ケチな性格が治らず、人生損してる

レス69
(トピ主4
お気に入り208

生活・身近な話題

マリ

レス

レス数69

レスする
  • 欲しいものが無いのだから仕方ない。

    分かります、私も俗にいう「ケチ」の部類、貯金が大好きです。

    旅行も面倒、貴金属やブランドに興味なし、近頃はとうとう物欲も無くなってショッピングにもほぼ行かなくなりました。

    唯一贅沢にお金を使うのは夫と食べ歩きする時、でもこれもなるべく安くておいしい店を探して行ってます。

    ローンは無いし貯金もそれなり、もう少し使ってもいいと思うのですが使いたくないんです。

    最近気が付いたのですが、私は「お金を使う事にストレスを感じる」タイプの様です。

    お金が減る事で嫌な気持ちになると言う筋金入り。
    でも仕方ない、別に悪い事では無いしそれが私の資質、性格なので。

    夫や子供には強制しませんよ、自分がそうだと言うだけです。

    主さんも自分を責めなくていいと思いますよ。
    お金を大切に出来る、ケチなんて言っちゃうと後ろ向きですが本当は凄くいい事だと思いますけど。

    何が正しいなんて決まりはありませんから無理して散財することは無いですよ、先々、子供に残せるのも幸せな事です。

    どうか周りの言葉に振り回されず自分の気持ちを大事にされますように。

    ユーザーID:2196235052

  • ケチな自分が好きなのかな。

    使っても使わなくても辛いですもんね。
    私(前期高齢者母)の叔母(後期高齢者)が商売していて20年前まで働いていてそれはそれは貯金が出来て趣味は貯金と豪語していました。市内の一等地に(商売には必要なので)土地も買い家を新築で現金で買ったくらい儲かっていました。

    20代から夫婦で商売して貯金は増える一方でも、趣味も無くましてや県外に旅行に出るのさえしないで、飛行機に乗ることすら怖がっていました。貯金だけが趣味の叔母で、今では裕福で暮らしてはいても80代に入り何が楽しかった人生だったろうと…でも本人は通帳を見るのが生きがいでしょう。
    人それぞれなんですよね。

    万が一を考えてみんな生きてはいるけど、その万が一(私の夫も61歳で急死)があるにしても、遺族年金もあるし、終の棲家の家も保険で賄ってもらえたしそれなりの貯金もあったので、老後生活は何不自由なく生きられています。

    若い頃は万が一、人生何があるか分からない・・確かにそうなんです。でもこの年齢になって思うには保険なり年金なりある程度の貯金がしっかり整ってさえいれば、何ら不安はないです。いくら金があっても我が身に何が起こるか分からないのだから、生き金としてある程度は心のゆとりとして金は使いたいですね。

    世界が広まればゆとりも生まれるし金も計画的に使えるし金に捉われる自分も減るのではと思います。
    肩の力抜いて楽に生きませんか。

    ユーザーID:8179039218

  • 私もです!!!

    40代既婚、正社員で働く女性です。
    私もお金が使えません。
    私が書いたのかと思うくらい全く同じです。
    子供は1人。住宅ローン完済しています。
    貯金は4ケタあるのにお金を使うことに罪悪感があり使えません。
    出かけるのもお金がかかるので出かけたくありません。
    旦那の稼ぎが良く、働かなくても十分生活できるのに、もったいなくて仕事がやめられません。
    もしかして、お金の無い生活を経験していませんか?
    私は実家がすごく貧しくて苦労してきました。
    お金を使う事を我慢してきたからだと思います。
    貯金が減るのが怖いんだと思います。
    また、あの貧しい生活になったら、と思うと怖いのです。
    育った環境、親のお金の使い方などはすごく影響すると思います。

    でも最近思うんです。
    借金があったり、いい年して貯金も無いような暮らしをしているよりもずっといいと思いませんか?
    お金は心の安定剤とも言うし、使う事にストレスがかかるなら、自分のペースで使ったらいいと思います。
    散財しているよりよっぽどマシだと思います。
    本当に欲しいものができたら、その時は躊躇なくドンと買えばいいしですよ。悪い事ではないと思います。
    お金はいくらあっても困らないし、いざとなったら子供に残してあげればいいですよ。
    仕事はスパッと辞めたほうがいいです。転職すればいいです。余裕資金があるからできる事です。今まで頑張ってきたんだし。
    ストレスは病気になりやすいです。無理は禁物ですよ。
    私は昔、すごく給料がいい職場でモラハラされていても我慢していたら手の震えが止まらなくなり退職しました。あの時辞めていなかったらウツにでもなっていたと思います。
    ちゃんと貯金のできるトピ主さんなら、もっといい所がすぐ見つかると思います。

    ユーザーID:2252329209

  • 損をしていると思うなら

    お金使ってください。
    私の母がマリさんとよく似た部分を持っています。
    お金が減るのを嫌い楽しみや潤いのない生活をしていました。
    その始末する生活のイライラを娘である私に愚痴る日々でした。
    それでも若いうちはケチや始末の結果を受け止め対処できていましたが、長寿と言われる年齢になった今では欲しい物どころか必要な物を買いに行くのもままなりません。
    娘には自分の遺産が渡るのだからとお金で頬を叩くような物言いもされました。
    当然ですが今、母のそばにいるのはお金だけです。
    物より人よりお金を大事にしてきた結果だと思います。
    そして今になって楽しくお金を使う事が出来なかった事を後悔しているようです。
    世界中のお金をかき集める事ができたとしても、若返ってやり直すどころか、日々に感じる老いを止める事すらできないのですから。

    ユーザーID:3469415650

  • 同類です

    とーってもよくわかります
    私も似たようなもんです
    ローンもなく貯金もそこそこあるけど
    贅沢ができないんです
    50代も半ばに近付き欲しい物もない
    買うより処分する方が多い今日この頃・・・
    1円でも安くとか無料クーポンとかには
    それほど関心はないですが
    貯金が減るのはすごく嫌なんです
    だから孫へのお祝いごととかの出費に備え
    別枠で毎月積み立てて別決済(笑)
    これで普段の口座が目減りするのを防いでいます
    別に損な性分だとは思ってません
    高級品より現金が好き
    老後頼りになるのはお金だけだと思ってます

    ユーザーID:2086073009

  • 家族のために使ったら?

    あなたが独身ならお金を使わない生活でもいいと思うけど、既婚でお子さんもいらっしゃるんですよね?ご主人やお子さんに我慢を強いてないならいいけど、あなたのケチぶりにストレスを感じてるようならあなたが変わった方がいいと思います。私からみるとちょっと度が過ぎると感じるので、お悩みならカウンセリングにかかってみるのもいいかもしれません。(最初はカウンセリングの費用がもったいないでしょうが。)

    ユーザーID:5648048645

  • 他人に被害が及ばなければ、良しとしましょう。

    私の同僚に、ものすごいケチがいます。
    その人は普段から節約生活をしていますが
    トピ主さんと違い、全く尊敬できません。
    なぜかと言うと

    ・冠婚葬祭をケチる…部下の結婚式に
    自分では着付けられない着物を着て
    (しかもTPOに合わないものだったそう)
    髪も美容院でセットしたのでその分差っ引いて
    3万円包んだそうです(呆)

    ・自分が目上に当たる立場での飲み会のお誘いを「所用」でキャンセル。
    本当の理由は「ダイエット中で禁酒していたから割り勘負けする」ことだったとか。
    しかもこの飲み会、若手に開くよう指示したのは彼女だったと
    後日幹事から聞きました(呆)

    ・私はファッションが趣味なので、色々服を買いますが
    それを妬んでいるようでアレコレ言ってくる。
    その根底には「私はこれだけ節約頑張っているのに
    あいつはなぜヘラヘラ浪費しているのだ?」という
    黒い感情が見え隠れしていて怖かった。

    このように、周囲の人にまでケチぶりを発揮していないですし
    あとは周囲に黒い感情をまき散らしていなければ
    いいのではないかと思います。

    ユーザーID:1781419901

  • 怖いです。

    私の両親もお金を貯めるのが趣味の様な人達。
    まだ若い時は不動産を買いまくり海外にも行きまくり遣いまくっていましたが70位から遣わず貯めるにスイッチしてもうすぐ20年。
    一体いくら持っているやら。
    私には開示してくれないので全く把握出来ません。
    でも銀行や保険会社が連日やって来ます。彼らは口を揃えて言います。
    遺産相続についてです。
    もうすぐやって来るだろう相続を考えると私は恐ろしいです。
    相続税…払えません。
    頭が禿げそうです。
    アナタも家族の為そこはきちんとしてあげておいて下さいね。

    ユーザーID:5548476967

  • 不安と恐怖に支配されている

    >お金を使っても辛い。
    >お金を使わないのも辛い。

    貯蓄がどうのこうの、お金を使える使えないの問題ではありません。
    今お金があろうが無かろうが「倹約が楽しい」「買い物が楽しい」という人生を歩みたいですよね。

    要は未来が不安で心配で現状が辛い、何をどうしても満たされないということですから、その観点から見ていく必要がありますね。

    ここまで理路整然としたトピを書いておられるのでご自分の心理的な問題は十分ご存知のはずです。
    思い切ってカウンセリングを受けられてみてはいかがでしょうか。
    無意識にお金に過剰に囚われてしまう何か心理的な「要因」があると思います。

    未来をもっと安心して感じられたら、もう「それだけで」幸せです。

    ユーザーID:4803183435

  • まずは家族に

    お子さんがいるですよね。たぶんお小遣い少なかったり、旅行いけてなかったり、外食してない、ということでまわりと話題が合わなくて、今まで肩身の狭い思いしてると思います。旦那様も。
    でも、それがあたりまえになっていて、家族中お金かからないようにと家にひきこもっていて、なんとも思わない状態だったら、あぶないです。

    ユーザーID:0856944338

  • 家族は幸せ

    不思議と家族の中に倹約して蓄財する者がいると、それを散財する家族が一人ぐらいるなぁと、知人や親せきなど周囲をみてそう思います。
    知人女性は、祖父母が浪費家→娘(知人)は倹約家→孫が浪費家と、順繰りになっています。
    トピ主さんは、倹約する星回りなのかもしれないなと思いました。

    ユーザーID:3647494247

  • 節約ばかりを考えていると、確かに気持ちの余裕が無くなります

    お金を使っても使わなくても辛いのは、困りますね。

    今貯金に余裕があるのでしたら、お金を使う方向に気持ちを持っていっては?と思います。

    私が若い頃、貯金に躍起になっていた時は、お金のことばかりを考えてイライラしがちでした。
    今のトピ主さんと似ているかも。

    別に散財しなくていいのです。
    節約の為に割いていた時間を、もう使わないようにするのです。
    まずは、試食、クーポン、無料に飛び付かない。
    一円でも安く買う為に奔走しない。
    ここから始めてみては。
    時は金なり、です。
    時間をお金で買っているので、特売品の玉子が買えなくて、結果的に数十円高くなったとしても気にしない。

    一円でも安くする為に奔走していると、普段からお金の事で頭がいっぱいになってしまいます。
    だから、考えないようにするのです。

    それから、トピ主さんはケチを隠しているつもりでも、うんざりされる程周りにお金の話をしているのでしたら、隠しきれていないと思います。

    後は、お金を数百円、数千円節約することよりも、資産運用に意識を向けてみては。

    私も、ローンが終わり、子供達の教育費と老後資金も十分あってトピ主さんと同じような状況です。
    無料やクーポンでお得感を感じるのではなく、ふるさと納税や株(現物取引のみ)の配当金、株主優待制度で「どれだけ得したのか」という気分を満喫しています。
    銀行や証券会社の無料セミナーへ参加するのも楽しいですよ。
    私は、iDeCoも始めるつもりです。

    私は、お金の話題は質問されれば答えますが、そうでなければ身内以外には自分からは絶対に振らないようにしています。
    その代わり、夫や子ども、両親には思いっきり話しています。

    どうせ資産を増やすのなら、楽しく増やしたいですね。

    ユーザーID:8648824262

  • 若い時は

    我慢ができるが

    年寄りになると
    ある一定のお金が必要となると
    思うので、元気なうちに

    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:7058724632

  • まず仕事を辞めたら?

    お金には心配がないのでしょう?
    辞めたら心の余裕ができて、欲しいものやしたいことが分かるようになりますよ。漠然とした不安で苦しむのはバカバカしいですが、数値化しても納得できずに自分を縛っているのは不幸ですね。やりたいことが分かるよう、ぼーっとひなたぼっこでもすることですね。何も買わなくても幸せ、はありますよ。私は自分の仕事がわりに好きなので、仕事して夫と子供たちの好きなものを作って一緒の夕食が毎日あることに感謝してます。

    ユーザーID:3612766290

  • 現時点で

    現時点でその価値観が無いということなので、漠然とお金を使うのは難しそうです。

    であれば、ピンポイントで、こういう生活してみたいって人の経験などをトレースしてみたらどうでしょうか?

    例えば、食べたこと無い国の料理とか、検討もつかない素材の料理とか、きれいな風景や、体験など。

    インスタやSNSなどで、これ良いなと思ったものをなぞると決めて、突っ込みどころがありそうでも経験するまではやりとおすと決める。

    ユーザーID:8149659197

  • 個人年金に全部突っ込む

    そういうタイプの方は、終身の個人年金に片っ端から入ると良いですよ。
    上限はあるだろうけど、入れる限り入るのをおすすめします。

    私も、トピ主さんほどではないけどお金に対して心配性です。
    将来どうなるんだろう…とアワアワすることがあります。
    別に今困ってるわけでもないのに。

    周りからは、もっとお金を使えばいいと言われます。
    でも使って物質的に多少豊かになって心がザワザワするよりも、節約して若干貧乏みたいな生活をしながら貯金などが溜まっていくほうがよっぽど楽しいし、気持ちが華やぐんです。

    周りが何と言おうと、私自身の心のためです。

    それでも将来どうなるかわからない…アワワの気持ちが収まらなかったので、個人年金をたくさんかけてます。
    単純に、将来の年金額が増えます。

    全然違う話なんですけど、海外の話で。
    何十億っていう宝くじが当たった20代前半くらいの若い女性が、一括で受け取らずに年金形式で受け取ることを選択したんですって。
    これ、すごくいい選択だなと思いました。
    人間、お金が一気にたくさんもらえると身を持ち崩すんですよね。
    仮に貧乏性の私でも、今急に目の前に10億円積まれて、これ全部あなたのものですよと言われたら、人生狂わせる使い方をしてしまうかもと思う。

    話がそれましたけど、今どうせ使わないなら将来決まった額が長く得られるようにしたほうがいいんじゃないかな、と。
    通常の年金が出る前に体が不自由になっても障害者年金という形でそなえられますし。

    確かに急にお金が必要になる場面も来るかもしれないけど、それは1000万くらい残しておけばいいんじゃないでしょうかね?
    もしくは2000万も通帳に入ってれば十分だと思いますけど。

    ユーザーID:2755211510

  • 金やプラチナを購入したら

    主さんはケチということですが、金の延べ棒とか興味ないですか。私は毎月2万円ずつ金とプラチナを積み立てています。そんなには貯まっていないけれど、メープルリーフ金貨にしたり、楽しんでいます。何千万もあるなら、1キロの金塊も買えますよ。財産だしきれいだし。買ってみられたらどうでしょう。金は波動も上がるし、気持ちも豊かになります。

    ユーザーID:7643399534

  • 勿体ないのはお金じゃなくて

    ご家族で旅行やレジャー、外食もたまにはしてみてはどうですか。
    子供はいつまでも小さくありませんし、配偶者もあなたもずっと健康で一緒にいられるとは限りませんし、何が起きるかはわかりません。
    ですが思い出を作らずにお金だけ貯めても思い出は作れません。
    あの時楽しかったね、あれ美味しかったね、というのも立派なお金の行かし方、使い方です。
    多くお金を包んだり、奢ったりはしなくても良いので、自分たち家族のために使いましょう
    お金ですが時間も有限です。

    ユーザーID:5021868513

  • コメントありがとうございます

    たくさんの参考になるレスありがとうございます。

    浪費癖のある両親に、いつも欲しくもない物まで買い与えられていたのが、幼少の頃からストレスでした。

    もう、お金を使うことにストレスを感じる自分を受け入れるしかないですね。

    無駄に浪費して、貧しくなるよりマシなんだと。

    人生の万が一に備えるにしても、遺族年金やら保険やらで結局は何とかなるから、2000万残せば大丈夫ということ、
    年をとったら、欲しい物もなく、行きたい場所にも行けなくなるとこを常に念頭にいれて生きていきます。

    今は公務員ですが、私にとって地獄のような職場環境です。お金も大事だけど、人生の無駄遣いなので、転職することも考えていきたいです。

    家族が外食や旅行好きなので、仕方なく付き合っていますが、そこでクーポン利用などの節約を強要しないよう気をつけます。

    イデコやNISAなどの投資も今後初めてみます。

    引き続き、ご意見あればよろしくお願いします。

    ユーザーID:1172343821

  • ちょっとだけ考え方を変えてみては?

    考え方を変えるって簡単なことではないと思いますが、私はお金は使うためにあると思います。使わないのに何の為に働いて、何の為に節約しているのでしょうか。

    トピ主さんが「一体いつ使うんだろうか」と仰られている通りです。
    貯金が趣味と言っている方は、通帳の残高が増えていくのが楽しかったり、安心したりするのかもしれませんが、教育費や老後の生活費を確保しているのに、さらに紙に印字される数字を大きくしたいのはなぜですか?

    トピ主さんが使い切れなければ、ご主人やお子様が相続するのでしょうが、相続税もかかる可能性がありますし、家族がが必死になって貯めたことを知っていれば、ご主人やお子様もそのお金をよっぽどのことがない限り使わないでとっておこうという考えになるかもしれません。そして使い切れぬまま、また相続でさらに高額な相続税…なんて勿体なくないですか。

    それなら、ご家族で楽しいことをするのに使った方が幸せじゃないですか。

    お見受けするに、今の生活より少し贅沢をして、お金にそんなに気を張らなくても、トピ主さんは老後までゆとりある生活が出来そうですから、貯金が減っても大丈夫ですよ。

    ユーザーID:3408571308

  • 思考パターンを変える

    お金のことを考えだしたら、意識的に別の事を考えるようにするとか。高いか安いかの価値基準から、好きか否か、楽しいか否かを軸に物事をとらえるようにシフトするとか。

    もしくは、お金絡みで楽しい妄想をするとか。いつもの貯金とは別建てでビックな何かをするため貯金とか、優雅な老後についてアレコレ考えるとか。そしたら節約も楽しそう。
    さらに、交通費がもったいないなら、目的地に最安で行ける方法を探すとか編み出すとかもおもしろそう。外食の原価が気になるなら、実際に数値として調べ、ある程度まとまったら動画とかで世に発信するとか。そしたらお仲間もできそうだし、新たな収入源になるかも、だし。

    ネガティブな思考にお金が絡むからツラいんじゃないかな。思いつく、できる限りの人生のリスクヘッジをしたら後は楽しむ。ヘッジした以上の何かがあるかもしれないけど、まぁそれも人生と割り切る覚悟を決める。

    今のままじゃ、いくらお金があったって楽しくないですよね。最低限の資金を確保したら、あとは人生楽しんだ者が真の勝者ですよ。きっとね。

    ユーザーID:1524037548

  • 要はコスパ何ですよね

    分かりますよ。
    私も無駄使い嫌いなんです。
    先日、スマホ用のイヤホンを購入したら、
    自分の機種では使用できないものを購入してしまい、
    たかが3千円程度のものでも、知識不足の自分に腹が立つやらで
    落ち込みました。
    結局、100均で購入したイヤホンを使ってます。

    でも私は自営業者で年収も2千万超えているし、
    金融資産だけで1億円超えですから、世間では富裕層の部類なんです。
    自分でも「何で100均行くかな?」と思うのですが、
    やはり100均のコスパが素晴らしく、感心してしまうのですよね。
    他人は「ケチ」だと思われていますが、コスパを考えると
    バカバカしい買い物は落ち込むんです。

    ユーザーID:0390272749

  • 羨ましいです

    私は計画的にお金貯めるの苦手なので、
    トピ主さんの様な人が羨ましいですよ。
    お金がある分には困ることは無いと思いますし、
    世間的な付き合いにはきちんとしていらっしゃるなら
    問題無いじゃ無いですか。
    たまに使う目的を作ってはいかがですか?
    家族で○○に旅行に行こう!そのために来年の夏までに
    ○万円貯めよう!とか。
    目的あってのケチケチなら楽しめるのでは無いですか?

    ユーザーID:4346714999

  • 生き方を考え直す

    人間、誰しも、明日のことはわかりません。

    だから、不安にもなるし、とりあえずお金を貯めておこうと考えるのは間違ってはいません。

    ただ、時は金なりとも言います。
    今この時間にやっておかないと後からはできなくなることも間々あります。

    子供と暮らす時間もあっという間に終わります。パートナーがずっと元気でいてくれる保証もありません。

    一日一日をなるべく楽しむように暮らしていくこと、それを心掛ければ、おのずと答えは出てくるように思います。

    ユーザーID:5861676025

  • 羨ましい

    いいなぁ…
    私超浪費家なんです
    独身なんでいいやとお給料ほとんど使ってました
    今は天引きで貯金するようにしましたが
    手元にあると使っちゃうんですよね
    毎月、カードの引き落とし日前後がストレスですよ
    でも、今月もギリギリ乗り切った!
    とかしてるのが、楽しくもあるのかな。
    どうしても金欠な月はフリマアプリで小銭稼いだり。
    高収入ではないので、クーポンやセールなどは私も駆使してますが…
    逆に節約できる方々の心理が知りたいので、このトピ見ています。
    横レスすみません。

    ユーザーID:9161246622

  • 私もケチな性分です。

    既婚・子供有りで、正規で働いています(高収入・興味深い仕事でサポート有りで勿体なくって、ケチです。長年培った知識と学歴、無駄にしたくないもの)。

    外食、勿体ない。
    料理は10歳頃から教わり自信があります。

    夏はエアコンを滅多に稼働しない。
    都心在住ですが標高30Mの武蔵野台地上の集合住宅で東南北にバルコニー・ベランダ4か所があり(西にも張り出しに窓有)網戸にしているとそよそよ。建物接地は東側だけという杜の中状態。
    最上階や日差しの悪い低層階でもない限り不要。
    真冬は床暖房代(LDに3か所)が高額で頭、痛い。
    ですが子供達はダイニングテーブルで勉強から遊びまで。
    (このガヤガヤ式で長女は国立大学医学部に現役合格したので、色々と節約できました)
    冬は湯たんぽを使っています。腹巻も編んだし、子供の衣服なんて洋裁で充分。

    学生時代、交通費が勿体ないのでクーポン、F券のでる航空会社で
    バイトしていたし(実家は関西。近所の伯母が元CAで事情は知っていたし)
    そうそう大学。私立大学は眼中になく(無論塾にもいかず。予備校は短期間)滑り止めすら受験しなかったので話題になったとか。
    高校が偏差値70越で就職が滅多にいず、凄くいい就職先が用意されてお得かもと思いました。

    ちなみに実家はかなり裕福。

    ケチのなせる業ですね。
    多分 一生 ケチな性分のまま 生きていきそう。

    まあケチな自分自身に呆れることもあり、
    就職1年目から各・寄付金などに参戦(勤務先から差し引きされるので一時、毎月2万円)もして 機会があれば(ナショナル〜の保存団体に5万とかユニセフ・学費援助金等)年間、書籍代を含めたら100万以上は消えていることになります。

    宵越しの銭は持たない夫も 結婚後30前には私に丸投げ。
    ケチでいいんじゃないかな?

    ユーザーID:6885033384

  • お金使うの嫌いです。

    高齢の両親と実家暮らしの、独身子なし50代女です。
    39才の時離婚しました。
    今後再婚する事は絶対ないだろう、と思い、すぐに老後の資金対策を始めました。
    ずっと非正規なので安月給ですが、家庭持ちの弟に経済的な事で迷惑はかけられない、と思い頑張ってきたおかげでそれなりの準備はできました。
    長い間頑張ってきた事ではありますが、どうやら私はお金を使う事に嫌悪感とストレスを覚えるタイプのようです。
    別に我慢して欲しいものも買わず、生きたいところにも行かず、なんて事をしてたわけではないのですが、気がついたらそれなりに持ってました。
    本当にどうしても欲しいもの、どうしても必要なものは高価でも購入はしています。
    PCや大型テレビ等。
    インドアで、休日は1日中自分の部屋で趣味(創作活動)を楽しんでいるため、その他のお金はほとんど使いません。
    私にとって貯金は精神安定剤です。
    何かあっても、まとまったものを持っていれば安心。
    死ぬまでにたとえ大半を使わず、余ってしまってもそれでいいと思っています。
    お金をあまり使わない生活がとても楽しいですから。
    正直仕事から今すぐリタイアして、無職でいても生活には困りませんが、何かあった時に怖いので、仕事は少なくとも63才くらいまでは続けたいです。
    まだまだ健康だし元気だし。
    最近では生活費を両親から預かって管理して、主に食費ですがいかに安くかつ美味しく食事を作れるか、一ヶ月の生活費をいかに余らせるか、
    それにハマっております。
    というか生き甲斐に近いようなハマりっぷりで、特に食品ロスをゼロにする事が至上の喜びです。
    つまり私はお金を使わない事が楽しいのです。
    トピ主さんはまだお若いですよね。
    お金を使っても使わなくても辛いのはよろしくありませんよ。
    お子さんもいらっしゃるし、メリハリをつけてお金を使う事を考えてはいかがでしょうか?
    家族の幸せのために。

    ユーザーID:6843249868

  • しょうがない

    浪費癖よりマシな趣味だと思うしかないです。
    もしくは、時給換算で別のことをした方がいいなら、そのようなことをするとか。

    ユーザーID:7232177668

  • 吝嗇上等、と思えないなら

    正直問題はお金の事ではないように思えます。
    両親の浪費ぶりを反面教師にしてるにもかかわらず、お金が貯まっていても苦しいのですから。
    一生懸命節約に励んだにもかかわらず、誰も貴方の事を「よくやった」と認めてくれない、といった類の辛さがあるように思えました。
    貴方がお金の話ばかりしてしまうのも、誰かに認めて欲しいからではないですか?

    貴方は私の母に似た所があるように思えます。
    母や叔父叔母たちは祖父からの虐待を受けて育ち、収入が少ない上祖父が浪費家だったため、貧しかったとの事です。
    祖母は愛情深かったものの、家事ややりくりが不得手だったため、母は両親を反面教師にし、家事にやりくりにいそしみ、父のギャンブルがあっても暮らしに困る事はありませんでした。

    ただ、やっぱり母は辛かったようです。
    一生懸命やっても、父や子供達は当たり前のように思っている。
    「なんで私ばかりやらなきゃいけないの」と癇癪を起こすので、それが起こらないように恐々家事を手伝ってました。でも母の思う通りにできないと怒るので、妹は台所に入りませんでした。母が認知症になるまでは。

    母は私の幼い頃から、浪費を感情的にとがめました。私を祖父や父と重ねていたのだろうと今では思います。
    おかげで私は自分の収入を得るようになってからは、心おきなく買い物するようになりました。クレジットの引き落とし額を気にしながら。
    強迫観念で押さえつけられた子供は、大人になって反動が来る事が多いです。
    母の強迫観念が、家を支配してました。母が施設入居した後に、その事がわかりました。

    貴方の辛さも、お金を使ってはならないという強迫観念を感じます。
    行き過ぎた強迫観念は、自分や家族を疲弊させます。カウンセリングを受けてみてはどうですか。

    ユーザーID:0467893600

  • それはケチとは呼びません

    ご自分のことには金をかけず、他人へのお祝いなどには多めにはずむ。
    賢いお金の使い方です。生き金ですよね。コスパ抜群。あなたはケチではありません。倹約家。

    誰かに何か言われました?
    自分に自信を持ちましょう。
    今30代ですよね。あと20年もしたらひと財産作れますよ。今でもキャッシュでおうちをお買いになったのでしょう。
    内助の功ですよね。ご主人さんは今はもしかしたら感謝してないかもしれないけれど、定年を迎える頃には他の家庭との違いに目を見張り、あなたを見直してくれますよ。
    お子さんもあなたに似た節約家になっていい家庭を築けると思います。

    うちの母は何も言わずひたすら貯めては投資してたようです。子供の頃からうちは貧乏だとずっと思ってました。親の相続を考える年になってちらっと教えてもらったけれど、結構やり手でした。
    私はもちろん節約家です。

    ユーザーID:8302773508

  • コメントありがとうございます

    皆さんのコメント、本当にそうそうと思いながら、読ませていただいてます。

    コスパ大事ですね!
    一円でも安く物を買いたいけど、安かろう悪かろうの安物商品は買いたくないので、それなりに質のいい物を安く買うことにいつも奔走してます。

    私のケチさをうらやましいと言ってくださる方、私は逆に好きなものを何も考えずにパッと買える方が羨ましいです。

    他人にはお金を惜しまないことを誉めてくださってる方。とんでもないです。内心どす黒い感情がうずまいてます。

    例えば、義姉の三人の子供に一律一万円で三万のお年玉を毎年渡していますが、逆に私の子供には500円しかくれないので、どケチめ、と思ってます。
    他にも、友達に出産祝いとして1万円の現金をあげたのに、私のときは量販店の服かよ、とか。
    自宅に人を呼ぶときに「手ぶらで来てね」と言うのですが、言葉通り受けとる人に、図々しい人だなぁと思ってしまいます。
    本当に性格悪くて嫌になります。
    ケチはケチを嫌うんですかね。
    本当に良いお金の使い方とは、なんの損得勘定も見返りも気にせず、相手に与える心を持てることだと思うのですが、ケチな私にはとても、、、。

    でも、とにかく、皆さんのアドバイスを参考に、1日1日をなるべく楽しめるような自分なりのお金の使い方を頑張ります。

    家の中に物が増えるのは苦痛なので、食べ物とか、体験にはお金を使っていきたいですね。

    クーポンは、使わないで期限切れになると落ち込むので、引き続き使います。

    来週から、しばらく入院することになりましたが、快適に過ごせるよう一番安い個室(7000円/円)を希望してみました。

    ユーザーID:1172343821

  • 転職を勧めたいなー

    私もだいぶ節約家ですが、これほんと、性分ですよね。
    育ちもあまり関係ないように思います。私の場合。
    何故なら実家は普通に標準的なお金の使い方をしていて、私のことを常に「貧乏くさい」とディスるから(笑)
    自分でも、自分がどうしてこんなに節約家なのかわかりません。
    覚えている限り、小学生の頃から何だかんだ節約志向で、クラスメイトからも指摘されてました。

    と、まあこれは置いといて、私はトピ主さんに転職を勧めたいです。
    お仕事が地獄のようだということで…
    仕事が楽しいのと楽しくないのとでは、人生の満足度が全然違うと思いますよ!

    とか言う私は仕事が楽しい人間なんですが、本当にもう、これは心の底から幸運だったと思ってます。
    楽しいことしてお金もらえるなんて最高です。
    つらいこともありますけど、頑張れます。好きな仕事だから。

    私が何の仕事をしてるかは先入観を与えてしまうと思うから書きませんけど、何だっていいんですよ。
    要はご自身が楽しいと思う仕事をすればいいんです。

    今の仕事環境が地獄だということで…
    別に公務員が悪いわけじゃないと思うんですよね。
    私の友人も公務員だけど楽しそうに働いてるし。
    ただ単に、トピ主さんにその仕事が向いてないんじゃないでしょうか。

    あまり簡単に勧められることじゃないのはわかってるんですが、仕事って人生の多くを占めるものだから、こだわったほうが良いと思うんですよ。
    ほら、睡眠時間は人生の3分の1だから寝具にはこだわれってよく言うでしょう?
    あれと同じで、仕事にもこだわるべきです。絶対。
    幸い貯蓄もあるようですし、給与が下がってもいいじゃないですか?
    楽しい仕事しましょうよ。

    入院されるということなので、お大事になさってください。
    退院されたら、お仕事のことちょっと考えてみてください。

    ユーザーID:2508249925

  • どういう計算?

    22歳で働き始め現在39歳として
    17年間で数千万の貯金と現金で買った家を所持

    年間500万貯金して、17年
    って感じであってますか?

    世帯年収が平均なのにそれだけの貯金って
    つじつまが合わない気がしますけど。。

    統計では世帯年収って500万なので
    年間500万の貯金ってできるわけがないし

    ユーザーID:3153655875

  • 死にそうになってはじめてわかりました

    死んだら使えないんですよね。お金って。で気付きました。必要以上のお金を貯める必要はない、気持ちよく使おうと。私はそれ以来気持ちよくお金は使う派です。あ、勿論借金ではないですよ。使えるお金を使ってます。
    話は私の親はずっととっても節約家で電気もこまめにきってたし、ちょっとでもつけっぱなしにしたら凄く怒られました。貧乏だとおもってたら全然、老後にあまりにも残っているので最近使ってますよ、ガンガンに。旅行しまくったり豪華な料理を食べたり。
    お金って死んだら使えないってことを本当に心の奥底で理解できないとなおらないかと。そのままとおしてうちの親みたいに老後に沢山使うのもありかもしれませんよ。

    ユーザーID:7953589096

  • 家族との思いでも大切

    >家族が外食や旅行好きなので、仕方なく付き合っていますが

    ご主人が旅行好きのようなので良かったです。
    私は子供の頃、家族で旅行した経験が無いのです。
    父親は休みの日は自分の趣味(釣り)に行ってしまい、田舎なため車必須の地域で母親は免許なし。
    子供時代はどこにも連れて行ってもらえず、何とも寂しい思いしかないです。
    トピ主さんは大人なので旅行が勿体ないと感じるかもしれません。
    でも、子供は違うのです。
    非日常を味わう感覚にわくわくするのです。
    家族で同じ場所に行き、共通の楽しい思い出が出来るのですから、親として子供のために旅行を楽しみませんか?
    また外食も同じです。
    私もお店で出された食事を見て、原価を考える事はよくあります。
    これでこの値段?と思う時もあります。
    それでも、家族が美味しいと言って喜んでいる顔を見たり、子供があのお店美味しかった、また行きたいね、と言うだけで、子供の心に残ったんだな・・と思うと、嬉しいです。
    親が子供に遺してあげられるものは、様々な経験だったり、思い出くらいではないでしょうか。

    普段はケチでいいんです。
    でも家族のためには、気にせずお金を使いましょう。
    (ただ、義姉のお年玉はちょっと無いですね・・・)

    ユーザーID:0920783584

  • 時間>お金

    日本人女性の平均寿命は87歳を越える時代ですが、ずっと健康で生活できるとは限りません。

    「時は金なり」と言いますが、どんな大金持ちでも、健康で生活できる時間は買えません。
    お金よりも、時間の方が価値があると考えれば、金使いも少しは荒くなるのではないでしょうか。

    墓場まで貯金を持っていくことは出来ないのですから、健康で生活できる間に、楽しい時間を程々に買っても罰は当たらないと思います。

    ユーザーID:9784772308

  • 死ぬ時に持って行くのは

    経験だけ…と聞きますよね。
    今、仮に振り返ってみて、どうですか?
    あーだめだと思うなら、生き方の修正が必要なんでしょうね。
    なんていう私も全くだめです。

    金銭感覚って親のそれに対する反動が出るんだなあと、興味深くトピと皆様のレスを拝見しています。
    私も母親がとにかく1円でも切り詰めて、節約して、という性格ですので反動で自分は非常に浪費家になりました笑 鬼気迫る感じの節約っぷりでしたので、余裕の無さが見ていて本当にうんざりで、必死すぎて子供心ながらこちらはどんどん気持ちが白けてくる感じでした。でもそのお陰で不自由せず大きくしてもらったんだなあと今になって思いますが。

    母は現在80歳手前ですが、節約はもとより今でもとにかく快楽、楽しむことを良しとしません。「始末」が口癖です。もうこの年齢で変わることはないでしょう。なんだかね、見ていてかわいそうな人だなと思ってしまうんです。楽しいことを知らない。自分自身に楽しむことを許さない。
    こんな母も冠婚葬祭などに出すお金を惜しむことはなかったと思います。人に見えるものには相場あるいはそれ以上に気もお金も使ってきたと思います。始末する対象は自分、そして自分自身に一番近い存在の家族。でもこれはこれで問題ですよね。一番優先すべきは本来自分、そして家族です。というと語弊がありますが、他に出すべきお金をケチって自分には使えという意味ではありません。誰よりもまずは自分や家族をもっと大事に扱うべきだと思うんです。
    数円、数十円に振り回される。。気持ちに余裕がないと姿にもそれは出てしまいます。気をつけてください。

    お金のことってなかなか話題にしづらいものです。ここまで正直に自分の問題を開示できて、客観的に見ているトピ主さんは素晴らしいと思います。レスからもとても素直な方という印象を受けます。
    入院されるとのこと、どうぞ御大事にしてくださいね。

    ユーザーID:0167833569

  • 若いから・・・

    マリさん、まだ30代でいらっしゃいますものね、そりゃあお金に執着するかもしれません、だってまだまだ若くて先が長いもの〜

    私も貯金大好きです。経済的にとても不安定な両親のもとに育ち、ああはなりたくないと常に思い、きおつけて生きてきました。

    今は財政的にはほぼ心配はありません。北米在住で住宅ローン残高もまだまだ4千万くらいあり、しかも利率が4.125%と日本の住宅ローンとは比較にならないほど高い利息を毎月払っていますが、支払いは最低額しか払いません。

    その分余分なお金は90%近く投資に回して、お金がお金を生むように回しています。今は現金ポジションを高くするようにしていますが。

    今私は50代半ばですが、他の方々が言われている通り美味しい食事や旅行や普段できないような体験にお金を費やす事を50歳になってから始めました。それまではできなかったんです、十分な老後資産がなかったので。

    30代でそれだけの資産があるのなら、若いうちにいろんな体験をしておくのはとても大事だと今なら言えます。

    高くて美味しいワインがあっても、40歳後半から胃を悪くしてほどんど飲めません。食事ももっと高くて美味しいものが食べられるのに身体が量を受け付けなくなっています・・

    はめをはずすことはできないでしょうから、少しづつでもいいんです、『ちょっと高いもの』『ちょっと美味しいもの』『ちょっと手が届かなかったホテルや旅館、海外旅行』

    それらは50代でも確かに出来る事ではありますが、身体が健康であればーですよ。

    ですから是非、そういう事に少しずつトライをしてほしいなと思います。人生なにがあるのかわからないのですから!

    ユーザーID:5618208957

  • ご立派です

    いやいやいや、これは趣味!趣味ですよ。
    私は60代なんですがこれからいりますよー。
    主様は理想的。すばらしい〜。

    ユーザーID:9981257143

  • ありのままのご自分を受け入れて

    トピ主さんはまだ30代なのにお金を大切になさって素晴らしいなと思います。
    私は40代の主婦ですが、年を重ねるごとにお金の大切さが身に滲みるようになりました。今は上の子供が受験生。お金があれよあれよと飛んでいく感覚です。トピ主さんのお子様はお年玉のくだりからまだ受験などと縁がないのかなとお見受けしました。ずばり今は貯め時ですよ!

    やりくりについては詳しくありませんが、トピ主さんのやや後ろ向きな姿勢が気になります。どうか、ご自身のやり方に自信をもって、これで良いと、前向きにケチを受け容れましょう。私はそういう生き方、良いと思いますよ!明るく行きましょう。

    ご主人とお子様の望みもちゃんと叶えてる、素敵な方だと思います。トピ主さんがご自分を受け容れられたら、職場の方たちも見る目が変わってくるのではないでしょうか。

    ユーザーID:3519278348

  • おもしろい!

    主レス2つ目まで読みましたが、トピ主さんは好感の持てる人ですね。

    レスにある、トピ主義姉。それこそケチというか・・・セコイでしょ?自分の子は3万円も貰っているのに、5百円だけ渡す?
    友人も、一万円貰ったのに、量販店の服を返す・・・

    こういう非常識で、セコイ人物には相手と同じように接したらいいんですよ。

    トピ主さんの今後の課題は、相手を見極めること、そしてまずは自分と自分の家族の為だけにお金を使うこと、ではないでしょうか?

    お祝いや不祝儀など、人づきあいは省けませんが、何も人並み以上に見栄をはることなどありません。人並みでいいのです。
    つまり、相手がケチなら、トピ主もケチ並みの金額でいいでしょう。
    たぶん、トピ主さんが見栄っ張りで、高額な物をくれると思われているので、相手は調子に乗っていると思われます。
    お金は相手をよく見て使えばいいんですよ。
    そういう、ケチでセコイ人にケチだと思われても構わないんですから。「お互い様。」って笑ってスルーです。

    ユーザーID:3978239476

  • あまり自分を責めないで

    他人の言動に「セコい」という感情を抱いても、自分を責めない事ではないかなと思います。
    誰だってマイナスの感情を抱く事があるものですから。

    自分には弱いところもあるんだな、と受け入れられたら、楽になりませんかね。

    科学的じゃないかも知れませんが、自分が嬉しいとか、いい気持ちになれるようなお金の使い方をすると、結局回り回って返ってくると聞きます。

    私も、他人のために使う、というのはちょっと戸惑いがあっても、子どもや配偶者、親きょうだいのために使う、というなら納得できるなあと思い、出番があれば、使うようにしています。

    節約とは結局、何にならお金をかけていいのか、その優先順位をはっきりさせることにつながると思います。

    必然的に、主さんが生活する上で何が好きで、何が重要かがはっきりしてくるかと。そこを大事に過ごしたら、幸福度も上がりませんかね。

    ユーザーID:5826246880

  • 全然ケチでも性格悪くもないと思いますよ

    >例えば、義姉の三人の子供に一律一万円で三万のお年玉を毎年渡していますが、逆に私の子供には500円しかくれないので、どケチめ、と思ってます。他にも、友達に出産祝いとして1万円の現金をあげたのに、私のときは量販店の服かよ、とか。自宅に人を呼ぶときに「手ぶらで来てね」と言うのですが、言葉通り受けとる人に、図々しい人だなぁと思ってしまいます。

    これ、普通です(笑)
    たぶんみんな思ってる、言わないだけで。
    使うトコには使ってるじゃないですか。ケチとは言わない、節約家と言います。

    ユーザーID:0844595287

  • お大事になさってください

    入院との事、お大事になさってください。
    私もトピ主さんと少し似た性質があり、中古で出回っているものを新品で買いたくないという類のケチです。
    子どものイスなど、新品を買って来られると有り難いやら悲しいやら。
    あとポイント還元とか、割引、節税なども詳しく調べています。1円でも節約できるのはある種楽しいですよ。
    でも使えないとの事ですので、そんなトピ主さんには、スーパーや外食産業の株主優待とか、そういう複利的なものとかでしたら気持ち的に使えるのでは?
    クレカ払いのポイントも複利的にたまるので、私はそれを使ってちょっといいタオルなどを買います(普段はケチって気持ち的にタオルも買えない)。

    ユーザーID:0689442691

  • 貯金について

    質問があったのでお答えします。

    22歳で働きはじめ、32歳で結婚する頃に2000万貯金がありました。
    旦那も、38歳で結婚した時、2000万貯金がありました。
    完全折半で3000万のマンションを現金で買い、ローンがないので、毎年300〜400万貯金が増えています。

    『時は金なり』で節約に費やす時間が勿体ないと思えば良いのでは?という意見、ごもっともです。
    しかし、私は無趣味で、睡眠は超短時間。せっかちで、食べるのも家事もめちゃくちゃ早く、仕事も定時上がりで、毎日暇をもて余してます。節約に使っていた時間を何か有効に使えるならいいけど、ただ暇で無駄な時間が増えるだけなので、なかなかその価値観に至れないです。5分余分に歩いても、自動販売機よりスーパーで飲み物買う人間です。

    今日は、旦那が本屋に文庫本を買いに行こうとしたので、私がその本を図書館で借りてきて、旦那に渡しました。図書館の本は誰かが水没させたようで、ヨレヨレでした。
    家族に節約を強要しないと決めた矢先なのに、、。なかなか行動に移すのは難しいですね。

    私の体調を気遣うコメントありがとうございます。バカげてますが、入院理由は肥満と糖尿病です。最近、電子マネーやアプリによるお菓子のクーポンが増え、無駄に食べすぎました。本末転倒なのは頭ではよく分かってるんですけど、不合理なもので、飛び付いてしまいます。もう病的ですね。

    カウンセリングを勧めてくださる方もいるけど、高いし、恥ずかしくて、こんなこと匿名掲示板でしか本音で話せないです。ごめんなさい。

    ユーザーID:1172343821

  • ケチと心の豊かさは違う

    トピ主さんは、ケチではなく節約することに徹底的ですね。
    それは、悪い事とは思いません。
    無駄遣いより、いいことだと思います。

    ただ、子育てについては、一言もコメントにないのですが、
    子供さんに対しては、どうなのですか?

    節約家であったら、心がまずしいということではありませんが、
    いつもお金の話ばかりしていたら、子供さんも、知らず知らずに
    お金を優先的に価値観を植え付けられることになり、
    人間的にも偏った大人になるかもしれません。

    そこを考えながら、自然の豊かさ、人間関係の大切さなど
    会話をしながら、子育てすれば、トピ主さんも、だんだん心が豊かになり、常に占められているお金から、頭が離れ、お金に執着しないようになるのではないでしょうか?

    ユーザーID:3141325041

  • 最後のレスに笑った

    すみません、でもお菓子のクーポンがもったいなくて食べ過ぎ?

    で、肥満と糖尿病で入院って!
    面白すぎる・・ごめんね(笑)


    真面目な話、本当にその思考が病的。
    だって「肥満で入院」って、どんだけ無駄遣い??

    クーポンと入院費用を比べてみなよ。
    今後、人工透析なんてことになったらいくら貯金があったって、お金じゃ元に戻らないよ。。

    他人事だから私はどうでもいいけどさ。

    「お金!お金!!」で体を壊したら意味無いよね。

    ケチって早死にしたらあの世で後悔するよ、残したお金はあの世で使えないもんね。

    ユーザーID:5920322985

  • そうですか・・・

    ご主人も、同じように貯蓄の意識が高い方なのはラッキーですね。貯める人の片割れは無駄使い、はよくあることだからです。
    ご病気の原因に、「タダはもらわないと損!」な考え方もあるとしたら、そこは改めましょうよ。以前某携帯キャリアに「金曜キャンペーン」なるものがあり、要りもしないアイスやらドーナツを配るサービスでそのキャリアを辞めました。要りません、その分安くしろ、で。
    あと「人の世話をし過ぎない」、自己満足で先回りしても、相手も感謝してません。自分に着目しましょうよ。あなたが何をしたいのか、もしかしたら何もないかも。
    ここに投稿したのは大きな一歩だと思います。
    健康あってこその人生です。ちょっとご自身を粗末にしていたと思う。
    あときれいへの第一歩も入院中に踏めるといいですね。
    きれいにしてると、他にも欲が出てくるからです。
    アンテナが立ってないと、いい情報も目に止まりません。
    死ぬときに「いい人生だったな〜〜」って思うために、とりあえず食生活と生活習慣の改善、これはお金をかけずにできますから。がんばってね。

    ユーザーID:3612766290

  • その生き方は我が守銭道とは似て非なるものじゃ(笑)

    >一円でも安く買うためや、ポイントを多く貯めるために、多くの時間を割く。

    それに要した時間が、トピ主の収入を時給換算したものと比べてメリットがあるかどうかを判断していますか。

    >交通費が勿体なくて、遠出できない

    遠出によって得られる何かに価値観を見出しているかどうかですよ!

    >外食すると、原価との差を考えてしまう。

    その原価には水道光熱費や調理と片付けにかかる自分の人件費を含んでいますか?

    >人生何があるか分からないと考えたり、貯金が減ることを思うと、どうしてもお金を使うことに、モヤモヤします

    人生何もなかった場合を考えると、貯金が増えただけとか、相続税が高くなるということを考えると、そこそこ使った方がいいと思いますよ。
    自分をどれだけそのおカネで労い楽しませるのか、その計算はしないのですか?

    ユーザーID:5063732620

  • 糖尿病???

     それはちょっとまずいですよ。ジャンクフードや安いファストフードばかり食べる人間は、健康を損ないます。お菓子類も同じです。
     時間があるなら、料理の手作りをお勧めします。あなたのような節約家にはぴったりだと思いますし、糖尿病のちょくじ管理には最適ですよ。
     糖尿病になったら人生終わります。合併症は、神経障害、網膜症、腎臓障害、動脈硬化など、数えきれません。特に、腎臓病になったら、透析まっしぐらです。
     ぜひ、食事、お弁当を考えてみてください。

    ユーザーID:1504492565

  • これからは

    災害の募金箱に寄付とか、友人にちょっとしたプレゼントをすると、いいと思います。感謝をされると、嬉しくなりますよ。ケチだと自分を責めないでね!

    ユーザーID:0839295578

  • すごいじゃないですか

    だってその金銭感覚のおかげでもう人生お金で困ることは
    なさそうなんですよね? すごいし尊敬です。

    よく言いますよね。金持ちがケチなんじゃない、ケチだから
    金持ちになるんだって。このトピを読んでこの言葉の正しさを
    再確認しました。

    ただせっかくお金持ちになってるのにまだ足りない気がして
    不安というところが残念ですね。今の金銭感覚のまま、他人からの
    お返しがないことへの怒りとか、将来不安とかを手放してしまえば
    もうハッピーじゃないですか。つまりあなたの気持ち次第で
    幸せになれるということです。

    気持ちひとつで幸せになることができるというのは実はすごい
    ことなんですよ。おおいに自分を誇らしく思って、あなたを不幸に
    する考え方だけを手放したらどうでしょうか?
    そうしたら主さんは人生の勝者だと思いますよ。

    体感幸福度が低いのがあなたとしては人生損してる感じで腹立たしい
    わけですよね? こればっかりは自分の考え方をちょっと変えるしか
    ないですよ。でもそれだけで幸せになれることに気づいてください。

    ユーザーID:5265569816

  • これからは健康づくりにお金をつかおう

    肥満と糖尿病ですか。節約しているつもりが、節制が利かなくなっていたとは皮肉なことです。

    肥満大国アメリカでは貧しい人のほうが肥満率が高いと言われています。市販のお菓子やドリンクが大容量の方が割安だったり、2個買うと1個無料キャンペーンや、リピート客を増やすためのクーポン乱発などの商業戦略にまんまと引っかかた人達が見事に巨大化しています。

    せっかくお金が沢山あっても病気になっては元も子もありません。美味しいものも食べられなくなりますし、症状が進行すると失明したり脚を切断するなど、大変なことになります。

    まずは正常な体を取り戻すことが最優先ですが、タダでもらわないと損だとか、少しでも得することにかけての異常な執着心もこの機会に断捨離しないといけません。とくに食べ物についてはクーポン特典は、心を鬼にして手を出すのを辞めましょう。

    暇な時間があるなら、ジムやピラティスに通うとか、自宅で出来るフィットネスゲームの購入にお金を使うのはどうでしょうか。健康への投資は、絶対に将来のためになります。貯金は長生きあって意味があるのです。
    けちけちしてガツガツ貯めたお金は、お墓までもって行けませんからね。

    ユーザーID:2996193836

  • 糖尿病は大変

    トピ主さんは、御自分のことを「病的」だと書かれていましたが、糖尿病なのにクーポンを使う目的でお菓子を食べ過ぎるという状況は、客観的に見てもそんな感じがします。

    考えを変えない人は、人からアドバイスをもらっても「無理」「出来ない」と必ず言います。
    「無理」「出来ない」と思っている内は、トピ主さんは変われません。

    私の身内にいました。
    お金が勿体なくて使えず、趣味や旅行、外食、衣類等にも興味がなく、せっかちだった人が。
    本人がその生活を楽しんでいれば何とも思わないのですが、会話をするとギスギスしていて心に余裕がなく、もっとおおらかに生きればいいのにと思いました。
    結局、その身内は最後まで楽しむ為にお金を使わないまま亡くなりました。
    残されたお金は、息子があっと言う間に娯楽で使い果たしました。

    繰り返しますが、本人が節約を楽しんでいれば、何とも思いません。
    でも、トピ主さんは全くそうではない上に、持病持ちなのに食事のコントロールが著しく出来ていないのですから、意識を変える必要があります。

    節約を辞めると節約に割いていた時間が余るというのでしたら、お子さんと接する時間を増やしたら如何でしょうか。

    お子さんは習い事をしていますか?
    私の娘は、本人の希望で4歳からバイオリンを習い始めましたが、私が大変でした。
    毎日親が練習に付きっきりで、30分で終わるような範囲を一時間以上掛けてやっていました。
    当時は私もフルタイムで働いていたので、かなりキツかったです。
    トピ主さんも、お子さんの習い事の練習に付き合ったり、絵本を読んであげたり、一緒にトランプやオセロをしたり、もし年長さんならば平仮名の練習をしたりと時間を使ってみてはどうでしょうか。

    まずは、入院費とクーポン券で得した金額の差額を計算して、一度冷静になってみては。

    ユーザーID:8648824262

  • 悪くはないけど

    お金は心の豊かさをもたらせるが、お金に執着しすぎると
    果ては寂しい人生になるリスクもある。

    お子さんがいるのですよね。
    子供の為に教育資金とは別に、いろんな経験させる
    つまり先行投資し、お子さんの見分を広め、のちに心豊かで
    生きる力をつける大人になってもらう。と言う意味で
    家族旅行、テーブルマナーなど人として基本的に身につけておいた方が良いとされるものにお金を使ってはいかがでしょう。


    大病でもしたら湯水の如くお金は吹き飛びますけど
    そんな人生の緊急事態の時でも 前向きに生き抜く発想と力
    を望みますよね。親なら。私は少なくとも子供には自分の人生を
    どんな困難に出会っても力強く最期まで生き抜いていく力を望んでいます。

    目先の損得にとらわれず、十年後 三十年後、五十年後
    の自分たちがどう過ごじたいかのライフプランを立て、
    経済的だけでなく、内面もどのくらい成長したいと思うかに
    より、先行投資(経験する事による自己成長)にお金を使う事は
    今後の過ごし方、生き方がうんと変わると思いますよ。

    堅実すぎてケチになっちゃったと思っているのでしょうが
    お金にシビアなその性格は決して悪いと叩かれる事ではないと私は考えます。他力本願でしてもらって当たり前とか、お金にだらしないよりウンとまし。

    主さん、お金は支配するもので 支配されませぬように。
    心豊かな人生をお過ごしくださいね。 


    60代後半のおばばはそう思います。

    ユーザーID:0353526701

  • 病的ですね

    最初は節約は素晴らしいからいいのでは?と思ってましたが、流石にクーポンのお菓子をたべすぎで、肥満の糖尿と読んで、主さんは普通の節約家ではなく、病的だと思いました。

    健康の方がお金も貯まるし、治療費にお金がかかりませんが、自分の健康害してまでクーポンに拘るのは、、本末転倒ですよね。病気になると本当にお金がかかります。
    一体主さんは何やってるのですか?

    ユーザーID:3424236973

  • お金では買えないもの

    レスしてる方もいるように、病気通院はお金がかかります。
    糖尿病など生活習慣病なら薬が出なくても、定期的に通院して採血、経過観察を続けなければなりません。
    お金がかかるからと放置すれば症状は悪化し、日常生活に支障も出ます。特に糖尿病なら失明、下肢切断、人工透析など合併症のリスクが懸念されます。
    血糖コントロールのために内服薬、時にインスリンを使う事もあるかも知れません。
    しかし、これらは貴方の健康や命を守るための必要経費です。

    健康だけでなく、無駄にして失った時間、若さ、そして失った信頼は、元に戻る事はありません。お金で買う事もできません。
    お金は働けば、また戻ってきますが。
    貴方がお金では買えないものの価値を痛感した時に、皆さんがレスしてる事の意味を知るのかもしれません。

    正直、節約のためクーポンがあるからとジャンクフードを食べ過ぎて、健康を害して医療費がかかっては本末転倒です。
    ご主人の本の一件を見ても、貴方の節約に強迫観念めいたものを感じます。

    お金があっても貴方は幸せではなく、満たされず、不全感を抱えている。過食の原因にもなってるのかもしれません。
    浪費家のご両親は、不要なものは与えたが、貴方が望むものは与えてくれなかったのでは。
    やはり幸せになれないのは、貴方の心の中にあるように思えますが…

    ユーザーID:0467893600

  • 自炊と外食...

    クーポンのために肥満と糖尿にかかられたと読んで、再レスしています。

    ご両親に糖尿はなかったのですか?
    年齢的に生活習慣病を気になさる年ではないと思うのですが、もし食生活が原因でメタボになったなら、ご主人とお子さんも気を付けてあげてください。
    他の方も仰っていますが、食事代以上に医療費はかかるのでコスパ悪いですよね。
    本当に食生活が原因なら、外食をお控えになることをおすすめします。

    節約食材で自炊しててまずメタボになることはありません。根菜や葉物も今の季節は安くなってるし、お金をかけられない分、手間ですが下処理を邪魔臭がらねば肉魚も安いものでも十分食材になります。自炊は節約で必須です。外食は贅沢、自炊最強。

    私は外食は優待券などで金をかけないで食べられる分しか基本致しません。勿論旅行等でする分はゆとり費と考えています。
    日常では本当に滅多にしない。

    クーポンで何割引は、使う必要があるときだけ使います。
    クーポンでこれタダ、はそれだけ食べられるのではなく客寄せならば捨てても勿体ないと思いません。
    特別でない日常で外食にお金使う方が勿体ない。

    疲れて自炊したくない時に外食はアリです。でもクーポンが切れそうだからお金使ってまで外食するのはナシです。
    勿論期限が切れそうな食事券はお金と同じですから、勿体ないから使います。

    もしあなたが使いきれない位優待をお持ちで、それが原因でメタボになってるのならば、早めに金券ショップでお売りになるか、そこは売って他の優待をお取りになればいいと思います。

    ユーザーID:8302773508

  • 健康は?

    もう糖尿病なんですね。
    整形外科に入院していた時に糖尿病の患者さんが何人かいました。脚の切断や骨折が治らない人たちでした。切断した方が言うには、この段階になるまで深刻に病気について考えられなかったそうです。快適「生活習慣病」とはよく言ったものです。
    試食している場合じゃないですよね。
    お金残して亡くなるのが本望ですか。
    違うなら、日々の買い物は安いお店に徒歩で行く、仕事にも一駅前で降りて歩くなど交通費も節約しつつ病気のコントロールした方がよくないですか。
    せっかく貯めたお金を使えないままでは残念でしょう。

    ユーザーID:7761306212

  • 「ケチ」の意味をはき違えてる

    トピ主さんの書き込みを拝見しましたが、「ケチ」ではないと思います。
    ケチと言うのは、家族や友人を利用して一円でも得しようとする人です。
    たとえば、みんなで食事して「私がまとめて払うね。」と言って定価の折半金額を皆から徴収し、レジで割引クーポンを提示し、差額をこっそり懐に入れるような人のことです。
    私の元友人で、よく映画を一緒にみているのですが。毎回かならず同じ映画館で座席予約「してくれて」、こっそり二人分シネマイレージためてます。発券してから待ち合わせし、お金だけ徴収してますが、以前一度だけ発券に立ち会った時、二人分登録してるのを見ました。
    「せっかくだから私もマイレージ貯めたいなー」、とこちらから言うと、それから映画の誘いはなくなりました。
    こういう事をしていなければ、大丈夫です。

    ご主人の本のくだりで感じたのですが、お金の増やし方は上手いけど、時間の使い方が下手なのかな…と思いました。
    暇な時間が多いんでしょうか…エネルギーが有り余ってるんだろうな、と思いました。

    あと、試食につられたり、内祝いの内容でもやもやする所とか、「物質的な対価が得られるか否か」で、麻薬のような満足感を感じるんだろうなーと思いました。
    一種の「お得中毒」なんだと思います。

    私はトピ主さんほど収入がありませんが、「タダほと高い物はない」という事はわかっているので、興味がなければ試食しません。試食は「浪費家の娯楽」です。

    私になぜ収入がないかというと、病気だからです。病気は、医療費がどんどん飛んで行きますし、就業先が限定されるので「医療費でたくさん出て行くけど、働けないから入ってくるお金が少ない」
    失う物はあれど、得られる物は何もありません。一番最低ですよ。

    ユーザーID:3415026671

  • 似た者親子

    トピ主さんの最新レスまで読みましたが、トピ主さんはご自分で蔑んでらっしゃる、ご両親にそっくりですね。

    >いつも欲しくもない物まで買い与えられていたのが、幼少の頃からストレスでした。

    そう言いつつ、無料クーポンがあるからという理由で、お菓子を食べすぎ、入院する。
    文庫本1冊の金額より、入院費用の方が、大金だし、無駄だと思うのですが?

    トピ主さんは、目先の小金をケチるのは得意だけれど、時間や人生は盛大に浪費している印象です。

    まだ30代なのに、肥満と糖尿病で入院。
    この先かかる医療費の事を考えたら、貯金が何千万あっても足りないのでは?
    仮に、医療費(健康維持に必要な経費全般)が年間20万円かかったとして、50年で1千万円ですよ。(糖尿病(予備軍含む)の人は、歯周病や心臓病、骨粗鬆症やアルツハイマー型認知症になるリスクが、格段に高くなるので、多分実際にかかる費用はそれ以上)

    トピ主さん。健康はお金で買えませんよ。
    年を取ってから、寝たきりになるかどうかは、40代までの筋肉量で決まります。

    今のままの生活を続けるなら、早急にシミュレーションのやり直しが必要かと。

    あと。お金や不動産は、何かあれば無価値になったり、取り上げられる可能性もあるけれど、一度身についた知識や技術は、奪われる事はありません。(これは、戦後のデノミや農地解放を体験した家族からの教えです)

    もう少し、目に見えない物の価値にも、目を向けてみませんか?

    ユーザーID:9806733011

  • 健康が一番の節約

    私も産後手ぶらで遊びに来た友人に対してとか、払わなくていいものにお金を使ってしまった時とかに、イライラしてしまう性分です。

    ご両親のこともあり、無理に性格を変える必要は無いと思います。でもちょっと楽になる生き方を。

    主さん、寄付とかしてます?どこでもいいんですけど、収入の1%くらいでも寄付すると、心が豊かになりますよ。
    ケチケチしてしまっても「まぁ自分は寄付してるし」とか。よくわからん街頭募金とかも堂々と断れます。自己満ですけど。もちろん税の控除が受けられる寄付をお勧めしますが笑

    あと保険もオススメ!医療生命保険は、もちろん何かあった時に助かりますが、何もなくても他所の御宅の(同じ保険に入ってる)人を助けてることになりますからね。

    ただ気になるのは健康に関してです。今のままの生活を続けると、心身共にやられて、もっとお年を召されてから、医療費やらなんやらかかりそう。わたしは長期的に見たときに、健康が一番の節約だと思っています。時間が有り余っているのなら、クーポンよりも、お金をかけずに心身ともに健康を取り戻す方法をいろいろ模索してみれば?

    ちなみに私は仕事も辞め、友人関係も見直して(手ぶらできた友達とは、他にも色々あって距離おきました)、収入も支出も減らす方にシフトしました。趣味は家計管理と断捨離で、生き方を見つめ直すのに時間をかけてます。

    ユーザーID:9061380291

  • 健康大事ですね

    本当に皆さんの言う通りです。

    ケチなんだけど、実は無駄が多く、クーポン駆使しても、お菓子に毎月2万は費やし、医療費も毎月1万は越えてます。
    (過食の精神病院代も含み)

    この無駄な出費を、健康的に過ごすことや、家族との思い出作り、保険、募金などにシフトしていかないといけないなと思います。

    色々自分自身、価値観やお金の使い方など、変えなきゃいけないことだらけですが、まずは、健康第一に、病気の治療に専念します。

    皆さんからのたくさんのアドバイス本当に感謝します。

    ユーザーID:1172343821

  • 皆同じだと思いますが

    私もお金に不自由はしていませんが、スーパーの閉店ぎりぎりの時間に買い物に行く事もあります、ほとんど半額で買えます。
    洋服も季節の終わるころセール品を次の年の為に買います。

    皆そうやって節約しながら頑張っていると思いますよ。
    主様はたまたま節約の成果が出て、お金に苦労していないだけです。

    今はお金が有り余っているように思えても、将来お子様の教育資金、老後資金を考えると貯金は必須だと思います。
    祝い事など多く包む必要も無いと思います、世間相場で普通に包めば良いだけです。

    ケチと言うのは、相手が居て相手を不快にするような節約の事だと思いますよ。
    普通の節約は誰にも迷惑かけません。

    今頑張って貯めている貯金が将来役に立ちます。
    お金が有れば心に余裕も生まれます。

    いいじゃないですか、ポイント貯めて自分の好きな物買うのも趣味の一環と思えば。
    貰ったものを自分で食べなく、人に上がれば喜ばれます。
    自分で食べるから太るのです。

    お金持ちの方がお金を大事にすると言います。
    大事にするからお金も溜まるのです。

    健康で夫婦で頑張り、定年後子供に迷惑かけず年金と貯金で豊かに暮らせる。
    その為のお金だと思えば気もおさまります。

    わが家は主人が障害者になりましたが、若い時苦労して貯めたお金で今は子供に迷惑かけず、自分達の生活も成り立っています。

    主様は損などしていないと思いますよ、30代なら此れからです。
    一人の人がコツコツ貯めるお金など使いだしたらアッという間に無くなります。
    自制が出来てなんぼのお金です。

    只夏休みなどはお子様と旅行など考えても良いですね、思い出はお金に変えられませんから。
    日頃の節約でお金を貯めて、家族旅行素晴らしいと思います。

    ユーザーID:5941631610

  • ははは

    私も倹約に勤しんでいますよ。
    トピ主との違いは結果として手元にある資産がトピ主の数十倍あること。
    ちなみに余談ですがトピタイトルを見て思ったこと、性格は病気じゃないから「治せ」ません、自分で努力して「直す」のだと。
    そう考えれば、ちょっとした発想の転換でもやもやが減るかも。
    ケチという言葉は他人が貴方に対してする評価、
    倹約、節約は頭の体操になる、
    ケチは貧乏の裏返しで必要なものにすら支出をためらうのでトピ主には当てはまらない、
    渋ちんは自分が支払うべきものでも人に払わせる嫌われ者、
    こう列挙すると、トピ主の「安上がりやお得に執着」は単なる趣味ですね、それに、クーポン欲しさに無駄買いしていれば意味ないし。
    いっそ、もっと大きな貯蓄目標を立てて、夢見ていたけれど絶対無理と思っていたことを実現するために徹底的に節約倹約に励むと周囲に宣言してしまえばどうでしょう、皆が応援してくれれば、くだらないお付き合いの出費が激減、ケチケチ生活が楽しくなりますよ。さらに夢が叶うかも。
    ちなみに私は貯めたお金を使いMBA取得でアイビーリーグの大学へ社会人留学しました。

    ユーザーID:2357390612

  • ケチというか

    ケチというか強迫症ですかね。

    住環境とか仕事とか変えてリラックス出来たら変わりそう。

    根本原因として、ストレスにやられてる気がします。

    ユーザーID:8149659197

  • 逆に良い性格だと思う

    三十代でそれだけ貯蓄出来ていて、ファイナンシャルプランナーから見たら、優良な家計運営をされていて、どこも問題はないと思います。
    ただ、過食で精神科というのが気になるけれど、お子さんもいらっしゃるし、几帳面で、ご立派だと思います。

    願わくば、見た目を気にされて、美容やファッションという分野に資金をシフトされれば、すごい人になるのではないかと思います。

    お金持ちで、健康的で、美女でとなるとまたすごい。

    なかなかいない人だから、現在の結果があるんだと思います。この心意気で頑張ってください。

    ユーザーID:7676293410

  • ケチというよりも

    私もケチですし、資源を大切にしたいという考えもあるので、分かる部分もあります。
    でも、トピ主さんのコメントを拝見していると、「ケチ」というよりも「がめつい」のではないか、と思いました。
    貰えるものは貰っておこう的な。

    ビュッフェなどで、「元を取らなきゃ」と思うタイプではありませんか?
    その結果、食べ過ぎで気持ち悪くなったり、健康を害したり(実際生活習慣病がありますよね)しませんか?

    私はある時気づきました。
    何のために食べているのだろう?
    楽しい、幸せになるために食べるのに、どうしてこんな苦しい思いをしているのだろう?
    じゃあ、気持ちよく帰るためには、どう食べればいいのだろう?と。

    払った金額以上、お腹に詰め込むことが最終目標ならそれでいいんですよ。たとえ気持ちが悪くなっても病気になっても。

    それから金額のことですが、私の知人にもカフェでコーラを頼もうとして、「近くのディスカウントストアだと○○円なのに…」と躊躇う人がいました。
    自分以外の人が管理している綺麗な空間でグラスにストローや氷がついて、座って飲める環境も料金のうち、という考えがないんですよね。
    もちろん出費が少ない方がいいに決まっています。それなら公園で水道水を立ち飲みすればいいんです。
    目先の数字ばかりでなく、その意味を考えてはいかがでしょう。(そもそもコーヒーだって、もちろん原価に上乗せして出されているのですよ。目に見えていることしか考えないのは、浅はかだと思いませんか?)

    今、それだけモノを得ても節約に励んでも幸せではないのですよね?
    トピ主さんにとっての幸せをもう一度考えてはいかがですか?

    ユーザーID:4254662543

  • 大丈夫!

    まだ30代、人生何があるかわかりません。
    今は使い道が無くても、この先はわかりません。
    明日にでも、どうしても旅行したい場所ができたり、たまたまテレビで見たアイドルに心奪われてコンサートに行きたくなることもありますよ(笑)。
    あとは、いい老人ホームに入りたいとか。

    無理して使う必要も無いですよ。いつか、どうしても欲しいものが見つかった時のために取っておきましょう。

    ユーザーID:8021572483

レス求!トピ一覧