幼すぎる中1の息子

レス15
(トピ主6
お気に入り21

妊娠・出産・育児

三児の母

レス

レス数15

レスする
  • 無理はやめましょうよう

    私、小2で転校してから激しくいじめられまして。小一まで全くしなかったおねしょが毎日になり、自傷行為なども出て酷かったんです。
    で、小四で有能な担任に当たりいじめがなくなり、おねしょや自傷も全部止まったの。

    ところが小5で過敏性腸症候群IBSの症状が出て、それから33までズーッと苦しめられまして。
    下痢型期と、ガス型期が交互に来るんだけど、下痢型のときは辛いったら。朝、通学や通勤の電車飛び降りる羽目になるし学校でもトイレ間に合わなかったりしてホントろくでもない。
    なんでいじめ終息してから吹き出したのか未だに分からないんだけどね。

    33でIBSの症状が消えたのは何でかと言うと、国の特定疾患(難病)の潰瘍性大腸炎(UC)発症したから。
    同じ下痢でも全然メカニズムが違うんだ。

    まあそんなでIBS厄介だが、内臓は鍛えられないから、「頑張って体を鍛えれば治る」とかないから。
    症状が出る原因になることには(やらずにすむなら)突っ込んでいかん方がいいよ。腸が痛め付けられたら一生引っ張るよ。剣道でそんなんなるなら剣道はやめて、なんか緊張を伴わない文化部でいいのでは?
    例えばえーと、ウチの高一息子、中学から棋道部だよ呑気だよ。

    だって他にも大変な関門あるじゃん、夏のプールとか。そういう苦労があるんだから、要らん苦労まで背負うことはないと思う。

    IBSは、内視鏡診断できる大病院の消化器内科行って、内視鏡で器質的な病気(それこそUCとか)じゃないことハッキリさせてから、消火器内科と診療内科の両輪で治療していく、というのがアルアルのやり方かな。それでピシッと治るもんでもないんだがな。

    あと、中1で幼い男子はいっぱいいるよ。ウチの息子は長くてヌーとしてるから年上に見られがちだったけど、中1のクラス写真とか見ると「かわいい」男子多かったし(男子校だからサンプル多)。軟弱とか言うの可哀想だ。

    ユーザーID:5027758390

  • ダメだ

    前レス

    ×消火器内科→○消化器内科
    ×診療内科→○心療内科

    です。
    ダメだ私。ごめんなさい。

    ユーザーID:5027758390

  • UC女さんへ

    トピ主です。お返事ありがとうございます。
    あなたもIBSで大変な思いをされたのですね。
    実は私も中学生の頃からIBSの症状がありましたし、今もあります。大人になった今はコントロールできるため、症状ともうまく付き合っていますが、子どもの頃はテストの際や部活の試合前など、緊張するとお腹が痛くなり、よくトイレに行きたくなりました。
    下痢をすることも多かったですし、通学や出勤時の電車の中でもほぼ毎日お腹が痛くなり、我慢できないと途中下車もしばしば。
    なので、三男の行動も理解できますし、長男もIBS持ちです。
    長男は、いつものこと、と楽観的なのでまだマシなのですが、三男は兄弟の中でも人一倍神経質なのが厄介で。
    部活も、体の調子を悪くしてまで続けさせるつもりはないため、辞めてもいい、退部届けをもらっておいで、と言ったのですが、今日もらわずに帰ってきました。
    どうしてか聞くと、このまま辞めたら自分に負けたことになる、もう一度逃げずに頑張りたい、と言いました。
    また同じようなことになるならその時は本当に退部しよう、頑張る気持ちがあるならもう一度頑張ってみよう、と話し、逃げずに頑張ってみる、と決意したようなので、もうしばらく見守ることにしました。
    これを乗り越えることができたら彼も自信がつくと思いますし、軟弱なんて二度と言わないようにしようと思います。
    軟弱なんてかわいそうだ、と言ってくださりありがとうございました。
    息子を信じて応援します!

    ユーザーID:4649309678

  • 自分が育てた自分の子供に軟弱って言うってなんかね

    不安感の強いお子さんの不安を感じる脳の回路を強化する
    子育てしちゃいましたね。

    長男には合った育て方だったんでしょうけど三男に合った子育ては
    出来なかったんですね。

    本来なら、今ぐらいの年齢までの間に不安をなるべく感じさせず、
    かつほんの少しの冒険をさせて自信をつけさせて、これからは
    自身を持って色々な事に挑戦させるっていうのが多分合っていたん
    だと思います。

    なので、遅いですけど赤ちゃんから、今までやってこなかった
    「安心できる範囲で成功体験を積ませる」
    をやらざるを得ないでしょうね。

    不安が強い子供を不安にさせると「不安を感じる英才教育を受けた
    子供」に育ちます。
    生まれ持った才能に磨きがかかってしまう訳ですから。

    必要なのは、不安を感じる脳の回路を消すことです。
    使わなければ消えていきます。
    鍛えない筋肉が弱くなるのと同じです。

    親は忍耐力を養ってください。子供にだけ求めてもダメです。
    親から変わってください。

    ユーザーID:6512077564

  • piyoさん

    お返事ありがとうございます。
    私も三男に負けず劣らずの神経質で、必要以上に心配してしまう性格です。
    ですので子どものことで心配なことがあると、大丈夫かな、と必要以上に心配する声かけをしてしまっています。
    それが余計に子供に不安感を与えてしまっているのだと分かっていながら、なかなか静かに見守ることができない自分に自己嫌悪です。
    piyoさんのお返事を読ませていただき、三男に合った子育てができなかったのだとズバッと言われて落ち込みそうになりましたが、図星でもあるかもしれません。
    今後の子供や自分との向き合い方を改めて考えようと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:4649309678

  • 成長しますよ

    うちの第二子14歳長男。
    幼少時から怖がりで心配症です。
    食べ慣れない味や、食感は
    不安になるのかよく吐きました。
    転勤で引越しも数回したので、
    最初は登校時間にトイレから
    出られない時もありました。

    小学校ではサッカーをしたものの、運動は苦手で全く上達せず、
    チームメイトからもあまり
    受け入れられていなかった気が
    します。しかし自分の意見は
    はっきり言うタイプのために、
    鬱陶しがられたり、からかわれ、
    学校を休む日もありました。

    原因不明の脚の痛みや不快感が
    続き、整形外科はもちろん、
    神経内科で脳波もとり、精神科
    思春期外来も受診しましたが、
    解決せず。
    中学に入ると定期テストのたびに
    良い点を取らねばと思うためか、
    パニックを起こし…この子は
    生きていけるのかと不安でした。

    中2になり、身長もグッと伸び
    男子らしくなってきました。
    テストのたびの強い不安感や
    パニックも収まってきて、成績も
    上がり始めると嬉しいのか、
    落ち着いて志望校も定めました。
    やっとやる気スイッチを薄っすら
    見つけた感じです。
    不思議なことに謎だった脚の不快感も収まってきました。


    成長しますよ。必ず。
    トピ主さんは三人も男の子を
    育てているじゃないですか。
    見守ってあげてほしいです。

    ユーザーID:0733320925

  • どうしたいかを

    どうしたいかを、きっと息子も模索している。

    止めたいのか止めたくないのか。
    止めたくないのは友達と離れたくないのか、途中で投げ出すことに不安があるのか。

    何かを選べば、何かが変化する事は想定されますが、経験の差で子供は大人より想像出来ないこともある。
    それが不安のもとでもあるし。
    何とかなるさと大人はいうが、子供からすればそれが分からないから不安。

    ただ、周りの友達も経験不足の子供なので、息子かわいさに大人の対応を求めたところで、子供ならではの振るまいになる事は想定しなければいけない。

    子供がショック受けました、相手が悪いのは明白で謝ってほしい。
    謝られても息子は特に納得できない。

    なので、一緒に当事者感覚で模索するしかないかと。
    親の立ち位置、子の立ち位置があるなかでなかなか難しい事ではあるのですが、助言して選ばせるをしていくしかないかな。
    本質として揺るがないのは彼の人生であることなので。

    客観視させてもらうなら、本当に駄目なら仮病でサボる気もするので。
    参加して防具つけたり、見学なんて言いにくい事を良いながら参加するだけマシにも思える。
    ビビらずに済むように、自主練でも協力してあげたら?
    面つけた所に打ち込んであげてみるとか。

    ユーザーID:3020236775

  • 子育て難しいさん

    レスありがとうございます。
    長男さんもお母さんも、いっぱいしんどい思いをしてきたのですね。
    お話を聞いていると、同じような経験がありました。
    苦手な物を吐き出す→うちの子は小学校時代は給食がまともに食べれず、最初にたくさん減らしてほんの少しだけ食べていたようです。
    残したくないとか苦手なものがあることのプレッシャーからでした。

    小4の時に、心身を鍛える意味でサッカー部に入りましたが、消極的で引っ込み思案な性格と、体が小さいこともあってか、ある子に毎回意地悪を言われていたようで、景色が回って見える、と言うようになりました。
    この件は先生に相談したことで解決し、症状はおさまりました。
    神経性のものだったようです。

    6年生の夏ごろには、夜驚症を発症し、神経内科で脳波を取ったことも。
    特に異常はなく、これも精神的なものでした。
    今ではほぼおさまりましたが、たまにまだ寝ぼけることがあります。
    でも、このところ甘えてくることも無くなりましたし、泣くことも無くなりました。
    声変わりも始まっているし、確実に成長してるんだな、と思います。

    あなたの、必ず成長します、という言葉に、とても励まされましたし、もっとどっしりと構えていよう、と思えました。
    本当にありがとうございます。
    長男さんは14歳とのこと、志望校が決まりつつあると言うことは中3ですね。
    うちの次男も14歳、中3です。
    受験が迫ってきましたね。
    親の方が神経がすり減りますが、お互いに笑って春を迎えられるといいですね。

    ユーザーID:4649309678

  • 体調管理だけしてお子さんに任せる

    大変ですね。心配ですよね。もしこうなったら、ああなったらと考えてしまう気持ちも分かります。
    ただ私も心も体の弱い子だったのですが、出来ればお子さんの希望と自主性を最優先にしてあげて欲しいです。

    多分気の弱いお子さんだからこそ、先回りの声かけも必要以上に反応したりお母さんや先生の意図を読もうとし過ぎてしまうと思います。「いつでもやめて良いよ」的な声かけすら「やめて欲しい」に聞こえてしまうかもしれません。でも子供って大人が思っている以上に強い部分・鈍感な部分もあるので、子供がぼんやりとでも「出来る」って思ってる事って、放っておけば出来ちゃうような事が多いと思います。出来ると言ってる子に「無理しないで、やめて」は可哀想ですよ。応援してあげてください。ギブアップした時にちゃんと受け止めてくれるお母さんが居たら、ちゃんと自分で限界も見極められます。それで失敗しても良いじゃないですか。乗り越える事も、あまり期待し過ぎないであげて欲しいです。乗り越えられないのも良い経験になりますから。

    私も母が気を回して「運動部は大変だよ」「夜遅くの塾は疲れるから」と優しく(?)色々気を回してくれてましたが、振り返ってみると「別にやめなくても何とかなっただろうね」という事ばかりです。今は心身ともに強くなり、親は「何であんな弱っちかった子が・・」と首をかしげています。失礼な話だなーと私は笑って済ませておりますが笑

    お母さんに出来る事は体調管理や病院関係の事、あとはお子さんが不安を訴えたり弱音を吐いた時にどっしり構えて耳を傾けてあげる事かなと思います。

    ユーザーID:1686375494

  • 甘え過ぎ

    学校で部活の先生から報告を受けるまで親が何も知らなかったっていうのがすごいですよね。
    基本的に部活は個人の任意ですので、余程の怪我をした、などは報告してくるでしょうが、毎日サボる、なんて、顧問が親にいちいち報告しませんよ。
    小6で脳波の検査受けたり体調の事もあるのに、運動部に入れておいて、それで親はほったらかしで報告待ち、って、普通じゃないです。
    親が甘えてるから、子供も甘えてるんじゃないですか。
    体調が悪いなら、顧問の先生に丸投げにせず、個人にあった習い事などをしたらどうですか。
    その場合でも、体調管理するのは自分だし、仕方なく出来ないなら、親ですよ。

    ユーザーID:8422422260

  • パレットさん、ひなのさん

    パレットさん、ご自身の体験談を教えていただきありがとうございます。
    親が思うほど子供は弱くないですよね
    振り返れば自分もそうでした。その場は自分で乗り切ってた気がします。
    息子はその後、いつもと変わりなく登校し、部活も参加しています。
    今後は過度な心配はせず見守ろうと思います。
    ありがとうございました。

    ひなのさん、貴重なご意見ありがとうございます。
    ひなのさんはお子さんの心理が手に取るように分かる方なんですね。尊敬します
    大事な子供をほったらかしになんてしていませんよ。
    疲れた〜とケロッと元気に帰ってくれば、部活で何か問題があるだなんて思いません。
    それに気づかないことにビックリと言われれば私はダメ親なんでしょう。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:4649309678

  • 念のため検査は受けといたら?

    我が家の高1の末っ子もず〜っと過敏性腸症候群です。
    小4くらいからずっと薬飲んでいます。

    それでも、集会とかテストとか緊張するとトイレに行きたくなっちゃう。

    私も、心配性なので子供も神経質なんだと思います。

    ただ、過敏性腸炎と症状が似た重篤な病気があるそうで、念のためと受験期になる前、中2の時に全身麻酔で胃カメラと大腸カメラで組織を取っての精密検査しました。
    そして、
    「異常なし。個性だと受け入れましょう〜。」と医者に言われました。

    中3になると、内申が気になって定期テストの最中でもトイレに行ってたみたい。(不正防止のため先生が付き添うんだけど、先生と一緒にトイレまで走ったと言ってた)

    平常時は、薬がお守りになってそこまで酷くはないんだけどね。

    過敏性腸症候群と学校には伝えてあるんですよね?
    それなら、本人が辞めたくないのなら退部しなくても、「長い目で見守ってください。」で良いのでは?

    私は、年度初めに、担任に過敏性腸症候群なのでもよおしたら大至急トイレに行かせてください。学年の先生方と情報を共有してください。とお願いしているので、トイレに行きたいと言って駄目と言われたことは一度もないです。
    子供も慣れたもので、お腹がグルグルしてきたらすぐに挙手して「トイレに行きたいです。」って言うらしい。

    精神的なものだから親があまり気にしない方が良いみたいですよ。

    因みに、まったくそんな気配が無かった次男が
    センター試験の時、突然尿意に襲われ手を挙げてトイレ退出したそう。
    そしたら、なんかトラウマになっちゃって4校受験したんだけど、4回とも途中退出でトイレに行ったらしい。
    それでも、無事大学生になれたので笑い話だけど、受験とかやっぱり変に緊張するから気を付けてね。

    ユーザーID:2403709313

  • 3男子の母さん

    うちと同じ三兄弟をお持ちなのですね。
    お返事ありがとうございます。
    三男さんも過敏性腸症候群なのですね…。
    はい、入学する時に学校へ提出する生徒個票にお腹が弱いこと、プレッシャーがかかるとお腹が痛くなりやすいことなどは書きましたし、担任や部活の顧問から連絡があった時にも、ストレスが体に現れやすいことは伝えてあります。
    私自身もそうなので、子どもの気持ちは分かりますし、なんとかその場その場を乗り切れる子になって欲しいと思います。
    あまり心配しすぎも返って子供にプレッシャーを与えてしまうのかもしれませんね。
    症状が増したり、変わらず続くようなら受診してみます。
    検査で異常がなければそれはそれで安心ですもんね。
    ご親切にありがとうございました。

    ユーザーID:4649309678

  • さささん

    お返事おそくなりました。すみません。
    さささんのおっしゃること、その通りだなぁと反省しました。
    恐怖に打ち勝つためには、恐怖に置かれる環境に慣れることだと思っています。ですので、ちゃんと防具をつけていれば怪我をすることはほとんど無いし、打たれることに慣れることから頑張ってみなよ、と息子に話したところです。それを聞いていた次男が(中3、剣道部を夏で引退)、そうそう、痛さは慣れるぞ!と言ってくれ、翌日三男は自分から、退部したくない、頑張る、と言いましたので、その意思を尊重し、見守りたいと思います。
    自宅で面をつけ打たれる練習、それもちょうど三男に提案したところでした。同じ提案をしてくださり、休みの日にでも経験者の次男に手伝ってもらって練習します。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:4649309678

  • 無理はいけない

    当方50代の主婦です。
    出産前後から、お腹の調子が悪く、理由がわかりませんでした。
    中学生まで牛乳を水のごとく飲んでいましたが、しばらく遠のき、妊娠をきっかけに体にいいだろうと飲んで、どうも調子が悪い。

    しばらくやめて、また、数年後、2児出産後に牛乳を飲み始めたら、またまた調子が悪い。でも、全然理由がわからなかった。嫌いじゃないからね。

    自宅なら、トイレに駆け込めるからいいようなものの、午前中に用事があるときは朝から絶飲食、みたいな感じでした。
    で、ある時、原因が牛乳だとわかりました。

    調子が悪い時の私の思考は、例えば食品などを扱う工場勤務の方は衛生服を着て作業なさいますよね?想像するだけで「トイレに行けない」と思ってしまう。自由にトイレに行けないことがストレスになる。無理だ、と思うのです。

    剣道、素晴らしい武道だと思うけれど、防具を付ければ痛みは云々、ではなく、防具を付けたら、トイレに行けない、ってことがストレスになる可能性もある。
    なにより、授業中でも、トイレにこもるのですから、原因は違うところにあるのでは?

    私はアレルギーではなく、加熱した牛乳の料理は食べられます。加工品も食べられます。生乳がダメなので、生乳ソフトクリームがダメなのは残念です。中学生だと学校給食で牛乳が出るでしょう。
    原因は違うのではないかしら。

    ユーザーID:5574205491

レス求!トピ一覧