文系なのにビルメンへの就職

レス9
お気に入り14
トピ主のみ1

パプリカ

働く

このトピのレス

レス数9

レスする
  • そんな仕事があると良いね。

    営業と海外ナシは山のようにあるけど、事務で20代前半で年収500万円。大学の就職課に聞いてみたら?

    売り手市場で最強の新卒で幅広く就活して、受かったのがビルメンだけなんでしょう?
    トピ主が、アピールできる資格や能力って何だろう?
    海外NGなら、語学はできないよね?
    営業ダメなら、コミュニケーション能力も低そう。

    年収2000万円以上の男性を捕まえて毎月50万円もらうってのはどう?1000万円クラスだと年収500万円は厳しそう。
    いずれも、見た目も含めて圧倒的女子力が必須だけど、ありますか?

    今時、結婚は永久就活じゃないから、夫の査定が入るけどね。
    何だか天然ぽいトピ主には向いているかもしれません。
    お料理、上手?ミス何とかになってない?

    ユーザーID:0891289500

  • 事務職で年収500万は厳しいと思いますけど

    >口コミで年収が高めの方を選びました。
    >年収が低く昇給が難しいこと、を口コミで見て早く転職した方がいいのでは

    矛盾してますよね?


    >年収はせめて500万円以上は欲しいです、
    >それも営業職と海外転勤なしで、事務職がいいです。

    事務職の平均年収額調べたことないですか?
    一般事務なら300万前後です。
    50歳まで働き続けたらいいとこ450万くらいでしょう

    事務職で稼ぐなら残業するしかありませんが働き方改革でそれも難しいご時世です。

    会計士とかならそこそこ給与は高いと思いますが一般事務なら無理だと思います。

    ユーザーID:4878069787

  • 理詰めで考えましょう

    就職後3年未満、いわゆる第二新卒で事務職希望、年収は(将来的に)500万円ということですよね。では第二新卒のメリットを生かして事務職に転職するとしたら、どういう会社が良いでしょうか。

    新卒に対する第二新卒のメリットは「基礎的な社会人としての振る舞いができる」ことです。したがって、ターゲットは社員研修があまり充実していない会社となります。一つはベンチャー、もう一つは零細企業になるでしょう。しかしながら、どちらも事務職に割く経費が少ないのが特徴で、少数精鋭、一人ないしは二人で総務・経理・人事・法務すべてをこなすシステムになっていることが多いです。中途採用はスキルがある30代以上が中心で、第二新卒は直接利益を得るための仕事、すなわち営業系が主となります。マッチしませんね。

    実は、年収500万円以上(になる)転勤がない一般職事務はメガバンク、証券会社等の金融や総合商社などのバックヤード職種、大企業に分類される有名製造業の事務職などが該当します。でも、これらの会社では研修システムが充実しているので、新卒もしくは(人件費が安い)派遣社員で事務職のニーズを満たすことができます。事務職で第二新卒をわざわざ採用する必要がないのです。

    上記の理由でトピ主の転職方向性は無理筋と考えられます。事務職もしくは500万円以上のどちらかしか希望は通らないと思いますので、もう少し現場で我慢して異動希望を出し事務職になることでOKとするか、引っ越しありの営業でもいいから第二新卒メリットを生かして転職し、年収500万円にリーチするか、どちらかになると思います。

    人に恵まれているって、実は良い職場です。目先のお金や楽さにつられて転職し、後で海よりも深く後悔しないように気を付けてください。

    ユーザーID:3987522327

  • まず勉強しなさいよ、という印象

    文系なのに数学バリバリの業界で辛い、ならまだわかる。

    しかし、機械、設備用語、専門用語でしょ
    そんなの工学部出身だって、初見、ってことはざらにあります。
    自分も工学部出身ですが、初期に配属された技術系の職場では初見の単語だらけでまず勉強、でした。
    仕事始めたらその職場の専門用語に四苦八苦って、文系だろうが理系だろうが、どの職場でも多かれ少なかれあるんじゃないでしょうか。
    就職活動先として挙げられた業界だけでも、ぱっと見でもどこも専門用語だらけの業界ですよね。
    トピ主さんは、総務部門で社会保険の手続きや労務管理、経理部門で仕訳だの決算だの、に従事したら、すぐに全部理解できますか?
    文系ならできるはず?違うでしょ。
    どんな仕事に就いたって、最初はわからないことだらけで、まず勉強なんです。私も、なんだったら受験時代より必死に勉強しました。東大出身ですけども。
    まあ、吸収力も落ちてましたし、勉強だけしてれば良い学生時代とは違って、勉強にかけられる時間も労力も限られる状況の中でだったので、そういう印象になったのかもしれませんが。
    どうしても合わないなら転職も結構ですが、どこ行ったって勉強はついてきます。それこそ周りより数年遅れの第二新卒なら、そのブランクを埋めるべく、同じ会社に新卒で入った人よりもっと勉強しなくては追いつけない、なんてことにもなるはずです。
    少なくとも、脳が受け付けない、なんて言ってないで勉強しましょうよ。誰も文系のトピ主さんに、空調の専門家になることを期待してるわけじゃないでしょ。自社で事務業務をやるのに必要な用語とか、最低限の仕組みとか、仕事の流れとか、そんなところをまずは理解する、というあたりが当面の目標なはず。
    それくらいは、どの職場に行っても必要な勉強の範疇だと思います

    ユーザーID:7241373434

  • 大手管理会社 事務総合職です

    新卒で賃貸管理から、第二新卒で大手管理会社へ転職し、10年くらい勤務しています。
    ビルだけでなくマンションメインの準大手?です。
    それでも、総合職なら早ければ33歳で管理職となり、800万出ますよ。

    2年はビル管理の事務担当をしていました(メンテナンス実務は下請け発注)
    私も電気系統や設備なんか、全然わからずでしたけど、新卒数年って
    だれでもそんなもんですよね。

    理系の設備系の方は、専門知識は必要だけど、コミュ力や素人への伝える力をそこまで求められていないので、
    それをカバーして、また会社の利益等全体を考えて、
    取引先と交渉・説明したりすることが文系人間の仕事だと思ってたし、そこを求められていました。

    そして私も…経理に憧れて簿記2級を取得し、3年目に経理へ異動できました。

    異動してからも、次々と必要知識が出てきます。
    勉強はどこへ行ったって続きます。

    社風や福利厚生に納得してるか・将来のキャリアプランなど考えて
    必要な行動を起こしたらいかがでしょうか。

    ちなみに、現場で養った交渉力や突破力、知らないことを学んでいく力は、事務職でも本当に役立っています!
    現場ではこうだったな、という感覚も未だに使えます。

    数年頑張って、プラスアルファの知識をつけておくことは、お得ですよ。

    ユーザーID:0906644034

  • 何が出来るの?

    「営業職と海外転勤なしで、事務職がいい」「年収500万円以上」と
    希望ばかりを並べているけど、トピ主さんは何が出来るの?

    語学力が必須の外資系や、金融・商社など、一部の企業を除いては、
    単なる事務職で、年収500万以上はほとんどありません。

    >いざ入社すると聞き慣れない用語、できない仕事が多かったです。

    そもそも新卒入りたての新人さんであれば、
    専攻に関連した領域でもない限り、どんな仕事でも聞き慣れない
    言葉ばかりですし、初めから思い通りに仕事出来る訳ではないので、
    悲観的になる必要はありません。

    むしろ、この程度のことで悲観的になるメンタルのほうが
    深刻だと思いますよ。

    >文系故に機械や設備の知識はない。

    文系だからではなく、単に今の仕事に興味がないだけです。
    事前知識がなく、なかなか理解出来なくても、
    仕事に必要な情報であれば、まずは勉強するのがセオリー。
     
    努力すら出来ないのであれば、トピ主さんには高収入を得る
    資格がないということ。 

    ユーザーID:4861024139

  • 返信ありがとうございます

    返信ありがとうございます。
    全て、読ませていただきました。

    私は技術職ではなく総合職で入社しているので前者より管理職に上がるスピードは早いと思います。
    1年目の今、後輩に抜かされないよう知識をたくさん身につけたいと思いました。
    文系故に機械の知識はない、いくら学んでも頭に入らない、じゃあ辞めるか…となっていたところですが、思いとどまることが出来たのは皆様からいただいたコメントのおかげです。

    現場で何年か経験を積み、本社に行くというのが今の考えであります。
    その部署にふさわしい資格(経理部なら簿記でしょうか)も取得し、異動できるようにもしたいと思います。

    まだまだ諦めず今の会社を続けて行こうと思えました!皆さんありがとうございました

    ユーザーID:5678565401

  • ビルメンは参考書が充実しています

    建築物の電気関係や空調設備、衛生設備については
    初心者向け図解入りのとてもわかりやすい本が充実しているので、
    もしお辞めになる気がなければ、本を買って(最初は易しいのから)勉強するのがおすすめです。先輩から教わっただけでは断片的な知識しか得られないと思います。
    文系出身でも、高度な数式は出てこないので大丈夫。
    本を読んで基礎知識を得る→現場を見て実情を知る、の反復で
    やる気になれば1〜2年後には専門家になれると思いますよ。

    ユーザーID:1951559074

  • お金で考えるなら割に合わないかも。

    電験保有者・女性です。

    今は、電気工事の現場監督をしているのですが、いつか電気主任技術者になりたいとも思っています。まさにビルメンが目標です。

    今の現場監督の仕事もそうですが、確かにお金で考えると割に合わない業界かもしれないです。

    ちょっと厳しいことを言うようで申し訳ありませんが、

    >いくら電気設備、空調設備のことを社員に教わっても、難しくて脳が受け付けないのです。理系が大の苦手な私からしたら、言ってることの意味が分かりません。

    この状態で年収500万を得られる業界ではないことは間違いないので、仕事や勉強が苦痛でお金のために働いているのなら転職したほうがいいと思います。
    転職先ですが、たぶん、資格で食べていける士業が一番いいように思います。士業が楽だとは言いませんが、他の仕事よりは未知のものを吸収する必要性に迫られることは少ないように思います。

    ユーザーID:1572464031

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧