赤ちゃんへの虫歯菌感染

レス19
(トピ主0
お気に入り23

妊娠・出産・育児

歯磨き母

トピを開いてくれてありがとうございます。
ただいま11ヶ月の息子を持つ者です。
私自身、そして私の両親共々歯が弱く、虫歯が多い家系です。夫は義父に似て歯はやや強めですが虫歯はありますし、義母は歯が弱いです。
ですので、息子には虫歯菌に感染しないよう注意を払ってきたつもりでした。

しかし、抱っこしているときに、手を口に突っ込んできて、その手を舐めてしまったり、泣いて大暴れしている時に手が口元にぶつかったり、口と口がぶつかり意図とせずキスしてしまったり…。
私が鼻が低く、口が出ている顔をしていることもあり、遭遇率はやや高めです。

その度に、服でさささっとぬぐったり、ウエットテッシュで手を拭いてあげたりはしてましたが、すでに時遅しなのか…。

そして昨日、ふと見たら、テーブルの上にある私が使ったマグカップを舐めていたんです!!!後ろ姿なので確信はできないものの、なんでも口に入れるので多分きっと舐めてます(泣)

息子には虫歯がない快適デンタルライフを送って欲しかったのに、全て私の不注意で感染したかと思うとすごく落ち込んでしまい、申し訳なくて泣けてきます。

そこで質問です。
虫歯菌。一番注意しなくてはいけない時期は1歳半から3歳とはききますが、0歳児の時、感染したと思われる人でも、虫歯なく過ごせていたりしますか?
なお、3度の食後には必ず歯磨きはしています。
甘いものの食べすぎないことや、歯磨きを徹底したら大丈夫だったよ。など成功例や今後の注意点、アドバイスなど色んなお話をお聞きできたら幸いです。
どうぞよろしくお願いします。

ユーザーID:6013430999

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数19

レスする
  • レス

    小学校に入ったら、定期的に選択制でフッ素塗布をやるので、うちの娘は中3ですが、虫歯は一本もないと学校で表彰されてきました。
    といっても、ほとんど80パーセントの人が表彰されてたそうです。
    乳歯で、例え虫歯が出来たとしても早めにお薬を塗ってもらいました。
    永久歯は立派なのが生えてきました。
    今、歯科医学って昔と違いすごく発達してますので、永久歯の虫歯ゼロの人、若い世代に多いですよ。

    ユーザーID:9690535785

  • あんまり気にしないほういいと思う

    口移しで離乳食なんて当然与えないし
    食器の共有なんてしてないけど

    赤ちゃんに話しかけた時に唾が飛んだらうつる

    と聞いてからあほらしくなりました

    絶対に不可能じゃん?

    ちゃんと歯磨きしていれば、虫歯にならないし
    定期的に歯医者にいって、フッ素ぬってもらえば

    大概は防げる

    親が精魂込めて子育てして、虫歯なしで育てても
    大きくなって外に出たら虫歯になったと聞きます

    虫歯になったら、歯医者に行ってさっさと直す
    定期的に歯医者に通って予防歯科する

    この子達が大人になったら、もっといい治療法もあるだろう

    そんなに頑張っても仕方ないなら、ほどほどでいいじゃないかと思いました

    ユーザーID:5396027381

  • 歯磨き徹底

    それだけで、基本的に大丈夫です。

    我が子には、チューし放題、食器共用あたりまえ、
    じじばばも同様にしてもらってもまったく気にしない。

    可愛い可愛いうちの子、
    頬をすりすりしたいしチューしたいし、
    私の手や顔を舐めてくるのも可愛いし
    食器共用どころか、スプーンにとったお粥の塩気と温度を確かめがてら
    自分でスプーンでちょっと食べてみてそしてそのままあーんで与えてましたよ。
    パパもじじばばもね。
    いずれの人間も、虫歯経験はあります。
    接触を気にするほどの価値は、全く感じません。

    お顔を近づけて話しかけたり、至近距離であやしたりしません?
    唾液ってね、ものすごい飛びます。やってたらもう移ってますよ。
    虫歯菌うつさないためには、話しかけるときも、子守唄歌うときも、あやすときも、
    顔全体を覆うヘルメットでもしてからこどもに接しましょうか?
    そんなことできないでしょ?

    まず、一日なんかいも必死に磨く必要はありません。
    朝昼おやつジュースのときはささっとでいいし最悪、ゆすぐだけでもいい。
    ただ、寝る前の歯磨きだけは、きっちりしっかり磨きましょう。
    みがいているだけではだめです。
    磨けていて初めて歯磨きです。
    でも残念ながら、ご自分の歯さえ磨いていても磨けていない方が大変に多いので、
    磨きかたを真剣に歯科で教わってください。
    仕上げ磨きの方法も教わってください。
    なれないうちは染めだしの歯磨き液をつかって磨き残さないように磨きましょう。
    幼い頃からフロスも使ってください。
    小学校一杯は、仕上げ磨きをやめないで下さい。
    中学以降は毎日自分できちんと磨いたうえで、歯科で2ヶ月一回くらいはメンテナンスを受けさせてください。

    我が子は前述の状態で育て、寝る前は磨きは徹底しただけで、7歳近くの現在完璧にきれいです。
    磨けば大丈夫です。

    ユーザーID:7519231396

  • 極端な事はしない、でも気をつける

    で良いかと。
    明らかに唾液が赤ちゃんの口に入る、食器やスプーンの共用や口移しは不可抗力を除きもちろんしない。
    会話で飛ぶツバなど、過剰なほどに接触を断つ事はしなくて良いと思います。

    というのも、虫歯菌ってそこまで感染力が強くないらしいからです。
    風邪だって接触したら100パーセント、感染するわけじゃないですよね。
    うつされる側の抵抗力があれば、歯周病原菌に簡単に感染することはないらしいです。

    一度、マグカップを舐めてたから、感染しちゃったー!もう諦める!食器も共用しちゃえーってならなくて良いかと。
    虫歯菌がうつるのが遅くなればなるほど虫歯になりにくいみたいですし、一生は無理でも、無理のない範囲で頑張れば良いかと。

    どーしても気になるなら、歯医者によっては虫歯菌に感染してるか調べることができる歯医者もありますよ。
    感染してたらしてたで、また対応策も違うでしょうし、機会があれば調べてみるのも良いかと思います。

    でも11ヶ月なら歯もほとんど生えてないでしょうし、砂糖もあまり摂取してないでしょう。
    虫歯菌が入っても定着するには砂糖とプラークが必要です。
    そんなに気に病まなくて大丈夫だと思いますよ。

    あと、母であるトピ主さんがキシリトールガムなどを使用して、ご自分の悪玉虫歯菌を減らしておくだけで、子どもの虫歯を減少させることができるらしいですよ。

    ユーザーID:0371473984

  • 追記

    あと、11ヶ月だと早いですが、一歳半くらいになったら、口内の善玉菌を増やすタブレットとかを活用するのも良いかもしれません。

    というのも、口内で住める菌の総量って国会の議席みたいに席が決まってるみたいなんです。
    3歳までの菌のバランスが、その後の口内細菌バランスを決定するらしいです。

    善玉菌を増やしてやれば、悪玉菌が居座る席が少なくなるので、感染しにくい&増殖しにくいらしいです。

    もちろん、歯ブラシでのブラッシングは基本の上です。

    後は、おやつなんかも歯につきにくいおやつ(ゼリーとか)なんかにするといいらしいですよー

    ユーザーID:0371473984

  • 100%は無いですから

    私も娘を育てるときには相当神経を張り巡らせました。

    口移しはもちろんですが、徹底的に両祖父母にも虫歯にさせないための予備知識は話してきました。

    でもそれだけで良いのか?

    NO

    私は娘が「あーん」という声掛けでお口を開けてくれるようになった頃から小児歯科に虫歯が無くても連れて行っていました。

    歯科医にも褒めてもらいましたよ。
    なにせまだ赤ちゃんの内からお口洗浄に慣れさせていますから、怖がらないんですよ。
    小児歯科なもんですから待合室もカラフルですし、医師や看護師さんも子供慣れしている。

    娘は中学に上がるまでの間、まるでお稽古ごとに通うがごとく歯科医にいっていましたよ〜。

    大人になった今でも半年に一度はクリーニングに行っています。
    虫歯?
    無いですよ。

    娘にとっては医者さんは「歯をサッパリ綺麗にしてもらう所」なんです。
    孫も現在2歳ですが、孫にも同じように連れて行かせています。

    笑ってしまうのは、つい2週間前にいったのに歯科医の前を通りがかったら「行くー」と私の手を引っ張るの(笑

    娘の頃もそうだったのですが、おりこうさんにお口を開けてくれたらアンパンマンシールがもらえるんですよ。

    何事も100%予防することは出来ないと思います。
    なので、私たち大人が子供にしてあげられることの一つに「歯医者は定期的にクリーニングしてくれるところ」という認識を植え付けて、通う事が嫌なことにならぬようにしてあげることではないかと私は考えています。

    ユーザーID:7351177788

  • 体質もあるからある程度は諦めが必要

    数ヶ月で3才になる母親です。1才半から2才7か月までが注意期間だっと思います。
    今のところ虫歯の指摘はありません。

    私も虫歯がかなり酷い家系で、子どもの頃より食べ物や歯磨きなど神経質な程気を付けてきました。しかし、知らない間に私の唾液が子供の口に入ることもあるのですから、完全防御は無理です。
    加えて、その子の体質(ヨダレの少ない子は洗浄能力が少ないので虫歯になりやすいらしい。兄弟で同じ生活をしていてもなる子供はなりますし。)も関係すると思うのである程度は諦めが必要だと思います。


    口に入った!入るかも!と気にするなら、甘いものあげすぎず、きちんと歯磨きをしてあげることが大切だと思います。

    ユーザーID:8648927863

  • 突発やったら唾液垂直感染完了〜と聞いたが

    15息子と18娘がいますが。
    こいつらがチビんときに割とよく聞いてたのが、
    「突発やったら母親から子への唾液の垂直感染は完了してるって事だから、母親の唾液に神経質になってても無駄無駄無駄〜」
    っての。
    今は言わんのかなあ。
    少なくとも、突発の感染経路が保護者(大体は母親)から子への唾液ってのは、今でもちゃんと書いてあるからホントだよな。

    上の娘は1歳8ヶ月で突発やって、かかりつけの小児科医に
    「初発熱だよねえ。普通7〜8ヶ月で突発なんてやるもんだけど、1歳8ヶ月まで引っ張るとはねえ。何?お母さん唾液とか凄く気をつけてたの?箱入り娘だねえ」
    って笑われた。
    んでコイツはその1歳8ヶ月時点でまだ上の前歯2本だけチョコッと顔を出してる状態ですごーく歯が生えるのが遅くて
    他のお母さん方に「歯が生えるの遅い方が虫歯になりにくくていいんだよ」
    とか言われてた(微妙に慰められてたらしいすが)んだよね。

    で、下の息子は普通に7ヶ月で突発やって、1歳半健診時点でもう前歯8本(上4下4)出そろって更に奥歯も顔を出してて早かったんだよね。
    更に二人を定期的に歯科検診に連れてってたかかりつけ歯科医に
    「上のお姉ちゃんは歯の質がいいんだけど、
    下のボクは割と虫歯になりやすい歯の質なんだ。
    お姉ちゃんの歯の管理より一段厳重に歯の管理してあげてね」
    って言われて「はい」と言いつつ、(上の子バージョンで精一杯だから一段厳重にとか無理ー)と腹の中で考えてたわけですが。そして実際無理だったわけですが。

    まあつまり、歯に関する環境条件が上と下で全然違ったわけですな。
    下の方が条件が悪い。

    でも結果としては、今まで二人とも虫歯一本も経験無いです。
    普通に歯磨きして普通にその歯科に定期健診に行って歯磨き指導受けてフッ素塗って貰ってたら大丈夫でした。
    割と平気だと思うよー唾液感染はしてても。

    ユーザーID:4828269941

  • 間違えた

    ものすごくどうでもいいことですが、
    娘が1歳8ヶ月時点で顔を出してた歯は「下の」前歯2本ですね、もう訳わかんなくなってる老化じゃトホー。
    ごめんなさい。

    ユーザーID:4828269941

  • 神経質になりすぎですよ

    歯が生え始めたら、歯医者さんへ行きましょう
    小児歯科に行けば、定期的にフッ素塗布と細菌検査をしていただけます
    そして言われます
    「虫歯菌に感染しない人なんてほぼいないから、歯磨きと献身を欠かさず
    歯磨きできないときはお茶が水を必ずクチュクチュごっくんでいい」
    定期的に通うと歯磨きも自然と子ども自身が好きになります
    一番いけないのはお砂糖だと覚えておけばいい、そうです
    必ずクチュクチュごっくんで洗い流しなさいと言われました
    大人になっても同じ、食べたあと歯を磨けないときは
    流石にクチュクチュごっくんはできませんが
    うがいをする、水を飲む、が大事だそうです。

    ユーザーID:4336242021

  • 絶対はないのでは?

    うちは夫婦そろって歯医者さんにはいまだにお世話になってます…(50代+60代夫婦)
    子供は3人いて、可愛がり過ぎて3人ともチューしたり、何も考えずに育ててしまったので、下の二人は適度に虫歯になりました。ただ、一番強烈にチューをしていた長男は、現在30代ですが未だに1本の虫歯もありません。乳歯の時も。

    違いが全く分かりません。
    なので、神経質にならない方がいいですよ。

    ユーザーID:6662558146

  • お気持ちよくわかります。

    私の親は「は?仕上げ磨きって何?」という人でしたので、私の歯はボロボロ。
    小学校入学時は13本の虫歯だったか、治療痕だったか(子供時代の記憶で覚えていないのですが)、学校健診医に驚かれました。
    なので子供達の歯だけは気を付けてきました。出産前に某生活情報番組で知った情報を参考に、子供への口移し、同じ食器の共有を避けました。
    ですが食器等、特別な消毒などはせず台所洗剤で洗うだけ、甘いものも子供が欲しがれば必要に応じて、ガムもチョコもジュースもOK。
    子供の手が私の口に触れたりニアミスもありましたが、現在19歳・17歳の子供は虫歯0です。
    他に効果があったと思うのは、幼児期から小学生までは、定期的にフッ素添付に歯科通院し、歯並びのチェックなどもしてもらっていました。
    仕上げ磨きは小学校3年生ぐらいまで行っていたと記憶しています。
    それが子供たちの体質になったのか、今、試験勉強しながらアイスを食べて寝落ちして、翌朝「あ〜、昨日歯磨き忘れて口気持ち悪い」と、いいながら朝一番に歯磨きすることもありますが、虫歯ゼロのままでいます。
    二人とも、毎晩の歯磨きは1分もするかどうかなのに不思議です。
    あと洗面所の歯磨きスタンドで歯ブラシが親のとぶつからないように、と、うがいコップは子供のお気に入りキャラにして、親と兼用にはしませんでした(これは私がこっそりしていたこと)。
    いろいろ無駄な努力もあったかもしれませんが、これが我が家流虫歯対策です。
    肩に力を入れすぎず、気長にいくのがベストかな?

    ユーザーID:2948428771

  • レスします

    虫歯菌がいようと、いなかろうと、もともと歯の弱い家系(そういう家系があるのかどうかは存じませんが)なら、信頼できるかかりつけの歯医者にこまめに通うだけのことでは?

    それだけ心配性なら、フッ素塗布とかブラッシングを習うとか、ちゃんとケアできるお母さんになるでしょう。

    うちの子(高校生)は、乳歯は虫歯だらけで、当時は私もとても嘆きましたけど、その分、親子でブラッシングを練習したりいい電動歯ブラシや歯医者さんおすすめの歯みがきペーストを使うことで、永久歯はノー虫歯です。

    私自身も、高校生の時まで虫歯だらけで、今も銀歯をたくさん持ってますが、それ以降、歯みがきは真剣にやっていて30年間ノー虫歯です。自分の歯みがきは真剣だったけど、子供の仕上げ磨きは下手くそで、最初は虫歯にしてしまいました。

    親世代さんたちぐらいだと、小さい頃の歯みがきの教育や習慣や道具も全く違いますし、その世代はみなさん、そんなものではないでしょうか?

    ユーザーID:1891252794

  • 気にしたことない

    私はスキンシップ多めだったので、娘とはチューもよくしたし、虫歯菌うつりそうなことは散々してきました。
    フッ素塗布もしていません。

    今4年生ですけど、今のところ虫歯はありません。
    とにかく歯磨きはきちんと、けっこう大きくなるまで仕上げ磨きをしていました。

    それから、おやつですね。
    食べさせる機会をしぼって、だらだら何度も食べさせない。
    口の中が空っぽになる時間をしっかり作ること、というのは歯科医から言われたことがあります。
    だらだら口に食べ物が入っている、ちょくちょく口にすると、虫歯が出来やすいんだそうです。

    あくまで私の周囲では、ですが、きょうだいが多くておやつの機会が多い家庭の子は、幼いうちから虫歯治療しています。
    きょうだいそれぞれがお友達からもらってきて、分けて食べる、とか、帰宅時間が違うので、誰かが帰ってくるたびおやつタイムになり、皆で食べてしまう、とかなんだろうなと思います。

    飴などの、口中にある時間が長いおやつや、クッキーなどの、歯にくっつきやすいおやつも絶対にあげませんでした。
    口寂しがる時は、キシリトール入りのガムを噛ませてました。

    それだけですが、今のところ大丈夫です。

    ちなみに、同じように育てられても、私は虫歯全然なく学校で表彰されたのに、妹は虫歯多くて今でもボロボロです。

    体質も大きいですが、妹は、子供の頃からよくお菓子を口に入れっぱなしにしてましたね。
    大人になってからも、登山などをするので、ちびちび高カロリーのおやつを頻回口にする習慣があるようです。

    気を付けるのはこれからで間に合いますよ。
    頑張って。

    ユーザーID:2273741904

  • ホントかな?

    うちも、口に子供の指が入ったり、口と口がぶつかったりして、虫歯菌侵入阻止は無理だと諦めました。
    毎日の歯磨きを頑張ってます。今5歳ですが、今のところは何とか虫歯なしです。

    3歳までに虫歯菌が定着しなかったら、虫歯菌のいない口になって、虫歯にならないってホントかな?

    うちは歯が抜け始めたんですけど、生えかけの永久歯は虫歯になりやすいって聞きます。
    生えたての乳歯と同じかんじで、柔らかくて虫歯になりやすいって聞いたんですけど、

    だったら3歳までじゃなくて永久歯が全部揃う年齢まで虫歯菌を口に入れないようにしないと危ないんじゃないでしょうか?

    結局は虫歯菌が口に定着してしまうことより、毎日の食生活とデンタルケアが大切なんじゃないでしょうか?

    …と悩みながら、毎日仕上げ磨きをしてます。

    ユーザーID:0034246273

  • 大丈夫

    私ももう少しで3歳の子を持つ親ですが,虫歯菌を染らないようにピリピリ

    でも私がいくら気をつけても,犬が子供の顔を舐めるわ,保育園でみんな(親子でチューしても気にしていないご家族のお子様もいらっしゃる)が口に入れたものを口に入れるわ

    あげくに歯医者さんから「赤ちゃんに話しかけてれば虫歯菌うつってますよ」と言われるわでがっくし

    でも歯医者さんからも「フッ素湿布をしたり,ダラダラ食いをやめ,食べた後は,しっかり歯磨きやお茶を飲めば虫歯はなかなかならないですよ。」といわれ,「そもそも虫歯になるならないは,その子の唾液の量にもよりますが,親御さんの虫歯への意識が一番ですよ」と言われました。

    だからそんなに落ち込まないで!

    私なんて,親の口移し当たり前の時代で育ちましたが,虫歯は出産するまで1本もなかったですから。

    ユーザーID:1970455442

  • 正しい知識を

    虫歯菌はどうも接触したら即定着して、虫歯になる、すごい菌にように語られがちですが。
    5パーセントの歯周病原菌がいるのと50パーセントの歯周病原菌がいるのでは大違いです。
    0か100かではないです。

    母親の唾液中にミュータンス菌が多いと、子供にうつりやすいので、トピ主さんがしっかり治療をする。

    むし歯菌の代表的な菌はミュータンス菌(きっかけの菌)とラクトバチラス菌(進行させる菌)があります。

    ミュータンス菌とは1歳半〜3歳までに感染すると言われている細菌で、何かをしてすぐに減らせることができる細菌ではありません。減らすというより、活動を抑える事が重要です。
    砂糖を含んだ食べ物を摂り始めないうちは歯の表面に定着できません。

    甘いものと一概に括られがちですが、砂糖の主成分であるショ糖は、糖類の中でも最もむし歯になりやすいですが果糖などはショ糖比べるとミュータンス菌が利用しにくい糖分です。
    人工甘味料のキシリトールではミュータンス菌は酸を作り出す事ができません。

    ミュータンス菌には、砂糖をもとにして粘着性の物質を合成し、歯の表面にすみ着く(定着する)という性質があるため、乳歯がまだ生えていない時期に口の中に入ってきてもすみ着けません。

    一方、ラクトバチラス菌は間食を減らすこと等で減らす事ができます。

    ユーザーID:0371473984

  • 100%防ぐことはできないよ

    私も子供の乳児期は虫歯菌のことを結構気にしていました。
    だからわざわざ大人が使った箸でものを食べさせるような事はしていません。

    ですが、児童館へ行くと他の子が舐めたであろうオモチャをうちの子も舐めてしまったり、幼稚園へ入ればもう自分の目の届かない場所で過ごす時間が増える訳ですから、こりゃカンペキに虫歯菌から遠ざけるのはムリだなと諦めました。

    それよりも、子供自身が歯の健康を維持できるよう具体的にサポートしてあげることが大切だと思います。

    うちは毎晩の仕上げ磨きは必ず、休日の朝もサボらずに歯みがき、3〜4ヶ月に一度の歯科検診とフッ素(これは子供と一緒に自分も受けてます)、デンタルフロスの使用など。
    これでうちの子は小学校一年生の現在も、歯医者さんに褒められる歯を維持しています。

    歯のこと以外にも言えることだけど、何事もただ遠ざけるだけでなく「自分で対処できる力」をつけてあげることが大切だと思いますよ。
    あと親が神経質になってカリカリしないことですね。

    ユーザーID:4476028906

  • 大丈夫よ

    まぁ、赤の他人の私の意見なので気軽に読んでいただきたいのですが。

    私は、親やその親の世代の「歯が弱い」は、本当に歯の質が弱いとは異なると思っています。
    特に日本が歯の健康に本当に気を付けるようになったのは、ごく最近のことだと思います。
    私の子供の頃は、学校で歯科検診もあったし、定期的(週一)に歯医者さんが自費でフッ素をしてくれたりとありましたが・・・

    肝心のメインテナンスについての指導はなかったです。つまり、毎日きちんとフロスを使おうとか、今では当たり前とされるような歯の健康についての知識は与えられなかったし、親にもありませんでした。
    だから、みんな虫歯があって「当たり前」状態でした。
    歯の矯正をしている人は、本当に裕福な家庭の子供だけで、歯並びを今ほど気にする風潮はありませんでした。

    だから、虫歯がいっぱいあったんです。
    私も虫歯がいっぱいあります。
    でも、大人になってから歯のメインテナンスに気付き、歯列矯正もし、定期検診にも通い・・・それ以降、新しい虫歯ができたことはありません。子供も、今で普通と言われる手入れをしているので、小学6年ですが虫歯は一本もできたことはありません。

    トピ主さんも、今それだけ歯の重要性を理解されている親なんですから、大丈夫だと思いますよ、お子さん。普通にきちんと歯磨きして(回数よりも磨き方ですよ。)定期検診していれば、虫歯にはならないと思います。

    ユーザーID:5502530867

レス求!トピ一覧