現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

避難勧告 この場合避難所に行きますか?

september
2019年9月12日 15:49

台風15号が各地に大きな被害をもたらしました。
被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

今回我が家は避難勧告の対象外でしたが、避難について悩んでいます。
我が家から歩いて行ける避難所は2件あります。
1件は我が家より川に近く標高も低い場所にあり、もう1件は川までの距離は同じくらい、標高が低い場所にあります。
世帯に高齢者はいません。
この場合警戒レベル4になったら避難所に行った方がいいのでしょうか?

アドバイスいただけますようお願いいたします。

ユーザーID:0334780403  


お気に入り登録数:11
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:12本

タイトル 投稿者 更新時間
トピ主宅の条件は?
ラッキー
2019年9月12日 16:14

一読したところでは、行かなくても良さそうですが、肝心のトピ主宅の条件が書いていません。

実は崖の上に建っているとか山を背負って建っているなんていう事は無いでしょうか?
高齢者はいないけど乳幼児もいないですか?
ハザードマップは確認しましたか?浸水する怖れはありませんか?
避難所までは徒歩で何分くらいですか?行く途中に危険な箇所はありませんか?

いろいろ考えないといけないので、もう少し情報が欲しいです。

ユーザーID:5326416002
トピ主 追記です
september(トピ主)
2019年9月12日 16:27

追記です。土砂災害の危険はない地域です。
そのため避難所に行く方が水害の危険に近づくようで躊躇してしまいます。

ユーザーID:0334780403
場所によりますが携帯からの書き込み
水探
2019年9月12日 16:49

状況によりますが 行きません、我が家からの避難所は小学校なのですが 地形的に妥当と思えないからです。水害を想定した場合に低い所は危険性が高いです。避難所の設定に公民館や学校が多いのは妥当な建物が無いための産物です。地形には傾斜と水脈があり 学校・公民館が低い土地や水脈上にあれば[水が集まる、水が流れる位置]というこで適切でありません。昭和の時代のままです。

ユーザーID:7981776059
自治体のハザードマップで確認を
しあん
2019年9月12日 17:01

ご存知とは思いますが、自治体発表のハザードマップをご確認ください。

夫の実家は昨年の大水害の地域の近郊です。
やはり避難所へ行こうとご近所が誘ってくれたのですが、
いくつかの悪条件が重なり義両親は動けなかったそうです。
ところが1時間もしないで避難所へ行ったご近所さんが皆さん戻ってきた。
理由は「避難所が浸水していた」からだったんです。
夫実家は山間部の中腹にあり、避難所は川沿い。
自治体のハザードマップでは近所の避難所はすべて「浸水地域」にあり、むしろ自宅の方が危険がなかったそうです。
(危険のない避難所へ行くには川を渡らねばならず、非常に危険でした)

近所だからと簡単に考えず、ハザードマップをご確認の上、人任せにしないでまずは「ご自身で」身を守ってください。

ユーザーID:2209760508
ラッキー様
september(トピ主)
2019年9月12日 17:12

ラッキー様、

返信ありがとうございます。
ハザードマップもう一度よく見てみました。
なんと浸水地区でした。 避難所が2か所とも。
我が家は無印です。
条件の悪い場所でも集団でいるメリットがあるのでしょうか。

それぞれの避難所へは通常で徒歩10分以内です。
平時であれば危険はない道のりですが、雨風が強いと何が飛んでくるかわからないですよね。
何より本来NGのはずの川に向かって行くことになるので。
第三の徒歩30分弱くらいの避難所へ早めの避難が正解なのでしょうか。
乳幼児はいないのですがペットがいるのでそれも避難所に行くことを戸惑わせています。

ユーザーID:0334780403
避難所にも種類があるのはご存知ですか?
ゆう
2019年9月12日 17:17

警戒レベルについては、警戒レベル3以上を意識すると良いでしょう。
警戒レベル3:高齢者等、避難に時間を要する方は避難開始です。
       (健常者は万が一に備えて準備・情報収集等)
警戒レベル4:発令地域の全員が避難対象です。

まず、避難所にもいろいろ種類があるのはご存知でしょうか?
指定緊急避難場所と避難場所があります。
指定緊急避難場所は災害の危険から身を守るために緊急的に避難する場所です。
また、災害の種類ごと(土砂災害/洪水/地震…etc)に設定されています。
例えば土砂災害であれば堅牢な建物、洪水であれば一定の高さ以上の土地にある建物等、ある一定の基準をクリアした場所が設定されています。
警戒レベル4となったときは、こちらの指定緊急避難場所を目指してください。
こちらは国土地理院HPにて指定緊急避難場所を調べることが出来ます。

避難場所は一旦(指定緊急避難場所へ)避難した人が
災害の危険がなくなるまで一定期間滞在したり、
災害によって自宅に戻ることが困難になった人が
一定期間滞在したりする場所です。
TV等でやっている避難所はこちらのイメージですよね。
(学校・体育館・公民館など)

質問への回答としては警戒レベル4であれば、指定緊急避難場所へ避難するべき。
ただし、それまでに該当の災害に巻き込まれる恐れがある場合は要検討。
備えは大切だと思いますし、ご興味があれば色々と調べて見て下さいね。

ユーザーID:8754335120
次の避難勧告で体験する
体験する
2019年9月12日 17:42

次に避難勧告が出るような気象条件の時、避難勧告が発令されたら、直ちに避難所に行きましょう。
避難所の設営の手助けをしましょう。
この時に、トピ主さんは避難所にとどまるべきか、帰宅するかを判断したらよいのです。
川が近くて、不安を感じるなら、その避難所にいるのは危険です。
避難所と指定された場所が、どんな災害にも安全とは限らないことがあるようです。
避難してる人々と協議して、避難所を離れるか判断してください。迅速にです。

ユーザーID:6021946954
災害適応種別の確認が必要
竹かご
2019年9月12日 19:20

私は小学校前の指定緊急避難場所の看板を見てここに避難すれば良いと思っていましたが、防災の冊子を見ると指定緊急避難場所や指定避難所にも色々あることを知りました。
わが家から近い小学校と集会所は、地震、津波、高潮、土砂。
洪水の場合は2.5km離れた福祉センター。
海岸から遠く土砂災害の心配もなく地形がやや高いこと、マンションの五階なので大地震以外は緊急避難はしません。

近所の平屋に住む一人暮らしの友人(60代)には、台風が近づく前に早めに来て貰っています。

ユーザーID:1970264716
ペット連れは難しいですね…
西木
2019年9月12日 19:29

3.11を体験しましたが
当時、犬連れだったので避難所には行きませんでした。
もちろん自宅が安全だと判断したからですが。
お隣さんは犬を置いて、夜間だけ避難所に行ったそうです。

水の供給を受ける際なども
もちろん犬を連れている家族と
列に並ぶ家族は分けましたが
それでも「散歩できるなんて優雅ね〜」などと言われました。

ペットは家族ですが
周りから見たら、気楽そうに見えるんですよね。
避難所にアレルギーの人がいたりしたら
非常時に余計なトラブルを招きかねない。

あれから何年も経つので
ペット連れでも大丈夫な避難所があればいいのですが。
ライフラインの復旧に時間がかかったので
自己判断で県外へ移動しました。

ユーザーID:9264193745
いろいろな気づきがありました
september(トピ主)
2019年9月13日 1:31

みなさま、有意義なアドバイスありがとうございます。

まず避難所の種類について調べてみました。
津波、広域避難所以外の洪水などはやはり記憶していた2か所が最寄りの一時避難所でした。
驚いたことに地区内で浸水被害が最も深刻になりやすいとされている場所にも避難所が指定されていました。

住宅地なので、高い建物もなく、水深様のおっしゃるように学校、公民館以外の妥当な施設がないから仕方ないのかもしれないですね。

洪水の一時避難は我が家の場合は指定場所ではなく、徒歩数分の低層マンションの屋上が最適と思われますが、レベル4の時は指定避難所以外に避難でもいいのでしょうか?

西木様、
3.11の体験を教えてくださってありがとうございます。
我が家のペットはケージで移動させる予定ではありますが、持病があってケアが必要なこともありできるだけ自宅でと思ってしまいます。
避難所がペット可でも不快に感じる方もいらっしゃるでしょうし。
復旧に時間がかかる場合の居場所も考えておいた方がよさそうですね。

体験については確かに必要ですね。
実際のケースではペットの問題があるので、今までスルーしていた避難訓練に参加して疑問点についても確認しようと思います。

ユーザーID:0334780403
自分で判断
バチモ
2019年9月13日 10:33

川に近くて標高も低い避難所2軒。しかも自治体のハザードマップでは
水害想定エリア・・・

こんな避難所行っても仕方ないと思います。
たぶん「危険な避難所」だろうと思います。

実はうちの実家も避難所の多くがこんな感じです。
実際の被害(水害)と、想定している、あるいはそこにしか避難所が
作れないというのは多くの自治体で抱える問題なんですね。

特にここ数年は台風水害の規模も大きく、加えて台風以外でも
爆弾低気圧などの急激な豪雨など「当初想定よりも大きく被害が出る」
ことへの対策が遅れています。避難所が実は安全な避難所ではない、
という箇所は増えていると思いますよ。

今までなら「”この程度の台風、この程度の豪雨”なら川の氾濫も
まあ起こらないだろう」だったものが、今は現実問題として川の堤の決壊、
浸水があちこちで発生しています。もはや「古いハザードマップ、
古い想定での避難所」では対処出来ない時代です。

ほとんど報道されていませんが、あの3.11の時。

先日朝のニュースで少し触れられていましたけど、
学校だったか、屋上に避難するよりも
屋上よりもまだ裏手の山道を登って屋上以上の高い場所に
避難していれば助かったんじゃないか?っていうのを各地の
学校教員集めた研修みたいなものやってました。

まあ、、結果論ですけどね。
あの緊急事態、多くの人が初めてと言っていいくらいの
災害だから何が正しくて何が悪いかなんて咄嗟に判断するのは
難しかったとは思います。

このトピの場合だと、私なら水害が起こるであろう災害時に
水没するようなその2か所の避難所には行かないです。
その土地に長年住まわれているなら、大体想定可能だと思います。
その第三の避難所についても川の位置だとか、標高、そのた斜面や崖など
大体見たら分かると思いますよ。

ユーザーID:8336926895
避難所は地区の住民全員収容は難しい
ミトリン
2019年9月13日 11:37

地域のハザードマップはありますか?
なければ役所に問い合わせてみたらどうでしょうか?

以前住んでいる地域のハザードマップをもらいました。
自分が住んでいるところの、地盤や高低差などが書いてありレベル分けがされていました。ちなみに我が家はレベル1で一番危険な地域だったのでショックを受けましたが。
で、あわせて避難場所である公民館も見に行きました。
そしたらとても狭かったのです。
とてもじゃないけど地区の住民全部は収容できないと。

個人的な意見ですが、
やはりそういう場所は子供やお年寄りや体の不自由な人を抱えた家族が優先されるべきだと思います。自分たち大人は避難場所として他のところを見つけるべきだと考えてます。
駅の方が土地が高いのでそこなら水没しないと考えて万が一はそこに避難しようと思ってます。

で、レベルが高いと逆に非難したら危険な場合があります。
そういう時は2階以上に避難するといいそうです。

避難時期は難しいですが、
過去の水害の記録とか災害の記録とか調べたらどうでしょうか?
これくらいの災害でこれくらいの被害が出たとか書いてあるのでそれを参考にしてみてはどうでしょうか?

ユーザーID:2394197707
 
現在位置は
です