• ホーム
  • ひと
  • かつてのクラスメートから借金の申込を受けました。

かつてのクラスメートから借金の申込を受けました。

レス270
(トピ主2
お気に入り766

家族・友人・人間関係

ふぉわーどがいだんず

アラサーの20代男性会社員の者で、昨年に同い年の妻(会社員)と結婚し子供はまだおりません。

大学時代のクラスメートに未婚女性Aがおり、Aは元カノとは違い気の合う異性の友人です。Aと私とは卒業後のクラスメート達が集まる定期的な飲み会には毎回参加し、卒業後の動向などはお互いによく承知しております。またAは私の結婚式にも二次会まで参加してくれ、妻もAの事をよく知っております。

Aは新卒で大手企業に入りましたが3年後に転職をしております。真面目で努力家のAは女性の管理職が多い会社に入り「今の仕事はとても楽しい。私もっと上を目指すからね!」と、飲み会でも元気に近況を話してくれました。

私はそのAから先週「30万円を貸して欲しい」とメールを受け、土曜日にAと直接会いました。Aは「11月にマンションの更新と従姉妹の結婚式とが重なり、経済的に苦しい。親兄弟には頼めない」と私に事情を話してくれましたが、私は「考えてはおくね」と返答してお金の件は保留にしてあります。

私はまず「貸したら返ってこない。金づるでアテにされ無心が続くかも」と思い付きました。ただAの事情の真偽はともかく、これまでお金に困っている素振りを全く見せなかった友人が、心底本当に困っているのであれば「一度だけ貸すのもありか?」とも考えました。もし貸すのであれば借用書と引き換えに現金(独身時代の預金)を渡し、返済は分割可で構わないと思います。

仮にお金を貸した後、Aが借金を踏み倒して私から疎遠になったとしたら、30万円は手切れ金となります。Aは二度と仲間たちとの飲み会に出られなくなり、負い目を感じ続ける事になります。30万円での代償は大きいものとなり、Aは時間がかかってもお金を返すと考えます。ただお金を貸す事には正直なところ迷いもあります。

Aにお金を貸すか断るか、皆様のご意見をお聞かせ下さい。

ユーザーID:1154117393

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数270

レスする
  • トピ主の者です。ご意見を下さり誠にありがとうございます。

    皆様のご意見を拝見し、やはりAにはお金を貸すべきでない事がよく分かりました。またこの件で妻は「貸さない方がいいでしょうね。もし貸すのであればきちんと借用書をもらいましょう。ところでAさんとは何もないよね?」と申しておりました。

    その後、クラスメート達からの連絡などで、Aは私の他にもB(既婚の女性会社員、Aと最も仲がいい女子たちのリーダー格)とC(独身の女性会社員、寡黙でも人情に厚い)にも同じく30万円の借金を申し込んでいた事が分かりました。BやCも「友達の間で多額のお金の貸し借りは無い」との考えです。

    更にBがAの実情を教えてくれました。
    「Aは正社員に登用されたが年収は未だに転職前の水準に遠く及ばない。またAは奨学金の返済に困窮し、実家や家族とも不仲。マンションの更新や従姉妹の結婚式は事実。従姉妹が遠隔地在住で、往復の交通費や宿泊費と祝儀とで10万円以上、Aに貯金は殆ど無い」

    Aが苦境にある事は分かりましたが、対等な関係の私達に多額の借金を申し込んだ時点で、残念ながら友達関係に黄色信号が灯ってしまいました。Bは「Aは心身ともにかなり疲弊している。どうやら休日に副業をこなしているらしい。でも友達の私達への無心に執着するのであれば、友達は失くす事になると忠告した」と申します。

    Aの友人である私達が何とかお金以外で彼女の助けになりたいのですが、是非アドバイスをお願い致します。

    ユーザーID:1154117393

  • Aの困窮の根源が分かりました。

    本日の夕刻、Bから再び私に連絡がありました。

    Aの困窮の根源は、Aの実家が経済的に逼迫している事でした。Aの実家では以前よりマイホームローンの支払が困難となっており、Aの両親が半ば強引にAの貯金のほぼ全額をローンの支払いに捻出させたのでした。その結果Aは実家と絶縁状態になり、貯金を失ったAは自分のマンションの更新費用が払えなくなりました。更にAが昨年から出席を楽しみにしていた仲の良い従姉妹の結婚式にも、参加が難しくなったのです。

    以上の事は、本日Bが単独でAの自宅を訪れた際に、Aが泣きながらBに話した内容です。そしてAには差し当たりどうしても30万円が必要な為、Bが自分の蓄えから現金30万円をその場でAに手渡しました。B曰く「当面はAへのお金の心配は大丈夫。Aは切羽詰まって3人(B・私・C)に借金を申し込み、誰かは貸してくれると当て込んだらしい」です。

    Aの困窮が実家絡みの為、もはや私やCが関わる事はできません。Bも「Aから借用書をもらい、絶対にこれ以上は貸さない旨の言質は取ったが、正直もう関わりたくない」と申しておりました。

    ユーザーID:1154117393

レス求!トピ一覧