リレーのない運動会

レス75
(トピ主11
お気に入り72

妊娠・出産・育児

イカルド

レス

レス数75

レスする
  • そろそろ保育園の運動会です

    そろそろ保育園の運動会です。
    お弁当はありませんが、保育園なので未満児クラスのお子さん達は疲れてしまうため最後までは残りません。
    前半に競技が終わり帰ってしまいます。
    最後まで残るのは年少から年長まで。
    ですので、午前中で終わるのでお弁当もありません。
    けれど、年長さんの鼓笛や、年少さんから年長さん全員参加のリレー大会があります。
    全員参加なので応援がすごいです。

    選ばれた早いおこさんはアンカーとなり、2週走ります。
    娘は早い方だったらしく、2回走ることになりましたが
    3月生まれ。体力がないようで、1週目はダッシュなのに2週目は歩いてしまうようで・・・1週だけになりました(笑)

    今も保育園から鼓笛の練習が聞こえてきます。お弁当がなくても私はとっても楽しみです。


    小学校はまだリレーがあります。リレーの時には見ている保護者が少なくなります。(一番最後だから?出ないって分かってるから?)息子は選ばれるので、私は楽しみにしています。

    ユーザーID:6984937272

  • 多様性を受け入れてみんなで頑張るってことなのでは?

    運動が苦手な子、得意な子がいるのは当然です。
    でも学校教育なのですから、苦手な子、得意な子という多様な要素を考慮に入れて頑張ることを学ぶ、というのが運動会の精神なのではないでしょうか。

    私もめちゃくちゃ運動音痴なので運動会は嫌いでした。
    でも嫌だから無くなればいいとは思いませんでした。
    私はこれは嫌なジャンルだけど上手い人が頑張ってくれるところだと思っていたし、クラスとして勝ってほしいとも思っていました。

    こういうのって「お前のせいで負けた」にならないように教育していくことが基本だと思うのですよ。

    昔は上のきょうだいに連れられた小さい子供が一緒になって遊んでいましたが、小さい子は足が遅いからハンデをあげようとか、特別ルールを設けて遊んでいましたよね。

    ドッジボールだって運動の苦手な子を内側において、ボールの扱いが得意な子が外側で守るような作戦を考えました。

    運動が苦手な人がいる。だからそれを考慮してなんとか勝とうと考える。それに向けて自分のできる範囲で頑張る。
    これが理想じゃないかなと思います。

    苦手だから無くせばいいっていうのはなんか違う気がします。
    希望制にしたら苦手だけど出たい子はどうなるのでしょう。「勝つために邪魔ものを排除する」になりませんか。「クラスのために辞退しろよ」というプレッシャーにつながるかも。

    足の遅い子は実際存在するのだもの。その子を入れないというのはその子の存在をなくして考えるということですよね。
    実際に居る”弱者”を受け入れた上でやっていくことを学んだ方がいいと思います。
    また”弱者”側の子も嫌なら避ければいいではなく、できないなりに頑張り何かを無し遂げることを学ぶべきでは。

    あくまでも学校教育なのですから。

    ユーザーID:2440257930

  • 何のため?

    運動会って、何のためにあるのでしょう?

    運動会の始まりは、富国強兵の時代、有能な兵士を作る目的からスタートしました。だから、やたらと全体主義、戦いや競い合いが多いんですね。

    そもそも、現在の義務教育における体育の目的は、「生涯にわたって運動に親しむ資質を養う」なんですけど、「運動会大嫌い!」な子が多くいるというのは、大いに問題です。運動会が原因で、生涯にわたって、運動に苦手意識を持つ人多いと思いますよ

    一致団結!って、美談のように語られること多いけど、影で泣いてる人いることを忘れがち。

    多様性を認めることが、これからは必要なんじゃないでしょうか。

    スポーツが得意な子にとっては、楽しみな運動会。苦手な子は嫌々やらされる運動会。これではダメですよね。全員が身体を動かすことの喜びを味わう行事であるべきです

    全員リレーが苦痛な子がいるなら、そんなの無理にやる必要なんて、全然ないです。

    あと、親を喜ばすためにあるのではないです。

    ユーザーID:9619435012

  • そもそも「お前のせいで負けた」とかいうような奴について

    これがいいことなのか、それについて誰もふれていないのが不思議だな。

    そういう発言した者は次のイベントで出場禁止にするか、あるいは体育の成績を「1」にするべきだ。

    勉強のできる者をヒーローにするイベントか。たとえば、早押し機入れてクイズ大会はどうか。

    ユーザーID:2512718079

  • 運動会、先生方のご指導に感謝しかないけど

    運動会でとびきり目立つのは応援団長と代表挨拶をする子だと思っています。運動神経の良さで目を引くのは、誰の目からも明らかにレベルの違う速さで走り抜ける児童のみ(毎年同じ子、学年に1〜2人くらい)。我が子は残念ながら運動場のどこにいるのかいつも埋もれていますけど、彼なりの雄姿、成長した姿を見つけては毎年涙が出そうになります。親の私たちがちゃんと見て褒めてあげればそれでいいと思っています。

    数年前、選抜リレーでバトンを落とした子に対して、観覧席のママ達が「信じられない」「マジで―負けちゃうじゃん」と言い合っていて、当の児童たちからは「大丈夫」「頑張れ」と声援があがっていたのが印象的でした。ああいう親たちが子どもの頃、このトピで走るのが苦手で罵倒されたと語る人々のトラウマの原因なのかなと嘆かわしいですね。保護者があれじゃ全員リレーはやめた方がいいでしょう。苦手でも力を出しきる、仲間がフォローする、励ましあうことの大切さを学べるいい機会なのに。まあ徒競走の方がチームに迷惑をかけるという引け目を感じないし、タイム順に組み合わせされるから走るのが苦手な子も上位になれるチャンスがあるし、いいのかもしれませんね。

    ちなみに勉強が得意でない我が子、授業参観が嫌いです。特に算数は習熟度別の少人数制なので、上位下位がはっきりわかります。息子が下位クラスにいるのを見つけた知り合いのママが、「息子君、算数苦手なの?」とわざわざ親の私に言ってきたことがあります。よその子の成績なんてどうだっていいでしょと思いスルーしましたが、これってもしかして「苦手な子をさらし者にするな」という案件ですか?息子が次は一つ上のクラスに行きたいと頑張っているのでそれでいいですけど。どんな環境でも本人次第、声掛け次第だと思います。

    ユーザーID:4280236766

  • とぴ主

    トピックを締めますといいながら、すみません。
    その後もレスをくださってありがとうございました。

    リレーがなくなっていく傾向にありながら、まだ続いている学校もやはりあるようで読んでいて、嬉しく思いました。
    また組体操が復活されたと。廃止になったら復活は絶望的だと思っていたのでこれも安全に配慮し形を変えての復活ですね。
    一度なくなったものを、復活させるということはまた、大きなエネルギーもいると想像しますので是非子供たちにとって素敵な思い出になられますよう、
    願うばかりです。

    ユーザーID:7153066693

  • うちはありました

    うちの子供の小学校は学校全体を紅白に分けて、紅白対抗リレーで各クラス男女2名ずつ選抜されてます。
    他に高学年はクラス対抗リレーがあったり、今年は二人三脚のアレンジ版とか、背中渡りなどがありました。
    他には応援団も選出されますし、実行委員が主体でやります。
    全学年学年別にダンスもあり、今年は久しぶりに6年には組体操の要素が入っていて面白かったです。
    6年の組体操は最近の流れで消えていましたが、個人でやるバランスや少人数のピラミッド(やっぱり低かったけど)にクラス全員で支える大技など3年ぶりの復活でしたね。

    珍しくうちの子供はあっちこっちに立候補して頑張っていました。
    勉強もできない、絵もそこそこ、楽器はかろうじてピアノなら弾ける程度の子供にとっては運動系の行事で立候補してできるものは貴重な機会なので、私はあっても良いと思います。

    ユーザーID:3805940781

  • 全学年のリレーはあります

    選手が選ばれてプログラムの最後にあって
    1年2年は半周アンカーの6年男子は1周半で
    毎年盛り上がります。


    徒競走は全学年ありますが
    タイム別に走るチームを決めるてますので
    足の遅めの子でもメンバーによっては1位になるケースはあります。
    他に障害粒競争とかムカデ競争、台風の目
    勝ち負けの点数が付けれる競技は多かったですよ
    保育園は昔から午前中だけでした。乳幼児もいるので当然だと思ってました。

    ユーザーID:3606301982

  • トピ主

    最後にレスをくださった運動音痴おばちゃん様。

    ご自身も運動会で辛い体験をされたのですね。
    辛い思い出となってしまったことが大変残念です。

    ちなみに合唱音痴の私、練習は音楽の時間以外にも放課後毎日。さらに練習が必用なパートは昼休みもたまにやってた記憶が。
    しかもソプラノとかなんとかのチームわけごとに、パートの練習もあって独唱させられたりもしますよ。

    練習はサボると熱心な先生やクラスメイトからから怒られるし、声がでてないと合格するまで歌わされたりします。
    でも下手なので陰口だって叩かれます。
    この時期は肩身狭かったですよー。
    逃げ出したいくらいでしたが、やる気がないとさらに目つけられるので下手なりにじゅうぶん頑張ってる感を必死でだしたりしてその場しのぎでなんとかやってるって感じでした。
    メンタルボロボロですよ。

    嫌だった合唱祭、そういえば賞に入らなくてクラスメイトが泣いてる中、申し訳ないけどちっとも悲しくなかった。最大の試練を終えた安堵感?のみ。

    リレー嫌いのひともそんな感じかなのなって思いました。
    でも合唱祭がなくなってほしいとは考えてもなかったですが。

    でも、これも大勢の観客の前でってのがポイントなのかな?
    当日は独唱しないから違うってやっぱり言われます?
    でも嫌だった気持ちに私の方が上!も下!も比べれないと思うんですが、運動音痴おばちゃん様のレスは、合唱は当日口パクでもわかんないしその程度でしょ、リレーと一緒にすんなと言われてるように感じました。

    なんだか寂しい気持ちになりました。

    ともあれ、新たに気付かされたこともありましたのでレスありがとうございました。

    ユーザーID:7153066693

  • トピ主

    追加ですが、保育園の午前中のみ運動会には特別な不満はありません。
    運動会が廃止にならなければ、お弁当を祖父母含めみんなで食べるのは小学校でもできますしね。

    共働き家庭やひとり親家庭が増えた過程で、弁当を準備したり、家族で食べたりに負担が大きいのが原因のようです。
    年少組に関しては体力面を考えても午前中のほうが良いでしょうね。

    去年は保育園も弁当ありで、午後からも2、3種目と閉会式とありましたが、やはりお弁当を食べるのも家族総出でテーブル広げての家庭と、母子二人だけの家庭は見ていて極端すぎて。

    私は子供のころから母子家庭でしたので、母と兄弟だけでした。
    人数の多い家庭はちょっとだけ羨ましかったので。
    でもそれで運動会の弁当が嫌とは思ってませんが。
    保育園は保育園で、時代によるさまざまな理由で午前中になったんだと納得してます。

    ユーザーID:7153066693

  • とぴ主

    レス引き続きありがとうございました。
    やはり賛否両論あるものの廃止になっても仕方のない理由もあるんだなと思いました。
    対向リレーでも嫌な思いをすることなく子供たちでフォロー、励まし合って良い思い出に残る運動会ができたら一番良いのですが。
    保護者や先生のリレーも全体が盛り上がり、残念なのは確かです。

    その後、廃止になった理由を風の便りで聞きました。
    特定を防ぐためにここでは伏せますが私たちの時代ではなかったことはたしかです。

    選手リレーは今のところ残ってるのですが、やはりここでいろいろな意見を聞くとこれもまた問題がでてきそうですし、数年後にはなくなるかもしれませんね。

    私と同じく、リレーがなくなって寂しいと感じるかたもいて、やっぱりそうだよね!と思った反面、廃止で良いという意見も聞かせていただき、それもそれで納得しました。

    ただ、団体でやる種目しかなくなり、自分だけの見せ場がないのもやはり寂しいと感じましたし、そういった体験で身に付くものもあるかと思うのでそういった体験は我が子にはさせてあげたかったなと思いました。
    (うちの子は選手リレーには残念ながら選ばれなかったそうなので。。)

    みなさんありがとうございました。

    ユーザーID:7153066693

  • 運動会が嫌いでした。

    子どもの頃運動会が大嫌いでした。雨が降るように祈っていました。
    小学生の時は、4人で走る徒競走はあって、背の高さ順に走らされるので、リレーの選手と当たると悲惨でした。リレーは地区対抗と紅白リレーがあって速い子はいいけど、全く縁がありませんでした。
    中学の頃は、全員参加のクラス対抗リレーがあり、とにかく次順位のクラスの走者と距離があってバトンを受け取れるか、抜かされないかだけですね、私の祈りとしては。リレーでバトンを落としたり、転んだ子は冷たい目で見られていました。

    何で運動だけが注目を集めるのだろうと思っていました。勉強では、定期試験で一桁の成績でしたが、校内で発表されるわけでもなく、成績上位者だけで「今回は○○くんがトップだったらしい」と噂するくらい。

    娘の小学校では、徒競走は走力順に走っていました。これだと速い子でも1番になれない代わりに遅い子でも一番になれる、しかも差があまりつかない。これも考えると、その学年の中での走力の順位がついているわけで。
    娘は中学では残暑厳しい中練習をさせられ、熱中症になり、当日見学になりました。

    娘の保育園では運動会は午前中だけでした。乳幼児ばかりだから、体力面を考えると当然だと思いますよ。


    合唱祭は、それぞれ独唱の部分があるわけではないでしょう。独唱部分があってもそれは歌が上手い人がすればいいの。音痴の子どもは小さな声で歌えば、それですみます。

    何で運動会なんてするのかねえ。リレーが花形といつても、それは一部の毎年ほぼ同じメンバーが注目を浴びるだけ。
    ちなみに、娘の小学校では昼食は教室に戻って、子どもは別に弁当を食べていました。きっと親が仕事で運動会に来ない子どもへの配慮なのかな。

    ユーザーID:9389447041

  • 匿名さんの意見に賛同するけど、

    上位を褒め称える。いいと思いますよ。
    だったら、運動会は全競技、自主参加で出たい人だけでいい。
    何故、出来ない人をさらし者にする必要があるのか分からない。

    みんなで参加する事に意味があるのであれば、
    勉強も最下位まで掲示するべき、
    合唱も絵画も最下位まで順位付けし、掲示するべきです。

    勉強で何となく、誰々ちゃん頭いいねが分かるように、
    体育祭なんかでさらし者にしなくても、日々の体育の授業、クラブでの活動を通じて、運動神経が良い人、足の速い人なんかも、クラスのみんなが分かってますよ。

    たかだか体育祭で、打たれ弱さとか大げさな事を言い出す大人の方が心配です。

    競争意識なんて、人間が生きていれば勝手についてきます。

    体育祭がなくてもスポーツ、勉強、歌唱力などの優劣は目の当たりにする。
    受験で合否がでる。

    体育祭ごときがなくなって、何を心配しているのか。

    ユーザーID:2042220089

  • じゃあ、もう平日で

    授業の一環なのだし、土日に実施しなくても良いような気がします。
    土日が休みではない保護者もいるのだし、その人たちは子供の頑張る姿を見ることができないなんて不公平じゃない?
    平日に実施して、保護者は希望者だけが行けばいいですよ。
    それならお弁当も必要ないですし、振替休日も必要なし、運動が苦手な子も大勢の前で恥かかなくて済みますから。

    主様が今回立ち上げたトピは「リレー」に話をしぼっているけど、よく読むと「クラス対向の種目もないし応援合戦もない」でしょう?
    それじゃ、なんのために練習するんだろう。
    大々的な応援もなく、勝ち負けのハッキリしない種目ばかりで、何を励みに子供たちは頑張るのだろう。

    うちの子供たちはもう成人しましたけど、学習にだって競争の要素を入れてましたよ。
    テストだけでなく、暗記ものとかね。
    初段から名人まで段階をつけて、昇段するごとに先生がシール貼ってくれたりして。
    中学校は順位こそ出しませんが、英数はレベルわけクラスだったので当然成績の良い/悪いはわかります。

    体育だって音楽だって、競わせるって必要だと思いますけどね。
    競いあうことで団結力が高まることもあるのだから、マイナスにばかり考えない方が良いのではないかしら…。

    ユーザーID:5378370944

  • 子供の学校は

    リレーは最後から二番目の競技になってて、リレーの結果は直接勝敗に影響しないようにしています。
    それでもかなりの比率を占めますが。
    最後の競技は六年生による紅白対抗全員参加の大玉ころがしです。
    (しかも頭上を転がす方式)
    これだと運動オンチもアスリートレベルの子も関係ありません。
    全員で出した結果ですから文句の付けようが有りません。
    ある年のこと。
    アンカーは球を台座に置かないといけないのですが、トップでゴールした子が台座に置くのを聞いてなかったのか忘れたのか球を大きく蹴り上げて喜んでその間に二番目の組の球が台座に置かれまさかの逆転ということがありました。球を蹴り上げた子は学年全体から白い目で見られる羽目に。
    アスリートも運動オンチも関係ない競技でしたが頭の悪い子には向かなかったと言う残念なオチが付いてしまいました。しかしそれもいい思い出。
    今だに運動会の季節になるとその話が子供の間で話題になります。

    ユーザーID:7782161034

  • 「競争」の練習は必要

     私は勉強は得意でしたので恥はかきませんでしたが、短距離は苦手で運動会の徒競走は恥ずかしくて泣きながら走ってました。でも、得意なものがあれば苦手なものもある訳でそれから逃げてもしょうがないと思っています。

    勉強が全然できなくて口下手でクラスでも全然目立たない子が運動会になると快足でクラスのヒーローでしたが、凄いなあと思ってみてました。各人得意なものが違うのでこれで良いんじゃないでしょうか。

    足の遅いことを目立たなくしても、成績を発表しなくても高校受験になれば受験する学校で如実に分かるし、スポーツの得意な人はそれで進学できたりもするので一緒だと思います。

    それに社会人になれば容赦なく競争になるので学生の頃からある程度は経験し練習したほうがいいと思います。どうしても嫌だという方がいるなら希望者だけで開催すればいいです。

    やっぱりリレーだとか徒競走がないと面白くないですよ。

    ユーザーID:6422614501

  • 勉強のできる子

    子供が小学生で、選抜リレーはありますがクラス対抗リレーはありませんでした。
    選抜リレーに選ばれている時点で足の速い子は十分目立ててるのでは?と思います。

    勉強のできる子にはテストがある、とトピ主さんが書かれてましたが、
    私自身の経験を書くと、勉強ができる子は公立中学などではできない子に結構な嫌がらせをされますよ。
    話をしたこともない別のクラスの子に「あの子は成績がいいから性格が悪い」とかいう意味不明な悪口を言われたこともあります。

    で、運動ができないと球技大会などではお荷物扱いだし、
    私の子供の頃はクラス対抗全員リレーがありましたが、
    「オメーのせいで負けた!」と罵られること数知れず。

    勉強ができて運動が苦手な子、ほんと大変ですよ。
    我が子も同じタイプなのでリレーが選抜のみと知ってホッとしました。

    ユーザーID:2089137343

  • なんでもアリにすべき、と書いたものですが

    前回書いてからさらに考えてみました。

    こうなったら、色々な行事を年度初めにあげて、「○○に参加」と生徒に選ばせればいいのかもしれませんね。

    合唱発表会
    運動会(その中にはクラス旗作成や応援合戦もあり)
    マラソン大会
    大繩大会
    縄跳び大会
    マット・跳び箱・鉄棒大会
    スピーチ発表会
    ドッチボール大会
    自由研究発表会
    絵画・創作発表会
    有志による教科別実力テスト(張り出しあり)

    など。

    そして、生徒は必ず一つには参加すること、複数参加は自由。
    親の見学も自由だが、自分の子供が参加しない場合も当然ある。
    発表会以外のものは競争が発生する。参加しないものは参加するものを応援し、(ハリーポッターじゃないですが)年度末にどのクラスが合計1位だったか競う

    とか。

    これなら保護者は自分の子供がイヤイヤしているのや、人より劣っているのを見に行く必要もないし、子供も得意な人を応援するだけでいいので気楽なのでは。

    どうでしょう

    ユーザーID:7223244054

  • hanabiさん、そうなんです!

    hanabiさん、私が言いたかったことも、まさにそれです。私ではうまく表現できませんでしたが、わかりやすく書いていただき、ありがとうございます。

    ユーザーID:9148700333

  • 大勢の他人の前だから問題

    競争はさせるべきですよ。
    苦手なものにも挑戦するべき。
    でも実際学校の授業では競争も挑戦もしてますよね?
    誰がいちばん早いか上手いかっていうのは体育も含む授業でやっている。
    勉強のテストもあれば、スポーツテストもある。
    自由研究もあればマラソン大会もある。
    全員参加ですよ。
    だから誰が何が得意なのかみんな知ってます。
    そして算数が得意な子は他の子に教えたり、体操が得意な子はみんなの前で模範演技をして見せる。
    その中で教師はきちんと道徳的な指導もしてくれてますよ。
    大勢の他人の前で個人の能力の差を見せることが問題なんですよ。
    だから参観日の授業も無難な物になっている。
    運動会もしかり。
    競争は親の知らないところでやってますよ。
    それで十分でしょう。

    ユーザーID:5363921610

  • 競争させるかどうかではない

    幾人かの人が「競争させないとダメだ」とおっしゃっていますね。

    私はそれには賛同します。
    受験だって競争だし、就職だって競争ですから、幼いころから「努力は必要で、劣っていると負けることがある」ことがわかっているのは必要だと思います。同意です。

    選抜リレー、いいと思います。足が速いのは立派です。
    芸術関係の優秀者の表彰も、励みになるでしょうね。できる子はたくさんほめてあげてしかるべきです。

    でも、「クラス全員リレー」必要ですか。

    ここで申し上げたいのは、自分が努力しても克服できないことがあって、それが理由でクラスメイトに迷惑をかけてしまう。さらに他人の足を引っ張っていることが衆目にさらされる、それが元で見下されたりののしられたりするが、それも必要か?ということです。(私の実体験なので、これは現実にあり得ることです)

    勉強にこれをあてはめるとしたら、テストの得点順を全員玄関に貼りだす。そしてクラス同士で平均点を競わせ、学年最後に学校全体で優秀クラスを表彰する、となります。

    公立の小学校でこれをやったら、大問題になる気がしますが、どうして足の速さは公表しても良くて、成績はダメなんでしょうね。

    ユーザーID:0179868858

  • なんでもできる子の場合は?

    全部競わせてその結果を発表するとしたら。

    運動神経よくて運動会ではリレーの選手、合唱コンクールでは毎年伴奏、
    テストは常にトップ3、美術も書道も小さいころから習っていてかなりの腕前、
    という万能な子もいたりしますよね。

    特に小さいうちは優秀な子はなんでもできる傾向が強い。
    教育熱心なおうちはいろいろと習い事もさせてますし。

    「できるのに誰にも認めてもらえないのは可哀そう」というのも程度問題で
    逆に「これ以上目立たちたくない、あんまりすごいと言われたくない」と
    思う子も(時には親も)いたりします。

    なんにも表彰されないというのも辛いでしょうが、ことあるごとに
    表彰され、羨まれ、下手すれば妬まれるというのも辛いでしょう。

    ユーザーID:2250639465

  • 全部アリにすべき

    ・運動会はもちろん競い合う前提
    ・合唱コンクールはもちろん有り
    ・テストは上位1/3で良いですから順位と点数を貼り出せばいいと思います
    ・美術は作る系と塗る系を、実技の部分で評定トップの点をつけた生徒のものを掲示・展示。書道・技術家庭もあるなら同様に
    ・夏休みの自由研究ももちろん優秀者は表彰の上、展示必須

    良いものは「すごいんだな」と皆で思おう!という形にせねばならないと思います。
    特に学校で学ぶ教科のものは。大事だから義務教育でわざわざ教えているわけです。
    不得意だからしたくないという気持ちは、その感情も持って育つべきだと思います。
    その感情はそのままに、不得意な人間を卑下する感情を無くしていくことが大事です。
    卑下する感情や人間を無くすために、競わせるという行為を無くそうというのは人生における学びの第一歩としては本末転倒です。
    凄い人やものに触れて知ることはとても大事なことです。

    また義務教育が終われば必ず競争社会の中に入っていくのに、無菌状態でそれを終えるのはおかしすぎます。

    「できない人が可哀そう」という風潮が大きすぎます。
    「できるのに、誰にも認めてもらえない状況は可哀そう」という考えはなぜ負けるのでしょうか。

    うちの子は発達障害グレーということもあり、勉強は極端にできない教科あり、運動は運動神経が本当に無いんじゃないかと思うほどの壊滅状態。
    発達障害からくる部分もあるでしょうが、字や絵は悲惨です(そもそも枠内に書くとか、色を丁寧に塗るということができない)。音楽は唯一「普通」ですが、何を習わせたわけではないので楽譜も読めませんし目立てるものではありません。

    きっと「誰よりもできる」ものは存在しません。そういう子もいます。
    それでも、できる人とできない人がいる、という環境に置くことは大事だと思います。

    ユーザーID:7223244054

  • ちょっと違うかな。苦手な事も頑張れば良いと思います。

    >子供によってできないことや苦手なことは無理してしなくて良いという、お考えということでよろしいでしょうか。
    うーん、ちょっと違う感じです。私は、子どもにも順位をつけたり競争したりする事は、ある程度は必要だと思っています。また、苦手なことを克服するために努力することは必要だとおもいます。私も、子どもが逃げていることについては、親として厳しく接してやらせる事もあります。
    ただし、なにも学校行事で毎年毎年、苦手なことを皆の前でやらされて、しかもそれで居た堪れない気持ちになる子がでるような競技は、なくても良いんじゃないかなと思います。それの特に辛いのがクラス全員リレーだな…と。
    勉強にしても、苦手な子に補習や再テストをするのは良いけど、そのメンバーを張り出したりするのは嫌だなと思います。うちの子どもは高校生で、進学に力をいれている学校に行ってますが、わざわざ下位の子の点数まで張り出されていた時がありゲンナリしたと言ってました。自分が上位に名前があっても、そっちが気になって嫌だと…。だよねぇ〜と思いました。
    ちなみにうちの子は、楽器が苦手です。音楽の授業で、皆の前で鍵盤ハーモニカや笛を吹くテストだけはすごく嫌そうでした。緊張と恥ずかしさで、ますます吹けなくなると。でも小学校高学年くらいから、先生が別室に一人ずつ呼んでテストする形式になりました。そうしたら、今までより積極的に練習するようになりました。皆の前で恥ずかしい!という余計なプレッシャーがなくなり、下手でもなるべく頑張ろう!と思えたようです。
    私が言いたいのは、こういう事なのですが、伝わりますでしょうか。

    ユーザーID:9148700333

  • 保育園は午前中弁当無しが有難かった

    保育園、幼稚園、小学校と運動会を経験しました。現在、子供は小学生です。

    保育園は、午前中のみで 弁当無し。
    更に、プログラムの最初に0歳児〜2歳児を集中させており、自分たちの演技が終わったら自由解散可能にしてくれてました。大変、有難かったです。

    幼稚園は、多数の親が午前中のみ弁当無しを望みましたが、一部の保護者が弁当有+午後までを主張。結果 弁当有で午後以降も運動会をしました。最年少や年少の時は子供の体力が少ないため、午後以降も運動会はきつかったです。弁当作りも大変でした。

    小学校は、未だに 昔の運動会って感じです。騎馬戦、組体操(大ピラミッドあり)、全員参加のリレーなど 全てあります。
    賛否両論あるとは思いますが、盛り上がりは凄いです。組体操では泣いてる保護者続出ですし、、。
    運動会が終わるころには、先生、子供、親、全員声が枯れてます。終了時は、自然に保護者から拍手が起きます。

    盛り上がりだけで言うと、昔ながらの運動会でしょうね。すっごく早い子が追い上げたり、勝ってるチームの次の走者が急にとんでも無く遅かったり、一喜一憂するので。

    ただ、ああーーとため息つかれる生徒は 苦痛以外の何物でもないでしょうし、、。

    なかなか難しい問題だと思います。

    ユーザーID:9553788269

  • 何事も普段の指導が大事かなと。

    うちの子の小学校はクラス対抗はないですね。1年〜6年まで縦割りで紅白に分かれて競い合います。

    徒競走、個人競技の障害物走、団体種目、全校ダンス、応援合戦、紅白選抜リレーがあります。

    障害物走は足の遅い子も3位内に入れるように工夫してありますよ。ほぼ「運」の競技にしてあります。徒競走は速い順に5人〜6人くらいで組むので、足が遅くても1位になる可能性もあるし、速くてもビリの可能性もあります。学校も結構工夫しています。

    幼稚園は元々午前中のみですね。人数が少ないからかもしれませんが。お弁当は自由で運動会が終わってから園庭を解放するので、お弁当を持ってきて食べてもいいし、家に帰ってもいいし、外食もあり。半々くらいです。

    幼稚園も縦割り紅白です。徒競走、親子で障害物走、年少年中のダンス、年長のダンス、年長さん全員リレー、紅白選抜リレーがあります。これだけやっても午前中で終わります。全員リレーはうまいこと先生が組み合わてくれるので、毎年接戦で盛り上がります。遅れても次の子が追いつくみたいな。

    幼稚園は最後に頑張ったご褒美として、お土産(おもちゃ)とメダルを勝っても負けてももらえるので、負けた子も最後はケロッとしたものです。どの子もメダルは嬉しいみたいです。

    競争も必要だと個人的には思いますね。一番は遅い子へのみんなの態度を、先生と親がどう指導するかかなとも思いますね。色々言う子は結局普段もそういう子だと思うので、普段の指導や躾が大事かなと。

    ユーザーID:8262498747

  • トピ終わりにつぶやきです

    私は、リレーがなくなると寂しいと思う方です。

    うちの家系では、リレーとは縁はないと思っていました。
    上の子の運動会体育祭も、見学者としてリレーを楽しんでいました。
    選手ではない児童生徒たちも、自分の属するチームを声の限り応援しています。
    中学校では、先生チームも走るので大いに盛り上がります。

    なぜか下の子は足が速くて、小学校の時は何度かリレーの選手に選ばれました。
    いざ我が子が走ると、心配でハラハラしました。
    ですが、中学に入学して足に大怪我をして、体育祭はほぼ見学となりました。
    クラスやチームが一丸となっている中で、やはり蚊帳の外という気持ちは消せなかったでしょう。

    今年は高校の体育祭を見に行きました。
    平日なのに、設置されたテントからはみ出るくらい多くの保護者さんがいました。
    夏休みに部活や勉強の合間にコツコツと準備を進め、新学期になると直ぐに体育祭です。
    チームごとに作成された大きなパネルも、さすがに高校生だなと圧巻でした。
    パネルも表彰の対象のようです。

    そして、やはりリレーは盛り上がります。
    先生チームも倍の人数で参加でした。
    保護者も我が子のチームが勝てば嬉しいです。

    小中学校では親子競技もあります。
    夕食を食べながら、子どもとその日の話をするのも楽しいですけどね。

    ユーザーID:2240321657

  • 手を繋いでゴールにも全員リレーにも反対

    私も徒競走で手を繋いでゴールには反対です。
    そこまで競争を避けることはない。

    でも全員リレーにも反対です。
    なにも一人でクラス全員の足を引っ張って非難されたり、
    自分を責めたりという経験をさせることもない。

    普通に徒競走で競争を経験させ、運動が得意な子は選抜リレーで
    活躍ということではダメなんですか?

    ユーザーID:2250639465

  • とぴ主

    にゃんごろーさまお返事ありがとうございます。

    ご自身の経験やお子様のお話を交えて教えていただきありがとうございました。
    結果、子供によってできないことや苦手なことは無理してしなくて良いという、お考えということでよろしいでしょうか。
    そういった子に共感し理解のあるお子様で素晴らしいですね。

    私とはまた違う親としてのご意見、ありがとうございました。

    私は勉強もできない子でしたのでふだんからできる子は羨ましく思っておりました。
    日頃から勉強では怒られてばかりの子でも運動会では元気ハツラツと輝いていましたのでそれを残念に思った次第です。

    ユーザーID:7153066693

  • 競争のない社会ならそれでいいのでしょうが・・・

    大人になって待っているのは違いますからね。
    その時になって挫折すると子供の時と違って取り戻すのは大変でしょう。

    ユーザーID:2829182851

レス求!トピ一覧