罪悪感がわからない。(駄)

レス8
お気に入り15
トピ主のみ1

こんにちは。28歳、女です。
私の友人達が「深夜にお菓子を食べると罪悪感凄い」とか「甘いもの食べ過ぎて罪悪感」とかよく話すのですが、私はそれが理解できません…。私の友人に限らず、よく言いますよね?「食べ過ぎて罪悪感」って。

食べる事に罪悪感って、何ですか?私も深夜にお菓子は食べるし、甘いもの大好きです。むしろ大食いの方だと思います。でも、「罪悪感」が未だに理解できません。これは私がおかしいのかもしれないと思い始めました。

普通は、深夜にお菓子を食べると罪悪感があるものですか?人それぞれなのかもしれませんが、そもそも「食べる」という行為に「罪悪感」が伴うのが理解できません。
ぼんやりとは理解できます。ダイエットに失敗?したからかな…とか。想像ですが。
でも、何に対しての「罪」なのか?やっちまったー!って感じなんですか?後悔とは違うんですか?

友人に聞くと、半笑いで「羨ましい」と言われたので、多分、これ以上聞いちゃいけないんだろうなと思いました。反感を買う質問ですよね…?

別にそんなの知らなくていいよと言われそうですが、友人達が「罪悪感ー!」って言う度に、気になって仕方ないです。どんな気持ちなんだろうと。もしかしたら、深夜にお菓子を食べて罪悪感の欠片も無い私が変なのでしょうか?

物凄く嫌味なトピになってないか不安です。大量の批判は覚悟ですが、「罪悪感」について教えて下されば嬉しいです。また、私と同じように「罪悪感が理解できない」という方が、もしいらっしゃれば、宜しくお願いします。

ユーザーID:8214673979

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

レスする
  • 口は災いのもと

    掲示板で聞いて正解ですね。

    「罪悪感」=「自己嫌悪」だと思いますよ。

    夜のお菓子はいけないと思っている、
    太ると分かっている(痩せたい、太りたくない)、
    それなのに、食べたいという欲求に勝てない、
    そんな意思の弱い自分に対する自己嫌悪。

    そして自分の体という「自分にとっての失敗例」を目にして、
    改めて感じる自己嫌悪。

    それが「罪悪感」だと思います。

    もしスタイルの良い人が
    「分からない」「私もやるよ」と言うのなら、
    それは自慢ととられます。

    スタイルの良くない人が同じことを言うのなら、
    「恥を知らない」「向上心がない」と思われるでしょう。

    いずれにしても「愚かな人」という評価になってしまいます。

    「理解できない」「私もやっちゃう」
    など余計なことを言わないのが一番ですよ。

    ユーザーID:0285287076

  • 深夜は食べない方がいいとされている

    お菓子だけでなく夜食なども
    一般的な就寝前となる深夜の食事は体に負担をかけてしまうので
    食べない方がいいのです

    ダイエットが必要な人はもちろんですが
    健康な人であっても夜遅くに食べると血糖値が上がった状態が続いたり胃に負担をかけてしまったり
    食生活の乱れによるさまざまな体調不良を起こしかねず
    いずれは成人病への引き金になる恐れもあるので
    例え食べたくても我慢した方がよくて
    病気もある人なら医師や栄養指導の方からストップがかかる行為だと思います
    (夜勤の人やその時間じゃないと食事が摂れない人は仕方がないですが)

    だから病気の人や健康だけれど健康維持や太り過ぎることを気にしている人は
    本当はダメなのに食べてしまった・・・という部分で
    「罪悪感」という言葉になるのだと思います

    「後悔している」と表現した方がわかりやすいのかもしれませんが
    ダメだとされていることをしてしまった
    っていう自覚から我慢できない自分の意思の弱さに対する罪悪感でしょうね

    誰かに対して罪の意識を持っているわけではなくて
    自己管理すべきことなのに誘惑に負けてしまって出来なかったことへの戒めの気持ちとでもいいましょうか・・・

    食べたい時に食べたい物を食べて何が悪いの?
    という考えの人もたしかに存在するけれど
    「罪悪感」を持つ人は自分が食べてはいけないと思っているのに
    それを自分で破ってしまった自分への罪の意識ですよね
    後悔と何が違うかと言われたら難しいのですが
    ほぼ類似な場合もあるでしょうし
    食べてしまったー!後悔!
    というよりは罪悪感!で終わった方が語呂がいいとかもありそう

    あまり「罪悪感」という言葉にとらわれずに
    誘惑に負けちゃったんだなと受け止めて聞いておけばいいと思いますよ

    ユーザーID:8163753679

  • だって太りやすくなるからね

    >ぼんやりとは理解できます。ダイエットに失敗?したからかな…とか。想像ですが。

    うん、これですよ。
    まあこれっていうかダイエットに失敗とまではいかずとも、深夜にお菓子を食べたり甘いものを食べ過ぎたら脂肪がつく、太っちゃう、だから食べないほうがいいのに欲望に負けて食べてしまう自分って駄目だなあってそういうことでしょ。

    駄目な自分を感じること=ごめんなさいで罪悪感、です。

    特に昼間、活動している時に食べるのと深夜寝る前に食べるのとでは代謝も変わるんで、太りやすくなるのはわかりますよね?
    あなたがそれをしても何も感じないのを羨ましいと言われるのは「何も考えずなんでもいつでも食べられるのって羨ましいなあ」ってことじゃないの。
    あるいは「太ろうが気にしない」って思えるそのメンタルが羨ましいとかね。

    別にあなたが変ではないですよ。きっと太らない体質でスタイルいいのかもね。

    ユーザーID:3985832638

  • 説明

    >私の友人達が「深夜にお菓子・・・よく言いますよね?「食べ過ぎて罪悪感」って。
    説明します。
    トピ主さんだって、法規に違反したら「罪悪感を感じる」でしょう、罪悪を犯したんだからね。
    ここで、「法規」を「自分で決めたルール」と読み替えてください、同様に「罪悪感を感じる」でしょう。

    トピ主さんの友人等は「自分で決めたルール」の中に「食べ過ぎをしない云々、甘いもの云々」というがあるのです。
    で、トピ主さんの「自分で決めたルール」の中に「食べ過ぎをしない云々、甘いもの云々」というがないのです。

    そういう話です。

    ユーザーID:7746679294

  • 感覚って人それぞれですもんね

    ただ単純に「やってはいけないことをやってしまった!」の感情を「罪悪感」と表現しているのではないですか?

    「罪と罰」

    別に法を犯しているわけではないのだけれど、夜中に食べちゃったら肥満という名の「罰」が待っているので、食べちゃった行為自体を「罪」と思うのでしょう。

    ユーザーID:7301696798

  • 「意志の弱さ」を恥じる

    私も違和感覚えます。お菓子食べるのに罪悪感って。
    「食べたいならおいしく喜んで食べればいいのに、お菓子もかわいそうだ」って。

    「食べても太らない」とかいう広告も。普通、食べれば太るのは当然で、太りたくなければ食べなきゃいいだけなのに。

    太ることも大切だと思うのに、世の中「太る」=「罪悪」、「甘いものを食べることは太ることにつながるから悪」、「夜遅く食べたり甘いものを食べることは太る行為だから、避けなければならないこと」=「避けられなかったら罪を犯したも同然」みたいな、変な論理。

    「太ったらダメだな」「太るべきじゃない」「そのためには甘いものや深夜の飲食は我慢しないと」「でも誘惑に負けて食べちゃった、ああ私って駄目ね、意志が弱いダメな人ね」
    こういったところが「イケナイことを、イケナイと知りつつ、意志の弱さに負けてやってしまった」=「罪悪感」につながるのだと思います。

    私は「どうしても食べたきゃ食べればいいじゃん、罪悪感って大袈裟な。そんな風に感じたら余計ストレスになって、食べたくなっちゃうよ」と思います。

    私なら「そんなに大げさに考えなくても。どうせ食べてしまったんなら『美味しかったな』と思っておく方が精神衛生上いいよ。罪悪感持っても食べた事実は変わらないんだし、それなら『おいしかったな。』と食べたことを楽しんでおいた方がいいよ」と思う。

    でもまあ、罪悪感という言い方も「わからない」ってことはないです。

    ユーザーID:5230580719

  • トピ主、箒です

    レス有難うございます。何故「罪悪感」なのか?「後悔」では駄目なのか…?と、ずっと気になっていました。

    >トピ主さんの友人等は「自分で決めたルール」の中に「食べ過ぎをしない云々、甘いもの云々」というがあるのです。
    で、トピ主さんの「自分で決めたルール」の中に「食べ過ぎをしない云々、甘いもの云々」というがないのです。
    ss様のレス、凄くわかりやすかったです!そういう事なんですね!ちょっと…感動です。

    私が調べた限り、罪悪感とは「罪を犯した、悪いことをしたと思う気持ち」とありました。
    それに対して後悔は、「してしまった事について、後から悔やむこと」でした。

    「甘いものを食べない」「深夜に食べない」という自分ルールを破ってしまった=罪。つまり、この場合は「後悔」は微妙に違って、適切では無いんですね。
    誰もそこまで深く考えて会話してないよ!と突っ込まれそうですが、こういうの、凄く気になる面倒な性格なんです。ごめんなさい。

    余談なんですが。ネットではなく紙媒体の辞書には「罪悪感」という言葉自体が載っていませんでした。「罪悪」は載っていますが、「罪悪感」は載っていません。手元にかなり古い辞書しか無いので情報としては不確かですが…。最新の辞書には載っているんでしょうか。面白いですね。

    長年の疑問が解決されました。ありがとうございました!

    ユーザーID:8214673979

  • そんなに気になりますか?

    体形維持のために節制したい、しなくてはと思っているのに
    つい食欲に負けてしまった自分バカバカー!!
    という気持ちを表しているにすぎません。

    まあ確かに辞書に載っている「罪悪感」の意味とは違う使い方でしょう。
    国語的には間違っているのかもしれませんが
    普通に社会と接点をもって生活していれば
    なんとなく理解できる範囲かと思っていました。

    実際トピ主さんもなんとなく想像できているんでしょ?
    それをわざわざ友人に聞くって。
    反感を買う質問ですよね?と思っているらっしゃるのになぜまたあえて。

    トピ主さん、ダイエットの苦労は知らないようですが
    頭が固くて空気が読めないその様子では
    対人関係で苦労がありそうですね。
    思ったことを口に出す前によく考え(ネットで調べるもよし)
    気になることがあってもこだわり過ぎず
    (こだわりたくても心のうちだけに留め)
    周囲の様子をよくよく見ながら行動することをお勧めしたいです。

    ユーザーID:8191889806

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧