妻がバイト代をお小遣いとするなら、私のボーナスもお小遣い?

レス24
お気に入り61
トピ主のみ2

Y男

男性発

私も言ったは良いが、後になって何が正解なのかわからなくなり、皆さんのご意見をお聞きしたく、投稿しました。
私に問題あれば、お叱り頂ければ幸いです。

私「バイト代、家の家計に入れないの」
妻「お小遣い足らないからしてるんだよ」
私「なら、俺のボーナスもお小遣いにして問題ないよね?」
妻「おかしいでしょ。お小遣い欲しければ、バイトすれば?」
私「お互い収入は全て家計に入れる決まりじゃなかったの?」
私「じゃあ俺も家計に入れる本業の給料(仕事)を減らして、その分、お小遣いのためにバイトしてもいいんだよね?当然、そんな家計じゃ子供なんて無理」
妻「それやったら、わざわざ休日使ってまでバイトしない方が得だ」
私「今の取決めなら、そうなるな」
妻「おかしいでしょ。それにあの時も〜(過去根に持っている不満をいくつか)」←内容割愛
妻「私を養えるように頑張ろうとか思わないの?」
私「今はそんな時代じゃない」
妻「結局私が収入少ないから悪いんでしょ・・・(ブスッ)」
バイト代を徴収

後日、私「バイト代、今回は返す」
妻「いいよ、家計に入れて」

上記のようなやり取りでした。
私も我慢してるのに、妻は私利私欲で動いているように感じるのと、少し融通のない頭でっかちな言い方をしてしまったというので葛藤している状態です。

妻の考え方は、本業の収入(ボーナス)は家計に入れるのが当然。収入を頑張って増やした分をお小遣いにして何が悪い。私もお小遣いが欲しければ”副業”をすべき。
私の考え方は、現状収入は家計という取り決めである以上、本業副業に関わらず収入は家計に入れるのでは?
もし、この収入は家計に入れるけど、こっちの収入は入れないという裁量があるなら、私がボーナスを家計に入れないという裁量も正当である。

続きます

ユーザーID:0531460545

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数24

レスする
  • トピ主です。続きです。よろしくお願い致します。

    さらに頑張って増えた分をお小遣いにして良いなら、
    私は副業するよりも本業で頑張る方が効率良いので、
    今後本業の昇給などで増えた分をお小遣いにしても良い事になると思うが、それもおかしいとの事です。
    つまり、私は頑張っても認めないが、妻が頑張った分は認めろということか?
    妻は妻の方が収入が低いから責めているのだろ、足元見てるのだろと
    言うが、
    子供ができてリタイヤした事情などがない以上、正社員と派遣社員での収入差は自分達が今までどれだけ頑張ってきたかという事を表していると思うのでその収入差は公平ですし、
    共働きで収入の多い少ないに関わらず対等であるなら、
    今回のバイト代とボーナスも金額に関わらず対等に扱うべき事と思います。
    (バイト代の方がボーナスと比べると少額なんだから、それくらい良いだろうというのは自分勝手だと思います)

    たぶん私は、妻が生活も子供も私に頑張ってもらって、その範囲内で好きな事しようと考えている、妻に対しての不信感を持っていることが根本にあります。

    現状、生活費や貯金を差し引いて、少し余った分を、
    冠婚葬祭などに突発的な出費に備えた貯金としていて、
    バイト代もそこに組み込まれます。

    私30歳:正社員 年収約400万円
    妻29歳:派遣社員 年収約240万円

    家計からそれぞれ個人的な支出
    私:趣味車の維持費込み¥43000
      お小遣い¥10000
      携帯電話¥5000
    妻:趣味美容とお小遣い¥38000
      携帯電話¥10000
    (当然、子供ができたら趣味の金額は縮小予定)

    家計の配分は2人で取り決めた上で、
    運用管理:私

    家事分担
    毎日の食事 献立・用意・弁当:妻
    食事 片付け 食洗器有:私
    洗面台の掃除:ほぼ妻
    掃除 週1 トイレ・風呂・シンク・拭き掃除・床掃除:私
    洗濯・取り込み:ほぼ私
    ゴミ集め・ゴミ出し:ほぼ私
    買い出し:2人

    ユーザーID:0531460545

  • お小遣いはおいくらですか?

    うちはお小遣い制ではないので、分かりませんが、お二人とも同じ金額だけお小遣いにし、それ以外の奥様分の収入は貯金などに加算してはどうでしょうか?
    まだお二人はお若いのですよね?これから出産、育児、教育費となるとお金かかりますよ。

    ちなみに、日本ではお小遣い制というご主人が多いかと思われますが、
    妻分も含め 下記のものはお小遣いで各自支払うのでしょうか?それとも家計費から?

    外食費(友達や同僚との付き合い含む、記念日など二人で行くときも)
    散髪費(染めやパーマも)
    レジャーでの交通費
    デザートや ちょっとしたコンビニでの個人的買い物

    ユーザーID:7507587328

  • それでは夫婦は理解しあえない

    家事を全くしない、遊んでばっかりの妻であれば、そのくらい言っても良いかもしれません。

    >バイト代の方がボーナスと比べると少額なんだから、それくらい良いだろうというのは自分勝手だと思います

    「そのくらい良い」とは思いませんが、トピ主さんの理屈を究極まで突き詰めれば
    ・妻の稼いだ金で妻が生活も遊びもする
    ・夫が稼いだ金で夫が生活も遊びもする
    ・子供の費用や共通費用は双方が決めた金額を出し合う
    という考えになっていきそうです。

    一見合理的な気もしますが、何のためにわざわざ夫婦になったのかわかりません。(子供を妻に生んでもらい、養うお金を出すため「だけ」で夫婦になったのですか?)

    普通は、自分にできる範囲で家事も仕事もするし、その内容が相手から見ると物足らない場合もあります。

    そんな時、夫婦に信頼関係があれば「体調が悪いのだろうか?」「掃除や洗濯が得意ではないな」「料理はあまり上手でないな」など、相手を理解しようとします。

    それが理解できれば、自分が得意な分野で補いたいと思い、夫婦で助け合うでしょう。(双方が苦手な分野は二人でチョットずつやるとか)

    トピ主さんが奥様に不信感だらけで、助け合う気すら生じないのなら最終的には離婚まっしぐらだと思います。(少なくとも、結婚生活が楽しいと思わなくなるでしょう)

    そんな不満や不信感をズバリ言わず、収入や小遣いの金額に置き換えて話をするのは、夫婦が理解し合えない原因になると思います。

    奥様のどこを不信に思っているのか、二人できちんと話し合ったり、その都度指摘しないと、いつまでも堂々巡りになると思います。

    >私も我慢してるのに、妻は私利私欲で動いているように感じる
    のなら、ズバリそう言って具体的に感じている事例を言いましょう。奥様の考えもきちんと聞きましょう。

    そこから夫婦の真の話し合いが始まるのです。

    ユーザーID:0442958998

  • スタートの時点で誤った

    経済的にも家事負担も分担しているなら、トピ主さんも奥様もお小遣い額はそれ相当に割り当てるべき。あなたのお小遣いが少なすぎて、奥様のバイト代は奥様のお小遣いではないと考えます。

    奥様はあなたに養ってもらうと言っているけど、そうじゃなくてあなたと奥様と二人で築いていくものなのですよ。
    あなた、これからさらに大変なことになりますよ。お子さんができたら、奥様は仕事を辞めるでしょう。そして、あなたは奥様とお子さんを養っていかないといけない。今の年収では大変なことになりますよ。

    スタートの時点で誤ったのは、伴侶選びの失敗ですね。
    つまり、派遣じゃなくて、正職員で働いている人で産休も取れる人との結婚ならよかったのにと思います。奥様が若くて再就職が可能なら正社員採用にトライさせたらどうでしょうか。でも、養ってもらうのが当然と思っている人が働くかな、、?

    ユーザーID:7193755651

  • 妻がおかしい

    妻がおかしいです。
    バイト代を「頑張った分は自分の小遣い」というなら、夫の残業代、休日出勤手当、役職手当など基本給以外の部分はほぼ夫の小遣いになるはずです。

    妻の言い分が通る状況としては、事前に話し合いがあり「世帯収入が低いため小遣いアップは無理、副業で稼いで小遣いにするなら可」と夫婦で合意している時だけだと思います。
    先に話し合っておけばよかったですね。

    合意無しに勝手に妻バイト代を妻小遣いとするなら、夫側もそれに応じて取り分(小遣い)を増やすのが平等と思います。

    なお、トピのような問題を回避するために「小遣いは手取りの〇%」という基準があるのではないでしょうか。

    妻の本業も副業も合算して、合計の手取りの〇%とすれば問題無いと思います。
    当然その場合は夫の小遣いも手取りの〇%です。

    ボーナス分も同様に。
    もし妻(派遣)にボーナスが無いなら、夫手取り〇%+α、妻は+αの部分だけ、というやり方もあります。

    トピ主にもおかしい点が1点。
    「バイト代、今回は返す」と言ってしまったこと。
    管理者は曖昧なことをしてはいけません。
    管理者は管理者であり権利者ではありません。
    (経理事務員は社長ではないのと同じく勝手に決めてはダメ)
    今回は返すならどんな状況なら返すのかしっかり理由をつけ、今後はその理由を管理ルールとして適用すべきです。

    ユーザーID:8147222794

  • どっちも屁理屈の部分があるかな?

    柔軟性を持たせることも大事だし、
    必要に応じてお互いの収入を家計の貯蓄とする部分と
    個人的な貯蓄とする部分で分け立って良いはずなんです。

    どちらも『こうだから』って堅苦しく屁理屈で押し通すのは間違い。

    まあ、この話はトピ主さんの一方の話だけでどうこう言える訳がない。
    結局のところ、現状はwin-winというよりもlose-loseで
    どっちも不満な形に落ち着いてしまっている感じがします。

    アルバイトといっても仕事も家事もきちんと出来ているなかで
    趣味などで自由にできる時間を『稼ぐ』時間に費やしたなら
    小遣いというよりも『個人の資産』に含めても良いと思う。

    例えばですが、私の妻のケースだと、
    習い事関連で資格試験があったときの試験監督のバイトがある。
    (日曜で年に数度)
    そのバイト代程度なら遊びに行くのと大差ないお出掛けなので
    妻の資産で問題ないと考えてます。

    でも、賞与っていうのは普通のものは単に年収を分割しただけのもの。
    だから、企業によっては賞与を廃止して月給に振り分けているケースがある。

    それに対して、年度末の特別賞与のような
    大きな貢献をした人とか大きな総益があった還元のようなもの。
    つまり企業が労働契約をする際に明示しきれない部分の
    ご褒美のようなものであれば、それはトピ主個人のもので良いと思う。

    でも、そこでね大抵の夫婦と言うのは、将来設計でどこを我慢するかが
    あってさ、その中でお互いに少しのご褒美のようなものとして
    ボーナスが出たらその一部分(例えば旦那さん3万、奥様1万とか)で
    お小遣いに還元したりしているんだよ。

    子供の頃にね、お盆に田舎に帰ったときの祖父母からの小遣いとか
    正月のお年玉のような毎月の小遣い以外のちょっと個人的に貯めておくもの。
    それらに似たようなものがあって心のゆとりになれば良いと思うから。

    ユーザーID:5154967420

  • バイト代の金額は?

    結局、そのバイト代っていくらだったのでしょうか。
    奥様は平日働いて、休日にバイトをしたんですよね?
    そんなに多額になるとは思えないんですが。

    バイト代が2〜3万円程度だったのなら、それくらいは寛大になれませんかね?
    主さんが意地悪だと思います。

    バイト代が八万円だったら、半分は家計に入れてもよいよねとは思います。

    ボーナスとバイト代、どちらがどのくらいなのか不明ですが、
    バイト代と同等の金額を、ボーナスから主さんがお小遣にすれば良いのでは?

    仲直りできますように。

    ユーザーID:3365144422

  • 添い遂げる可能性は少ないかもね

    夫婦の関係は、どちらかに不信感が生まれたら終わりですよ。
    不信感のある相手に思いやりなんて持てません。

    自分は辛い。自分だけが辛い。

    そういう思考に陥ってしまうと、自分の事しか考えられなくなります。

    夫婦は、お互いに足らない部分は補いながら、相手の気持ちを考えて労わり合えるのが理想です。
    不平不満ばかり押し付け合っても円満は程遠い。

    大きなお世話ですが、今の関係のままではお子さんを作らない方がいいですね。
    父親が母親に不信感を持っているなんて、子どもには不幸です。

    ユーザーID:6209089749

  • 家族の現在と将来を考えましょう

    トピ主様は、自分の方がお小遣いが少ないのに、と書きたいようですが、趣味兼用の車なら半分はトピ主様のお小遣いで、だったら奥様とほぼ同額ですよね。

    元々の、家計の中でのお小遣い額の設定が実態に合っていないし、それを家計の方に合わせるという意識も、おふたりともお持ちでないのだと思います。

    足りないならバイトで補えばいい、って、奥様はお子さんを授かったらどうなさるんでしょう?
    昔は赤ちゃん連れてゆっくり買い物にも行けなかったし、銀行へおろしにいかなければ手元に現金も無かったから、自然にお小遣いは使わなくなったでしょうけど、今はスマホ1つで、家にいて現金が手元に無くても買い物できちゃいますよ。
    美容院など実際に行かなければならない出費以外は、そのまま維持することも可能です。

    トピ主様も、奥様への対抗策で余分のお小遣いを確保して、どうするんですか?
    「お前が使うなら俺も使う。それで平等、それが公平」
    って言ってたら、特に必要もない出費が2倍になるだけですよ。
    そんなこと言ってて、お子さんが生まれたら途端にお小遣いを減らすなんてこと、おふたりとも本当にできるんですか?

    家計を管理するとは、おふたりしかいない現在だけでなく、これから生まれてくるお子さん(たち)を含めた家族の将来のためにも、今現在の収入の配分と暮らし方を考えるということです。
    おふたりとも、目の前の妻バイト代に踊らされ過ぎと思います。

    ユーザーID:3017177002

  • うーん

    わかめさんの主張前半
    >バイト代が2〜3万円程度〜主さんが意地悪だと思います。
    こちらが奥様と同じ主張

    >バイト代と同等の金額を、ボーナスから主さんがお小遣にすれば良いのでは?
    後半のこちらはトピ主様が提案して奥様が拒否している主張では?


    前半はわかめさんの主張が感情的で変です。このルールでやっている家計ですというルール外の方法をやぶることを奥様が管理者に事前に打診もせずに懐に入れるを注意するのは意地悪ではありません。
    とりあえずルールは守る、それ以外のことがあるならまず相談しないとなぁって思うので現在のやり方ではやっぱり奥様の主張がおかしいです。

    そのうえで、バイトして○○したいからこれ全部小遣いにしたい〜と事前に相談されたら、じゃあいくらまでならルール適用外で小遣いに可とか色々できたのにね。

    その都度相談しよう?って奥様には言っておけばいいのではないでしょうかね。

    ユーザーID:0273523843

  • トピ主です。

    皆様、ご意見ありがとうございます。
    一部、補足させて下さい。
    私の目的は、私のお小遣いも確保したいのではなく、世帯収入から見て将来的に子供を望むなら、妻のバイト代もその備えとして家計に入れてほしい事でした。
    そのために、トピのようなやり取り(理論武装)をした次第です。
    (結果的に伝え方が悪かったのだと思います)
    正直内心、私は子供を望んでいません。
    以前、私達の収入が多くはないために妻は
    「習い事・部活は一切なし」
    「女の子は愛想があれば、勉強できなくてもいい」
    「子供なんて思ってるよりお金掛からないよ、勝手に育つよ」
    なんて言い出す始末で、この環境で育つ子供が可哀想に思えてなりません。
    当然、子供を望むなら上記は全て却下としました。
    それにもし子供を持たない人生を選ぶなら、このバイト代を妻のお小遣いにしてもらっても良いと考えます。

    ただ妻が子供を望んでいるなら、
    「家計にお金を入れる」=「私達や子供の将来のためになる」
    という事を認識していて欲しかった願望がありました。
    なのに、今回のやり取りで
    「わざわざ休日にバイトしない方が良い」=「家計にお金を入れるのは損」
    という認識に凹みました。
    しかし、私の主張が昨今の経済DV?に当たる程、変な理論なのか意見を求めた次第です。

    今は専業主婦様>「小遣いは手取りの〇%」という基準があるのではないでしょうか。
    →今後検討しようと思います。
    匿名様>現状はwin-winというよりもlose-lose
    →その通りです。手取りの〇%制が良いのかもしれません。
    めんどくさがり様>お子さんが生まれたら途端にお小遣いを減らすなんてこと、おふたりとも本当にできるんですか?
    →私側は、今後の縮小策(車4.3万円+お小遣い1万円→¥2万〜2.5万円+5千円)も含めて趣味の車を必要最小限の出費で維持することを妻にも了承頂いています。

    ユーザーID:0531460545

  • バイト代っていくらなの?

    平日は働いて、休日もバイトをしてるって意味ですよね?
    ということは、せいぜい2〜3万?多くても5万くらい?
    お小遣いが少ないからバイトして小遣いを増やそうってことですよね?

    これの何がいけないのか、さっぱりわかりません。
    家事のほとんどをあなたがしているから不満なんですか?
    だったら、家事をもっとしてもらって、お小遣いを1万アップしてあげるとかはダメなの?

    ユーザーID:4241296061

  • レスします

    妻29歳:派遣社員 年収約240万円

    妻:趣味美容とお小遣い¥38000
      携帯電話¥10000

    とありますが、それはバイト含めての年収・お小遣いなのでしょうか?

    私自身、女性ですが月にお小遣いは1万で足りていますが、
    それはお化粧もしなければエステや服なんかの出費がないからです。
    おそらく、ちゃんと気を使っている女性であれば維持費だけでも1万〜3万はかかると思います。

    25歳で年収380万ありますが、昨年は330万でした。
    でも別にお小遣いを増やそうとは思いません。
    結局、どうしても必要な経費+1万ぐらいのお小遣いが妥当なんだと思います。

    まずは奥さんがどうしてそんなにお小遣いが必要なのか聞いてみて、家計との折り合いや、この機会にこの先の将来設計なんかもちゃんと話し合ってみてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:3060023145

  • う〜ん

    ひよこ様

    すみません、そうですね。

    トピ題とトピ文だと、ボーナス全額をトピ主さんのお小遣にすると奥様に言ったよう見えました。

    トピ主追加レスにも
    >今回のバイト代とボーナスも金額に関わらず対等に

    とありますので、バイト代全額とボーナス全額が同等だと書いてあるように見えました。

    よく見たら確かに、奥様の年収240万だと月12万、諸々引かれてさらに手取りは少ないのでしょうか。
    それに対してのお小遣、確かに多いですね。

    ユーザーID:3365144422

  • いつか爆発しそうですね。

    我が家も共働きです。

    収入差は6倍強と、
    主人がはるかに多いので、この手の言い争いは起きません。

    なので、タラレバで想像力してみました。

    もし我が家が、トピ主様と同じ世帯年収だとしたら…

    お互いの収入を全て合算し、家計をやりくりしたのち残りは貯蓄します。

    トピ主様ご夫婦の現状は、お互い自分の権利や主張が優先で、自分ばかり我慢していると思っている様で、いつかどちらかが爆発しそうな勢いですね。


    雇用形態は違えど、労働時間は大差ないでしょうから、権利を主張し合う夫婦関係なら、全てを平等に私ならします。


    夫婦は苦楽を共にしないと、長続きしませんよ!

    ユーザーID:0964460945

  • 子供の件が先

    レス読みましたが、それならば、まずトピ主さん夫婦は子供を持つ予定があるのかないのか、夫婦としての合意を決めるのが先で、バイト代や小遣い額は、その予定に沿ったものにするべきだと思いますが。

    奥さんは今、「バイトを増やしてまで家計に入れるのは損」という考えである。
    それなら子供は持てないよ。君は子供はほっといても勝手に育つと思っているようだが、僕はそう思わない、というところから、子育てに関するご自身の考えを説明し、2人の考えをすり合わせることです。
    そのうえで子供を持つか持たないか、決めるのはお2人。
    その合意に則って、今の家計のあり方を決める。それに応じた小遣いの額やボーナスの考え方も決める。これが筋だと思います。

    私は個人的には、奥さんがバイト代を全額自分のお小遣いにするなら、トピ主さんのボーナスもお小遣いでいいと思います。理論的には。
    ただ金額の差は大きくあるでしょうから、現実にはボーナスの半額をお小遣いにするとか、そのへんが妥協点かなと。
    そして、トピ主さんが本業を頑張って所得が増えた場合、それに応じた割合でトピ主さんが小遣い額を増やすのは当然ありだと思います。

    ユーザーID:8200459688

  • 私の考えは、あくまでも収入は合算するべきかな

    合算して二人暮らしなら使うお金も限られます。
    まずは天引きで貯金。

    残った金額から経費を引いて、小遣い決めるかなと思います。
    それも働きによってです、弁当代も含むかどうかも決めます。

    奥様の自分のアルバイト代は自分の物と言う考えは、結婚前の考えだと思いますが。
    今の時代、夫婦で正社員で働いてなんぼの時代です。
    お子様がいないなら奥様もパートやアルバイトなど探さず、正社員の仕事探すべきです。

    子供がすぐ生まれると言う事も未定ですし。
    今は育休も有ります,生涯の仕事を見つけないとお子様が出来ても不安です。
    老後年金だけでは今でも足りません、主様方の年代ならもっと足りなくなります。
    小遣いよりまずはしっかり貯金だと思いますよ。

    お子様が居ない今が貯金も貯め時です。
    二人で小遣い談義などしている暇は有りません。
    奥様の38000円働く世の男性より多いです。
    こんなことしていたら家庭崩壊に繋がります。

    ユーザーID:1554045692

  • トピ主さんがものすごく意地悪!

    そりゃ理屈をこね回せば奥さんのバイト代が全額お小遣いっておかしいです。
    でも、奥さんはお小遣いが足りないけどもっとちょうだいとか言いにくいので、休日返上でバイトに行く事にした。
    ある意味今までの家計には手をつけないように頑張ったのです。
    トピ主さんはそれを知っていて黙っていて、いざお金が入ったら意地悪をしたんですよね。
    だってトピ主さんに黙ってこっそりバイトしたわけではないのですし。
    トピ主さんが奥さんのもくろみを知らなかったら知らなかったで、休日までバイトすると言い出したのに理由を知らないっておかしいでしょう。
    何でバイトに行く前に「それならバイト代は家計に入れろよ、そしたら小遣いはバイト代の半分とか四分の一増やす。」とかの交渉しなかったのですか?

    そりゃ私は子どもの教育費に関してはトピ主さんよりの考え方ですよ。
    でも世の中奥さんみたいな考え方の人も多いのです。
    未だに女だから高卒で十分なんて言う人一杯居ますよ。
    だから休日返上で働いて稼いだお金子どものために貯金せよなんて言われたら納得するわけがないのです。

    奥さんの収入が低いのは今までの努力の結果だからとトピ主さんが言うからてっきり奥さん働いて無くて小遣い足りない分バイトしたのかと勘違いしそうでした。
    最初っから言ってくれれば休日はゆっくりして節約したのにと言ったら何が情けないのですか?

    トピ主さんはじゃあ自分が頑張ってボーナス増えたらボーナス自分の小遣いで平等だなとか言ってますけど、トピ主さんが休日返上で頑張るのなら話は別ですけど、休日はしっかり確保して趣味の車でお出かけした上で仕事時間中努力したからと言うのなら奥様とは話は全くかみ合わないのです。

    まあ38000円で足りないと言うのも使いすぎじゃないの?とは思いますが、洋服代も何もかも入ってるとかならそんな物なのかなあ?って思います。

    ユーザーID:8215904757

  • 子供が生まれる前と後で違った

    生れる前は家計に入れ、就学してパートを始めてからは家計に要れず小遣いというか子供用品や塾代のお金になってました。多少余裕はあったようですが妻は浪費するタイプではないので任せてました。

    子供が生まれてから家計の支出は広いアパートに引っ越したり、ミニバンに買い替えたり、学資保険を積み立てたりでまったく余裕がなかったので、パートできるようになってある程度自由がきくお金ができて良かったと思います。

    私だったら奥様が小遣いにしたいというのであれば、パート代は家計に入れなくてもいいけど子供が生まれてからあれこれお金が必要になるので、その時に使えるようできるかぎり貯金してと言います。

    ユーザーID:6677402858

  • 基本は主さんに賛同

    私も妻のバイト代は主さんの家庭なら家計に入れるべきだと思う。

    しかし、全額では不満も溜まるだろうから「バイト代の2割」は
    妻のお小遣いにしてもOK。
    でも、それなら主さんもボーナスや臨時収入も2割はお小遣いにして
    Okってどうでしょうか?

    もし、バイトなどで家事が疎かになったり、主さんの負担が増えるようなら1割や全額を家計に入れてもいいと思う。

    「全額」ではなくて「何割か」ってした方がいいと思います。

    ユーザーID:7894085288

  • 私も手取りに合わせて小遣いを決めた方がいいと思う

    手取りに合わせたらバイトの分もプラスになるので、良いと思います。

    大体手取りの1割程度が小遣いの目安と聞いた事があります。

    それと奥様の携帯代高くないですか?
    格安スマホに変えてその浮いた分を小遣いにするとかは?

    実際にライフプランの計画とかは立ててますか?
    子供を育てるのに、いつどのくらい必要で今から毎月どのくらい貯めないといけないのか、ファイナンシャルプランナーに聞けば具体的に分かります。
    貴方も理論的に話を進めたいのなら、第三者の専門家にしっかり出してもらった上でお話ししては如何ですか?
    貴方の話だけでは屁理屈と取られかねません。

    ユーザーID:0481461503

  • そこに、愛はあるんか〜?

    何か殺伐としてますね〜。
    妻と一緒にいて楽しいですか?
    これからも人生共に歩もうと言うのなら、じっくり話し合う必要がありますよね。

    私の個人的な意見ですが、夫の都合に合わせて妻が働き方を変えたので無い限り、収入に応じたお小遣い&家事負担が妥当なように思います。
    今日、夫にぶら下がって養って貰おうと言うのは無理があるように思います。

    バイト代が小遣いにならないのなら働くだけ損という妻の考え方には、ちょっと同意できないです。
    と言うか、妻自身にトピ主と家族を作って行こうと言う気持ちが無いように見えるんですけど、そこらへんどうなんですかね?

    子供を持って、家族で思い出を作って、良い事も辛い事も分かち合って…と言うビジョンは妻には無さそうに思えます。
    自身の収入だけではカツカツなんで、結婚してトピ主の収入も合算して生活の基盤は確保しつつ、自分のしたい事もする…お小遣い問題より根本的な問題があるように感じるのは、私だけでしょうか。

    ユーザーID:6237057887

  • もらっている給料分を、お互いに出す

    私はもう子供が大きいのですが、

    この10年から20年の間に、本当に社会全体がものすごく変わったと思います。

    子育てには、ある程度寛容になったとは思います。

    ですが、働き方がものすごく変わり、
    正社員と派遣や非正規の働き方、そして、平均所得が下がっています。

    こんな中、派遣の奥さんと、正社員の夫さんとで、家計のやりくり、

    冷静によく考えてください。

    独身の時からの貯金という個人の財産があると思うので、それにはできれば手をつけず、

    家計がどれだけでやっていけるかを計算して、

    そのうち、給料分(一年の総収入のうち、奥さんと夫さんの給料の割合)を、お互いに

    家計の財布に入れるというふうにしたらどうですか?

    そして、残りをおこづかいにするわけですが、

    子供が生まれた時にどのくらいお金が掛かるかを計算して、その分も、

    お互いの給料から、割合に応じて貯金の財布に入れる。

    お金の問題で信頼できないというのは、価値観につながりますから、

    あまり、自分が損とかいう考えでいると、

    結婚生活がしんどいと思います

    ユーザーID:0433795526

  • 経済DVではないと思う

    >バイト代を「頑張った分は自分の小遣い」というなら、夫の残業代、休日出勤手当、役職手当など基本給以外の部分はほぼ夫の小遣いになるはずです。

    なるほど。
    確かにそうですよね。

    なんでボーナス?って思いながら読んでましたが、ボーナスは賞与なので、妻のバイト代がお小遣いなら夫のボーナスを夫のお小遣いにしてもおかしくはないですね。

    なるほど、なるほど。
    トピさんは意地悪でも経済DVでもないです。


    車は妻も乗るんですか?
    買い物や移動で家族も使いますか?
    もしそうなら、車の維持費は家計から出すものだと思うんですけど・・・。


    一番いいのはお小遣い制をやめる事でしょうね。

    生活費と今後の貯蓄を合わせてお互いに同額家計に入れる。
    そうすれば欲しい分だけ、必要な分だけ妻もお小遣いの為にバイトできるんじゃないでしょうか。


    お小遣いが足りないからバイトするというのは理解できますが、家計に入れてる金額に差があるのに、バイト代は自分のものにしたいって、身勝手ですよね。

    100年の恋も覚めそう。

    ユーザーID:1036628739

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧