早出と残業。なぜ残業のほうが高評価?

レス10
(トピ主1
お気に入り12

キャリア・職場

さんもん

年俸制でフレックスタイムが無い場合(つまり始業と終業時間が決まっている)、なぜか残業をする人のほうが評価が高いような気がします。遅くまで頑張っているというような。

早出をしてもすぐに仕事を始めるのではなくデスクで朝食を取ったり、携帯をいじったりするというのも聞いたことがあります。でも、そうではなくすぐに仕事を始めるとしても尚残業の方に分があるようです。

これは私が経験した職場だけでしょうか?皆さまの体験や感想などを聞かせてくださいませんか?よろしくお願いいたします。

ユーザーID:2474071246

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
  • 目撃者の数

    早出よりも残業の方が、
    目撃者の人数が多いからではないでしょうか。

    早出の場合、自分より早く来ているな、と思っても、
    わざわざ出勤時間の確認はしないでしょうから、
    自分より少し早く来ているのか、
    早出と言われるほど早く来ているのかは分かりません。
    だから、早出をしているかどうか自体が認識されにくく、
    評価に繋がりにくいのだと思います。

    一方、残業の場合も退勤時間の確認はしませんが、
    自分が帰る段になっても帰り支度をせずに
    仕事をしている人がいれば、
    その人が残業するであろう事はわかります。
    だから、残業している事が認識されやすく、
    評価に繋がりやすいのだと思います。

    ユーザーID:6635693064

  • 昭和の感覚

    うちの会社もそうです。
    残業時間が多い人ほど『頑張ってる』という評価をする会社です。

    私は中途採用で入ってきたのですが、現場でバリバリこなしても、上司(というか会社、組織)は『きみは頑張ってない』と言うだけで驚きました。
    徐々に気がついたのは、私の入った会社が評価するのは、とにかく残業時間が長い人と、上司の言うことをなんでもハイハイと言うことを聞く人。この2点だけでした。そこに仕事の実力も成果もスピードも全く関係ありません。今まで私が働いてきた会社との価値観のあまりの違いに驚き戸惑うばかりです。

    大手なので人件費も、そこで働きたがる人材も豊富に揃っているので、仕事のデキる社員なんて必要ないのです。
    そんな環境だから、昭和の感覚から全く進化しておらず、社内はパワハラ、モラハラの嵐で、とにかく残業時間が長ければ仕事をしていることに
    なります。

    これは社員達より、その会社の在り方の問題なので、現場の人間が違和感を覚えてもトップダウン式なら変えようがありません。

    ユーザーID:8797079311

  • 業務の必要性に対応しているから

    年俸制の職場ではなく、一応フレックスはありますが制約が多いので、よほど事情がないと使わない感じです。

    予定通りの仕事だけでも忙しいときは残業が生じますが、当日や終業近くになって舞い込んできた案件や上司に急に指示された仕事で、対応を急ぐものに対応して残業になることが多いです。

    私の職場では、早く帰りたいから早出をしている人(大抵、多くても1時間)は、大抵、早くから仕事してるから早く帰って当然、という態度の人が多く、仕事が残っていても定時で帰ってしまったり、急な仕事を頼んでも断ったり、結局やり切らずに帰ってしまう人が多いです。なので、上司も残業になってもちゃんと仕事をしてくれそうな人に仕事を回しますし、そういう人が評価されないことの方がおかしいと思います(業務内容は公的な仕事で緊急の対応も求められます)。

    早出をする人の中に2人、何もなければ定時で帰りますが、残業が生じるような急な仕事にも嫌な顔1つせず、対応する人がいます。
    その方たちの周りからの評価は、当然、良いですよ。

    ユーザーID:5264750262

  • それだけでは

    >残業をする人のほうが評価が高いような気がします。
    >でも、そうではなくすぐに仕事を始めるとしても尚残業の方に分があるようです。

    「気がします」とか「ようです」だけでは何とも言えません。
    実際に高評価だという数字を示していただけませんか?
    そうでないと、何とも言えません。

    ユーザーID:5324312044

  • そうですねぇ・・・

    年俸制ではありませんが、一時フレックスだった会社に勤務していました。

    始業時間が決まっているのなら、それより早く来るのはその人の勝手であり、早く来た分、オフィスランニングコストがかかりますね。業務上の電話が少ない、人が少ないことで効率が上がる、かもしれませんが。
    一方、残業は、基本、業務命令です。命令に従って残業している。よって、評価対象になる。

    これがフレックスだったとして、私個人としては、例えば明日の朝一の会議に間に合うような準備が必要だとして、今日のうちに準備が整わないと落ち着きません。明日の朝、と思って、定時に帰ったとして、早出しても間に合わないかもしれない、定時以降に事情が変わるかもしれない、と思う。
    もちろん、残業時間にもオフィスのランニングコストはかかります。でも、業務命令ですから。

    一人で仕事してるなら、マイペースで成果を上げれば良いのでしょうが、縦にも横にもつながっているチームワークなら、一人定時で上がって「明日早出します」は、感じ悪いかも。

    ユーザーID:9817946183

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 分かります!

    金融機関に勤めています。
    うちの職場も似たような傾向があります。

    同じ時間外でも、未だに残業=えらいという風潮があり、仕事が終わっていて定時で帰るのに、
    「どうしてそんなに早く帰りたいの?(笑)」などと聞いてくる役付者もいます。

    私は通勤時間などの都合もあり、残業より、断然、早出派です。
    早出なら構いませんが、帰りは定時で帰りたいですが、やはり帰りづらい空気があります。

    ユーザーID:8074295116

  • 職種にもよりますが。

    日本人特有の感覚かも、就職先が大型スーパーで全盛期で開店前に全ての準備・品だしが 終わってないとダメでした。故に朝6時に出勤し 商品管理を手伝いながら 自分の売場商品を優先的に検品してもらい 品だし してました。(現在のスーパーでは皆無です)。 職種にもよりますが、[朝、準備ができない担当は能力がない者扱い]でした→昇給・昇格なし。当然、残業代を発生さしたらバカ扱いの時代でした。

    ユーザーID:9255093163

  • うちの場合は、残業をしていることに対しては評価しない

    早出だろうが、定時後だろうが、「残業」というだけなら肯定的な評価はないです。
    個人的な意見ですが、以前海外とのやりとりのために早く出勤した際、早出を選択している人たちを見ていると、「定時前だから」と電話もとらない、なんてことが結構見受けられました。上司も出勤前ですし、国内のカウンターパートもまだ始業してないし、定時後にやるよりは自分の仕事だけに集中できそうに思います。
    一方、通常の勤務時間の場合は、早出の人が帰った後に、急ぎの仕事が入った場合はフォローしたり、上司の手伝いをする、なんてことが時々発生したりします。うちの部署は、本来同僚が処理する案件だけど早く帰っているので代わりに私が処理した結果、その仕事は私の担当かのように上司が認識していた、なんてこともありました。翌日に回しても大丈夫なものはそのまま淡々と処理される一方、緊急事態に対処する方が印象に残りやすいから、イレギュラーな業務もこなせる、機動力があるという印象には繋がりやすいのかもしれません。早く出て来ていた時に電話とって、緊急事態が発生しても、出勤してきた担当者や上司が結局は「業務」としてこなすので、プラスアルファのサポートをしているとは認知され難いということもあるかもしれないですね。
    単に自分の仕事が終わらないだけで残業している場合には、仕事の要領を見直すように言われてますよ、早出でも定時後でも。

    ユーザーID:1890738835

  • えっ!?残業って仕事できないイメージ

    早出の方が明らかにカッコイイと思いますけど…。
    早朝に来て、まずメールチェック、今日の仕事の段取りを考えている方が余裕があって断然カッコイイ。
    朝早く起きられるって規則正しい生活しているって感じじゃないですか。
    残業って時間までに仕事を終わらせられなかったってことでしょ?
    私は残業の方が仕事できない人ってイメージですけど・・・。
    職場によるのでしょうか?

    ユーザーID:2562194843

  • トピ主です

    お礼が遅くなってしまい申し訳ございません。

    いろいろなご意見をありがとうございます。早出・残業とも業務命令のこともあれば個人の判断のこともあります。ただ時間外の業務に対しては早出・残業とも年俸に含まれているとみなされるので、加算手当ては出ません。

    私が見聞きした限りでは、同僚・上司らも残業賞賛派が多いようでした。定時で帰っているのに「もう帰るの?」という発言や、逆に「いつも遅くまでがんばってるね」という発言が普通にあります(ありました)。ただ個々の査定を見るなんて不可能ですので、実際に高評価なのか断言することはできませんが。

    たしかに、早出の目撃者のほうが少ないという理由はアリかも知れませんね。それと社風が昭和というのは頷けます。基本給が低く残業代でやっと生活が出来るという話もあるので、そういった理由もあるのでしょうか。私自身は就業時間内で終わらせたいのでどちらもしたくはないのですが、もしする必要がある場合は早出のほうを選ぶと思います。

    ユーザーID:2474071246

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧