助詞の使用例で

レス18
お気に入り12
トピ主のみ0

新釈現代文は難読

学ぶ

最近のSNSでの投稿で、
助詞の「てにをは」の使用が違うだろうと思うことが多いのです。
「〜がとられる」、「〜が取りたい」、など、
なぜ「〜をとられる」、「〜を取りたい」、
と書けないのか、非常にモヤモヤするのは私だけですか。
最近乱れてませんか。

ユーザーID:5471724216

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数18

レスする
  • 具体例をお願いします

    自発の意味での「れる」の使い方で「鳥取城攻略のため兵糧攻め作戦がとられる」を
    「鳥取城攻略のため兵糧攻め作戦をとられる」としたら変ですよね。

    また、ある辞書の用例には「水が飲みたい」と書いてあります。
    同様の使い方で「私は(銀メダルでなく)金メダルが取りたい」もダメなのでしょうか。
    「を」でなく「が」を使うことで直前の名詞を強調する働きがあるように思えます。

    すべての「〜がとられる」、「〜が取りたい」が誤用とは思いませんので
    具体的な例を挙げていただけますか。

    ユーザーID:3964253528

  • 気持ちは分かるが

    言葉は生き物なので、20年前に使われてた表現が使われなかったり、用法が変わったり、ということは良く起こります。
    トピ主からの具体例が「を」と「が」しかなかったのですが、これに限って書く限り、必ずしも「が」を「を」にすべきというわけではありません。この助詞には置換性が成り立つことも多いからです。

    私自身は助詞がどうこうよりも、新しい言葉、そしてもともと使われていなかった用法に意味が変わったり、ということに戸惑います。

    ユーザーID:5610655643

  • いえいえ、乱れていません

    例えば、
    「私は金メダルが欲しい」と「私は金メダルを欲しい」。

    前者では、銀メダルでも銅メダルでもなく、「金メダル」が欲しいのです。
    「金メダル」を強調しています。

    後者では、「金メダル」と「欲しい」が同じくらいの強調レベルです。

    日本人で義務教育を受けていれば、さすがに格助詞を間違えて使う人はいないと思いますよ。

    ユーザーID:8074073567

  • たとえば

    方言というか、地方によっては、標準とは少し違うのが普通だったりします。

    私も、いい大人と言われる年ですが、よくわからなくなる時があります。

    ユーザーID:9369807959

  • 追加です

    ふと思いましたが、トピ主さんの言う「〜がとりたい」を「〜をとりたい」と言って欲しいというようなのって、使う状況が違うだけで間違ってはいないのでは?とも思います。

    それって例えば「コーヒーがとりたい」「コーヒーをとりたい」とあった場合、前者は「これがとりたいんだ」という意味で後者は「これをとりたいんだ」で、前者のほうがより強調されている表現とも言えませんか。

    「〜がとられる」「〜をとられる」も同様で。
    間違いではないような気がするけど。。

    ユーザーID:5344459636

  • 分かります

    助詞がどうの、という文法的に間違いを指摘することはできないのですが、私も同様の表現に出会うたびに地球の片隅でモヤモヤしています。笑
    「が」が用いられているがためにしっくりこない。助詞なんですね。なるほど。
    SNSやブログ、掲示板のトピやレスでも散見されますね。

    例えば、
    「○○の映画がやっていて」
    のような表現が非常に多い、増えたと感じています。
    これは、
    「○○の映画が上映されていて」もしくは「(テレビで)○○の映画を上映していて」と書いて頂けたらスッキリするのに。笑
    なんだか、ボタンを掛け違えたまんまシャツを着ているような違和感です(もしくはそういう人を見ている)。

    ユーザーID:7503967670

  • 口語だから

    SNSって、多くは一般人が書き手ですからね。
    校閲した公的な文ばかりが載ってる訳ではなく、謂わば、私的な話し言葉をそのまま載せてる、もしくはチェックのハードルが低い。
    トピ主さんも、話し言葉なら、「ああ、良い文が書きたい」って言う時ありませんか?
    文章にするなら「ああ、良い文を書きたい」かもしれませんが。
    要は、「つぶやき」なんですよ。個人の私的なつぶやきを、あなたがタダで読んでるだけなんです。
    それを前提に読めば、イライラしないと思います。

    ユーザーID:3027266910

  • どちらでもよいと思います。

    私はもう既に老人ですが、私の若かった時代から日常会話では助詞「が」の方が普通に使われていたと思います。文法的・理屈的には「を」の方が正しいのですが、こうした使い方の場合は、「が」の方が発声し易いのでしょう。

    ユーザーID:0223602460

  • 私もトピ主派です

    文語はもちろんのこと、口語でも私は『焼肉を食べたい』と“を”を
    使います。“が”を使うと目的語が曖昧になるので嫌なんですよね。

    でも『焼肉が食べたい』と言う人に対しては、特に違和感は感じませ
    ん。私が子どもの頃から“が”を使う人がまま居ましたし、日本語教
    師さんがおっしゃるように、言葉は生き物で時代と共に変わるから
    です。
    『私は焼肉が食べたい。』というのは、『私は“あるもの”を食べた
    い。焼肉がその“あるもの”である。』を簡略に表現したものと考え
    ています。

    ただし、文語、特にビジネスや公式な文書には“を”を使ってほしい
    と思っています。プレゼン資料とかに“が”が出てくると、すご〜く
    違和感を感じてしまいます。

    ユーザーID:2133108130

  • トピ主です

    レスありがとうございます。
    私は専門家ではありませんので、
    「使用が違う」「乱れている」と書いてしまいましたが、
    誤った使用ではないのはわかっているのです。

    例えば、
    「財布が盗られた」と「財布を盗られた」。
    どちらも受け身の表現で正しいと思いますが、
    個人的にしっくりくるのは後者のほうなのです。
    「金メダルが取りたい」、「水(コーヒー)が飲みたい」、
    「焼肉が食べたい」、
    確かに「が」の方は話者の意思がより強く感じられると思います。
    「作戦がとられた」、
    「作戦が採られた」という受け身の表現だと思いますが、
    「作戦を採られた」となると「(上官がその)作戦を採られた」
    と尊敬のような意味合いに変わってしまうと思います。
    自発の表現なら、「〜が感じられる」「〜を感じられる」
    そう差異はないように思えます。

    ユーザーID:8869872378

  • あげられた例でなら気にならない

    他の方もおっしゃっているように 〜が という言い方は気になりません
    強調や特定で 〜を より 〜が のほうがよいと思う場合もあるからです

    言葉のニュアンスで てにをはって変わりますよね
    英語圏の人に 冠詞の使い方を尋ねたら なんだっていいとか テキトーだよーって言われたーって聞いたことがあります
    ネイティブの人だと文法なんか意識せずに使いますから 我々も日本語を使うのにそうなんでしょう

    それより気になるのは 英語の文法に日本語を当てはめる考え方です
    最近は日本語でも「 過去形で話す」みたいな言い方があるけど もともと日本語は時制が曖昧 日本のミステリなのに
    『Aはすでに死んでる なぜならAのことを過去形で話していたから』
    みたいな謎解きがあるときに いやそうでもないんとちゃう?と思ってしまいます
    文法の流用を気にしてしまいます

    言葉の乱れは気になるところですが 状況により ニュアンスが大切だと思っています

    ユーザーID:7320888938

  • 乱入します

    「が」と「を」に関しては「の」が係ってくることがありますね.
    最近話題の本の題名を見て思ったのですが:

    ◯ ケーキが切れない私.
    ◯ ケーキを切れない私.
    ◯ ケーキの切れない私.(書名はこれと同型でした)

    だけど,

    ◯ 私はケーキが切れない.
    ◯ 私はケーキを切れない.
    × 私はケーキの切れない.

    最後だけ×になるのはなぜでしょう?

    もう一つ:
    ◯ わが子 (古めかしい)
    ◯ 私の子 (現代的)

    ひょっとして,「が」というのは本来は万能選手だったけど,英文法などの影響で役割を縮小されるようになった(目的語のときは「を」,所有のときは「の」に取って変わられつつある)という歴史があるのかも.素人の妄想です.詳しい方よろしく.

    ユーザーID:0117680343

  • 乱れたのか単なる間違いか…

    SNSか…

    きちんとした書類(仕事など)とか、手紙のようなものと違って
    書いた文章を校正する人が少ないってことが一番の原因ではないか?

    大抵は下書きがある人も少ないだろうから、
    書き綴りたいことが沢山あって、それを書いているうちに
    ちょっとずつ書きたい内容とかズレてきて出来上がった文章が
    今一つしっくりしない…なんてケースが多そうな気がします。

    文字制限があると部分的に削ったりしないと
    文字数超過が起こってしまって、そこで文章を短くしようとすると
    アレ?なんかおかしな文章になっているなんてことが、

    送信ボタンを押してトピに掲載されて気づくなんてこともたまにある。

    どうしてもSNSだと勢いで書き進めてしまって
    今一度読み直さない人がいるってことはないだろうか。

    ユーザーID:5274511069

  • 容認しているからでしょう

    言葉使い、間違っていないかドキドキしちゃうな

    「それは使い方間違っているなぁー」とか
    「こっちの方がしっくりくるのになぁー」とか
    心の中で思っているだけで、みんな、口に出してないからではないでしょうか?
    まぁ・・たいした事ないか
    意味わかるし
    みんなそうだし・・・
    わざわざ言うのも・・・
    容認しているってことなんですよ。モヤモヤしているだけだったら。
    そしてそっちが100年後とかには常識とか正解になっていく・・・

    学校で習っているでしょーって言われても、勉強は勉強。テストはテスト。現実は現実なんです。

    お箸の持ち方みたいに「その持ち方はダメ」とか
    テレビのタレントさんとかも食べ方が綺麗じゃないと、あーだ、こーだ言われてしまいます。
    お箸の使い方や食事の仕方なんかはよく話題にのぼると思います。
    大人だろうが、些細なことでも、度々指摘しないとダメなんです。一度や二度習ったくらいじゃダメなんです。
    日々指摘しないと。
    と、私は思います(笑)

    ユーザーID:7922352618

  • 2度目のレスです

    誤った使用法ではないのはわかったうえで、
    あくまで個人の感覚として、正しい日本語に対して
    モヤモヤされるのはご自由ですが、

    >「作戦が採られた」という受け身の表現だと思いますが、
    >「作戦を採られた」となると「(上官がその)作戦を採られた」
    > と尊敬のような意味合いに変わってしまうと思います。

    受け身の場合は「を」を使ってはいけないということですから
    トピ本文(なぜ「〜をとられる」と書けないのか)と矛盾しませんか。

    > 自発の表現なら、「〜が感じられる」「〜を感じられる」
    > そう差異はないように思えます。

    辞書やインターネットで自発と明示されている例文を検索してみてください。
    この意味で「を」を使う文章はありません。

    ユーザーID:3964253528

  • トピ主です

    レスありがとうございます。
    いろいろなご意見に「なるほど」と感じ入っております。

    はははさま
    自発の例文をほとんど見た訳ではないですが、
    「自分自身、自由を感じられる」と「自由が感じられる」、
    ほぼ同じに感じます。
    「とられる」に関しては漢字で具体的に限定すべきであった、
    と思います。
    受け身の場合は「を」使ってはいけないと書いた覚えはありませんが、
    「取られる、撮られる、盗られる、・・」などについて、
    「を」の方がしっくり来ると感じた迄です。

    ユーザーID:8869872378

  • そうですね

    間違っていないと知っているのに、
    個人的にしっくり来るか来ないかで、
    乱れている
    と表現するのは良くないと思います。

    ユーザーID:8722773220

  • 間違っていないと思います。

    特に”〜たい”という願望の表現につながっている動詞の目的語を導くのは”が”がより自然だと思います。日本語を母国語とする私もそう感じますし、夫が日本語学校に通っている時の文法の教科書にもそう書いてあります。

    ユーザーID:5021595893

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧