で泣きたいときもあるよ。でもそれはここで吐き捨てて、悩んでいくらでも書きたいことを書いて。
    ここからは、親としてのあなた方の生き方を子供が見てる。お子さんはきっとあなたの大きな支えとなる。

    辛くなったら、手を抜いて美味しいものでも家族で食べよう。
    辛くなったら、花を飾ろう。
    泣いても良いと思うけど、辛くても必ずその後笑おう。

    どんな家にもそれなりの悩みやもあるし、問題も抱えている。
    逃げずに何とか踏ん張っている。
    何もない家はない。

    初期だったなら、良かったじゃないの!!
    今の医学はすごいよ。
    お母さん、とにかく笑って笑って。

    ユーザーID:1143335954

  • 色々心配ですよね

    本人はもちろんつらいだろうけど、妻で子ども達の母親のあなただって、それはそれは心配で怖いでしょう。薄情なのかもしれないけど、パートナーの考えてもいなかった病気、家族のこれから、もしかしたら自分ひとりで全て背負わなきゃいけなくなるかもしれない、当たり前だけどものすごいプレッシャーですよ。

    早期発見ですしお医者さんも転移の可能性は低いだろう、って仰っているのできっと大丈夫だと思うのですけど、あなたも考えている通り数年は不安だろうと思います。せめて治るまでの数年という約束で固定費を削れたらいいですね。

    気やすめにしかならないかもしれないけど、きっと大丈夫!
    不安なのはあたりまえ、でもあなたも寝て休まなきゃ。あなたも体調崩してしまうよ。お互いの親兄弟、頼れる所は頼ってみましょう。経済的なことも、忘れてる保険とか補助とかあるかもしれない。

    ユーザーID:5773465949

  • がんばって

    どの道も辛い道ですね。

    離婚して母子手当を貰ってシンママで頑張る。
    のもありですね。
    そういう道を選んでもいいと思うんですよ。

    さて、保険ですけど、ご主人が亡くなったらお子様たちか主様に下りるように名義を確認して変更しておきましょう。
    こんな時にって思うかもしれないけど、そんな覚悟も含めて大変なんです、一人で育てるって。
    頑張ってください。

    ユーザーID:5725877871

  • 夫も間もなく検査結果がでますが

    喧嘩をしても、いいことはないと思います。
    喧嘩の原因であるお金のこと、
    車は本当に必要なのか、
    携帯は、今よりも費用のかからないものに
    替えることは、本当に無理なのか、
    一つ一つ夫婦で話し合って、出来るだけ
    お金の不安が少なくなるように考えてみては
    どうですか。

    喧嘩している親を見れば
    子供も不安で仕方ないでしょう。

    まず、出来ることをしていくことだと
    思います。

    保険は加入していますか。

    トピ主さんもしっかり食事を摂って
    しっかり寝て、体調を崩さないよう
    自身の健康管理もしていかれた
    方がいいと思います。

    二人に一人は癌になると言われている時代です。
    自分も明日はわかりません。

    辛くても支え合っていかないと。

    ユーザーID:2054344468

  • 医学を信じて。

    私の父親も55歳のときに、胃がんになり、3分の2を切除し、一時期はとても痩せてしまい心配しました。
    その父親は、今78歳。再発も無しで、好きなお酒をずっと飲んでいます。
    23年前から、医学は進歩しているので、病気のことは、医者にまかせて。
    いっときは、生活が大変かもしれませんが、お金の事は、自治体に相談したり、また、がん患者の家族の集まりなどもあり、いろいろ情報が聞けるかもしれません。
    一人で思いつめないでくださいね。

    ユーザーID:1823823237

  • 離れてもいい。

    うーん、ご主人ご病気は気の毒ですが、ちょっと融通が利かないと言うか我儘ですよね。
    車の事然り、携帯の事然り、無理の一言でかたずけるのって家庭人としてどうなんだろう、一事が万事話し合えないのではないですか?

    無い袖は振れないのに自分の事は妥協せず、ならば子供の事を、と言うといい格好をする。
    今までやりくりしてきた妻の事、どう考えているんでしょう、あなたも随分我慢して来られたんじゃないですか?
    こう言ってはなんですが、ご主人「自分は病気なんだから労わられて当然」と思われてる面もありそうですね。

    さらに今回の胃がん、あなたからすれば「これ以上また苦労しろと言うの」と思いますよね、辛すぎますよね。
    もうギリギリなんですよ、頑張れないですよ当然です。

    あなたがつぶれてしまう前に生活を変えるのはありだと思います。
    周りは色々言うでしょう、病気の人を見捨てるのかって・・でも出来ないなら仕方ない、頑張れないならそこから離れていいと思います。

    どうかご自分を大切に、あなたが元気でないと子供たちに影響します。
    私は離婚も視野に入れてもいいと思います。

    ユーザーID:0926926483

  • 駄目な夫だね

    治るといっても、何事もなかったようにとは言いにくいかもしれないね。
    医療が進んだからこその苦悩や苦労、苦しみもあるんだろうなあと思います。

    しかし、車もスマホも習い事も今まで通りがいい。
    アレもコレも、イヤイヤ言ってもねえ。
    病気になったのは当人のせいじゃないし、しょうがない。
    でも、誰のせいで節約しないとならない状況になってんのか・・・
    ほんとうに自覚がない我儘ものだね。
    そういうところがウンザリなんじゃないのかしらね?

    とにかく、男ははっきりとした数字を提示しないとわかりません。
    感覚で理解できない生き物なので、「夫にお金がかかるため」がふわっとしすぎなんでしょうね。
    だから、内訳の詳細と具体的な金額を出すほかないですね。
    FPに診断してもらってもいいかもね。

    ユーザーID:9843443568

  • 大袈裟すぎますね

    早期胃がんで胃切除といっても3分の1残るなら、個人差はありますけど半年もしないうちに
    量はともかく、これまで通りの食事できますよ
    最初のうちだけは消化の良いものが良いだろうけど、おかゆとかで良いんだし量も食べられないから食費なんて逆に安くなりますよ
    それにしてもトピ主さん、自分の心配ばっかりだな

    ユーザーID:1903481007

  • まず、健康保険限度額適用認定証を確保

    これで医療費はあまりかかりませんよ。
    私なら、固定費は主人に相談せずに削ります。
    仕方ないじゃないですか?
    お金がなければ節約するしかないのに、
    「無理」なんて言われても…
    いい加減、現実を見ろ!と思いますね。
    今までだって、ご主人の医療費が家計を圧迫してきたのでしょう?

    ユーザーID:0640632089

  • 厳しいですよ。

    >この先病気の夫を支えていくことに自信がなくなり

    う〜〜ん…厳しいですね。
    正直、とぴ主さんがある程度覚悟を持たないと術後は大変だと思います。
    私の実父も最近、胃癌で胃切除しましたが、退院後の方が大変みたいです。
    正直、食事の管理が大変で、実母が根を上げている状態です。
    近居ではないので、フォローもそんなに出来ないのですが…
    私自身も胃切除してるんですが、自分で自分の食事の管理をするのでそんなに
    苦労もしなかったです。自分の事だから本当に適当にやってましたが、伴侶の事
    となるとそうもいかないそうです。
    それで、実母の方がストレスで、食事も喉を通らない状況になってます。

    実父も早期発見でしたが、術前は1a期との事でしたが、リンパ節に転移があり1b
    に入ってました。本人はいたって元気で術後、ようやく1ケ月を過ぎようと言う頃
    なのに、あちこち走り回ってます。(とぴ主さんのご主人の年齢の倍以上の年齢)
    この年齢なので、他にも持病もあり長期入院の経験もあります。
    脅すわけではないですが、やはり食事管理は大変です。それなりに覚悟をしないと
    厳しいと思います。

    医療費は早期1期なら抗がん剤は適用外になると思います。入院費と、その後の
    経過観察の検査費用位かと…
    高額療養費限度額認定書を貰っておけば収入に応じて支払いは免除されますし…
    医療保険に入っていれば、手続きを早急に済ませれば、直ぐに支払われますよ。
    まずは、入っている保険を確認し、入院までに書類を手に入れておく方が良いです
    よ。病院がカード払いOKなら、早めに手続きをすれば、下りた保険金で医療費も
    賄える可能性もあります。
    今、出来る事から取り敢えず色々動いては?何かをしていれば気もまぎれると
    思います。

    胃腸を手術したあとの食事…こういう表題の本が沢山出てますから、読んでみる
    のも参考になりますよ。

    ユーザーID:6566578003

  • いつも引っかかるのですが

    どうして41・42・43 48・49歳

    新聞を見ても気になります・私も49の時早期胃がん

    3分の2無くなりました。初めは食事の度に痛かったですが

    1か月ほどしたら何ともなくなりました。胃がんと言われたとき

    墓地を購入 買わなきゃ良かったと後悔しています。年間5000円の管理費

    今の時代墓仕舞いの人が増えています。

    私もディルームで泣いていたら うーーんと若いママさんが

    胃がんなんて切ったらしまい!楽な癌や!と言われたな

    あの日から21年です。まだ今の所ピンピンしていますよー

    大丈夫! 大丈夫! オペも寝ている間に終わるからね。

    ユーザーID:3735109817

  • 寄り添い話し合いましょう。

    心配な病名で夫婦ともに不安でしょうね…
    近頃若い人の早期発見で、乗り切る人が多いですよね。
    従妹も40歳の早期発見で手術し、15年以上経ちます、元気です。

    家族も昨夏から調子悪く胃薬を飲んだり処方された薬で効かず…
    詳しくMRIで胃癌。
    体力・数値も弱く栄養補給など半月し、
    胃を全摘し、胆嚢も切除…
    麻酔から醒めると元気一杯ひとりで喋りっぱなし‥付き添いの家族呆れ…後々、覚えてない~と。
    退院後の食事は赤ちゃんの離乳食の様に
    消化に悪いものを止める(3カ月)
    徐々に柔らかいもの、小さくカットしたものを。
    現在は家族と同じものを食べてますよ。
    1日4~5回として。
    3回は家族と同じものを。
    残したものだったり、
    バナナ・ウエハース・健康ドリンク・ゼリー状のなどなどでカバーしてます。
    3カ月毎に検診。
    顔・身体が細くなりましたが、前向きで90歳を迎えクロスワード・計算で脳トレしてます。

    親戚の男性も40代で手術したとか。
    労力仕事もし、お酒も飲んでて、全摘したなんてビックリでした…84歳。

    希望を持ちましょう。
    手術・健診に家計が多少圧迫されるかも‥…
    少しの間だけ、引き締めるよう、諭しましょう。

    きっと大丈夫!!

    ユーザーID:7036690353

  • 正直、薄情だと思う

    病気になった途端、夫を見捨てるのですか。情が無くなっていたのならもっと前に離婚すれば良かったのに。
    人が弱ったところで追い討ちをかけるなんて何かの復讐ですか。そんなに恨みがあるのですか。
    色々理由をあげておられますが、トピ主は自分のことばかり大事で夫の闘病を支える責任から逃げたいだけのように思います。

    ユーザーID:1681383634

  • あなたはいつでも逃げられる

    『「離婚」の文字も頭をよぎります』なら最悪は離婚すればいいのです。
    まずはそう割り切ってみませんか?

    主様の考える半分以上の事は杞憂だと思います。慎重な性格なんですね。
    だからまずはやってみる。ダメだったら離婚する。そう考えましょう。

    離婚したら『介護状態になったら?働けなくなったら?
    ガンが再発してしまったら?』は一切関係なくなります。
    あなたはいつでも逃げられるのだからまずはやってみましょう。

    旦那様も『離婚』となれば自転車もキャリアスマホも考えるでしょうし
    その時になってみないと分からない事も多いのです。

    ユーザーID:1587642055

  • 現実から逃げる夫

     現実をきちんと見せるべきでしょうね。スマホも格安、習い事もやめる。車が無くても生活できる地域なら、車も手放す。それが、私たち家族の身の丈に合った生活だと理解させなければなりません。それを否定するなら、妻を否定したと同じ事であると。離婚してほしいというべきでしょう。
     あれもいやだこれもいやだ、何もかも今のままでは立ち行かないはずなのです。そもそもの年収も低いのでしょう。従って、このままでは分不相応な生活を続け、赤字を出すことになるはずです。

    ユーザーID:3870924797

  • 病気は治ります。

    夏みかん様、こんにちは。

    私の父もつい先日胃ガンの手術から帰ったところです。
    お互い大変だとは思いますが、頑張りましょう!

    さて、まず手術ですが2、3時間程度で終わり一瞬の出来事でした。
    本人曰く手術前日からの断食や断飲食がきつい、とのことでしたがなんと
    手術後の食事は重湯や味のないスープばかり。

    1週間程で退院しましたがすぐ麻婆豆腐を平らげていました。
    刺激物なので本来は絶対にしてはいけないと思います。

    また術後の抗がん剤も今は発達していて毛も抜けなければ副作用も少ないとのこと。

    昔からの感覚でガン=大変な病気と思われがちですがいまはどうやら違うようです。
    安心して回復を祈っていてください。

    お金の件は今の収支を正しく帳簿につけてますか?
    今かつかつだから!と言うだけでは理解できなくて当然と言えます。

    収入のバランスを見直して一般家庭よりも医療費がかかる。
    何かあったらこれくらいの貯蓄は必要になる。

    だから節約をしたいのだ、と、理由をつけて説得しなければなりません。
    特に、格安スマホは人によって大きな偏見を持っています。
    ちなみに、格安だからといって使い方次第で大手キャリアより
    高くつく場合も往々にしてあります。

    車もなければかからない月の駐車場・ガソリン・保険・税金を計算して
    乗る頻度が低いのであればレンタカーもありですが、
    日々使うならむしろ割高です。

    貴方様だって突然別れを切り出されたら、
    何故?嫌だ。となるでしょう。

    同じことですよ。

    薄情なのは皆様仰る通りかと思うのであまり申し上げませんが、
    自分が病気の時に見捨てられたらどう思うのか。

    親が病気の時に負担になるからと見捨てられるのか、娘が病気の時に放置できるのか。

    その差が、貴方様の本性であり
    自分のことしか考えられない弱さでもあります。

    お幸せに。

    ユーザーID:5301309936

  • どちらも幼い印象です

    まず、病気を契機に、色んな経費を見直そうという妻の意見に全く取り合わないご主人も能天気ですね。
    一体自分の病気への自覚があるのか?という印象です。

    そしてあなたも深く考えすぎです。
    ガンというものは、今や2人に一人が罹ると言われる時代です。
    言ってみれば交通事故より遭遇する確率は高いのです。
    まして、治療の手段は日々進歩しています。
    それであれば、まずは医師の診断を信じて、いい意味で楽観する方が良い結果を生むことに繋がると思うのですが。

    わたしの夫も10年前に大腸がんを経験しました。
    ステージは1期であったものの、リンパ節転移の可能性もわずかにあるという説明でした。
    しかし私はそれ以上病気の事を考える事をやめたのです。
    まずは医師を信頼し、無事手術が済むことだけを考えて、あとは現実に起きた時に考えようというスタンスでいました。
    結果、一度のオペだけで治療は済み、抗がん剤投与の必要もなく現在に至っています。

    ここからは少し精神論になりますが、病気というものは怖がっていると余計に悪い方へと向くような気がするのです。
    起きてもいない事を今から心配しても、得るものは何もないのですよ?
    むやみに怖がって騒ぐことより、病気の事をきちんと知って努めて冷静に向き合いましょう。

    今、あなたがやるべき事は、むしろ経済面での再確認です。
    健康保険の制度を十分活用して、高額療養費の申請などを忘れないこと。
    また個人のガン保険などがあれば、その契約内容を改めて確認しておくこと。
    夫の場合、治療が一度で終わった事もあって、費用はすべて保険で賄えました。
    そして生命保険、これも世帯主の病気とあらば当然チェック項目です。
    そういう準備をしておく事は冷淡な事ではありません。

    むしろ必要な事をせずに早計に「離婚」等という事ばかり考えていると、それこそ不幸を招き入れるような気がします。

    ユーザーID:5077721163

  • レスします

    同じ経験をした者です。
    夫34才、私33才、長男6才の時の事でした。
    同じく胃を2/3切除しています。

    手術後先生に言われた、
    『2年再発・転移がなかったらちょっとだけホッとしていいですよ。
    5年経ったら万歳ですよ』という言葉を胸に頑張ってきました。
    結果、現在夫52才、私51才になりますが、夫は元気です。

    節約を提案すると無理。
    しかし子供の習い事は続けさせたい。

    この心境が、胃がんになってしまった恐怖。
    今後の不安・心配をあらわしている気がしませんか?
    あなたも理解していると書かれていますが、
    一番辛いのはご主人なんですよ。

    保険には加入していないのですか?
    こんな事を書いていいものか分かりませんが、
    入院から退院までちょうど1ヵ月。
    高額医療制度を利用して支払った医療費は14万円でした。

    5年経過した後も夫は再発・転移の恐怖と戦っていたそうです。
    私にはそんな風には全然見えなかったですが・・・。

    不安は気持ちは十分わかります。
    お金の心配も分かります。
    でも喧嘩はやめましょうよ。

    おきてしまった事よりこれから先の事を考えましょう。
    頑張って!

    ユーザーID:0601047630

  • 夫が変わるか

    病気の方は今や胃ガンは治る病気ですし、完全看護ですから
    あまり気にする必要はないかもしれません。

    それよりも問題は夫の今までの自己中の行動。
    病気になって自分の弱さを知って改まるかどうか。
    不安でかえって妻に当たるようなら救いがない。

    そこがポイントではないでしょうか。

    ユーザーID:7899734998

  • 結婚する資格のない女だったことになりますよ

    結婚の誓いを忘れてしまいましたか?
    「病める時も健やかなる時も」
    ヤソ教の坊主の台詞ですが、言っていることは古今東西の鉄則です。

    いい時だけ相手を利用して、苦境になったら逃げ出すような配偶者は、その資格がありません。
    親や親族、なにより子供たちから、社会人失格の烙印を捺されるでしょう。

    それでも、どうしても楽になりたければどうぞ。

    そんな女は、無理にいてもらってもどうせ家族の戦力にはなりませんから、早めに切り捨てた方が旦那や子供にとっても幸せです。

    どうぞ一人きりで楽に生きて行って下さい。

    結婚しないことで、そういう生き方を選択をする人はたくさんいますし、それ自体はなんら責められるべきところはありません。

    トピ主の考えていることが責められるべきなのは、結婚・出産の際にコミットしたはずの義務を勝手に放棄しようとしているからです。

    ユーザーID:2231263394

  • 細かく金額を出して見せてみる

    入院費や保険、これからかかる食費、など、
    いくら出ていって、いくら入るを淡々と冷静に算出して、
    細かく表になった紙を見せて、
    「物理的に厳しい事」を伝えましょう。
    「厳しいのよ!」という言葉だけじゃ分からないのです。
    きちんと数字を細かく見せて説明しましょう。

    そして、
    「貴方も辛いとは思うけど、
    私も今、精神的・体力的に苦しい。
    私が倒れたら、子供たちはどうしたらいい?」
    と、訴えてみてはどうでしょうか。

    自動車が残って、
    子供は習い事が出来て、
    スマホも今までどおり。
    だけど、奥さんが倒れて、動けなくなった。
    それでいいの?
    旦那さんはトピ主を蔑ろにしすぎてません?

    自動車や習い事、スマホは後で
    元通りに出来る可能性はあります。
    でも、奥さんは?そうはいきません。

    病人に金カネ言うな!酷い!
    全部黙って何とか工面して支えるべき。とか言われそうですが、
    「母親」はトピ主一人しかいないのです。
    キャパだって、それぞれ違うのです。

    ご主人に続き、奥さんも共倒れたら、
    ほんの10歳と5歳の子供はどうするのでしょうか。
    病人にお金の現実をつきつけるより、
    そこを考えられない方がよっぽど残酷です。

    キレイ事言ってる場合じゃないんだよ。と突きつけたい。

    病気を心配したり支えてあげる事と、
    お金の心配をする事は別です。

    トピ主、毎日お疲れ様です。
    ご無理なさらないでくださいね…。

    ユーザーID:0208638036

  • お気持ちはわかります

    確かにそんな奴だと支えてやる気にはなれない
    どんなに現状を訴えても提案や交渉しても、あれもダメこれもダメお前がどうにかしろではやってられない

    いざとなったら離婚でもいいと思いますよ
    金が入るなら傍にいてやってもいいけど
    妻の信頼を失くさせたのは今までの夫の言動なので、その程度の気持ちでいいと負います

    ユーザーID:9484036064

  • 話し合いができない夫婦関係が問題

    がんはショックでしょうが、早期だし、今まで無頓着だった人が体を気にするようになりますから、そこはポジティブにとらえましょう。
    むしろ今までよりも健康になるケースが多いと思います。
    病気がないと油断してたらいきなり亡くなるケースだってあるからね。
    皆明日はわかりません。

    それより、合理的な話し合いができない夫婦関係が問題ですね。
    ご主人はがんにかかったご自分で精いっぱいで、物事冷静に見れていないのではありませんか?

    今お子様たちの将来を守れるのはトピ主様しかいません。
    しっかり数字を見せて、食い下がって説得してください。
    今までの通りご主人の意見を通してたらいけません。

    まず、車は売るべきです。

    ユーザーID:8015480742

  • なんとかなる

    子供さんがまだ小さいし、本当に不安で、辛いですね。
    とにかく、子供さんのことを考えても、経済的なことが心配ですね。
    ご主人の傷病保険は入ってますか?持病があるとのことで、加入できなかった
    のでしょうか?
    ご主人は初期の胃がんだったら完治できると思います。
    完治できたら、持病があっても条件を満たせば加入できる保険があるかもしれません。
    ご主人の病気のことだけで辛いのに、経済的な問題があれば
    誰だって逃げ出したくなりますよ。
    でもね、あなたがもし離婚して、ご主人を見捨てたら、
    一生後悔するでしょう。後悔しないと思うのならそうすればいいし。
    でもできるなら仕方がない、なんとかなると思って、子育てお仕事頑張ってください。
    子供さんは、そういう母親の背中を必ず見ながら育っていくでしょう。

    ユーザーID:8664300874

  • 薄情ではありません

     「離婚」が頭をよぎっても、薄情とは思いません。

    といっても、離婚を勧めるわけでもありません。

    でも、皆さんのレスのように、楽観的にも考えられません。

    なぜなら、主様夫婦には、
    「これまで、共働きでも貯金をろくにできていない実績があるから」

    本気で、「このままでは、まずい」ことを夫に伝えるべきです。

    格安スマホ、車を手放したいこと。
    今後、お金をどう工面するつもりなのかということ。

    夫の出方次第では、私は離婚してもいいと思います。

    ユーザーID:5945944420

  • 不安で、不安で当たり前

    家族がバラバラにならないように
    あなたが冷静にならないと

    何とかなるとか、治る治る宗教はありません。

    これからの収入と支出を概略で計算する。
    仕事休みの休業補償がいくらか
    保険がいくらか
    親に金銭で頼れるのか?

    高額医療費が使えるのか
    どこまで保険が使えるのか
    担保でどこまで借り入れができるのか?

    家庭の家族の一大事ですから。
    車もやめる。
    携帯もやめる。
    習い事もやめる。

    あなたが決断して実行しないで誰がやるのか。
    あなたがやらないと。

    決して早期発見ではないし、がん細胞をとってもいない。
    検査にも回していない。

    この試練を乗り越えないと
    子供たちもあなたの背中を見てる

    深く憂慮あとで安堵されることを祈ってます。
    恨まれても
    あなたが厳しくしないと、家族が崩壊しかけない。

    ユーザーID:4316492667

  • あなたから言わない。

    旦那さんの病気、主さんに心労がのしかかりますね。

    私は小学生の時に親が癌になりましたが、
    保険に色々入っていたので経済的な困窮には至りませんでした。

    前に女性向けの金融セミナーに行ったら、
    これからは病気のリスクと長生きのリスクを考えましょうと言われました。

    病気になった当人は自分の健康にしか、
    良くも悪くも関心が向かないんですよね。

    でも、あなたが家計ダイエットの話をすると
    健康問題に直面してる旦那さんからしたら、
    配偶者から追い詰められてるように感じちゃうんじゃないでしょうか。

    なので、まず独立系のファイナンシャルプランナーさんに家計相談をして、
    夫婦でそのカウンセリングを受けましょう。

    なぜか男の人って、プロフェッショナルのアドバイスなら聞くんですよ。
    例えあなたと同じことを言っていたとしても。
    その上で、月にどれくらいの予算で暮らすか、とか、
    その分配に関してお話を聞くといいと思います。

    一回2、3万円くらいだと思いますが、
    3万円で離婚回避出来れば安いと思います。

    まず、そこに旦那さんを誘導するのは
    あなたの腕次第ですが、
    そういう協力もゼロなら離婚しましょう。

    子供さんの進学含めて、
    家族が暮らせる策を考えることに
    協力出来ない人は、この先一緒に暮らしても意味がないですから。

    ユーザーID:7034843914

  • 心配なさらないでください

    私もステージ2のがん患者です。
    手術をしたあと放射線治療を受けました。
    がんを宣告されたとき「ああ、そうなのね」
    ぐらいの軽い気持ちでした。
    先生は深刻そうなお顔で宣告なさいましたが。

    経済的には限度額のカードはとうに持っていましたし
    昔、何の考えもなく入っていたがん保険でお釣りがきました。
    今は3か月に一回の通院で約2500円ぐらいです。

    家族、親族、友人はたいそう心配してくれましたが
    私は安心しきっていました。その気持ちは今も変わりません。

    入院したときも同室の患者さんたちとおしゃべりをして
    楽しくすごしました。
    私は少し楽観的かもしれませんが日本の医療は世界的にも高度で
    治療費は安いです。ですから大丈夫です。

    ユーザーID:1564779823

  • 心配は体に良くない。

    癌になってしまったのですから、そんなに心配ばかりしていてもご主人の胃がんが良くなるわけでも無いし、反って貴女の心配がご主人の体に悪影響です。
    私の夫は30年前に胃がんになり、胃の三分の二の摘出手術を受けました。
    私は良くなる事しか考えられず、心配なんかしませんでした。
    あれから30年、元気に生きていますよ。
    夫の胃がんの手術から10年後、私の乳がんが見つかりました。
    これはリンパにまで転移し、左胸全摘手術。
    これも、心配することも無く生活しているうちに20年経ってしまいました。
    悪いことを考えてもなるようにしかならないのです。
    明るく日々を過ごしてください。

    ユーザーID:4616902822

  • 薄情じゃないですよ(心からエール!)

    もう、旦那様は愛情の対象ではなく、家計を支える馬力の1つって感じですね。
    再発の心配も、お金の部分が多いような気がします。私もそうでした。
    それは旦那様の言動が招いているんだけども。

    そんな旦那様がしばらく戦線離脱して治療に専念。
    わがまま度も病人ってことでアップするでしょう。

    私も夫がガンになりました(寛解して早7年)。その後別の病気もやりました。彼には持病もあります。

    抗がん剤はきついですよ。これまで以上に彼は余裕がなくなって俺様道をつっぱしり、あなたの状況や気持ちに寄り添うことはないでしょう。
    あなたは自分の存在に疑問を抱いてしまうでしょう。

    闘病、そしてその後の過程でどうするかじっくり考えてください。
    あなたの人生も大切にして。

    ユーザーID:7637118977

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧