妹の死

レス5
お気に入り26
トピ主のみ0

ぶー

健康

数ヶ月前、双子の片割れを脳出血で亡くしました。
悲しくて、毎日が苦しいです。

もうすぐ30になりますが
妹とはずっと一緒で、脳出血を起こした日も一緒に寝ていました。  

私にとって、家族であり、友達のような存在で本当に大切な人でした。

痛いとしばらく叫んだ後
意識がなくなり、心肺も停止しました。
急いで、心臓マッサージをしましたが
無駄でした。

医者には
生まれつき脳の血管に奇形があったのかもしれないといわれました。

妹が亡くなってから
2日に一回は妹の夢をみます。

夢の内容は、いつも同じような感じです。

妹が脳出血を起こす前の日で、
次の日妹が倒れることを知っている私が
必死に妹を病院につれていったり助ける夢です。

朝、妹が助かった!って嬉しくて目が覚めます。
そして、夢だとわかると
さらに悲しい気持ちになります。

妹を助けられなかったことに
悔しくて涙が止まりません。

やりたかったことはまだまだあった妹のことを思うと、私だけが生きているのが辛いです。

あの時の痛がっている妹が忘れられません。

突然、家族を失った方は
どのようにして立ち直ることができましたか?

ユーザーID:4132525230

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数5

レスする
  • 姉の死

    私も姉を6年前に亡くしました。
    私が43、姉が49。
    難病を患っていて、そのせいでインフルエンザ脳症から突然ひきつけを起こしそのまま意識が戻らず亡くなりました。
    歳も離れていていたし小さい頃から頼り甲斐のある親代わりのような姉でした。
    何をするにも相談してまるで人生の道しるべ。趣味や感性も本当にそっくりで。

    すべてが虚しく大切な人を失う喪失感とはこんなに辛いことなのか!
    神さまなんていない!
    不公平だ!
    姉のいないこれからの人生、どうやって生きていこう、という絶望感。
    私は夫婦関係も破綻していたので…。

    でもぶーさんはもっと若いし、ましてや目の前での突然死。私のショックとは比べ物にならないでしょうね。

    何年も毎日毎日姉を思い出して時には泣いてしまう日もあり…
    でも、いつまでも私達が強い思いを持ち続けてると、あちらの世界へ成仏出来ず引き止めて強い念が残ってしまうと何かの本で読んで、
    そうかもしれないなと思い、それからは心を入れ替えました。とは言えなかなかそうもいきませんが。

    多分一生背負っていくと思います。姉妹を見るたびに思い出して。

    でも、ぶーさん、『時間』て大きいと思います。
    今は無理でも時間が変化を与えてくれるんですよ。ほんとに少しずつ少しずつですが。

    あとは、そのぽっかり開いた穴を埋めてくれる、ぶーさんを大切にしてくれる存在が現れるのが一番かなと思います。
    まだ若いから!
    現れるといいですね。人生は何がおこるか本当にわかりませんよ。
    ただ今はまだそんな気持ちにはなれないですよね。
    無理しないでね。
    世の中には私みたいに似たような体験、気持ちの人がいるんだな、ってちょっとでも慰めになればいいなと思って…。

    ユーザーID:0219684201

  • 24年前

    私も双子で24年前に妹が病気で、1年9ヶ月の闘病の末に亡くなりました。

    産まれた時からいつも一緒で良きライバル、良き相談相手でした。

    突然の発病、難病で手術をしましたが当時は手探りでの治療でした。

    時間と供に悲しみは少しずつ減りますが、完全に無くなる事はありません。

    生きていたら、と何度思ったことか。
    24年経っても寂しいし、悲しい時もあります。写真を見ながら話をします。

    まだ、妹さんがなくなって数ヶ月ですよね。
    時間と供に悲しみは少しずつ減ります。

    お身体ご自愛ください。

    ユーザーID:4849543546

  • それは

    とてつもないショックだったと思います
    もしかしたらPTSDなどになっているかもしれません

    食欲や意欲など色々失せたまま長期間かかっているようでしたら
    心理療法(カウンセリング)を受けたほうが良いかもしれません

    誰でも身内の死を受け入れるのは難しいですが
    例えば長患いしてる家族だったら 覚悟ができてたかもしれませんが、トピ主さんの場合、突然だったので、ショックが強すぎると思います。
    こういったものは専門家を頼ったほうが安全です

    私は1年前にさっきまで談笑してた上司が目の前で突然倒れて救急車を手配したりした後、激しい動悸がして過呼吸になったり睡眠がうまくとれなくなったりしてました
    食欲も凄く出たり全くなくなったり大変でしたが
    心療内科の治療を受け、今はほぼ治りました

    ユーザーID:2913667925

  • 時間が解決

    悲しみの深さは愛情の深さに比例するから、簡単には消えない。

    本当につらくて仕方ないなら
    診療内科やグリーフワークへいくことををお勧めします。

    あと、日々過ごすことがしんどくても、塞ぎ込みたくても、無理やりでも仕事を続け、毎日のリズムは崩さない方が良いです。

    塞ぎ込んで自分の世界に入る方が楽ですが、そうするとなかなか立ち直れないです。(うちの母がそうでした 次女高校生で亡くなる)

    いやでも仕事に行き、規則的な生活してると半年ぐらいは辛いですが、徐々に日常の忙しさに集中してる時間が増えていきます。

    まだ死を受け入れるのは酷でしょうが、どうして亡くなったのかとか後悔を考えるにではなく、
    なるべく、楽しかった思い出だけを考えて 今までありがとうと思うようにするしかないです。

    前に進む、楽しいことをすることに貴方は罪悪感を感じるだろうけど、すぐは無理でも遅くとも1周忌を終えたら、前に進まないとダメかなと。30前なら、婚活し、結婚して家庭を持つ。

    今はそんなこと考えたくもないだろうけど、前に進まないとダメです。


    哀しみに囚われて そこで時間を止めてしまうと、今持ってるもの 未来に持つものすべて喪うことになります。亡くなった時が一番不幸だと思ったけど、時の止まってしまった愚痴と不満と哀しみだけの母を何年も支えてるうち、うちの家庭は壊れました。
    私は一人っ子となってしまいましたが、実家とは疎遠です。
    私が家を出た後、父も家を出ました。

    トピ主さんにはそうなっては欲しくない。
    辛いなら診療内科等にいく
    哀しみに浸るのは期限を決めて
    1年たったら、自分の結婚や将来について動き始める。

    結婚や子供もてるのは35ぐらいまでだから、悠長なことしてる年齢じゃない。

    しばらくは無理せず哀しむのも必要なことです

    ユーザーID:3659868819

  • 時間が経つのを待つしかないけど・・それでも忘れられないです。

    遠い昔になります。
    私70歳になる母ですが、私が21歳の時に唯一の姉妹で二つ上の姉が交通事故死である日突然に亡くなっています。
    先月は50年忌でした。今でも朝晩仏壇には手を合わせますが思い出さない日はありませんが、悲しい涙を出すことはないです。
    ただ老後生活の今、姉がいてくれたら話し相手にもなり寂しさもなかったと思います。

    35歳の時には母が62歳でくも膜下出血でほぼ即死状態で亡くなり死に目にも会えていません(父親は1歳の時に既に病死しています)

    姉と母の死から数年は泣く日も多かったですが、やはり時間と共に涙する回数は減っていきます。
    残された人間の方が生きなくてはいけないし、供養しなければいけないのもあるので、泣きながらでもカラ元気で頑張りました。

    やはり時間が解決してくれると思います。
    仏壇で手を合わせて話しかけたら通じるのではと思います。

    ユーザーID:7220038424

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧