家族・友人・人間関係

変わりたいのにドツボ

レス7
お気に入り8

ソウル

ひと

何と言うか、異常で変に厳格な家で育ちました。
通院経験はありませんが、チェックシートをやったら。ほぼ満点の割合で『スケープゴート』という判断結果の虐待児だったことが判明。

通りで、死にたいほど辛かった筈だ…と納得。
家から出られてから色々確信に変わりました。

私にとって両親は反面教師。
教育方針、生活態度、思想や思考…どれ一つとっても目指したいものはなく。
唯一あるとすれば、安定した生活水準を保ってくれていた経済力くらい。
優しさ、というのは外で学びました。

外で出会う人の『優しさ』を色々真似て。なんとかそれらしくはなったんですが、ふとした時が全然駄目で。
優しさのない自分に何度も泣きました。

こんな私でも、好きだとプロポーズしてくれた夫。とても優しい人。
「こんな人がお父さんなら良いな」と思える年下の夫(笑)
本当に優しくして貰えると、人って泣くんだって知りました。

夫は、私の夫であり。お父さんであり。私の先生です。
『優しい』を教えてくれる一番見習いたい先生。

「なんか丸くなったね」「明るくなったね」「女神様のようだ」
どうやら私は、少しは優しい人になれてるようで。嬉しかったです。

なのに、ここ最近になり怒りが爆発。
あの時言えなかったこと、言ってやりたかったこと…実家で蓄積されていた積年の怒りが、只今絶賛大爆発中です。

自分でも混乱するほど、怒りが沸き出てコントロールするのに必死です。
推測するに、私自身がようやくやっと自分の気持ちを素直に言えるようになってきた証なのかな…と思うのですが。
その熱量みたいなものが自分でも恐くて。一度スイッチが入ると自我が消えるくらいに感じます。
こうしてカッとなった自分を見ると、親の面影を感じて。そして、更に辛いのです。

これは、良い兆し。悪い兆しどちらですか?
こういうものを克服出来た方のお話を聞けたら幸いです。

ユーザーID:2392498867

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 大きな進展?

    すみません。レスが付く前の投稿になります。

    大きな動きがありました。

    今日、ある用事で実家に行きました。
    昨日の今日ですので、心境はグチャグチャ。
    態度がわかり易く表に出てしまうタイプなのもあり。
    いつものような、カラ元気な振る舞いさえ出来ませんでした。

    せきを切ったように泣き出してしまい、もう止まらなくなりました。
    そして、色々話して、聞かせてもらいました。

    一番始まりの、私の虐待は幼稚園年少の時だったそうです。

    私の父は、婿養子なのですが。その父と、母方の祖父が折り合いが悪く。
    その理由も、父へ対して、一方的に「財産目当て」と根拠のない疑いをかけていたからだそうです。
    婿養子であるにも関わらず、養子の手続きもなく。疑いの目の中、父は過ごしていたようです。

    そんな父への鬱憤を晴らす標的が、私だったそうです。

    ある時、祖父と父が食事の場で口論になった時。
    上手く言い返せない祖父が、怒りを露にして。隣に座っていただけの、私の茶碗に煙草を突っ込んだとか…。
    そうして、私への虐待が始まったみたいです。

    父は、母に。私を連れて三人で、「この家を出よう」そう言ったそうです。そう、言ってくれたそうです。
    嬉しかった。凄く凄く嬉しかったです。

    でも、結局私は母に。この家に引き取られることになりました。

    祖父はもう既に亡くなっています。
    祖父は、私に父の面影を重ねていたのでしょうか。
    今はもう確かめようもありません。

    でも、その日から。私が「死にたい」と思わされる日々が始まってしまったみたいです。

    『私が悪い訳ではなかった』
    これを得られたことは、とてもとても大きく感じます。

    ずっとずっと、良い子になろうと頑張っていました。頑張る、とは少し違うかもしれません。
    自分を守る術がそれしかなかったように思います。いくらやっても足りるわけがなく。足りるわけなかったですが

    ユーザーID:2392498867

  • 大きな進展?(2)

    私は、話し出す前に。母にこう言いました。
    「あった事実を、嘘偽りなく。なるべく客観的に聞かせて」

    そう前振っても、母は父へ対することだけ
    「だったと思う」「そうじゃないかと思ってた」そう言いました。

    私はその度に
    「お父さんに聞いたの?」「お父さんがそう言ったの?」「話し合ったの?」
    そう聞き返すと。
    家を出ようと言ってくれたこと以外は、全て憶測で為されていました。

    困った私は。
    「お父さんとお母さんって、普段何話してたの?」
    その問いに母は。
    「憶えてない。何話したんだろ」そう言いました。

    私の知っている『夫婦』とはあまりにもかけ離れていて。
    言葉を失ないました。

    どうしてこんなことになったんだ。
    それがその時点での、私の素直な感想です。

    父が離婚して家を出たのは、私が幼稚園年長の頃。
    それから、父とは会っていません。

    どんな人なのだろう。
    私が高校生の頃。私が我が家に対して、疑問を持ち出した頃からそう思うようにはなっていましたが。
    ずっと、悪い人だと聞いていた父が。やっぱり、そうではないかも知れない。

    そんな希望的な想いがふつっと沸き出てきました。
    何より、私を救いだそうとしてくれた人です。
    例えそれが、力が足りなかったんだとしても。途中で、諦めてしまったんだとしても。

    そう思ってくれたこと、が私にはとてつもなく大きく感じました。

    あの家の中にかつて、私以外に。
    あの家を「おかしい」と言ってくれる人がいた。

    それが本当に嬉しかった。

    父の連絡先は全て処分され。記録はないそうです。
    ただ、母は行ったことがある筈なので場所は聞けると思います。

    実際に会いに行くかは別の話です。
    父にとっては迷惑かも知れません。

    でも、お守りがわりとしてでも良いので。
    どこにいるか知りたいと思いました。

    沢山、沢山泣きました。
    でも、少し晴れやかです。

    ユーザーID:2392498867

  • すごく、前向きになれて良かったね

    昔の良くない家を否定すら出来ない人もいますよね。
    否定して家を出ても、家の存在が苦しくて絶縁を選んだ人も居ます。

    そんな中、ちゃんと戦うことができるんだから、とても立派です。

    やっぱり、どこが悪いか、どう悪いかをハッキリさせたいし、健全な子供を育てる未来に向かって、悪い事実はハッキリさせないと駄目ですよね。

    祖父さんが諸悪の根源だったと言うことでは、お父さんもお母さんも被害者だったとも言えますね。

    お父さんは気の毒だったけど、養子娘のお母さんも、女と言うだけで、色々あったのでしょう。
    お母さんも、娘さんのおかげで少しずつ救われればいいですね。

    ユーザーID:2246191904

  • 大きな進展?(3)

    レスが付く前なのに、何度も失礼します。
    一人語りみたいになってしまい、すみません。

    家に帰って、レスを投稿し、やっぱり気になり。母に連絡しました。

    父の実家には、行ったことがあるそうです。
    ですが、説明出来るほど覚えている訳ではなく。
    「行けば分かるかも」と言うので、道案内だけ頼むことにしました。

    そこに家がまだあるか、父がそこに住んでいるかは分かりません。

    たとえそこに居たとして。父には、もう家族がいるかも知れません。
    前レスに書いた通り、会うかどうかはそこからまた考えたいと思います。

    会ってみたとして、私が願うような優しい父なのかも分かりませんし。恐い部分も正直あります。

    でも、とりあえずは。お守りがわりに、知っておきたいと思いました。

    なるべく早く案内してもらおうと思います。
    その際はまた、こちらにご報告させて頂きます。

    長々とすみません。
    読んでくれている方、ありがとうございます。

    相談だった筈が、勝手に事態が急変してしまい報告トピみたいになってしまいました。

    見守って頂けると幸いです。
    色々な方の意見や見解、アドバイスも頂けると幸いです。

    ユーザーID:2392498867

  • 続きです。

    勿論、頭では分かっています。

    あの祖父の元で育った母です。祖父に色々悩まされてきたとは思います。
    母から話を聞いた時、そこも色々聞かせて貰いました。

    その祖父も、母親(私からすると曾祖母)が歪んだ愛情を注ぐ人だったらしく。長男教で支配欲が強く。祖父は、我が儘は言えても、肝心なことは自分で決めさせて貰えなかったそうで。好き合っていた相手とも破談に持ち込まれたそうです。

    祖父も、母も、可哀相な人です。
    二人とも被害者だということは、「頭」では分かっています。

    でも、誰か止められなかったんでしょうか?

    私はあの家で、ずっとずっと「この家はおかしいよ!」て何度も言いました。泣いて叫んできました。

    でもその度に、「おかしいのはお前の方だ」って言われてきました。

    あの家で育った私が、ちゃんとそう思えるのに。私以外に誰か他に、あの家がおかしいって、誰か一人でも思って。そして、この連鎖を止められなかったんでしょうか?

    私と、祖父と母は違う人間です。
    私が思えても、祖父と母は思えなかったかも。
    そうとも勿論思います。

    でも、私は
    子供のご飯に、煙草を突っ込もうとも
    子供を怒りの捌け口に使うなど
    絶対に!絶対に!『して良いこと』とは思いません。

    誰か一人でも、誰か一人でも思える人はいなかったんでしょうか?

    因みに、ご飯に煙草を突っ込まれるようなことをされたのは、あの家で私だけだそうです。

    自分がされてもいない酷いこと、どうして出来るんでしょうか。
    そしてそれを、どうして見て見ぬふりしてられるんでしょうか。

    私は、母を救おうとは思えません。

    頭では分かっていても。凄く凄く苦しいんです。
    いつかは許せる日が来るかも知れません。

    でも、今はどうしても無理です。吐きそうです。どんなに冷たく思われても無理です。
    (続きます)

    ユーザーID:2392498867

  • 続きです。

    父は、何とも言えないです。
    許せないって意味ではないです。
    持っている判断材料が少な過ぎて、何とも言えないです。

    母の話を聞く限りでは、一方的に色々疑われていたようですが。そこも正直、何とも言えません。
    父にも、本当にそういうものが見え隠れしていたのかも知れません。ですが、大事なことを何一つ話し合わないような夫婦だったようなので。話し合いの一つでもしてくれていたら、「お父さんがこう言った」なんてことも母から聞けたんでしょうが。それがないので、父が悪い人だったか優しい人だったか、私には判断出来ません。

    ただ一つハッキリしてるのは。
    私のご飯に祖父が煙草を突っ込んだ、その後直ぐに。父が母に「何であの人(祖父)はこんなことするんだ、もう三人でこの家を出よう」と言ってくれたらしいです。
    まぁ、母は、財産を狙ってる男になんかについて行きたくない!って思ったそうですが。

    ただ、父が私を手放してしまったのは事実で。(母親に親権が行きやすいので、奪われたのかも知れませんが)
    ちゃんと助けて欲しかった…とも思います。

    でも、父の立場や気持ち。その時の、父側の詳しい状況が分からないので。何とも判断出来ません。

    ですが、あの家を出ようとした父には親近感と言うか。同志的なものを感じます。

    父がどんな人なのかは分かりませんが、今一番会って話してみたい人ではあります。
    私にとってはある意味、父はあの家の被害者であって欲しいです。
    あの家の異常さを、共に語り合える人であって欲しいです。優しい人であって欲しいです。

    ユーザーID:2392498867

  • ありがとうございます

    見守ってくださっている方、ありがとうございます。

    今週中に、母に案内してもらえることになりました。
    ただ、30年も前の記憶に基づいての道案内なので。町も相当変わっているでしょうし。母自身も、辿り着けるか分からないそうです。
    その上、たとえ行けたとして。そこに父が今も住んでいるかも分かりません。

    段々、内容的にもトピズレしてきてもいるので。こちらのトピは閉めさせて頂こうと思います。

    見ていて下さった方、レスして下さった方、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:2392498867

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧