夫の小遣い攻防戦

レス51
(トピ主1
お気に入り183

家族・友人・人間関係

りんご

レス

レス数51

レスする
  • 働いてるなら

    年収は下がったけど働いてるからね。そのままでいいのではないでしょうか。再雇用も退職したら小遣いは1万円で嫌ならアルバイトしてもらったらどうですか?夫に年収が半分以下になった自覚を持ってもらうように、夕飯は質素にしては?
    文句言われたら、貯金して貴方のお小遣いを維持するには夕飯はこれが限界です。夕飯の品を増やすなら小遣い減らさないと難しいから夕飯は我慢してくださいて話したら我慢するんじゃない?

    ユーザーID:8362801501

  • 今に時代では

    夫婦と言えど自分の食い扶持は自分で稼ぐ時代です。家計費を折半した残りはそれぞれが管理する時代ですよ。夫をモラハラと言いますが逆にトピ主さんの方がモラハラだと言われかねませんね。時代的に。夫の小遣いにパート主婦が口を挟むことは。従って夫を論破することはできないと思います。あの〜、夫に健康な妻を扶養する義務はもうないのですよ。平成・令和の時代は。相互扶助の義務はありますが。要するに助け合いですよ。どちらかが病気で働けなくなったときの。
     でもまぁ原則論は別にして再雇用で給料が減少したのなら家計をスリムにしなければやっていけませんよね。家計簿をつけていらっしゃると思うので、二人で家計簿を見ながら検討すればどうでしょうね。今まではトピ主さんが家計を独占管理されていたとのこと、これからは是非二人で共同管理することをお勧めします。

    ユーザーID:3550282277

  • それくらいいいと思う

    定年すぎても働くのは当たり前になりつつありますが、それでも延長して働いてくれるなら今までの感謝も含めて今まで通りでいいと思います。
    年収が下がったとはいえ、あなたより稼いでくれてますよね?
    長年働いてくれてるんだから、それくらいいいのでは?

    ユーザーID:2501203767

  • 仕方ない

    家計管理のやり方がマズかったですね。
    ご主人の言い分のほうが理にかなっています。
    (年収の高い時でも小遣いアップもせずにきたのだから年収が下がってもダウンすべきではない)

    我が家ではこれを避けるために小遣いは手取りの1割、ボーナスは手取りの5分の1と決めています。

    しかしそれでは手取りが1万円上がっても小遣いは千円しか増えないことになりモチベーションを保てない(かもしれない)と思い、皆勤手当てや有休残の買い取り分など、本人が休まずに頑張った分は全て夫の小遣いとしています。

    トピの場合はこれまでのやり方がマズかったです。
    これまでのやり方を奪取すればご主人の言い分のほうが有利かと思えます。

    夫から言われないから小遣いアップしなかった、はマズイです。
    夫からしてみたら「俺が言わないと考えないのか?」です。
    妻が夫を軽視している現れ、と夫に受け取られても仕方ありません。

    月5万でいいんじゃないですか?
    それでやり繰りしてくれるなら。
    家計は減収なので「買っておいて」と言われたら「お金が無いから無理、自分で買って」でいいじゃないですか。

    今こそ「あなたの言う通りです、今まで小遣いアップもせず家族のためにありがとう。感謝しています」とでも言っておけば、本当に家計が困ったら夫の隠し財産で助けてくれるのではないでしょうか。

    ユーザーID:4941050172

  • 具体的な数字を

    老後破産を持ち出すなら、具体的にいくら必要でいくら減らせばいいか、プラン無いの?
    無いんでしょうね。ただなんとなく減らしたいわぁってだけのように見えます。
    ご主人には再雇用をしない選択もあったんですよ.
    あなたは何歳まで働くんですか。

    ユーザーID:0788954378

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • やっていただいては

    ご主人様は、家計の実際をご存知ない、もしくはトピ主様の管理が悪いとお考えなのでしょう。
    でしたら一度、ご主人様に実際に家計管理をしていただいてはいかがでしょうか?

    うちの夫も、私が管理するのは気に入らないらしくて、大喧嘩の末、やってもらうことにしました。

    その際に、それまで私がつけていた家計簿を参考に、

    ・家賃、水道光熱費、通信費などの毎月必ずある支払分と、保険や車検、夫婦共通の趣味や旅行など年払い用の積み立てを、先に取り置かなければならないこと
    ・夫婦二人分の食費+外食費が毎月コンスタントにかかること
    ・その他、ガソリン代、被服衛生費等も必要なこと
    ・何にでも使える予備費をいくらか確保しておくと良いこと

    そして、リーマンショックで残業代どころか基本給まで減らされた経験があり、ボーナスと残業代が無くなっても暮らせるように考えなければならないことを説明し、その場で仮の予算を立ててもらいました。

    そうすると、世帯年収4-500万円くらいでは、本当に自由に使える「お小遣い」はそれほどたくさん取れないんですよね。
    夫は私が食費を使い過ぎだと言いましたが、買い物を見張る名目で荷物持ちについてきてもらうようにしたら、1カ月で文句は出なくなりました。

    50代の現在、夫が自分で決めた夫のお小遣いは5千円/月です。
    それでも、主に夫が稼いだお金を、夫自身が使い道を決めているので、満足感はあるようです。

    ユーザーID:5937597490

  • 説得材料を

    御主人義理実家から相当な遺産を相続出来る当てが有るのでしょうか。
    将来年金も受取額は減っていくそうです。

    二人でファイナンシャルプランナーに相談してみたらどうでしょう。
    今のお小遣いの額が妥当かどうか客観的に判断してもらえると思いますよ。

    ユーザーID:9336826664

  • 小遣いにルールはない

    けれども多くの旦那さんは不満タラタラです
    本来ならガッツリ稼いで自分のものであるはずが
    ほんの僅かしかもらえないということが長期間続くので
    離婚の原因にもなっています
    なので、結婚する前の覚悟がないとうまくいかんのですよ
    小遣いの多い少ないよりも覚悟があったかどうかだね
    覚悟があれば、小遣いは零で必要な時に必要な金額だけ
    いただく方式が成り立つからだ
    つまり夫婦間での信用取引がないとうまくいかない
    この信用取引というのは旦那さんが必要なときに
    いさぎよく金が出るかどうかにかかっている
    元は、といえば旦那自身の金だからね

    ユーザーID:2403077497

  • 家計を管理しているなら

    まずは小遣いが5万円では困る理由を論理的に説明してください。
    それが妥当であれば、だれが管理しようと小遣いの額は5万円以下になります。

    政府が出している家計調査などの統計を見れば平均はわかりますが、歳をとるほどそれぞれの家庭の生活費は異なってきます。小遣いでどこまで支払うのかも家庭によってバラバラです。ですから一般論を聞いてもあまり意味はありません。

    長年会社で働いていた男性はトピ主さんのようにフワッとした感覚で説明されるのを好まない人が多いです。論破したいのであればしっかりと数字で説明するべきです。

    あるいはこれを機に小遣い制をやめましょう。夫の稼ぎとトピ主さんのパート代を合わせて二人で管理しながらやりくりしましょう。
    そうすれば不毛な喧嘩をすることも無くなります。

    ユーザーID:3333819205

  • 小遣いを削らないと破綻するというデータがありますか?

    > 老後破産など招かないよう生活もダウンサイジングせねばと、保険を見直したり消費を引き締めたりし始めた矢先、

    支出の見直しを否定はしませんが、「何でもかんでも」
    例外なく一律にすれば良いというわけではありません。

    なぜなら、人間には感情があり、
    時として理性よりも感情が優先するからです。

    時系列で考えれば、過去収入の割には低額の小遣いで
    旦那さんが頑張って働いてきたことは事実でしょう。
    (「増額請求しなかった」は理由になりません、
     家計を預かるなら、収入が上がったらトピ主さんの方から
     「増額しようか」と打診するのがスジというもの)
    そういう過去の旦那さんの貢献を忘れてはいけません。

    そこに感謝の気持ちがあれば、まずは小遣い以外を全て見直し
    (特にトピ主さん自身に関する支出は大ナタを振るう)、
    小遣いを削らないと家計が破綻するということが
    数字的にも明らかであれば止むを得ませんが、
    そうでなければ小遣いは削った以上にデメリットが
    発生する項目だと思いますよ。

    一般論ですが、年収300万円とはいえ働いており、
    企業年金も出ているようであれば、小遣いを削らなくても
    破綻しないと思いますが、いかがですか?

    敢えて言うとすれば、この先再雇用が終了すれば
    収入が下がることは確実で、その時こそ小遣いが
    一気に減る事になると思うから、今から段階的にに
    減らしていった方が衝撃緩和になって良いという位。

    なお、考え方として「お金はあればあるほど良い」という
    方針は支持されないことが多いです。
    なぜならお金はあの世には持っていけないから。

    お金は使ってこそ、その価値を実感することができますので、
    人生終わるときに使い切るのが最善かと。

    何はともあれ、他人を説得しようとしたら、
    数値的な裏付け+感情面のケア(相手の面子を立てること含む)の
    2つがセットで必要です。

    ユーザーID:1584151074

  • 論破は難しいような

    ・住宅ローンが終わっている
    ・学費が終わっている
    ・小遣いには昼食代も含む

    私の個人的考えでは、すでにこの三点で、月5万を崩すのは難しいと思います。

    ちなみにうちは・・・

    横浜郊外の戸建て在住、48歳同士夫婦。
    住宅ローン真っ最中。(月額13万円でボーナス払い無し)
    子供の学費がやっと先日終了。
    毎日弁当を作って持たせている。
    夫側は庶民の母親だけの実家。父の遺産なんかあるわけ無し。妻の私も同様。

    この状況で夫には月3万弱渡しています。
    ボーナス時はその額にもよるけど、小遣いの同額くらい渡せるかな。
    毎日の晩酌代、会社の歓送迎会や香典などは家計から出します。
    税込み年収600万で手取り30万。余裕が無いので旅行には行けません。

    最後にさらっと書かれた、実家からの小遣いや資産運用の件があるから夫の小遣いを減らしていいよねと仰りたいのでしょうが、私が冒頭に書いた「個人的三点」を満たしているので、働く60代男性として多いとは思えません。
    都内勤務なら昼食代も毎日ワンコインとはいかないでしょうし。

    家計管理としてトピ主さんの気持ちはわかりますけどね。

    ユーザーID:5335862434

  • まぁそうじゃない?

    夫からアップの要求もないから、と
    お給料上がっても単身赴任でも変更なしで来たのなら
    夫から減額要求されないのに、減額する権利あるのかな?
    そもそもご主人の稼ぎじゃないですか。
    減額出来るとしたら、節約しても減額しないと
    生活出来ない、老後破綻する根拠を出す事です。
    当然ながら、それらの根拠がきっちりあるからこその減額ですよね?

    ユーザーID:6443700007

  • その時期は心細いもの

    一般論ですが、退職で収入が減る時期は、本人的に心細いものです。
    職場でも、再雇用になったら、今までの部下におごってもらえるというわけではありません。

    お小遣いの問題だと思っていらっしゃるようですが、トピ主さんがご主人をATM扱いして、心理面をフォローしてこなかったツケとも言えます。
    今は家計のことを言われていますが、あまり追い詰めると熟年離婚になるのでは。

    収入ゼロより年間150万円でも家計に追加してくれる方がマシだと考えてはどうですか。

    ユーザーID:0918575912

  • 夫の小遣い5万は妥当と思う

    再雇用ということは、会社員としてのお付き合いも継続であり、小遣いはそこそこ交際費として必要です。
    とりあえず65歳までは現行のままが良いかと思います。

    任されている家計簿や老後資金は共有資産として常に開示しておくこと。
    勘定科目ごとに毎年見通しと見直しを数字で示すこと。
    数字でマネープランと勘定科目ごとに予算とを具体的に明示して、
    その計算の下での支出削減提案は納得いきやすいから。

    例えば食費も食べ盛りの子育て中と比べ減ってますよね。
    教育費養育費や子供絡みの交際費等出費も然り。

    しかも、資産家ならばそれほどギチギチにダウンサイジングする必要性を感じません。
    今還暦の方でしたら、厚生年金も上積み分もそれほど低くはない筈。
    医療費も現行法なら保険診療であればそれほどかからないし高額療養費制度もあるし。
    お墓にまでお金は持っていけませんから、ほどほどのマネープランで組みましょう。

    一つの方法としては、小遣いから出す範囲を広げる方法。
    勘定科目を変える。
    一般的に小遣いから出している交際費などを臨時出費として家計からちょいちょい出しているようならば、今後は小遣いの中で賄って欲しいと変える。
    また、酒と煙草は大手を振って削りやすい。
    晩酌の酒類が食費から出しているなら、健康のためにを大義名分に
    煙草は禁煙して欲しい、お酒は飲むなら一日一合までで小遣いで買って、と。
    月にビール1ケース位なら大した変化はないけど。

    夫の収入が減った分、妻の収入を増やすのも一つの方法。
    パートをフルタイムに増やす、掛け持ちするなど。

    ユーザーID:9555623791

  • 夫は間違ってはいない

    収入の他に義父の遺産もあるんであればいいんじゃありませんか?

    >年収の高い時でも小遣いアップもせずにきたのだから年収が下がってもダウンすべきではない

    これは正しいとおもいますよ。

    あとお昼ってトピ主がお弁当とか作ってるわけではないんでしょ。昼代もそこから出してるなら、妥当なんじゃないの?

    トピ主さんが間違っているともいいませんが、夫も全く間違ってはいません。文句があるならこれから家計は夫が管理する、っていうのも別に無茶じゃないんですよ。トピ主が管理するのは夫がいいといっただけで、本来夫の資産は夫のものなのです。
    怒らせるも何も、確かにトピ主が怒らせるような事言ってるとは思います。

    他の人もいってますが、自分で稼いだ金を使い道を他人が決めるってのにストレス結構感じてるんじゃないですかね。
    勿論それは妻あっての事なんですけど、トピ主もあくまで自分は預かってる立場って事は、わすれてはいけませんよ。
    まあ上からの言い方は嫌ですけどね。

    余程家計が厳しいというなら、実際何がいくらかかるのかを改めて計上した上で、どこを減らすかを相談すべきではないでしょうかね。

    あと、子供は就職して家にいるなら、子供からも生活費は徴収すべき。

    ユーザーID:4861593461

  • 論破できる言葉

    唯一ご主人を論破できるとしたら、具体的な数字でしょう。
    小遣い5万円をつづけていると破綻する、という具体的な数字です。

    でも主さん、試算してないでしょう?
    まずは試算してみてください。
    さらに、足りないなら自分で稼げ、と言われた時、どう論破すればいいか
    考えておきましょう。

    ユーザーID:9774552149

  • ご主人の希望をかなえてあげてほしい

    >マンションのローンも既に終わっており、子供も無借金で大学まで出すことができ、今後は退職金と企業年金と蓄えで暮らしていくつもりです。老後破産など招かないよう生活もダウンサイジングせねばと、保険を見直したり消費を引き締めたりし始めた矢先・・・・

    でしたら、奥様がご主人に「お小遣いを渡す」理由もそれほどなくなったと思います。ご主人は退職後にやりたいことがあって自分名義の貯金をしたいのかもしれません。いつまでも奥様に「小遣い」なんて渡されて管理されるのがお気の毒な気がします。収入アップしたときに増やしていないならダウンしても減らさないでという気持ちはわかります。
    今までトピ主さんだけが家計管理を担っていたような印象を受けます。家計の内訳などはご主人様と相談しながらやってこられていないから、急にダウンサイジングと言われてもピンとこないのではないでしょうか。

    今は、子供の手が離れたら奥様もパートじゃなくフルタイムで働いて自分の資産を形成していくのが常識になっています。ご主人のお小遣いで調整するくらいなら、トピ主さんも、パートからフルタイムに変更していくことも考えればよかったのです。
    自分の収入を、奥様から「小遣い」なんて渡されるような生活がゴメンだから、今の若い男性は結婚したがらないそうですよ。

    小遣いを減らさない代わりに、家事の分担をしてもらうように提案すればいかがですか?今まで家事をしてこなかった男性は、奥様に先立たれるとたいへんなことになりやすいそうなので、ご主人のためにもなると思います。既に家事のできるご主人ならやはりトピ主さんの収入をご主人に近づける努力をすべきだったと思います。

    ユーザーID:0812158464

  • 管理任せてみたら?

    お小遣いをいただく方の気持ちがわかるのではないですか?

    パート収入を全て旦那さんに渡してそこからお小遣いをいただく。
    いくらが妥当と思いますか?
    立場を変えた視点を持ってみるのは悪くないです。

    ユーザーID:2336299309

  • 5万円継続でしょう

    お昼代も入るなら、多くはないと思います。

    今後も少なくなったとはいえ収入はあるし、企業年金や退職金、さらには公的年金も対象年齢になればもらえます。今までの貯蓄もありますよね?
    ローンもなく、子供も大学まで出したのであれば、あとは大きく掛かるお金もないのでは?
    お子さんに掛かるお金はないはずなので、無駄な経費さえ削れば大丈夫な収入なのでは?

    何より、ご主人に家計を管理して貰えば、ご主人が必要と思えば自分でお小遣い減額すると思いますよ。家計を管理してもらうのはダメなのですか?トピ主さんが浪費してるからでしょうか?

    ユーザーID:8714688092

  • モラハラなら離婚。家計問題なら数字を開示。

    >夫は女房子供が自分に物申すのは我慢ならなく、黙らすためなら人格を傷つけることや追い詰めることも平気で言います。


    そんな酷い人ならさっさと離婚に向けて動けばいい。
    トピ主には離婚を選択する自由があります。


    >文句があるなら今まで任せていた家計は俺が全部管理する、と言われ

    返す言葉がないのは当たり前。
    旦那さんの稼ぎを旦那さんが管理するのは当たり前。

    お子さんも就職して、ローンもない。
    家計を旦那さんに任せて何が問題なのか?
    小遣い額を今まで通りにして何が問題なのか?
    その点での話ならば数字で開示せよ。
    それはせずに
    「モラハラなんです」って情報は書く。
    作為的に自分有利にさせたい為に、情報操作してますよね。


    そもそも本当にモラハラな人が、家計を奥さんに任せるとは思えない。
    子どもが大きくなってもパートで家計を握ってるトピ主が、弱い立場とは到底思えない。



    旦那さんを論破出来る方法は、家計開示して数字で説明するしかないでしょう。
    家計簿の数字から、過去の家計推移のデータを表示し、今後の家計計画を提示する。
    それを元に旦那さんの小遣い適正額を提案します。
    勿論、それをするってことは、トピ主の収入を家計に充当、トピ主の小遣い額も適正額範囲であることを証明しなければなりません。

    このトピ主は、自分の不利な情報を書いていません。
    きっと家計開示なんてやぶ蛇で出来ないでしょう。
    だから旦那さん論破なんて無理でしょね。


    トピ主旦那さんは、退職後も年収300万稼いでくれてるのでしょう。
    働き続けて、さらに働くって、私は立派だと思います。

    ユーザーID:2551691162

  • 家計を渡す

    私ならすんなり家計を渡します。
    家計簿なり付けているのなら、それを参考に、今の給料から生活費を計算し、その分
    プラス幾らかを受け取りやり繰りする方が楽かな…と思いますが…
    年収300万なら、小遣い5万を捻出するのは厳しいと思います。それを自覚して貰う為
    にも全てを渡して、貰う物は貰いますね。

    ユーザーID:6225229746

  • 私なら任せます

    小遣い攻防戦って高校生の子どもかと
    思ったら、還暦間際のご夫婦ですか。

    もう子どもさんは成人し、ローンも完済。
    私なら夫に管理は任せます。
    というか私は結婚以来ずっと夫まかせ。

    長い間おつかれさまでした。
    バブル期の収入右肩上がりの時代も、
    孤独で不自由な単身赴任中も少ない
    お小遣いで頑張ってもらってありがとう。

    おかげ様で、子どもも大学を出し、
    ローンも返済できました。
    定年後も元気に働いてくれてありがとう。
    これからは二人で慎ましく暮らしつつも
    お互い老後の楽しみや万一の備えのため
    にも更に頑張っていきましょう。

    そういう気持ちで管理をお任せしたら
    どうでしょう。「攻防戦」なんて言葉…
    私は使いたくありません。

    ユーザーID:1918968471

  • 夫のお小遣いはそのままで

    アラフィフ主婦です。

    私の夫はあと57歳であと3年で定年です。
    持病はあるものの仕事を再雇用で継続勤務は可能ですが
    本人の希望があり60歳でリタイア予定です。

    現在、夫は単身赴任をしていますが、一番心配していることは
    健康です。節約は大切だけど食費だけはケチらないでとお願いしています。
    小遣いを減らして食事をおろそかにすることってすごく心配ではないですか?
    お金も大事ですが健康はもっと大事です。
    昼食込みで5万円は決して高い金額ではないと思います。

    定年を過ぎても働いて下さるんですから、お小遣いはそのまま5万円で
    良いのではないでしょうか。
    私ならば定年過ぎても働いてくれる夫に感謝の言葉を伝えます。
    ご主人の実家は資産家ならば、老後の資金に問題ないのではないですか?
    トピ主さんも今までしっかり家計を管理してきたのでしょう。

    せっかく縁あって結婚したんですから、ケンカなどせずに相手を思いやり
    楽しく過ごした方がいいと思います。

    ユーザーID:0898143923

  • 言葉など無い。数字を出す

    年収300万円なら手取りの月収は20万円ぐらいですから小遣いは1割の2万円、お昼代1万円として合計3万円ぐらいですかね。

    しかし、ご主人は「年収が多いときも5万円」だったのですから、年収が下がったからといって小遣いを減らすのはおかしいです。ご主人のほうが正しい「言葉」を使っているので論破は無理です。

    ただし、5万の小遣いだと赤字になるという根拠があるなら家計簿を示してください。今まで家計を管理していたのですから、収入と支出がわかっているでしょう?

    家計簿を示して、どこを削るかという「数字」を出してください。管理していたのですからできるはず。それができないなら、ご主人に家計を任せたほうが良いですよ。

    ユーザーID:5645256629

  • やる気なくなるよ

    私は給料の大半を家に入れてきた娘の立場です。
    家が貧乏だからと言われました。
    しかし、働くやる気など出ませんでした。
    だって自由なお金がないんですから。
    定年してもまだ働くなんて、素晴らしいですよ。
    私なら家にひきこもります。
    定年したらもう働きたくない。
    定年後も働いて稼ぎがあるんですから、
    しかもお子さんにはもうお金をかけなくてよいのですから、
    今まで通りで問題ないと思いますよ。
    おこづかい減らしたら、仕事のやる気なくします。
    今まで通りの額を払ってあげてください。

    ユーザーID:2984470581

  • え?

    論破なんて出来ないでしょう。定年後も働いて借金も無く資産運用までして利益を出してる人に何をどう論破するんですか?
    まさか家のローンも子供達の学費も全てアナタの稼ぎから出した訳じゃないですよね?

    試しにご主人に家計を任せてみればどうでしょう。資産運用をしている人なら家計管理ぐらい簡単に出来る筈ですよ。それともアナタが家計をどうしても管理したい管理しなきゃならない理由があるんですか?
    生活費だけいただいてそれでやりくりするのが一番楽ですよ。

    ユーザーID:0102066068

  • レスします

    昼食代込みで5万円。
    年齢的に少ないと思います。
    ギリギリです。

    トピ主さんのお小遣いはおいくらですか?

    ユーザーID:0574618182

  • 家計を渡せばいいだけでしょ

    生活が破綻しそうならともかく、そういうわけでもないのに
    人の稼ぎを自分の思い通りにしたいにはなぜ?

    ユーザーID:0002843285

  • 一人で生きて行けますか?

    その年で離婚となった場合、
    現時点の資産(夫実家の資産は別)の半分で、
    50代後半〜の人生生きて行けますか?

    貴方個人に資産があるなら別ですが、
    そうでないならご主人の気持ち(愛情)が冷めるような言動は
    慎んだほうが賢明ですよ。

    >夫の小遣い5万は妥当ですか?
    トピを拝見した限り、5万円を減らす理由は見当たりません。

    5万円を4万円、3万円に減らしたいのなら、
    その分貴方が“働いて”家計に入れてはいかがですか?

    お子さんも、もう大人のようですし、収入面で不安ならもっと
    外で働くことを選択肢に入れるべきですね。

    ちなみに私は専業主婦ですが、
    貴方とは経済事情が異なるため参考にはならないでしょう。

    ユーザーID:2080138225

  • 単身赴任時代の恨み

    それかなあ、と思いました。単身赴任って、とても精神的につらいらしいですね。私と子供はいつも夫の転勤先について行っています。

    あと、りんごさんは、旦那さん実家の資産云々を持ち出していますが、それはお小遣いとは関係ないのではないでしょうか。実家の資産があるから、あなた、お金いらないじゃない、ってことですよね。

    トピ文を読んで、旦那さん、ずっと苦しかったのだなあ、と思いました。

    ユーザーID:6899308690

  • お弁当を作る

    家計のダウンサイジングが目的なら、小遣いを減らすための手段が必要です。
    保険の見直しだって何でもかんでも辞めていいわけじゃないですよね。

    つまり収入が減ったから小遣いを減らすというのであればそれに対応できる手段が必要です。

    >減らされたら昼飯も食べられないじゃないか。と。

    では、あなたがお弁当を作りましょう。
    そうしたら毎日使うお昼代分として何割か減らすことに応じてくれるのではありませんか?

    ユーザーID:2736112606

  • モラハラはトピ主の方では?

    昼食代込みなら、5万円は多くないと思いますよ。

    老後も経済的にやっていけるだけのお金を確保できるなら、夫の小遣いは今までのままでもいいんですよね?

    家計の管理を夫に渡せばいいんじゃないですか?
    トピ主はパート収入を夫に渡し、そこからお小遣いを貰えばいいです。
    そして、老後の生活に必要なお金が準備できることを夫に説明してもらえばいい。
    老後にお金が足りなくなるとわかれば、夫が自ら小遣いを減らすでしょう。

    夫が自分で管理することを希望しているのに、根拠も示さず、夫の稼いだお金をトピ主が管理するというのは、モラハラだと思いますよ。

    ユーザーID:0614187205

  • トピ主です

    皆さまたくさんのレスありがとうございました。
    なるほど、夫の言いたいこともわかったような気がします。
    家計簿を挟んで話し合ってみたいと思います。
    思えばきつい物言いで大きな声で怒ったりする夫と深く話し合う事をなるべく避けて、相談事もせずに過ごして今日まできてしまいました。(お金を稼ぐ以外のことは全て任せるので面倒事は持ち込むな。万事解決してから報告せよ。と言うスタイルでしたので)
    これを機会にきちんと話し合いを試みたいと思います。(願わくば怒鳴られたり脅されたりしないといいのですが…)

    ユーザーID:9029179082

  • ご主人の気持ちがわかります

    昼ごはん代込みなら5万はいいと思います。
    給料が上がっても一定だったわけだし、子供も育ち。ローンもないなら。
    退職によりもらえるお金もあったわけだし、しばらくは年収300万もあるし、あなたもパートしてるから
    やっていけますよ。今後、国民年金もありますしね…
    遺産は切り離して考えたほうがいいのでは無いですか?
    どうしてもダウンさせたいなら、家計簿を見せたらいいと思います。

    ユーザーID:4265962009

  • ファイナンシャルプランナーにアドバイスを受けてみられては?

    マンションのローン無し、子供の教育費無し、というのなら、
    あとは老後の資金だけですよね。

    私なら夫婦でファイナンシャルプラナーに相談します。
    そうすれば、自由に使えるお金がいくらぐらいなのか、お互いに納得できるでしょう。

    その上で、ご主人の収入とトピ主様のパート代を全て一度家計に入れ、
    二人でお小遣いの額を決められては如何でしょう?

    自分の収入は自分で管理し、
    必要な生活費と貯金額をそれぞれ出すというやり方もあります。

    何れにしても、ご主人の収入なのですから、トピ主さん一人でお小遣いの額を決めるのは、
    マズイのではないでしょうか。

    逆にご主人が家計を管理して、トピ主さんの収入は全額家計に入れた上で、
    勝手にトピ主さんのお小遣いの額を決められれば、どう思いますか?

    私がご主人の立場なら、働く意欲を無くすと思います。

    ユーザーID:2616319578

  • プランナーさん等に見てもらえば?

    ファイナンシャルプランナーの家計診断
    受けたらどうですか?
    結婚や出産、マイホーム購入、定年の等
    大きいお金の変わるタイミングで見直す人多いですよ。
    そこで家計、老後資産に対し旦那様の要求する
    月5万+ボーナス10万(夏冬だと20?万)
    が妥当かどうか診断できるかも。
    旦那様も他人のプロの言葉の方がきくと思います。

    あと、旦那様の資産はブラックボックスなんですよね?
    義父さんの遺産投資でもうけてる分には構いませんが、
    マイナス出してないといいんですが。
    そこだけちょっと気になりました。

    いえ、定年過ぎた父親が突然亡くなり
    真面目な人ゆえ心配していなかったが
    貯めてたはずの資産がFXで消えてて
    ビックリだったという話聞いたことあるので。

    ユーザーID:7567804931

  • トピ主さん…笑

    レス読みました。

    ご主人がモラハラだと言わんばかりだけど、
    稼ぐ以外のことを全て任されてきたん
    でしょ?
    それ、全然モラハラ夫じゃないですよ。
    貴女を信頼してるからです。

    うちはモラハラですが笑
    収入も貯金も遺産も、はっきりとは公開
    しませんよ。
    そもそも稼いでる人に「お小遣い」と言う
    言葉自体嫌いますから。

    単身赴任中も少ないお小遣いと赴任手当で
    やりくりって大変ですよ。
    定年おつかれさまでした。
    労わってあげて欲しいです。

    ユーザーID:1918968471

  • 小遣いの相場

    あえて小遣いという言葉を使わせていただきますが、
    良く小遣いは手取りの1割とかいったりします。

    でも、その額を基準にするとしても、
    状況によってプラスマイナスの要素はあってしかるべきです。

    なぜなら、家計費負担がもっとも重い「住宅ローン」と
    「子供の教育費」を抱えている状況でこの額であれば、
    これらがないトピ主さん家では、住宅ローンと子供の教育費分、
    それぞれ小遣いプラス1万円くらいの要素だと思うからです。

    加えて、昼食代は必要経費ですから、
    本来小遣いで賄う性格のものではありません。
    これも1万円くらいと考えると、基本3万円+プラス要素3万円の
    6万円くらいが妥当なのではないでしょうか?

    ユーザーID:1584151074

  • 足りないなら

    貴方が働けはいいのでは?

    ローン完済、子供の教育費もない。
    この状況で退職金+年金、現在の収入300万あれば、
    小遣い5万円は少ないといえます。

    現在の年収300万円の半分150万円くらいが妥当と思います。
    (月12.5万円)

    ユーザーID:9575925660

  • そのままで

    適用範囲を広げてはいかがですか?
    例えばお酒やたばこも含む、ランチも含む、下着類も含むなど。
    でも、再雇用の年収300万でボーナスもあるなら月手取り15万位?
    トピ主さんもパートされてるんだし、
    貯蓄を考えなくていいならお小遣い5万でも大丈夫なんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:5448429283

  • 旦那様可哀想

    >小遣いアップしたことはないのですが、夫からアップの要求もありませんでした。

    収入が増えてもアップしないのなら、減ったからといってダウンするなんて勝手すぎます

    退職金や今までの貯蓄と年金があるのですから、それほど引き締める必要がありますか?

    うちは、年金を生活費に、各自アルバイトをした収入は全額お小遣いとしております

    そうできるのは、夫が真面目に働いてきたからこその退職金と貯蓄と生涯支給される年金があるからなんです

    旦那様にもう少しいたわりの気持ちがあってもいいじゃないですか?

    ユーザーID:1912003818

  • でもまだ働いてくれているんだから良いじゃないですか?

    我が家の場合、定年退職前は、所謂小遣いは5万円と賞与時に20万円〜30万円×3回でした。
    単身赴任時の生活費は10万円で光熱費や通信費も賄ってもらっていました。
    一昨年定年退職しましたが、同じような職種で働き続けてくれています。収入は三分の一ほどになってしまいましたが、住宅ローンもなく子供たちも独立しています。私自身は数年前に離職して以来専業主婦です。

    で、夫のお小遣いですが、賞与はないので夫にも渡すことは出来ませんが、月々は6万円に増やしました。定年退職後はのんびり趣味の世界に浸りたかったはずですが、趣味にもお金がかかるし、年金までにはまだまだ間がある。孫におもちゃの一つも買ってあげたいと、頑張ることにしたそうです。
    せめて、感謝の気持ちを込めて1万円上乗せを申し出たら、夫は驚いていました。
    収入が減ったのに良いのか?大丈夫なのか?と・・・

    私の白髪染めを我慢して(笑)
    あとはもう積立貯金は止めたし、保険なども見直して、生活も少しずつ縮小して・・・
    少しでも気持ちよく働いてもらいたいじゃないですか?
    働くモチベーション萎えてしまったら、今の収入も無くなってしまうんですよ。
    どなたかが仰っているように、半分はお小遣いでも本当は良いんでしょうかね〜・・・

    ユーザーID:6013997597

  • 働く妻として一言

    50000円を30日で割ると、1666円!
    しかも昼食代込み

    定年退職しても働いてくれるご主人に
    一日1666円ぐらいの必要経費を認める事はできないものでしょうか?

    ユーザーID:2986950809

  • トビ主様も専業主婦完璧でしたか

    夫の日々の弁当作り、此れをやって小遣い下げるなら主様の考えも一理ありますが、何も夫の為にしないで定年後も再雇用で働け、だけどあなたの給料減っているんだから小遣いも減らすは無いかなと思います。

    女性も男性に養われる時代と違います。
    夫の収入で生活出来ないなら例え数万円でも主様が働けば生活も潤います。
    主様の小遣いも出来ます。

    人間働いて収入がなければ主様の言う様に老後破綻も目に見えます。
    一馬力より、二馬力です。
    家に居てもお金にはなりません。
    消費税も上がったことですし、少しでも収入増やしましょう。
    がんばってください。

    働くことの苦しさも、働いてみないと解りませんよ。

    ユーザーID:8780125059

  • 自身のことを省みる

    夫が稼いだ金銭を合理的な理由なしに取り上げるのは経済DVにあたります。夫をモラハラと非難するよりも、自身のDVを治さなければなりません。
    トピ主が一人で采配を振るってはいけないのです。

    ユーザーID:9671896859

  • う〜ん

    年収600万円での小遣い80万円だったとして、
    それが半減したのに、同じ金額を要求されても、なかなかきついですね。

    ただ、働き続けるうえでの「必要経費」として、むこう半年間だけ
    同じペースで、ボーナスはなし、という感じで、どこかで折り合いをつけてもらったらいかがですか。

    60歳過ぎも、健康で働き続けてくれる旦那さま。

    職場での待遇もいろいろ変わるかもしれないので、頭ごなしに、「それは無理!」というと、とんがっちゃうと思いますよ。スタンダードはどこにあるか、気になりますが、まずはどうしてそう思うのか。お互いに議論を整理されたらいいと思いますよ。

    ユーザーID:5116948752

  • 減額は厳しいのでは?

    数年前で役職定年されていて年収600万〜700万程度
    今後は再雇用で年収が300万程度
    幸いにして住宅ローンもなし,教育ローンもなし。
    年収が300万で夫君のお小遣い(と言う名の必要経費)80万/年
    生活費には220万で18万ちょっと/1ヶ月
    トピ主さんのパート代を除けば結構大変なやり繰りです。
    でも,夫君の主張もごもっともで減額は厳しいかもです。
    で。
    どうでしょう。この際家計は夫君に任せたら?
    食費も何もかも。
    月々のパート代がどの程度あるのかはわかりませんがそこから80万/年
    トピ主さんのお小遣いとして頂戴して残金は全て生活費に入れて。

    食材も日用品の調達も何もかも夫君にお任せ。
    家計の管理とはそういうことです。
    安い物お高い物選りすぐって調達するという行為も家計管理。
    トピ主さんはある物を使って精一杯家事をいたしましょう。

    私だったら迷わずソレ一択!
    何もなかったらお食事はなし,お洗濯も洗剤がなければしない。
    お気楽だ!
    平気で美容院も行かなくなるしお化粧もしなくなっちゃったりするだろうな。私。
    ズタボロでフラフラ出歩っちゃうかも。

    夫君の年収諸々考えると夫君も勿論苦しいときもお小遣いアップなしで頑張られたけれどトピ主さんも別に家計管理を怠って浪費してきたわけじゃなし。
    ローンも返した子どもの教育も終わった。
    いっそ管理は夫任せでお気楽人生っていうのもOKでは?
    夫君もモラハラは良くないけれど浪費癖もなさそうですし。
    「任せて安心夫に家計」
    でどうでしょうか?

    ユーザーID:7248208229

  • 収入が減ったら減額ですか

    トピ主さんのことを考えてみましょう。
    子供が小さいときは家事育児大変でしたね。でも旦那さんはトピ主さんの衣食住全てを自分の稼ぎで養ってきました(日本は夫婦別産制)
    時は過ぎ、子供は独立して夫婦二人だけの生活。家事もかなり楽になりましたよね。
    これについて旦那さんが
    「子供が小さいときに比べて家事育児の労力は大幅に減ったんだから、配偶者を養うためのお金も減らしていいよね」
    と生活費を減らされても納得しますか?

    自分が楽になった(家事育児)については、旦那さんに同じ評価や負担(お金)を要求するのに、相手には収入が減ったら小遣い減額を言い出すのはダブスタじゃないですか?

    旦那さんが
    「じゃあ俺の家事はしなくていいから、生活費折半」
    といわれたら対応できますか?

    ユーザーID:0271425617

  • 幸さん

    トピ主はパートで働いていますよ。

    ユーザーID:8418295238

  • ご主人に家計ごと確認してもらえば

    年収半額以下で300万だから、MAX年収1千万くらいだったサラリーマンだろうと思いますが、単身赴任・・・転勤族で子供が幼い頃は帯同するような家庭は、転勤でロスするものが多く、額面給与ほど良い暮らしが出来ません。都郊外のマンションのローンを返しながら、子供を奨学金ゼロで大学に進学させ、まとまった貯金を作ったなら、ご主人だって小遣い少なくて我慢我慢だっただろうけど、トピ主さんだって我慢我慢だったと思います。

    ご主人が年収300万(税込)で、トピ主さんが扶養内100万と想定すると、夫に年間80万渡したら生活費は月22万。マンション関係で固定資産含めて月4万ほどかかるから、残り18万。車がないなら日常生活を維持するのは余裕とはいえ、収入から冠婚葬祭用や大型家電用のプール金に回せる額が少ないから、まったく貯金を切り崩さない生活は難しいかもと思います。年金生活が始まる前から切り崩していいかどうかは、預貯金等の状況によります。

    ある程度稼ぎが良くて家計の詳細知る気もないって人は、給与からイメージと実際の落差が分かってないことが多いので、家計渡して現実を見てもらった方がよいと思います。現在の家計は裁量の余地が殆どないので、夫婦どちらが管理しても予算立てが大きく変わるとは思えません。

    ユーザーID:2694363626

  • 無謀ではないお小遣い

    決して高いお小遣いではありません。墓場にお金は持っていけません。ローンも完済してお子様も成人。老後破産をするリスクは限りなく低いと思います。

    自分のためにも世の中のためにも楽しんでお金を使う事を推奨します。

    ユーザーID:6458908073

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧