家族・友人・人間関係

夫にお金がかかる

レス93
お気に入り192

しらたま

ひと

私の家族について↓
夫、会社員、30代。
私、会社員、20代後半。
娘 0歳。
夫婦でお財布は一緒でお小遣い制です。

夫は、借金もなければ、お酒やタバコもしない。趣味のテニスを嗜む程度。家事や育児にも積極的な優しい夫です。

しかーし、毎月夫に固定費がかかりすぎています!泣

ルーティーンな生活を好む夫、生活に必要なものが多すぎるのです。365日必要なものが固定なのです。

挙げだすとキリがないですが、挙げてみます。

・朝食用のココアの粉
・牛乳は切らさず置いておくこと。1日1リットルのペースでなくなります。
・常飲用のルイボスティー
・夕食後のアールグレイティー
・朝食用の乳酸菌飲料
・常飲用のソーダ水
・朝食用のコーンフレーク
・卵も切らさずに置いておくこと。週に20個無くなります。
・夕食後のデザート
・朝食用のウインナー
・スムージー用の野菜と果物
・入浴剤
・四種類のサプリメント

ひとつひとつをみると安価なものばかりですが、毎日これを維持しなくてはならないのは、経済的かなりの負担ですし、例えば夕食後のデザートもたまに食べるから有り難いものであって、夕食後に毎日毎日アールグレイティーを淹れてデザートを用意するという一連の動作も飽きてきたし億劫になってきました。

本当は、これ必要?あれ必要?と聞きながら買い物をしたいのですが、頑張って働いているんだし、ちょっとことでチクチクいうのもかわいそうかな?とも思ってしまいます。一時期言っていた時期がありましたが、夫は言い過ぎると萎縮するところがあるため、いう側もかなり心がけて痛みました。
食雑費は、○万円以内に収めたいと思っているんだ、という話は常々しています。

主婦の皆さん、我が家のこの消費生活、どう思いますか?

ユーザーID:9308849714

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数93

投稿する
  • 旦那さんのストレス解消アイテムなんだろうけど

    総カロリーが凄そう。
    お金のことよりも将来の健康的に心配になりますね。
    毎日のスィーツに牛乳一パック消費なんて。
    果糖も問題です。卵黄の摂りすぎも良くないです。
    全体的に糖質が多いですよね。
    成長期の男子じゃあるまいし、そのうち全部皮下脂肪になりそうですね。
    男性にお金のことを言うと気を悪くするようなので
    健康面の心配からと、夕食後のスィーツの頻度を減らそうよと
    まずは持ちかけてみてはどうでしょうか?

    ユーザーID:7227729756

  • 卵一人で週20か?

    卵一人で週20だったらそりゃ食べ過ぎじゃないかと思うがな。健康面で引っかかるな。

    他は「お金」の面ではまあ私は気にしない。
    デザートつか果物は毎日食べるのが「正解」だと思ってるし(夜より朝の方がいいらしいけどな)。実際はそうそうできんけど。

    ただし、その用意は自分でやれや、だな。
    トピ主も働いてんだからトピ主にさせることないじゃん。
    まあ買い物ついでに気がついたのを(安売りとかでな)補充することは全くやぶさかでは無いが、基本的にそういうもんの在庫管理は使う本人がやるべきだ。
    まあ果物は私も子供も食べるから私も準備するけどな。

    ユーザーID:6809330473

  • わかりますよ〜

    うちは50代半ば夫婦ですが、旦那にもそういう所があります。

    ですから、うちではそういう本人が必要だというものはそれぞれのお小遣いから出すーという決まりがあります。

    ちなみにトピ主さん家であれば・・・

    ココア、アールグレイ、ルイボスティー、常飲用ソーダー水、乳酸菌飲料、夕食後デザート(週の半分はだしてもらえばいいのでは?)入浴剤、サプリメントは自分で出せるかと。

    お子さんもいらっしゃるし、2人目も考えていらっしゃるようなら子供のこれからの教育資金及び住宅資金(家を買うと考えて居るなら)そしてお二人の老後資金、これらの為に上記の購入費はお小遣いからだしてほしい旨を話されては?男性は数字をきっちり見せれば納得感が高くなるかと。

    お小遣いをいくらずつと配分されているのかはわかりませんが、上記購入のために月3000円プラスするから自分で遣り繰りして〜と言えませんかね。その代わりご自分にかかる費用も全てお小遣いから出す事です。でないとイーブン、フェアじゃないですから。

    貯金をする為には、収入をあげるか節約するかしか方法はない訳です。そしてまだお二人とも若い。ということはこれからドンドンそういう『これは絶対必要』みたいな嗜好品が増える可能性もあるわけです。サプリメントなんて年を取れば取るほど増えますよ、しかも安くない!

    今から自分が必要なものは自分のお小遣いからーを徹底しておかないとお金なんていつまでたっても貯まりませんから。

    ユーザーID:0510787980

  • 手取り給料の何パーセントを占めているのか?

    挙げだすとキリがない・・?

    じゃあ、その固定費は一カ月にいくらかかってるんですか?

    >食雑費は、○万円以内に収めたいと思っているんだ

    っていう言い方されてもどの程度経済的に負担になってるかピンとこないかも。
    やはりここは分かりやすく数字ですよ。

    ユーザーID:1097715586

  • エンゲル係数の数字で説得 

    ところで、年収は?
    もし高収入なら食費が高くたって良いですよね?

    うーん、委縮して話にならないって、もっと夫婦とも父と母になって強くなりましょう!

    いやー、お子さん未だ赤ちゃんなのに、パパが生活習慣病になっちゃう!
    お子さんのために、パパには健康で長生きして欲しい、とお願いして
    まずはデザートからやめてみては?
    一番の癒しなら、小さいのを一つだけ。

    ルーチン
    ・朝食:牛乳はシリアルかスムージーのどちらか。
    毎朝150ml×7日=1週間に1L1本に収める。

    お勤め品の熟れた半額の果物を買う。
    咀嚼は大切、果物と野菜はフルーツヨーグルトとサラダなどに代える。
    乳酸菌飲料は糖分取り過ぎ。やめる。

    ・昼食:卵やウインナーは昼の弁当に回す
    弁当1食に卵2個使っても、1週間に10個1パック120円で済みます。
    安い挽肉で「手作り皮なしウインナー」(まとめ作りで冷凍)もいいですよ。

    ・夕食は家族3人の健康に良い家庭料理を。
    ・夜のデザート:スイーツはやめましょう。
    麦茶と朝の果物を少し夜のデザートに回す

    ・サプリは安く買う。
    そもそも、野菜たっぷりで海の幸、山の幸、とバランスよく食べていればそんなにいらない。


    家計簿見せて、改善策を伝える。
    (例)水分のルイボスティーとアールグレイティーとソーダ水は
    麦茶を夫が水道水から煮出すことと変更でかなりの節約になります。

    重曹大匙1杯10gを1回分の入浴剤とすれば、ひと月30回で300g=100円(同じく東京での重曹の底値)


    もう健康面でも経済面でも独身の頃とは違う、と金額や炭水化物糖質や脂肪の摂取量といった数字を見せて説得しましょう。

    ユーザーID:0250710286

  • 栄養の偏りが心配です

    甘い物系のデザートは、糖質が多いです。週に一度に抑えましょう。
    果物は毎日摂って良い物だけど、量はセーブします。

    ハムやウインナーの中には、添加物が多い物が有ります。卵料理や魚料理に置き変えて、出す頻度を減らしましょう。(但し魚の切り身の料理は塩分が多い場合が有るので、それはそれで気を付けて)
    牛乳は、1日に200ml(コップ1杯)程度。ヨーグルトやチーズを食べるときは、牛乳の量を半分に。または、牛乳を低脂肪牛乳にするなど調整する。でないと、コレステロールが高くなってしまいます。

    上記は、私が栄養士さんから言われたことです。

    入浴剤は、手作りしたらどうですか?簡単だし楽しいし、安くできます。

    サプリは、偏った栄養の過剰摂取にならないか、近所の保健所の栄養士さんに相談すると良いです。
    (予約を取って、一週間の献立を持って相談に行くと丁寧に教えて貰えます。献立は材料のおおよそのグラム、調味料の量も書きます)

    このまま偏った食品を摂り続けると、どのような病気になる可能性が高いか聞きます。
    保健所に栄養摂取量の図とか資料が置いてあるので、それらも貰ってきます。

    その結果を持って、ご主人に栄養の偏りと、将来病気になるリスクについて説明します。
    子供が偏食になるリスクについても、話し合います。

    あと、目標の貯蓄額についても説明し、家計簿を見直して「何処を削れるか」会議します。
    経費が削れないなら、引っ越しして家賃を抑えるなど、思い切った改革が必要です。よく話し合いしましょう。

    ユーザーID:3489103679

  • カロリー、手間、お金

     体質にもよりますが、軽いテニス程度では、30歳代の後半になると、カロリー多すぎです。
    さらにお金もサプリがありますから、月に1〜2万です。
    なにより様々な手間がかかります。紅茶など自分だけのことは自分で作ってもらいましょう。

    ユーザーID:4835600207

  • むしろ楽

    わたしの夫もそういうルーティーンを好む人です。
    結婚して約20年ですが、気に入ったものは基本的にずーっと続けたいようです。
    (そうはいっても、たまに入れ替わりますが。私が代替品を提案して入手しやすいものに変えたこともあります)

    定期購買などで安く購入し、常に切らさないようにしていれば機嫌がいいし、ほかに贅沢品をほしがることもありません。
    毎日お酒とおつまみを要求されることもなければ、毎晩のように飲み会に行ってしまうということもありません。
    逆に定番品がないと、調子が狂うようです。本人にとっては大切な儀式なのでしょうね。

    妻としては楽ですよ。
    食品も日用品も、夫が気に入っているものを家族で共有し、子供は喜んでいます。
    家計を破綻させるほどのことでもありませんし、気分よく過ごしてもらえるなら正当化できる出費だと思います。

    ただ、小さいお子さんがいらっしゃるのに毎日毎日アールグレイティーとデザート、という流れが嫌になるのもわかります。
    健康のためデザートはごく少量にし、紅茶はご主人に淹れてもらってはいかがですか?
    これからお子さんを育てていくお二人にとって毎日の素敵な定例会議の場になると思います。

    ユーザーID:1791721387

  • そんな嗜好品まで?!

    稼いでいるときって【経費】がかかります。

    ストレスの蓄積をリセットするためには、金銭で解決するのが手っ取り早いんです。

    夫さんの場合はドーンとした出費ではないけれど、トータルしたらもう同じです。
    それにトピ主さまの手間を加算すると膨大じゃないですか。

    そこ、難しいですよね。
    締め付けるわけにもいかないし。

    趣味と実益を兼ねたものなら、金銭的負担は軽減されるんですけどね。

    デザート作りを趣味にさせるとか!
    原材料から作ったら原価で済みますし、美味しくできたら嬉しいし。
    アールグレイは自分でこだわってじっくり淹れた方が美味しいと思うんだけど。

    そんな嗜好品にまで配偶者を巻き込むのは、行き過ぎとしか思えません。

    なのに萎縮しやすいなんて、それらを当たり前のように妻にさせている人と同一人物とは思えません。

    それはこっちがストレス溜りますわ。

    普通、どっちかですよ。
    萎縮しやすいなら、そんな嗜好ゾーンは申し訳なさそうにお願いするか自分でやる。
    そんな事までナチュラルに妻にやらせるなら、ちょっと注意されたくらいで萎縮しない!

    私なら言ってしまいますね。
    そんなの自分で用意したら?厚かましいなあ!って。

    ユーザーID:8260290245

  • 何が困るの?

    結局トピ主さんの不満が具体的じゃないから通じないんだと思います。

    「食費が月に3万円なのに、あなたのおやつだけで1万円かかってます。」
    って家計簿を見せれば済む話ですよね?なぜそれができないのでしょう?

    そして、そこの金額を減らしたとして、何を増やしたいか?です。

    あと必要かどうかは見ればわかりますよね?全部消費しているのであればご主人にとっては必要なんでしょう。
    その時の気分で、選ぶ紅茶や入浴剤が変わって前の分を捨てる羽目になるなら無駄でしょうが、365日変わらないならそういう問題もないでしょうし。

    ユーザーID:1065609820

  • お金のことよりも

    そのような変化のない毎日で人生つまらないのではと心配してしまいます。

    たとえば海外旅行でも街歩きでも多種多様な食文化があることに気づき、それに感化されて色々とスタイルを変えてみるのは人生の一つの楽しみです。

    また、一事が万事、食べることばかりでなく生活のあらゆるシーンで新しいものにチャレンジする姿勢は大切でしょう。

    一緒に暮らしていて楽しいですか。

    ユーザーID:6391792219

  • そんなに大変?

    ココアの粉をコーヒー豆に、ソーダ水を炭酸水に変えたら…
    我が家にも常にある物ばかり。
    夫婦二人ですが、卵は冷蔵庫に2パック入ってるし、
    毎日野菜や果物はたくさん食べるので野菜室はいっぱいです。
    牛乳の消費量はそんなに無いけど、わかっているなら前もって買っておけばいいだけでしょ?
    毎朝純和朝食を要求されることに比べたら最高に楽だと思うんだけどな。
    お味噌汁作って卵焼き塩シャケ焼いて炊きたてご飯とお漬物用意してと言われるより
    勝手にコーンフレークに牛乳かけて食べてもらえる方が、私は有難いです。
    しかもどれも保存がきくものばっかり。
    毎週宅配で頼んでおいたら?

    ユーザーID:2392525985

  • 許してほしいな

    私にもご主人と似たような固定費必要です
    冬はココアに甘酒、夏は黒酢ドリンクだし
    サプリに牛乳、卵、おやつなど
    無いと困るものばかり
    家族にそれらを禁止されるのは嫌だな・・・

    ユーザーID:2858378228

  • そうかな?

    タマゴや牛乳を切らさないって、普通の事だと思うし、ウインナーとか
    ルイボスティーとかも別におかしいと思わないです(我が家には常に
    入ってますし)シリアルやらフルーツも同じく。

    お酒やタバコやギャンブルが習慣になってる人だって、世の中たっくさん
    いるのに、それくらいいいんじゃないかと思いましたよ。
    そんなにお金かかってる印象はありません、私には。普通だと思います。

    ユーザーID:5114723154

  • うちの家みたい...

    母と息子がそうです。


    牛乳の銘柄まで決まっている
    朝食にはお気に入りのヨーグルトとチーズ
    食パンも安売りは食べない、毎朝焼き立てを買いに行く
    銘柄の決まったコーヒーも常備
    午前と午後のおやつに洋菓子、和菓子、おせんべいは買い揃えておく
    お茶は玄米茶とほうじ茶と抹茶入り玉露
    ジュースは野菜ジュースかフルーツジュース
    お酒も梅酒、缶チューハイ、日本酒は切らさない
    梅干しとお漬物(これも和歌山と京都のという指定がある)
    入浴剤全国から取り寄せ
    サプリや健康食品も三種類は飲んでます

    息子
    ヨーグルトドリンク、サイダー二種類常備
    おやつ用のシリアル二種類
    お刺身は必須
    和牛しか食べない
    燻製品が好きで生ハムやスモークサーモンは切らさない
    母と同じく京都のお漬物何種類か常備
    朝食用に各地から取り寄せた佃煮がいる
    毎日の果物2、3種類...
    ついでにお米の銘柄もうるさいです...

    私も紅茶が好きで、季節のスイーツにあわせた季節の紅茶を買います。
    また、全国から銘菓や有名ショコラティエのチョコを取り寄せて常備してます...

    ご主人はご実家でこういう食生活だったのでは?
    普通の食費以外にこういう嗜好品?贅沢品?がすごいので、食費はいくらかかってるかわかりません...
    でも、毎日ストレスたまらなくて楽しいです。
    ご主人もお金そんなに使わないのは普段が満ち足りてるからかも?

    もし、どうしても食費削りたい!と言うなら、二人で何か目標を決めて、何年までにこれだけの貯金頑張ろう!って具体的に話し合いをしてみればいかがですか?

    ユーザーID:1428966875

  • サプリメントの前に

    ご主人様、どのような体格ですか?
    筋肉質で大柄?それとも太り気味?

    >牛乳は切らさず置いておくこと。1日1リットルのペースでなくなります。

    牛乳は1日コップ一杯200ccまで。成長期でもないのに、
    水みたいに飲んではダメです。

    >卵も切らさずに置いておくこと。週に20個無くなります。

    卵は1日1個以上食べると、高コロステロールになります。

    まずは、牛乳と卵の摂取量を普通にしてもいらましょう。
    ほおっておくと、成人病になっちゃいますよ!
    それから、
    30代からサプリメントに頼るって、早くないでしょうか。

    ユーザーID:9663266731

  • なんかダメなの?

    夕食後のデザートはともかく、朝食用のシリアルとかココアとか
    そんなのまで「お金がかかる」の対象になるんだ!とびっくりしてます。
    トピ主さんは嗜好品は一切たしなまない方なんでしょうか。

    私なら、朝はシリアルとココアにウィンナー出しとけばいいなら簡単でいいと思うけどなぁ。
    スムージー以外はウチでは普通にあるものばかりなのでちょっとびっくりしました。

    あ、夕食後のデザートと紅茶は自分でやってもらいましょう。
    紅茶は自分で入れて、
    デザートは帰りにコンビニで買ってくればOKですよね。
    その分おこづかいに3000円位上乗せしてあげましょう。

    ユーザーID:8751440282

  • 食費にはしてません

    私もご主人のように定期的に消費するものへの出費が必要です。
    純ココア、緑茶、コーヒー、DHCのサプリメント数種、プロテイン
    全部合わせると、月1万5千円くらい使ってると思います。
    我が家はお小遣い制でないので、個人の財布から出してます。
    もしトピ主さんのお家が、お小遣い制で3万とかなら食費に入れたくなるのはわかるし、お小遣いが5万くらいあるなら自分で買わせるのがいいと思います。

    ユーザーID:0576006768

  • 家計簿を二人でチェック

    共働きで、主にとぴ主さんが家計管理されているってことですよね?
    買い物や炊事もトピ主さん担当なのですね?

    まず家計簿を細かくつけてみましょう。

    サプリメント、夕食後のデザート、乳酸飲料やココアの素、お茶関係など、御主人しか飲まないものなら、自分で管理して自分で購入してもらったら?
    どのくらいの経費が掛かっているのかわかるでしょう?
    卵や牛乳、ウィンナー、シリアルなどは、我が家では常備しています。
    量はそこまでではないですが・・・

    収入と食費の割合(エンゲル係数)、内嗜好品はどのくらいかかっているのかを、御主人にも把握してもらったらどうでしょうか?

    ただ単に

    >食雑費は、○万円以内に収めたいと思っているんだ、という話は常々しています。

    ではなく、もう少し具体的な数字で示したらどうでしょうか?
    で、それによっては家計の見直し(食費の〇円や小遣い)も必要になってくるかもしれないです。
    サプリは小遣いの中からとか、デザートは小遣いの中からとか・・・

    それと、御主人の体型や健康はどうですか?
    カロリーやコレステロールなど過多になって居なければ良いのですが。

    ユーザーID:9379693298

  • 健康に気を使っているんですね

    一部らしいけど

    全体的に量が多すぎますね
    これから肥満が気になります

    辛いところですが、食品に関してはあまり節約はしないほうがいいでしょう

    ただ、
    夕食後のデザートは頻度を減らす
    牛乳卵は量を減らす

    これは必須かなと思います
    ここまで量を多くとるのはなんなのでしょうか?
    デザートというくらいなら、低糖質というわけでもなさそう

    単にたくさん食べたいだけなら、野菜スープやみそ汁でも作りましょう

    乳酸菌飲料はヨーグルトなら手作りをする

    ソーダ水は糖質が気になるので炭酸水
    こちらも自宅で作れば節約かつ健康的

    コーンフレークは一食の量を適切にすること
    (それならば、負担に感じるほどじゃないはず、食べすぎでしょうか?)

    朝食なら、ご飯やパンに置き換えること

    ルイボスティー、たまに麦茶やほうじ茶にする
    通販やコストコなら、安いのでまとめ買いにする

    四種類のサプリメントはお小遣いから出してもらいましょう

    私も入浴剤はやめられないです
    と言っても市販の物なので月に1000円もしないはず

    高級なものなら、こちらも小遣いから

    あと、入浴剤は
    重曹とかマグネシウムとかクエン酸などで作れます


    経済的かなりの負担になっているならば、どこかで妥協しないといけません
    収入に対してオーバーして、どうしても聞いてもらえないなら

    わざと切らした日を作ります(実力行使)

    ユーザーID:4789891460

  • すべてが嗜好食品とは言えぬ

    挙げられた品目について、相当な部分が一般的な食事や飲み物の代替物だと思います。通常の食事に加えて、というのならおやつ的要素がありますが、今回のものの大部分は食事などの生活費だと思います。
    別にこのような仕分け方法はアリだと思いますが、一般的にママ友ランチや化粧品、妻の携帯電話代や妻実家への贈り物などはすべて生活費で賄われている場合、夫からどのような指摘が適切なのでしょうか。
    この内容で責めた場合、受けるべきカウンターの方が大きくなると思いました。

    ユーザーID:2197174600

  • 何がいけないのかわからない

    トピ主さんが不満に感じ始めてしまったので、どんどんいろんなことが嫌になってきてしまったのでしょうけど、第三者の私から見て、何も悪くないように思います。
     
    でも
    「お茶を用意する」などの、その時の相手に合わせて行動しなければならないのは、自分が他にやらなければいけないことがあった時にはイラッとしてしまいそうなので、すべてカウンターのトレイの上に乗せて置いてあとは自分でやってもらう、など工夫が必要かもしれませんね。
     
    ただ、トピ主さんの負担に感じていると記述してある「金銭面」に関しては、「趣味にかかるお金」と考えれば、それでいいような気もします。
    だって、お酒もタバコもしないんですよね。
     
    「よりおいしいもの」を追求するとお金かかってしまいそうなので、
    少しずつレベルを落として安く抑えるようにするとか、
    極力まとめ買いするとか、うまくやるしかないかしら。
    ちょっと面倒そうですけどね。

    「槍玉に挙げやすい不満の矛先」がその旦那さんのルーティンなのだとは思いますが、突飛な思いつきであれやこれや新しいことに手を出すよりも、理解してコントロールしやすいので、むしろありがたい習性ではないでしょうか。

    ユーザーID:1892599415

  • 特に気にならないけど・・・

    あれ?と思ったのが
    朝食用の物が多いなと言うことくらいですね。

    ココア、乳酸菌、コーンフレーク、ウインナー
    多分スムージーも牛乳も朝取りますよね?
    朝たくさん食べるのはいいことなんでしょうけど
    もしスムージーも朝なら過多になってませんか?

    一つ一つは本当に大したものじゃないし用意するのも
    そんなに大変ではないと思います。
    もちろん銘柄は指定しない、量販店で業務用の物で良しとの条件なら。

    紅茶の用意が面倒ならご主人が自分でするように
    お願いしてみてはどうですか?
    それを拒否されたらお茶パックなどに一回分ずつ入れて
    ティーバッグを自分で作りおきしたらどうでしょう?

    私ならこんな旦那さん楽チンでいいですけどね。
    今日はあれが良かった、この間のあれと同じじゃないの?
    など毎回言われる方が苦痛です、自分でやれよって気になります。

    決まったものを用意するだけなのに何が嫌なのか
    私にはわかりませんが、その中に楽しみを見つけてみてはいかがですか?

    紅茶も利き紅茶をするとか、入浴剤も手作りをするとか
    結構面白いと思いますよ。

    お子さんが小さいからイライラするのもわかります。
    でも逆に「それだけ」用意すればあとは大丈夫なんですから
    もっと肩の力を抜いてみてはいかがですか?

    ユーザーID:3521593941

  • エッ!! そんなシンプルな事がなぜコントロールできない?

    食雑費を○万円以内すると目標をきめたらなら、具体的に何をどうするか決めて実行しない事には、実現できません。

    まずは現状の各食料・飲料をエクセルのマスに下記だし、一日当たり計でいくらかかってるか把握しましょう。これをいくらに抑えたいのか決めて、その予算枠に入るようアイテムの優先順位をつければいいのではありませんか! 1日当たり2000円ならば月6万、3000円ならば月9万、かかりますが、トピ主さん宅はいくらにしたいのでしょうか?

    ・朝食用のココアの粉 100円/日
    ・牛乳 1日1リットル 200円/日
    ・常飲用のルイボスティー 100円/日
    ・夕食後のアールグレイティー 100円/日
    ・朝食用の乳酸菌飲料 100円/日
     
    ----------------------------------------
    一日当たりの食雑費 計  ○○円

    とても簡単な作業かと思いますが、枠におさまっているなら、そのままでもよいし、予算オーバーであれば、どれを選択するかは、夫にしてもらえば良いだけです。自分の好きな食べ物や飲み物を好きな量だけ消費して良いとするなら、家計費のコントロールなど絶対に出来ません。

    予算枠という数字を相手にするだけにし、感情的にならない方がよいです。子供をスーパーに連れて行ったとき、あれもこれをすべて買って欲しいとなるのを防ぐため、○○円だけ渡しその中であれば自分の好きなものを買って良いよ! と言うのと同じ感覚です。

    ユーザーID:8626984803

  • カロリー過多では

    整頓しますと


    ココア
    牛乳
    シリアル
    乳酸菌飲料
    ウィンナー



    アールグレイティー
    デザート
    晩ごはん


    そのほか
    ルイボスティー
    ソーダ水
    スムージー
    サプリメント

    となりますが、朝はカロリーというか、糖質が多すぎませんか。
    私も乳酸菌飲料はやめて、サプリでとればいいと思います。卵の摂取は多すぎです。今は週に5つくらいまでが一番健康と言われているはずです。

    ルイボスティー、ソーダ水、スムージーはいつ飲むのですか?

    こうして整頓してみますと全てを毎日消費しているものではないように見えますが、違うのでしょうか。

    これ全部そろえたら一か月いくらぐらい消費しているのですか?
    また一日の総カロリーはどのくらいになりますか?

    そういった数字から話を詰めていくと良いかと思います。

    あとは、旦那さんがすごく年収が高ければそれでまかなえるので、あれこれ言う必要もないかと思います。収入があまり多くないなら分不相応なところもあるかもしれませんが、判断できません。

    ユーザーID:8469275116

  • ビールとスナック菓子よりマシ

    旦那さん優雅な食生活ですね
    何だか英国貴族風?と思ってしまいました

    ウチの夫なんて、ビールとスナック菓子が大好きです
    お金より健康面が心配です・・・・
    でもお茶を入れるような手間はかからないですが

    健康に悪いものじゃないので、いいんじゃないですか?

    ユーザーID:7582731787

  • 趣味嗜好品

    固定費って何事かと思いましたが
    夫の好きなもの、趣味嗜好品を用意しておくのが面倒なんですね。

    まぁ乳幼児がいて
    夫にまで手が回らないって感じでしょうか。
    でも、そのお金稼いでるのは夫なんでしょ?

    解決策としては、週末にお出掛けがてら一緒に書いだしに行って
    夫関係のモノはまとめて買っておく、
    書い忘れたら次の週末までガマンする、
    赤ちゃん優先、大人は後回しを徹底する、かなぁ。

    それか重たいものは通販でもいいし。
    牛乳も宅配など頼んでもいいのでは。
    ソーダ水も作れるサーバーもあるし。

    食費とは分けて
    夫の嗜好品に◯◯円!ってすればスッキリするんじゃない。

    男の人は定番のモノがあれば安心するのかと思いますが
    デザートも、別に毎日買えなくても
    同じものを続けて出しても文句無いのでは。
    欲しかったら自分で選んで買えばいいんだし。
    なくても子供じゃないんだから泣き叫ばないよね?

    お酒もタバコもしないなら
    それだけで充分良い夫だと思いますよ。
    しかも家事育児に積極的なのに
    こんな文句言われてかわいそう。

    卵も牛乳も…主さん達は一切使わないの?
    夫の固定費って訳じゃなくて
    自分も一緒に楽しんだり他のものを試したり
    家族にとって必需品って考えられたら
    もっと気持ちも楽になるのではありませんか。

    例えば、うちの夫はアイスが大好きで
    冷凍庫に用意しておくと喜びます。
    ただ、夏場は買って持って帰るのも手間だな〜と思い
    試しにカキ氷メーカーを購入したらご機嫌で氷を削ってます。
    夫の操縦といったら言葉は悪いけど
    日常を楽しむ工夫でしょうか。

    一連の動作が飽きて億劫と言い切るのは
    愛が無いんだなぁという印象です。
    残念な人と結婚しちゃったね、と夫が気の毒。

    ユーザーID:3797676358

  • 私もそういうルーティーンが大好きです

    ストレスがかかる仕事をしているため、とても大事な事なのです。
    毎日、大好きな嗜好品を摂る事によって、お腹も心も満たされます。
    全部メーカーも個数も決まっていて、それを切らしてしまうと、かなりストレスです

    良い仕事をするために必要なだけです。
    ご主人には何も言わず、そんな生活を許してあげて欲しいです。

    私は好きなものは毎日食べ続けても飽きないのですが、40歳を過ぎた頃から味覚が変わった?のか、急に続ける事に興味が無くなってきました。
    20代でご主人以上の品数のこだわりがありましたが、アラフィフとなった今では、朝食用のパンと紅茶くらいに減りました。
    ご主人もそのうち減ると良いですね。

    ユーザーID:6996421497

  • 主です。ありがとうございます。

    0歳児育児で普段なかなか家族以外の人とおしゃべりしたりすることができないので、皆さんとお話ししている気分でレスを読ませていただき楽しかったです!

    数名の方々が言われていたように、卵や牛乳は必需品の部分も担っていますね。私も牛乳は毎日一杯程度そこから飲んでいるし、卵も料理に使います。ただ、主人は水のように牛乳を飲むし、タンパク質が足りないといいすぐにゆで卵を作って夕食に追加したりします。テニスをしているのでタンパク質にうるさいのです。笑 三十代に突入し、綺麗な逆三角形の背中が崩れはじめ、お腹ポッコリになってしまいました。健康面のことが心配…と言う切り口で具体的な数字などを示して話をし、カロリーオーバーのところを削ってみようと思います。

    あと、お金がかかることがストレスと思っていたのですが、私自身がルーティーンな生活に飽きていると言うことです。わざわざ朝食を変えることも面倒なので同じものを食べることが多いです。私の実家はルーティーンではなく、朝食は和食、洋食まちまちだし、食後のデザートもたまーにで、このパン美味しい!この鮭最高!ケーキやったー!といいならがら慎ましながら変化に富んでいた食生活だったので、ある意味今の生活が物足りないのでしょう。(今の食生活の方がお金がかかっていると思いますが。笑)今もそれなりに美味しいウインナーやシリアルを買ってますが、何せ毎日同じなので、何の感動もなくつまらないのです。

    そして、そうなんです!夫の実家はストックが倉庫一杯なんです。常用の飲み物や食べ物はおおよそ決まっていて、主人が子どもの頃から、20年以上同じ銘柄の商品を買い続けていたりします。レスを読んでルーティーンな生活が好きで、それがストレス予防になっている方もいるということなので、夫の意見も尊重しようと思います。

    ユーザーID:9308849714

  • そのくらいの嗜好許してあげて。酒、タバコ費用なんかよりマシ

    酒やタバコを好む人なら、
    そのくらいの固定費は簡単に吹き飛んでしまいますよ。

    確かにかなり細かく独特ではありますが、酒やタバコをやらない代償だと割り切ってあげてほしいです。

    ユーザーID:0329687279

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧