家族・友人・人間関係

自分に優しく出来ないと、人にも優しく出来ない?

レス23
お気に入り24

かみなり

ひと

自分に優しく出来ない人は、人にも優しく出来ないって本当ですか?
周りの人に優しく出来る人は、自分に厳しかったりしませんか。逆に自分に優しい人は、人に厳しかったり。
最近、もっと優しい人間になりたいと思ったので、教えてください。

ユーザーID:9926507072

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数23

投稿する
  • 心の余裕

    他人にやさしくするためには時間や心の余裕が必要だと思います


    そうれないと他者を思いやる時間は取れないでしょう

    じゃぁその余裕がある状態というのはどう作るかという
    まず自分自身を労わる(優しくする)必要があるということではないでしょうか?

    優しい人、、というのは、自分や他人に甘い人とは違うと思いますよ

    >自分に優しい人は、人に厳しかったり。
    と書かれていますが、これは自分に優しい人ではなくて自分には甘い人では?

    ユーザーID:7899929905

  • 優しくする方法がわかんない

    んー、
    「自分の機嫌の取り方も分からん人間に他人の機嫌が取れるのか」
    とかねえ。
    「自分が嬉しいとか幸せだとかロクに感たことのない人間が他人を喜ばせたり幸せにしたりできるのか」
    とかねえ。
    そゆ話だと思うのよね。
    「自分の無い人間」が他人に働きかけて幸せにしちゃるのはなかなか至難のわざつうかね。

    相手が要求することに逆らわずにいいなりになる事なら、自分がない人にも可能なんだけど、それは「優しくする」のとは全然違うのよ。
    優しくするってのはもっと能動的な、こっちの意思でやることだからね。
    まあ、自分に「幸せ」の引き出しが多くないと他人に幸せは与えろない、つうことでよろ。

    ユーザーID:4223183797

  • 実体験から思うのは

    自分に厳しいのはきちんとしたいからであり、冷たいのとは違います。
    自分をかまう余裕がないなら、他人をかまう余裕はありません。
    自分をかまえるのは、ゆとりがあるからできること。
    ゆとりがあれば、自然と自分に優しくなれます。
    そうすると、他人に気を配れるようになります。
    他人に気を配る、つまり優しく接することが出来るのです。
    だって、自分のことでいっぱいいっぱいになって疲れはてたり、自分に投げやりになったり、自分に苦しんだりしないわけだから、他人に優しくなる余裕があります。
    自分が辛すぎても他人に優しくなれる人は、聖人君子的な考えを持つ人か、相当無理している人かでしょう。
    相当無理したら病みますよ。
    私は病みかけまして、無理するのはやめました。

    ユーザーID:9755301018

  • 法則性はあるのかな

    自分に厳しく人に厳しい人もいれば、自分に甘々で人に厳しい人もいます。
    法則性ってあるのかな……。

    他の方レスにあるように余裕がある人というのは頷けます。
    金銭、時間、心などが逼迫していると、他人に気を配るのは難しいです。
    優しい人間になりたいなら、「愛情」を持つこと向けることが必要ではないでしょうか?
    そうすれば自ずとなれると思いますよ。

    ユーザーID:6903639976

  • 区別が大事

    「優しい」っていう言葉は結構複雑なんだと思う。
    真の優しさもあれば見せかけの優しさもある。
    相手を思う純粋な優しさもあれば、意図や見返りを期待した優しさもある。

    真の優しさには責任や覚悟が必要だから、厳しさが伴うこともある。
    無責任だからこそ見せかけの優しい素振りもできてしまうわけで。

    相手を思う純粋な優しさは、自分にある程度余裕がないと無理。
    余裕というのは自分で自分を愛し労わる優しさによって培われるもの。
    自分に余裕がなく他人を利用して満たすのに精一杯だからこそ、
    自分のための意図や見返りを期待して優しくするという手段に出るわけで。

    前の方のレスにもあるように、優しいのと甘いのを区別できないとね。
    「真の」「純粋な」優しさは、自分に甘い人にはできないということだと思う。

    ユーザーID:3238137579

  • 言葉のチョイス

    優しさにはっきりした定義があるわけではない。

    仕事で考えると、自分に厳しい人を苦しさに耐える人とした場合は他人にも「同じ辛さ」を味合わせようとすることもあります。
    それが経験で成長できることだと信じてるから。

    しかし、仕事というのはこなせればいいわけです。
    で、あればムダな辛さを経験する必要はない。

    優柔不断な人は優しいと称されることもままありそうですが、それは他の人が批判覚悟で決断してくれるから。決断する人はワガママと言われることもままあります。

    優しく強く生きるためには他人のせいにしない。
    優しい人だと言われることを期待しない。
    大切なのは自分の心と対話すること。

    私は自分に優しく周囲に厳しいつもりですが、ときたま「優しいね」と言われます。

    ユーザーID:4114431544

  • 受け取り方

    人に期待するとまずいけない

    Aさんは厳しい、Bさんは優しい、という評価も

    Aさんのことが好きな人からすれば、Aさんは厳しいけど優しさがある、Bさんは単に甘やかすタイプ
    と言われるし
    Aさんのことが嫌いな人からすれば、Aさんはいつも意地悪だし、Bさんは優しくて好き
    となる

    己の行為に評価をするな 評価は人が勝手につけるもの

    人の行為に評価をするな 自分の価値判断を明確にすればそれでよろしい

    ユーザーID:3843509868

  • 基本は

    基本は、自分に厳しく、他人に甘く。

    他人に甘いということは、他人にやさしいように見えることがありますよ。

    ユーザーID:5729122787

  • 優しくしてもらった経験があるか

    まず親切にされた、優しくしてもらった経験が大事ではないですかね。
    優しいとはどういうことか身をもって知れば、時に自分を甘やかすこともできるし、人に親切にする勘どころもわかるようになります。

    「自分に厳しく人に優しく」というのは
    例えばすごくお腹が空いている時にわずかな食料を人に分け与え、自分は食べないか少しで我慢するといった事ですよね。
    でもそれも、無力な幼児期に食べ物を与えてもらった記憶があるからできるんだと思うんですよ。

    学校でいじめられても、仲良くしてくれる友達が一人でもいたら嬉しい。
    お金に困って途方にくれている時にご飯をおごってくれた人は忘れない。
    そんなものじゃないですか。

    嬉しかったり有難かったりしたら、今度は人にしてあげたいと思う。そのためにはもっとしっかりしよう。(=自分に厳しくなろう)

    そういう仕組みになってるんだと思います。

    ユーザーID:5295831722

  • ???

    >自分に優しく出来ない人は、人にも優しく出来ないって本当ですか?

    そんなこと聞いたことありませんけど、誰が言っているのですか?
    むしろ自分に甘く他人に厳しい人はいっぱいいますよ。
    もしくは自分に厳しいが、他人にも同じようなレベルを要求する(厳しい)人とか。
    自分に優しく他人にも優しいって、よくわからない表現だけど、単に優柔不断なだけとも思えるし。
    いったい誰に言われたのですか?

    ユーザーID:6927127729

  • 因果関係ありますか

    >もっと優しい人間になりたいと思ったので、教えてください。

    もっと優しい人間になりたい、って思ったなら、人に優しくなる事をまず考えたら良いのでは?
    どんな言葉が優しく感じられるか、とか、人が必要としてる事は何か、とか。
    人に優しくしたい人が、まず自分に優しくする事を考えるって、何の因果関係があるのですか?

    ユーザーID:7870718743

  • 自分の気持ちひとつですよね。

    自分に厳しかろうが甘かろうが、他人に優しくすることは本人の心がけ次第で出来ると思いますが。自分の心に余裕があることが一番だと思います。

    人に優しくも、その人のために甘やかすばかりじゃなく敢えて厳しく接する時がある場合も優しさの1つだったりするし、表面的にだけ優しい場合もあったりするし、「優しい」って難しいかも。

    ユーザーID:5467221779

  • いろいろじゃないですか

    そういう人もいるでしょうね。
    自分が幸せで満足している人の方が
    他人にも寛容になれるってことはありそうです。
    自分に満足している=自分自身を認めている、自分に優しい
    という風に考えれば
    そういうことは多いのかもしれません。

    でも絶対そうにきまってるわけじゃない
    人はいろいろですよ。
    当たり前ですけど。

    ユーザーID:9744196130

  • 本当だと思います

    貴女にいくばくかの金銭を無心した人がいたとします。

    でも例えそれが僅かな金額であっても 貴女が現金を持っていなかったり、又施しの優しい気持ちも持っていなければ あげられないような それと同じです。

    貴女が貴女自身にも優しく愛おしいという気持ちを持っていなければ 人にもそれをしてあげられないのです。

    持っていないものはあげられないのです。

    貴女も人から受けたこともあるでしょう。又 色んな所で目にするチヤンスは有る筈です。
    ”この人なんて優しいんだろう” と思える状況。

    自分はこの世で一番大切な人なんだと思い、自分に優しく、めいっぱい愛おしんであげてください。そうすれば 他人に対しても自然とそうして接したい気持ちが芽生えてきます。

    ユーザーID:7886573119

  • 「自分を愛するようにしか、人を愛せない」

    この言葉に置き換えると分かりやすいのではないでしょうか。

    ユーザーID:2490670025

  • 「自分に優しい」の定義

    自分に優しい、とは
    自分に甘い、ということではなく、

    「自分が何を感じているか」
    を常に意識出来る人のことを言うと思います。

    これが出来ずに、本当の意味で「人に優しく」することは不可能です。

    ユーザーID:8687273819

  • この言葉のようであるといいけど、、

    この句が表すところの真意を、先の方が説明されていて、興味深く読みました。

    わたしの感想は、いづれも、そうであればいいけど、現実の人間はこの方程式とは違うように思います。
    よって、この説は成り立たないと考えます。

    一例をあげると、自分には優しくできなくても、他人に優しくできる人は、案外多いです。
    人は、自分でした苦い経験、痛い経験を、他の人にはさせたくないと思うと、人に対しての優しさが出てきます。
    でも、自分自身が経験した嫌な経験を心の深くで治癒できたわけではありません。そのことに対しては、長い間、苦しみ、憎しみ、恨み、嫌悪から解放されません。
    癒すことが優しさからだとすれば、自分に優しくないのです。
    それでも、人には優しくなれます。

    他の例では、自分が人にひどい事をしてしまって、ある時いたたまれなくなって反省したら、その人に謝ったり、その人とはもう縁がなくとも、そういう事を繰り返さない人間になります。
    人を思いやることができる、優しい人間に成長します。
    でも、それは、後悔に至るほど、自己嫌悪や自分に厳しく向かい合ってであって、自分に優しくすることとは、余り関係ありません。

    人生経験から、そう思いますが・・・。

    この句、大昔に流行った米国の探偵ものセリフか何かをもじって、優しさについてコピー決めようと思った人が作ったんじゃないかしらね〜♪

    ユーザーID:7885729824

  • どういう文脈で?

    誰がいった言葉なのでしょうか?
    その真意がよくわかりません。

    こじつけて解釈するならば、

    心とか、身体とか、生活とか、人生とか、つまり自分自身を適当に雑に扱って生きてる人がいたとします。
    自分の価値を下げるような行動をやって、なんだかボロボロになりながらも、なぜこんなに傷つくのか理解してない人。
    よくいう、自分を大事にできない人。

    そういう人は、他人にとってそれらがどれだけ大事であるかも想像できないよね。
    自分のと同じように、雑にぞんざいに扱って傷つけるだろうね。


    すなわち、自分に優しく出来ないと、人にも優しく出来ない。

    ユーザーID:8110920780

  • 大事にする

    私が聞いたのは、「自分を大事にできない人は他人を大事にすることができない」です。似てますね。

    私も、優しい=甘え、ではないと思いますし、精神的肉体的余裕が大事だと思います。

    さらにいうと、自己肯定感の強い人、満たされている人は、他人を攻撃することは少ないように思います。

    ユーザーID:1777798050

  • 優しさのイメージ

    まず主さんの目指す「優しい人間」ですが単に優しければそれでいいのか
    相手に都合よく言うことを聞くだけか
    時に厳しくても相手の為になることを考えるのか
    一言で優しいといっても色んなイメージがあります。

    例えば、優しい=相手を傷付けないなら
    どういった言葉や表現が傷付ける可能性があるのか
    会話の経験を積むといいでしょう。

    優しい=相手を思いやるなら
    自分がして貰って嬉しいこと、助かることを積極的に行うといいでしょう。

    優しい=自分を差し置いても他人を優先するなら自分の体力などが目減りして疲れてしまうことも。
    自分が疲れ切っていると他人の為に動けなくなります。
    他人を助けたいなら、最低限自分に余力を残さないと。
    自己犠牲は美談になりがちですが家族が悲しむなら不幸。

    穏やか、気が利く、他人の為に動ける、思いやりに溢れるなど優しさのイメージは多岐に渡ります。
    その時、その場面で自分がどのように動けるか
    日々の中で自分に出来ることを出来る範囲で行うことが優しい人間に繋がっていくのでは。

    他人からの評価というよりも
    自分が納得して行動できるかどうかがカギだと思います。
    人から見たら厳しく見えても実は優しさって多いですよね。
    それは自分に対しても同じことです。

    私の考える「自分に優しい人」とは自分と他人の垣根が低く、共感力に優れている感じ。
    他人のことも自分に置き換えて感じ、行動できるような。
    そして、まず自分に優しくすることでエネルギーを蓄え
    他人の為にも惜しみなくエネルギーを使えるということかな。

    「優しい人」と「いい人」って似ているようで違いますよね。
    「誰にでも優しい人」はかなり印象が変わります。
    ギブ&テイクで考えると辛くなるけどギブ&ギブで考えると楽になる。
    無理はしないのが一番って思うけど、これは自分に甘いのかな…

    ユーザーID:5248440559

  • 強さ

    自分に対して強さがないと、人には優しくできない。

    と私は感じています。
    人に優しくできる人は常に自分を冷静に捉えられ、
    感情的には動かず理性的な人だと思います。

    優しさと簡単に言っても、
    その基準も人それぞれで難しいと思います。
    全ての優しさが必ずしも相手を傷つけないとは限らないから。
    時には相手に対して厳しく接することも優しさになる。

    ユーザーID:8842523616

  • できない自分を受け入れる優しさ

    自分にはダメなところはある
    それはもう仕方がない。それが私の精一杯。
    あなたにもダメなところはある
    それはもう仕方ない。それがあなたの精一杯。

    そういうことかと。
    これは、自分は決して完璧ではない、と厳しく自分と向き合っている、ということですよね。

    ユーザーID:8616027620

  • 簡単にいうと

    例えば、ニュースなどでみる犯罪事件、他人をひどい目に合わせている人(犯人)で、自分を大事にしていそうな人はいないと分かると思います。
    自分を大事にできないと、他人を大事にすることは出来ません。

    優しさというのも難しいもんで、それが単なる自己満足や本人の不安から来る過干渉だったりもします。

    自分の良いところだけでなく、だめなたところを含め全てありのままに認める能力のあるひとは自分を大事にしている人、自尊心の高い人。
    他人の事も尊重できる強さと余裕があります。

    自分に厳しいのはいっけん立派ですが、しかし、その厳しさが、だめな自分を認めることが出来ないという事なら、他人のだめなたところを認める力もないです。
    だめなところを認めつつ、次どうするかと建設的に考えられる人はなかなかいません。

    ユーザーID:3021167608

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧