ガラスの仮面、教えて下さい(駄)

レス27
(トピ主2
お気に入り102

趣味・教育・教養

クリスタル

こんにちは。トピ主のクリスタルと申します。よろしくお願いします。

最近ガラスの仮面を読み返して何十年ぶりかではまってしまいました。周りにファンがいませんので、こちらで皆様のご感想を教えて頂ければ幸いです。

1.マヤと亜弓さんのダブルヒロイン、どちらがお好きですか?
私はどちらも好きです。紅天女もどちらがいいか選べません。

2.皆様の好きな劇中劇は何ですか?
マヤなら真夏の夜の夢、たけくらべ、嵐が丘、天の輝き。亜弓さんはジュリエット。二人の共演は夢宴桜が好きです。

3.桜小路君と紫織さん好きな人はおられますか?
紫織さんは苦手ですが、桜小路君はそんなに嫌いではないです。好きでもありませんが、いい人だとは思います。

4.皆様の好きなキャラ、苦手なキャラは?
私の好きなキャラは黒沼先生、苦手なキャラは舞ちゃんです。

駄トピですが、お付き合い頂ければ嬉しいです。宜しくお願い致します。

ユーザーID:4962313054

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
  • 嬉しいトピ

    トピ主さんは何巻まで読んでますか?

    1.好きなヒロインは当然、主人公のマヤです。
    もちろん亜弓さんも努力家で素晴らしい人格者ですが、天才であるマヤに紅天女を演じてほしい

    2. 二人の王女です
    ミスキャストと言われた役をこなし切る2人が素晴らしいです
    あとは忘れられた荒野も

    3. 綾小路くんはいじらしいですね。役者として大成してほしいです。紅天女で相手役の一真になってほしいです

    4.好きなキャラは速水真澄の子供時代です
    利発でイケメンですね!

    皆さんの回答も楽しみにしています。

    ユーザーID:9851854297

  • 初めて読んだのは中学生の時です。

     ここ数年、読んでおりません(笑) 私が初めて読んだのは、中学生の時。まさか、50才を超えても物語が終わらないとは!!

    1 紅天女は、マヤか、亜弓さんか・・ 私も選べませんね。うーーん、真剣に悩みます(笑)

    2 「ふたりの王女」です。このストーリーは、美内先生の完全オリジナルだそうで。よくできていると思います。

    3 私はどちらかというと、桜小路くんより、紫織さんの方が好感が持てます。

    4 好きなキャラは、真澄さん。亜弓さんのお母さんの姫川歌子さん。

     早く次巻が読みたいです。
     

    ユーザーID:0693608140

  • まだ完結しないとは…

    1.亜弓さんです。
    天才であるマヤには敵わないと思いながらもたゆまぬ努力で立ち向かう姿が好きです。
    紅天女も亜弓さんに決まって欲しいです。紅天女もマヤに決まってしまったら本当にやりきれないよ…

    2.マヤは「真夏の夜の夢」「女海賊ビアンカ」「天の輝き」
    亜弓さんは「ジュリエット」「カーミラの肖像」
    共演では「二人の王女」です。
    おまけで劇団一角獣の「運命」も好きです。
    劇中劇に関してはガラかめ連載前は「中短編の名手」と呼ばれていた美内先生の真骨頂だと思います。

    3.紫織さんは相当やばいゾーンに入りましたねぇ。
    ちなみに三上博史さんは紫織さんがお好きで演じてみたいそうです。(NHKで放送された美内先生との対談番組より)
    私は三上さんは絶対月影先生だろうと思いましたが(笑)
    桜小路君は近年の巻では引く描写が多くてなぁ。

    4.好きなキャラは速水真澄、秘書の水城さん、「影」の聖唐人、月影先生です。
    苦手なキャラは…桜小路君です。
    私は舞のほうが気の毒だよなぁーと思っていましたよ。

    まさか21世紀になっても元号が2回変わっても完結しないとは子供の頃は予想もしていませんでした(苦笑)。
    未完で終わる事がないよう祈っています!

    ユーザーID:3778741493

  • 懐かしい!

    社会人になってから20年くらい全くストーリーを追えていない状態ですが、ガラスの仮面はほんっとうに面白いですよね。

    ということで、懐かしさと共に以下に回答させていただきます!

    1.最初は断然「平凡な少女」マヤが好きでしたが、令嬢・亜弓さんの演技に対する現状に甘んじない真剣さに徐々に引き込まれました。なので2人とも同じくらい好きです。

    2.マヤと亜弓さんの実生活での立場が逆転した設定にも近い、「二人の王女」がとても印象に残っていて好きですね。

    3.桜小路君はあまり強い印象はないのですが、紫織さんは速水さんへの一途で純粋な愛で狂ってしまうのが読者としては本当に心が痛いです。彼女は速水さんを心から想っているだけで何も悪くはないのに、と思ってしまいます。人間としては悪い人ではないと思っています。

    4.黒沼先生、私も好きです。お父さんのような大きな心で見守る感じが良いですよね。苦手キャラですが、最近読んでなさ過ぎで思い出せません。


    駄トピだなんてとんでもないです!!
    とても懐かしく素敵なトピをありがとうございます。

    ユーザーID:3937455437

  • なんてったって!

    劇中劇のベストは、ふたりの王女ではないですか?
    アルディスを演じているマヤの笑顔が太陽のように光輝いていました。亜弓さんも演じるとはどういうことかを悟る辺り、惹き付けられました。
    しかし、この時でさえ約2巻分だった舞台内容。紅天女は何巻分続くのでしょう?(笑)

    ユーザーID:4312653243

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私も最近読み直して、やっぱりハマりました(笑)

    40代です。やっぱり面白いですね。

    1、「はなとゆめ」をリアルタイムで読んでいた時期は、マヤ派だったのですが、
    読み返してみたら、すっかり亜弓さん派になりました。

    演技に常に誠実でひた向き。努力を惜しまない姿は、
    すばらしく美しいな。と思いました。
    あのカメラマンがついぞ惹かれてしまうのも分かります。性格も生き方も良いですよね。

    紅天女は、是非に亜弓さんが、、、。とも思うのですが、やっぱり、どちらも観てみたいですね。

    2、マヤはというよりも作中で真夏の夜の夢が一番好きなのですが、ジーナの青いツボ、海賊ビアンカと。の後に演じた、ひとり演技。
    毒とウェイターの影の演技。オオカミ少女が好きですね。

    亜弓さんは、ジュリエット。王子と乞食。ふたりの王女。たけくらべ(マヤの演技よりも好きでした)。水と風の演技。カミーラ。奇跡の人。ですが、

    ママは私にキスをしなかった。というのは、悲しくて切なかったです。私は亜弓さんの方が、、、。というのは、ここでは愚門ですね。
    夢宴桜では、マヤよりもさすが亜弓さん!と思ったものです。

    上記のものは、実際に生で観たかったなあ。
    というものをあげました。

    3、どちらもさして、どうということはありませんね。
    紫織さんの、壊れっぷりがすさまじくて、ちと引いてます。

    4、脇でというと好きなのは麗ですが、
    他も、特に好きも嫌いもないですね。

    これは小話なのですが、
    マヤの土の演技は、連載中は道祖神が語る。
    という演技をしたのですが、

    私にはそれが痛烈に印象に残っていて、
    単行本で丸ごと差し替えられました。
    今では読めなくて、本当に残念です。

    叶うことなら、その話がもう一度読みたいですね。

    ガラスの仮面はやっぱり面白いです。

    ユーザーID:7234205803

  • 気になるキャラ

    ヘレン・ケラーのオーディションで、すごい女性が一人いましたよね。ちょっと男っぽい。でもベルを鳴らす試験で落第しちゃった人。

    「いつか、何かの形で使いたい役者ですね」とか審査員に言わせておいて、まったくその後音沙汰なし・・・。

    あの人がどうしているのか気になります!

    それから、全然先が進んでいませんが・・・「源造の回想」をつくって、1巻くらい埋めるのはどうでしょうか? 美内すずえ先生!

    トピ主さんの答えになってなくてすみません。

    ユーザーID:1317918442

  • 親子2代で読んでます

    母親がファンで単行本を買っていたため、私も小さい頃から呼んでいます。最後は一体どうなるのでしょうね。

    1.マヤと亜弓さん → マヤ

    2.皆様の好きな劇中劇 → 女海賊ビアンカ、二人の王女

    3.桜小路君と紫織さん → 嫌いというほどでもないですが苦手ですね。マヤ&紫のバラの人ファンなので。

    4.皆様の好きなキャラ、苦手なキャラは?
    マヤ、真澄さん、月影先生は別格。黒沼先生、源造さん、冴子さん、麗さま(青木麗)、小野寺先生も結構好き。

    苦手なのは、押しの弱い桜小路君と、ちょっと怖い紫織さん。それから乙部のりえかな。話の流れ上、そういうキャラなんでしょうけど。

    ユーザーID:0863899182

  • 懐かしい

    1、人として亜弓の成長ぶりは素晴らしく後半どんどん好きになりました。が、やはり演技としての意外性はマヤに期待しちゃいますよね。

    2、劇中劇では嵐が丘。あと二人の王女(タイトルうろ覚え)が盛り上がりましたよね。一人芝居のシリーズも好きです。

    3、桜小路くん、子どもときはなんとつまらない人だろうと思ってましたが、大人になってみるとこんな人と共に生きる人生は幸せだと思うように。志織さんはひたすら気の毒…。

    4、好きなのは月影先生。なんとそろそろ月影先生の年頃になっちゃっいました!嫌いな人はとくにないです。

    懐かしいなあ。
    また読み直したい。

    ユーザーID:6240936601

  • 皆様楽しいレス有難うございます!(トピ主)

    私が子供の時に読んだのは石の微笑の辺りまで。当時はそれ程夢中にはなりませんでした。今回は数ヵ月前とても大変なことがあり参っていた所、偶然二人の王女舞台稽古まで読めるサイトを見つけたのがきっかけです。気分転換に読み出すと止まらなくなって週末イッキ読み!おかげで少しの間でも嫌な事を忘れるが出来てとても助かりました。やはり名作と言われるだけのことはあります。その後単行本41巻まで読みました。

    マヤちゃんの純真で一生懸命な所、亜弓さんの孤高で誇り高く努力を惜しまない姿、どちらにも惹かれます。紅天女もどちらを選んでいいのか全く分かりません。チーム全体で選ぶなら、亜弓さん一人で無能の小野寺、ジジイの赤目を支えている小野寺チームより断然黒沼組なんですが...

    忘れられた荒野、カーミラの肖像もいいですね!奇跡の人、二人の王女は少し長くて面白いけどもう十分という気持ちになってしまうのです。一番もうたくさん!なのは紅天女なのですが、来年1月にオペラがあって全部ネタバレされてしまうそうなので、ますます長く感じそうです。

    桜小路君が本格的に崩壊するらしい42巻以降未読のせいか、彼は単純にいい人だと思います。役者としても多分悪くない。ただ純粋にマヤちゃんの相手としてなら、里見さんの方が包容力があってまだ向いているような気がします。紫織さんがああなっていくのは元はと言えば速水さんの自業自得なのですが、そんなに美人と思えないのとあと人間的に退屈な人ですよね。一緒にいて飽きそう。

    歌子さん、水城さん、聖さん、麗はいいですね。あと一角獣の堀田さんとおケイさんも好き。舞は自分を名前で読んだりして子供っぽいわりには重くて嫉妬深い所が嫌です。乙部のりえは嫌いじゃないです。あれはあれでキーパースンですし。

    それではどんな内容でも結構ですので、引き続き皆様のレスお待ちしています。

    ユーザーID:4962313054

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • 懐かしいです。

    最新刊まで読んでいる自信がないのですが…

    1 悩みますが、敢えて選ぶなら亜弓さんです。
    恵まれた境遇に甘えず、弛まぬ努力で困難を乗り越える姿に憧れます。報われてほしいです。

    2 マヤなら、タイトルを忘れたのですが、高校の体育館の一人舞台が印象的でした。
    跳び箱を逆さまにしてゴンドラにするシーンが、何故か最初に浮かびました。
    2人の王女も良かったです。

    3 桜小路くんはいじらしいですね。
    マヤとくっついてほしいです。
    紫織さんは確かに苦手ですし、お近づきになりたくはないけど、哀れな人ですね。静かに余生を暮らしてほしいです。

    4 好きなキャラは迷います。
    源三さんでしたっけ?月影先生のお付きの方、秘めた恋心が素敵ですね。
    水城さんも好きです。出来る秘書って感じが良いです。

    ちなみに、実写版では、真澄様は京本政樹さんに違いないと勝手にキャスティングしてました。
    邪道かもしれませんが、真澄様と亜弓さんで最強カップルになって欲しい気持ちがあります。
    お二人で芸能界を席巻して欲しいですね。

    ユーザーID:9531966212

  • 紅天女 オペラ版

    横から失礼いたします。

    1月11日から15日までオーチャードホールで
    「紅天女」オペラ版が上演されます。

    美内先生が「紅天女」の台本を書かれたそうです。

    「ガラスの仮面」の中では全容が描かれていませんが、
    舞台の上では阿古夜と一真の物語がラストまで綴られます。

    今からドキドキです。

    ユーザーID:9497322922

  • 連載開始から読んでます

    花とゆめに連載が始まった時からずっと読んでいます。(最近はちょっと挫折)

    1.ヒロインとしては亜弓さんが好きです。亜弓さんの天才は演技の才能ではなく努力する才能だと思います。ちょっとアマデウス(マヤちゃんがこっち)とサリエリっぽい関係ですね。この二人でもサリエリが好きなので…。
    紅天女はダブルキャストでお願いします。チケットは両方見られるように取ります。でもものすごい倍率になりそう…。

    2.私も「ふたりの王女」です。コミックスはこの劇だけでまるまる一巻に納まっているのですが、一人暮らしで本が置けず実家にコミックスを置いていた時もこの巻だけ持ち込んでいました。
    あと、「夢宴桜」で罠で改定された台本を知らないマヤが亜弓さんとの掛け合いでアドリブで正しいストーリーを演じ遂げるところが好きです。

    3.紫織さんはちょっと怖いのですが、桜小路くんは好きです。普通に育ちがよくていい子なのにマヤや速水社長にかかわってちょっとかわいそう。最初の頃はほんとにやさしくていい子だったんですよ。

    4.大体どのキャラもこの人の立場ならこの行動は正しい、と思えるので苦手ということはないのですが、印象に残っているのはふたりの王女のアルディス役についてマヤに話をしてくれたオペラ歌手の年配女性です。ほんと優しそうないい人だった。
    あと源造さんも好きです。

    最近大学生の子どもに「紫の薔薇の人ってなに?」って聞かれてもう若い子はこれ判らないのかなーとちょっと寂しい。(ツイッターネタで読んでわからなかったらしい)
    私の世代なら「紫の薔薇の人」「マヤ、恐ろしい子」は定番なんですけどねー。

    ユーザーID:2822414280

  • なつかしい

    懐かしいです。今どうなっているのかなぁ。
    私は雑誌掲載時に読んでいて(20年位前?)
    コミックスは42巻くらいまでは買った覚えがあります。
    亜弓さんが失明するくらいですね。
    コミックスを買ったら雑誌の流れと違って「あれ〜?」ってなった覚えがあります。

    1.前半はマヤですね。「忘れられた荒野」辺りまでは断然マヤなのですが、恋愛要素が高まってきてからはちょっとイマイチ・・・。
    後半は亜弓さんのほうが断然健気に見えてきて、どっちも比べがたいです。

    2.「二人の王女」かな。「真夏の世の夢」も良かったです。
    亜弓さんなら「カーミラ」がよかった。

    3.紫織さんきらいです〜。もっと毅然とした賢い人かと思ったのに話が進むにつれ女の嫌な面を持ってる人だなって。
    桜小路くんは嫌いじゃないです。ちょっと鈍感で視野の狭い人だけどいい人だと思います。舞ちゃんは振り回されてかわいそうだなって思います。

    4.好きなのは麗さま!月影先生も好きです。男性なら速水パパがいいですね。ひそかに演劇協会の髭の仙人みたいな方が気になります。
    苦手なのは、う〜ん舞ちゃん、紫織さんかなぁ。速水さんもあまり好きではない・・・。

    ユーザーID:8599982214

  • 完結するの?

    1.個人的には亜弓さんです。亜弓さんは努力型なので、今の世の中的にも、努力した人が報われるべきだと思います。ただし、漫画的には、当然どうみてもマヤちゃんが紅天女に選ばれるでしょう。マヤちゃんじゃなかったらフアンが暴動を起こすレベルだと思います。月影先生だって、初めからマヤちゃんって決めてたんじゃないの?って思います。

    2.好きな劇中劇は『二人の女王』一択で。コミックの一巻分ほとんどが劇中劇なのも、当時は驚きでした。

    3.マヤちゃんの非情なまでの天然ぶりに振り回される桜小路くんには好感が持てますね。紫織さんは何度読んでも頭の中でテレビドラマの女優さん(佐伯伽耶さん?)に変換されてしまいます。

    4.好きなキャラは、いつもウインク赤目慶。苦手なキャラは案外ハミルさん。彼は亜弓さんを幸せに出来ないと思う。。。

    実は全巻手放しているのですが、電子版になっているので買い戻してしまうかも。

    ユーザーID:2510649805

  • 改めてトピ主です。レス有難うございます

    確かに月影先生は最初からマヤに決めていて、亜弓さんはマヤの闘争心を煽るツールにされているきらいがありますね。梅の谷での亜弓さんの孤独な葛藤を見ると、劇団の仲間や紫の薔薇の人という理解者のいるマヤが相対的に幸せに見えてしまいます。劇団仲間と楽しい夕食を済ませてきたマヤに一人ぼっちの夕食を終えたばかりの亜弓さんが冷たく当たってしまう場面は本当に可哀想でした。あの亜弓さんがパパに会いたいと弱音を吐いたり、全てを捨てて東京に帰ろうとするんですから余程辛かったのだと思います。

    紅天女は決して嫌いではないし作者の言いたいこともわかるんですが(多分)、今回初めて読んであそこまで世界を広げてしまうと風呂敷を畳むのは大仕事だと思いました。最初から50巻がずっと出ていないのは知っているので、私自身はもうあれは49巻で未完のまま終わるんだと達観しております。でもファン歴の長い方にとってはそう簡単には諦めきれないでしょう。道祖神の演技見てみたいです。あの種の演技は微妙に外してるような。

    気の毒な桜小路君を評価される方もそれなりにいらっしゃるということが分かりました。彼はパートナーに演劇より自分を優先して欲しいタイプなので本来なら舞を選ぶべきなのでしょうが、そこが恋は理屈じゃない所ですね。紫織さんは彼女から身を引こうとしたタイミングでプロポーズしてしまった真澄さんが全ての元凶なのですが、分かっていても暴走モードになってからはかなり引きます。それにやはり美人に見えない(笑)。体弱いアピールも好きになれません。

    赤目さんはどれだけ偉い役者なのか知りませんが、若造めの上から目線が嫌いです。ハミルさんは亜弓さんのパートナーとしては華がないというか、間進君をちょっとましにした程度の魅力しか私には感じられなくて... 亜弓さんの理解者にはもっと素敵なキャラを出して欲しいです。水城さん、聖さんは好きです。

    ユーザーID:4962313054

  • トピ主のコメント(2件)全て見る
  • BSでドラマやってますね。

    週末に番組表を見ていたら、BS日テレでドラマ版ガラスの仮面をやってました。
    月影千草役の野際陽子さん、流石ですね。
    そして、なぜか子犬を連れているマヤ。
    安達祐実だから?と、笑ってしまいました。

    序盤の劇団つきかげに入ったばかりで、マヤが母親と引き離される辺りのお話でした。
    興味がある方は、是非。

    ユーザーID:6872979139

  • 恐縮ですが私も参加。

    もうガラスの仮面は小学2年から読んでいて
    私はもうすぐ50歳・・・。最終回が読めるのか不安です。


    1.マヤと亜弓さんのダブルヒロイン、どちらがお好きですか?
    もう絶対に亜弓さん!皆さん気づいていますか?
    マヤは呼び捨ての方が多いのに、亜弓さんはさん付けの方が多いって事に!!
    亜弓さんが最高なのは本当に男前なところです。
    特にマヤがスキャンダルを暴露されて受賞会場に来たところ、
    亜弓さんの放った「マヤ、私は待ってるわ(超意訳)」とか、
    カーミラにて乙部のりえを正統的な手段にてぼこぼこにするとことか、
    目が見えないかもしれないのに、真澄さんとよろしくクルージングしているマヤに対して、
    ろうそくの炎を避けるみたいな努力の特訓。
    もう亜弓さんが近くにいたら現役で東大に行けそう(笑

    2.皆様の好きな劇中劇は何ですか?
    そんな私なので「カーミラの肖像」です。
    乙部のりえなんかやっつけちまえ!と思って読んでいました。

    3.桜小路君と紫織さん好きな人はおられますか?
    紫織さんは最近ヤバい方向に向かっているので
    スパイスキャラとして期待しております。

    4.皆様の好きなキャラ、苦手なキャラは?
    え、これ、誰でもいいの?
    だったら好きなキャラは亜弓さん1択だよ!!

    苦手なキャラ・・・というか、何してんだキャラは
    断然速水真澄ことマスミンです。

    本当に続編でてくれよ・・・
    私、病人だからラスト前に死んだら
    あの世で読むしかないじゃんよ・・・。

    ユーザーID:9097019386

  • ガラスの仮面とともに育った(笑)

    幼稚園の時になぜか知り合いが数冊ガラスの仮面をくれてからはまりました!現在、三十代半ばです。

    1マヤが好きです。でも、あゆみさんも嫌いではないです。

    2二人の王女好きな方多いんですね。私は若草物語、たけくらべ、女海賊ビアンカ、ヘレンケラーが好きですね。あと、女海賊ビアンカの次にやった普通の日常の劇‥タイトルを忘れてしまいましたが好きです。

    3桜小路くんとしおりさんは正直どちらも好きではないですね。速水さんが大好きなので!

    4青木麗ちゃんが格好良くて好きです!

    ユーザーID:7292760554

  • トピに飛びつきました笑

    もうすっごく好きです!
    特に昭和の匂いがする初期から中期の頃の話が大好きです!
    平成からのストーリーに携帯電話が出てきたのには面食らいました笑

    1:マヤも亜弓さんも好き。
    というか、お互いというライバルが居るからこその2人が好きです。

    2:作中の劇はみんな好きですが、なぜか強烈なインパクトがあるのは、二人の王女のオーディションでのマヤの演技です。

    3:初期の桜小路くんは爽やかで好きでした。今は残念ながらちょっと好みからはフェードアウトぎみ…

    4:好きなキャラは、月影先生と水城さん! フっ…て笑うのが超似合う笑

    とりあえず好きすぎて、ガラかめのかるたも持ってます(駄)
    この世を全うするまでに完結を見届けたい…

    ユーザーID:7090670854

  • レスします

    連載始まったころに読み始めて、その頃の私はマヤちゃんと同じぐらいの年齢でした。
    今は、月影先生よりも年取っています。

    さて、質問の回答ですが。

    1 ダブルヒロイン、両方好きです。

    2 劇中劇は、私も真夏の夜の夢です。ほかも沢山ありますが。

    3 どちらも苦手です。

    4 苦手なキャラは。
     実は、マヤ母です。
     あと、嫌いなキャラは、おとべのりえです。コイツは許せない。

    よろしくお願いします。

    ユーザーID:0052219255

  • こんな楽しいトピが!

    こんなトピがあったんですね。盛り上がっている時に参加したかったです。

    1.断然、亜弓さん。
    両親は仕事に生き、取り巻きはいるけど友人はいない。
    「親の七光り」と揶揄されながらも努力を怠らず、マヤに対しても誇り高くフェアで救いの手を迷わず出せる。
    多忙な両親に対してもすねたりせずに成功を心からお祝いしている。
    ベランダで1人で乾杯して倒れた姿におばちゃんは泣きそうでした。

    母が体当たりで亜弓さんの覚悟に付き合い、ハミルさんという理解者が出来そうな雰囲気に「よかったなあ」としみじみ思う。
    マヤちゃんが紅天女なのだろうなと予想するけれど、亜弓さんにもなって欲しい。
    ダブルキャストはもうやっちゃったからないだろうし。どうなるんでしょうね。

    2.夢宴桜。マヤと亜弓さんがお互いに「すごい人」と思い合うのがいい。
    奇跡の人のオーディションでの1人創作劇も好きでした。
    石の微笑で「人形役だったからまばたきできなくて」はさすがに無理でしょ!とツッコんでしまいました。

    3.どちらも苦手です。でも、紫織さんはお嬢さんの初恋と思うと憎みきれない。

    4.好きなキャラは亜弓さんのばあや。源三さん。聖さん。水城さん。
    まっすぐに大切な人を思う気持ちに惹かれます。 
    苦手なキャラは私も舞ちゃん。いい年して自分のことを「舞」って呼ぶのがうっとうしい。

    私が読み始めたのは小学校4年生の時です。
    17巻の真澄さまがマヤに薬を口移しで飲ませるシーンにドキドキしましたが、もうリアルタイムで読んでる子供さんは少ないだろうから、甲板での告白シーンに「チューくらいしなさいよ!」とあおってしまう汚れた大人になってしまいました。
    なんとか、終わりを読みたいです。

    ユーザーID:1968432499

  • 遅まきながら

    遅まきながらトピが上がっていたのでレスします



    1、どちらも好きです、選べません

    2、マヤは、ジーナの青い壺
    亜弓さんは、カーミラの肖像
    共演はやっぱり二人の女王

    3桜小路くんはすきです、ちょと押しつけがましいけど
    若いから仕方がなんじゃないかと思ってます
    小学生のころは「さくら こうじ」
    だとおもってました、だから名前の漢字が変だなぁと思ってました

    紫織さんは、好きじゃないけど、嫌いでもないです


    4 好きなキャラは、秘書の水城さんです、聖さんも捨てがたい
    いつも面倒見てくれる麗とか
    こうやって並べてみると、マヤを支えてくれるひとばかりですね
    水城さんは過去形ですが
    となると1の質問はマヤであるべきなのかなと思いました

    苦手なのは、亜弓さんのほうの演出家、一真役の大物俳優
    (名前が出てこない)要は尊大な男が嫌いっていうだけかもしれません
    真澄さんの父親もそういうキャラではあるのですが
    個人エピソードがあるので、見方が変わりましたね
    苦手といえるのは、それほど重要ではないキャラだからだと思いました


    今って連載されてますか?

    ユーザーID:9149993171

  • 私も参加!

    小学生の時に初めて読んで、この歳になるまで完結しないとは予想してませんでした(笑)

    全巻持ってるけど、やはり年に1、2回は1巻から一気読みしちゃいます。

    1 マヤと亜弓さん、どちらも魅力的です。最初の頃は意地悪さもありましたが、マヤをライバルと認める様になってからは、亜弓さんの素晴らしさも見えてきたし、目がほぼ見えない今、どう戦うのか気になります。

    2 皆さんも仰ってますが、やはりナンバーワンはふたりの王女でしょうね。
    月影先生との貴重な共演だし、本番もとても素晴らしかったけど、二人が生活を取り替えるエピソードもとても好きでした。

    次点でヘレンケラーですね。

    3 紫織さんは嫌いと言うかイライラします。本物の温室育ちのお嬢様ですけど、貧血起こしすぎ。
    桜小路くんはむくわれなさに同情しちゃいます。

    4 好きなキャラはえ〜どうしましょうって位出てきますけど、劇団つきかげぷらす一角獣のメンバー、好きですね。
    あとはヘレンケラーで、歌子さんが好きになりました。
    水城さんに聖さん。
    すごいチョイ役の人(例、ほんとに初期に数コマ出てきた劇団つきかげCクラスのやよいさんという何故か頭に鳥を乗せてる女の子とか)まで選んだら尽きません汗

    嫌いなキャラはただ一人、小野寺です。
    小野寺がすごいんじゃなく、名演出家の名声は亜弓さんのお陰でしょって思っちゃいます。

    あー、また1巻から読み直さないと。

    ユーザーID:1198208287

  • 今、TVドラマ放映中ですね

    日曜夜、たまたま発見!
    ガラスの仮面2
    うっかり観ちゃいました
    来週は2人の王女舞台だそうで…
    原作と設定が違って、紫織さまはTVドラマから生まれたキャラなのかしらなどとみてしまいました
    で、そういえばガラスの仮面トピがあったなぁと探してしまいました

    子は再放送アニメ版しか観ていませんが姫川母娘ファンでした

    1、姫川亜弓
    2、亜弓さんのジュリエット
    題を忘れましたが、マヤが人形を演じたお芝居、あれで、同じ芝居を何度か通って観る楽しみを知った気がします
    劇といっていいのか…2人の王女オーディションのレストラン演技
    3、紫織さま、好きです
    当初から、亜弓さんは演劇自体から身を引き幸せな家庭人になり、マヤは紅天女を手に入れるも幸せにはなれない、という話と考えていました。ロミジュリするには障害が必要ですが、当初の先生の敵、途中から母の仇ときて、でも障害が弱い。どうするのかなあとおもったら、紫織さま。すごい障壁です。
    (途中までしか読んでいませんが…)
    4、好きなキャラ
    源三さん
    真澄さまのお父様(養父)
    麗(字があっていればいいのですが)

    これからレスも読みます

    ユーザーID:8106702409

  • 最高なトビ

    「ガラカメ」。ずっと続編が刊行されず、連れ合いと「もう、あきらめたほうが良いのかね」と話し合っています。作者としては、ここまでストーリーが進んだからには完璧な続編を描きたいのでは?だから、色々四苦八苦しているのでは?と思います。

    1)私はどちらかと言うと「マヤ」に太鼓判!!お母さんはしがない住み込ラーメン屋の店員。マヤも、大変貧乏に育ち「紫のバラの人(速水真澄水澄)」から多額の融資を授かり、演劇の場数を踏み今では、姫川あゆみと紅天女を競う実力! これぞ、王同!!頼もしいキャラクターです。顔もそんなに特別美人でないが、舞台に立てば一変!!きらめく表情に変わります。これぞ、真の役者でしょう。また、脚本は物の数秒で丸暗記。中でも一番感動したのは、「おら、たずだ・」と「どろだんご」を食べるシーンです。姫川あゆみは、「たずだから食べたのよ。ふっ、やっぱり怖い子」と、マヤを称賛します。何てかっこいいマヤでしょう!!


    2)私は「2人の王女」、学校の一人芝居「通り雨」が好きです。

    3)私は詩織さん(相性シオリー)が最初のシーンからだんだんと変貌して、今では精神的におかしくなったシオリーが哀れでたまりません。本当に真澄さんの事が好きだったんだなと、感動しました。普通、相手がその子の卒業証書やアルバム持ってたら、身を引きますよね?それに構わず、様々な悪行をするシオリーが、かわいそうでなりません。


    4)苦手きゃらは、「乙部のりえ」です。好きなキャラは、真澄さんの秘書「水城冴子」です。

    今回は楽しいトビ作成していただき、ありがとうございました!!
      

    ユーザーID:4680039723

  • 待ちくたびれてます。

    ガラスの仮面、早く続きを読みたいです。


    1.マヤと亜弓さん、どちらも好きですが、選ぶなら、マヤかな。

    2.マヤ 泥饅頭を食べた舞台とヘレンケラー
    あと劇ではないけど、劇団月影在籍時に行われた、若草物語のベス役のオーディション。

    亜弓さん カーミラ。マヤの敵を打つ為に、親の七光を利用したって理由が素敵です。

    3.桜小路くんは普通にいい人。
    紫織さんは可哀想な人。速水真澄が優柔不断でなければ普通に良家の美しいお嬢様でいられた。可哀想な人。

    4. 好きなのは水城秘書。苦手なのは、住み込みで働いていたラーメン屋の娘。

    私もいい年になりました。最終回が読めるのかな。。
    マヤが紅天女に決まり、速水真澄と結婚して、梅の谷のような所で余生をすごす、というストーリーを勝手につくりあげてしまいました。

    ユーザーID:6652647766

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧