免許返納の代替え案を一緒に考えてくれませんか?

レス24
お気に入り40
トピ主のみ0

ころ

話題

今年77歳になる義父に免許返納をしてもらいたいのですが、代替え案が思い浮かびません。
義父が住んでるところは田舎の山の中で、車がないとどこにも行けないところに住んでいます。

・電車は通っていない(最寄駅まで車で30分)
・バスは夕方に1日1本、帰りのバスがない為帰ってこれない
・乗合タクシーなどの行政支援もなし
・一番近くのスーパーまで片道約18kmの為、徒歩や自転車不可(タクシー使うと大体片道7000円ほどかかりそうです)
・スーパーの代わりに宅配などを利用してもその他(銀行など)の場所に行くことができない
・義母が月2回病院通院している(片道約50km)

私達が住んでるのが県外の為、車を出してあげることも出来ません。
高齢の為、体調で何かあった時が怖いので同居を提案したこともありますが頑なに拒否されます。(山奥過ぎて救急車を呼んでも到着までに最低でも25分はかかります…)
正直、こんな所に住んでいて免許返納を勧めるのは生きていくこと自体に関わりますが何かあってからでは遅いと思っています。
しかし、返納するメリットよりもデメリットが大きすぎてどう説得すれば良いのか分かりません。
皆さんならどういう代替え案を出して説得されますか?

ユーザーID:4350087171

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数24

レスする
  • 装置を付けてあげる

    今は車を安全に運転できるよう
    踏み間違い防止装置をディーラーとかで付けてくれます。
    それはどうですか?
    それだけ不便な場所だと、車無しでは生活がかなり厳しいですよね…

    ユーザーID:2486243657

  • 引っ越し、またはフルサポートしかない

    まだお元気なんですよね? 今の状況で免許返納を求めるのは無茶でしょう。どうしてもというなら少し便利な地域に引っ越しすることを提案するか、タクシー代をトピ主さんが全額援助するか、あるいは近くに住んで移動をフルにサポートするしかないのでは。

    今は、ある年齢で一律に免許返納とすべきという意見もあるようですが、私はそれは無理だし横暴だと思っています。個人差はもちろん地域差、車の必要度、乗る頻度などがそれぞれ大きく異なると思うからです。
    便利な地域に引っ越すとしても、住み慣れた家やコミュニティを離れるのには認知症発症など様々なリスクがありますし、農家などは家業をたたまなければならなくなる場合もあります。

    まあ、高齢ドライバーによる事故などの懸念はありますし、実際に被害にあわれた方の辛さを思うと何とも苦しい気持ちにはなりますが、だからといって今生きている人たちの生活の自立を、制度や風潮によって阻んでいいわけではないと思います。個人的には車そのものの高齢者対応と安全性向上に期待したいところですがどうなるか。

    後半は余談的でした、すみません。余談ついでに、「代替」は本来「だいたい」とよみます。今は「代替え」も許容範囲になっちゃってるんでしょうかね。

    ユーザーID:9476087351

  • 無理でしょう

    代替案があったら,過疎地で多くの高齢者が運転し続ける事態に至っていないでしょうね。公共の交通機関もタクシーもその有様ではもはや個人で対策するのは無理では。

    過疎地では生きることに直結する免許,義父さんの環境で返納したら,もう翌日から生活できないでしょう。

    聞いた話なのですが,ある過疎高齢化地域で,80過ぎたお年寄りが多く,皆さん生活のため運転を続けているそうです。
    でも運転が危ないから,「○○さんが運転しているからみんな家に入れ―」とか,
    「今日は△△さんが病院に行く日だから気をつけろー」など,情報が回るそうです。
    そもそもそんなに人通りもないから,それで十分なのだとか。

    私の住んでいるところもそこそこ田舎ですが,もし自分が年を取って返納しないといけないということになったら本当に困ります。
    その時までに,車が進化していてほしい。
    自動運転も可能になっていてくれることを切に願います。

    義父さん,返納させたら生きていけないですよ。
    世の中高齢者が返納しないのは高齢者の変なプライドなどと考える人もいますが,そうじゃない,多くは車がないと生きていけないからです。

    だからと言って車は凶器だし,そのせいで誰かや本人が怪我をしてもいいとは言えませんよね。

    分かっちゃいるけど,過疎地では車がないと生きていけない。だから皆手放せず,90過ぎても車にのっている現状。車に乗れなくなったら,もうそこでは暮らせないということです。
    そしたら子供の所に行く,施設に行く,等転居を考える。

    そうなるまでは,過疎地で運転をやめさせるのは難しいのではないでしょうか。

    それか今,説得して転居させるか。
    でもご本人は嫌がるでしょうね。

    ユーザーID:6809933448

  • 地域を限定するくらいしか・・・・

    私もそこそこ田舎に住んでいます。
    大人の人数分の車があるのが当然、
    農家だと+軽トラックがあります。

    少し奥の地域がトピ主さんのご両親が住んでいる所に近いですね。
    おそらく77歳なら、その地域だと返納している人はいないかと。

    年齢的に免許はマニュアルで取得していると思うのですが、
    今はオートマに乗っていますか?
    もしマニュアル車であれば、お年寄りによくある踏み間違い系の事故は起こりにくいです。
    意図しない操作をしたらエンストします。

    条件として今後もずっとマニュアル車に乗るのはどうですか?
    もう20年くらいオートマ車しか運転していないから無理、
    というのであれば、
    車で出かける地域を限定してもらいましょう。

    生活に最低限必要な地域であれば、何かあっても自損事故で済む可能性が高いです。
    うちの近くでも、人を轢くよりも単独で田んぼや側溝に落ちている、
    カーブミラーに突っ込んでいる事故がほとんどです。

    ユーザーID:2424055041

  • 一番の解決方法は

    その不便な場所から引っ越しですよ。車がなければ完全に孤立してしまう場所ですよね?
    あれもダメ、これもダメでは生活が滞ります。
    これからどんどん歳をとるわけだから、今までより健康に関しての不安も増えるでしょう。
    もうそこでの生活は、限界に来ていると思います。

    簡単には動けないかもしれないけど、しつこくしつこく説得しますね。
    もちろん転居先もこちらで用意しますよ。

    ユーザーID:4323759108

  • 損害保険の見直し

    義父さんですが、片道約50キロ(恐らく高速道路?)を運転できる状態ならば、近所のスーパーまでの運転は許容(妥協)して、まずは長距離からタクシーを利用してもらうことを提案してはいかがでしょうか。当初は返納ではなく安全対策から始めればいいのではと思いました。

    「もったいない。」年配の方はこう言ってタクシーの利用を拒むかもしれませんが、一度利用すると長距離を運転しなくて済むその楽さに、すぐに抵抗も無くなるでしょう。運転手とも馴染みになって月2回のタクシー通院を楽しむようになるかもしれません。タクシーの事前予約もトピ主さんが代わりにしてあげてもいいかもしれません。もちろん、タクシー代は子ども達で負担します。

    病院までタクシー代がザっと月8万弱、年間95万円?ほどかかります。この代案は負担が大きすぎて現実的ではありませんが、これぐらいしか思い浮かびません。しかし義父の損害保険の補償の見直しは必ずしたほうがいいと思います。

    ユーザーID:8949773336

  • もうしわけありませんが「代案なし」

    うちの父ももうすぐ80歳。
    家は山の上、最寄りのスーパーは2キロ。
    シニアカーを使うほどではまだありませんし、家から山を下りる時に転がり落ちます。

    どうしようもないのでせめて任意保険だけはきちんと支払っているように祈るばかりです。

    あとは生存確認で週に1回電話しています。

    ユーザーID:0386008495

  • よく思うのですが

    もっと昔 人はどうしてたんだろう

    スーパーが出来る前 冷蔵庫が無い時

    車社会なんてまだ最近ですよ。私が子供の頃なんて無かった。車が家に来たのは50-60年前です。大きな病院も無かった。

    ユーザーID:1188496826

  • いやぁ、それはもう引っ越ししか……

    まぁ、月2回、義母の通院に合わせてタクシーを一日専有して、必要な外回りは全てそこで済ませ、後は徒歩圏内で過ごすとかする位しか浮かびませんね。。

    でも、それは義父様が返納に前向きな場合であって、説得材料にはなりません。。だって、毎日出かけられる車の方が便利だもの。

    後は、何かお互い様が出来るなら、近所の人に連れていってもらう……うーん、それはかなり難しい。

    その年になってから使用人(運転手)つけるのは多分ストレスでしょうしねぇ。子供の頃にでも使用人ありの暮らししていれば、上手く使えるんですけども。

    地道に行政に働きかけても、時間掛かりますしねぇ。

    なので、返納を説得したい場合は、どちらかというと、引っ越しの方を何故頑なに拒否されるのかを追及していくしかないのではないでしょうか?拒否は義両親ともですか?片方だけでも味方につけられないでしょうか?

    先祖代々守った云々だと面倒ですが、非情に「あなたが今守ったとしても私達は受け継がないんだから時間の問題だよ」と(勿論実子側から)言って戦ってもらうとか。。

    高齢者の事故の悲惨さを見せまくってご本人に不安を感じていただくとか。。。

    ユーザーID:6061787110

  • それは

    車に後付けの自動ブレーキをつけるしかないと思います。実際問題、免許を返納したら生活できないはずです。

    あとは、トピ主さんご夫婦ができれば月に何回か、通うことはできますか? 休日と、通院の日に合わせて月に3回ていど通えれば、何とかなるかもしれません。通院と金融機関と買い物をすませられます。

    とりあえず、いまは自動ブレーキを取り付けておきましょう。そして、数年後には、トピ主さんご夫婦が義実家に通う方向で考えてはいかがですか。さらに、その後は引っ越ししてもらって同居の方向で。

    私が住んでいる地域もかなりの田舎ですが、幸いそこまで不便ではないです。予約式の、主に通院用のバスもあるので、そのついでに買い物したり用事をすませたりしています。近所の老人世帯では、両親が歳をとると、お子さんたちが通う回数が増え、いよいよ無理になるとお子さんたちのほうに引っ越しされる方が多いです。同居だったり、施設に入ったりしています。

    ユーザーID:6815809787

  • 思うこと

    昔はどうだったかですが、跡取りが同居していたのでは?
    あるいは外に出てもある程度の歳になると親元に帰って来てたので買い物とか町にでるなど重労働は若い者がしていた。また、集落でも限界集落になる以前は何軒かまとまっていたので助け合いもあったと思います。

    救急車云々は彼らにとってそんなに重きをおいていないのでは?
    住み慣れた我が家で息を引き取ることができるのはむしろ願ったりではと思います。無理矢理引っ越させても認知症の症状が出ます。同じ土地に家を建て替えても物の置き場が分からなくなってしまったり。自力で生活できるうちは住み慣れた場所で暮らすのが一番。土地勘も人間関係も無い場所に連れてきて彼らは幸せとは思えません。孤立して引きこもりでテレビのお守りではね。

    義母さんの通院している病院を転院は?最寄り駅までは車、そこから電車で行かれる病院に。運転する時間が短縮。
    食料他は通販利用、銀行等は月2回の病院の時に。病院となる規模だと院内にATMがあることも多いし駅や病院の近くには支店(郵便局も)あるケースが多いです。

    まだ返納とは考えないで運転の距離を短くする方法を考えられたら?
    年間3連休はかなりありますのでご主人がたびたび帰られて買い物など助けられる事から始められたらいかがでしょう。

    ユーザーID:3407956125

  • 代替え案はないです

    残念ながら代替え案はありません。

    トピ主さんところのご両親のような環境の人って
    日本中にたくさんおられると思いますよ。

    自家用車がなくなれば生活出来ない・・。
    私はそういうところに住まわれている高齢の方まで
    免許返納(車に乗れないようにする)した方が良いとは
    思いません。

    もちろん今後、歳を重ねるにつれやがて運転も出来なく
    なる時期はやってくるとは思いますが・・。

    免許返納しても生活出来る高齢者って「都会」に限定されます。

    人口密度から言っても、行政も民間サービスも「田舎」や「過疎」
    の地域で営業しても何の旨味もないし、行政サービスだって
    財政難で何も出来ないんですよね。

    無料巡回バスとか運行出来るのは財政が潤沢な行政区くらいですよ。
    田舎だと「コミュニティバス」とか走らせてはいますが、
    それでも有料のところは多いです。

    出来ることと言えば、例えば「レーダーサポート」といった
    運転支援のついている最新型の車に買い替えてあげる
    (手持ちの車に後付け装置をつけるのはおすすめしません。
    メーカー保証的な観点でみると自己責任扱いになるし、
    純正部品でない以上、怖さもありますね)、それと
    自動車保険も対人や対物は今以上に手厚い補償にする、
    くらいです。

    ちなみに市販されている安全運転装置は「自動ブレーキ」じゃなく、
    「急発進防止装置」です。よくブレーキだと思って踏んだら
    アクセルペダルだった・・・という「踏み間違い」が
    ありますよね。アクセルを踏んでしまっても「急発進を抑制」
    するだけのもので(ないよりあった方がマシなんですが)、
    「ブレーキを自動でかける」といった装置ではないです。
    自動ブレーキ装置なんて「後付け」ではつけられないし、
    そんなものはありません。

    ユーザーID:2712795137

  • デメリットが大きすぎる???

    ころ様、こんにちは。

    返納するメリットよりもデメリットが大きいとのことですが、
    果たして高齢者の運転で被害を被ったご遺族の前でも
    同じ事が言えますでしょうか。

    頑にその土地を離れないのであればそれはもう
    お義父様の責任です。
    不便でも良いから今までの生活がしたいのならば仕方がありませんが

    車も乗りたいし今の生活がしたい。
    そんなわがままで突然奪われる命を上回る
    メリットがあるのであれば、是非ともお教え頂きたい。

    事故を起こした高齢者も
    皆、故意にやっているわけではなく、
    自分だけは大丈夫。
    運転に自信があるから関係ないと思いつつ
    大変な事になっているんです。

    お義父様だけが例外である保証なんてどこにもありませんよ。

    ユーザーID:9115945729

  • せめて安全に

    義父さんは自ら望んで山奥で不便な生活をしているのです。免許返納は難しいでしょう。

    せめて通院以外では出かけずに済むようにしてあげたらどうでしょうか?
    食材は週1回くらトピ主さんが送ってあげましょう。
    衣類や日用品が必要なら通販で注文してあげましょう。
    買い物にでかけなければ銀行でお金をおろす回数も減ります。
    通院は必須だと思うので、その通院のときについでに買い物や銀行などに寄って用事を済ませる。
    田舎なら行政で整備している緊急時連絡の仕組みがあるかもしれません。それを調べて導入してはどうでしょうか?

    ユーザーID:0229479860

  • 昔はねぇ…

    昔は地域の小売店や商店街が元気でしたし、子ども世帯との同居も今よりずっと多かったと思います。だから車がなくても地域で完結できたんだと思います。
    でも今は、大型の商業施設の進出などで地域の小売店は立ち行かなくなってしまい、かつての駅前商店街などもシャッター通りになっているところが多数…こうなったら、車がなくては大変です。商業施設との距離はもちろん、こまめに買い物できなければおのずとまとめ買いになるわけで、荷物がそれはそれは大量になるわけですから。

    で、トピ主さんの義父さんの免許返納について。
    何かあったらという心配もわかりますが、もう少し待ってあげてはどうかと思います。他の公共交通機関があったりサポートできる人がいたりするならともかく、いま返納したら引きこもりになってしまい、それによって心身が衰えて、かえってトピ主さんたちが大変になるのではないでしょうか。
    皆さんもおっしゃるとおり、運転する範囲をだんだん縮小したり(片道50kmの通院が一番大変そう。もっと近くに転院できるなら転院するとか)、可能なら車をマニュアルにしたりワンペダル化したり、日常の買い物でできる限り通販やネットスーパーなどを利用するようにしてみるといった対策をしていただき、徐々に今の家でも車なしでも生活できる基盤を整えていただくようにした方がいいと思います。

    ユーザーID:6158209380

  • 今の運転の状況は?

    都会で週に一回しか運転しない人と
    それこそ足代わりに毎日運転する人は衰え方が違うと思います

    今すでに運転が危険ならば取り上げるしかありませんが
    そうでもないならあと3年?は先延ばしかな

    少なくとも車は安全装置があるものにする
    不謹慎だけど
    そこまで田舎なら
    人にぶつかる可能性も低いかなと思っています


    もう、こうなったら介護っていうんですよ
    介護サービスの申請を始めてもいいと思います
    通院は介護サービスの利用ができないか確認

    貴方含む、実子が月に数回訪問する
    銀行周り、お役所周りをする人は誰だって必要

    日常の買い物はカードや電子マネーを利用する事
    アプリ等で連動すれば、仕様明細のを管理できます
    いざという時の現金をうちに置く、訪問時に管理する


    救急車25分は今に始まったことでもないし
    万が一の時はそれも天寿だと思って受け止める

    夫婦どちらかが存命なら、引き取りも難しいでしょうね

    ユーザーID:3748109040

  • 皆が抱える問題ですよね。

    うちの義実家の場合は、車両保険を見直したり、警備会社と契約して、緊急ボタンを持たせたりしました。あと、市と連携している宅配弁当をお願いして、何か異常があった場合、こちらに連絡が来るようにしました。ご近所さんに助けて貰ったりして、何とか暮らしていました。

    ケアマネさん曰く、「市も通院向けにタクシー券を出しているけど、距離が遠いから、とても全額は賄えない。この辺りでは80代でも運転している。そうでないと生きて行かれない。」と。都会に住む私達にはとても考えられない環境ですが、いかんともしがたい世界が有るみたいです。結果的に、車をあちこち擦ったり凹ませたりしつつ、91歳まで運転していました。

    考えられるとしたら、「病院近くの施設(高専賃や有料老人ホーム)への入居」か、「主さんの家の近くに部屋を借りて、そこへ引っ越しさせる。」「同居ならば、増築して気遣いしない間取りにしてあげる。」かな。

    でも環境を変えることで呆けてしまったり、生き甲斐を奪うことにもなりかねません。やり方が難しい・・・。「ご近所さんや近くに住む親戚と共に、皆で施設に入ろう」と企画すれば、もしかしたら施設に行く気になるかな。

    近居や同居だとしたら、嘘でも良いから、「料理を教えて貰いたい」「庭の手入れを手伝って。」とか、少しずつこちらに泊めて、環境に慣れて貰って、「行き来が面倒だから、こっちにずっと居れば?」「ヒートショックが心配だから、冬だけこっちを別荘代わりにしたら?」と、南向きで庭付きで暖かい、綺麗な部屋を用意するとか。

    合間に近所の習い事教室や買い物、観劇などに誘って遊んで貰うと、結構「都会も楽しいな。」となるかも。どうでしょうか。

    ユーザーID:9614164336

  • レスの中で・・・

    物理的に目がよく見えなくなるとか、足腰が弱ってきたり、
    反応自体がかなり遅くなって運転出来なくなるまで
    運転せざるを得ない状況なんですよね。

    運転するならするで、新しい車に乗ることを強くおすすめします。

    何人かの方が「マニュアル車にでも・・」と
    語られていますけど、マニュアル車に乗り換えるくらいなら
    (というか、そもそもマニュアル車なんて軽トラ、軽でも
    スポーティな車種・グレードくらいしか存在しません)、
    最新の安全装備がついた軽自動車(オートマ)の方がはるかに
    運転をカバーしてくれますよ。

    少し前に「マニュアル車、オートマティック車」で
    ここでも論争があったんですけど、私の見解は
    マニュアル車だから事故は防げない、というものです。

    可能であれば、「とにかく最新型の運転支援装置が付いた
    軽自動車に乗り換えた方がいい」です。
    レーダー装備、前後急発進防止装置などヘタに(中古の)
    マニュアル車に乗るより安全ですから。

    ユーザーID:2712795137

  • 一旦返納を諦めた

    農業が生きがいの義父。
    夫唱婦随の義母。

    返納の説得を諦めると別の道を探せます。

    まず、農業に必要な軽トラ。
    動けばいいというポンコツから、最新技術を搭載した新車にして貰いました。
    衝突安全や踏み間違い防止がついている上に、昔と違ってキャビンも広い。
    座席の後ろにスペースがあってリクライニングもできるし、買い物などの荷物もおける。
    荷台には農機具などの汚れものを今まで通り搭載できます。

    今、高齢者が使うことが多い軽トラこそアシスト機能の充実をというコンセプトの元、各社が安全機能を搭載した軽トラを発売しています。
    山の中にお住まいということで、農業や林業を営んでいると推察致します。
    こういった最新技術を取り入れることで、自立できる期間が長くできる。

    免許を返納させると引っ越して同居という答えしか出せない。
    だったら返納は先送りするのも一つの手です。

    尚、義母はそもそも運転が下手過ぎて、10年前からすでに三輪スクーター。
    ピザ配達と同じ屋根付きで、荷物が沢山乗る上に少々の雨なら合羽いらずで快適と申しております。
    制限速度以下で走るので、地元じゃ邪魔もの扱いですが、そこは田舎のこと。
    皆さん、生暖かく見守って下さっているようです。

    ユーザーID:8340787031

  • その果てに事故を起こしたら

    その環境では確かに自家用車がなければ、生活は不便を極めるでしょう。
    やめたことにより、心身に影響が出るかもしれません。

    しかし、だからといって運転を続けた結果取り返しのつかない事態になったら?

    誰も通らない誰の家もない場所ばかり走るわけではないですよね?
    スーパーへも、病院へも、銀行へもいくのですから
    多くの建物や人と遭遇するでしょう。
    そこで事故を起こしたら。

    私の父も77です。電車もなく、バスも日常ではまったく使えない走行です。
    それでも車の運転をやめさせました。

    本当に家から出る機会がなくなりました。
    しょんぼりして体調も悪くなりましたが、今は庭の手入れに精をだすことでなんとかやっています。

    買い物や各種手続きはたまにいく私や兄弟が乗せていったり、おこなったり。
    タクシーは遠慮して病院にいくときくらいです。

    うちはわりと近いのでこの手段が使えますが、トピ主さんたちの場合は
    呼びよせるか、トピ主さんたちが引っ越すか、週一で行くかだと思います。

    たとえ最新の自動機能の車を買っても万能ではないと思います。

    何かおきてから
    「暮らせなくなるからと運転をやめさせなかった、あのときやめさせれば良かった」
    と悔いても遅すぎます。

    私の周りでも親に運転をやめさせた、子供に返納させられた、という方がけっこういます。

    ユーザーID:5069119726

  • よく読んだら

    最新のアシスト機能付きの自動車を知らない人が大勢いるようですね?

    かなりの優れものですよ。
    完全じゃないのかもしれないけど、大半の事故は防げる。
    完全じゃなきゃダメだというなら、どんな年齢でも事故は起きる。

    アシスト機能付き自動車で人身事故が起きましたというニュースを見たことがない。

    まあ、それでもいつかは返納しなきゃいけないけどね。
    その時は免許更新ができないでしょう。

    ユーザーID:1403880893

  • マニュアル車

    車がないとどこにも行けないくらいの場所で返納が難しいなら、
    せめてマニュアル車にすればいいですよ。

    オートマしか乗れない人は必死に否定しますが、
    全ての事故は無理ですがオートマよりは遥かに事故が防げます。
    マニュアルが動かせなくなったら返納でいいんじゃないですかね。
    マニュアル車も動かせなくなった人が乗れてしまうのがオートマですから。

    最新の運転支援装置も付きますよ。
    77歳なら「普通」免許持ってる訳ですしね。

    ユーザーID:5055829581

  • 年齢で区切るのは無理

    次の免許更新はいつ?
    取りあえず、それまでは説得できません。
    義父母さんの隣に住み、何でもやってあげるしかありません。

    昔の人は…
    米も味噌も醤油も漬け物も自給自足です。
    足りないモノは隣近所で貸し借りしたり。お下がりしたり。
    時々、洋服を売りに来る行商の人も居ました。
    近くに何でも、とにかく何でも扱う個人商店もありました。
    後は、小遣い稼ぎに何でも雑用を請け負う人も居ましたし。
    町まで出掛ける人に用事を頼んだり、週1に来る郵便配達の人に頼んだり。
    昔はお坊さんも郵便さんも泊まりがけだったそう。
    冷蔵庫付きの軽トラが生鮮食料品を売りに来たり。
    月1で出掛けてはドッサリ買い込んで来たり。
    若いうちは何でもできたでしょう。

    最初から小さな集落ばかりではなく、一人抜け〜二人抜け〜して小さくなった地域もありますし。

    ユーザーID:6302356396

  • これは

    同居しか無いんじゃないですか?

    ユーザーID:4030048613

レス投稿

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧