ケチな性格が治らず、人生損してる

レス69
(トピ主4
お気に入り208

生活・身近な話題

マリ

レス

レス数69

レスする
  • 似た者親子

    トピ主さんの最新レスまで読みましたが、トピ主さんはご自分で蔑んでらっしゃる、ご両親にそっくりですね。

    >いつも欲しくもない物まで買い与えられていたのが、幼少の頃からストレスでした。

    そう言いつつ、無料クーポンがあるからという理由で、お菓子を食べすぎ、入院する。
    文庫本1冊の金額より、入院費用の方が、大金だし、無駄だと思うのですが?

    トピ主さんは、目先の小金をケチるのは得意だけれど、時間や人生は盛大に浪費している印象です。

    まだ30代なのに、肥満と糖尿病で入院。
    この先かかる医療費の事を考えたら、貯金が何千万あっても足りないのでは?
    仮に、医療費(健康維持に必要な経費全般)が年間20万円かかったとして、50年で1千万円ですよ。(糖尿病(予備軍含む)の人は、歯周病や心臓病、骨粗鬆症やアルツハイマー型認知症になるリスクが、格段に高くなるので、多分実際にかかる費用はそれ以上)

    トピ主さん。健康はお金で買えませんよ。
    年を取ってから、寝たきりになるかどうかは、40代までの筋肉量で決まります。

    今のままの生活を続けるなら、早急にシミュレーションのやり直しが必要かと。

    あと。お金や不動産は、何かあれば無価値になったり、取り上げられる可能性もあるけれど、一度身についた知識や技術は、奪われる事はありません。(これは、戦後のデノミや農地解放を体験した家族からの教えです)

    もう少し、目に見えない物の価値にも、目を向けてみませんか?

    ユーザーID:9806733011

  • 健康が一番の節約

    私も産後手ぶらで遊びに来た友人に対してとか、払わなくていいものにお金を使ってしまった時とかに、イライラしてしまう性分です。

    ご両親のこともあり、無理に性格を変える必要は無いと思います。でもちょっと楽になる生き方を。

    主さん、寄付とかしてます?どこでもいいんですけど、収入の1%くらいでも寄付すると、心が豊かになりますよ。
    ケチケチしてしまっても「まぁ自分は寄付してるし」とか。よくわからん街頭募金とかも堂々と断れます。自己満ですけど。もちろん税の控除が受けられる寄付をお勧めしますが笑

    あと保険もオススメ!医療生命保険は、もちろん何かあった時に助かりますが、何もなくても他所の御宅の(同じ保険に入ってる)人を助けてることになりますからね。

    ただ気になるのは健康に関してです。今のままの生活を続けると、心身共にやられて、もっとお年を召されてから、医療費やらなんやらかかりそう。わたしは長期的に見たときに、健康が一番の節約だと思っています。時間が有り余っているのなら、クーポンよりも、お金をかけずに心身ともに健康を取り戻す方法をいろいろ模索してみれば?

    ちなみに私は仕事も辞め、友人関係も見直して(手ぶらできた友達とは、他にも色々あって距離おきました)、収入も支出も減らす方にシフトしました。趣味は家計管理と断捨離で、生き方を見つめ直すのに時間をかけてます。

    ユーザーID:9061380291

  • 健康大事ですね

    本当に皆さんの言う通りです。

    ケチなんだけど、実は無駄が多く、クーポン駆使しても、お菓子に毎月2万は費やし、医療費も毎月1万は越えてます。
    (過食の精神病院代も含み)

    この無駄な出費を、健康的に過ごすことや、家族との思い出作り、保険、募金などにシフトしていかないといけないなと思います。

    色々自分自身、価値観やお金の使い方など、変えなきゃいけないことだらけですが、まずは、健康第一に、病気の治療に専念します。

    皆さんからのたくさんのアドバイス本当に感謝します。

    ユーザーID:1172343821

  • 皆同じだと思いますが

    私もお金に不自由はしていませんが、スーパーの閉店ぎりぎりの時間に買い物に行く事もあります、ほとんど半額で買えます。
    洋服も季節の終わるころセール品を次の年の為に買います。

    皆そうやって節約しながら頑張っていると思いますよ。
    主様はたまたま節約の成果が出て、お金に苦労していないだけです。

    今はお金が有り余っているように思えても、将来お子様の教育資金、老後資金を考えると貯金は必須だと思います。
    祝い事など多く包む必要も無いと思います、世間相場で普通に包めば良いだけです。

    ケチと言うのは、相手が居て相手を不快にするような節約の事だと思いますよ。
    普通の節約は誰にも迷惑かけません。

    今頑張って貯めている貯金が将来役に立ちます。
    お金が有れば心に余裕も生まれます。

    いいじゃないですか、ポイント貯めて自分の好きな物買うのも趣味の一環と思えば。
    貰ったものを自分で食べなく、人に上がれば喜ばれます。
    自分で食べるから太るのです。

    お金持ちの方がお金を大事にすると言います。
    大事にするからお金も溜まるのです。

    健康で夫婦で頑張り、定年後子供に迷惑かけず年金と貯金で豊かに暮らせる。
    その為のお金だと思えば気もおさまります。

    わが家は主人が障害者になりましたが、若い時苦労して貯めたお金で今は子供に迷惑かけず、自分達の生活も成り立っています。

    主様は損などしていないと思いますよ、30代なら此れからです。
    一人の人がコツコツ貯めるお金など使いだしたらアッという間に無くなります。
    自制が出来てなんぼのお金です。

    只夏休みなどはお子様と旅行など考えても良いですね、思い出はお金に変えられませんから。
    日頃の節約でお金を貯めて、家族旅行素晴らしいと思います。

    ユーザーID:5941631610

  • ははは

    私も倹約に勤しんでいますよ。
    トピ主との違いは結果として手元にある資産がトピ主の数十倍あること。
    ちなみに余談ですがトピタイトルを見て思ったこと、性格は病気じゃないから「治せ」ません、自分で努力して「直す」のだと。
    そう考えれば、ちょっとした発想の転換でもやもやが減るかも。
    ケチという言葉は他人が貴方に対してする評価、
    倹約、節約は頭の体操になる、
    ケチは貧乏の裏返しで必要なものにすら支出をためらうのでトピ主には当てはまらない、
    渋ちんは自分が支払うべきものでも人に払わせる嫌われ者、
    こう列挙すると、トピ主の「安上がりやお得に執着」は単なる趣味ですね、それに、クーポン欲しさに無駄買いしていれば意味ないし。
    いっそ、もっと大きな貯蓄目標を立てて、夢見ていたけれど絶対無理と思っていたことを実現するために徹底的に節約倹約に励むと周囲に宣言してしまえばどうでしょう、皆が応援してくれれば、くだらないお付き合いの出費が激減、ケチケチ生活が楽しくなりますよ。さらに夢が叶うかも。
    ちなみに私は貯めたお金を使いMBA取得でアイビーリーグの大学へ社会人留学しました。

    ユーザーID:2357390612

  • ケチというか

    ケチというか強迫症ですかね。

    住環境とか仕事とか変えてリラックス出来たら変わりそう。

    根本原因として、ストレスにやられてる気がします。

    ユーザーID:8149659197

  • 逆に良い性格だと思う

    三十代でそれだけ貯蓄出来ていて、ファイナンシャルプランナーから見たら、優良な家計運営をされていて、どこも問題はないと思います。
    ただ、過食で精神科というのが気になるけれど、お子さんもいらっしゃるし、几帳面で、ご立派だと思います。

    願わくば、見た目を気にされて、美容やファッションという分野に資金をシフトされれば、すごい人になるのではないかと思います。

    お金持ちで、健康的で、美女でとなるとまたすごい。

    なかなかいない人だから、現在の結果があるんだと思います。この心意気で頑張ってください。

    ユーザーID:7676293410

  • ケチというよりも

    私もケチですし、資源を大切にしたいという考えもあるので、分かる部分もあります。
    でも、トピ主さんのコメントを拝見していると、「ケチ」というよりも「がめつい」のではないか、と思いました。
    貰えるものは貰っておこう的な。

    ビュッフェなどで、「元を取らなきゃ」と思うタイプではありませんか?
    その結果、食べ過ぎで気持ち悪くなったり、健康を害したり(実際生活習慣病がありますよね)しませんか?

    私はある時気づきました。
    何のために食べているのだろう?
    楽しい、幸せになるために食べるのに、どうしてこんな苦しい思いをしているのだろう?
    じゃあ、気持ちよく帰るためには、どう食べればいいのだろう?と。

    払った金額以上、お腹に詰め込むことが最終目標ならそれでいいんですよ。たとえ気持ちが悪くなっても病気になっても。

    それから金額のことですが、私の知人にもカフェでコーラを頼もうとして、「近くのディスカウントストアだと○○円なのに…」と躊躇う人がいました。
    自分以外の人が管理している綺麗な空間でグラスにストローや氷がついて、座って飲める環境も料金のうち、という考えがないんですよね。
    もちろん出費が少ない方がいいに決まっています。それなら公園で水道水を立ち飲みすればいいんです。
    目先の数字ばかりでなく、その意味を考えてはいかがでしょう。(そもそもコーヒーだって、もちろん原価に上乗せして出されているのですよ。目に見えていることしか考えないのは、浅はかだと思いませんか?)

    今、それだけモノを得ても節約に励んでも幸せではないのですよね?
    トピ主さんにとっての幸せをもう一度考えてはいかがですか?

    ユーザーID:4254662543

  • 大丈夫!

    まだ30代、人生何があるかわかりません。
    今は使い道が無くても、この先はわかりません。
    明日にでも、どうしても旅行したい場所ができたり、たまたまテレビで見たアイドルに心奪われてコンサートに行きたくなることもありますよ(笑)。
    あとは、いい老人ホームに入りたいとか。

    無理して使う必要も無いですよ。いつか、どうしても欲しいものが見つかった時のために取っておきましょう。

    ユーザーID:8021572483

レス求!トピ一覧