全額弁償ですか?

レス10
お気に入り99
トピ主のみ0

さあや

口コミ

先日渡韓した際ゲストハウスをお借りしました。
マンションの部屋でとても綺麗で良かったのですが、窓が最初から開いていました。
窓はスライド式ではなくドアのようなタイプで閉めようとしても縁が潰れているのか途中で突っかかってしまい閉めることが出来ませんでした。

オーナーさんにも窓が閉まりませんと連絡したら、「わかりました、暖房をつけて寝てください」と言われたので5日間窓は開けたまま宿泊しました。

日本に帰国した時にオーナーさんから窓が潰れているから弁償代を支払って?と連絡が来ました。
私の力が強くて壊れているものを酷くさせてしまったかもしれません。最初から壊れていてオーナーさんにも伝えましたがそれでも全額弁償でしょうか?

初めてこのような事が起きてしまったので教えて下さい。

ユーザーID:3175388165

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

レスする
  • 断固反論

    払う必要ないです。

    最近、Airbnbのようなスタイルのゲストハウスが増えましたよね。オーナーと会わずに鍵置き場で鍵のやり取りだけで済む反面、そうした問題が多いです。

    まず、経緯(事実)を英語で書き、メールで送る事です。着いた時点で既に開いていた事、初日に連絡し開けたままにしろと言われた事、そして自分達が壊したのでないから弁償する気はない事を時系列ではっきり書く事。
    後は何を言って来ても、払いませんの繰り返し。最悪、韓国の消費者センターのような物を調べ、オーナー名やゲストハウス名を伝えて苦情を入れると相手に伝える。

    万一主さんに払う気があるのなら、旅行保険に加入していれば器物破損はカバーされるかと思いますが。

    次回からは、クレーム(もしくは現状報告)は必ず着いて直ぐにメールで写真と共に内容を具体的に書きましょう。日付と相手の返信等が全て残ります。相手の返事が電話だった場合も、必ず「〜こういう事ですね?」と相手の言った内容を再度メールで確認メールしておきます。
    電話だと言った言わないになります。

    ユーザーID:3714580038

  • 変ですよ。

    「後々 請求」は海外でよくあります。壊れていたら 部屋を変わるのは その為です。日本人は基本的に真面目で金持ちと思われてますから、旅行保険に入っていそうな人を狙ったのかも? 5日間 放置、変ですよ。

    ユーザーID:7294289758

  • 払う必要なし

    「窓が壊れている」とその時点で伝えたんだし、
    しかも滞在中窓を開けっぱなしで寝なきゃいけない
    状況だったわけですよね。

    窓の弁償以前に、ゲストハウスとしての体をなして
    いない(窓が閉まらない!)わけで、逆に使用料の
    減額を交渉しても良い場面です。

    したがいまして「最初に壊れていたことは伝えましたよね?
    なぜ私が壊れたいたものの弁償をする必要があるのですか?」と
    返せばよろしい。

    向こうも「ダメ元」で「日本人なら払うだろう」と
    思って言ってきているはずなので、普通に突っぱねたら
    いいと思います。

    でも、本当に最初から壊れていたんですよね?

    もともと壊れていなく、例えば窓が風圧で戻らないように
    つっかえ棒のロック機構があることを知らず、
    無理にグイグイやって壊した?じゃあないですよね?

    ユーザーID:5830219416

  • レスします

    「民泊」みたいなもんでしょ。日本にもあるけどトラブルも多いよね。

    最初からきちんとした「ホテル」に泊まれば良かったのにね。

    お勉強代と思って払うかな。ずっと催促されそう。

    外国でそういう宿泊施設を利用するって勇気あるなぁと思います。

    ユーザーID:9285481211

  • 日本人はそういう風に狙われる。

    日本人は強く言えばお金を払ってもらえる。
    温室育ちの日本人はそういう風に見られるところがあります。

    もちろん払う必要はないです(毎回同じ手を使って弁償させている可能性もありますし)
    宿泊予約サイトなどを通して宿泊予約をしたなら、その会社にも経緯を報告したほうがいいと思います。

    次は気をつけることですね。

    ユーザーID:2511900323

  • 突っぱねる。「初日に電話して、窓の故障を指摘したよね」と

    突っぱねれば良いのですよ。

    初日に窓の故障に気が付き
    家主に連絡しているのですから
    家主はその時点で気が付いていた。

    それなのに、それを修理せず使わせ続けていた
    というのは家主の落ち度。

    暖房もそうですが、夜間の防犯という面でも
    家主の責任をしっかり遂行していなかった
    という点でも、家主を責めることが可能な点も
    あります。

    次から来る観光客の為に
    注意喚起しておいてください。


    <次回からの自衛策>
    初日、最初に部屋に入った時、気が付いた点を
    写真にとっておきます。

    トピ主さんがされたように、すぐ
    家主に連絡して、家主が指示した通りに
    します。

    この家主の指示も、録音するか、
    あるいは家主またはマネジャーと一緒に
    部屋のウォークスルー(Walk Through)を
    していたなら、その場で、紙に故障個所を
    書いて、自分と相手の両方の署名(サイン)を
    書く。そのコピーを開いてに渡す。

    最終日のウォーク・スルー)
    退去する時も、故障個所をチェックし、写真に取り
    書面に書いて、相手にコピーを渡す。

    という方法があります。
    アメリカで賃貸を借りる時にお互いを守るやり方です。

    ユーザーID:2355705052

  • 悩む必要なし

    払う必要ありません。

    宿泊料もすでに払ってあるのだし引き上げて帰国したんでしょ?
    相手にはしっかりと「初めに窓が壊れていると連絡しましたよ」と伝えて突っぱねるのみです

    あとは無視で構わないと思いますよ。トピ主さんに過失がないのがはっきりしているならこれでよいと思います。

    ユーザーID:9523038622

  • No!一貫して断固拒否を。

    気弱な日本人が泊まる日まで放置し、言い掛かりを付けたのでしょう。
    そもそも弁償じゃない。
    とにかく振り込んじゃ駄目です。
    謝っちゃ駄目です。

    今からでも毅然としてメールでやり取り。
    同時並行して同報を仲介業者に送信し、トラブルの解消を求める。

    入室した最初から窓は開けっぱなしで壊れていた
    >オーナーさんにも窓が閉まりませんと連絡したら、「わかりました
    と言われていることを再度示して断る。

    ユーザーID:0904876045

  • 確信犯ですね

    どの国かわかりませんけど、それ、確信犯ですね。

    現地人だったら、窓が閉まらない時点で、宿泊料を減額している案件です。

    払ってはいけません。

    最初から壊れていたよね、これ以上お金お金とつきまとったら弁護士雇います、通報します、くらいの強気でいかなきゃ。

    次の客もやられてますよ、きっと。

    ユーザーID:4688471882

  • 追加です

    追加です。

    証拠の件ですけど、今度からはそういうことがあったら、写真を撮ってメールしましょう。

    でも、そういう意味では、大家さんも証拠がないのですから(だって、トピ主さんが帰国してから連絡きたのでしょ、トピ主さんがチェックアウトしてから、なにがあったか、わからないじゃないですか、その後、泥棒が入ったのかもしれないし。)

    お金が欲しいのは大家さんの方なのですから、「トピ主さんが窓を壊した」ことを証明しないといけないのは大家さんの方です。

    ユーザーID:4688471882

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧