厳しい現実、子供にどこまで説明?

レス128
お気に入り369
トピ主のみ5

トピ主

話題

このトピのレス

レス数128

レスする
先頭へ 前へ
121128 / 128
  • 子供をコントロールできると思ってるのが大失敗

    親が子供を完璧にコントロールできる能力と経済力があるならまだしも、中途半端にアドバイスすればするほど子供には一生の遺恨が残ると思いますよ。

    個人的には、T大云々いうなら、交換留学でもいいから留学させて自分の語学力や能力を自覚させるとか、いくらでも現実的に奮起させる方法はあったと思います。

    高校3年生に厳しい現実(そこまで厳しいとは思いませんが・・)を自覚させることに躊躇しているトピ主さんが、何をそこまで恐れてるのかが不思議です。
    見栄をはっているということに他ならないような・・・。

    子供がドイツ語をできないことに「ごめんね」の意味がわかりません。
    そこは「じゃあこれからドイツ語を頑張ろう!」じゃないですかね。

    ユーザーID:0050597452

  • 使える人、使えない人、使う人

    同じような年頃の子供がいますので、皆さんのレスを興味深く拝見しています。二度目の投稿です。

    「使える人」「使えない人」というのも所詮、「人から使われる」事を前提としてますよね。「優秀な人たちを使う人」の選択肢は無いのかな、と思います。せっかくT大を目指す様な優秀な人たちが、「夢はサラリーマン」で良いのかな。優秀な人たちは例えば、政治家、ジャーナリスト、起業家などを目指したりしないのでしょうか?そういった職業は国の発展や将来、また民主主義に関わる大事な部分ですから、向き不向きはありますが、優秀な人たちにこそ担ってもらいたいと思うのですが、そういうのは安定しないから、皆がこぞって大企業のサラリーマンか医師、弁護士、公務員、で年収1千万以上給料がもらえる雇用を目指すのでしょうか。

    ユーザーID:2637798263

  • なんか違和感感じます。

    子供に聞かれた事に正しい解答なんてない気がします。
    ただ、その解答によって、両親の考え方が伝わるのです。
    子供は答えを知るというより、両親の考え方を聞き、育ってしまうのです。
    厳しい現実を話すスタンス、なんてどうでもよいのです、厳しい現実を話すべき曲面と子供を愛情を示して自信をつけさせたい曲面と、どんな結果が待ってようと受け止めるよと伝えてあげる曲面と、やり方は様々でいいのに、いつも厳しく、正しい解答を答えよう、なんてお堅い頭で考える事自体がおかしいと思います。

    とはいえ、受験のその状況でなんと答えるべきか、ですが、私なら給料の良し悪しは大学では決まらない。しかし、大学は行っておけ。です。
    確かにいい大学が高収入の確率は高いかもしれないけど、絶対ではありません。
    怖いのは学歴と給料を結びつけて、就職で挫折するタイプの人間に育つ事です。
    給料の事なんて考えてる時点で具体的なやりたい事がないのだろうから、しっかりと大学で自分探し、やりたい事や意見をしっかり述べられる人間に育てる事が大事だと思います。
    そういう人は、学歴が多少、低くても、大手企業に就職して、その下で私も働いていた事も多いです。また中小企業から、大手企業に転職でのし上がっていく人も多いです。人間関係を構築し、認められる人材は勉強ができるかでは、無く、本当の意味で賢いか、だと思います。

    ユーザーID:4122619418

  • 世の中の不平等を教えないとね

    ずいぶん甘えた高3ちゃんですね。

    親御さんへの感謝の気持ちを持たず、なんでも与えられて当然と考えている。
    世の中の不平等を知らなすぎですよ。
    だから、自分のいる場所がどれだけ恵まれているのかわかっていない。温室育ちの世間知らずちゃんですね。

    資本主義社会で儲けたいなら、起業して成功するのが一番。
    高級取りのサラリーマンになりたいなら、どんな職種が稼げるのか、自分がどのような仕事を選んで稼いでいきたいのか、そのくらいのことは自分でリサーチしなさいよとなぜ言わないのですか?

    これだけ情報が溢れた社会に生きているのに、答えをママに聞いて済ませようとするなんて、失礼ですが自立心や問題解決の力が育っていないと思います。

    他人(親を含む)に自分の人生を任せることに疑問を持っていないことが大問題だと思います。
    これまで周りの大人(親を含む)が先回りして与えすぎたのではないでしょうか。

    自分の人生を自分の力で切り拓く力、答えのない問いに立ち向かって解決する力が弱いのではないでしょうか。

    これから本人が自分で苦労して切り拓くしかないですよね。

    お子さん自身が答えを出すのを待ち、それを尊重しながらサポートするのが良いのではないでしょうか。

    ユーザーID:6299970114

  • 正直,T大は勧めません。

    T大に優秀な人が多いのは事実ですが,T大に入ったから優秀になったとことではなく,優秀な子たちがT大に入っただけの様に思います。
    T大のメリット・デメリットをきちんと把握して入学するのであれば素晴らしい環境かもしれませんが,それがないと,T大合格を成功体験として認識してしまうので,人としての成長が一旦停止します。
    さらに,T大は優秀な子は際限なく優秀なので,勉強だけが取り柄だったような子だったりした場合は,地獄の学生生活にもなりかねません。卒業後も周囲の期待値が高くなるので,それに見合った実力がないと大変だと思います。
    不合格となって,私立大学に進学したほうが人生しあわせではないでしょうか?
    彼らは,大学受験を失敗体験として認識して,かつ,自分たちの才能の限界も強く意識するので,大学時代に成長しやすくなります。

    ユーザーID:3456994662

  • Need Blind

    前のレスで記した国籍無関係の方の奨学金ですけれど、Need Basedではなく、
    Need Blind
    でした。すみません。このblindは、対象が限定されていないという意味合いのblindです。

    ハーバードだけでなく、
    マサチューセッツ工科大(MIT)・
    プリンストン・
    イェール
    でも、
    外国籍の留学生にもNeed Blindの奨学金が出ていたとありました。
    最新情報ではないので再確認が要るでしょうが、ごくわずかとはいえ、有名大学では国籍問わず奨学金が出る所もあるんですね。

    海外大学受験ためには数々の準備を要する事も事実ですので、かなり早めに本格的準備に取り組む必要はありますね。

    ユーザーID:9277313221

  • ありがとうございました

    子供の方は、2次試験向けの模試に手ごたえがあったようで前向きに取り組んでいます。何とかなるかもしれない、という希望も出てきました。全力を尽くして不合格なら浪人やむなし、です。

    知的能力を証明できる有力大学の理系学部・大学院を出て、しかも英語は非常に流暢、プラスもう1か国語ぐらい話せると強い、と日々周りを見ながら実感しています。いろいろな国の企業に雇われて、その時々で住む国を変え、賃金や労働条件の交渉をしながら働く姿は羨ましいです。私などは、定年まで日本の企業で雇ってもらうしか生きるすべがないし、条件交渉もできません。

    親よりももう一歩自由になれる外形づくりをしてやりたいのに(本人も望んでいるのに)してやれないのは忸怩たる思いです。しかし、少なくとも私の受けた教育よりは、子供の方が恵まれていて、与えられた外形を生かして自分で中身を固めれば、一歩進むと思います。こうして一歩ずつ改善し、子が親よりも豊かになったなら、孫の世代には子が望んだ教育環境が達成されるのかもしれません。

    皆さんがおっしゃるように、大学や大学院で留学するのがベターな選択なのだと思います。その頃には自分で奨学金も調べて取得するようになるでしょう。それもかなり競争が厳しいですが・・・。

    漫然と過ごしていたら落ちるばかりなので、踏ん張って落ちないように努力を重ねるしかない。生きることは本当に大変なことですね。子育ても教育も重労働で莫大な費用が掛かりますが、何とかやり遂げたいとおもいます。ありがとうございました。

    ユーザーID:5616109279

  • 長男くんが一番欲しいものは

    同じ年の受験生の息子がいます。
    私が不甲斐ないだけですが、
    公立高校在籍、アルバイトでお小遣いをまかない、
    塾に行かずに参考書を買って独学で
    超難関国立大模試で合格判定をもらっています。


    かたや私は。
    私大付属高校から進学し、大学時代に交換留学。
    親に多額のお金を出してもらいましたが、
    何も身につきませんでした。


    何が違うか。
    私は、何もかも与えられて当たり前でした。
    自分で何とかしようという気持ちが全然なかった。
    息子は、私の高校時代より格段に環境も良くないけれども
    自分のビジョン目標を持ち、自分の力を信じて主体的に頑張ってる。


    育てられ方で何が違うか。
    私は、日頃から理不尽なことでも親の言うことを聞かないと殴られ、
    自分の人生なのに自分の意見を尊重されることが一切なかった。
    だからこそ私は息子には、常に息子の意見を聞き尊重し、
    一緒に何ができるかを考えてきた。
    私が不安・心配があれば、その点を簡潔に伝えて
    反対する時は具体的根拠を示して息子も納得するよう伝える。
    基本的には、息子の意思を最大限尊重する。


    つまりは、
    親に支配・コントロールされ依存的な人生を送らされてきたから
    自分の能力が周りの環境に左右されることになったんじゃないかな。

    私も今まで「●●が悪いから私はできない」と依存人生でしたが、
    自立人生を決めたら、他人のことも環境も自然と口にしなくなりました。

    お金や恵まれた環境を与えられるより
    親に信頼され黙って見守ってもらえることが
    子どもは幸せだし、将来的にも伸びるし
    何かあっても対応していけると私は思っています。

    トピ主さん、どう思いますか?

    ユーザーID:3375465812

先頭へ 前へ
121128 / 128
レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧