不屈の精神を持った人物

レス8
お気に入り8
トピ主のみ1

落葉

ひと

働きながら、資格取得のため独学で一応頑張っています。50歳でトシのせいにはしたくないのですが、夜は眠いし覚えられないし、はかどらないし、で本気で落ち込んでいます。1日勉強を休むと確かに3日分忘れています。こんな自分が情けなくて嫌になります。

不屈の精神から学ぼうかと偉人伝の本を寝る前に読んだりしているのですが、「不屈の精神」で何かを成し遂げた人、どんな人をご存知でしょうか?(昨日、今上映中の「荻野吟子さん」(女性医師第1号)の本を読みました。)
「頑張ってね」と言われただけでは、頑張らないで寝てしまう怠惰な自分がいますので、是非偉人伝の少しでも教えてください。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:1922682085

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数8

レスする
  • 鑑真和上

    小説としては、
    天平の甍

    まずはこの人です。

    ユーザーID:5274753650

  • イチローさんの262のメッセージ

    アラフィフ男性です。
    この本、1ページに少ない字数でメッセージが書いてあるんですが、かなりストイックです。
    1ページで完結なんで時間がなくても読めます。

    ユーザーID:2555370277

  • 不撓不屈

    高杉良さんの小説「不撓不屈」はいかがでしょうか。税理士・飯塚毅の国税局を相手にした闘いの物語です。弱きを助け強きをくじく、気骨ある実在の人物の迫力ある小説、おすすめします。

    ユーザーID:1660593936

  • ナイチンゲール

    子供の頃、漫画偉人伝が学級文庫で流行したのもあり、自分でも買ってたんですが。

    『ナイチンゲール』が、看護婦(当時の呼び方)の地位向上に努めたのは間違いなく、その行動力は凄まじいです。
    まず、当時「看護婦なんて!!」と言われていた世間の価値観をもろともせず、貴族の令嬢が家族の反対を押し切り、若い看護婦たちを引き連れ戦場へ。
    そこで、劣悪な衛生状態にあった病院を清掃しまくり、病院イコール清潔必須の基礎を確立しました。
    自ら夜間巡回し、傷ついた兵士たちの心の信頼を集め、なんというか…現場主義の最高責任者が少なくなりつつある現代、初心に返ることを教えてくれる先駆者かなと思います。

    ユーザーID:3849574009

  • 酒井大阿闍梨

    比叡山の行者で、千日回峰を2回も成し遂げた方です。

    数年前に亡くなられたようです。
    本も出版されていましたが。

    神通力を得られた方で、瀬戸内寂聴さんも実際に目の当たりにされた経験があられて、著書に書いていられましたね。

    ユーザーID:7431619966

  • 伊能忠敬

    50歳を超え新たなチャレンジを成し遂げた。
    不屈の精神を持って日本国沿岸の測量を成し遂げた。

    ユーザーID:5178021936

  • トピ主です。なるほど。ありがとうございます。

    私の知らない偉人様たちを紹介いただきありがとうございます。もし、偉人様の本の名前がわかりましたら、教えてくださいませ。

    ユーザーID:1922682085

  • 大石順教さん

    堀江六人斬り事件と呼ばれた凄惨な事件の生存者ですが、事件で両腕を失ってしまいます。そこからの生き方が、トピタイトル通りの不屈の精神でしかなし得ない偉業です。
    境遇というものは、時に天を恨み、絶望すら感じさせるものであったりすると思うのですが、順教さんの人生をあるがままに受け入れる姿勢やそこから切り開いて行く強さ…圧倒されます。
    壮絶、それでいて清らかで、女性ならではの柔らかさを合わせ持った、稀に見る偉人だと思います。

    ユーザーID:2357105680

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧